logo

Top > ファッション > 着回し/コーデ

流行りのペールトーンってどんなカラー?人気カラー別のコーディネートもチェック






近年徐々に注目を集めているペールトーン。
淡く繊細なカラーなので春夏のアイテムに用いられることが多いですが、2020年は秋冬も引き続き人気です。

ペールトーンはコーディネートに投入するだけで、洗練された女性らしいスタイリングを実現できます。

今回は、ペールトーンを取り入れる際のスタイリングのコツや、おすすめの組み合わせをご紹介します。
カラー別のおすすめコーディネートも合わせて取り上げるので、ぜひチェックしてみてください!

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、臨時休業あるいは営業時間の変更等の措置を取っている店舗・施設がございます。


お出かけ前に、店舗・施設の公式HPやSNS等で最新情報のご確認をお願い致します。


【目次】流行りのペールトーンってどんなカラー?人気カラー別のコーディネートもチェック

 

ペールトーンとは

ペールトーンのアイテムを使ったスタイリングのコツ

1. ワンピース×ニットのコンビで境界線をあいまいに

2. 白のパンツはペールトーンと好相性

3. ドレスライクなワンピースを1枚でさらりと着こなす

4. 初心者さんは小物からトライ

5. センタープレス入りのパンツできれいめに

ペールトーンのカラー別おすすめコーデをピックアップ

1. 知的な印象を与えるグリーン

2. 爽やか&クールなブルー

3. 程よい甘さのあるピンク

4. フレッシュ&ヘルシーなイエロー

5. 肌の透明感がアップするパープル

定番を旬の着こなしにアップデート!

 

ペールトーンとは

 

 

PALE(ペール)を日本語訳すると淡いという意味で、ペールトーンとは淡い色調のカラーのことを指します。

彩度・明度ともに低く、ぼやけたようなカラーです。

 

似たような言葉で使われるパステルカラーは、画材のパステルで描いたような淡い色彩のことを指します。

パステルカラーに明確な基準はなく、淡い色のことを総称してパステルカラーと呼ぶこともあります。

 

つまり、ペールトーンもパステルカラーに含まれ、大きな違いはありません。

2019年の春夏ごろから注目を集め始めたペールトーンは、コーディネートに取り入れるだけでこなれ感とトレンド感のある着こなしを楽しめます。

 

次項にペールトーンを上手に取り入れるコツや、おすすめの合わせ方を紹介するので参考にしてみてください♪

 

※パステルカラーの関連記事:  パステルカラーのおすすめコーデを色別に紹介!

 

 

ペールトーンのアイテムを使ったスタイリングのコツ

 

どこか儚げでアンニュイな雰囲気もあるペールトーンを、おしゃれに取り入れるにはどうすれば良いでしょうか。

スタイリングのコツやポイント、失敗しにくい組み合わせなど、ペールトーンをおしゃれに着こなすhow-toをご紹介します!
 

1. ワンピース×ニットのコンビで境界線をあいまいに

 

 

シアー素材のペールトーンのワンピースに、ニットやカットソーをレイヤードすると、周りと差がつくワンランク上のスタイリングに。

トップス×ボトムのワンツーコーデもありですが、画像のようなレイヤードで境目をあいまいにすることによって、しなやかかつ女性らしいラインを作れるのがポイントです。

 

濃淡がはっきりした組み合わせでコーディネートに奥行きを出すのもあり、淡いカラーを組み合わせてフェミニンな着こなしに仕上げるのも良いでしょう。

 

2. 白のパンツはペールトーンと好相性

 

 

白のパンツはどんなペールトーンのカラーでも合わせやすく、清潔感のある上品な着こなしに仕上げられます。

ジーンズよりカジュアルになりすぎず、きちんと感を演出できるのも魅力です。

 

パフスリーブやスタンドネックなど女性らしさを底上げできるアイテムをトップスに選んで、レディな印象を与えるのも、パーカーやカットソーでカジュアルにまとめるのもおすすめです。

 

3. ドレスライクなワンピースを1枚でさらりと着こなす

 

 

コーディネートが苦手な人は、ワンピースをさらりと1枚で着こなすのがベター。

ティアードやプリーツ、ワッシャー加工などを施した動きのあるシルエットなら、1枚でも様になりますよ。

 

大振りのアクセサリーや、エッジのあるバッグでアクセントを加えるのも◎

 

4. 初心者さんは小物からトライ

 

 

ペールトーンが自分に似合うか不安な人や、取り入れるのにちょっと勇気がいる人は、小物から挑戦してみてはいかがでしょうか。

ストールやバッグ、帽子などさりげないアクセントになるアイテムなら、大きな失敗はありません。

 

秋冬の季節なら、寒さ対策にもなるマフラーやニット帽がおすすめですよ♪

 

▼ストール・マフラーの関連記事

・  いくつもある「ストール」の巻き方をマスター!ストールでいつものコーデを格上げしてみよう♪

・  マフラーの巻き方おすすめ10選!おしゃれにマフラーを巻いて行こう♪

 

5. センタープレス入りのパンツできれいめに

 

 

ペールトーンのセンタープレス入りパンツは、どんなカラーでもきれいめなスタイリングに仕上がります。

プライベートはもちろん、オフィスカジュアルにも◎

 

カットソーやスエットなどラフなアイテムと合わせても、カジュアルになりすぎずリラックス感のある着こなしを楽しめるのも魅力です。

 

 

ペールトーンのカラー別おすすめコーデをピックアップ

 

ここからは、代表的なペールトーンをピックアップし、カラー別のおすすめコーデを紹介します。

 

1. 知的な印象を与えるグリーン

 

今最も注目を集めているグリーンは、まず押さえておきたいカラー。

知的で上品な印象を与えられるカラーですよ♪

 

シアー感のあるワンピースをニットでカジュアルダウン

 

 

程よい透け感と裾のフレアラインが印象的なワンピースに、ニットをレイヤードしたコーディネート。

ドレスライクなワンピースに、ニットを合わせてカジュアルダウンすれば、甘さが押さえられてバランスが整います。

 

グリーン×ホワイトのツートーンでミニマルにまとめて、上品に着こなすのが◎

スクエアトゥのショートブーツでトレンド感のある足元に仕上げるのも、スニーカーでラフなニュアンスをプラスするのもおすすめです。

 

定番ジーンズで大人カジュアル

 

 

シアーシャツに、ストレートジーンズを合わせたワンツーコーデ。

ペールトーンのシアーシャツは、取り入れるだけで余裕のある大人の佇まいを演出できます。

 

ジーンズと合わせてもカジュアルになりすぎず、上品な着こなしに仕上げられるのも嬉しいポイント。

白のフラットシューズでコーディネートをぐっと引き締めれば、メリハリのある大人カジュアスタイルの完成です。

 

※シアーシャツの関連記事:  「シースルートップス」の着こなしポイント&おしゃれコーデ集

 

2. 爽やか&クールなブルー

 

凛とした女性らしい印象を与えるブルーも人気カラーのひとつ。

春夏はもちろん、暗くなりやすい秋冬コーディネートに取り入れて、明るさと爽やかさをプラスするのもおすすめです。

 

グレーパンツでシックに

 

 

ブルーのペールトーンは、グレーと好相性。

爽やかな印象を与えるブルーと、シックなイメージのあるグレーという相反するカラーが絶妙にマッチし、コーディネートにメリハリを与えます。

 

パフスリーブや、袖にボタンが施されたエッジのあるアイテムなら、シンプルなコーディネートでも物足りなさを感じず、周りと差がつくワンランク上のスタイリングに♪

オフィスカジュアルにも取り入れやすいカラーの組み合わせです。

 

キャミワンピースでクール&フェミニンに

 

 

ブルーのカットソーに、程よいツヤとハリのあるキャミワンピースをレイヤード。

ブルーがもつクールなイメージと、キャミワンピースのフェミニンな雰囲気がバランスよくマッチしたコーディネートです。

 

無駄を省いたシンプルなアイテムを組み合わせが、逆に品のある大人っぽい着こなしを実現しています。

コーディネートが苦手な人でも挑戦しやすいので、ぜひトライしてみてください♪

 

※合わせて読みたい:  カットソーで楽におしゃれを楽しもう!着こなしのコツ&失敗しない選び方も解説

 

3. 程よい甘さのあるピンク

 

ピンクは取り入れるだけで、フェミニンなスタイリングが完成するカラー。

程よい甘さがありながら、ガーリーになりすぎず大人の女性でも取り入れやすいのが魅力です。

 

プリーツパンツでモードとフェミニンを両立

 

 

シアーシャツに、プリーツパンツを合わせたトレンド感たっぷりのスタイリング。

トップスはフェミニン、ボトムはモードな印象を与えるアイテムをそれぞれ、1:1の配分でバランスよく取り入れているのがポイントです。

 

女性らしさは残しつつ、ちょっぴりメンズライクなニュアンスのある旬の着こなしを実現しています。

シアーシャツもプリーツパンツも今季の人気アイテムなので、気になった人はぜひ取り入れてみてください。

 

甘さのあるカーディガンをパンツでクールダウン

 

 

ガーリーなカーディガンは、マニッシュなワイドパンツで甘さを軽減するのがおすすめ。

ピンク×ホワイトの女性らしい印象を与えるコンビで、カジュアルになりすぎずバランスの良いコーディネートに仕上がります。

 

もう少し甘さを押さえたい人は、スニーカーでラフな足元にしたり、トートバッグなどのカジュアルアイテムを合わせるのが◎

動きやすさも兼ね備えているので、アクティブなデートにもぴったりですよ♪

 

▼合わせて読みたい

・  簡単で素敵な「マニッシュコーデ」を紹介♪定番アイテムを組み合わせるだけでスタイリッシュに

・  今ファッションに取り入れたい話題のトートバッグ!可愛いデザインやおすすめのコーディネート特集♪

 

4. フレッシュ&ヘルシーなイエロー

 

特に春夏のコーディネートに重宝するイエローも要チェック!

コーディネートに取り入れるとフレッシュ&ヘルシーな印象を与えられます。

 

大人でも楽しめるガーリーな着こなし

 

 

ジャガード調の生地感が目を引くセットアップに、イエローのカーディガンを投入。

ガーリーなカーディガンでも、エッジのあるセットアップのおかげで幼く見えず、大人っぽい着こなしに。

ハイウェストで脚長効果を狙いつつ、メリハリを出しているのもポイントです。

 

足元は膨張しやすい淡いカラーを、黒のブーティーで引き締めるのが良いでしょう。

 

チェックシャツでメンズライクに

 

 

黒のチェックシャツに、イエローのカラーパンツを合わせたスタイリング。

子供っぽい印象になりやすいチェックシャツでも、品のあるパンツと合わせることによって大人っぽく着こなせますよ。

 

チェックシャツもイエローのカラーパンツも今季のトレンドアイテムなので、コーディネートに投入すれば誰でも簡単に旬のスタイリングを楽しめます。

 

※チェック柄の関連記事:  四季に合わせたおすすめのチェック柄コーデを紹介!

 

5. 肌の透明感がアップするパープル

 

パープルは、別名ラベンダーカラーとも呼ばれています。

肌がワントーン明るくなり、クリアな表情を作れるのも嬉しいポイントです。

 

可憐で儚げな印象を与えたい人や、女の子らしい着こなしに仕上げたい人はぜひ取り入れてみてください。

 

きれいめパンツでパーカーをクラスアップ

 

 

パープルのパーカーに、ホワイトのパンツを合わせたカジュアルコーデ。

ラフな印象になりやすいパーカーですが、きれいめなパンツとペールトーンのおかげで、程よい甘さと抜け感のある着こなしに。

 

ペールトーンのトップスは透明感のある肌に見えるため、赤いやビビットなリップなど普段取り入れにくいリップカラーが映えるのも嬉しいポイントです。

 

明暗の絶妙バランスで周りと差をつける

 

 

ノーカラーブラウスに、ブラックパンツを合わせたクラシックなスタイリング。

明暗の絶妙バランスがコーディネートに奥行きを与え、個性的だけど品のある着こなしを実現しています。

 

あいまいなカラーであるペールトーンにメリハリを加えてシャープに見せたいなら、ダークトーンとの組み合わせがおすすめですよ。

 

 

定番を旬の着こなしにアップデート!

 

 

ペールトーンはどんなアイテムでも取り入れるだけで、女性らしさとトレンドを両立できます。

普段は春夏のトレンドですが、2020年は秋冬も引き続き人気なので、ぜひコーディネートに取り入れてみてください。

 

カットソーやパンツ、ブラウスなどの定番アイテムでも、ペールトーンにすることで旬の着こなしへとシフトチェンジできます。

ペールトーンをワードローブに迎えて、トレンド感のあるおしゃれなスタイリングを楽しみませんか?

 

▼合わせて読みたい

 

・  「くすみカラー」ってどんな色?くすみカラーを使ったコーデやコツを紹介♪

・  「カラーコーディネート」の方法を知ってハイセンスな女性に♪ 基礎知識からおすすめコーデまで紹介

・  パーソナルカラーって何?あなたに合う服の選び方とタイプ別おすすめコーデ

・  センス良く見える「モスグリーン」!シーズン別におすすめコーデを紹介

・  おしゃれに見えること間違いなし!おすすめのネイビーコーデを季節別にご紹介

・  「テラコッタ」のおすすめコーデ!組み合わせやすいカラーを使って着こなそう♪

・  カーキ色に合うおすすめコーデを季節別に紹介!簡単に大人スタイルになれる♪


フォローして最新記事をチェック!



検索

カテゴリ一覧

ファッション(334)
   着回し/コーデ(77)
   髪型/ヘアスタイル/ヘアアレンジ(56)
   眼鏡/コンタクト/カラコン(7)
メイク・コスメ(382)
   ベースメイク(33)
   アイメイク(51)
   リップ/グロス(26)
   ネイル(13)
   コスメブランド/メーカー(187)
美容(142)
   スキンケア(78)
   髪/シャンプー/リンス/コンディショナー(39)
   石鹸/ソープ/洗顔料(11)
   ダイエット(8)
健康(70)
   健康食品/サプリメント/プロテイン(13)
   スポーツ/運動/トレーニング(8)
   冷え/温活(4)
ライフスタイル(224)
   生活雑貨/生活用品(21)
   お祝い/ギフト/プレゼント(21)
   趣味(9)
   お出かけ/観光/旅行/デート(34)
   妊娠/出産/子育て(3)
   家庭菜園/ガーデニング(4)
インテリア(66)
   内装/レイアウト(5)
グルメ(88)
   カフェ/喫茶店/ドリンク(30)
   ケーキ/お菓子/スイーツ/パティスリー/パン(27)
   レシピ(28)
アート/カルチャー(35)
   写真/カメラ(8)
   ハンドメイド/クラフト(14)

スキンケア

エイジングケア(43)
保湿(178)
美白(44)
乳液(35)
クリーム(102)
オイル(24)
化粧水(105)
美容液(85)
基礎化粧品(120)
ニキビ(19)
毛穴ケア(33)
角質ケア(42)
肌荒れ(23)
くすみ(46)
クマ(10)
たるみ(20)
ハリ不足(37)
スペシャルケア(115)
セルフケア(52)
UV対策(39)
日焼け対策(30)
日焼け止め(12)
しわ(12)
洗顔/クレンジング(67)

肌質

乾燥肌(109)
敏感肌(85)
脂性肌(33)
混合肌(26)

コスメ/メイク

ツヤ肌(119)
マット肌(51)
ミネラルコスメ(50)
デカ目(62)
小顔(3)
韓国(69)
化粧(177)
ポイントメイク(194)
メイクテク(86)
ナチュラルメイク(143)
美肌(130)
メイク道具(30)
化粧下地/ファンデーション/コンシーラー(114)
テカリ防止(19)
アイメイク(130)
リップ/グロス(120)
チーク(70)
カラーメイク(34)

ファッション

春コーデ(95)
夏コーデ(91)
秋コーデ(105)
冬コーデ(105)
スタイル(213)
テイスト(195)
シーン別(50)
大人コーデ(137)
カジュアル(130)
綺麗め(145)
フェミニン(104)

年代別

10代(4)
20代(13)
30代(14)
40代(8)
50代(5)

恋愛

片思い(25)
男性心理(42)
カップル(36)
恋愛観(45)
恋愛テクニック(47)
モテ仕草(4)

ヘアスタイル

ショートヘア(41)
ロングヘア(45)
セミロング(42)
ボブ(45)
スタイリング(69)
ヘアケア(69)
ヘアカラー(26)
ヘアアクセ(20)

ライフスタイル

ホームパーティー(22)
グルメ/レシピ(121)
ヘルシー(46)
運動(20)
筋トレ(8)
リラックスタイム(41)

人気記事ランキング