logo

Top > ファッション > 着回し/コーデ

「テラコッタ」のおすすめコーデ!組み合わせやすいカラーを使って着こなそう♪






テラコッタはイタリア語で「焼いた土」という意味を持つ言葉で、陶器や素焼きの鉢植えのような色を指します。
ただ、いざコーデに合わせようと思っても「テラコッタだけが浮いている感じがする」という方もいるかもしれません。

今回は、テラコッタカラーを使ったおすすめコーデや、テラコッタカラーと組み合わせたい色、おすすめアイテムをご紹介します。
ポイントを押さえて、コーデを明るくしつつ落ち着いた印象も演出してくれる、大人カラーのテラコッタを上手に着こなしましょう♪

【目次】「テラコッタ」のおすすめコーデ!組み合わせやすいカラーを使って着こなそう♪

 

「テラコッタ」ってどんな色?

テラコッタを初めて取り入れるなら、どんなアイテムから取り入れるべき?

シンプルなトップスが多めの方には「ボトムス」がおすすめ

幅広いコーデにマッチさせるなら「トップス」

統一感重視なら「オールインワン」や「ワンピース」

春〜秋口まで使えるアイテムをお探しなら「カーディガン」

アクセントとしてテラコッタを使うなら「シューズ」

顔まわりを明るく演出したいなら「イヤリング」や「ピアス」も良いです

テラコッタカラーと相性が良いカラーは?コーデもチェック!

ホワイト×テラコッタ

ブラック×テラコッタ

ネイビー(デニム)×テラコッタ

カーキ×テラコッタ

ベージュ×テラコッタ

テラコッタのワントーンコーデもあり

テラコッタカラーに似合う色で失敗なしの旬コーデに

 

 

「テラコッタ」ってどんな色?

 

テラコッタ

 

テラコッタは、イタリア語で「焼いた土」という意味を持ち、陶器や素焼きの鉢植えのような色を指します。

茶色がかったオレンジを「テラコッタ」と呼ぶこともあります。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Van (& Félix) (@fleurmaison) on

 

レンガ色=テラコッタと思われがちですが、実際のテラコッタ色はもう少し薄めのオレンジカラー。

私たち日本人にも肌なじみが良いカラーで、実は普段のファッションにも取り入れやすいカラーとも言われています。

 

また、カラー自体も中性的なので、女性だけでなく男性にも好評です。

カップルでテラコッタコーデを楽しんでみるのも良いでしょう。

 

 

テラコッタを初めて取り入れるなら、どんなアイテムから取り入れるべき?

 

テラコッタカラーのアイテムを使ってみたいけれど、どういったものをコーデに取り入れるか悩んでしまいますよね。

ここからは、おすすめのアイテムをご紹介します。

 

シンプルなトップスが多めの方には「ボトムス」がおすすめ

 

 

無地などのシンプルなトップスが多い場合は、パンツやスカートといったボトムスから取り入れてみるのがおすすめです。

特にベーシックなシルエットを選んでおくと使い回しができます。

 

幅広いコーデにマッチさせるなら「トップス」

 

 

テラコッタカラーのトップスは、タンクトップやキャミソールであればインナーとして、Tシャツを使えばそれ1枚だけでトレンド感あるコーデを作りやすくなります。

無地のものを選んでおけば、コーデジャンル問わず使うことができます。

 

統一感重視なら「オールインワン」や「ワンピース」

 

 

1枚あれば良いアクセントになるオールインワンやワンピース。

素材によっては秋まで使うこともできて、季節感あるコーデも可能になります。

「テラコッタを着るとなんだか膨張して見える気がする…」という方は、ウエスト周りをマークしやすいものをはじめ、Vネックやスクエアネックなどの首回りがすっきりとしたデザインのものを選ぶのがおすすめです。

 

春〜秋口まで使えるアイテムをお探しなら「カーディガン」

 

 

春夏コーデに使うと良いアクセントに、秋冬コーデに使うと温かみと季節感を一緒に演出できるテラコッタカラー。

通年テラコッタを使いたいなら、コーデ・季節問わず使えるカーディガンがおすすめです。

寒暖差が大きい日や、紫外線を対策したい日にもぴったりですよ。

 

アクセントとしてテラコッタを使うなら「シューズ」

 

 

普段はモノトーンコーデが多いという方や「トップスで使うよりは小物でテラコッタカラーを取り入れたいな」という方におすすめなのがシューズです。

サンダルからパンプスまで、あらゆるブランドがテラコッタカラーのシューズを販売しています。

明るめのテラコッタカラーであればブラックコーデのアクセントに、ブラウン寄りのテラコッタカラーであれば落ち着いた印象になります。

 

顔まわりを明るく演出したいなら「イヤリング」や「ピアス」も良いです

 

 

小物好きさんの間ではテラコッタカラーのアクセサリーも人気です。

肌なじみの良いカラーなので、お肌のトーンにマッチしたアクセサリーを選んでみてください。

 

 

テラコッタカラーと相性が良いカラーは?コーデもチェック!

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by uno (@unobox) on

 

ここからは、テラコッタと相性が良い色とおすすめのコーデをご紹介します。

 

ホワイト×テラコッタ

 

ニュートラルなホワイトは、テラコッタをより明るくフレッシュに見せてくれるカラーです。

「テラコッタって、夏に合わせるとちょっと重たくなりそう…」と思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、白を多めに使うことで夏でも爽やかさを演出することができます。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by ikspiari_collage (@ikspiari_collage) on

 

シンプルなコーデですが、小物を少し変えるだけで印象も大きく変わります。

トープ色のパンプスもテラコッタをきれいに引き立てています。

綺麗めのコーデですが、スニーカーを使ってカジュアルダウンしても良いでしょう。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Ebony And Ivory By Manal Damer (@ebonyandivorylb) on

 

こちらはテラコッタベースのパターンセットアップ。

無地テラコッタコーデだけでなく、あえて柄物をさらりとシンプルに着こなすのも素敵ですよね。

足元はホワイトのサンダルで、シンプル&ナチュラルにコーディネートしています。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by momoka (@_osamomo) on

 

ゆるっとしたクリームカラーのジャケットカーディガンと、ストンとしたストレートシルエットのロングパンツ。

どちらもシルエットがすっきりとしたアイテム同士なので、薄めカラーのトップスとボトムスで着膨れして見えません。

バッグにテラコッタと同系色ながら深みのあるブラウンをあしらい、全体を引き締めているのもおすすめのポイントです。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by JEANASIS姫路店 (@jeanasis_himeji) on

 

秋が深まってきたら、こちらのような生成色のシャツ&ニットベストに茶色寄りのテラコッタカラーを使うと季節感のあるコーデに。

同じニット素材でブラックなどの濃色を使うと重たく感じますが、ホワイトを使うことで軽減されています。

 

ブラック×テラコッタ

 

テラコッタにブラックを組み合わせると、カジュアルなコーデでもシックに演出しやすくなります。

普段モノトーンコーデを楽しんでいる方は、ベルトやバッグなどの小物を組み合わせてアクセントにしてみるのもおすすめです。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by ...𓆸 ᏟᎻᏌᎷᏐ 𓆸... (@chamiii03) on

 

スキッパーシャツでゆるっとさせたトップスに、ブラックのスキニーとブーツで引き締めたコーデ。

上半身のシルエットと下半身のシルエットを全く違う色調&サイズ感でコーディネートすると、コーデがより一層と引き締まります。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Linen goods (@mybluemeadow) on

 

モノトーンでコーディネートしたトップスとボトムスに、鮮やかなテラコッタストールをON。

組み合わせ自体はシンプルなのですが、明るいテラコッタを持ってくるだけで華やかさが大きくプラスされます。

普段のジャケパンの通勤着に、テラコッタカラーの小物を組み合わせて少し華やかにしてみるのも良いかもしれません。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by ユニクロ好き✳︎みなみ (@moimomomomoi) on

 

テラコッタのオールインワンとレッドのカーディガンの同系色コーデ。

シューズにブラックを持ってくることで、足元がスマートに見えますね。

あえて足首が見える丈感のパンツに甲部分が大きく開いたパンプスを合わせているため、脚長効果も抜群です。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by MAKELET LYON (@makeletlyon) on

 

こちらもトップスとボトムスのコントラストが美しいコーデ。

トップスをウエストマークしてコンパクトに見せているため、テラコッタのフレアスカートを合わせてもかっちり感があります。

シューズはホワイトとシルバーで、全体のカラーバランスが重たすぎず軽すぎないちょうど良いバランスに保たれているのも良いポイントです。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by 髙﨑 モモコ Momoko Takasaki (@momoko_takasaki) on

 

冬〜初春のコーデというと黒やグレー一辺倒になりがち。

しかし、テラコッタワンピースを合わせることで冬でも華やかなコーデになります。

ジャケットにボリュームがあるとバランスを取るのが難しいのですが、薄手の素材をインナーに選べばちょうど良いシルエットでコーデが楽しめます。

 

ネイビー(デニム)×テラコッタ

 

一見派手に見えそうなカラーコンビですが、温かみのあるほっこりしたテラコッタカラーと、上品なネイビーのコンビは知的な印象を与えます。

ネイビーといえば、デニムのインディゴ色もテラコッタと好相性。

カジュアルダウンにぴったりですよ。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by 𓇼 noriko nakamura 𓇼 (@noriko_nnnnn) on

 

きれいめシルエットのテラコッタのレースTシャツと、カジュアルなデニムワイドパンツで爽やかな装いに。

こちらのようなレースシャツは、ジャケットのインナーとして使うのもおしゃれですね。

 

レースシャツとジャケットを組み合わせてオフィスコーデとして生かすのも良いでしょう。

あえてデニムを合わせることで、素敵にカジュアルダウンできています。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by asa (@asagram.jp) on

 

テラコッタカラーのバッグとパンツがネイビーのトップスに美しく映えています。

ネイビーを活用したテラコッタカラーコーデでは、薄めカラーのテラコッタを使うとネイビーの青みがより引き立てられます。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by アントワープ須磨板宿店 (@antwarp_suma_itayado) on

 

薄手のテラコッタシャツカーディガンとデニムの濃色コントラストで、メリハリの効いたコーデです。

ネイビーのクロップドパンツとパンプスを合わせて、きれいめに仕上げるのもアリですね。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by ☆あっこ☆ 155㎝👯💕(37) (@akko0718) on

 

ネイビーよりも明るいトーンのウォッシュドデニムに、切りっぱなしタンクトップを合わせるとカジュアルな印象になります。

夏らしく、ウッドハンドルのコットンバッグとパイソン柄のスリッポンでリゾート感も満載です♪

 

カーキ×テラコッタ

 

紅葉色にも似ているテラコッタカラーとカーキは、深みのあるカラーコンビで秋にもぴったり。

ボーイッシュなコーデからきれいめコーデまで幅広く対応させることができますよ。

 

 

カーキというとカジュアルな印象がありますが、かっちりフォルムのジャケットとフェミニンなフレアスカートを合わせれば、秋色のきれいめコーデのできあがりです。

カーキとテラコッタの中間色・ブラウンをパンプスにあしらうことで、カラー同士が自然に調和しています。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Rumina (@rumina.select.shop) on

 

同じようなカーキジャケットでも、オーバーサイズシルエットのものを合わせるとカジュアルな街歩きコーデに。

ハイウエストパンツにテラコッタトップスをタックインすれば、ビッグシルエットながらすっきりとした着こなしが楽しめます。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by yuna heishi (@yuna_8328) on

 

先ほどのコーデと同じようなジャケットコーデですが、インナーにオレンジ寄りテラコッタシャツを選ぶとさらに全体が鮮やかに仕上がります。

薄めのテラコッタとホワイトを合わせると、シルエットによってはぼんやりしてしまいがち。

しかし、鮮やかな色彩のテラコッタを選べば、カーキ色が薄くてもスパイスの効いたコーデが楽しめます。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by macana% (@macana10969) on

 

トップスもボトムスも同じような質感を使った大人っぽいコーデ。

どちらも明度が同じくらいで、目にもやさしいカラーリングになっています。

 

えり部分を少し開いて肩部分を開けることで、こなれたコーデに。

ボトムスはタイトめのパンツで、シルエットにメリハリをつけても素敵ですね。

 

ベージュ×テラコッタ

 

あらゆるカラーの中でも、テラコッタと特に相性が良いのがベージュ。

同じアースカラーで、お互い邪魔しにくいのが魅力です。

 

 

小物を含めた全体カラーをベージュや生成色でまとめ、ワンアイテムのみテラコッタで組み合わせたコーデ。

ほぼベージュで構成することで、テラコッタの鮮やかさがさらに際立って見えます。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Lina (@linselfportrait) on

 

テラコッタのサマーワンピースには、サンダルをプラスしたくなるところですが、あえてベージュのブーツを合わせることでこなれたコーデになります。

デニムシャツも羽織れば、フォークロアなコーデも楽しめます。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Misa Motohashi/元箸みさ (@m_style_motohashi) on

 

ボートネックカットソーとフレアスカートの定番コーデも、テラコッタとベージュでまとめれば大人っぽさ全開に。

腰の高い部分でスカートを履きこなせば、スタイルアップも可能になります。

カットソーも、長袖のものもあれば秋口まで楽しめそうなコーデです。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Divinique (@divinique) on

 

秋冬素材のファーと秋色のテラコッタを合わせた、季節感ある秋冬コーデです。

プリーツが細かいスカートを使うと、テラコッタの濃淡がとても美しく見えます。

足元はタイトなショートブーツを合わせ、ボトムス全体を引き締めてみるのもおすすめです。

 

 

テラコッタのワントーンコーデもあり

 

ここからは、ワントーンコーデのコーデをご紹介します。

ワントーンでも、濃淡を変えてコーデ、同じトーンのものを使ってセットアップ風になど、色々な組み合わせが楽しめますよ。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by _aoi0408 (@_aoi0408) on

 

肌とほぼ同じトーンのテラコッタトップスとややくすんだトーンのテラコッタスカート。

ホワイトのバッグが夏らしい爽やかなアクセントになっています。

足元にもホワイトを使うと、さらに統一感もアップします。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by 川本 莉央 (@__karin19) on

 

先ほどのコーデと同型のスカートを使ったコーデ。

Tシャツを合わせてカジュアルダウンさせると、街歩きにもぴったりなカジュアルなコーデに仕上がります。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Josie Elles (@fit_in_flats) on

 

マルシェバッグにレースのテラコッタカットソーを合わせると、まるで南の国に遊びに来たパリジェンヌのような雰囲気になります。

全体をふわりとしたアイテムでまとめているので、リラックスした休日やリゾートにもぴったりのコーデです。

今期のトレンドをさりげなくおさえているペールトーンのスカートもポイントです。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by もえぴ (@moooepipipi) on

 

変形ワンピースとパンツを使ったレイヤードコーデ。

インナーにネイビーをプラスして、同色だとのっぺりしがちなコーデに奥行きを与えています。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by chankada (@kadadeta) on

 

レイヤードコーデは「同系色コーデには自信がない…」という方にもおすすめです。

例えば、こちらはブラウン寄りテラコッタのインナーとオレンジ寄りテラコッタのパンツコーデ。

こちらのように、上からホワイトのシャツを重ねるといった着こなしで、こなれ感を演出するのもアリですよ。

 

 

テラコッタカラーに似合う色で失敗なしの旬コーデに

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by おかじまさん (@pual_okaji) on

 

テラコッタカラーを取り入れるのにおすすめのアイテムや、おすすめコーデをご紹介しました。

テラコッタカラーは、カーキやベージュなどの「アースカラー」、ブラックやホワイトなどの「ニュートラルカラー」といったベーシックカラーとの相性が特に良いのが特徴。

 

ベーシックなカラーをさらに美しく見せてくれるので、どなたでもテラコッタでコーディネートを気軽に楽しめるはずです。

旬のテラコッタをベーシックカラーと組み合わせて、いつものコーデをより大人っぽく彩り豊かに楽しんでみてください。


フォローして最新記事をチェック!



検索

カテゴリ一覧

ファッション(59)
   着回し/コーデ(22)
   髪型/ヘアスタイル/ヘアアレンジ(14)
   眼鏡/コンタクト/カラコン(3)
メイク・コスメ(117)
   ベースメイク(14)
   アイメイク(18)
   リップ/グロス(12)
   ネイル(6)
   メーカー/ブランド(50)
美容(73)
   スキンケア(46)
   髪/シャンプー/リンス/コンディショナー(14)
   石鹸/ソープ/洗顔料(6)
   ダイエット(3)
健康(35)
   健康食品/サプリメント/プロテイン(9)
   スポーツ/運動/トレーニング(3)
   冷え/温活(4)
ライフスタイル(127)
   生活雑貨/生活用品(15)
   ギフト/プレゼント(12)
   趣味(6)
   お出かけ/観光/旅行/デート(22)
   妊娠/出産/子育て(2)
   家庭菜園/ガーデニング(3)
インテリア(22)
   内装/レイアウト(3)
   DIY(3)
グルメ(40)
   ドリンク/カフェ(16)
   ケーキ/お菓子/パティスリー/パン(8)
アート/カルチャー(14)
   写真/カメラ(3)
   ハンドメイド/クラフト(5)

スキンケア

エイジングケア(4)
保湿(74)
美白(22)
乳液(8)
クリーム(37)
オイル(11)
化粧水(33)
美容液(26)
基礎化粧品(54)
ニキビ(9)
毛穴ケア(14)
角質ケア(21)
肌荒れ(13)
くすみ(21)
クマ(4)
たるみ(5)
ハリ不足(17)
スペシャルケア(37)
セルフケア(13)
UV対策(11)
日焼け対策(9)
日焼け止め(4)

肌質

乾燥肌(70)
敏感肌(51)
脂性肌(19)
混合肌(10)

コスメ/メイク

ツヤ肌(62)
マット肌(39)
ミネラルコスメ(12)
デカ目(30)
小顔(1)
韓国(20)
化粧(56)
ポイントメイク(54)
メイクテク(28)
ナチュラルメイク(60)
美肌(64)
メイク道具(10)
化粧下地/ファンデーション/コンシーラー(1)
リップ/グロス(1)

ファッション

春コーデ(16)
夏コーデ(15)
秋コーデ(19)
冬コーデ(18)
スタイル(34)
テイスト(26)
シーン別(14)
大人コーデ(14)

年代別

10代(1)
20代(6)
30代(7)
40代(3)
50代(2)

恋愛

片思い(21)
男性心理(23)
カップル(24)
恋愛観(24)
恋愛テクニック(31)

ヘアスタイル

ショートヘア(14)
ロングヘア(13)
セミロング(11)
ボブ(14)
スタイリング(20)
ヘアケア(28)
ヘアカラー(8)
ヘアアクセ(6)

ライフスタイル

キッチン用品(15)
ホームパーティー(11)
食生活(77)
ヘルシー(35)
運動(10)
筋トレ(4)
リラックスタイム(1)

人気記事ランキング