logo

Top > メイク・コスメ > メイク方法/テクニック

化粧崩れ防止しよう!乾燥・皮脂崩れから肌を守るおすすめコスメ&メイク方法を紹介






誰しも一度は経験したことがある化粧崩れ。
皮脂や汗が原因で化粧が崩れるというイメージを持っている人が多いと思いますが、原因はそれだけではありません。

メイク崩れの原因を突き止め、それぞれ適切なメイク方法や相性の良いコスメを取り入れることで、化粧持ちはぐんとアップしますよ。

本記事ではベースメイクとポイントメイクに分けて、崩れにくいメイク方法をご紹介します。
おすすめのコスメもピックアップしているので、ぜひ最後までご覧ください♪

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、臨時休業あるいは営業時間の変更等の措置を取っている店舗・施設がございます。


お出かけ前に、店舗・施設の公式HPやSNS等で最新情報のご確認をお願い致します。


【目次】化粧崩れ防止しよう!乾燥・皮脂崩れから肌を守るおすすめコスメ&メイク方法を紹介

 

化粧崩れが起きてしまう原因って?

1. 汗や皮脂と混ざり合う

2. 乾燥による皮脂の過剰分泌

3. ファンデーションの厚塗り

4. スキンケア後すぐベースメイクを始める

5. 肌質にあっていないコスメの使用

ベースメイクの化粧崩れを防止する方法 

1. 【皮脂・汗による化粧崩れ対策】皮脂コントロールが得意な下地を使う

2. 【皮脂・汗/乾燥による化粧崩れ対策】フェイスパウダーやメイクキープスプレーで密着力をアップ

3. 【乾燥による化粧崩れ対策】ホットタオルや酵素洗顔で化粧品の浸透率を高める

4. 【乾燥による化粧崩れ対策】シートマスクでしっかり保湿

5. 【乾燥による化粧崩れ対策】美容・保湿成分がたっぷり配合されたコスメを使う

ベースメイクの化粧崩れを防止するおすすめのアイテム

1. 【皮脂や汗による化粧崩れ対策】花王 SOFINA Primavista(ソフィーナ プリマヴィスタ)皮脂くずれ防止化粧下地UV

2. 【皮脂や汗による化粧崩れ対策】CEZANNE(セザンヌ)皮脂テカリ防止下地

3.【皮脂や汗による化粧崩れ対策】innisfree(イニスフリー)ノーセバム ミネラルパウダー

4. 【乾燥による化粧崩れ】ETVOS(エトヴォス)ミネラルインナートリートメントベース 

5. 【乾燥による化粧崩れ】ORBIS(オルビス)スキンモイスチャーベース

6. 【乾燥による化粧崩れ】コスメデコルテ(COSME DECORTE)フェイスパウダー

6. 【乾燥による化粧崩れ】LUNASOL(ルナソル)フィックス&セットエアリーミスト

ポイントメイクの化粧崩れを防止する方法 

1. 【アイブロウ】皮脂崩れ防止下地を仕込む

2. 【アイブロウ】アイブロウコートを塗る

3. 【アイメイク】アイシャドウベースを塗る

4. 【アイメイク】皮脂崩れに強いパウダーをON

5. 【リップ】リップをつける→ティッシュオフを2〜3回繰り返す

6. 【リップ】ティントリップをベースに仕込む

7. 【リップ】リップライナーを使うのも◎

ポイントメイクの化粧崩れを防止するおすすめのアイテム

1. excel(エクセル)アイシャドウベース

2. ヴィセ アヴァン(Visee AVANT)リップ&アイカラー ペンシル

3. ORBIS(オルビス)アイブローコート

化粧崩れ、もう怖くない!

 

化粧崩れが起きてしまう原因って?

 

化粧崩れ 防止

 

時間をかけてメイクをしても、化粧が崩れてしまうとテンションが下がりますよね。

 

化粧崩れには主に下記の原因が考えられます。

まずは化粧が崩れてしまう原因をチェックしていきましょう。

 

1. 汗や皮脂と混ざり合う

 

身体が火照ると、皮脂分泌が活発になるうえ汗をかきます。

化粧品は主に粉と油分で作られており、汗をかいたり皮脂が出てメイクが浮く、または混ざることが化粧が崩れる原因になります。

 

そのため、油分が多い脂性肌やTゾーンが脂っぽくなりやすい混合肌の方、体温が上がりやすいサマーシーズンには特に注意しなければなりません。

 

2. 乾燥による皮脂の過剰分泌

 

紫外線やオフィスのクーラーなど外的刺激により肌がうるおい不足になると、皮脂が過剰分泌しメイク崩れの原因となります。

乾燥肌をはじめ、年齢とともに水分・油分量ともに減少しやすい30代以降はメイク前の保湿を徹底しましょう。

 

3. ファンデーションの厚塗り

 

化粧崩れ防止

 

シミやシワ、ほうれい線など肌のコンプレックスをカバーしたいからといって、ファンデーションを厚塗りするのはNG。

肌に密着していないファンデーションは、皮脂や擦れによって簡単に浮きます。

 

薄く均一にファンデーションを伸ばし、それでも気になる部分はコンシーラーを使ってカバーするのがおすすめです。

 

4. スキンケア後すぐベースメイクを始める

 

スキンケア後は化粧水や乳液、クリームなどで肌が濡れている状態なので、ベースメイクがうまく密着しません。

その結果、皮脂によって簡単にはがれ落ちてしまいます。

 

スキンケアが肌になじむまで待つか、ティッシュオフしてからベースメイクを始めましょう。

 

5. 肌質にあっていないコスメの使用

 

化粧崩れ防止

 

例えば顔全体が脂っぽい脂性肌(オイリー肌)なのに、油分が多いクリームファンデーションを使うと肌質にあっていない(余計な油分を与える)ため、化粧は簡単に崩れます。

口コミで人気、SNSで話題となっているコスメを使用したい気持ちも分かりますが、購入前に配合されている成分や仕上がりをよくチェックしましょう。

 

肌質にあっていないとそのコスメの本来持つ魅力が発揮されず、化粧崩れの原因となります。

 

 

ベースメイクの化粧崩れを防止する方法 

 

次に、ベースメイクの化粧崩れを防ぐ方法をご紹介します。

ここでは、特に悩みが多い【皮脂や汗による化粧崩れ】と【乾燥による化粧崩れ】にフォーカスして解説します♪

 

1. 【皮脂・汗による化粧崩れ対策】 皮脂コントロールが得意な下地を使う

 

化粧崩れ防止

 

皮脂崩れが気になるなら、皮脂コントロールが得意な化粧下地でベースを整えるのが正解です。

余分な皮脂を吸着し、さらっとした心地よい肌をキープできます。

 

オイリー肌さんは全顔に塗ってOKですが、他の肌質の方はテカリが気になる部分にのみ塗りましょう。

それ以外の部分にも塗ってしまうと、今度は乾燥による皮脂崩れを引き起こす原因となるので注意してください。

 

また、汗による化粧崩れを防ぎたいなら、ウォータープルーフ処方の下地を使用するのがおすすめです。

中には皮脂コントロールとウォータープルーフ処方を両立した化粧下地も発売されているので、チェックしてみてください。

 

2. 【皮脂・汗/乾燥による化粧崩れ対策】フェイスパウダーやメイクキープスプレーで密着力をアップ

 

化粧崩れ防止

 

ファンデーションでベースメイクを完了するのも良いですが、フェイスパウダーやメイクキープスプレーを使うと密着力がアップします。

皮脂崩れが気になる人は皮脂コントロールが得意なものを、乾燥による皮脂崩れ防止には美容・保湿成分が配合されたフェイスパウダーを選択してみてください。

 

また、乾燥が気になったときにフィックスミストを吹きかけると、手軽にうるおいをチャージできますよ。

オフィスでのクーラー乾燥もメイク崩れの大きな要因です。

休憩時間にシュッと吹きかけ、乾燥によるメイク崩れも防止しましょう。

 

※フェイスパウダーの関連記事:  おすすめフェイスパウダー13選!あなたが使うべきフェイスパウダーを教えます

 

3. 【乾燥による化粧崩れ対策】ホットタオルや酵素洗顔で化粧品の浸透率を高める

 

化粧崩れ防止

 

古い角質やチリ・ほこりなどの汚れが肌に付着していると、化粧水がうまく浸透せず乾燥による化粧崩れを引き起こします。

肌のごわつきが気になるときは、酵素洗顔を使って古い角質を取り除きましょう。

 

酵素洗顔がない場合は、ホットタオルで代用するのも良いでしょう。

 

※酵素洗顔の関連記事:  「酵素洗顔」で角栓・角質・毛穴詰まりを除去!選び方やおすすめの商品10選

 

4. 【乾燥による化粧崩れ対策】シートマスクでしっかり保湿

 

化粧崩れ防止

 

化粧水や乳液、クリームを重ねて保湿をするのはもちろん良いですが、シートマスクを使った方が肌の奥までうるおいをしっかりチャージできます。

特に乾燥しやすい秋冬やメイクを頻繁に直せないときは、シートマスクでしっかり保湿をするのがおすすめです。

 

シートマスクの代わりにコットンパックをするのも◎

コットンパックをする時は、化粧水だけでなく乳液もコットンに浸して顔に塗ることで、余計な油分を取り除けます。

 

こうすることで、乾燥による皮脂崩れも皮脂が混ざることで引き起こす化粧崩れも両方防げるので、ぜひトライしてみてください♪

 

※シートマスクの関連記事:  おすすめパック16選!美白、毛穴、ニキビケアに効くフェイスマスクはどれ?

 

5. 【乾燥による化粧崩れ対策】美容・保湿成分がたっぷり配合されたコスメを使う

 

「スキンケアはしっかりしているのに、乾燥でメイクが崩れる」という場合は、うるおいが足りていない証拠。

その場合、美容・保湿成分がたっぷり配合されたコスメの使用がおすすめです。

 

ヒアルロン酸やスクワラン、セラミドなど高い保湿力をもつコスメを意識して選んでみてください。

 

 

ベースメイクの化粧崩れを防止するおすすめのアイテム

 

SNSやコスメの口コミサイトでも評価が高い、おすすめのアイテムをピックアップしました♪

主に【皮脂や汗によるメイク崩れ】、【乾燥によるメイク崩れ】を防止するのが得意なコスメです。

 

1. 【皮脂や汗による化粧崩れ対策】 花王 SOFINA Primavista(ソフィーナ プリマヴィスタ)皮脂くずれ防止化粧下地UV

 

 

皮脂をかかえこみ広げない「オイルブロック処方」を採用し、1日中さらっとした肌をキープできる化粧下地です。

数々のベストコスメアワードを受賞した名品で、口コミサイトでも「テカリにくい!」と高評価。

湿度や気温が高く皮脂分泌がしやすい環境でも、メイク仕立てのサラサラ肌を維持できる化粧下地として幅広い年齢層に支持され続けています。

 

さらに、ヒアルロン酸やカミツレ花エキスなどの保湿成分配合を配合しているので、「オイルコントロール系の化粧下地を使うと乾燥が気になる」という人にもおすすめです。

 

皮脂くずれ防止化粧下地UVの商品情報

 

価格:3,080円(税込)

 

 

 

▼ソフィーナ プリマヴィスタ/化粧下地の関連記事

・  テカらないベースメイクなら「プリマヴィスタ」がおすすめ!人気アイテムを徹底解説

・  おすすめの化粧下地21選!肌悩みや効果別に人気の化粧下地をご紹介

 

2. 【皮脂や汗による化粧崩れ対策】CEZANNE(セザンヌ)皮脂テカリ防止下地

 

 

皮脂コントロール系のプチプラ代表化粧下地といえば、セザンヌの皮脂テカリ防止下地!

メイク崩れの原因となる皮脂を吸収してサラサラ肌をキープできるだけでなく、光の拡散効果で毛穴の凹凸までもフラットに整えてくれます。

 

さらに、水・汗に強いウォータープルーフ処方も嬉しいポイント♪

ピンクとライトブルーの2色展開で発売されており、血色感を与えたい人はピンク、トーンアップしたい人はライトブルーがおすすめです。

 

皮脂テカリ防止下地の商品情報

 

価格:660円(税込)

カラー:2色(ピンクベージュ・ライトブルー)

 

 

 

▼セザンヌの関連記事

・  1日中メイクが崩れない!プチプラの王道「セザンヌ」の優秀化粧下地を紹介

・  【コスパ最強】プチプラコスメ「セザンヌ(CEZANNE)」のおすすめ商品16選!

 

3.【皮脂や汗による化粧崩れ対策】innisfree(イニスフリー)ノーセバム ミネラルパウダー

 

 

皮脂吸着パウダーとミネラル皮脂コントロールパウダーがWで過剰な皮脂を吸着。

テカリが気にならないサラサラマット肌へと導きます。

 

さらに、パラベン・タルク・合成色素・動物性原料・鉱物性油・合成香料を配合しない6つのフリー処方なので、敏感肌でも安心して使用できますよ♪

化粧下地やファンデーションで作ったベースメイクの邪魔をしない、無色透明のカラーも◎

 

何より、プチプラでゲットできるのが嬉しいですね。

 

ノーセバム ミネラルパウダーの商品情報

 

価格:825円(税込)

内容量:5.0g

 

 

 

▼イニスフリー/ルースパウダーの関連記事

・  韓国で大人気!innisfree(イニスフリー)のおすすめコスメやスキンケアアイテムを紹介

・  ルースパウダーのおすすめアイテム10選!種類・選び方・売れ筋アイテムを一挙紹介

 

4. 【乾燥による化粧崩れ】 ETVOS(エトヴォス)ミネラルインナートリートメントベース 

 

 

3種のヒト型セラミドやヒアルロン酸以上の保湿力をもつリピジュアに加え、植物オイルをたっぷり配合。

肌にうるおいを与えて乾燥によるメイク崩れを防ぎつつ、内側から発光するようなツヤ肌を実現します。

 

スキンケア感覚で使用できる、みずみずしいテクスチャーも人気です。

石けんでオフできる&8つのフリー処方で、敏感肌の方でも安心して使用できるでしょう。

 

ミネラルインナートリートメントベース の商品情報

 

価格:4,950円(税込)

 

 

 

※エトヴォスの関連記事:  「エトヴォス(ETVOS)」の人気商品をまとめて紹介!肌に優しいミネラルコスメ&セラミドスキンケア

 

5. 【乾燥による化粧崩れ】ORBIS(オルビス)スキンモイスチャーベース

 

 

美容液成分を87%配合し、メイクしながらスキンケアもできる一石二鳥の化粧下地がこちら。

乾燥から肌を守ってしっとり感を保持できるのはもちろん、大気中のチリやほこりをブロックする成分を配合しているので、見えないダメージからも肌を守ってくれます。

 

口コミでは「肌のかさつきが気にならなくなった」「ストレスなく広がるテクスチャーがお気に入り」との声も♪

くすみを一掃し、血色感のある柔らかい肌へと導くピンクベージュカラーも魅力です。

 

スキンモイスチャーベースの商品情報

 

価格:1,540円(税込)

内容量:30g

 

 

 

※オルビスの関連記事:  「オルビス」は高機能でコスパ最高!おすすめ商品をジャンル別に詳しく解説

 

6. 【乾燥による化粧崩れ】コスメデコルテ(COSME DECORTE)フェイスパウダー

 

 

シルクのように軽くなめらかなタッチで、しっとり肌に溶け込むフェイスパウダーです。

保湿効果の高いアミノ酸粒子が配合されており、肌の乾燥を防ぐことで皮脂の過剰分泌を抑制します。

毛穴やキメの乱れを整え、素肌そのものが美しく見える肌へと整えられるのも◎

 

「粉っぽさを全く感じない」「さっとひと塗りで上品な肌に仕上がる」との口コミも多く、その使用感や仕上がりに定評があります。

 

質感や仕上がりに応じて選べる6色展開も嬉しいですね。

 

フェイスパウダーの商品情報

 

価格:5,500円(税込)

カラー:6色

内容量:20g

 

 

 

※コスメデコルテの関連記事:  1つは持っておきたい「コスメデコルテ」の人気コスメ11選!アイグロウジェムやフェイスパウダー、スキンケアなど

 

6. 【乾燥による化粧崩れ】LUNASOL(ルナソル)フィックス&セットエアリーミスト

 

 

シュッとひと吹きすると、繊細なミストが顔全体を包み込み角層にすばやく浸透。

うるおいを肌に与えつつ、メイクをピタッと密着させ化粧持ちをアップさせます。

 

コンパクトなので持ち運びしやすいのも嬉しいですね。

シトラス・フローラル・ハーバルの心地よい香りにも癒されます。

 

フィックス&セットエアリーミストの商品情報

 

価格:2,420円(税込)

内容量:50ml

 

 

 

▼合わせて読みたい

・  口コミで大人気!LUNASOL(ルナソル)のおすすめアイテム15選

・  ミスト化粧水の人気おすすめ13選!化粧直し・乾燥対策用でどんなときも潤いで満たされた肌に♪

・  【乾燥肌さん向け】乾燥を防ぐベースメイク方法からおすすめファンデまで一挙ご紹介

 

 

ポイントメイクの化粧崩れを防止する方法 

 

続いて、ポイントメイクの化粧崩れを防ぐ方法をパーツ別にご紹介します。

 

1. 【アイブロウ】皮脂崩れ防止下地を仕込む

 

化粧崩れ防止

 

皮脂コントロールが得意な下地は肌だけでなく、眉毛にも有効です。

手の甲に液を出した後、指またはブラシを使って薄く塗り広げましょう。

 

ウォータープルーフ処方のアイブロウペンシルやパウダー、マスカラと併用することで、皮脂と汗による崩れをWでブロックできます。

 

2. 【アイブロウ】アイブロウコートを塗る

 

化粧崩れ防止

 

汗や水、擦れから眉毛を守りたい場合は、アイブロウコートを使うのがおすすめ。

薄い膜を貼るように眉毛をコーティングし、アイブロウのモチがアップします。

 

海やプール、野外フェスなどのアクティブシーンにも重宝しますよ。

プチプラでもゲットできるので、眉毛が落ちやすい人はチェックしてみてください。

 

3. 【アイメイク】アイシャドウベースを塗る

 

 

アイメイクを始める前は、ティッシュオフして目元の余分な油分を取り除きましょう。

こうすることでアイシャドウの密着力がアップし、ヨレを防ぐことができます。

 

それでもアイメイクがヨレてしまう場合は、乾燥が原因の可能性があります。

その場合は、アイシャドウベースを使うのがおすすめです。

 

目元の乾燥を防いでまぶたのうるおいを保つだけでなく、アイシャドウの発色や密着力もアップしますよ。

つけすぎると逆にヨレるので、力の入りにくい中指を使って薄く塗り広げるのがコツです。

 

※アイシャドウベースの関連記事:  アイシャドウベースの選び方や使い方は?プチプラ・デパコス別におすすめのアイシャドウ下地も紹介

 

4. 【アイメイク】皮脂崩れに強いパウダーをON

 

化粧崩れ防止

 

しっとりしたアイシャドウは油分を多く含んでいるため、ヨレてしまうこともしばしば。

皮脂や汗と混ざってアイメイクがヨレてしまう場合は、皮脂崩れに強いパウダーを塗るのが効果的です。

 

パウダーはアイシャドウの発色を邪魔しない、無色透明タイプがベスト。

指だとムラになりやすいので、アイシャドウブラシを使ってまぶたに広げましょう。

 

5. 【リップ】リップをつける→ティッシュオフを2〜3回繰り返す

 

化粧崩れ防止

 

リップベースを使って唇の保湿をするのは、リップの持ちをよくする基本中の基本。

それでもイマイチなときは、リップをつける→ティッシュオフを2〜3回繰り返してみてください。

 

剥がれやすい表面の色を先にオフして唇にリップをしっかり定着させる(染め付けする)ことで、色持ちがぐっとアップします。

ファンデーションを塗った後のスポンジで唇をトントンと叩き、色ムラと凹凸を整えたあとにこの方法を実践するのが効果的です。

 

マスクによる擦れにも負けず、つけたての発色をキープできますよ。

 

6. 【リップ】ティントリップをベースに仕込む

 

化粧崩れ防止

 

ティントリップをリップベース代わりに使用するのもおすすめ!

コーラル系のカラーなら素の唇に近い血色感を与えられる上、くすみを飛ばして女性らしい口元を演出できます。

 

仮に重ね付けしたリップが落ちてしまってもティントリップの色が残るので、顔色が悪く見えないのもメリットです。

 

※リップティントの関連記事:  落ちずに色持ち綺麗!おすすめのリップティント12選

 

7. 【リップ】リップライナーを使うのも◎

 

 

リップライナーはふっくらボリュームのある唇を実現できるだけでなく、リップの滲みを防いで色持ちをアップする効果も期待できます。

リップライナーと聞くとメイク上級者っぽいイメージがありますが、簡単に使いこなせますよ♪

 

最近はプチプラでも優秀なリップライナーが手に入るので、ぜひ普段のリップメイクに取り入れてみてください。

 

 

ポイントメイクの化粧崩れを防止するおすすめのアイテム

 

ポイントメイクの化粧崩れを防止して、美しい仕上がりをキープできるコスメをピックアップしました。

どれもプチプラでゲットできるので、気になるコスメがあったら買い足してみてください♪

 

1. excel(エクセル)アイシャドウベース

 

 

アイシャドウの色持ち・発色がぐっとアップする、クリームタイプのアイシャドウベースです。

リピジュアと浸透型プレコラーゲンのWの保湿成分が乾燥しやすい目元にうるおいを与え、明るい目元へと導きます。

 

肌なじみの良いベージュなので、どんなスキントーンにも相性よくマッチしますよ。

 

アイシャドウベースの商品情報

 

価格:1,045円(税込)

内容量:2.2g

 

 

 

※エクセルの関連記事:  人気コスメブランド「EXCEL(エクセル)」のおすすめアイテムを紹介♪新作&人気色も

 

2. ヴィセ アヴァン(Visee AVANT)リップ&アイカラー ペンシル

 

 

リップライナーやアイラインとしてはもちろん、ぼかせばアイシャドウとしても使用できるマルチペンシルです。

ひっかかることなく、するすると伸びるなめらかな使い心地も◎

 

さらに、汗・水・涙に強いウォータープルーフ処方も嬉しいですね。

全20色展開と豊富なカラーバリエーションで発売されているので、お気に入りのカラーがきっと見つかるでしょう。

 

リップ&アイカラー ペンシルの商品情報

 

価格:1,320円(税込)

カラー:20色

内容量:1.2g

 

 

 

▼ヴィセの関連記事

・  高級感漂う「Visee AVANT(ヴィセアヴァン)」!その魅力やおすすめアイテムを紹介♪

・  Visee(ヴィセ)のおすすめ商品10選!チーク・アイブロウなどの実力派コスメが勢揃い

 

3. ORBIS(オルビス)アイブローコート

 

 

 

アイブロウの上からさっとひと塗りするだけで、描いたままの美しい眉毛を長時間キープ。

こすれや皮脂、汗などから眉をしっかり守れるウォータープルーフタイプながら、通常のクレンジングで簡単にオフできる逸品です。

 

口コミでは「テカリにくいしペタっとしないのが好き」「速乾性があるから急いでメイクしないといけないときも便利」という声も多く、仕上がりや使い心地の満足度も◎

塗ったことを忘れるほど自然な仕上がりに加え、肌へのやさしさを考慮した植物性保湿成分を配合しているのも魅力です。

 

アイブローコートの商品情報

 

価格:1,100円(税込)

内容量:4.5g

 

 

 

化粧崩れ、もう怖くない!

 

化粧崩れ防止

 

使用するアイテムの組み合わせや、メイクのやり方次第で化粧崩れは防止できます。

化粧崩れで悩んでいる人は、まず原因を突き止めましょう。

 

皮脂による崩れなのか乾燥よる崩れなのか、それとも他の原因なのかによって解決策は全く違います。

原因がわかったら、本記事で紹介した崩れにくいメイク方法を実践してみてください♪

 

化粧崩れを防げればお直しの手間が省けるだけでなく、どんな環境でも自分に自信が持てるようになることでしょう。

 

▼合わせて読みたい

 

・  【医師監修】化粧ノリの良いモチモチ肌の作り方♪体の外と内から乾燥肌を生まれ変わらせる方法

・  コロナ対策でマスクを付けていてもメイクを崩さないコツ!マスク中でも綺麗に保てるベースメイク術や、美人見えするアイメイク術を紹介

・  テレワーク&オンライン映えメイクのHow toを紹介!コロナウイルスに負けず可愛くいこう♪


フォローして最新記事をチェック!



検索

カテゴリ一覧

ファッション(294)
   着回し/コーデ(67)
   髪型/ヘアスタイル/ヘアアレンジ(54)
   眼鏡/コンタクト/カラコン(7)
メイク・コスメ(333)
   ベースメイク(31)
   アイメイク(44)
   リップ/グロス(20)
   ネイル(13)
   コスメブランド/メーカー(166)
美容(125)
   スキンケア(73)
   髪/シャンプー/リンス/コンディショナー(33)
   石鹸/ソープ/洗顔料(11)
   ダイエット(7)
健康(66)
   健康食品/サプリメント/プロテイン(13)
   スポーツ/運動/トレーニング(6)
   冷え/温活(4)
ライフスタイル(229)
   生活雑貨/生活用品(46)
   ギフト/プレゼント(19)
   趣味(8)
   お出かけ/観光/旅行/デート(31)
   妊娠/出産/子育て(3)
   家庭菜園/ガーデニング(4)
インテリア(44)
   内装/レイアウト(5)
   DIY(3)
グルメ(84)
   カフェ/喫茶店/ドリンク(29)
   ケーキ/お菓子/スイーツ/パティスリー/パン(25)
   レシピ(28)
アート/カルチャー(28)
   写真/カメラ(8)
   ハンドメイド/クラフト(11)

スキンケア

エイジングケア(40)
保湿(166)
美白(42)
乳液(34)
クリーム(94)
オイル(24)
化粧水(101)
美容液(81)
基礎化粧品(116)
ニキビ(19)
毛穴ケア(32)
角質ケア(41)
肌荒れ(22)
くすみ(44)
クマ(10)
たるみ(20)
ハリ不足(35)
スペシャルケア(105)
セルフケア(49)
UV対策(38)
日焼け対策(30)
日焼け止め(12)
しわ(12)
洗顔/クレンジング(61)

肌質

乾燥肌(106)
敏感肌(82)
脂性肌(32)
混合肌(25)

コスメ/メイク

ツヤ肌(106)
マット肌(49)
ミネラルコスメ(41)
デカ目(55)
小顔(2)
韓国(46)
化粧(152)
ポイントメイク(159)
メイクテク(69)
ナチュラルメイク(120)
美肌(117)
メイク道具(29)
化粧下地/ファンデーション/コンシーラー(91)
テカリ防止(15)
アイメイク(100)
リップ/グロス(90)
チーク(53)
カラーメイク(27)

ファッション

春コーデ(77)
夏コーデ(73)
秋コーデ(90)
冬コーデ(90)
スタイル(181)
テイスト(163)
シーン別(48)
大人コーデ(109)
カジュアル(103)
綺麗め(118)
フェミニン(86)

年代別

10代(3)
20代(12)
30代(13)
40代(8)
50代(5)

恋愛

片思い(25)
男性心理(42)
カップル(35)
恋愛観(45)
恋愛テクニック(47)
モテ仕草(4)

ヘアスタイル

ショートヘア(38)
ロングヘア(41)
セミロング(38)
ボブ(41)
スタイリング(63)
ヘアケア(61)
ヘアカラー(22)
ヘアアクセ(18)

ライフスタイル

キッチン用品(40)
ホームパーティー(18)
グルメ/レシピ(116)
ヘルシー(44)
運動(18)
筋トレ(7)
リラックスタイム(31)

人気記事ランキング