logo

Top > メイク・コスメ > メイク方法/テクニック

「下まぶた×アイシャドウ」メイクは必須!やり方・色別に与える印象を徹底解説






アイメイクをはじめ、アイシャドウは目元を綺麗に見せくれるマストアイテムです。
上まぶたはしっかりめに色を乗せたり、グラデーションを効かせたり力を入れるものの、下まぶたはノータッチの方も少なくないと思います。

実は下まぶたはアイメイクの中でも、仕上がりをワンランク上げる大切なパーツです。

下まぶたにアイシャドウを入れることで、さらなるデカ目効果を狙えたり、印象を変えることもできます。
本記事では「下まぶたメイク」にフォーカスし、塗り方や色別の与える印象を徹底解説します。

【目次】「下まぶた×アイシャドウ」メイクは必須!やり方・色別に与える印象を徹底解説

 

下まぶたメイクの魅力は主に3つ

1. 目を大きく見せることができる

2. くすみやクマを隠しやすい

3. 垢抜ける・こなれ感を演出できる

下まぶたメイクのパターンは主に3つ

1. 色を統一させた「囲みアイ」

2. 立体感増す「涙袋メイク」

3. 自然なデカ目が叶う「目尻寄りメイク」

【色別】下まぶた×アイシャドウで与える印象

1. 「ブラウン」で大人おしゃれに

2. 「ピンク」でふんわりとソフトで甘く

3. 「オレンジ・イエロー」でナチュラルヘルシーに

4. 「ゴールド」で上品かつスタイリッシュ

5. 「ブルー」でうるっとモテ瞳

<下まぶたメイクにおすすめのアイシャドウ>

1. Visee(ヴィセ) グロッシーリッチアイズ

2. EXCEL(エクセル) リアルクローズシャドウ

3. CANMAKE(キャンメイク) パーフェクトマルチアイズ

4. ADDICTION(アディクション) ザ アイシャドウ

5. NARS(ナーズ) クワッドアイシャドー

6. LUNASOL(ルナソル) スキンモデリングアイズ

下まぶたメイクで引き込まれるようなアイメイクを♪

 

下まぶたメイクの魅力は主に3つ

 

下まぶたにするメイクは、目をさらに大きく見せることができたり、インパクトのある目元にできたり、メイク上級者に見えるなどメリットがたくさんあります。

それでいて、下まぶたメイクは難しいテクニックが必要というわけではないのも魅力的です。

 

ここからは、下まぶたメイクの魅力について詳しくご紹介していきます。

 

1. 目を大きく見せることができる

 

下まぶた メイク 

 

下まぶたメイクをすることで、上まぶたのみにアイシャドウを乗せるよりも、目を大きく見せることができます。

 

目の下部分にも色が足されることによって、目の縦横幅が広くなり、ナチュラルさを保ちつつデカ目効果が得られます。

同時に、面長さんやベース型さんで小顔に見せたいときにも、下まぶたメイクが目線を下に広げてくれるので、顔が大きさを緩和してくれます♪

 

2. くすみやクマを隠しやすい

 

下まぶた メイク クマ くすみ

 

下まぶたはくすみやクマが表面化しやすい箇所。

かすんだ色合いがあることで疲れているように見えたり、老けて見えてしまう原因になります。

 

そんなときこそ下まぶたにメイクオンし、ぼかしてあげましょう。

あらゆるトラブルを隠すために下まぶたメイクをするときは、そのトラブルに合った色合いや質感を選ぶことが大切です。

 

3. 垢抜ける・こなれ感を演出できる

 

下まぶた メイク 垢抜ける こなれ感

 

下まぶたに色やラメといった新たな質感が加わることで、垢抜けたり、こなれ感を演出することができます。

また、上まぶたのアイシャドウと同じ色を下まぶたにも乗せれば、メイクの統一感が増せたり、目にピントが合い目力が増します。

 

しっかりメイクのときはもちろん、ナチュラルメイクのときにアイシャドウを乗せると目元がより際立ち、インパクトのある表情に。

 

※合わせて読みたい:  アイメイクの新常識「目頭切開ライン」で叶えるデカ目!引き方やテクニックを紹介

 

 

下まぶたメイクのパターンは主に3つ

 

一口に下まぶたメイクと言っても、ただ単に色を乗せるだけではなく、いくつかのメイクパターンがあります。

 

どのパターンにするかで与える印象も大きく異なるため、上まぶたのアイシャドウやメイクのテイストと合わせることが大切です。

ここからは、そんな下まぶたメイクの基礎となるパターンをご紹介します。

 

1. 色を統一させた「囲みアイ」

 

下まぶた メイク 囲みアイ

 

上まぶたから下まぶたまで、目全体をアイシャドウで囲むメイクパターンが「囲みアイ」です。

目をすべて囲んでしまうことから一段と華やかかつ大きく見え、こなれ感が出せたり、今っぽいトレンドメイクに仕上がります。

 

印象が強く仕上がるからこそ、乗せる色はビビットではなく、スモーキーやニュアンスカラーがおすすめ。

発色はマットだと強すぎるのでクリームやジェルのものだと自然な目元に。

上まぶた同様、下まぶた全体にも色は乗せるものの、全く同じ量を乗せるのではなく、ポンポンとスタンピングする要領で塗るとおしゃれになりますよ♪

 

トレンドメイクはリップで演出しがちですが、囲みアイを使えばアイシャドウでも今風を再現できます。

 

2. 立体感増す「涙袋メイク」

 

下まぶた メイク 涙袋メイク

 

下まぶたメイクで取り入れている方も多いパターンのメイクが「涙袋メイク」です。

下まぶたに光を取り込むことでぷっくりと立体感が増し、まるで元から涙袋があるように見えるメイクのこと。

 

ぷっくりさせたいがゆえに塗りすぎると、色浮きしたり上まぶたより主張が強くなってしまうため、乗せる色はベージュやイエロー、ピンクといった肌馴染みが良いものがおすすめです。

また、ナチュラルメイクの方は、薄付きでも発色が良い「ラメ・パール入り」のものだとより自然に仕上がります。

 

涙袋を作ったあとはさらにその下部分に、ブラウン・ベージュで涙袋の影を作れば完成です。

女優さんやモデルさんなど美人の条件としても取り上げられる涙袋は、メイクの必須と言えるでしょう。

 

※合わせて読みたい:  涙袋はメイクで作れる!ぷっくり可愛い涙袋の作り方やおすすめの人気涙袋ライナーまとめ

 

3. 自然なデカ目が叶う「目尻寄りメイク」

 

目尻寄りメイク 下まぶた メイク

 

いかにもメイクしてます!感がなく、それでいて自然にデカ目効果が期待できる「目尻ライン」メイク。

目尻寄りメイクは、その名の通り上まぶたにアイシャドウを乗せたあと、上記写真のように下まぶたを3等分にしたうちの外側部分のみに色を乗せます。

 

あまり濃い色を乗せるとかえって顔色が悪く見えたり、メイクが崩れ、パンダ目のように見えてしまうので色選びは大切です。

アイシャドウパレットの中でも締め色ではなく中間色・べースとなる色で塗ると綺麗に馴染みます。

 

また、少し下に長めに色を入れるとタレ目にも見せることができ、男性ウケもいいのが特徴です。

柔らかく女性らしい印象に導てくれますよ♪

 

 

【色別】下まぶた×アイシャドウで与える印象

 

下まぶたのメイクはどれも同じだと思っている方も多いですが、実は色の取り入れ方によって与える印象は大きく変化するのです。

 

デートメイクやオフィスメイク、オフの日のメイクなど色分けするだけで、雰囲気もガラリと変わるかも…?

下まぶたメイクをこれまでしてきたことがない初心者さんは必見です。

 

1. 「ブラウン」で大人おしゃれに

 

下まぶた メイク ブラウン

 

ブラウンはスモーキーな色合いが、大人かつおしゃれな雰囲気を演出してくれます。

 

下まぶたにブラウンを取り入れる場合は、上まぶたにも同系色のブラウンをグラデーションテイストで取り入れ、「囲みアイ」にすると今っぽさ抜群です。

囲むときは濃い色で囲むとパンダ目かのようにチープな仕上がりになるため、あくまでも発色の淡さを意識しましょう。

 

二重幅と下まぶたの目尻寄りにグッと濃いめのブラウンで締め、あとは淡いブラウンでそっと囲めばシャープな目元が手に入ります。

 

2. 「ピンク」でふんわりとソフトで甘く

 

下まぶた メイク ピンク

 

ピンクは女性らしいガーリーな色合いが、ふんわりとピュアな印象を演出してくれます。

 

下まぶたにピンクを取り入れるときは、上まぶたに暖色カラーを持ってくることで統一感を出し、「目尻寄り」にライン入れしてあげると温もりを上手く引き出せそう。

まぶた全体に入れると幼っぽさが前に出てきてしまうため、あくまで目尻にワンポイント程度が大人可愛いの鉄則。

 

自然な血色感ある赤みが、男性の目線も奪ってしまうのがピンクカラーの冥利です。

 

3. 「オレンジ・イエロー」でナチュラルヘルシーに

 

下まぶた メイク オレンジ イエロー

 

オレンジ・イエローといった肌馴染みが良い色合いは、色を乗せてる感は少ないのに色ムラを整え、ナチュラルヘルシーさを演出してくれます。

 

下まぶたにオレンジ・イエローを取り入れる場合は、上まぶたにも自然さを残すために、ナチュラルメイクがおすすめです。

あえてアイラインやマスカラをせず、上まぶたはオレンジアイシャドウ、下まぶたは「囲みアイ」もしくは「涙袋メイク」で色を乗せつつもケバくない仕上がりに。

 

オレンジカラーは、馴染みが良いのである程度塗っても腫れぼったくならず、頑張りすぎていない仕上がりが好感度を高めます。

 

4. 「ゴールド」で上品かつスタイリッシュ

 

下まぶた メイク ゴールド

 

ゴールドは一見華やかで派手に見られがちな色ですが、シンプルにきめることで上品でスタイリッシュさを引き出す色です。

下まぶたにゴールドを取り入れるときは、上まぶたはベージュやブラウンといった落ち着いた色み、下まぶたはゴールド単色で使うのがベター。

 

ゴールドカラーのアイシャドウは、どのメーカーも比較的色みよりラメ・パール感を意識したアイテムが多く、じんわり発色寄りです。

そのため「涙袋メイク」との相性が良く、ラメの偏光効果により、自然と涙袋を作ってくれます。

 

薄付きを意識することで、オフィスメイクやデートにも取り入れやすい色と言えるでしょう。

 

※合わせて読みたい:  おすすめラメアイシャドウ10選!イマドキ濡れツヤまぶたで綺麗な瞳を手に入れよう♪

 

5. 「ブルー」でうるっとモテ瞳

 

下まぶた メイク ブルー

 

ブルーはクールで知的なイメージや寒色で涼し気な印象を持たれがちな色なものの、取り入れ方によっては瞳のうるっと感をアシストしてくれます。

下まぶたにブルーを取り入れるときは、上まぶたはお好きな色を乗せ、下まぶたにはラメ入りかつ薄発色のブルーを使うのがおすすめです。

 

ブルーは冷たい色で使い勝手があまり良くないと思っている方も多いかもしれませんが、ラメが強めなものだと「色<うるっと感」が演出できます。

特にブルべさんが使うと白い肌にブルーが映え、肌が綺麗に見える効果も。

 

あえて上まぶたに乗せるアイシャドウを薄くし、ブルーアイシャドウで儚げで守りたくなる瞳を強調すれば、彼がデートできゅんとくること間違いなし♪

 

※合わせて読みたい:  おすすめのプチプラアイシャドウ9選!安くても大満足のアイシャドウを色別に紹介

 

 

<下まぶたメイクにおすすめのアイシャドウ>

 

ここからは上まぶたのアイシャドウとしてはもちろんのこと、下まぶたメイクにも使えるおすすめのアイシャドウを紹介していきます。

すでにアイシャドウを持っている方も、下まぶたにも併用して使えるのかチェックしながら見てみてください。

 

1. Visee(ヴィセ) グロッシーリッチアイズ

 

 

潤んだ瞳を演出してくれるのが「Visee(ヴィセ) グロッシーリッチアイズ」。

しっとりとしたパウダーが、ベースを塗らずともまぶたに高密着し、粉飛びの心配いらずなのが特徴です。

 

4色のどの色にもオイル・美容液成分が配合されているので、なめらかなテクスチャーなのはもちろん、真珠を連想させる上品なツヤ感は下まぶたにもぴったり。

カラーバリエーションは8色で、ブラウンやオレンジ、ピンクをはじめ、スモーキーカラーやブルーといったエッジの効いた色も豊富です。

 

パウダーは「ピュアゴールド処方」を取り入れ、軽く塗っただけでも上品な煌めきと自然な立体感が出せます。

大小兼ね備えたチップ付きで、太いチップはまぶた全体用に、細いチップを使えばライン使いに、また下まぶたメイクにも使うことができる優れものです。

 

Visee(ヴィセ) グロッシーリッチアイズの商品情報

 

価格:1,200円(税抜)

内容量:4.7g

色:8色

 

 

 

※合わせて読みたい:  Visee(ヴィセ)は実力派の優秀コスメ揃い!おすすめの人気商品をまとめて紹介

 

2. EXCEL(エクセル) リアルクローズシャドウ

 

 

トレンドカラーを豊富に取り揃えているのが「EXCEL(エクセル) リアルクローズシャドウ」です。

こちらのアイテムは、パレット4色を使ってプロ級のグラデーションアイを手軽に作ることができ、3種類の微細なカラーパールが極上のツヤ感を演出してくれます。

 

パールと一口で言っても大粒のガラスパールや微細多色のカラーパール、豪快なツヤのゴールドミックスパールがあり、ツヤ感だけでもコントロール自由自在です。

乾燥しやすい目元に対しては、保湿成分の王道「スクワラン」を配合し、時間が経っても粉飛びしません♪

 

下まぶたに使うときは右下ではなく、左下のアクセントカラーを使えば「囲みアイ」をしても派手すぎず、おしゃれな目元に。

テクスチャーは保湿成分がふんだんに含まれているからか、少量で広範囲に伸び、まぶたにつっかからない滑りの良さが下まぶたメイク初心者さんにも使やすいです。

 

EXCEL(エクセル) リアルクローズシャドウの商品情報

 

価格:1,650円(税抜)

内容量:10.5g

色:6色

 

 

 

※合わせて読みたい:  EXCEL(エクセル)のアイシャドウが可愛すぎる!コスメ好きも満足するプチプラアイシャドウまとめ

 

3. CANMAKE(キャンメイク) パーフェクトマルチアイズ

 

 

5色のラメ無し・マット仕様パレットが「CANMAKE(キャンメイク) パーフェクトマルチアイズ」。

 

パレットは明度・彩度が異なる同系色構成で、ラメやパールが入っていないからこその陰影を活かしたアイメイクをすることができます。

アイシャドウですが、使い方次第ではアイライナーやアイブロウまでできるマルチ仕様なのも特徴の一つです。

 

マットというと張り付くように密着することから乾燥を懸念される方もいますが、こちらのアイテムは「スクワラン」「カミツレ花エキス」「ホホバオイル」など保湿成分も配合されているので、冬場でも安心して使えます。

また、ベースカラー~締め色まで広範囲に使う色ほど内容量も多く、偏った減りがないのも使い勝手の良さを感じさせるのです。

 

パレット右下の締め色以外、どの色を乗せても綺麗に馴染む、持っていて損がない優秀アイテムと言えます。

 

CANMAKE(キャンメイク) パーフェクトマルチアイズの商品情報

 

価格:780円(税抜)

色:6色

 

 

 

※合わせて読みたい:  【プチプラで大人気】キャンメイクのおすすめ商品20選!おすすめポイントも合わせてご紹介

 

4. ADDICTION(アディクション) ザ アイシャドウ

 

 

デパコスアイシャドウの代名詞「ADDICTION(アディクション) ザ アイシャドウ」。

 

言わずと知れた人気の単色アイシャドウで、ベーシックカラーからアクセントカラーまでその数99色と、数あるアイシャドウの中でもかなり多めなのが特徴です。

スクエア型のコンパクトなパッケージデザインは持ち運びにも便利で、それでいておしゃれだからメイク直しも気分が上がります。

 

99色の中には質感が4種類あり、繊細なパールとうっすら発色の「シルキー(S)」・ラメ無し高発色の「マット(M)」・単体でも強い煌めきの「パール(P)」・メタリックかつ高いフィット性の「メタリック(ME)」から好きなものを選べます。

 

とにかく豊富なカラーバリエーションなので、色次第でどんな下まぶたメイクも可能なのは魅力的です。

「85シャンハイブレックファスト」や「92マリアージュ」は特に人気のカラーで、単体使いや手持ちのアイシャドウと合わせて使うこともできます。

 

 

パーソナルカラーに合わせて選ぶと、顔色や発色が良く見えるのでおすすめです。

 

ADDICTION(アディクション) ザ アイシャドウの商品情報

 

価格:2,000円(税抜)

内容量:1g

色:99色

 

 

 

※合わせて読みたい:  おしゃれ女子はみんな持ってる!人気コスメブランドADDICTION(アディクション)のおすすめ商品13選

 

5. NARS(ナーズ) クワッドアイシャドー

 

 

鮮明で濃密な発色が好みの方におすすめなのが「NARS(ナーズ) クワッドアイシャドー」です。

 

こちらのアイテムは、ベルベットのような濃厚発色が特徴で、4色の「リキッドバインディングシステム処方」がひと塗りでポイントメイクかのように、インパクト抜群の見た目に。

パレットの質感は、発色強めの「マット」・光沢感のある「サテン」・角度によって煌めく「グリッター」と、1パレットでマルチにアイメイクを楽しむことができます。

 

同系色だけを集めているわけではないにも関わらず、統一感のある色合いは塗る濃さを調整次第で、シーンやファッションに合わせて色みを変えられます♪

 

テクスチャーはどの色もサラサラとしており、こっくり感は一切ありません。

たっぷり付けても減りが少ないためコスパが良く、カラー展開はブラウンやオレンジ、ピンクをはじめ、グリーンやパープルなど遊び心のある色もメイクの幅を広げてくれそうです。

 

NARS(ナーズ) クワッドアイシャドーの商品情報

 

価格:5,800円(税抜)

内容量:4.4g

色:8色

 

 

 

6. LUNASOL(ルナソル) スキンモデリングアイズ

 

 

ふんわりと馴染みが良く、やさしいカラーが特徴の「LUNASOL(ルナソル) スキンモデリングアイズ」。

 

アットコスメでもベストコスメアワードを受賞するほどの実力派アイテムで、ベージュを基調としながらも、その他の絶妙な色合いが透明感、光沢感をうまく計算しているのだそう。

使用されているパウダーは光が入ることによって発色する「ルーセントカラーピグメント」処方で、自然に集まる光が目元を綺麗に見せてくれるのです。

 

ベージュベースだからこそ、誰が付けても失敗しない色で、下まぶたに塗っても派手になりすぎないのはさすがといったところ。

テクスチャーはさらっとしており、さらに特筆すべきなのはデパコスならではの繊細なラメ感です。

 

どの色にもラメが入っているものの、可憐で上品さがあり、オフィスメイクや冠婚葬祭といったフォーマルなシチュエーションでも使える優秀アイシャドウと言えるでしょう。

 

LUNASOL(ルナソル) スキンモデリングアイズの商品情報

 

価格:5,000円(税抜)

内容量:59g

色:2色

 

 

 

※合わせて読みたい:  口コミで大人気!LUNASOL(ルナソル)のおすすめアイテム15選

 

 

下まぶたメイクで引き込まれるようなアイメイクを♪

 

下まぶた メイク

 

今回はアイメイクの中でも、下まぶたメイクをする魅力や方法をご紹介しました。

 

アイメイクというと、どうしても上まぶたやマスカラに力を入れがちですが、忘れてはいけないのが下まぶたのメイクです。

下まぶたにもアイシャドウや涙袋を施すことで、目幅を広げられ、面長さんも小顔に見せてくれたりデカ目効果も期待できます。

 

目元はもちろん、顔の印象自体も下まぶたで作れるといっても過言ではありません。

手持ちのアイシャドウを使えば、今日から下まぶたメイクが実践できるので、ぜひチャレンジしてみてください。

 

※合わせて読みたい:  誰でも出来る簡単ナチュラルメイクのコツ!初心者でも出来るやり方は?ベースメイクやアイメイクもご紹介


フォローして最新記事をチェック!



検索

カテゴリ一覧

ファッション(107)
   着回し/コーデ(40)
   髪型/ヘアスタイル/ヘアアレンジ(22)
   眼鏡/コンタクト/カラコン(5)
メイク・コスメ(188)
   ベースメイク(19)
   アイメイク(24)
   リップ/グロス(13)
   ネイル(10)
   メーカー/ブランド(94)
美容(92)
   スキンケア(53)
   髪/シャンプー/リンス/コンディショナー(23)
   石鹸/ソープ/洗顔料(6)
   ダイエット(3)
健康(43)
   健康食品/サプリメント/プロテイン(9)
   スポーツ/運動/トレーニング(5)
   冷え/温活(5)
ライフスタイル(159)
   生活雑貨/生活用品(19)
   ギフト/プレゼント(14)
   趣味(7)
   お出かけ/観光/旅行/デート(28)
   妊娠/出産/子育て(2)
   家庭菜園/ガーデニング(3)
インテリア(26)
   内装/レイアウト(3)
   DIY(3)
グルメ(58)
   ドリンク/カフェ(23)
   ケーキ/お菓子/スイーツ/パティスリー/パン(15)
アート/カルチャー(17)
   写真/カメラ(3)
   ハンドメイド/クラフト(7)

スキンケア

エイジングケア(20)
保湿(109)
美白(31)
乳液(18)
クリーム(60)
オイル(16)
化粧水(63)
美容液(47)
基礎化粧品(77)
ニキビ(13)
毛穴ケア(23)
角質ケア(32)
肌荒れ(19)
くすみ(31)
クマ(6)
たるみ(14)
ハリ不足(27)
スペシャルケア(60)
セルフケア(30)
UV対策(20)
日焼け対策(16)
日焼け止め(8)
しわ(7)
洗顔/クレンジング(21)

肌質

乾燥肌(88)
敏感肌(64)
脂性肌(27)
混合肌(20)

コスメ/メイク

ツヤ肌(76)
マット肌(42)
ミネラルコスメ(17)
デカ目(36)
小顔(2)
韓国(26)
化粧(76)
ポイントメイク(80)
メイクテク(36)
ナチュラルメイク(75)
美肌(78)
メイク道具(12)
化粧下地/ファンデーション/コンシーラー(34)
テカリ防止(3)
アイメイク(36)
リップ/グロス(36)
チーク(16)
カラーメイク(4)

ファッション

春コーデ(27)
夏コーデ(26)
秋コーデ(33)
冬コーデ(34)
スタイル(61)
テイスト(52)
シーン別(23)
大人コーデ(29)
カジュアル(23)
綺麗め(20)
フェミニン(16)

年代別

10代(1)
20代(7)
30代(10)
40代(5)
50代(3)

恋愛

片思い(21)
男性心理(27)
カップル(29)
恋愛観(29)
恋愛テクニック(37)

ヘアスタイル

ショートヘア(22)
ロングヘア(21)
セミロング(18)
ボブ(22)
スタイリング(30)
ヘアケア(45)
ヘアカラー(12)
ヘアアクセ(8)

ライフスタイル

キッチン用品(17)
ホームパーティー(13)
グルメ/レシピ(90)
ヘルシー(37)
運動(11)
筋トレ(5)
リラックスタイム(10)

人気記事ランキング