logo

Top > ファッション > 着回し/コーデ

10月の服装はどうする?気温に合わせたおしゃれなコーディネート集






暑い夏が終わり、季節はすっかり秋。
アースカラーにコーデュロイ生地など、秋ムードが高まるアイテムが各ブランドから発売されています。

おしゃれなスタイリングを最大限楽しむのはもちろんですが、気温を考慮した着こなしを考えるのも大切です。
特に寒暖差の激しい10月は、どんなコーディネートが最適なのか迷うこともあると思います。

そこで今回は、10月の気温にマッチするおしゃれなスタイリングを集めました♪
カジュアル・マニッシュ・レディなど幅広くピックアップしたので、ぜひチェックしてみてください。

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、臨時休業あるいは営業時間の変更等の措置を取っている店舗・施設がございます。


お出かけ前に、店舗・施設の公式HPやSNS等で最新情報のご確認をお願い致します。


【目次】10月の服装はどうする?気温に合わせたおしゃれなコーディネート集

 

10月の平均気温はどれくらい?

10月の服装選びのポイントは?

10月上旬の服装選びのポイント&コーデ

エレガントなスカートで作るきれいめカジュアル

ブラウン×オレンジの秋ムードが高まる配色

ティアードスカートでボーダーを女っぽい着こなしに昇華

シャツワンピ×ハイゲージニットでモードミックス

モードなアイテムを淡いカラーで中和

10月中旬の服装選びのポイント&コーデ

ベージュ×ホワイトの大人カフェオレコーデ

セットアップでハンサムレディに

ドットのスカートで遊び心をプラス

肩の力を抜いたモードなスタイル

個性的なカーディガンでリラクシーに

10月下旬の服装選びのポイント&コーデ

アースカラーのミニマルコーデ

ボアブルゾン×スカートの甘辛ミックスコーデ

シアー素材で重たさを軽減

定番ジーンズ×ケーブル編みカーディガンのコンビ

どんなスタイリングにも映えるトレンチコートをチェック!

10月の服装は羽織ものを上手く取り入れよう♪

 

10月の平均気温はどれくらい?

 

10月服装

 

札幌の平均気温は10度前後であるのに対し、沖縄は24度前後と北と南でかなり差があります。

このように、10月の平均気温は地域によって異なりますが、おおよそ20度前後が全国平均です。

 

日中は温かく、夜は肌寒いといったように寒暖差が激しいのが10月の特徴。

そのため、夜に備えてカーディガンやパーカーなど、羽織れるアイテムを持ち運ぶのが良いでしょう。

 

秋のコーディネートを楽しみながらも、体温調節がしやすい服装や実用性を考慮したスタイリングにすると◎

後ほど10月の上旬・中旬・下旬それぞれに最適なコーディネートを紹介するので、ぜひチェックしてみてください。

 

 

10月の服装選びのポイントは?

 

 

先ほども少し紹介しましたが、10月は日中と夜の寒暖差が激しいため、体温調節がしやすいコーディネートを心がけましょう。

日中はロンTや薄手のニットで身軽に過ごし、夜はカーディガンを羽織ったり、上からパーカーを着たりしてレイヤードするのが良いです。

10月上旬は羽織が必要ない日も多いですが、中旬〜下旬になると一気に冷え込み、羽織が必要になってきます。

 

また、10月は秋のコーディネートを最も楽しめる季節。

ブラウンやカーキなどのアースカラー、コーデュロイなど秋らしい生地を取り入れて、秋ムードを漂うおしゃれなコーディネートを楽しみましょう♪

 

 

10月上旬の服装選びのポイント&コーデ

 

10月上旬は日中と夜の寒暖差はそこまでありません。

気象庁の過去データを見ると、平均気温はだいたい20度前後となっています。

羽織がなくてもカットソーや、薄手のニット1枚で過ごせる日が多いです。

 

ミニマルなワンツーコーデに仕上げるのもアリ、着まわしやすいパーカーや白シャツで、大人カジュアルスタイルを完成させるのもおすすめです♪

 

エレガントなスカートで作るきれいめカジュアル

 

 

カジュアルコーデの定番アイテムであるパーカーは、レディ感のあるスカートと合わせると、ヘルシーな色気が漂う女っぽいルックに。

パーカーのゆったり感を、タイトなスカートで程よく引き締め、メリハリを演出しているところもポイントです。

 

ベージュのようなグレーのような曖昧カラーが、こなれ感をぐっとアップし、きれいめな大人カジュアルスタイルを完成させます。

足元はフラットシューズ&上品な肌見せで、軽やかかつレディに仕上げてみてはいかがでしょうか。

 

ブラウン×オレンジの秋ムードが高まる配色

 

 

起毛だったほっこりニットに、ゆったりシルエットのワイドパンツを合わせたワンツーコーデ。

ブラウン×オレンジの組み合わせが秋ムードを高め、トレンド感のあるおしゃれなスタイリングを叶えます。

 

パイソン柄のフラットシューズがさりげないアクセントになり、モードなテイストを加えているのもポイント。

シンプルだけど品があり、ちょっとそこまでのお出かけから、友達とのお買い物まで活躍する着こなしです。

 

ティアードスカートでボーダーを女っぽい着こなしに昇華

 

 

シーズンを問わずカジュアルコーデの定番アイテムとしてスタメンのボーダーに、ティアードスカートを合わせたスタイリング。

繊細なディテールと、ニュアンスのあるカラーが女性らしく、カジュアルなボーダーをクラスアップしているのがポイントです。

 

トップスはインせず、アウトするところにも大人の余裕を感じられます。

エナメル調のパンプスで華やかさとスパイスを加えると、クールフェミニンなスタイリングの完成です。

 

シャツワンピ×ハイゲージニットでモードミックス

 

 

白のシャツワンピースに、黒のパンツを合わせたモノトーンコーデ。

そこへ淡いパープルのハイゲージニットをレイヤードすると、一気にモード感のある着こなしへとシフトチェンジします。

 

定番の組み合わせはエッジの効いたアイテムを投入すると、ガラッと雰囲気の違うルックへと変わるのが楽しいですね。

パイソン柄のスリッポンで全体をまとめるのも、ハイヒールで女っぽさをプラスするのもおすすめです。

 

※パイソン柄の関連記事:  パイソン柄で旬のスタイリングに変身!着こなしや選び方のコツも紹介♪

 

モードなアイテムを淡いカラーで中和

 

 

フロントにボタンが施されたハリのあるタイトスカートに、ピンクベージュのスエットを投入。

すると、モード感のあるボトムがトップスのあいまいカラーで中和され、あたたかみのあるナチュラルなコーディネートへと変化します。

 

上下ともに膨張色であるため、トップスはインしてメリハリを作るのがポイント。

ボトムと同じショートブーツなら統一感のあるスタイリングに、スニーカーなら抜け感のあるカジュアルコーデが完成します。

 

※スカートの関連記事:  カジュアルにもきれいめにも!「ペンシルスカート」の選び方やおすすめコーデを紹介

 

 

10月中旬の服装選びのポイント&コーデ

 

10月中旬になると、薄手の羽織やニットのような保温性のあるアイテムが必要になってきます。

気象庁の過去データを見ると、10月中旬の平均気温はだいたい17度前後です。

 

カーディガンやベストをレイヤードした女っぽい着こなしを楽しんだり、ジャケットを羽織ってハンサムレディな装いにしたりして、ファッションと実用性を両立するのが◎

薄手の羽織を合わせたコーディネートを楽しめる期間は意外と少ないので、積極的に取り入れてみてください♪

 

ベージュ×ホワイトの大人カフェオレコーデ

 

 

ベストをレイヤードすると、ちょっぴりレトロな雰囲気漂う、こなれ感のあるルックに変身。

凹凸のあるケーブル編みが白の膨張色を払拭させ、コーディネートに奥行きを与えます。

 

ベージュ×ホワイトのバイカラーで全体をまとめれば、あたたかみのあるカフェオレコーデの完成です。

ペイズリー柄のヴィンテージ感あるバッグとも好相性ですよ。

 

セットアップでハンサムレディに

 

 

フォーマルから、パーティーシーンまで幅広く活躍するセットアップ。

オーバーサイズのジャケットとワイドパンツのコンビが、マニッシュかつ都会的なムードを引き立てます。

 

インナーにはベージュを取り入れて、深みのあるセットアップにあたたかみを加えれば、女性らしさも醸し出せます。

また、セットアップを気負わず、日常に溶け込むスタイルに仕上げたいなら、チャンキーヒールを合わせるのがおすすめです。

 

▼合わせて読みたい

・  実は簡単なセットアップコーデ♪ おしゃれな着こなしのコツや選び方、おすすめブランドアイテムをチェック!

・  レディースのオーバーサイズコーデの着こなしポイント&素敵コーデをチェック♪

 

ドットのスカートで遊び心をプラス

 

 

タートルネックに、オーバーサイズのカーディガンをレイヤード。

ビッグシルエットが、リラクシーで大人の余裕を感じさせる佇まいを演出します。

 

トップスが重たい分、プリーツを施したドットのスカートで甘さと大人の遊び心をプラスするのが◎

色とディテールで軽重のバランスを整えれば、キュート×モードを両立したおしゃれスタイルの完成です。

 

※タートルネックの関連記事:  着回し力抜群!タートルネックの定番おしゃれコーデまとめ

 

肩の力を抜いたモードなスタイル

 

 

ヴィンテージ感のある柄シャツに、とろみのあるプリーツスカートを合わせたエレガンスなコーディネート。

10月中旬になると肌寒くなるため、タートルネックベストをレイヤードしカジュアルダウンして、肩の力を抜いたモードなスタイルに仕上げましょう。

 

曖昧なニュアンスカラーを黒で引き締めることによって、コーディネートに奥行きとメリハリも生まれます。

ブーティーでスタイルアップ効果を狙うのも、ローファーでトラッドなニュアンスを加えるのもおすすめです。

 

個性的なカーディガンでリラクシーに

 

 

ゆったりシルエットで、ナチュラルなコーディネートに映えるポンチョ風カーディガンは、10月中旬の気温に最適。

シンプルなロンTにさらっと羽織るだけで、存在感のある着こなしへとアップデートできます。

 

トップスがリラクシーな分、ボトムはフレアパンツで女っぽさを加えて、バランスを整えるのが◎

ユニークなディテールのアイテムを取り入れると、誰でも簡単に周りと差がつくおしゃれなコーディーネートが完成しますよ。

 

 

10月下旬の服装選びのポイント&コーデ

 

一気に肌寒くなる10月下旬は、ロング丈のアウターや厚手の羽織が必要になってくる時期。

気象庁の過去データを見ると、平均気温はだいたい15度前後となっています。

 

オンオンオフ問わず使えるシンプルなジャケットや、ベーシックなアイテムなどをワードローブに加えると、着まわしやすくて便利ですよ。

2020年は昨年に引き続き、オーバーサイズのアウターが人気なので、定番アイテムと合わせてチェックしてみてください♪

 

アースカラーのミニマルコーデ

 

 

ボリュームのあるオープンカラーのコートは、今注目のアイテム。

飾りのないシンプルなデザインはオンオフ問わず使えるため、ヘビロテ間違いなしです。

 

低身長さんよりも高身長さんが似合いやすいアイテムで、トラッドかつドレッシーなスタイリングを叶えます。

ベージュやブラウンなどアースカラーでまとめると、秋ムード高まるルックに仕上がりますよ。

 

ボアブルゾン×スカートの甘辛ミックスコーデ

 

 

起毛感のあるもこもことした手触りが特徴のボアブルゾンは、カジュアルコーデやマニッシュなスタイリングにぴったり。

ガーリーな花柄スカートと合わせると、甘さを程よく軽減しバランスの良いコーディネートを作ります。

 

足元は光沢感のあるパンプスで華やかさをプラスしたり、ショートブーツでスタイルアップ効果を狙いつつ、エレガンスにまとめたりするのが良いです♪

 

※マニッシュコーデの関連記事:  簡単で素敵な「マニッシュコーデ」を紹介♪定番アイテムを組み合わせるだけでスタイリッシュに

 

シアー素材で重たさを軽減

 

 

プリントTシャツに、ロングスカートを合わせた大人カジュアルスタイル。

そこへコーデュロイのジャケットを投入すると、一気に秋らしいスタイリングへと早変わりします。

 

スカートの程よい透け感と、動くたびに揺れるシルエットがトップスの重たさを軽減し、軽やかな着こなしを叶えているのもポイントです。

淡いトップスのカラーと、濃密なボトムカラーのコントラストが、コーディネートにメリハリと奥行きを与えます。

 

定番ジーンズ×ケーブル編みカーディガンのコンビ

 

 

ストレートパンツ×ロゴTの定番コンビは、ナチュルかつガーリーなケーブル編みカーディガンで、秋仕様にシフト。

トレンド感のある網バッグを合わせると、一気に垢抜けた印象に見せられます。

 

また、腰が隠れる丈感なら、おしゃれを楽しむと同時に体型カバーも叶いますよ♪

パイソン柄のパンプスでモードなニュアンスを加えるのもアリ、スニーカーでカジュアルにまとめるのもおすすめです。

 

※ロゴTシャツの関連記事:  ダサいなんて言わせない!「ロゴTシャツ」のおしゃれな着こなし方&おすすめブランド

 

どんなスタイリングにも映えるトレンチコートをチェック!

 

 

オンでもオフでも活躍するトレンチコートは、ロングシーズン着回せるためワードローブに加えたいアイテムのひとつ。

ロンTやジーンズなどカジュアルなスタイリングでもさっと羽織るだけで、レディ感ときちんと感のあるスタイリングへとクラスアップできます。

特にベージュのトレンチコートは、秋でも春でも着用できるのでおすすめです。

 

10月下旬の寒さから身を守りつつ、おしゃれなスタイリングが叶うアイテムなので、持っていない方はぜひチェックしてみてください。

 

※トレンチコートの関連記事:  カジュアルな着こなしもトラッドなスタイルも叶うトレンチコート!おすすめブランド&コーデを紹介♪

 

 

10月の服装は羽織ものを上手く取り入れよう♪

 

 

寒暖差が激しい10月は、アウターや羽織を上手に取り入れるのがポイント。

日中と夜の寒暖差の対策をしないと風邪を引きやすくなってしまいます。

 

薄手のカーディガンなどをバッグに入れて持ち運んだり、肩にかけたりして、さっと羽織れるようにすると便利ですよ。

 

10月下旬になると厚手のアウターが必要になってくるので、同じコーディネートでも違う雰囲気に。

自分の魅力を引き出すスタイリングにするのはもちろん、実用性も考慮したファッションで、10月のおしゃれを楽しみましょう!


フォローして最新記事をチェック!



検索

カテゴリ一覧

ファッション(199)
   着回し/コーデ(60)
   髪型/ヘアスタイル/ヘアアレンジ(35)
   眼鏡/コンタクト/カラコン(6)
メイク・コスメ(277)
   ベースメイク(21)
   アイメイク(31)
   リップ/グロス(18)
   ネイル(11)
   コスメブランド/メーカー(154)
美容(114)
   スキンケア(64)
   髪/シャンプー/リンス/コンディショナー(30)
   石鹸/ソープ/洗顔料(7)
   ダイエット(5)
健康(50)
   健康食品/サプリメント/プロテイン(13)
   スポーツ/運動/トレーニング(5)
   冷え/温活(5)
ライフスタイル(205)
   生活雑貨/生活用品(30)
   ギフト/プレゼント(15)
   趣味(8)
   お出かけ/観光/旅行/デート(30)
   妊娠/出産/子育て(2)
   家庭菜園/ガーデニング(4)
インテリア(32)
   内装/レイアウト(4)
   DIY(3)
グルメ(77)
   カフェ/喫茶店/ドリンク(29)
   ケーキ/お菓子/スイーツ/パティスリー/パン(21)
   レシピ(26)
アート/カルチャー(21)
   写真/カメラ(6)
   ハンドメイド/クラフト(8)

スキンケア

エイジングケア(38)
保湿(149)
美白(40)
乳液(30)
クリーム(90)
オイル(22)
化粧水(97)
美容液(77)
基礎化粧品(109)
ニキビ(18)
毛穴ケア(28)
角質ケア(34)
肌荒れ(22)
くすみ(40)
クマ(9)
たるみ(18)
ハリ不足(33)
スペシャルケア(95)
セルフケア(41)
UV対策(36)
日焼け対策(27)
日焼け止め(11)
しわ(11)
洗顔/クレンジング(47)

肌質

乾燥肌(99)
敏感肌(77)
脂性肌(27)
混合肌(20)

コスメ/メイク

ツヤ肌(89)
マット肌(44)
ミネラルコスメ(27)
デカ目(43)
小顔(2)
韓国(36)
化粧(111)
ポイントメイク(124)
メイクテク(46)
ナチュラルメイク(91)
美肌(92)
メイク道具(21)
化粧下地/ファンデーション/コンシーラー(62)
テカリ防止(5)
アイメイク(70)
リップ/グロス(67)
チーク(34)
カラーメイク(13)

ファッション

春コーデ(42)
夏コーデ(40)
秋コーデ(53)
冬コーデ(54)
スタイル(119)
テイスト(105)
シーン別(40)
大人コーデ(57)
カジュアル(60)
綺麗め(67)
フェミニン(50)

年代別

10代(2)
20代(11)
30代(11)
40代(6)
50代(4)

恋愛

片思い(24)
男性心理(41)
カップル(34)
恋愛観(44)
恋愛テクニック(46)
モテ仕草(3)

ヘアスタイル

ショートヘア(33)
ロングヘア(34)
セミロング(31)
ボブ(33)
スタイリング(48)
ヘアケア(54)
ヘアカラー(17)
ヘアアクセ(12)

ライフスタイル

キッチン用品(24)
ホームパーティー(16)
グルメ/レシピ(109)
ヘルシー(43)
運動(12)
筋トレ(5)
リラックスタイム(21)

人気記事ランキング