logo

Top > ファッション > スカート/ワンピース

フレアスカートのシーズン別おすすめコーデ10選!おしゃれに着こなすコツも紹介






動く度に揺れ、ふわっと広がるシルエットのお洋服は、女性らしさを引き上げてくれますよね。

今回は、その中でもフレアスカートにフォーカスします。
デイリー使いはもちろん、オフィスや子供の参観日、カジュアルなパーティーなど、幅広いシチュエーションで頼りになります。

ただ、一歩間違えると野暮ったくなりやすいのも事実です。

本記事ではおしゃれに着こなすポイントや、かわいいフレアスカートが見つかるおすすめブランドをご紹介します。
最後は、シーズン別のお手本コーディネートを取り上げるので、ぜひ参考にしてください。

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、臨時休業あるいは営業時間の変更等の措置を取っている店舗・施設がございます。


お出かけ前に、店舗・施設の公式HPやSNS等で最新情報のご確認をお願い致します。


【目次】フレアスカートのシーズン別おすすめコーデ10選!おしゃれに着こなすコツも紹介

 

フレアスカートとは

フレアスカートの丈の種類とそれぞれの魅力

1. ショート丈

2. ひざ丈

3. ミモレ丈

4. ロング丈(マキシ丈)

フレアスカートをおしゃれに着こなすコツ

1. TシャツやロンTでカジュアルダウン

2. ニュアンスカラーで今っぽく

3. モノトーン×ヘルシーな肌見せで子供っぽさを回避!

フレアスカートが可愛いブランドとおすすめアイテム

1. nano・universe(ナノ・ユニバース)

サテンフレアースカート

2. Ray Cassin(レイカズン)

シルケット天竺フレアースカート

3. titivate(ティティベイト)

タイダイ柄コットンフレアスカート

フレアスカートを使ったおすすめコーデ

1. カジュアルなトップスでバランス良く

2. コントラストをはっきりつける

3. 同じ色でワンピースっぽく着こなす

4. ビッグサイズのTシャツで着崩して

5. ブルー×ホワイトで爽やかに

6. ビタミンカラーで夏らしく

7. たまにはとことんガーリーに徹するのもアリ

8. セットアップ風にアレンジ

9. タートルネックで温もりをプラス

10. ダウンジャケットを昇華

フレアスカートで女性らしさを底上げしよう♪

 

フレアスカートとは

 

 

フレアスカートとは、裾が朝顔のように広がるスカートのこと。

バリエーション豊富なスカートの中でも、とりわけオンオフ問わず着用でき、女性らしさを引き上げてくれる1着です。

 

柄や色、丈によって与えられる雰囲気や印象がガラッと変化するのも特徴。

フェミニンな着こなしを楽しめるのはもちろん、コーディネート次第でスタイリッシュも大人ガーリーもモードも、思いのままのルックスを実現できます。

 

ちなみに、アルファベットのAのように広がる「Aラインスカート」もフレアスカートの仲間です。

少し前までショート〜ひざ丈をフレア、ミモレ〜ロング丈をAラインスカートと呼ぶ傾向がありましたが、今では大差ありません。

 

 

フレアスカートの丈の種類とそれぞれの魅力

 

前述したように、フレアスカートは丈によって与える印象や雰囲気が大きく変わります。

それぞれの魅力は下記の通りですので、フレアスカートを選ぶ際の参考にしてください。

 

1. ショート丈

 

 

大人ガーリーな着こなしにぴったりなショート丈。

一般的なスカートは、ショート丈だとちょっぴりやんちゃで子供っぽい印象を与えますが、フレアスカートなら大人の女性でも臆することなく着用可能です。

特にハリのある生地や、サテンの光沢感のある生地を選ぶと、上品で大人っぽい着こなしを実現できます。

 

ただ、いくら品よく着こなせるとはいえ、肌の露出度が高くカジュアルに寄りすぎてしまうので、オフィスカジュアルには向いていません。

ショート丈はプライベートで楽しむと良いでしょう。

 

※ミニスカートの関連記事:  可愛らしいだけじゃない!あなたのなりたいを叶えるミニスカコーデまとめ

 

2. ひざ丈

 

 

女性らしいしなやかな脚を引き立てられるひざ丈は、オフィスカジュアルにも頼りになる一着。

シャツやブラウスなど、端正かつきれいめなアイテムともよくマッチします。

 

スニーカーやサンダルなど気楽なシューズも良いですが、パンプスを選択してスタイルアップを狙うのがおすすめです。

 

仕事モードでは、ジャケットを羽織って適度な緊張感を加えるのもおすすめ。

ニットやカーディガンで温もりをプラスし、親しみやすい雰囲気に仕上げるのも良いですね。

 

▼オフィスカジュアル/パンプスの関連記事

・  今更聞けない「オフィスカジュアル」って?基本ルールからおすすめアイテムまでご紹介♪

・  女性らしさもおしゃれもパンプスで叶える!おすすめコーデ10選&失敗しない選び方も

 

3. ミモレ丈

 

 

ふくらはぎの中間あたりに裾がちらつくミモレ丈は、着回しやすさNo. 1。

一見中途半端な丈が逆に抜け感となり、トップスを選ばず着用できます。

 

バランスを取りやすいため、初心者やコーディネートに自信がない人にもおすすめです。

 

※ミモレ丈の関連記事:  オフィスからお呼ばれシーンまで使える「ミモレ丈」!おすすめコーデも紹介

 

4. ロング丈(マキシ丈)

 

 

気になるふくらはぎの張りや腰回りをカバーできるため、スタイルアップが望めるロング丈。

動くたびに揺れるシルエットや裾のドレープなど、フレアスカートがもつ魅力を最大限引き出せます。

 

ミモレ丈と同じくらいバリエーションが豊富なので、お気に入りの一着がきっと見つかるはずです。

 

ただ。肌の露出が少ない分、重くなりやすい傾向に。

特に軽やかな着こなしが好まれる春夏は、配色や合わせるトップス、質感(生地)のバランスを意識しましょう。

 

※マキシスカートの関連記事:  マキシスカートの着こなしポイント&おすすめアイテムを紹介!春夏&秋冬おしゃれコーデも

 

 

フレアスカートをおしゃれに着こなすコツ

 

手っ取り早くフェミニンな着こなしに仕上がるフレアスカートですが、実は意外とバランスを取りにくいですよね。

気合いを入れすぎると、逆に野暮ったくなってしまいます。

 

ここでは、フレアスカートをおしゃれに着こなすコツをご紹介します。

 

1. TシャツやロンTでカジュアルダウン

 

 

フレアスカートは、Tシャツやカットソーなど、身近なアイテムで カジュアルダウン すると、抜け感が生まれてバランスよく着こなせます。

シンプルなフレアスカートはロゴTで遊び心をプラス。

逆に花柄やチェック、ドットなど、派手な一着は無地でシンプルになります。

 

トップスはタックインでメリハリを強化するのも、フロントインで着崩すのもおすすめです。

フレアスカート自体がきれいめで品のあるアイテムだから、ラフなアイテムと合わせたり大胆に着崩したりしてもOK。

 

「ラフになりすぎたかな?」と感じたら、小物やシューズで調節するようにしましょう。

 

▼ロゴT/柄物/タックイン/カットソーの関連記事

・  ダサいなんて言わせない!「ロゴTシャツ」のおしゃれな着こなし方&おすすめブランド

・  花柄のおしゃれな着こなし方&春夏秋冬別のおすすめコーディネート10選♪

・  四季に合わせたおすすめのチェック柄コーデを紹介!

・  楽々スタイルアップできる「タックイン」のコツ!おしゃれな着こなし方を紹介

・  カットソーで楽におしゃれを楽しもう!着こなしのコツ&失敗しない選び方も解説

 

2. ニュアンスカラーで今っぽく

 

 

ベージュや黒、白など定番色も良いですが、迷ったらニュアンスカラーのフレアスカートを選ぶのがおすすめ。

あれこれ考えずとも「この人おしゃれ!」を印象付けられるニュアンスカラーは、複数の色が混ざった曖昧な色(中間色)のことを言います。

 

一言では表現できないニュアンスのある色を選択するだけで、旬の着こなしへとアップデートできますよ。

ニットやTシャツ、パーカーなど身軽なトップスを合わせてもラフになりません。

 

また、レイヤードせずともこなれ感がアップします。

 

色で迷ったらピスタチオやソフトなイエロー、アイシーブルーが一押し。

比較的トップスを選ばず着回せるうえ、日常使いもしやすいカラーです。

 

3. モノトーン×ヘルシーな肌見せで子供っぽさを回避!

 

 

ミモレ〜ロング丈のフレアスカートを履く時は、脚の露出が少ない分デコルテや二の腕を大胆に見せてもOKです。

むしろ大人の色気が漂い、子供っぽさを回避できるでしょう。

 

さらにモノトーンに落とし込むと、甘さが引き算されてバランスが整いますよ。

 

※モノトーンの関連記事:  春夏秋冬別モノトーンコーデ20選!地味に見えない着こなしのコツも紹介♪

 

 

フレアスカートが可愛いブランドとおすすめアイテム

 

これからフレアスカートの購入を検討している人へ、おすすめのブランドとアイテムをご紹介します。

オンオフ問わず履きまわせるフレアスカートから、マンネリを回避できるアーティスティックな1着までピックアップしました。

 

1. nano・universe(ナノ・ユニバース)

 

ナノ・ユニバースは、日本を代表するセレクトショップのひとつ。

固定概念にとらわれない独自の視点で、時代の一歩先をゆくアイテムとコーディネートを提案しています。

 

サテンフレアースカート

 

 

光沢を抑えた、マットサテンが上品なフレアスカートです。

片結びの共布リボンがさりげないアクセントに。

 

シルエットは広がりすぎないので、可愛いに寄りすぎず、オフィスカジュアルとしても着用できます。

後ろはウエストゴム仕様で着脱は簡単です。

 

サテンフレアースカートの商品情報

 

価格:9,405円(税込)

カラー:3色

サイズ:36・38

 

 

 

2. Ray Cassin(レイカズン)

 

BASICとSIMPLEを基軸に、トレンドやストリートエッセンスを加えた遊び心のあるアイテムを展開。

とりわけ20〜30代に人気のブランドです。

 

ウェアやシューズ、バッグなどトータルコーディネートで提案しています。

 

シルケット天竺フレアースカート

 

 

大人カジュアルコーデやフェミニンな着こなしにぴったりの一着。

無駄を省いたシンプルなデザインなので、トレンドに左右されず長く愛用できます。

 

裾のドレープが女性らしさを底上げ。

カジュアルなロンTやオーバーサイズのTシャツとも好相性です。

 

トップスはインでもアウトでも様になります。

 

シルケット天竺フレアースカートの商品情報

 

価格:2,695円(税込)

カラー:3色

サイズ:フリー

 

 

 

3. titivate(ティティベイト)

 

ティティベイトは、大阪の通販会社「ALEFS」が展開するファッションブランド。

今はオンラインのみの販売です。

 

自分らしさを大切にする女性に向け、トレンドを程よく取り入れたアイテムを豊富に取り揃えています。

 

タイダイ柄コットンフレアスカート

 

 

コーディネートの主役になる、ダイダイ柄のフレアスカートです。

落ち着いたカラーリングなので派手になりすぎず、日常にも馴染みます。

 

華奢なリボンがさりげないアクセントに。

ウエストはゴム仕様で、ストレスフリーな履き心地を実現しました。

 

素材は柔らかく、肌あたりのよいコットン。

清涼感のある着こなしも叶うため、春夏にピッタリの一着です。

 

タイダイ柄コットンフレアスカートの商品情報

 

価格:1,639円(税込)

カラー:2色

サイズ:M

 

 

 

フレアスカートを使ったおすすめコーデ

 

フレアスカートのお手本コーデをシーズン別にご紹介します。

おしゃれに着こなすコツや、小物の合わせ方も一緒に解説するので、ぜひ参考にしてください。

 

1. カジュアルなトップスでバランス良く

 

 

どこか懐かしさを感じるヴィンテージライクな小花柄のフレアスカートは、カットソーで肩の力を抜くのがおすすめ。

「花柄×フレア」は女性らしさが簡単に引き上がる一方、コーディネートを間違えると一気に野暮ったくなる可能性も潜んでいます。

 

ゆったり気味のシンプルなトップスでリラックスし、裾は潔くタックイン。

似たような色味でまろやかなグラデーションを作ると、テイストの異なる上下でもすんなり馴染みます。

 

2. コントラストをはっきりつける

 

 

シャリ感のあるカジュアル寄りのフレアスカートは、コントラストをはっきりつけてメリハリを強化しましょう。

シックな黒と明るいイエローの真逆な組み合わせは、意外にも相性よくマッチします。

 

しなやかなラインを引き立てて品よく着こなせる上下なので、ビーチサンダルで肩の力を抜いてもラフになりません。

メッシュ調のバッグで春夏ムードを高めつつ、もっとカジュアルダウンしてもOKです。

 

3. 同じ色でワンピースっぽく着こなす

 

 

フレアスカート×ドットのブラウスはどちらも甘さが強い分、ケンカしやすい傾向に。

しかしメリハリが出て大人っぽく着こなせる黒を選べば、モードな印象へと転換できます。

ワンピースっぽいアレンジも新鮮ですね。

 

足元はバレエシューズで黒の強さを軽減するのも、ローファーでトラッドな足元に仕上げるのも良いでしょう。

 

▼バレエシューズ/ローファーの関連記事

・  「バレエシューズ」はコーデの万能選手!おすすめシューズ&コーデをチェック♪

・  メンズ系・レディース系コーデにハマる!「ローファー」のおすすめアイテム&コーデ

 

4. ビッグサイズのTシャツで着崩して

 

 

切り替しで立体感を演出した、アーティスティックなフレアスカートを、オーバーサイズのTシャツでメンズライクに誘導。

身近なアイテムをフロントインで着崩すことで、抜け感が生まれます。

 

足元はロング丈の重さを軽減するためクリーンなベージュかつ華奢なサンダルを選択すれば、今っぽい甘辛ミックスコーデの完成です。

 

▼オーバーサイズ/メンズライク/抜け感の関連記事

・  レディースのオーバーサイズコーデの着こなしポイント&素敵コーデをチェック♪

・  「メンズライク」なコーデってどんなコーデ?おしゃれな着こなしポイントを紹介

・  「抜け感」って何?抜け感のあるファッションコーデの作り方も紹介

 

5. ブルー×ホワイトで爽やかに

 

 

白のレースブラウスに、淡いブルーのフレアスカートを合わせた涼しげな着こなし。

「レース×フレア」も、一般的には甘さが強くなりがちなコンビです。

 

しかし、ホワイト×ブルーの清涼感を味方につければ、自ずとバランスが整ってケンカになりません。

ミモレ丈を履く時は、しなやかな脚を引き立てたせるため5〜7cmのパンプスを合わせると良いでしょう。

 

アクセサリーがなくても、メタリック調のカラーが華やぎを与えてくれます。

 

6. ビタミンカラーで夏らしく

 

 

明るくエネルギッシュな着こなしが叶う、オレンジのフレアスカートで夏を満喫。

ビタミンカラーのなかでもオレンジは肌になじみやすいため、普段定番色しか着ない人でも挑戦しやすい色みです。

 

Tシャツで飾らない着こなしを楽しむのも良いですが、シアーなシャツを選択すると今っぽい着こなしに仕上げられます。

カジュアルに寄りすぎないよう、ヘルシーな肌見せで大人の色気を漂わせるのがおすすめです。

 

ビーサンでもっと肩の力を抜くのも、パンプスでレディに着地するのも良いでしょう。

 

7. たまにはとことんガーリーに徹するのもアリ

 

 

大きな襟のブラウスに、ギンガムチェックのフレアスカートで構成した大人ガーリーなルックス。

一般的には甘くなりすぎないようにバランスを調節するのが、おしゃれなコーディネートに仕上げる鉄則です。

 

しかし、たまにはそんなこと一切忘れて、とことんガーリーに寄せてもOK!

控えめなフレアを選択し、モノトーンに落としこめば子供っぽくはなりません。

 

厚底サンダルでスタイルアップを狙いつつ、夏ムードを高めてみてください。

 

8. セットアップ風にアレンジ

 

 

フレアスカートの色と同じブラウスで、セットアップ風にアレンジ。

くたっとしたリラックス感のあるブラウスなら、肩の力が抜けてセットアップでも日常に馴染みます。

フロントインで着崩しすのもOKです。

 

ビタミンカラーのオレンジが明るくフレッシュな着こなしへ導き、夏ムードを高めてくれるのもポイント。

定番色に頼るのではなく季節のトレンドカラーを選択すれば、周りと一歩差をつけられますよ。

 

※セットアップの関連記事:  実は簡単なセットアップコーデ♪ おしゃれな着こなしのコツや選び方、おすすめブランドアイテムをチェック!

 

9. タートルネックで温もりをプラス

 

 

仕事ではきれいめなトップスを合わせることが多くても、プライベートはニットでカジュアルダウンするのがおすすめです。

温もりをプラスすることで力みが抜けて、親しみやすい印象を与えられます。

 

黒のタイツで脚を引き締め、ショートブーツでさらなるスタイルアップを狙ってみてください。

もしくは、カラータイツで遊び心を加えるのも良いですね。

 

▼タートルネック/黒タイツ/ショートブーツの関連記事

・  着回し力抜群!タートルネックの定番おしゃれコーデまとめ

・  冬本番にも可愛くてぴったり!黒タイツコーデの押さえたいポイントとおすすめコーデを紹介

・  あらゆるコーデにマッチするショートブーツの魅力を徹底解説!おすすめの人気ブランドも紹介

 

10. ダウンジャケットを昇華

 

 

ダウンジャケットは保温性が高く実用的な一方、メンズライクに寄りすぎたりコンサバになりやすかったりする一面も。

しかしフレアスカートで女性らしさを引き上げることによって、そういった不安は一切無くなります。

 

さらに、モノトーンならシックで大人っぽい着こなしに着地できるでしょう。

 

ブーティーでスタイルアップを狙いつつ季節ムードを高めるのも、スニーカーで気取らない足元を演出するのもおすすめです。

 

※ダウンジャケットの関連記事:  ダウンコートをおしゃれに着こなすには?おすすめブランドや選び方も紹介♪

 

 

フレアスカートで女性らしさを底上げしよう♪

 

 

あれこれ考えずとも、簡単に女性らしさを引き上げられるフレアスカートは、オンオフ問わず頼れる一着です。

 

Tシャツやカットソーでカジュアルダウンしたり、ブラウスでガーリーな着こなしに仕上げたりと、アレンジが効きやすいのも魅力。

カジュアル&フェミニンはもちろん、コーディネート次第でモードもクールもスタイリッシュにも着こなせます。

 

デートやカジュアルなパーティーにも活躍しますよ。

 

▼スカートの関連記事

 

・  「プリーツスカート」が使える!なりたい印象別におすすめのコーディネートを紹介

・  レザースカートのおすすめブランド&おしゃれコーデ10選

・  【2021年トレンド】マーメイドスカートを取り入れるポイントやおすすめコーデを紹介

・  かわいいだけじゃない!チュールスカートの着こなし術&おすすめコーデ10選

・  カジュアルにもきれいめにも!「ペンシルスカート」の選び方やおすすめコーデを紹介

・  最旬ニットスカートコーデ8選!着こなしのコツも紹介


フォローして最新記事をチェック!



検索

カテゴリ一覧

ファッション(374)
   着回し/コーデ(85)
   髪型/ヘアスタイル/ヘアアレンジ(70)
   眼鏡/コンタクト/カラコン(9)
メイク・コスメ(422)
   ベースメイク(35)
   アイメイク(57)
   リップ/グロス(28)
   ネイル(13)
   コスメブランド/メーカー(204)
美容(153)
   スキンケア(86)
   髪/シャンプー/リンス/コンディショナー(42)
   石鹸/ソープ/洗顔料(11)
   ダイエット(8)
健康(70)
   健康食品/サプリメント/プロテイン(13)
   スポーツ/運動/トレーニング(8)
   冷え/温活(4)
ライフスタイル(241)
   生活雑貨/生活用品(24)
   お祝い/ギフト/プレゼント(19)
   趣味(9)
   お出かけ/観光/旅行/デート(34)
   妊娠/出産/子育て(3)
   家庭菜園/ガーデニング(4)
インテリア(69)
   内装/レイアウト(5)
グルメ(89)
   カフェ/喫茶店/ドリンク(31)
   ケーキ/お菓子/スイーツ/パティスリー/パン(27)
   レシピ(27)
アート/カルチャー(40)
   写真/カメラ(8)
   ハンドメイド/クラフト(19)

スキンケア

エイジングケア(44)
保湿(195)
美白(45)
乳液(40)
クリーム(113)
オイル(25)
化粧水(120)
美容液(95)
基礎化粧品(136)
ニキビ(20)
毛穴ケア(36)
角質ケア(47)
肌荒れ(25)
くすみ(48)
クマ(10)
たるみ(21)
ハリ不足(39)
スペシャルケア(125)
セルフケア(61)
UV対策(41)
日焼け対策(33)
日焼け止め(14)
しわ(13)
洗顔/クレンジング(80)

肌質

乾燥肌(116)
敏感肌(91)
脂性肌(35)
混合肌(27)

コスメ/メイク

ツヤ肌(126)
マット肌(51)
ミネラルコスメ(54)
デカ目(65)
小顔(3)
韓国(83)
化粧(198)
ポイントメイク(222)
メイクテク(101)
ナチュラルメイク(162)
美肌(139)
メイク道具(32)
化粧下地/ファンデーション/コンシーラー(131)
テカリ防止(20)
アイメイク(154)
リップ/グロス(140)
チーク(85)
カラーメイク(40)

ファッション

春コーデ(105)
夏コーデ(100)
秋コーデ(117)
冬コーデ(119)
スタイル(232)
テイスト(213)
シーン別(50)
大人コーデ(153)
カジュアル(146)
綺麗め(158)
フェミニン(116)

年代別

10代(6)
20代(14)
30代(16)
40代(10)
50代(6)

恋愛

片思い(25)
男性心理(42)
カップル(36)
恋愛観(45)
恋愛テクニック(47)
モテ仕草(4)

ヘアスタイル

ショートヘア(47)
ロングヘア(52)
セミロング(51)
ボブ(53)
スタイリング(82)
ヘアケア(77)
ヘアカラー(32)
ヘアアクセ(23)

ライフスタイル

ホームパーティー(24)
グルメ/レシピ(123)
ヘルシー(46)
運動(21)
筋トレ(8)
リラックスタイム(47)

人気記事ランキング