logo

Top > メイク・コスメ > チーク

おすすめのチーク15選!プチプラからデパコスまで、人気のチークブランドや色をまとめて紹介






可愛らしいメイクにも、クールでかっこいいメイクにも欠かせないコスメといえば「チーク」です。

血色感をプラスし、顔色をよく見せてくれることはもちろん、入れる場所や量によって与える印象は大きく変わってきます。
「二日酔いメイク」や「小動物顔メイク」、「濡れ感メイク」など、チークは流行りメイクのカギを握っています。

ただ、チークにはクッションやリキッド、クリームやパウダーなどその種類は多く、迷ってしまいますよね。
今回はそれぞれのチークの特徴から、おすすめのチークをご紹介していきます。

【目次】おすすめのチーク15選!プチプラからデパコスまで、人気のチークブランドや色をまとめて紹介

 

チークの種類は主に3つ

1. パウダーチークでほんわり柔らかい雰囲気に

2. クリームチークでナチュラルな血色感

3. リキッド・クッションチークで色っぽいツヤ感を

<おすすめのパウダーチーク>

1. M・A・C(マック) 「ミネライズ ブラッシュ」

2. CHANEL(シャネル) 「ジュ コントゥラスト」

3. CEZANNE(セザンヌ) 「ナチュラルチークN」

4. CANMAKE(キャンメイク) 「パウダーチークス」

<おすすめのクリームチーク>

1. エレガンス 「スリーク フェイスN」

2. MiMC(エムアイエムシー) 「ミネラルクリーミーチーク」

3. RMK(アールエムケイ) 「マルチペイントカラーズ」

4. CANMAKE(キャンメイク) 「クリームチーク」

5. VISEE(ヴィセ) 「リップ&チーククリーム」

<おすすめのリキッド・クッションチーク>

1. NARS(ナーズ) 「リキッドブラッシュ」

2. THREE(スリー) 「エピック ミニ ダッシュ」

3. CANMAKE(キャンメイク) 「ジューシーレディリキッドチーク」

4. シャンティ 「スウィーツスウィーツ クッションティントチーク」

<番外編:少し変わったチーク>

1. マジョリカ マジョルカ 「クリーム・デ・チーク」

2. エレガンス クルーズ 「ラディ ウォーター」

チークはメイクの仕上がりを大きく変えるパーツ

 

 

チークの種類は主に3つ

 

チークと言っても質感や持ちなど、種類によって特徴は様々です。

なりたい顔になるためには、まずは自分に合ったタイプのチークを知ることから始めましょう。

ここではチークの種類別に特徴を紹介していきます。

 

1. パウダーチークでほんわり柔らかい雰囲気に

 

パウダーチーク

 

ムラになりにくく、チークをするのが苦手な人や初心者さんにおすすめなのが「パウダーチーク」です。

チークの種類の中でもスタンダードといわれており、比較的塗りやすいのが特徴です。

パウダーが皮脂を吸い取ってくれるので、オイリー肌の人もテカリを気にせず使えます。

 

だいたいのパウダーチークがプレストパウダー状になっているので、ふんわり上気したような優しい仕上がりに。

油には強いですが、水分には弱く、粉飛びしやすいため定期的に付け直しが必要です。

少しでも粉飛びを減らすために、塗るときは叩くのではなく、優しくなでるように塗るのがおすすめです。

 

2. クリームチークでナチュラルな血色感

 

クリームチーク

 

みずみずしい肌感を演出したい人や、ツヤ感を出したい人におすすめなのが「クリームチーク」です。

チークの中でも油分を多く含んでいるので、塗るだけで肌の内側から色がにじみ出ているような質感になります。

肌への密着感が強いため、色持ちや発色がいいのも人気な理由の一つです。

 

乾燥肌の人はチークだけで、みずみずしい肌に見せられるのでおすすめです。

しかし、油分が多いので、皮脂が多い人はメイクがよれてしまうこともあります。

また、クリームチークは使い方によってはムラが出てしまうこともあるので、指の平でチークを取ったら、頬に乗せる前に一度手の甲で馴染ませてから乗せると適量を乗せることができます。

練りこむのではなく、ポンポンと叩くように広げてくださいね。

 

3. リキッド・クッションチークで色っぽいツヤ感を

 

リキッド クッション チーク

 

血色感や発色を強めに出したい人におすすめなのが「リキッドチーク」。

クリームチークやパウダーリキッドチークよりも、みずみずしさがあり、透明感を演出できます。

マニキュアのように濃密な液状のものから、薄目の水タイプのものまで幅広いです。

 

一滴付けただけで十分に発色するので、コスパがいいのも選ばれる理由の一つ。

ただ、点で付けるためムラが出やすく、汗には弱いので、付ける場面は考えた方が良いでしょう。

 

リキッドタイプは、使用量の調整が難しいといわれています。

多すぎると不自然に発色になったり、垂れてしまったり。

コツをつかむ必要があるので、上級者向けチークと言えます。

 

 

<おすすめのパウダーチーク>

 

チークの定番タイプともいわれる「パウダーチーク」。

ここからはデパコス、プチプラのパウダーチークを紹介していきます。

 

1. M・A・C(マック) 「ミネライズ ブラッシュ」

 

 

チークを買うならMAC(マック)という人も多く、その中でも定番になりつつあるのが「ミネライズ ブラッシュ」です。

窯でじっくり時間をかけて焼かれたパウダーは、透明感が強く付け心地軽やか。

ミネライズシリーズは、デリケートな肌のことも考えて作られているので、オールスキン対応なのです。

 

テクスチャーは伸びと発色がとてもよく、マットな質感。

そうとはいえ、見た目も付け心地も重さは一切感じられず、細かいパールが入っているためほんのりツヤ感を演出できます。

重く見られがちなパウダータイプでも、ラメを使うことで見た目から軽さを演出してくれるのは嬉しいですよね。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by airi (@airi__e__) on

 

おすすめの色は「デインティ」。

定番のベビーピンクですが、うっすらオレンジが入っているので、日本人の肌に馴染みやすいのが特徴です。

万能カラーでメイクも選ばないのも良いですよね。

会社やかしこまった場でも使えますし、休みの日にはチークをポイントにしたワントーン明るめのメイクにも役立ちます。

 

M・A・C(マック) 「ミネライズ ブラッシュ」の商品情報

 

価格:3,500円(税抜)

色:19色

 

 

 

※合わせて読みたい: M・A・C(マック)のおすすめリップ10選!種類やおすすめカラーをまとめてご紹介

 

 

2. CHANEL(シャネル) 「ジュ コントゥラスト」

 

 

美容系の雑誌や芸能人のSNSでよく見かけるのが、シャネルの「ジュ コントゥラスト」です。

このチークは、普通のチークに比べて固めに焼かれているので、チークの減りが少なく長持ちします。

また、固い粉だからこそ粉飛びせず高密着で、化粧直しが必要ありません。

 

テクスチャーは、ブラシへの付きは少なめです。

ただ、しっかりブラシへ練りこみ、頬に付けるとふんわり優しくもしっかり発色してくれます。

仕上がりがとても自然で、肌の内側からほんのり上気しているような肌感です。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Saori (@saoringo1028beau) on

 

おすすめの色は「72 ローズイニシアル」。

イエベさん、ブルべさんどちらの肌にも合うのがこの色です。

サーモンピンクのような色合いなので、アイシャドウやリップ次第で可愛らしくも大人の色気も引き出してくれます。

顔色がよく見えるため、健康的な肌に見せたい人におすすめです。

 

CHANEL(シャネル) 「ジュ コントゥラスト」の商品情報

 

価格:5,800円(税抜)

色:14色(370・71・69・76・86・72・67・99・170・64・44・250・330・270)

 

 

 

 

3. CEZANNE(セザンヌ) 「ナチュラルチークN」

 

 

抜群にコスパがよく、若い世代を中心に人気を集めているのがセザンヌの「ナチュラルチークN」です。

セザンヌのチークの中でも一番人気のシリーズで、クリアな高発色が人気の理由となっています。

また、ミネラル成分が90%も配合されている上に香料や鉱物油を使用していないので、安心して使えます。

肌に余計な負担をかけずに使えるのは嬉しいですよね。

 

テクスチャーは、一度肌を滑らせただけで高発色な印象。

チークを乗せた瞬間から肌に馴染むので、粉飛びはありません。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by ☆*。まいこ☆*。 (@maikochanchan) on

 

おすすめの色は「16 カシスローズ」です。

定番の11色のあとに登場した新色で、濃いめのラベンダー色がブルべさん、イエベさん問わずどんな肌にも合います。

 

また、色が可愛すぎないので、年齢問わず使えるカラーです。

こっくりとした色合いが、大人っぽさや上品さを演出してくれます。

 

濃いめな色ではあるのですが、透明感があるため重たい印象にならず、ふんわりとした色白肌に。

定番カラーの11色にはラメが入っているものの、カシスローズだけはラメが入っていないので、マットなのできっちりとした場にも向いています。

 

CEZANNE(セザンヌ) 「ナチュラルチークN」の商品情報

 

価格:360円(税抜)

色:11色(01・04・05・09・10・12・13・14・15・16・101)

 

 

 

※合わせて読みたい: 【コスパ最強】プチプラコスメ「セザンヌ(CEZANNE)」のおすすめ商品16選!

 

 

4. CANMAKE(キャンメイク) 「パウダーチークス」

 

 

プチプラコスメの定番キャンメイクの人気チークが「パウダーチークス」です。

マットタイプとパールタイプに分かれており、自分の好みで使い分けすることができます。

パウダーチークならではの乾燥を防ぐために、8種類の美容オイル成分が配合されているので、いつまでもしっとりさらさら感が続いてくれるのです。

 

テクスチャーは、見た目よりも発色は控えめ。

付きが弱めだからこそ、普段使いしやすく自分好みに付ける量を調整できるは嬉しいですよね。

 

パールタイプはかなり多めにラメがついているので、ラメ初心者さんには使うのが難しいかもしれません。

マットタイプは、マットと言いながらも透け感があり、重めにならず誰でも使いやすい印象です。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by nsdmhutustna (@nsdmhutustna) on

 

おすすめの色は「PW25シュガーオレンジ」です。

このシリーズの中で唯一のオレンジ系で、イエベさんとの相性は抜群。

見た目ほど発色しないので、オレンジ系のメイクが初めてという人にも挑戦しやすい色です。

パールが入っているため、肌馴染みがよくツヤ感を出してくれ、オレンジ効果で健康的な肌に見せてくれますよ。

 

CANMAKE(キャンメイク) 「パウダーチークス」の商品情報

 

価格:550円(税抜)

色:8色(PW25・28・34・36・37・38・20・23)

 

 

 

※合わせて読みたい: 【プチプラで大人気】キャンメイクのおすすめ商品20選!おすすめポイントも合わせてご紹介

 

 

<おすすめのクリームチーク>

 

みずみずしい肌を手に入れるなら、クリームチークです。

ここからは、人気でおすすめのクリームタイプのチークを紹介していきます。

 

1. エレガンス 「スリーク フェイスN」

 

 

クリームチークのパイオニアといわれているのが、エレガンスの「スリーク フェイスN」です。

自然な血色感で、チークをつけているというよりは、内側からほんのり発色している風を演出できます。

ムラができず落ちないので、夏に人気で、夏ベストコスメに選ばれているほど。

 

テクスチャーは、クリームチークということもあり密着感が強く付きがいいです。

発色が強めですが、肌馴染みがいいので、指でポンポン伸ばすとみるみるうちに自然な発色に変化していきます。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by luca_cosme (@luca_cosme) on

 

おすすめの色は「OR201」です。

ヘルシーなオレンジがかったピンクが、あどけない可愛さを演出してくれます。

ほんのりオレンジが入っており、日本人の肌にもすんなり馴染み、大人女子でも無理をしないで可愛いメイクを楽しめちゃいます。

 

どの色も大きな色の差は感じられずピンクベースなので、使いやすいのが嬉しいですよね。

ブルべさん、イエベさんは青みやオレンジ系を意識して選ぶと良いでしょう。

 

エレガンス 「スリーク フェイスN」の商品情報

 

価格:3,000円(税抜)

色:4色(PK101・PK102・OR201・RD301)

 

 

 

2. MiMC(エムアイエムシー) 「ミネラルクリーミーチーク」

 

 

肌を美しく見せながらもメイクアップ効果の高い美容液を濃縮して配合しているのが、MiMCの「ミネラルクリーミーチーク」です。

頬骨あたりに付けるチークは、紫外線のダメージを受けやすいことから肌のことを考え、ビタミンフルーツやアルガンオイルなどのスキンケア成分を入れています。

乾燥が原因でできる、くすみやシミを保湿で防いでくれるのです。

 

テクスチャーはマットな印象。

マットながらも伸びがよいため、少量を重ね付けすることをおすすめします。

発色は強めで色味が強いのですが、日本人が作っていることもあって肌馴染みがとても早いのが特徴です。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by 초 (@cho_oo_cosme) on

 

おすすめの色は「01サニーピンク」。

つけたては見ていた色よりもピンクがかっているように思えますが、指で馴染ませるとほんのりオレンジ色に変化します。

日本人に多いイエベ肌との相性がよく、健康的な肌に見せてくれます。

オーガニック商品ということもあり、毎日安心して使うことができるのも嬉しいですよね。

 

MiMC(エムアイエムシー) 「ミネラルクリーミーチーク」の商品情報

 

価格:4,000円(税抜)

色:9色(01~12)

 

 

 

3. RMK(アールエムケイ) 「マルチペイントカラーズ」

 

 

チークとリップ、どちらでも使えちゃうマルチコスメがRMKから発売されている「マルチペイントカラーズ」です。

コンパクトサイズなので持ち運びが簡単で、スライドタイプが可愛いと人気を集めています。

また、シルバー部分が鏡代わりにもなるため、使い勝手がいいのも人気の理由です。

 

テクスチャーは、柔らかいタッチで伸びがいいです。

べたつきや重たさが感じられないので、付け心地は快適そのもの。

付きはいいものの、クリームチークにしては落ちが早いので付け直しが必要です。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by 由布菜月(ゆふ なつき) (@yufudayo) on

 

おすすめの色は「02 フェアリーレッド」。

レッドといってもピンク寄りの色合いなので、レッドチーク初心者さんにも安心して使うことができます。

みずみずしさがあるので、塗るだけで肌の内側から上気したような頬に仕上がるのです。

女性らしさを発揮できる色なので、デートなどに付けていくのもおすすめ。

 

RMK(アールエムケイ) 「マルチペイントカラーズ」の商品情報

 

価格:3,000円(税抜)

色:7色(01~07)

 

 

 

※合わせて読みたい: RMKのコスメで艶肌メイク!アイテム別にRMKのおすすめコスメも紹介

 

 

4. CANMAKE(キャンメイク) 「クリームチーク」

 

 

塗るだけでもちもちジューシーな肌になれるのが、キャンメイクの「クリームチーク」です。

ジューシーな質感なのに塗るとサラサラになることから、新感覚チークともいわれています。

 

テクスチャーは、手にとってもわかるクリーミー感。

伸びは良いとはいえませんが、置いたところはしっかり発色し、自然な印象にしてくれます。

血色感が絶妙で、プチプラとは思えないクオリティです。

また、色持ちがいいため、一度塗れば一日発色し続けてくれます。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by ☆*。まいこ☆*。 (@maikochanchan) on

 

おすすめの色は「16 アーモンドテラコッタ」です。

媚びないかっこいい大人メイクにおすすめで、新色で追加されたときから人気の色。

ブラウンベースの中にほんのりボールドが配色されているので、立体感と色気を演出してくれます。

安いのでトレンドメイクに挑戦してみたい人や、ブラウンチーク初心者さんは挑戦してみてください。

 

CANMAKE(キャンメイク) 「クリームチーク」の商品情報

 

価格:547円(税抜)

色:8色(CL01・CL05・CL08・CL09・05・07・14・16)

 

 

 

※合わせて読みたい: 【プチプラで大人気】キャンメイクのおすすめ商品20選!おすすめポイントも合わせてご紹介

 

 

5. VISEE(ヴィセ) 「リップ&チーククリーム」

 

 

プチプラの中でも上質な仕上がりで人気なのが、ヴィセの「リップ&チーククリーム」です。

ムラを作らず、密着感をアップさせる「ラスティングキープ成分」を配合しているため、うるおいの膜がメイクよれを防ぎます。

また、コラーゲンやスクワランの保湿成分が、唇と頬を乾燥から守ってくれるのです。

 

テクスチャーは、オイルが入っていることもあり、指滑りがいい印象で、指で溶けるかのような緩さがあります。

薄付きではあるものの、だからこそ自分の好みの量を調節しやすく、ムラになりづらいのが納得です。

もちろんリップとしても使えますが、元から唇に色がある人にとっては発色がかなり少ないと感じることもあると思います。

そのため、重ね付けして発色を強くしていくと良いでしょう。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by コスメコンシェルジュ💄Hitomi (@hitomin_1230) on

 

おすすめの色は「PK-9」です。

青みがかったピンクなので、ブルべさんとは特に相性の良い色です。

また、肌に塗るだけでワントーン明るい肌色に見せてくれます。

ベージュやコーラル系の色味に挑戦することはできないけど、ほんのりピンクのチークをしたいという人はぜひ使ってみてください。

 

VISEE(ヴィセ) 「リップ&チーククリーム」の商品情報

 

価格:972円(税抜)

色:10色(PK1・PK2・OR3・PK4・BE5・RD6・PK7・BE8・PK9・BE10)

 

 

 

<おすすめのリキッド・クッションチーク>

 

発色感にこだわりたい人におすすめなのが、リキッドタイプやクッションチーク。

ここからは、その中でも特に人気の商品を紹介していきます。

 

1. NARS(ナーズ) 「リキッドブラッシュ」

 

 

上品なワンランク上のメイクに仕上がるのがナーズの「リキッドブラッシュ」です。

細かいゴールドパールが上品さを演出してくれ、角度によって自然に煌めく肌は美肌にも見えます。

また、保湿成分である「モノイオイル」や「タマヌオイル」が配合されているため、驚くほどシルキーですべすべした肌にしてくれます。

 

テクスチャーは、濃密な液体ですが、重さはなく肌馴染みがとてもいいです。

肌につけるとスルスルと伸び、水分豊富で乾燥しないのがわかります。

ラメが入っておりツヤ感は出るものの、マット感がとても強いため大人メイクにおすすめです。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by murookahiroki (@hairmake_muro) on

 

おすすめの色は「5155」。

3色の中でも一般的なピンクで、使いやすい色だと人気です。

単色で塗ってもいいですが、重ね塗りや違うテクスチャーのチークと混ぜて使っても合わせやすい色となっています。

仕上がりが自然で、内側からポッと色づいているような頬が作れちゃいます。

 

NARS(ナーズ) 「リキッドブラッシュ」の商品情報

 

価格:3,400円(税抜)

色:3色(5155・5157・5158)

 

 

 

2. THREE(スリー) 「エピック ミニ ダッシュ」

 

 

色黒さんやくすみが気になる人におすすめしたいのが、しっかり発色タイプのスリー「エピックミニダッシュ」です。

肌馴染みにこだわり、液はホイップ状で、「グロッシークリスタルゲル」で自然なツヤ感を演出してくれます。

また、8種類の植物オイルと油脂配合されており、頬と唇を乾燥から守ってくれます。

 

テクスチャーは、液体より固く、クリームより柔らかい印象です。

塗って指で馴染ませると液体がみるみる肌の中に吸い込まれていき、塗ってない肌との境目がわからないほど肌馴染みがいいです。

そうとはいえ、何度も付け直しなどでこするとシミが出てきたり、よれたりするので塗るときは手早く塗ると綺麗に色が乗ります。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by mariko (@marinstgm) on

 

おすすめの色は「12 LARK SONG」。

落ち着いた色合いが特徴で、ボルドー色といったところです。

このシリーズの中でも特に強めの発色ですが、点で塗り馴染ませることで自然な血色感になります。

ファンデーションの上からでも、しっかり発色してくれるのは嬉しいですよね。

 

THREE(スリー) 「エピック ミニ ダッシュ」の商品情報

 

価格:3,000円(税抜)

色:9色(01~12)

 

 

 

※合わせて読みたい: ナチュラルオーガニックコスメ「THREE(スリー)」のおすすめ商品21選!

 

 

3. CANMAKE(キャンメイク) 「ジューシーレディリキッドチーク」

 

 

みずみずしい質感のティントチークで人気なのが、キャンメイクの「ジューシーレディリキッドチーク」です。

ティントタイプなので、食事をしても落ちないのはもちろん、汗や水にも強く助かります。

また、UVカット効果もあるので、おしゃれをしながら紫外線対策できるのも人気の理由です。

 

テクスチャーは、点で付けると発色がよく、付けすぎたと思うかもしれませんが伸ばすと結構な薄付きになります。

伸びがいいので広げやすく、ムラができません。

チークだと薄目の発色ですが、リップとして塗るとしっかりとした発色でセミマットな仕上がりに。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by ☆*。まいこ☆*。 (@maikochanchan) on

 

おすすめの色は「03 アップルチェリー」です。

赤ベースですが、パキッとした赤ではなくチェリーレッドなので、ツヤ感と透明感がある肌を演出してくれます。

3色ある中でも一番自然な血色感があり、肌をワントーン明るくしてくれるので人気です。

 

CANMAKE(キャンメイク) 「ジューシーレディリキッドチーク」の商品情報

 

価格:600円(税抜)

色:3色(01~03)

 

 

 

※合わせて読みたい: 【プチプラで大人気】キャンメイクのおすすめ商品20選!おすすめポイントも合わせてご紹介

 

 

4. シャンティ 「スウィーツスウィーツ クッションティントチーク」

 

 

パケ買いする人も多いといわれているのが、シャンティの「スウィーツスウィーツ クッションティントチーク」です。

直接肌に塗れるクッションタイプのチークは便利ですし、濃く仕上げたいときはポンポンとスタンプの回数を増やすだけで、チークが苦手な人でも失敗することがありません。

メイクが崩れにくい「ラスティング効果」があるため、色落ちを気にする必要がないのも魅力的ですよね。

 

テクスチャーは、かなりみずみずしい印象。

見ための色は濃いのですが、つけるとかなり薄めです。

伸びが良いわけではありませんが、重ね塗りすることで徐々に発色が強くなっていきます。

スポンジ状になっているので、付けた最初からぼかし効果が出ており、ムラなく塗れるのも人気の理由です。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by えりぃ (@erikokawakami) on

 

おすすめの色は「03 ブラッドオレンジ」。

オレンジではあるのですが、赤味がかっているので、大人っぽさを演出できます。

健康的な肌になりつつ、内側から自然な血色感が出るので顔色が悪い人などには特におすすめのカラーです。

 

シャンティ 「スウィーツスウィーツ クッションティントチーク」の商品情報

 

価格:1,000円(税抜)

色:3色(01~03)

 

 

 

 

<番外編:少し変わったチーク>

 

いつも使っているチークを変えたいけど、何がいいかイマイチわからないという人に試してほしい、少し変わったチークを紹介していきます。

 

1. マジョリカ マジョルカ 「クリーム・デ・チーク」

 

 

マニキュアのようなデザインが印象的なクリームタイプのチークが、マジョリカマジョルカの「クリーム・デ・チーク」です。

ひと塗りで肌に溶け込み、細筆タイプなので、ポイント使いもしやすいのも魅力的。

 

テクスチャーは、クリームチークというだけあってスルスルと伸びがいいのが特徴です。

ラメ感がなく発色が弱めなので、元から頬がほんのり赤いような自然な色合いになります。

みずみずしく、乳液をつけているかのような質感です。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by のの♡ (@nonota_n) on

 

おすすめの色は「PK312 シェルピンククリーム」。

可愛らしい定番パステルピンクです。

色味自体に深みがないため、単色で使うよりは他のチークと重ね塗りしたり、色を足すとより綺麗な発色になります。

 

マジョリカ マジョルカ 「クリーム・デ・チーク」の商品情報

 

価格:850円(税抜)

色:4色(PK312、RD310、RD411、OR313)

 

 

 

※合わせて読みたい: マジョリカマジョルカ(MAJOLICA MAJORCA)のおすすめコスメまとめ!

 

 

2. エレガンス クルーズ 「ラディ ウォーター」

 

 

軽い付け心地がまるで水みたいだということで、水チークとも呼ばれているのがエレガンスクルーズの「ラディ ウォーター」です。

ネイルのような可愛らしいパッケージからパケ買いする人も多く、インスタ映えするチークとなっています。

細筆が付属されているので、目の下などピンポイントでも塗れると人気を集めています。

 

テクスチャーは、名前の通りチークではなくまるで色水。

とにかくさらさらしており、べたつきなども一切感じられず、クリームチークや練りチークよりはるかに伸びがいいです。

ハードルが高いと思われがちな水タイプのチークですが、実はチーク初心者さんにも挑戦しやすいですよ。

水ベースということもあり、肌への浸透スピードが速くピタッと密着するのがわかります。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Yuki (@snow__ricca) on

 

おすすめの色は「RD302」です。

深みのあるダークレッドで、メイクの上に乗せるだけで一気に品のあるメイクが仕上がります。

大人っぽくなるため、ブラウンのアイシャドウと合わせてもチークが映えるので試してみてくださいね。

同じシリーズでも、「RD302」は発色感が強いので付けすぎには注意が必要です。

 

エレガンス クルーズ 「ラディ ウォーター」の商品情報

 

価格:2,000円(税抜)

色:6色(PK101、PK102、OR201、OR202、RD310、RD302)

 

 

 

チークはメイクの仕上がりを大きく変えるパーツ

 

チーク メイク

 

今やチークは、顔の印象を大きく左右する大切なパーツの一つです。

マットなチークでかっこよく魅せるもよし、ジューシーでツヤ感溢れるチークで女性らしさを最大限に引き出すのもよし。

自分のなりたい顔と使い勝手のバランスを見て最適のチークを探してくださいね。


フォローして最新記事をチェック!



検索

カテゴリ一覧

ファッション(59)
   着回し/コーデ(22)
   髪型/ヘアスタイル/ヘアアレンジ(14)
   眼鏡/コンタクト/カラコン(3)
メイク・コスメ(117)
   ベースメイク(14)
   アイメイク(18)
   リップ/グロス(12)
   ネイル(6)
   メーカー/ブランド(50)
美容(73)
   スキンケア(46)
   髪/シャンプー/リンス/コンディショナー(14)
   石鹸/ソープ/洗顔料(6)
   ダイエット(3)
健康(35)
   健康食品/サプリメント/プロテイン(9)
   スポーツ/運動/トレーニング(3)
   冷え/温活(4)
ライフスタイル(127)
   生活雑貨/生活用品(15)
   ギフト/プレゼント(12)
   趣味(6)
   お出かけ/観光/旅行/デート(22)
   妊娠/出産/子育て(2)
   家庭菜園/ガーデニング(3)
インテリア(22)
   内装/レイアウト(3)
   DIY(3)
グルメ(40)
   ドリンク/カフェ(16)
   ケーキ/お菓子/パティスリー/パン(8)
アート/カルチャー(14)
   写真/カメラ(3)
   ハンドメイド/クラフト(5)

スキンケア

エイジングケア(4)
保湿(74)
美白(22)
乳液(8)
クリーム(37)
オイル(11)
化粧水(33)
美容液(26)
基礎化粧品(54)
ニキビ(9)
毛穴ケア(14)
角質ケア(21)
肌荒れ(13)
くすみ(21)
クマ(4)
たるみ(5)
ハリ不足(17)
スペシャルケア(37)
セルフケア(13)
UV対策(11)
日焼け対策(9)
日焼け止め(4)

肌質

乾燥肌(70)
敏感肌(51)
脂性肌(19)
混合肌(10)

コスメ/メイク

ツヤ肌(62)
マット肌(39)
ミネラルコスメ(12)
デカ目(30)
小顔(1)
韓国(20)
化粧(56)
ポイントメイク(54)
メイクテク(28)
ナチュラルメイク(60)
美肌(64)
メイク道具(10)
化粧下地/ファンデーション/コンシーラー(1)
リップ/グロス(1)

ファッション

春コーデ(16)
夏コーデ(15)
秋コーデ(19)
冬コーデ(18)
スタイル(34)
テイスト(26)
シーン別(14)
大人コーデ(14)

年代別

10代(1)
20代(6)
30代(7)
40代(3)
50代(2)

恋愛

片思い(21)
男性心理(23)
カップル(24)
恋愛観(24)
恋愛テクニック(31)

ヘアスタイル

ショートヘア(14)
ロングヘア(13)
セミロング(11)
ボブ(14)
スタイリング(20)
ヘアケア(28)
ヘアカラー(8)
ヘアアクセ(6)

ライフスタイル

キッチン用品(15)
ホームパーティー(11)
食生活(77)
ヘルシー(35)
運動(10)
筋トレ(4)
リラックスタイム(1)

人気記事ランキング