logo

Top > メイク・コスメ > メイク方法/テクニック

30代のメイクはナチュラルメイクでこなれ仕上げ!コツや失敗しない方法、デカ目も叶うメイク術を紹介






30代になってからも、20代のメイクをしている方はいませんか?
昔と同じメイクをしているにも関わらず、見え方が変わったり、しっくりこない仕上がりに「え…どうして?」と思う方も多いと思います。

加齢と共に骨格の見え方や顔立ちにも変化があるため、そのときの自分に合ったメイクを知ることが重要です。
30代のメイクは、大人女子らしい適度なナチュラルメイクがおすすめ!
そうとはいえ、ただメイクを薄くするのではなく、こっそり盛るようにメイクするのがポイントです♪

本記事では30代からのメイク術を徹底解説します♪

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、臨時休業あるいは営業時間の変更等の措置を取っている店舗・施設がございます。


お出かけ前に、店舗・施設の公式HPやSNS等で最新情報のご確認をお願い致します。


【目次】30代のメイクはナチュラルメイクでこなれ仕上げ!コツや失敗しない方法、デカ目も叶うメイク術を紹介

 

「20代メイク」卒業するべき…?

30代で避けたいメイク法は主に5つ

1. シミやそばかすが透ける薄いベースメイク

2. マスカラやマツエクで黒くなった濃すぎるアイメイク

3. 鋭角もしくは細すぎる・薄すぎる眉(アイブロウ)

4. ポイントメイクになるような甘めチーク

5. パキッと発色のビビットリップ

実践編!30代におすすめのナチュラル垢抜けメイク

【ベースメイク】隠すところは隠してツヤ感を出す

【チーク】リップの色みと合わせつつ、血色感を出す

【リップ】チークとの統一感を出し、肌馴染みの良いベージュテイストの色をオン

【アイブロウ】角度はあまり付けず、ふさふさアーチ眉を意識

【アイメイク】マスカラは気持ち程度、アイメイクは単色かブラウン系でこなれ感を演出

「あえて」のナチュラルメイクで、やり過ぎない大人メイクを手に入れよう!

 

「20代メイク」卒業するべき…?

 

30代メイク 20代メイク

 

20代の頃にしていた「目を大きく見せる太めのアイライン」「ポッと赤く染まったチーク」「光を集めるように潤うジューシーな口元」などのメイクを30代になってからもしていませんか?

ある日なんとなくいつものメイクに違和感を覚えたり、前まで似合っていたメイクが急に合わないな…と思ったりした経験がある方も多いのではないでしょうか。

また、ファンデを塗る量が増えているわけではないのに、30代になると肌荒れ・肌トラブルを起こしやすくなってきたという声も聞きます。

 

そんなときは、メイクを見直す良いきっかけかもしれません。

メイクやヘアスタイル、ファッションは、どれも年齢に見合うものに変えていくことで、より魅力的に見えるものです。

 

30代メイクは、20代メイクに比べて、計算されたナチュラル仕上げを意識するのがおすすめ。

上品で知的な女性を演出するには、20代メイクから上手に引き算をしてあげることが大切です。

 

ただ薄いメイクにするのではなく、メリハリをつけ、こなれ感を演出しましょう♪

 

※合わせて読みたい:  「たぬき顔」はモテる!?メイク方法やたぬき顔の芸能人まとめ

 

 

30代で避けたいメイク法は主に5つ

 

30代メイクは「20代のようなキラキラメイクは避けて、落ち着いた色みのメイクをしっかりめにすれば良いのでしょう…?」

そう思っている方も多いですが、決してそうではありません。

 

ラメは30代メイクでも取り入れて良いアイテムですが、大切なのはその使い方。

メイクもひと手間変えるだけで、仕上がりも大きく変わってきます。

 

30代は、プライベートでは人によっては結婚・妊娠・出産・育児を経験、仕事でも重要なポストにつく方も多く、メイクに構ってはいられず20代の頃のメイクのまま過ごしていることも珍しくありません。

そこでここからは、30代メイクをするときに避けておきたいメイク法についてご紹介します。

 

1. シミやそばかすが透ける薄いベースメイク

 

30代メイク ベースメイク ファンデーション

 

20代まではあまり気にならなかったシミやそばかすが、30代になるとくすみなども相まって目立ってくるように。

 

これまでと同じようなベースメイクだと、時間が経つとファンデからシミなどが透けてしまいます。

ポイントメイクもしっかりかためても、薄すぎるベースメイクではせっかくのメイクも映えません。

 

メイクの基盤となるベースは、隙が無いようしっかりと整えてあげましょう。

 

2. マスカラやマツエクで黒くなった濃すぎるアイメイク

 

30代メイク マスカラ

 

30代メイクでは、マスカラやマツエクをあまり濃くしすぎないようにしましょう。

 

20代の頃は目を大きく見せたいがために、ボリュームタイプのマスカラを数回付けたり、太めのマツエクを120本以上付けていた人もいることでしょう。

バサバサ羽根の生えたかのようながっつり作られたまつ毛とはおさらばするのがベター。

 

30代は落ち着いた印象が大切なので、まつ毛メイクはもちろん、派手に見せがちなフチありカラーコンタクトは使用しないのが賢明です。

 

3. 鋭角もしくは細すぎる・薄すぎる眉(アイブロウ)

 

30代メイク アイブロウ やり方

 

30代メイクで取り入れるアイブロウは、細すぎる・薄すぎるそして眉山がとがりすぎているのはNGです。

 

眉はアイメイクやリップメイクに比べると手を抜きがちですが、実は顔の印象を大きく左右する大切なメイクポイントです。

20代メイクの頃からアイブロウメイクを全く変えていないという方は、特に注意が必要です。

 

細すぎる眉や角度が付きすぎた眉は、ほかのメイクをどれだけ頑張っても、「古く・イタく」見えてしまうため、しないよう心がけましょう。

 

4. ポイントメイクになるような甘めチーク

 

30代メイク チーク

 

30代メイクには、ポイントメイクになってしまうような発色が濃すぎるチークの付け方はしないのがベスト。

 

20代の頃は大きめかつ発色濃いめの甘いチークが若さやガーリーなファッションと相まって良かったものの、30代になると肌浮きしてしまったり、いつまでも若作りをしているように見えてしまいます。

もちろん、メイクをするあなた自身も、20代の頃に比べると大人っぽくなっているので、色みの選択も重要です。

 

チークの質感や発色具合、付ける範囲など細かくコントロールするのが大切です。

 

5. パキッと発色のビビットリップ

 

リップ ビビットカラー 30代メイク

 

30代メイクでは、パキッとしているビビットなリップはやめるのがおすすめです。

 

ティーンや学生がするような赤リップは、存在感を出してくれるものの、30代メイクに取り入れてしまうと頑張っている感が出てしまいます。

また、質感にもポイントがあり、ジューシーで潤いのあるリップは、女性らしく見せてくれる反面バランスを上手く取らなければ油ものを食べた後かのようなこってりリップに。

 

重苦しい仕上がりにならぬよう、ナチュラルで馴染みの良いものを選ぶのがおすすめです。

 

 

実践編!30代におすすめのナチュラル垢抜けメイク

 

30代メイクについて知ったあとは、30代メイクの実践編として、おすすめのナチュラル垢抜けメイクについてご紹介します。

メイクを変えたいけど、どのようにしてメイクを変えれば良いか、またどんなアイテムを使えばいいか分からないといった声もちらほら。

 

ここからはそんな30代の方に向けて、ナチュラルメイク初心者さんでも分かる垢抜けメイクについて解説します♪

 

【ベースメイク】隠すところは隠してツヤ感を出す

 

30代メイク ファンデーション やり方

 

30代メイクのポイント「ベースメイク」は、隠すところはしっかり隠しつつ、ツヤ感を出してライトな仕上がり風に見せることが大切です。

シミやそばかすがある箇所はコンシーラーで部分的にカバー、くすみや赤みが気になる場合はコントロールカラーを使って肌色を整えてあげます。

 

コントロールカラーと一口に言っても様々な色があるので、赤みを消したい方は緑色、血色感を出したい方はピンク色、くすみを飛ばしたい方は黄色や白、透明感を出したい方はパープルなどを選ぶのがベター。

 

使うファンデーションは、さらっとした付け心地でツヤ感も出してくれる「リキッドファンデ」か、なめらかな付け心地でカバー力はあるのに自然な仕上がりの「クリームファンデ」がおすすめです。

 

どちらもに適度なツヤ感があり、光の反射や偏光を使って、肌を綺麗に見せてくれます。

「リキッドファンデ」ならよりカジュアルに、「クリームファンデ」ならフォーマルなシーンでも使うことができるので1本持っておくと便利です。

 

※合わせて読みたい:  【タイプ別】ファンデーションのおすすめ商品11選!プチプラからデパコスまでまとめて紹介

 

1. おすすめのファンデは「IPSA(イプサ) リテクスチャリング ファウンデイション」

 

 

肌のあらゆるノイズをカバーし、透明感を出してくれる「IPSA(イプサ) リテクスチャリング ファウンデイション」。

リキッドファンデ特有の薄膜が毛穴の凹凸やキメを柔らかく包み込み、ツヤ感を駆使し、透明感を演出してくれます。

 

テクスチャーはとろみのある質感で、肌に馴染ませていくと、こっくりと硬めに変化、肌にしっかりととどまってくれるのです。

仕上がりはセミマットのようで、フォーマルなシチュエーションにも対応してくれるのは嬉しいポイント。

 

細かい肌のアラもこれ1本である程度カバーするため、厚塗りしなくともベースメイクが仕上がります。

 

IPSA(イプサ) リテクスチャリング ファウンデイションの商品情報

 

価格:4,500円(税抜)

内容量:25ml

色:6色

 

 

 

※合わせて読みたい:  「イプサ(IPSA)」のおすすめ商品まとめ!機能性の高いスキンケアアイテムが話題

 

 

2. おすすめのファンデは「Kiss(キス) マットシフォンUVリキッドファンデ」

 

 

プチプラコスメでお探しの方は「Kiss(キス) マットシフォンUVリキッドファンデ」がおすすめです。

こちらのアイテムは、そのネーミングの通り、マットなのにふわふわとしたシフォンのような肌触りに仕上がるのが特徴。

 

まるで時間が止まっていると思うほど付けたての状態が長続きするロングラスティング処方で、メイクヨレ知らずです。

 

テクスチャーは固めの質感で、伸び自体はそれほど良くはないものの、細かく点置きして塗るとムラなく綺麗に仕上がります。

マット仕上がりですが、リキッドには「ヒアルロン酸」や「シルクパウダー」「ハマメリスエキス」を配合し、秋冬でもしっとりと潤いのある肌に。

 

Kiss(キス) マットシフォンUVリキッドファンデの商品情報

 

価格:1,800円(税抜)

内容量:30g

色:5色

 

 

 

※合わせて読みたい:  おすすめのリキッドファンデーション11選!プチプラ・デパコス商品をまとめて紹介

 

 

3. おすすめのコントロールカラーは「毛穴パテ職人 スムースカラーベース」

 

 

毛穴をカバーしつつ、肌色もコントロールしたいという方におすすめなのが「毛穴パテ職人 スムースカラーベース」です。

 

こちらのアイテムは、伸びの良いジェル状のパルクが肌に高密着し、毛穴や色ムラをスマートに隠してくれます。

さらに、細かいパールとプライマー成分が配合されているため、肌に乗ったリキッドが光を様々な角度に拡散し、ソフトフォーカス効果でアラを見えなくさせてくれるのです。

 

テクスチャーはムースのようにこっくりとしており、液体というよりかは固体のような質感。

馴染ませていくと伸びが良くなり、そして何より発色抜群なので顔全体ではなく部分使いして色みを調整しながら使うと良いでしょう。

 

毛穴パテ職人 スムースカラーベースの商品情報

 

価格:1,000円(税抜)

内容量:22g

色:2色(ピンク・ミントグリーン)

 

 

 

※合わせて読みたい:  毛穴ケアにおすすめのプチプラ商品を一挙紹介!

 

 

4. おすすめのコンシーラーは「ETUDEHOUSE(エチュードハウス) ビッグカバーフィットコンシーラー」

 

 

ぼかすのではなく、とにかくしっかりと隠したいという方におすすめなのが「ETUDEHOUSE(エチュードハウス) ビッグカバーフィットコンシーラー」です。

 

美容大国韓国発祥のコスメブランド「エチュードハウス」は、安くて使えるアイテムが数多く、こちらのコンシーラーもその一つ。

濃密なリキッドがスタンピングするほど肌にムラなく馴染み、ピタッと高密着します。

 

特筆すべきなのは肌色(ベージュ)のみならず、グリーンやピンクといった色ムラ効果も期待できる豊富なカラーバリエーションです。

ピンクやミントといった色があることで、クマや小鼻周りといったパーツケアも自由自在にできます。

 

ETUDEHOUSE(エチュードハウス) ビッグカバーフィットコンシーラーの商品情報

 

価格:950円

内容量:7g

色:8色

 

 

 

※合わせて読みたい:  目の下のクマやニキビをしっかりカバー!おすすめのコンシーラー10選

 

 

【チーク】リップの色みと合わせつつ、血色感を出す

 

30代メイク チーク やり方

 

30代メイクとして取り入れるチークは、主張は控えめに、リップと同系色にすると統一感が出ます。

色を乗せるというよりは、血色感を出す程度で、顔色を良く見せるのが目的です。

 

質感はクリームでも、パウダーでも、ムースでも何でもOK。

色みは肌色に合わせたものがベター、ブルべさんの場合は紫や青みのあるピンク、イエベさんの場合はオレンジやベージュが強めの色がおすすめです。

 

クリームやムースでメイクするときは、べた塗りせず点置きし、スタンピングして馴染ませます。

一方、パウダーの場合はできるだけ主張が強くなりすぎないよう、顔の外側を中心に色を入れると自然な血色感が演出できるのです。

 

※合わせて読みたい:  おすすめのチーク15選!プチプラからデパコスまで、人気のチークブランドや色をまとめて紹介

 

1. おすすめのチークは「CEZANNE(セザンヌ) ナチュラルチークN ローゼベージュ」

 

 

ミネラル成分を90%以上配合してできた肌に優しいチークが「CEZANNE(セザンヌ) ナチュラルチークN」です。

プチプラコスメ好きの方なら、セザンヌのチークを知らない方はいないほど言わずと知れたベストセラーアイテム。

 

こちらのチークは花が型押しされたパウダータイプのチークで、およそ13色と豊富なカラーバリエーションが特徴です。

テクスチャーはサラサラとした質感で、プレスが硬すぎないため軽い力でササっと回すだけで十分頬を色づかせます。

 

発色は見た通りで薄付きなので、付けすぎてしまうといったこともないのは魅力的です。

30代メイクにおすすめの色は、ピンクとベージュを掛け合わせた「ローゼベージュ」、日本人の肌色に馴染みやすくナチュラルな血色感が期待できます。

 

CEZANNE(セザンヌ) ナチュラルチークNの商品情報

 

価格:360円(税抜)

色:13色

 

 

 

※合わせて読みたい:  【コスパ最強】プチプラコスメ「セザンヌ(CEZANNE)」のおすすめ商品16選!

 

 

2. おすすめのチークは「SUGAO スフレ感チーク」

 

 

ポッと色づき、内側から上気しているような頬を演出できるのが「SUGAO(スガオ) スフレ感チーク」です。

 

こちらのアイテムはクリーム状のチークで、リップやアイシャドウとしても応用して使うことができます。

スフレ感というだけあって、ふわふわとし、ソフトなテクスチャーは思わず触りたくなるクセになる使い心地です。

 

リップとして使うとチークよりも高発色で、1品2役、統一感のあるメイクに導いてくれます。

スフレの中には細かい粒子のラメ・パールが配合されているため、ハイライトの役割も担ってくれるのは嬉しいポイントです。

 

SUGAO スフレ感チークの商品情報

 

価格:960円(税抜)

内容量:4.8g

色:4色

 

 

 

【リップ】チークとの統一感を出し、肌馴染みの良いベージュテイストの色をオン

 

30代メイク リップ やり方

 

チークの次はリップです。

リップは、チーク同様落ち着きのある色がおすすめで、ピンクベージュやコーラルピンクがベター。

 

20代のリップメイクといえば、ジューシーで高発色が多いものの、30代のリップメイクは「やり過ぎない」こなれ色が良いでしょう。

今までベージュカラーやコーラルピンクといった淡い発色のリップを使用したことがない方は、これまで使っていたリップを指で点置きし、薄塗りすることから始めるのがおすすめ。

 

リップはあくまでほんのりと唇がシアーに色づく程度のものを、唇の輪郭は取らず直接全体的に乗せ、上下の唇を噛み締めるように「ムパッ」としたら完成です。

 

質感はマットにいくほど落ち着いた大人な雰囲気に仕上がります。

乾燥が気になる方はリップクリームやCCリップで、十分に保湿をした上から塗ると保湿力が維持できますよ♪

 

30代メイクは、リップがメインに来るのはご法度、唇の色を底上げしたような自然な仕上がりを意識しましょう。

 

※合わせて読みたい:  【プチプラ】人気のリップ・口紅を紹介!300円から買える安いのに優秀なリップ9選

 

1. おすすめのリップは「Dior(ディオール) ルージュディオール 426」

 

 

口紅ながらもリップケア成分も兼ね備えた高機能コスメが「Dior(ディオール) ルージュディオール」です。

 

こちらのアイテムは、数あるディオールコスメの中でも言わずと知れた代表的な口紅で、ブラックとシルバーでほどこされたメタリックなパッケージデザインが高級感を漂わせます。

ビビットカラーからニュアンスカラーまで、どの色も16時間の持続力を持ち、付けたてが長続きしてくれるのです。

 

テクスチャーは口紅とは思えないほど滑りが良く、乾燥しやすい方でも安心して使うことができます。

おすすめの色は、優しいベージュカラーがデイリー使いしやすい「426 センシュアルマット」。

 

見たままの発色よりもはるかに薄めに色付き、飾り気のないピュアベージュ発色です。

マットリップ特有の張り付くような質感が、唇を立体的に魅せセクシーな印象へと誘います。

 

Dior(ディオール) ルージュディオール 426の商品情報

 

価格:4,200円

内容量:3.5g

色:28色

 

 

 

※合わせて読みたい:  デパコスの王道ブランド!「Dior(ディオール)」のおすすめ商品を紹介♪

 

 

2. おすすめのリップは「CEZANNE(セザンヌ) カラーティントリップ CT4」

 

 

プチプラなのに絶妙なニュアンスカラーが注目を集めいてる「CEZANNE(セザンヌ) カラーティントリップ」。

 

こちらはその名の通りティントタイプのリップで、一般的には乾きやすいとされているティントですが、セザンヌのティントは乾いた唇の上からでも塗れるほど濃厚です。

リキッドには4種類の保湿成分、さらに口角や唇の山型部分といった細かい箇所も楽々塗れる、先細チップといった使い勝手の良さを考えて作られているのが特徴。

 

テクスチャーは、こってりとした濃密質感、粘度感はなく濃厚ながらも付け心地は軽やかです。

発色は見たままで、ティントにしては色落ちしやすいものの、取れかけの色合いも落ち着きがあり好評です。

 

おすすめの色は4色のカラー展開の中で、最も人気の「CT4ブラウン系」。

深みのあるブラウンで色合いはまるでラズベリーチョコレートのような色、ブラウンの中にもほんのりと赤みがあるので、どんな方でも馴染みやすい万能カラーと言えます。

 

CEZANNE(セザンヌ) カラーティントリップ CT4の商品情報

 

価格:600円(税抜)

内容量:4.1g

色:4色

 

 

 

※合わせて読みたい:  落ちずに色持ち綺麗!おすすめのリップティント12選

 

 

【アイブロウ】角度はあまり付けず、ふさふさアーチ眉を意識

 

30代メイク アイブロウ やり方

 

顔の印象を左右するアイブロウは、30代メイクでも手を抜けられない大切なメイクポイントです。

眉山ができるだけ誇張されないよう、アーチ型を意識し、自眉を活かした細すぎないフォルムがベター。

 

韓国の美女を表すオルチャンメイクのように、平行眉を意識して仕上げると柔らかい印象に仕上がります。

 

元からふさふさ眉の方は、あえて形は整えず、眉マスカラを使い色みだけを調整、自眉が細い方や薄い方はパウダータイプのアイブロウを使い元から眉毛があるかのように調整すると良いでしょう。

アイブロウカラーを選ぶとき、髪の色よりもワントーン明るい色を選ぶと馴染みやすく、こなれ感を出せます。

 

※合わせて読みたい:  アイブロウおすすめ13選!人気のプチプラアイテムや美眉がずっと落ちない実力派コスメをまとめて紹介

 

1. おすすめのアイブロウアイテムは「KATE(ケイト) デザイニングアイブロウ3D」

 

 

3色パレットを使い、眉毛のニュアンスカラーを上手く再現してくれるパウダータイプの「KATE(ケイト) デザイニングアイブロウ3D」。

 

色と色の間に仕切りがないからこそ、筆で色の境目をくるくると回せば、絶妙な色合いも思いのままです。

アイブロウとして使えうことができるのはもちろんのこと、ノーズシャドウや顔全体のシェーディングとしても活用できます。

 

テクスチャーは、プチプラコスメとは思えないほど粒子が繊細なものの、眉に乗せるとしっとりとし定着力は抜群です。

時間が経っても粉飛びしないため、朝つければ夜までお直しいらず、見たまま発色で買ったあとにも後悔させない逸品と言えるでしょう。

 

KATE(ケイト) デザイニングアイブロウ3Dの商品情報

 

価格:1,200円

内容量:2.2g

色:4色

 

 

 

※合わせて読みたい:  【KATE】おすすめの人気アイテム13選!ケイトで作るイマドキメイクのコスメまとめ

 

 

2. おすすめのアイブロウアイテムは「キスミー ヘビーローテーション カラーリングアイブロウR」

 

 

眉マスカラといえば…の名品が「キスミー ヘビーローテーションカラーリングアイブロウR」です。

普段眉マスカラをする方なら一度は聞いたり、使ったことがあるのではないでしょうか。

 

こちらのアイテムは、マスカラ状になったブラシがナチュラルでふわふわの質感を維持しながら、カラーリングしてくれるといったもの。

 

テクスチャーは、ムースを少し硬くしたようなとどまりの良い質感です。

そのため、一度乗せると水や汗などにさらしても落ちにくく、夏場のレジャーシーンや皮脂によるメイク崩れも防いでくれるのはさすがといったところです。

 

キスミー ヘビーローテーション カラーリングアイブロウRの商品情報

 

価格:800円(税抜)

内容量:8g

色:8色

 

 

 

※合わせて読みたい:  眉マスカラのおすすめ7選!眉マスカラの選び方や塗り方も解説

 

 

【アイメイク】マスカラは気持ち程度、アイメイクは単色かブラウン系でこなれ感を演出

 

単色シャドウ マスカラ 30代メイク

 

アイメイクといえば、ポイントメイクの中でも最も大切な箇所ですし、力を入れたくなるもの。

 

30代メイクをする上で、アイメイクは一番最後にメイクするのがおすすめです。

そうというのも、アイメイクはどうしても自己流のやり方が定番化されている上に、濃くなりがち。

ナチュラルメイクとしてバランスが取れているのかどうか確認しながらメイクするためにも、アイメイクは最後に行いましょう。

 

マスカラは気持ち上げる程度、ボリュームタイプなどは避け、ロングタイプ・カールタイプを選ぶと派手さが緩和できます。

また、アイシャドウはできるだけ肌馴染みの良い単色を乗せ、グラデーションといった色みの変化が欲しい方は同じ色を何度か重ね塗りすると強弱が出ますよ♪

 

アイラインは、目の周りすべてに引くのではなく、「まつ毛とまつ毛の間を埋めるように」もしくは「目尻のみ」にすると見た目は薄メイクながらもこっそり盛ることができます。

 

30代メイクはただこれまでしてきていたメイクを減らすのではなく、大事なポイントはおさえながらこっそり盛るのが大切です♪

 

※合わせて読みたい:  【初心者でも簡単】アイシャドウの種類や選び方、塗り方を徹底解説

 

1. おすすめのマスカラは「デジャヴ ファイバーウィッグウルトラロングF1」

 

 

まつ毛の見え方について徹底分析された作られたのが「デジャヴ ファイバーウィッグウルトラロングF1」です。

こちらのアイテムは、軽量ファイバーを取り入れ長さを出しつつも、「ハチミツ」「リンゴ果実エキス」など美容液成分でケアもできる使い勝手に優れているのが特徴。

 

カラーバリエーションは4色、ブラックの中にも、「ネイビーブラック」「ボルドーブラック」と分かれており、光の当たり具合によって絶妙な色みの変化が楽しめます。

まるでカラーマツエクのようなおしゃれ心も、くすぐってくれるのはさすがといったところです。

 

テクスチャーは、ダマになりにくいものの、カール持続力は低めなのでカールを出したい方はマスカラ下地やビューラーを使うと良いでしょう。

 

デジャヴ ファイバーウィッグウルトラロングF1の商品情報

 

価格:1,500円(税抜)

内容量:7.4g

色:4色

 

 

 

※合わせて読みたい:  【カール・ロング・ボリューム】おすすめの最強マスカラ11選!

 

 

2. おすすめのマスカラは「ランコム ヴィルトゥーズドールアイ」

 

 

ベストコスメアワードで殿堂入りしている名品が「ランコム ヴィルトゥーズドールアイ」です。

こちらのアイテムは、そのネーミングの通り、まるでお人形さんのようなぱっちりとした目になれるというもの。

 

リキッド内には2種類のファイバーを配合し長さを出してくれるのに加え、形状記憶ポリマー処方によりマスカラ液でまつ毛が下向きになるのを防げます。

ブラシはアーチ型なので、目全体に綺麗にフィット、まつ毛の根元から目尻や目頭といったキワ部分まで隈なく塗れる徹底ぶりです。

 

テクスチャーは、付けていることを忘れてしまうとまではないものの、とても軽い付け心地。

ワンストロークでムラなく塗れ、ジグザグ塗りせずともダマにならないのはデパコスクオリティを感じさせます。

 

ランコム ヴィルトゥーズドールアイの商品情報

 

価格:4,000円(税抜)

内容量:6.5ml

色:1色

 

 

 

3. おすすめのアイシャドウは「LUNASOL(ルナソル) セレクション・ドゥ・ショコラアイズ 01Chocolate Blanc」

 

 

奥深いスイーツ、ショコラにインスピレーションを受け、生まれたアイテムが「LUNASOL(ルナソル) セレクションドゥショコラアイズ」です。

同系色を用いながらも、それぞれ質感が異なる組み合わせで、シアーかつ深みのある瞳が叶います。

 

見た目のみならず、香りまでショコラをイメージして作られているのは、おしゃれが大好きな女性心をくすぐると人気です。

 

テクスチャーは、上2色がシアーで柔らかく、下2色がマットでこっくりとした固めの質感。

おすすめの色「01 Chocolate Blanc」は、まさに王道の明度彩度異なるブラウンカラーを詰め込んだ「使える」カラーです。

マットなのにゴシック・モード仕上がりにならず、光の角度によってかすかに分かるパールが上品な目元に導いてくれます。

 

LUNASOL(ルナソル) セレクション・ドゥ・ショコラアイズの商品情報

 

価格:5,000円(税抜)

内容量:5.5g

色:3色

 

 

 

※合わせて読みたい:  口コミで大人気!LUNASOL(ルナソル)のおすすめアイテム15選

 

 

4. おすすめのアイシャドウは「Visee(ヴィセ) グロッシーリッチアイズ PK2」

 

 

まるで塗れているかのようなツヤ感ある高貴な目元を、手軽に演出できるアイテムが「Visee(ヴィセ) グロッシーリッチアイズ」です。

 

4色パレットのすべての色に、美容液成分・オイルが配合されており、するする滑るようなクリーミィタッチを実現。

まぶたへ高密着してくれるので、時間が経っても粉飛びしづらく、つけたての状態が長続きします。

 

テクスチャーは、パウダリー感がほとんどない、しっとりとした質感です。

色は見たまま発色、ブラウンとピンクは別々のアイシャドウで使いそうなものの、両者を組み合わせることで絶妙な上品ブラウンに仕上がります♪

 

Visee(ヴィセ) グロッシーリッチアイズの商品情報

 

価格:1,200円(税抜)

内容量:4.7g

色:8色

 

 

 

※合わせて読みたい:  おすすめのプチプラアイシャドウ9選!安くても大満足のアイシャドウを色別に紹介

 

 

5. おすすめのアイラインは「ラブライナー リキッドアイライナー」

 

 

アイライナーといえば…の人気商品が、アマゾンチョイスにも選ばれている「ラブライナー リキッドアイライナー」です。

使用されている筆は、筆先0.1mmの極細タイプで、液含みや肌の凹凸にもフィットするようコシやしなり具合の強さなど、計算しつくされているのが特徴。

 

敏感で乾燥しやすい目元だからこそ、リキッドには「パンテノール」「リンゴ果実エキス」「センブリエキス」「ヒアルロン酸」など目元ケア成分を配合し、乾燥させません。

ウォータープルーフ処方で汗、皮脂、涙などに強いにも関わらず、ぬるま湯で簡単にオフができ、肌をこすらずに済むのも目元を傷めない嬉しいポイントです。

 

テクスチャーは濃密なリキッドが瞬間密着、筆は適度なコシで痛くないのにブレない安定力で、シーンを使わず使うことができます。

 

ラブライナー リキッドアイライナーの商品情報

 

価格:1,600円(税抜)

内容量:0.55ml

色:5色

 

 

 

※合わせて読みたい:  おすすめの人気アイライナー13選!プチプラ・デパコスで優秀な商品まとめ

 

 

6. おすすめのアイラインは「ヒロインメイク スムースリキッドアイライナースーパーキープ」

 

 

ベルサイユのばらのようなイラストが目を引く「ヒロインメイク スムースリキッドアイライナースーパーキープ」。

 

にじみや剥がれにとにかく強く、耐水性、耐久性、耐皮脂性ともに数あるアイラインの中でもトップクラスです。

筆先は0.1mmと極細仕様で、目尻のハネ上げやタレ目ライン、まつ毛とまつ毛の間などどんな箇所でも手が届く至極の逸品と言えます。

 

テクスチャーは、まるで筆ペンのように適度なコシがあり、色は透け感のない濃密発色。

アイラインを引いたあとにアイシャドウを重ね塗りしても発色が劣らず、使うときも手間いらずな利便性に優れたアイテムです。

 

ヒロインメイク スムースリキッドアイライナースーパーキープの商品情報

 

価格:1,000円(税抜)

内容量:0.4ml

色:3色

 

 

 

※合わせて読みたい:  【タイプ別】アイラインの引き方・アイライナーの書き方!初心者でもできる整形級の仕上がりをご紹介

 

 

「あえて」のナチュラルメイクで、やり過ぎない大人メイクを手に入れよう!

 

30代メイク ナチュラルメイク

 

20代にしていたメイクを、30代になってもしていませんか?

ふと鏡を見るとこれまでは似合っていると思っていたメイクも、どこか違和感を感じたり、無理しているように見えたり…。

そんな方はメイクの仕方を見直すチャンスです。

 

30代メイクはただ単に薄化粧にするのではなく、見えない部分でこっそり盛りつつ、それを表面化させないのが最大のポイント。

 

ナチュラルなのに上品、そして肌馴染みカラーが大人の余裕とおしゃれ感を演出してくれます。

年齢に合った「あえて」のメイクが、今のあなたの魅力を最大限に引き出してくれるでしょう♪

 

※合わせて読みたい:  誰でも簡単ナチュラルメイクのコツ!初心者でも出来るやり方は?ベースメイクやアイメイクもご紹介


フォローして最新記事をチェック!



検索

カテゴリ一覧

ファッション(153)
   着回し/コーデ(50)
   髪型/ヘアスタイル/ヘアアレンジ(27)
   眼鏡/コンタクト/カラコン(6)
メイク・コスメ(253)
   ベースメイク(21)
   アイメイク(26)
   リップ/グロス(16)
   ネイル(10)
   コスメメーカー/ブランド(140)
美容(107)
   スキンケア(62)
   髪/シャンプー/リンス/コンディショナー(27)
   石鹸/ソープ/洗顔料(7)
   ダイエット(3)
健康(48)
   健康食品/サプリメント/プロテイン(11)
   スポーツ/運動/トレーニング(5)
   冷え/温活(5)
ライフスタイル(189)
   生活雑貨/生活用品(23)
   ギフト/プレゼント(15)
   趣味(8)
   お出かけ/観光/旅行/デート(32)
   妊娠/出産/子育て(2)
   家庭菜園/ガーデニング(4)
インテリア(26)
   内装/レイアウト(3)
   DIY(3)
グルメ(67)
   ドリンク/カフェ(24)
   ケーキ/お菓子/スイーツ/パティスリー/パン(18)
   レシピ(24)
アート/カルチャー(20)
   写真/カメラ(5)
   ハンドメイド/クラフト(8)

スキンケア

エイジングケア(35)
保湿(141)
美白(40)
乳液(29)
クリーム(83)
オイル(20)
化粧水(89)
美容液(71)
基礎化粧品(103)
ニキビ(18)
毛穴ケア(28)
角質ケア(34)
肌荒れ(22)
くすみ(39)
クマ(9)
たるみ(18)
ハリ不足(33)
スペシャルケア(86)
セルフケア(39)
UV対策(33)
日焼け対策(25)
日焼け止め(10)
しわ(11)
洗顔/クレンジング(42)

肌質

乾燥肌(97)
敏感肌(74)
脂性肌(27)
混合肌(20)

コスメ/メイク

ツヤ肌(84)
マット肌(43)
ミネラルコスメ(23)
デカ目(41)
小顔(2)
韓国(31)
化粧(97)
ポイントメイク(108)
メイクテク(41)
ナチュラルメイク(82)
美肌(84)
メイク道具(16)
化粧下地/ファンデーション/コンシーラー(52)
テカリ防止(5)
アイメイク(58)
リップ/グロス(56)
チーク(27)
カラーメイク(9)

ファッション

春コーデ(34)
夏コーデ(34)
秋コーデ(40)
冬コーデ(40)
スタイル(91)
テイスト(81)
シーン別(35)
大人コーデ(38)
カジュアル(41)
綺麗め(40)
フェミニン(37)

年代別

10代(2)
20代(9)
30代(10)
40代(5)
50代(3)

恋愛

片思い(22)
男性心理(39)
カップル(32)
恋愛観(41)
恋愛テクニック(44)
モテ仕草(2)

ヘアスタイル

ショートヘア(27)
ロングヘア(27)
セミロング(24)
ボブ(27)
スタイリング(39)
ヘアケア(51)
ヘアカラー(13)
ヘアアクセ(8)

ライフスタイル

キッチン用品(18)
ホームパーティー(16)
グルメ/レシピ(99)
ヘルシー(39)
運動(12)
筋トレ(5)
リラックスタイム(16)

人気記事ランキング