logo

Top > ファッション > 着回し/コーデ

ワントーンコーデでさりげなくおしゃれに♪ おすすめレディースコーデをチェック






近年トレンドが続いている「ワントーンコーデ」。
全体のカラートーンを統一したコーデを指すワードで、シンプルな装いでも簡単におしゃれな印象を演出できる人気コーデジャンルです。

ただ、ワントーンコーデはワンカラーコーデと混同されやすかったり、微妙に難しさを感じる方も多いよう。
そこで今回は、ワントーンコーデとワンカラーコーデの違いから、ワントーンコーデのポイント、おすすめのコーディネートまでご紹介します♪

さりげなく色味トーンを合わせて、より統一感のあるコーディネートを楽しんでみませんか?

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、臨時休業あるいは営業時間の変更等の措置を取っている店舗・施設がございます。


お出かけ前に、店舗・施設の公式HPやSNS等で最新情報のご確認をお願い致します。


【目次】ワントーンコーデでさりげなくおしゃれに♪ おすすめレディースコーデをチェック

 

そもそも「トーン」とは

ワントーンコーデとは

ワントーンコーデとワンカラーコーデの違い

ワントーンコーデの着こなしポイント

トレンドを取り入れるなら「淡め」トーンでまとめる

着痩せを狙うなら「ダークトーン」でまとめよう

締め色の一点投入でメリハリ感プラス

のっぺり感の解消なら「柄物」を取り入れて

素材で軽さを演出

色の組み合わせが難しければ「ワンカラーコーデ」に近づけてみるのもアリ♪

季節別におすすめのワントーンコーデを紹介

【春夏コーデ】ペールトーン×黒バッグ

【春夏コーデ】ライトグレイッシュトーン×パイソン柄

【春夏コーデ】青系ライトトーン×プリーツスカート

【春夏コーデ】ソフトトーン×ピンク系サマーニット

【春夏コーデ】ディープトーン×レザーサンダル

【春夏コーデ】ペールトーンコーデ×セットアップ

【秋冬コーデ】グレイッシュトーン×レイヤード

【秋冬コーデ】ペールトーン×白ニット

【秋冬コーデ】ダークトーン×デニム

【秋冬コーデ】ライトグレイッシュトーン×ブラウンブーツ

【秋冬コーデ】ダークグレイッシュトーン×ハット

【秋冬コーデ】ビビッドトーン×黒ブーツ

ワントーンコーデでさらにおしゃれ上手に♪

 

そもそも「トーン」とは

 

トーンとは

 

よく耳にするようになった方も多いであろう「ワントーンコーデ」。

色が同じ?トーンが同じ?など少しわかりにくいファッションワードですよね。

 

まずは微妙にわかりにくい「トーン」についてチェックしていきましょう。

 

そもそも「トーン」とは、色の調子や明るさ・色味の強さレベルを表すために使われている言葉です。

 

トーンとは

 

明度(色の明るさ)と彩度(色の強さ・鮮やかさ)をまとめた色の印象を「トーン」(色調)といいます。

 

こちらの画像では、色は様々ですが、全て明るさや鮮やかさレベルは同じです。

主なトーンとしては、淡い色のグループ「ペールトーン」「パステルトーン」やビビッドな色のグループ「ビビッドトーン」が人気です。

 

 

ワントーンコーデとは

 

 

先ほどご紹介した「トーン」のお話を踏まえると、 ワントーンコーデ=色に関わらず同じ色調(トーン)でコーディネートした装い といえます。

実際にどんなコーデなのか、ここからもう少しイメージを膨らませてみましょう。

 

トーン

 

こちらは全てくすみトーンで統一された色見本。

ピンクやブラウン、グリーンなどの色味が溢れていますが、色に関わらず明度や彩度の色調(くすみトーン)は全て同じです。

 

 

先ほどの色見本のトーンをそのまま身に着けてみた様子です。

色は違っても、ソフトなトーンで統一されたコーデができあがりますね♪

 

続いて、ソフトトーンとはほぼ真逆のビビッドトーンコーデの例を見てみましょう。

 

 

真っ赤なワンピースに、同じトーンのイエローやグリーンなどのカラフルなパンプスでまとめたコーデ。

色が何色もあるですが、色は違っていても全て同じビビッドトーンで統一されているため、不思議と全体がまとまって見えますね。

 

ワントーンコーデ

 

 

こちらの装いは、彩度低めトーンで全体をまとめたカジュアルコーデ。

鮮やかさ少なめのデニムやギンガムチェックトップス、グレーに近いシルバーのバッグで全体を一つのトーンでまとめているコーデです。

 

ここまでのコーデイメージで、なんとなくのワントーンコーデのイメージは掴めてきたでしょうか。

 

 

ワントーンコーデとワンカラーコーデの違い

 

同系色

 

ここまで、ワントーンコーデの定義やイメージを紹介してきました。

 

「じゃあ、ワンカラーコーデってなんだろう?」と感じた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

ワントーン系

 

ワンカラーコーデとは、その名の通り「全体を一色でまとめたコーデ」のこと。

全体を同じような「色」でまとめたコーデもワンカラーコーデにあたります。

 

ワンカラーコーデ

 

こちらの画像のように、全身をブラック一色でまとめたコーデもワンカラーコーデといえます。

色味を問わず同じトーンでまとめたワントーンコーデとはかなり違うコーデジャンルですね。

 

 

ワントーンコーデの着こなしポイント

 

ワントーンコーデ ポイント

 

次に、ワントーンコーデ をより楽しむための着こなしポイントを見ていきましょう♪

 

トレンドを取り入れるなら「淡め」トーンでまとめる

 

淡め

 

近年のカラートレンドは「淡め」。

お店などでも淡めのウェアを多く見かけますよね。

 

ペールトーン のものを中心に取り入れると、顔映りが良くなったり印象がソフトになったりと、意外な印象アップ効果も狙えますよ。

 

着痩せを狙うなら「ダークトーン」でまとめよう

 

 

淡めのカラーがトレンドといっても、人によっては着膨れ感が強まったり、どこかぼんやりとしたコーディネートになってしまうこともありますよね。

そんなときは、ダークトーンでまとめてみるのもおすすめ。

 

ダークトーンでまとめることで、コーデ全体が引き締まるだけでなく、印象をクールめに寄せることもできます。

 

締め色の一点投入でメリハリ感プラス

 

 

ワントーンコーデをより引き締めるなら、締め色アイテムを一つ取り入れてみましょう。

ベルトやシューズなどの小物に締め色を使えば、ワントーンバランスを崩さずほどよいカラーバランスのコーデに仕上がりますよ。

 

のっぺり感の解消なら「柄物」を取り入れて

 

 

ワントーンコーデは、違う色味でもトーンが同じものを合わせるコーデ。

色味によっては平面的に見えることもありますよね。

そんなときは、柄物をどこかにプラスしてメリハリ感を演出してみましょう。

 

締め色に柄物を取り入れてみるのもおすすめです♪

 

素材で軽さを演出

 

 

のっぺり感解消で柄物をプラスしてメリハリを出す以外にも、ワントーンコーデでは素材選びで立体感や軽さを出すこともできます。

 

トップスはニット、ボトムスはレーススカートなど素材の厚みが違うものを組み合わせてみる、 トレーナー なら薄手シャツをレイヤードしてみるといった方法がおすすめ。

トップスとボトムスで素材の重さ・軽さを調整することで、さらにこなれたコーデが出来上がりますよ。

 

色の組み合わせが難しければ「ワンカラーコーデ」に近づけてみるのもアリ♪

 

 

ワントーンコーデはトーンを合わせるのは良いものの、色選びに悩む…という場合は、ワンカラーコーデに近いコーディネートを考えてみるのも良いですね。

 

例えば、こちらのようなオレンジ系コーデなら、ソフトなオレンジやオレンジブラウンを取り入れてグラデーションぽく色を取り入れてみるといった方法です。

これなら、ちぐはぐ感も感じにくく手軽に統一感を出すことができます。

 

 

季節別におすすめのワントーンコーデを紹介

 

ワントーンコーデのアイデアを季節ごとにご紹介します。

アイテムや色の合わせ方など、ぜひチェックしてみてください♪

 

【春夏コーデ】ペールトーン×黒バッグ

 

 

白っぽいブラウンのサロペットに綺麗めトップスを合わせた春コーデ。

これだけだと秋冬っぽさもありますが、足元にラベンダー色のくすみカラーパンプスを合わせて春らしい装いに仕上げています。

 

黒バッグを合わせて全体を引き締めているのも素敵なポイントです。

 

【春夏コーデ】ライトグレイッシュトーン×パイソン柄

 

 

カーキ色も様々ですが、ややくすんだトーンのものならフェミニンさも演出することができます。

 

同じトーングループのサンドベージュのパンツを合わせて、きれいめシンプルな装いに仕上がっています。

足元にはパイソン柄を取り入れて、ベーシックながらトレンド要素が感じられるコーデですね。

 

【春夏コーデ】青系ライトトーン×プリーツスカート

 

 

メンズライクなCPOジャケットに、レディライクなプリーツスカートを合わせたペールトーンコーデ。

青みのあるベージュを合わせているため、より統一感が感じられます。

 

インナーにはパーカーを合わせて、カジュアルなレイヤードスタイルに。

トップスのボリューム感とボトムスの縦ラインが互いにうまく引き立てあい、好バランスなコーデに仕上がっているのもポイントです。

 

【春夏コーデ】ソフトトーン×ピンク系サマーニット

 

 

ビビッドトーンよりも柔らかめ彩度のソフトトーンアイテムを使ったワントーンコーデ。

トップスは タックイン してコンパクトにまとめ、より色差が際立ったハイコントラストな色味が夏らしいですね。

 

リブニットの縦ラインと腰高な  ハイウエスト デニムでスタイルアップ効果も期待できるコーデ。

ピンクとライトインディゴのコントラストを際立たせるべく、バッグやサンダルの色味を控えめにしているのもポイントです。

 

【春夏コーデ】ディープトーン×レザーサンダル

 

 

濃いめのネイビートップスにレモンイエローのスカートを合わせた、濃く深いトーンのコーディネート。

ほぼ補色の組み合わせで、メリハリのきいたコーデを楽しみたい時におすすめの組み合わせです。

 

こちらの場合、濃いネイビーで上半身をコンパクトに演出しつつ、イエローでふんわりと体型カバーを叶えているのもポイント。

足元はブラックのレザーサンダルでふんわり仕上がったスカートコーデを引き締めているのも素敵ですね。

 

【春夏コーデ】ペールトーンコーデ×セットアップ

 

 

ワントーンで上下のコーデを考えるのが難しい場合は、こちらのような セットアップ アイテムを使ってみるのもおすすめ。

 

初夏らしい白に近いペールグリーンでセットアップを使ったコーデですが、バッグのブラウンがよりグリーンのフレッシュ感を引き立てていますね。

バッグはよりキャメルっぽいもの、ベージュに近いものを選べば、より服のトーンに近づけることができます。

 

【秋冬コーデ】グレイッシュトーン×レイヤード

 

 

グレーがかったトーンで統一されたカジュアルコーデ。

トップスからインナーシャツをレイヤードさせたこなれ感たっぷりの  メンズライク コーデに仕上がっています。

 

トップスとボトムスだけだと寂しい色味になりがちなカラーコンビネーションですが、上から青みのグレーストールをふんわりかけることで、より奥行きのあるワントーンコーデに。

平坦な印象になりがちなグレー系コーデでも、シャツレイヤードとストールで立体感が出せているのもポイントです。

 

【秋冬コーデ】ペールトーン×白ニット

 

 

秋冬シーズンは無彩色やダーク系カラーのコーデが多くなりがちですが、たまにはこちらのようなペールトーンのコーデを楽しんでみるのはいかがでしょうか。

 

全体をペールトーンで統一しつつ、ペールライムイエローのボトムスでアクセントを加えると、パッと華やかな装いに。

シャツはバンドカラーシャツできちんと感を演出しているのも素敵です。

 

【秋冬コーデ】ダークトーン×デニム

 

 

シューズとトップスのカラーを統一したダークトーンコーデ。

深みのあるボルドーで、秋らしさが感じられる装いですね。

 

カジュアルなチュニックにワイドデニムの組み合わせで広がりのあるカジュアルコーデで、レザーポシェットを斜めがけすることで上半身の細見え効果が期待できます。

足元は甲が見えるパンプスでさりげなく抜け感をプラスし、きれいめな印象を残しているのも◎

 

【秋冬コーデ】ライトグレイッシュトーン×ブラウンブーツ

 

 

ラベンダーカラーのニットにヴィンテージ柄スカートを合わせた、グレーがかったライトグレイッシュトーンのコーデ。

ほぼワンカラーコーデに近い色の組み合わせで、統一感も抜群です。

 

足元とバッグにキャメルブラウンのレザーアイテムをプラスしていますが、ブラックではなくあえてブラウンを使うことで、さらにソフトでフェミニンなコーデに仕上がっています。

 

【秋冬コーデ】ダークグレイッシュトーン×ハット

 

 

こちらはダークめのグレイッシュトーンのワントーンコーデ。

落ち着いたトーンのブラウントップスに、冬らしいツイード系素材のパンツを合わせたハンサムな装いがトレンド感のあるコーディネートですね。

 

薄手のトップスなので、こちらのようにタックインして裾のヒラヒラ感を解消してコンパクトにしておくと◎

ココア色のハットも、トップスのトーンとコーデ全体のハンサムなルックスによくマッチしています。

 

【秋冬コーデ】ビビッドトーン×黒ブーツ

 

 

華やかなレッドにブラックのコントラストが映えている、ビビッドトーンのコーデ。

カラーコントラストが強い組み合わせで、メリハリがきいているのがポイントです。

 

ケーブルニットのコーデはナチュラル系コーデに偏りがちなアイテムですが、こちらのようなチュールスカートを合わせることで、より華やかできれいめなコーデが出来上がります♪

ほんのり透け感があるスカートに、華奢なヒールのアーモンドトゥブーツを合わせることで、さらにエッジィでフェミニンな装いにシフトします。

 

 

ワントーンコーデでさらにおしゃれ上手に♪

 

 

ワントーンコーデの着こなしポイントや、おすすめのコーディネートを紹介してきました。

 

色調が同じようなアイテムでコーディネートするワントーンコーデは、いつものコーディネートをより大人っぽくこなれた雰囲気にシフトしてくれます。

色同士が喧嘩することもなく、トップスとボトムス、小物の色合わせが苦手な方もトライしやすいコーディネート方法でもあります。

 

色調を統一させるスマートなコーディネート方法で、普段のコーディネートをよりおしゃれに演出してみませんか?


フォローして最新記事をチェック!



検索

カテゴリ一覧

ファッション(219)
   着回し/コーデ(68)
   髪型/ヘアスタイル/ヘアアレンジ(36)
   眼鏡/コンタクト/カラコン(6)
メイク・コスメ(281)
   ベースメイク(22)
   アイメイク(31)
   リップ/グロス(18)
   ネイル(11)
   コスメブランド/メーカー(155)
美容(115)
   スキンケア(65)
   髪/シャンプー/リンス/コンディショナー(30)
   石鹸/ソープ/洗顔料(7)
   ダイエット(5)
健康(50)
   健康食品/サプリメント/プロテイン(13)
   スポーツ/運動/トレーニング(5)
   冷え/温活(5)
ライフスタイル(201)
   生活雑貨/生活用品(31)
   ギフト/プレゼント(15)
   趣味(8)
   お出かけ/観光/旅行/デート(30)
   妊娠/出産/子育て(2)
   家庭菜園/ガーデニング(4)
インテリア(41)
   内装/レイアウト(5)
   DIY(3)
グルメ(80)
   カフェ/喫茶店/ドリンク(30)
   ケーキ/お菓子/スイーツ/パティスリー/パン(23)
   レシピ(26)
アート/カルチャー(23)
   写真/カメラ(8)
   ハンドメイド/クラフト(8)

スキンケア

エイジングケア(38)
保湿(150)
美白(40)
乳液(30)
クリーム(90)
オイル(22)
化粧水(97)
美容液(77)
基礎化粧品(110)
ニキビ(18)
毛穴ケア(28)
角質ケア(34)
肌荒れ(22)
くすみ(40)
クマ(9)
たるみ(18)
ハリ不足(33)
スペシャルケア(95)
セルフケア(42)
UV対策(36)
日焼け対策(27)
日焼け止め(11)
しわ(11)
洗顔/クレンジング(47)

肌質

乾燥肌(99)
敏感肌(77)
脂性肌(27)
混合肌(20)

コスメ/メイク

ツヤ肌(90)
マット肌(44)
ミネラルコスメ(27)
デカ目(44)
小顔(2)
韓国(36)
化粧(114)
ポイントメイク(127)
メイクテク(49)
ナチュラルメイク(93)
美肌(95)
メイク道具(23)
化粧下地/ファンデーション/コンシーラー(65)
テカリ防止(5)
アイメイク(73)
リップ/グロス(69)
チーク(36)
カラーメイク(13)

ファッション

春コーデ(52)
夏コーデ(48)
秋コーデ(65)
冬コーデ(66)
スタイル(136)
テイスト(120)
シーン別(44)
大人コーデ(71)
カジュアル(70)
綺麗め(83)
フェミニン(58)

年代別

10代(2)
20代(11)
30代(11)
40代(6)
50代(4)

恋愛

片思い(24)
男性心理(41)
カップル(34)
恋愛観(44)
恋愛テクニック(46)
モテ仕草(3)

ヘアスタイル

ショートヘア(33)
ロングヘア(35)
セミロング(32)
ボブ(33)
スタイリング(50)
ヘアケア(54)
ヘアカラー(17)
ヘアアクセ(13)

ライフスタイル

キッチン用品(25)
ホームパーティー(16)
グルメ/レシピ(111)
ヘルシー(44)
運動(12)
筋トレ(5)
リラックスタイム(21)

人気記事ランキング