logo

Top > ファッション > スカート/ワンピース

レザースカートのおすすめブランド&おしゃれコーデ10選






パーカーやスウェット、Tシャツなどのカジュアルウェアと合わせても、クールビューティーな印象へと導いてくれるレザースカート。
クール・スタイリッシュ・モードなどのキーワードが好きな人とも好相性です。

一方、主役級の存在感があるため日頃のコーディネートに上手く馴染まず、購入したけどうまく着こなせない…という人も多いそう。

そこで本記事では、レザースカートの選び方をはじめ、上手に着こなすコツやスタイリング術をお届けします♪
おしゃれな最旬コーディネートもピックアップしているで、ぜひチェックしてみてください。

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、臨時休業あるいは営業時間の変更等の措置を取っている店舗・施設がございます。


お出かけ前に、店舗・施設の公式HPやSNS等で最新情報のご確認をお願い致します。


【目次】レザースカートのおすすめブランド&おしゃれコーデ10選

 

レザースカートの魅力

レザースカートの選び方

1. カラーで選ぶ

2. 丈で選ぶ

3. シルエット&デザインで選ぶ

4. 本革(リアルレザー)かフェイクレザーかもチェック

レザースカートを上手に着こなすコツ

1. ほっこりカラーで構成

2. Iラインシルエットですっきりまとめて

3. パッと目を引くカラーで視線を上に

4. ラフ&カジュアルなアイテムと合わせる

5. レースの透け感を味方につけて軽やかに

人気ブランドのおすすめレザースカート

1. ADAM ET ROPE'(アダム エ ロぺ)

エコレザークロススカート

2. titivate(ティティベイト)

プリーツレザースカート

3. JOURNAL STANDARD relume(ジャーナルスタンダード レリューム)

フェイクレザー Aラインスカート

4. SNIDEL(スナイデル)

FAUXレザータイトスカート

5. who’s who Chico(フーズフーチコ)

レザーロングフレアスカート

レザースカートを使ったおすすめコーディネート

1. ミステリアスな色気を感じるパープルのニットを相棒に

2. ショート丈×ほっこりカラーで大人かわいいを実現

3. ピンク×ホワイトでも甘くならない

4. スタイルアップも狙えるプリーツを選択

5. チェックシャツでクラシックなニュアンスを追加

6. 定番アイテムでも見劣りしないイエローのレザースカートが主役

7. ニットベスト×シャツなら誰でも簡単にこなれが感アップ

8. 花柄ブラウス×フリルでキュートに

9. レースのブラウスを採用した大人の甘辛ミックスコーデ

10. シャイニーなシャツでメリハリを効かせて

親しみやすいかっこよさをレザースカートで実現

 

レザースカートの魅力

 

 

レザースカートとは、本革またはフェイクレザーで仕立てられたスカートのこと。

秋冬のトレンドアイテムとして近年注目を集めていますが、春夏もコーディネートにも相性よくマッチします。

 

取り入れるだけでクールビューティーな印象へと導いてくれ、Tシャツやカットソーなどラフなアイテムと合わせてもシャキッとした仕上がりになるのも魅力です。

甘めのスカートや、正統派シャツの外し役としても重宝しますよ。

 

ただ存在感が強く、バランスよく取り入れないとコーディネートから浮いてしまうことも。

まずは最適な1着を見つけるべく、レザースカートの選び方から見直してみましょう♪

 

 

レザースカートの選び方

 

一目惚れした1着はもちろんアリですが、長く愛用したいなら選び方にもこだわってみましょう。

まずはレザースカートを選ぶ上で注目したいポイントをまとめました。

 

1. カラーで選ぶ

 

 

レザースカートを主役にしたいか、それとも他のアイテムとうまく調和させたいかによって色を選ぶと失敗しにくいですよ。

ベーシックなブラックは、重厚感があってちょっと辛口なスタイリングと相性よくマッチします。

クールビューティーな印象を与えたい人や、スタイリッシュな着こなしを好む人にも◎

 

おしゃれ上級者はピンクやイエロー、ブルーなどのアクセントカラーもチェックしてみてください。

ややハードルが高いカラーですが、着こなしに華やぎを与えて都会的なムードが漂うルックスに仕上げられます。

 

また、ブラウンやベージュ、ホワイトなどの温もりを感じるカラーは、レザースカート初心者さんにおすすめです。

比較的どんなトップスと合わせても悪目立ちしにくく、日常使いがしやすいですよ。

 

2. 丈で選ぶ

 

 

レザースカートは主にロング・ミドル(ミモレ)・ショート丈の3種類。

くるぶしくらいのロング丈は存在感があり、ハンサムレディな印象を与えたい人やモードな着こなしを好む人に適しています。

 

ミドル丈は汎用性が高いため、幅広いコーディネートに対応可能です。

着こなし方やアイテムの組み合わせ次第で、カジュアルもスタイリッシュも、フェミニンなルックスも叶います。

 

セクシーな着こなしを楽しみたいなら、ショート丈がベスト。

タイトなシルエットではなく、裾が広がるフレアならキュートな着こなしも楽しめるでしょう。

 

※ミモレ丈 スカートの関連記事:  オフィスからお呼ばれシーンまで使える「ミモレ丈」!おすすめコーデも紹介

 

3. シルエット&デザインで選ぶ

 

 

レザースカートは、デザインやシルエット次第でガラリと雰囲気が変わります。

無駄を省いたミニマルなデザインは手持ちのワードローブとも馴染みやすく、スタイリングを選びません。

初めてレザースカートを購入するなら、シンプルなAラインやフレアがおすすめです。

 

ベーシックなのデザインではもの足りなさを感じる人は、プリーツやフリル付きもチェックしてみてはいかがでしょうか。

プリーツは縦ラインを強調できるため、スタイルアップ効果を狙えます。

 

ハードな印象になりやすいレザースカートですが、フリル付きなら女性らしさも演出できますよ。

 

※プリーツスカートの関連記事:  ミニ丈の「プリーツスカート」が使える!なりたい印象別におすすめのコーディネートを紹介

 

4. 本革(リアルレザー)かフェイクレザーかもチェック

 

 

レザースカートの主流は、本革をイメージしたフェイクレザーです。

フェイクレザーは、本革とほとんど遜色ないのにお手入れが簡単&リーズナブルな価格で購入できるのが魅力。

 

ハイブランドで発売されている本革は使い込むほど身体に馴染んでいく過程を楽しめる半面、水に弱いため扱いには十分注意してください。

 

 

レザースカートを上手に着こなすコツ

 

1着の存在感が強く、バランスを考えないと浮いてしまいやすいレザースカートを上手に着こなすコツをご紹介します♪

 

ちょっとの意識で、コーディネートの完成度はぐっと高まります。

明日からトライできる簡単な方法ばかりなので、ぜひ参考にしてみてください。

 

1. ほっこりカラーで構成

 

 

レザースカートのクールな印象はそのままに、より日常になじみやすくするにはあたたかみのあるカラーで構成するのがおすすめです。

ホワイトやブラウン、ベージュ、くすみカラーでまとめてコントラストをつけすぎないように意識するのがポイント。

近づき難い印象ではなく、親しみやすいかっこよさも実現できます。

 

2. Iラインシルエットですっきりまとめて

 

 

広がりを抑えたIラインシルエットなら奇抜な印象にならず、品よくまとまります。

モノトーンに落とし込むことによって、落ち着きのある大人っぽい印象に。

後輩から慕われる知的な先輩を演出したいときも◎

 

アウターはすっきりとしたノーカラーコートや、エレガントなニュアンスをプラスできるガウンコートが好相性です。

 

▼モノトーンコーデ/ノーカラーコートの関連記事

・  春夏秋冬別モノトーンコーデ20選!地味に見えない着こなしのコツも紹介♪

・  羽織るだけでセンスを格上げ!ノーカラーコートの選び方&おしゃれなコーディネート特集

 

3. パッと目を引くカラーで視線を上に

 

 

レザースカートは存在感が強いので、どうしても視線が下にいきがち。

そこで、ビビットなカラーをトップスにして視線を上にあげることを意識しましょう。

 

視線が上に上がると自然に全体のバランスが整い、レザースカートが悪目立ちするのを防いでくれます。

 

レザーの重さを適度に緩和して、明るく華やかな印象へ導いてくれるのも◎

季節のトレンドカラーを採用して、シーズンムードを高めるのもおすすめです。

 

4. ラフ&カジュアルなアイテムと合わせる

 

 

Tシャツやカットソー、ニットなど親しみやすいワードローブを採用することで、キャッチーなアイテムも上手く調和します。

 

まずは、手っ取り早く抜け感が生まれるカットソーからトライしてみてはいかがでしょうか。

メンズライクなオーバーサイズのカットソーとスニーカーという親近感のあるコンビが、レザースカートをより身近な存在へと誘導してくれます。

 

カジュアルとモードがうまく溶け込んだ、好バランスコーデがお手軽に試せますよ♪

 

▼メンズライク/オーバーサイズ コーデの関連記事

・  「メンズライク」なコーデってどんなコーデ?おしゃれな着こなしポイントを紹介

・  レディースのオーバーサイズコーデの着こなしポイント&素敵コーデをチェック♪

 

5. レースの透け感を味方につけて軽やかに

 

 

甘くなりやすいレースも、レザースカートなら大人っぽくスタイリッシュなコーディネートに着地できます。

レースの透け感がレザーの重厚感を緩和して、軽やかな着こなしを実現できるのも◎

 

レースの代わりに、シースルーのシャツを合わせるのもおすすめです。

ホワイト×ベージュの近しいカラーなら、異素材でもうまく馴染むでしょう。

 

※シースルートップスの関連記事:  「シースルートップス」の着こなしポイント&おしゃれコーデ集

 

 

人気ブランドのおすすめレザースカート

 

レザースカート選びで迷っている人は、人気ブランドをチェック!

みんなから支持されるには理由があり、今回ご紹介するブランドでは、日常使いしやすいレザースカートが多数取り揃えられています。

 

幅広い年齢層に支持されている人気ブランドと、初めてレザースカートを購入する人でも使いやすい1着をピックアップしました。

 

1. ADAM ET ROPE'(アダム エ ロぺ)

 

アダム エ ロペは、日本を代表する総合アパレルメーカーのジュン(JUN)が展開するブランド。

長く繰り返し使っても飽きのこないデザインや心地よい着心地、身体のラインを美しく魅せてくれるシルエットに定評があります。

 

ヴィーガンレザースカート

 

 

環境に優しいヴィーガンレザーで仕立てたレザースカートです。

動くたびに揺れるフレアシルエットが、品のある大人っぽい着こなしを叶えます。

 

タイトめなニットと合わせて、グッと女性らしいコーディネートに仕上げるのも◎

シンプルだけど遊び心もある1枚を求めている人は要チェックです。

 

ヴィーガンレザースカートの商品情報

 

価格:16,500円(税込)

カラー:ブラック、グリーン

サイズ:フリー

 

 

 

2. titivate(ティティベイト)

 

洗練された大人カジュアルスタイルを、リーズナブルな価格で実現できるティティベイト。

ベーシックなアイテムはもちろん、凝ったディテールやニュアンスカラーを採用したおしゃれなワードローブも多数展開しています。

 

プリーツレザースカート

 

 

パンプスやスニーカーはもちろん、ショートブーツも映えるちょうど良い丈感が使いやすい1着。

上品な光沢が女性らしいスタイリングをアシストします。

 

薄手のストレッチ生地を採用しており、広がりを抑えて着ぶくれを防いでくれるのも嬉しいポイントです。

 

プリーツレザースカートの商品情報

 

価格:5,489円(税込)

カラー:2色(アイボリー・ブラック)

サイズ:M

 

 

 

3. JOURNAL STANDARD relume(ジャーナルスタンダード レリューム)

 

ジャーナルスタンダード レリュームは、背伸びをしない「ちょうどよい」大人のファッションを提案するブランド。

カジュアルかつベーシックだけど品質にはこだわったアイテムと、トレンドのちょっと先を行くアイテムを豊富なラインナップで展開しています。

 

フェイクレザー Aラインスカート

 



秋冬も人気だったフェイクレザースカートが、春夏らしいくすみカラーで登場!

裾に向けて広がるAラインシルエットとバックスリットの相乗効果で、すっきりした美シルエットを演出できます。

 

無駄を省いたシンプルなデザインなので、レザースカートを初めて購入する人にも◎

レースやシースルートップスを採用してレディライクな着こなしを楽しむのもアリ。

パーカーやニットなどのカジュアルウェアとも好相性です。

 

フェイクレザー Aラインスカートの商品情報

 

価格:12,100円(税込)

カラー:2色(ブラウン・ナチュラル)

サイズ:36・38

 

 

 

4. SNIDEL(スナイデル)

 

ブランドコンセプトは「ストリート×フォーマル」。 

ストリートカルチャーとエレガンスがうまく共存する、 独自のスタイリングを提案しています。

 

FAUXレザータイトスカート

 

 

ほんのりシワ加工を施したフェイクレザーを使用しており、シンプルだけど豊かな表情も感じる1着です。

ベージュとピンクはハードな印象を緩和して、女性らしい丸みのあるラインを引き立てます。

 

グレーは取り入れるだけでモードな着こなしへと転換でき、クールビューティーなルックスを実現。

縦に入れた切り替えラインとハイウエストとの相乗効果で、スタイルアップも狙えますよ。

 

デコラティブなブラウスやシンプルなカットソーなど、トップスを選ばず着用できるのも魅力です。

 

FAUXレザータイトスカートの商品情報

 

価格:11,880円(税込)

カラー:3色(ベージュ・ピンク・グレー)

サイズ:S・M

 

 

 

5. who’s who Chico(フーズフーチコ)

 

ヴィンテージテイストをベースに、日常使いしやすいカジュアルウェアを展開。

着飾らずとも、女性本来の美しさを引き出すデザインやシルエットに凝ったワードローブが豊富です。

 

特に「大人可愛い」や「フェミニン」といったキーワードを好む人は、ぜひチェックしてみてください。

 

レザーロングフレアスカート

 

 

裾に向かってフレアに広がるシルエットと、ウエストゴムのギャザーが立体感を演出。

のっぺりした印象にならず、メリハリのあるスタイリングに仕上げられる1着です。

シンプルなデザインだからこそ、レザーの魅力が最大限引き立ちます。

 

オンオフ問わず着用できるレザースカートを求めている人におすすめです。

 

レザーロングフレアスカートの商品情報

 

価格:3,289円(税込)

カラー:4色(ブラウン・ライトベージュ・カーキ・ブラック)

サイズ:フリー

 

 

 

レザースカートを使ったおすすめコーディネート

 

レザースカートを使ったおしゃれなコーディネートをお届けします♪

「お気に入りのスタイリングが見つかるとワンパターンになりやすい」というレザースカートのお悩みも解決できる、幅広いスタイリングをピックアップしました。

 

1. ミステリアスな色気を感じるパープルのニットを相棒に

 

 

ミステリアスな女っぽさを演出できるパープルのニットを採用。

クリーンな白のレザースカートならハードな印象になりすぎず、色っぽさを感じるフェミニンなルックスが叶います。

 

できるだけシンプルなアイテムで構成し、ウエストをインしてすっきりまとめることで女性らしさがぐっとアップ!

ナイトシーンにも映えるコーディネートです。

 

2. ショート丈×ほっこりカラーで大人かわいいを実現

 

 

レザースカートをかわいく着こなしたいならブラウン×ベージュのほっこりカラーでまとめてみてください♪

 

Aラインのショート丈も、大人かわいい着こなしを実現する後押しに。

ニットの代わりにデコラティブなブラウスや、ボリュームスリーブのトップスを合わせるのもおすすめです。

 

3. ピンク×ホワイトでも甘くならない

 

 

一般的にピンクと白のコンビは甘くなりやすく、大人の女性は敬遠しやすい傾向に。

しかし、レザースカートならかわいいに寄りすぎないため、淡いピンクを合わせても品のある大人っぽい着こなしが叶います。

ニットとスカートのつなぎに白シャツを採用すると、こなれ感がアップするうえ今っぽい着こなしをアシストしてくれますよ。

 

ピュアな大人っぽさを損なわないように、足元はスニーカでラフ&エフォートレスにまとめるのが良いでしょう。

 

4. スタイルアップも狙えるプリーツを選択

 

 

プリーツのレザースカートは、スタイルアップ効果を狙えるお役立ちアイテム。

ブラックやブラウンなどベーシックなカラーもアリですが、プレイフルな遊び心を効かせたイエローを採用して、大人のセンスを主張するのもおすすめです。

 

クリーミーなイエローと親近感のあるパーカーなら異素材でも上手く調和して、日常に馴染む着こなしに。

ワントーンに落とし込み、今っぽく仕上げてみてはいかがでしょうか。

 

※ワントーン コーデの関連記事:  ワントーンコーデでさりげなくおしゃれに♪ おすすめレディースコーデをチェック

 

5. チェックシャツでクラシックなニュアンスを追加

 

 

チェックシャツを採用すると、一気にクラシックなムードへと誘導できます。

 

渋みのあるブラウンのワントーンが大人っぽく、オーバーサイズのさりげないハズしが抜け感をアシスト。

深まる秋にぴったりのコーディネートです。

 

※チェック柄の関連記事:  四季に合わせたおすすめのチェック柄コーデを紹介!

 

6. 定番アイテムでも見劣りしないイエローのレザースカートが主役

 

 

パッと目を引く、イエローのレザースカートが主役のコーディネートです。

 

ベーシックかつカジュアルなアイテムを合わせても華やぎが増し、いつもと違う大人っぽい印象に。

辛いインパクトのある1着でもメンズライクに落とし込むことで取り入れやすくなり、重くなりやすい秋冬コーディネートの鮮度も上昇します。

 

7. ニットベスト×シャツなら誰でも簡単にこなれが感アップ

 

 

シャツやカットソーにニットベストをレイヤードしてレザースカートを合わせれば、誰でも簡単にこなれ感がアップします。

ハードな印象になりやすい黒のタイトレザーでも、ケーブル編みのほっこりニットなら柔らかい印象に。

 

足元はヒールでレディに仕上げるのも、スニーカーでカジュアルに着地させるのもおすすめです。

 

※ニットベストの関連記事:  ニットベストのおしゃれなコーディネートや着こなしのポイントを解説

 

8. 花柄ブラウス×フリルでキュートに

 

 

レーススカートをキュートに着こなしたいなら、花柄刺繍のブラウスを相棒に。

タイトなシルエットだと浮きやすいブラウスも、裾のフリルが女性らしさを後押ししてくれるから、イメージの異なる上下でも上手く調和します。

 

モノトーンに落とし込むことで、甘くなりすぎず大人っぽい印象に着地。

肌見せは最小限に抑えると品よくまとまるので、ロングブーツを採用するのが正解です。

 

9. レースのブラウスを採用した大人の甘辛ミックスコーデ

 

 

重厚感のある黒のレザーでも透け感のあるレースのトップスでほんのり甘さを加えると、近付きがたい印象を回避できます。

深みのあるグリーンが知的なムードを漂わせ、秋冬らしい着こなしをアシスト。

 

コーディネートをバイカラーでコンパクトにまとめれば、気品を感じる大人の甘辛ミックスコーディネートの完成です♪

 

※グリーン コーデの関連記事:  センス良く見える「モスグリーン」!シーズン別におすすめコーデを紹介

 

10. シャイニーなシャツでメリハリを効かせて

 

 

マットなレザーに、シャイニーなシャツを合わせてメリハリを演出。

タックインはあえてフロントのみにするのが、こなれ感をアップするコツです。

ストンとしたロング丈でもコーディネートに奥行きが生まれます。

 

ミントグリーンのやさしい冷感が涼しげな印象へと導いてくれるため、春夏ムードを高めてくれるのもポイントです。

 

※タックインの関連記事:  楽々スタイルアップできる「タックイン」のコツ!おしゃれな着こなし方を紹介

 

 

親しみやすいかっこよさをレザースカートで実現

 

 

レザースカートなら、Tシャツやスウェット、パーカーなどのカジュアルウェアと合わせてもハンサムレディな印象へと誘導できます。

初見はハードルが高くても、身近なアイテムと合わせればデイリー仕様に。

お気に入りの1着を見つけて、親しみやすいかっこよさを演出してみてください♪

 

かっこよさだけでなく、スタイリング次第でフェミニンもキュートもモードなルックスも実現できますよ。

 

▼スカート/レザーアイテムの関連記事

 

・  可愛らしいだけじゃない!あなたのなりたいを叶えるミニスカコーデまとめ

・  カジュアルにもきれいめにも!「ペンシルスカート」の選び方やおすすめコーデを紹介

・  レディースライダースジャケットの選び方から素敵コーデまで紹介♪


フォローして最新記事をチェック!



検索

カテゴリ一覧

ファッション(299)
   着回し/コーデ(68)
   髪型/ヘアスタイル/ヘアアレンジ(54)
   眼鏡/コンタクト/カラコン(7)
メイク・コスメ(341)
   ベースメイク(31)
   アイメイク(45)
   リップ/グロス(21)
   ネイル(13)
   コスメブランド/メーカー(168)
美容(125)
   スキンケア(73)
   髪/シャンプー/リンス/コンディショナー(33)
   石鹸/ソープ/洗顔料(11)
   ダイエット(7)
健康(66)
   健康食品/サプリメント/プロテイン(13)
   スポーツ/運動/トレーニング(6)
   冷え/温活(4)
ライフスタイル(231)
   生活雑貨/生活用品(47)
   ギフト/プレゼント(19)
   趣味(8)
   お出かけ/観光/旅行/デート(31)
   妊娠/出産/子育て(3)
   家庭菜園/ガーデニング(4)
インテリア(44)
   内装/レイアウト(5)
   DIY(3)
グルメ(84)
   カフェ/喫茶店/ドリンク(29)
   ケーキ/お菓子/スイーツ/パティスリー/パン(25)
   レシピ(28)
アート/カルチャー(30)
   写真/カメラ(8)
   ハンドメイド/クラフト(12)

スキンケア

エイジングケア(40)
保湿(168)
美白(42)
乳液(34)
クリーム(95)
オイル(24)
化粧水(101)
美容液(81)
基礎化粧品(117)
ニキビ(19)
毛穴ケア(32)
角質ケア(41)
肌荒れ(22)
くすみ(44)
クマ(10)
たるみ(20)
ハリ不足(35)
スペシャルケア(105)
セルフケア(50)
UV対策(38)
日焼け対策(30)
日焼け止め(12)
しわ(12)
洗顔/クレンジング(61)

肌質

乾燥肌(107)
敏感肌(83)
脂性肌(33)
混合肌(26)

コスメ/メイク

ツヤ肌(109)
マット肌(49)
ミネラルコスメ(43)
デカ目(56)
小顔(2)
韓国(47)
化粧(157)
ポイントメイク(165)
メイクテク(71)
ナチュラルメイク(125)
美肌(120)
メイク道具(29)
化粧下地/ファンデーション/コンシーラー(93)
テカリ防止(15)
アイメイク(104)
リップ/グロス(93)
チーク(56)
カラーメイク(27)

ファッション

春コーデ(80)
夏コーデ(75)
秋コーデ(93)
冬コーデ(93)
スタイル(185)
テイスト(167)
シーン別(49)
大人コーデ(114)
カジュアル(107)
綺麗め(123)
フェミニン(89)

年代別

10代(4)
20代(13)
30代(14)
40代(8)
50代(5)

恋愛

片思い(25)
男性心理(42)
カップル(35)
恋愛観(45)
恋愛テクニック(47)
モテ仕草(4)

ヘアスタイル

ショートヘア(38)
ロングヘア(41)
セミロング(38)
ボブ(41)
スタイリング(64)
ヘアケア(62)
ヘアカラー(22)
ヘアアクセ(18)

ライフスタイル

キッチン用品(41)
ホームパーティー(18)
グルメ/レシピ(116)
ヘルシー(44)
運動(18)
筋トレ(7)
リラックスタイム(33)

人気記事ランキング