logo

Top > ファッション > 着回し/コーデ

平均気温20度ではどんな服装が最適?コーデのコツやおすすめアイテムを紹介♪






気温20度というと、東京の春先や初秋の平均気温です。
暖かいのか寒いのか微妙な気温感で「朝何着るべきか悩む…」という方もいると思います。

今回は、気温20度の日に困らないコーデのコツや、あると重宝するおすすめアイテムをご紹介します。
参考にしたいおしゃれ上手さんのコーディネートも併せてチェックしましょう♪

【目次】平均気温20度ではどんな服装が最適?コーデのコツやおすすめアイテムを紹介♪

 

気温が20度の時の服装のコツ

1. サンダルやパーカー、コートなど季節感が出すぎるものは避ける

2. 昼間のお出かけならトレーナー1枚でOK

3. 終日お出かけする日のコーデポイントは「薄手アイテムの重ね着」

気温差が激しい時におすすめ!朝晩の肌寒さ対策に重宝するアイテム

1. ライトアウター

2. ブラウス

3. トレーナー

4. シャツワンピ

5. コットンカーディガン

6. 厚めレギンス

7. ストール

8. パンプス

9. スニーカー

10. (秋なら)ショートブーツ

平均気温が20度の時期におすすめのコーデ

ポイントは「重ね着」!20度に適したアイテムを上手く組み合わせてみよう

 

 

気温が20度の時の服装のコツ

 

20度は、春先や初秋の平均気温(東京)でおなじみの気温。

朝晩の冷え込みがあったりと、1日の気温変化が大きい日も多いですよね。

ここでは、調整が難しい20度の時の服装のコツをご紹介します。

 

1. サンダルやパーカー、コートなど季節感が出すぎるものは避ける

 

厚すぎるもの

 

まずは、気温20度の日に除外すべきアイテムから見ていきましょう。

これだけでもその日のアイテムを選びやすくなるはずです。

 

まず除外しておきたいのが、以下の2種類。

 

  • サンダルなどの夏感が出すぎるもの
  • 厚手のセーターなど厚すぎるもの

 

ソックスにサンダルなどのかわいめコーデも楽しいのですが、朝晩の冷え込みに対応できないことがあります。

また、厚手のセーターやジャケットといった冬ものは、晴れの日にはちょっと歩いただけで汗をかいてしまうなど、メイク崩れだけでなく風邪の原因にもなりかねません。

 

2. 昼間のお出かけならトレーナー1枚でOK

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by mariko (@mariko_0520) on

 

20度の日、お昼間は「トレーナー1枚」で出かけられる気温感です。

カジュアルなコーデならトレーナーだけでお出かけしても寒さは感じにくいでしょう。

ただし、雨が降っている日はトレーナーにコットンのストールを合わせるなど、ちょっとした冷え対策ができるものがあればベターです。

 

3. 終日お出かけする日のコーデポイントは「薄手アイテムの重ね着」

 

薄手アイテム重ね着

 

厚手のものを着ると手軽に温かさは得られますが、汗になりやすいのがネックですよね。

そこでおすすめしたいのが、薄手のアイテムを重ね着すること。

 

薄手アイテムなら、重ね着しても着膨れして見えず、気温に応じて服の量を調整することができます。

また、薄手のアイテムを複数重ね着することで、服と服の間に暖かい空気ができて、ほどよい温かさを保つことも可能になります。

 

 

気温差が激しい時におすすめ!朝晩の肌寒さ対策に重宝するアイテム

 

ここからは、どんな薄手アイテムが平均気温20度の日に適しているのかをご紹介します。

単独で着ても、重ね着しても楽しめるおすすめアイテムをピックアップしました。

 

1. ライトアウター

 

 

ライトアウターは、下記のようなものが当てはまります。

 

  • トレンチコート
  • ブルゾン
  • ミリタリージャケット
  • キルティングジャケット
  • デニムジャケット

 

これからご紹介していくアイテムにも組みあわせやすいだけでなく、さほど厚くないため重ね着コーデも考えやすいのが魅力です。

 

2. ブラウス

 

 

ONでもOFFでも使えるきれいめブラウスがあれば、通勤着コーデも考えやすくなります。

コットン(綿)でできたブラウスなら、通気性も保温性もばっちり。

 

1枚で着てもサマになるデザインなら、ライトアウターとボトムスを合わせればシンプルな春先・初秋コーデの出来上がりです。

日(朝晩の寒暖差が大きい日など)によって、コットン生地よりもやや厚手のコーデュロイ生地のものを取り入れて寒暖差対策をしてみるのも良いですね。

後ほどご紹介するカーディガンとも好相性ですよ。

 

3. トレーナー

 

 

パーカーだと首周りが暑くなりがち。

トレーナーは1枚で20度の日に対応できるだけでなく「カジュアルなコーデを楽しみたい」という時にもおすすめのアイテムです。

 

無地トレーナーももちろん良いのですが、ビッグロゴのトレーナーがあれば、カジュアルコーデはもちろん、きれいめコーデの外しアイテムとしても重宝します。

きれいめでまとめるなら、スカートにパンプスをプラスしてみるのも良いですね。

 

4. シャツワンピ

 

 

重ね着スタイル(レイヤードスタイル)で一番重宝するといっても過言ではないアイテムといえば「シャツワンピ」。

フロントを閉じてワンピース風に楽しんでみたり、パンツを組み合わせてカジュアルなコーデを考えてみたり、上からライトアウターを楽しめたり、肌寒さを感じる日はオーバーサイズのセーターを重ねてみたり…と、1枚あるだけで何通りもの着こなし方が楽しめます。

薄手のものなら、平均気温20度の時期だけでなく夏場のクーラー病対策に羽織って使うこともできますね。

 

5. コットンカーディガン

 

 

ショート丈のコットンカーディガンも、シャツワンピと同じくフロントを閉じるか開けるかで着こなし方が大きく変わってくるアイテム。

フロントを閉じるときれいめのトップスになり1枚で着ることも可能ですし、開けるとインナーとの組み合わせ次第でさらにコーデが広がります。

丸首やVネックなど、ネック部分も顔の形やお手持ちのシャツなどの組み合わせを考えて選んでみると良いものに出会えるはずです。

 

6. 厚めレギンス

 

 

スカートでお出かけする際に、タイツだと冬感が出すぎる…と感じることはありませんか?

春感や秋らしさを出すのにおすすめなのがレギンス。

特ににリブ編みでできたものなら、マットな質感で暑苦しく見えにくいだけでなくカジュアル感もアップします。

既にご紹介したシャツワンピースに合わせてみるのも良いでしょう。

 

7. ストール

 

 

朝晩にお出かけする際に、首まわりが冷えることがよくあります。

そんな時にあると安心なのがストール。

 

秋冬用のウールでできた厚め素材のものではなく、コットン素材のように通気性に優れた春夏用を選んでおくとベターです。

さらに、春夏用にデザインされたコットンストールの中には、UV加工されたものも多くあります。

春先は特に紫外線量が多いだけでなく、初秋も日差しがきつい日がまだまだ多い時期。

平均気温20度の時期もUV対策が必須なので、肌寒さ対策だけでなくUV対策できるアイテムを探すのも重要です。

 

※合わせて読みたい:  いくつもある「ストール」の巻き方をマスター!ストールでいつものコーデを格上げしてみよう♪

 

8. パンプス

 

 

平均気温20度の時期の足元は、サンダルだと冷えやすく、ブーツだと蒸れることが多いですよね。

そこでこの時期によく選ばれているのがパンプス。

 

レギンスと合わせても良いですし、デニムに合わせてもほどよいきれいめカジュアルコーデが完成します。

カラーも素材もさまざまなので、下記のように季節によって素材の異なるパンプスを使い分けても良いでしょう。

 

  • 春先はパステルカラーにスムースレザーのもの
  • 初秋はボールドなどの深めカラーにベロア素材のもの

 

9. スニーカー

 

 

平均気温20度の春先・初秋シーズンは行楽イベントが多いこともあり、ブーツやパンプスよりもスニーカーを履くことが多い方もいらっしゃるかと思います。

年中使いまわしがきくスニーカーは、コーデとの兼ね合いを考えるなら、なるべく無地でシンプルなものを選ぶのがおすすめ。

カジュアルコーデやアスレジャーコーデにも合わせやすいだけでなく、きれいめコーデの外しアイテムとしても使いやすくなります。

 

10. (秋なら)ショートブーツ

 

 

平均気温20度の時期にブーツは蒸れやすいとお伝えしましたが、秋感のあるコーデを楽しむならショート丈のブーツを取り入れるのは十分ありです。

タイツやレギンスと合わせて活用したり、シャツワンピに合わせてもかわいらしいですね。

 

特にサイドゴアのものならブーツでも足元が軽やかに見えやすいだけでなく、着脱しやすいのが魅力。

ショート丈でも、保湿性の高い牛革素材のものを選んでおけば秋の朝晩の冷えにも対応でき、晩秋以降も使い回しが利きます。

 

 

平均気温が20度の時期におすすめのコーデ

 

 

ここからは、平均気温20度の時期に楽しめるおしゃれなコーデをご紹介します。

世のおしゃれ上手さんたちは、どんなコーデを楽しんでいるのでしょうか。

 

 

ライトなブルゾンに切りっぱなしワンピース、リブレギンスのシンプルなコーデ。

シンプルな中にも、袖コンシャスなブルゾンを使ったり光沢のあるパンプスを使うことでコーデがよりドレスアップしていますね。

初秋らしいカラーリングも素敵です。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by in the moon (@inthemoon3) on

 

少し透け感のあるブラウスに マニッシュ なストライプパンツを合わせた春コーデ。

ややハイウエストのパンツを選びタックインすることで、ゆとりのあるサイジングの白ブラウスにありがちな着膨れ現象を防ぎながら脚長効果も得られます。

これだけだと寒い…という日には、アーガイルやブラックウォッチなどトラッド柄のストールを組み合わせると、よりクラシックなコーデに早変わり♪

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by 郡司 杏 (@gunjian) on

 

タックイン+ハイウエストパンツのコーデは、シャツだけでなく通常のカットソーやロングパンツでも楽しめます。

こちらのように、ジャストサイズのインナーとオーバーサイズめのアウターを合わせれば、簡単にバランスの取れたコーデに。

少し腕周りをブラウジングしてボリュームダウンをしてもバランスが良いですね。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by ⓉⓄⓂ︎Ⓞ (@wear___tomo) on

 

ガーリーなプリーツスカートにキャップとスニーカーを取り入れて、甘すぎないスポーツミックスコーデに。

夏イメージが強い変形スキッパーシャツも、秋らしい テラコッタカラー を取り入れると季節感が増しますね。

きれいめにまとめるなら、足元をパンプスやショートブーツで彩るのも素敵です。

 

 

春先ならネイビーとくすみカラーのパンプスで、これからやってくる爽やかな季節を先取りするのも良いでしょう。

先ほどは秋カラーのスキッパーシャツでしたが、ネイビーのスキッパーシャツなら夏のマリンコーデにも一役買ってくれます。

デニムだけでなく、無地のコットンカプリパンツやペンシルスカートなどのタイトめのボトムスや無地パンプスでまとめると、オフィスにも適した装いになります。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by maki (@makismile02) on

 

オーバーサイズめのトレーナーにロングスカートを合わせた、休日のリラックスタイムにもぴったりなコーデ。

スカートにしっかりした生地感のものを取り入れると重たくなりがちですが、あえて透け感のある軽め素材のものを使うことで、春先にも初秋にも重たすぎない仕上がりになっています。

足元が冷えそうだったら、レギンスをプラスしても良いですね。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by くらしげひとみ (@hitomi_s105) on

 

インパクト大なトレーナーをアクセントにしたシンプルコーデ。

オーバーサイズなだけでも存在感があるトレーナーですが、モノトーンでカラーコントラストが高いものをプレーンなデニムに合わせるだけでモードなコーデが楽しめますよ。

 

トレーナーを主役にする場合は、なるべくプレーンな無地デニムや無地スニーカー、アクセサリー類は控えめにするのがおすすめ。

これだけで、トレーナーの質感やデザインがグッと引き立ちます。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by mina (@emuencourage) on

 

シャツワンピをアウター代わりに使ったデニムコーデです。

デニムの反対色であろうキャメルをシャツワンピに使えば、メリハリがきいたコーデのできあがり♪

袖をブラウジングしてバランス良く見せているのもポイントです。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by シオン (@xiaonoix) on

 

春カラーの桜ピンクが引き立つデニムジャケットコーデ。

Vネックジャケットはカーディガン感覚で羽織ることができ、インナーとなるトップスを美しく見せるのにも最適ですね。

足元はスニーカーで引き締め、甘すぎないカジュアルコーデに仕上がっています。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by 陽 (@yoahiru.w) on

 

ショート丈のゆったりカーディガンは、下半身をタイトにまとめたい時に最適なコーデ。

ゆったりサイズなら、インナーも何枚か重ねて着こなすことも可能ですね。

こちらもフロント部分をタックインすることでスカートの長さと裾の美しさがより引き立っています。

 

 

ポイントは「重ね着」!20度に適したアイテムを上手く組み合わせてみよう

 

20度 服装 まとめ

 

平均気温20度の時期のコーデのコツをはじめ、コーデに重宝するアイテムや素敵なコーデを紹介してきました。

この平均気温の時期の服装は、分厚いアイテムを使わずに、いかに薄手のアイテムで重ね着を楽しめるかがポイント。

暖かい日もあれば、肌寒さを感じることもある微妙な気温の時期も、薄手アイテムを上手く使いこなしながら重ね着コーデを楽しんでみてください。


フォローして最新記事をチェック!



検索

カテゴリ一覧

ファッション(87)
   着回し/コーデ(30)
   髪型/ヘアスタイル/ヘアアレンジ(21)
   眼鏡/コンタクト/カラコン(4)
メイク・コスメ(151)
   ベースメイク(18)
   アイメイク(19)
   リップ/グロス(12)
   ネイル(7)
   メーカー/ブランド(73)
美容(83)
   スキンケア(50)
   髪/シャンプー/リンス/コンディショナー(19)
   石鹸/ソープ/洗顔料(6)
   ダイエット(3)
健康(39)
   健康食品/サプリメント/プロテイン(9)
   スポーツ/運動/トレーニング(3)
   冷え/温活(5)
ライフスタイル(143)
   生活雑貨/生活用品(18)
   ギフト/プレゼント(13)
   趣味(6)
   お出かけ/観光/旅行/デート(25)
   妊娠/出産/子育て(2)
   家庭菜園/ガーデニング(3)
インテリア(25)
   内装/レイアウト(3)
   DIY(3)
グルメ(46)
   ドリンク/カフェ(19)
   ケーキ/お菓子/パティスリー/パン(10)
アート/カルチャー(15)
   写真/カメラ(3)
   ハンドメイド/クラフト(6)

スキンケア

エイジングケア(11)
保湿(92)
美白(25)
乳液(12)
クリーム(48)
オイル(14)
化粧水(51)
美容液(40)
基礎化粧品(66)
ニキビ(11)
毛穴ケア(17)
角質ケア(27)
肌荒れ(14)
くすみ(26)
クマ(4)
たるみ(8)
ハリ不足(20)
スペシャルケア(47)
セルフケア(20)
UV対策(14)
日焼け対策(11)
日焼け止め(5)
しわ(1)
洗顔/クレンジング(15)

肌質

乾燥肌(76)
敏感肌(55)
脂性肌(21)
混合肌(12)

コスメ/メイク

ツヤ肌(67)
マット肌(40)
ミネラルコスメ(13)
デカ目(32)
小顔(1)
韓国(21)
化粧(60)
ポイントメイク(66)
メイクテク(29)
ナチュラルメイク(64)
美肌(70)
メイク道具(11)
化粧下地/ファンデーション/コンシーラー(22)
テカリ防止(2)
アイメイク(19)
リップ/グロス(23)
チーク(11)

ファッション

春コーデ(20)
夏コーデ(19)
秋コーデ(26)
冬コーデ(26)
スタイル(46)
テイスト(38)
シーン別(16)
大人コーデ(19)
カジュアル(11)
綺麗め(9)
フェミニン(10)

年代別

10代(1)
20代(7)
30代(7)
40代(3)
50代(2)

恋愛

片思い(21)
男性心理(23)
カップル(25)
恋愛観(25)
恋愛テクニック(32)

ヘアスタイル

ショートヘア(20)
ロングヘア(19)
セミロング(16)
ボブ(20)
スタイリング(27)
ヘアケア(39)
ヘアカラー(10)
ヘアアクセ(8)

ライフスタイル

キッチン用品(16)
ホームパーティー(12)
食生活(79)
ヘルシー(36)
運動(10)
筋トレ(4)
リラックスタイム(7)

人気記事ランキング