logo

Top > ファッション > スカート/ワンピース

【2021年トレンド】マーメイドスカートを取り入れるポイントやおすすめコーデを紹介






コーデに取り入れるとグッとフェミニンな雰囲気が増す「マーメイドスカート」。
ただ、独特な形のスカートなため着こなし方が難しく、チャレンジしにくいアイテムでもあります。

そこで今回は、マーメイドスカートのおしゃれな着こなし方や、コーディネート例をご紹介します。
マーメイドスカートの種類や、選び方も詳しく取り上げるので、購入する際には参考にしてみてください。

本記事を読めば、マーメイドスカートを取り入れた素敵なコーデが組めることでしょう。

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、臨時休業あるいは営業時間の変更等の措置を取っている店舗・施設がございます。


お出かけ前に、店舗・施設の公式HPやSNS等で最新情報のご確認をお願い致します。


【目次】【2021年トレンド】マーメイドスカートを取り入れるポイントやおすすめコーデを紹介

 

マーメイドスカートとは

マーメイドスカートの種類と選び方

1. 丈で選ぶ

2. 生地で選ぶ

3. デザインで選ぶ

マーメイドスカートを着こなすコツ

1. トップスはインする

2. 靴はヒールやパンプスを合わせる

3. 無地か小さめの柄のものを選ぶ

おすすめのマーメイドスカート

【ROPE' PICNIC】透かしマーメイドスカート

【rienda】フロントボタンマーメイドJ/W SK

【ViS】ヴィーガンエコレザー イレヘムスカート

マーメイドスカートを使ったおすすめコーデ

定番!マーメイドスカートをフェミニンコーデに取り入れる

ボリューム感のあるトップスと合わせる時はモノトーンカラーでバランスを取って

マーメイドスカートはモードコーデにも大活躍

ミントカラーのマーメイドスカートをシアートップスでモードな雰囲気に 

マーメイドスカートは合わせ方次第でカジュアルコーデにも

小物でおしゃれさをプラスしてみて

マーメイドスカート×ガーリーコーデは鉄板

サスペンダー付きのマーメイドスカートは子供っぽくなりすぎないようバランスを取って

マーメイドスカートでトレンド感のあるコーデに

 

マーメイドスカートとは

 

マーメイドスカートとは

 

マーメイドスカートとは、裾部分が広がったデザインのスカートのことを指します。

膝下まではタイトで、裾から広がっているフォルムがマーメイド(人魚)の尾びれと似ていることから、マーメイドスカートと名付けられました。

 

基本的にマーメイドスカートは膝下の丈のものが多いので、フェミニンなコーデに取り入れられることが多いです。

 

 

マーメイドスカートの種類と選び方

 

まずは、マーメイドスカートの種類と、自分の好みのものを見つけられる選び方をご紹介します。

なりたいイメージに合わせて最適な1枚を選びましょう。

 

1. 丈で選ぶ

 

 

マーメイドスカートは、一般的にふくらはぎの真ん中くらいのセミロング丈のものが多いです。

コーデに取り入れると上品で華やかな印象のコーデになります。

王道な人気のマーメイドスカートが欲しい方は、膝下の丈のものを選んでみてください。

 

また、最近ではマキシ丈のマーメイドスカートも販売されています。

少し個性的なコーデがお好みの方は、丈の長いものを探してみると良いでしょう。

 

裾が広がっているデザインであれば、ミニ丈のものもマーメイドスカートと呼びます。

ガーリーなコーデが好みの方は、膝上のミニ丈のものを選ぶのがおすすめです。

 

2. 生地で選ぶ

 

 

マーメイドスカートには様々な生地の種類があります。

同じマーメイドスカートでも、生地の違いでかなり雰囲気が変わってきます。

 

マーメイドスカートの生地の例として、以下のようなものが挙げられます。

 

  • カジュアルなコーデにぴったりで、普段使いしやすいデニム生地
  • コーデに取り入れると上品な雰囲気がグッと増すサテン生地
  • トレンドでもあるラフな雰囲気のスウェット生地
  • フェミニンな雰囲気で、お呼ばれコーデにも最適なレース生地

 

自分の好みの雰囲気に合った生地のマーメイドスカートを選んでみてくださいね。

 

▼ファッション 生地の関連生地

・  デニムコーデの脱マンネリ!大人カジュアルな着こなしポイントや季節別コーデをチェック

・  スウェットをおしゃれに着こなすコツは?トレーナー・パーカーとの違いも解説

 

3. デザインで選ぶ

 

 

一括りにマーメイドスカートといっても、一つ一つ細やかなデザインは異なっているんです。

 

中には、裾の長さがアシンメトリーになっていたり、スリットが入っていたりするデザインもあります。

モードなコーデが好みの方はこういったアイテムを選んでみるのもおすすめです。

 

フロントボタンが付いているものは、普段カジュアルなコーデを着ることが多い方にぴったりのアイテムです。

 

また、裾が大きく広がっているマーメイドスカートは、コーデの下部分に視線を集めるためスタイルダウンして見えてしまうことも。

そのため、スタイルアップをしたい方や、低身長なのが悩み…という方には、裾が広がり過ぎていないデザインを選んでみるのが良いでしょう。

 

 

マーメイドスカートを着こなすコツ

 

着こなすのが難しいと懸念されることも少なくないマーメイドスカート。

マーメイドスカートを初めて着るという方でも安心な、スタイアップして見える上手な着こなし方をご紹介します。

 

1. トップスはインする

 

 

マーメイドスカートは裾が広がっているデザインなので、コーデの重心が下に下がってしまい、スタイルが悪く見えてしまいがちなアイテムです。

しかし、しっかりとトップスをインすると、すっきりとコーデ全体のバランスをうまく取ることができます。

マーメイドスカートが似合わないとお悩みの方は、まずはトップスをインして着こなしてみると改善されるでしょう。

 

ただ、マーメイドスカートはお腹周りがタイトなものが多く、ぽっこりお腹が強調されてしまうことも。

そんな場合には、ショート丈のトップスをインせずに着ると、スタイルアップも気になるお腹周りのカバーも叶いますよ。

 

※トップス インの関連生地:  楽々スタイルアップできる「タックイン」のコツ!おしゃれな着こなし方を紹介

 

2. 靴はヒールやパンプスを合わせる

 

 

マーメイドスカートは基本的にロング丈のものが多く、ハイカットのスニーカーや厚底のシューズを合わせると、コーデがごちゃついて足が短く見えてしまうことも。

おしゃれに着こなしたい時には、ヒールやパンプスなどの華奢なデザインの靴を合わせてみてください。

特にヒールはスタイルアップさせたい時の心強い味方です。

 

また、パンプスやバレエシューズなどの足の甲が見える靴は、脚長効果も期待できます。

肌の色と馴染むベージュカラーの靴なら、より一層脚が綺麗に見えるでしょう。

 

▼パンプス/バレエシューズの関連生地

・  女性らしさもおしゃれもパンプスで叶える!おすすめコーデ10選&失敗しない選び方も

・  「バレエシューズ」はコーデの万能選手!おすすめシューズ&コーデをチェック♪

 

3. 無地か小さめの柄のものを選ぶ

 

 

印象的な大きめの柄のマーメイドスカートは魅力的ですよね。

しかし、そのような柄物は着こなし方が難しかったり、膨張して太って見えてしまう可能性もあります。

 

まずはどんなトップスやアウターも合わせやすい無難な無地のものや、小さめの柄のものを選んでみるのも上手に着こなすポイントの一つです。

 

 

おすすめのマーメイドスカート

 

次に、人気ブランドから販売されているマーメイドスカートをご紹介します。

プチプラブランドを中心にセレクトしたので、手が出しやすいものばかりですよ。

 

【ROPE' PICNIC】透かしマーメイドスカート

 

 

トレンドでもある透かし編みデザインがポイントのマーメイドスカート。

シンプルで派手すぎない見た目ですが、他の人とは差が出るおしゃれなデザインです。

 

ニット素材は体のラインを拾いやすいですが、こちらのアイテムはそこまでタイトではなくゆったりと着られます。

ラフなTシャツと合わせてもトレンド感のあるおしゃれなコーデになりますよ。

 

透かしマーメイドスカートの商品情報

 

価格:4,400円(税込)

カラー:ブラック、ベージュ、ブルー系、カラシ

 

 

 

【rienda】フロントボタンマーメイドJ/W SK

 

 

フェミニンなアイテムが豊富なrienda。

そんなriendaから販売されているこちらのマーメイドスカートも、小花柄と淡いラベンダーカラーでとても可愛らしいアイテムです。

 

また、フロントにボタンが付いているのがアクセントになっています。

上品でTPOを選ばないデザインなので、デートコーデにもぴったりなマーメイドスカートです。

 

フロントボタンマーメイドJ/W SKの商品情報

 

価格:8,800円(税込)

 

 

 

【ViS】ヴィーガンエコレザー イレヘムスカート

 

 

生地に程よい光沢感のあるエコレザーを使用していて、フェミニンかつ高級感のあるコーデに仕上げてくれるこちらのスカート。

コーデのポイントとしてレザーのアイテムを取り入れるとおしゃれさがプラスされますよね。

 

また、こちらのアイテムは綺麗なシルエットにもこだわっています。

特に、ヒップから切り返したまですっきりとしたデザインなので、着膨れすることなく着られます。

 

優しげなパステルカラーはどんなアイテムとも合わせやすく、着回しもしやすいので私服を着る機会が多い方にもおすすめです。

 

ヴィーガンエコレザー イレヘムスカートの商品情報

 

価格:3,025円(税込)

カラー:ベージュ、キナリ、ライトグリーン

 

 

 

マーメイドスカートを使ったおすすめコーデ

 

どんな風にコーデを組めばいいのか知りたいという方のために、マーメイドスカートを取り入れた旬なおすすめコーデをご紹介します。

フェミニン、カジュアル、モードなど…様々なファッションテイストのコーデを取り上げるので、ぜひ真似してみてくださいね。

 

定番!マーメイドスカートをフェミニンコーデに取り入れる

 

 

まずは定番の、マーメイドスカートを取り入れた女性らしいフェミニンなコーデをご紹介します。

 

トップスにはブラウスや綺麗めニットを。

シューズには夏にはサンダル、冬にはバレエシューズなど華奢なデザインのものを合わせると、上品なフェミニンコーデに仕上がります。

マーメイドスカートがシンプルなデザインであれば、トップスはフリルやレース付きのボリュームのあるものを選ぶのもおすすめです。

 

こちらのスタイリングのように白やピンクといった甘めなカラーでコーデを組む際には、なるべく柄の無いシンプルなアイテムを選ぶと、子供っぽくなりませんよ。

トップスの深めのVネックと、華奢なミュールがより女性らしい要素をコーデにプラスしてくれます。

 

▼サンダル/Vネックの関連記事

・  サンダルコーデ15選!2021年トレンドのサンダル&選び方も紹介

・  「Vネックトップス」はどう着こなすべき?おすすめコーデを紹介♪

 

ボリューム感のあるトップスと合わせる時はモノトーンカラーでバランスを取って

 

 

ボリューム感のあるフリルブラウスに、シックなブラックのマーメイドスカートを合わせたコーデです。

派手すぎるかな?と心配になるボリュームブラウスとの組み合わせなのにおしゃれに決まるのは、カラーが落ち着いているから。

ブラックを中心としたモノトーンカラーで揃えると、まとまりのあるコーデに仕上がります。

 

派手ではないけれど、個性の光るシューズをセレクトして、足元まで抜かりなくおしゃれなスタイリングになっています。

 

▼モノトーン/カゴバッグの関連記事

・  春夏秋冬別モノトーンコーデ20選!地味に見えない着こなしのコツも紹介♪

・  カゴバッグはもうゲットした?プチプラだけどかわいい人気ブランドのアイテムを紹介

 

マーメイドスカートはモードコーデにも大活躍

 

 

フェミニンな印象が強いマーメイドスカートですが、最近はモードな雰囲気のアイテムも登場しています。

スリットが入ったマーメイドスカートなら、やりすぎないヘルシーな肌見せコーデを楽しむこともできますよ。

 

全体をシックな色合いでまとめつつ、一点個性的な柄物を入れるとよりこなれ感のあるスタイリングに。

足元はショートブーツでスタイリッシュに決めるのも良いですが、スニーカーで抜け感を出すのもおしゃれ上級者さんなコーデに仕上がるでしょう。

 

※モード コーデの関連記事:  今さら聞けない「モード系」ファッションって?モード系の意味や着こなし方を紹介

 

ミントカラーのマーメイドスカートをシアートップスでモードな雰囲気に 

 

 

綺麗なミントカラーのマーメイドスカート。

このようなアイテムにシアートップスを合わせると一気にモードな雰囲気になります。

 

シューズもトップスと同じブラックでまとめて、コーデに統一感を持たせてみてください。

 

このように他のアイテムのカラーを控えめにすることで、マーメイドスカートのカラーがより引き立ちますよね。

アウターの必要な季節にはレザージャケットを合わせてよりモードコーデに仕上げてみても良いでしょう。

 

▼シアートップス/レザージャケットの関連記事

・  トレンドのシアーシャツはどう着る?♪おすすめのアイテムやおしゃれな着回しコーデを紹介

・  「シースルートップス」の着こなしポイント&おしゃれコーデ集

 

マーメイドスカートは合わせ方次第でカジュアルコーデにも

 

 

マーメイドスカートをラフに着こなすスタイリングは、女性らしい印象もカジュアルな印象も両立できます。

ちょっとそこまでのお出かけだけど、知り合いにあったらどうしよう、部屋着では恥ずかしいな…という時のコーデにぴったりです。

 

マーメイドスカートをラフなコーデに仕上げたい時には、Tシャツやスニーカーなどのカジュアルな印象のアイテムを合わせてみると良いですよ。

 

小物でおしゃれさをプラスしてみて

 

 

デニム素材のマーメイドスカートに、長袖のTシャツを合わせたラフなコーデ。

でもこんなにおしゃれに見えるのは、小物の使い方が上手だからなんです。

 

特に、キャップは最旬アイテムの一つ。

洋服のカラーと同じトーンに合わせることでより自然にコーデに馴染んでくれます。

 

また、全体的に淡い色だからこそ、メガネやスニーカー、ショルダーバッグはブラックを選んでコーデを引き締めてみてください。

ラフなコーデで手抜きに見えるか心配な時は、小物選びにこだわってみましょう。

 

▼合わせて読みたい

・  キャップをおしゃれに被るコツ&お手本コーデ集!NEW ERAをはじめ人気キャップも紹介

・  伊達メガネをかけて周りと差がつくオシャレを楽もう♪人気ブランドとおすすめコーデを紹介

・  レディースショルダーバッグのおすすめブランド11選!人気アイテムも合わせて紹介

 

マーメイドスカート×ガーリーコーデは鉄板

 

 

アイテムの組み合わせ方次第では、ガーリーなコーデに仕上げられます。

大きめのリボンタイがポイントのブラウスを合わせれば、抜かりなくかわいいコーデになります。

 

ブラウンのボストンバッグを豆乳することで、一層優等生っぽいガーリーな印象に。

お友達とのお出かけにもぴったりなスタイリングです。

 

サスペンダー付きのマーメイドスカートは子供っぽくなりすぎないようバランスを取って

 

 

サスペンダー付きのマーメイドスカートは可愛らしい印象な一方、合わせるアイテム次第では子供っぽくなってしまう可能性もあります。

そんな時は、抜け感のあるアイテムを選ぶとおしゃれ度をアップさせてあげることができます。

 

こちらのスタイリングもフリル付きのブラウスで甘めな印象ですが、首元がすっきりとしたデザインなのでしっかりと抜け感が生まれています。

デコルテが見えると垢抜けて見えますし、小顔効果も期待できますよ。

 

また、レザーバッグで大人っぽい要素もさらにプラスされていますね。

 

※抜け感の関連記事:  「抜け感」って何?抜け感のあるファッションコーデの作り方も紹介

 

 

マーメイドスカートでトレンド感のあるコーデに

 

マーメイドスカートまとめ

 

いつものボトムスをマーメイドスカートにするだけで、トレンド感のあるコーデになりますよね。

マーメイドスカートは私には着こなせない…と着ないのはもったいないです。

 

ぜひ今回ご紹介した着こなし方のポイントや、自分好みのマーメイドスカートの選び方のポイント、おすすめコーデを参考にしてみてください。

組み合わせ次第で様々なファッションテイストのスタイリングを楽しめます。

 

マーメイドスカートを取り入れたおしゃれなコーデで、日々のお出かけをより楽しみましょう。

 

▼スカートの関連記事

 

・  レザースカートのおすすめブランド&おしゃれコーデ10選

・  カジュアルにもきれいめにも!「ペンシルスカート」の選び方やおすすめコーデを紹介

・  かわいいだけじゃない!チュールスカートの着こなし術&おすすめコーデ10選

・  「プリーツスカート」が使える!なりたい印象別におすすめのコーディネートを紹介

・  可愛らしいだけじゃない!あなたのなりたいを叶えるミニスカコーデまとめ

・  最旬ニットスカートコーデ8選!着こなしのコツも紹介


フォローして最新記事をチェック!



検索

カテゴリ一覧

ファッション(374)
   着回し/コーデ(85)
   髪型/ヘアスタイル/ヘアアレンジ(70)
   眼鏡/コンタクト/カラコン(9)
メイク・コスメ(422)
   ベースメイク(35)
   アイメイク(57)
   リップ/グロス(28)
   ネイル(13)
   コスメブランド/メーカー(204)
美容(153)
   スキンケア(86)
   髪/シャンプー/リンス/コンディショナー(42)
   石鹸/ソープ/洗顔料(11)
   ダイエット(8)
健康(70)
   健康食品/サプリメント/プロテイン(13)
   スポーツ/運動/トレーニング(8)
   冷え/温活(4)
ライフスタイル(241)
   生活雑貨/生活用品(24)
   お祝い/ギフト/プレゼント(19)
   趣味(9)
   お出かけ/観光/旅行/デート(34)
   妊娠/出産/子育て(3)
   家庭菜園/ガーデニング(4)
インテリア(69)
   内装/レイアウト(5)
グルメ(89)
   カフェ/喫茶店/ドリンク(31)
   ケーキ/お菓子/スイーツ/パティスリー/パン(27)
   レシピ(27)
アート/カルチャー(40)
   写真/カメラ(8)
   ハンドメイド/クラフト(19)

スキンケア

エイジングケア(44)
保湿(195)
美白(45)
乳液(40)
クリーム(113)
オイル(25)
化粧水(120)
美容液(95)
基礎化粧品(136)
ニキビ(20)
毛穴ケア(36)
角質ケア(47)
肌荒れ(25)
くすみ(48)
クマ(10)
たるみ(21)
ハリ不足(39)
スペシャルケア(125)
セルフケア(61)
UV対策(41)
日焼け対策(33)
日焼け止め(14)
しわ(13)
洗顔/クレンジング(80)

肌質

乾燥肌(116)
敏感肌(91)
脂性肌(35)
混合肌(27)

コスメ/メイク

ツヤ肌(126)
マット肌(51)
ミネラルコスメ(54)
デカ目(65)
小顔(3)
韓国(83)
化粧(198)
ポイントメイク(222)
メイクテク(101)
ナチュラルメイク(162)
美肌(139)
メイク道具(32)
化粧下地/ファンデーション/コンシーラー(131)
テカリ防止(20)
アイメイク(154)
リップ/グロス(140)
チーク(85)
カラーメイク(40)

ファッション

春コーデ(105)
夏コーデ(100)
秋コーデ(117)
冬コーデ(119)
スタイル(232)
テイスト(213)
シーン別(50)
大人コーデ(153)
カジュアル(146)
綺麗め(158)
フェミニン(116)

年代別

10代(6)
20代(14)
30代(16)
40代(10)
50代(6)

恋愛

片思い(25)
男性心理(42)
カップル(36)
恋愛観(45)
恋愛テクニック(47)
モテ仕草(4)

ヘアスタイル

ショートヘア(47)
ロングヘア(52)
セミロング(51)
ボブ(53)
スタイリング(82)
ヘアケア(77)
ヘアカラー(32)
ヘアアクセ(23)

ライフスタイル

ホームパーティー(24)
グルメ/レシピ(123)
ヘルシー(46)
運動(21)
筋トレ(8)
リラックスタイム(47)

人気記事ランキング