logo

Top > ファッション > トップス/シャツ/ブラウス

カットソーで楽におしゃれを楽しもう!着こなしのコツ&失敗しない選び方も解説






カットソーはデイリーウェアとして親しまれていますが、どんなアイテムなのか説明できる人は少ないのではないでしょうか。

普段何気なく着用している1枚の知識を深めれば、コーディネートの幅も広がります。
カットソーはバリエーションが豊富なので、お気に入りを妥協なく選べるのも魅力です。

本記事ではそもそもカットソーとは何かを解説しつつ、選び方やおしゃれに着こなすコツをご紹介。
おすすめブランドやお手本コーディネートもたっぷりお届けします。

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、臨時休業あるいは営業時間の変更等の措置を取っている店舗・施設がございます。


お出かけ前に、店舗・施設の公式HPやSNS等で最新情報のご確認をお願い致します。


【目次】カットソーで楽におしゃれを楽しもう!着こなしのコツ&失敗しない選び方も解説

 

カットソーとは

カットソーの種類と選び方

1. 種類で選ぶ

2. 色で選ぶ

3. ネックラインの種類で選ぶ

4. デザインもチェック

カットソーをおしゃれに着こなすコツ

1. レイヤードで奥行きを出す

2. ジャケット×きれいめボトムで上品に

3. 引き立て役として利用する

カットソーを買うのにおすすめのブランドとアイテム

1. La boutique BonBon(ラブティックボンボン)

【手洗い可】ワッフルドルマンカットソー

2. titivate(ティティベイト)

ハイネックフレンチスリーブカットソートップス

3. natural couture(ナチュラルクチュール)

まるでブラウス見えギャザーフリルカットソー

4. TEMS URBANRESEARCH(アイテムズ アーバンリサーチ)

ツイスト2WAYカットソー

5. KBF(ケービーエフ)

チュールハイネックカットソー

カットソーを使ったおすすめコーデ

1. 真逆のカラーでメリハリを強化

2. ピンクも甘くならない

3. レトロなえんじ色でオーバーオールの鮮度を上昇

4. シンプルなワンツーでも単調にならない

5. カットソーの重ね着アレンジ

6. 同じ素材でセットアップ風にアレンジ

7. バックシャンで大人の色気を漂わせる

8. Iラインシルエットで品よく

9. ジャケットを羽織って適度な緊張感をプラス

10. アーティスティックなボトムでクラスアップ

カットソーで楽におしゃれを楽しもう♪

 

カットソーとは

 

 

カットソーは英語で「cut&sew」。

 

つまり、カットソーとは編物生地を切って縫った洋服の総称で、Tシャツやタンクトップ、ポロシャツもカットソーの仲間です。

シャツやブラウスも生地を裁断して塗っていますが、織物生地をしているためカットソーではありません。

 

ちなみに、編物生地は輪っかになった糸を編んで作っています。

手触りはしなやかで型崩れしにくく、シワになりにくいのが特徴です。

 

一方、織物生地は縦糸と横糸を織って作られたもの。

手触りはパリッとしていてコシがあり、伸縮性がほとんどないなど織物生地と真逆の性質を持ちます。

 

ややこしいですが、シャツ・ブラウス・ニット以外は、ほとんどがカットソーに該当するほどバリエーションが豊富。

袖の長さや着丈、色&デザインで印象はガラりと変わります。

 

 

カットソーの種類と選び方

 

長く愛用できる1着に出会うため、選ぶときに意識したいポイントをピックアップしました。

試着できなくても、下記をチェックすれば大きな失敗はありません。

 

1. 種類で選ぶ

 

前述したように、カットソーとは「編物生地を切って縫った洋服の総称」なので、色々な洋服がカットソーに該当します。

まずは、代表的な種類をおさらいしていきましょう。

 

相性の良いアイテムや着こなし方、どんな人におすすめなのかも一緒にご紹介します。

 

ロンT&Tシャツ

 

 

もっとも汎用性が高く、ロングシーズン着回せるのがロンTとTシャツです。

街へ出かけるおしゃれ着としてはもちろん、オフィスカジュアルにも部屋着としても幅広く活躍します。

 

また、ジャンパースカートやサロペットのインナーとしても頼れる1枚ですね。

ボトムを選ばないのも嬉しいポイントです。

 

※Tシャツの関連記事:  白Tで定番もトレンドも叶える!白Tを着こなしすコツ&シーズン別おすすめコーデ10選

 

パーカー

 

 

メンズライクな着こなしを楽しみたい、もしくは緊張感のないルックスに仕上げたいときはパーカーがおすすめです。

チュールや花柄スカートなど、甘さのあるボトムを引き算してバランスを整えたいときにも重宝します。

 

ちょっとそこまでのお買い物や部屋着としても◎

 

※パーカーの関連記事:  1着あれば使える!パーカーの着こなし術&お手本コーディネート

 

ワンピース

 

 

動きやすさも女性らしさも譲れないときに頼れるのが、カットソーのワンピースです。

1枚で様になるため、楽におしゃれを楽しめます。

 

シャツをたすき掛けしたり、アクセサリーで華やぎを加えたりなどアレンジが効きやすいのも魅力です。

 

2. 色で選ぶ

 

 

黒や白、ベージュなどの定番色はオンオフ問わず着用でき、メインとしても引き立て役としても活躍。

ペールトーンなら今っぽく、ビビットなカラーはモードな装いへと誘導できます。

 

また、春夏はイエロー・オレンジ・グリーンなどのビタミンカラー、秋冬はカーキやブラウンなどのアースカラーを採用すると、旬の着こなしを楽しめますよ。

 

▼ファッション カラーの関連記事

・  流行りのペールトーンってどんなカラー?人気カラー別のコーディネートもチェック

・  「アースカラー」って何色?アースカラーを着こなすポイントやおすすめコーデ

 

3. ネックラインの種類で選ぶ

 

 

カットソーは、ネックラインのデザインによっても印象が変わります。

 

定番のクルーネックは、きれいめにもリラックス感のある着こなしにも対応できる優れもの。

1枚ではもちろん、シャツやブラウスのインナーにもなります。

 

Vネックはシャープな印象を与えられるため、スタイリッシュな着こなしにぴったり。

また、デコルテが美しく見えるボートネックやUネックは、女性らしさを引き上げられます。

 

▼トップス ネックの関連記事

・  「Vネックトップス」はどう着こなすべき?おすすめコーデを紹介♪

・  女性らしいフォルムが人気の「ボートネック」!おすすめアイテム&コーデを紹介

 

4. デザインもチェック

 

 

カットソーはデザインバリエーションも豊富。

無地やワンポイントロゴ、フォトプリントなどは、カットソーが本来持つカジュアル感を生かした着こなしを楽しめます。

 

また、中にはフリルやリボン付きのアイテムも。

リラックスよりフェミニンを優先したい方におすすめです。

 

さらに、ボーダー・アニマル柄・花柄・ドットなどはメインとしてはもちろん、コーディネートにさりげない遊び心をプラスできます。

デザインは、手持ちのワードローブとの相性を考慮して選びましょう。

 

▼ファッション デザインの関連記事

・  ダサいなんて言わせない!「ロゴTシャツ」のおしゃれな着こなし方&おすすめブランド

・  花柄のおしゃれな着こなし方&春夏秋冬別のおすすめコーディネート10選♪

 

 

カットソーをおしゃれに着こなすコツ

 

着心地もよく楽におしゃれを楽しめる半面、一歩間違えると部屋着っぽくなる恐れも。

ここでは、カットソーをおしゃれに着こなすポイントをご紹介します。

 

1. レイヤードで奥行きを出す

 

 

無地のカットソー1枚だと、単調な印象になってしまったりのっぺりしてしまったりしやすく、意外とハードル高め。

どちらかというと上級者向けです。

 

コーディネートに自信がない人は、ニットベストやビスチェをレイヤードしましょう。

奥行きが出て間延びも防げます。

 

色の濃淡をはっきりつけても良いですが、トップスとボトムの色をリンクさせると、コンパクトにまとまって今っぽい仕上がりになりますよ。

 

▼レイヤードコーデの関連記事

・  コーデに幅広く使える!「レイヤード」のコツ、おすすめコーデ

・  ニットベストのおしゃれなコーディネートや着こなしのポイントを解説

・  「ビスチェ」のおすすめコーデ10選!失敗しない選び方&着こなしのコツ

 

2. ジャケット×きれいめボトムで上品に

 

 

カットソーをオフィスカジュアルとして着用する場合は、ジャケットを羽織って適度な緊張感を与えましょう。

 

また、フレアスカートやセンタースリット入りパンツなど上品なボトムを採用すれば、一気にきちんと感が増しオフィスカジュアル仕様に。

タックインでメリハリを強化するのもお忘れなく。

 

▼フレアスカート/パンツ/タックインの関連記事

・  フレアスカートのシーズン別おすすめコーデ10選!おしゃれに着こなすコツも紹介

・  センタープレスパンツで美脚に!着こなしのコツ&トレンドコーデ8選

・  楽々スタイルアップできる「タックイン」のコツ!おしゃれな着こなし方を紹介

 

3. 引き立て役として利用する

 

 

たすき掛けしたり肩に羽織ったり、もしくは腰に巻いたりして、引き立て役にするのもおすすめ。

着崩すことで抜け感が生まれると同時に、こなれ感もぐっとアップします。

 

特にストンと落ちるIラインシルエットや、ふわっと広がるワンピースにアクセントを加えたいときもこのテクニックは有効です。

旬を過ぎてクローゼットに眠ってるカットソーも、小物使いなら活用できますよ。

 

※抜け感の関連記事:  「抜け感」って何?抜け感のあるファッションコーデの作り方も紹介

 

 

カットソーを買うのにおすすめのブランドとアイテム

 

次に、おしゃれなカットソーが見つかるおすすめのブランドと、アイテムをご紹介します。

オンオフ問わず着用できるシンプルなデザインから、主役になるユニークな1枚まで、テイストの異なる5枚をピックアップしました。

 

1. La boutique BonBon(ラブティックボンボン)

 

ラブティックボンボンは、頑張る自分へのご褒美型コンセプトショップ。

「LOVE YOURSELF OF EVERYDAY(自分の毎日を愛そう)」をテーマに、毎日をポジティブに過ごせるアイテムを提案しています。

 

【手洗い可】ワッフルドルマンカットソー

 

 

ドルマンスリーブと、裾のラウンドカットが特徴のワッフルカットソーです。

カジュアルなワッフル素材にドレープ感を出すことで、ドレスライクな1枚に仕上げています。

 

袖の部分は通常より幅を広めにとっているので、こなれ感もアップ。

肌あたりのやさしいコットンで、着心地も良好です。

 

【手洗い可】ワッフルドルマンカットソーの商品情報

 

価格:8,470円(税込)

カラー:2色

サイズ:フリー

 

 

 

2. titivate(ティティベイト)

 

ベーシックにトレンドをミックスした、大人のリラックスカジュアルスタイルを提案。

定番色はもちろん、ニュアンスのあるおしゃれなカラーを採用したアイテムも豊富です。

 

ハイネックフレンチスリーブカットソートップス

 

 

プチハイネックでトレンド感を演出するカットソー。

ストレッチ性に優れた肌触りのよいカットソー素材を使用しているため、アクティブに活動する日も快適に過ごせます。

 

やや長さのあるフレンチスリーブが、二の腕をナチュラルにカバー。

主役にも引き立て役にもなる1枚です。

 

ハイネックフレンチスリーブカットソートップスの商品情報

 

価格:1,639円(税込)

カラー:3色

サイズ:フリー

 

 

 

※合わせて読みたい:  フレンチスリーブで華奢見えを実現!骨格別の着こなし方&おすすめコーデ10選

 

3. natural couture(ナチュラルクチュール)

 

日本を代表する大手アパレルメーカー、PALが展開するファッションブランドのひとつ。

ほどよい甘さとトレンド感をミックスした、大人のカジュアルスタイルを提案します。

 

まるでブラウス見えギャザーフリルカットソー

 

 

Tシャツのような気楽さと、ブラウスの女性らしさを両立できる1枚です。

華やかなフリルがパッと明るく、女性らしい表情へと導きます。

 

マーメイドスカートや、フレアスカートなどフェミニンなボトムと合わせても甘さが前面にで過ぎません。

コットン100%の程よいハリがあるカットソーなので、シルエットが綺麗な一着です。

 

まるでブラウス見えギャザーフリルカットソーの商品情報

 

価格:2,145円(税込)

カラー:3色

サイズ:フリー

 

 

 

4. TEMS URBANRESEARCH(アイテムズ アーバンリサーチ)

 

アーバンリサーチのアイデンティティをベースに、スタンダードで洗練されたウェアを展開するオンラインストア限定ブランド。

手持ちのスタイリングの「軸」にも「アクセント」にもなるアイテムを、手の届きやすい価格帯で提案しています。

 

ツイスト2WAYカットソー

 

 

バックにねじりデザインを施し、大胆なバックシャンが印象的なカットソーです。

カジュアルな素材をレディライクなデザインに落とし込み、日常になじむ1枚に仕上げています。

 

パンツとスカート、どちらとも好相性。

1枚で様になり、女性らしさが引き立つカットソーを求めている人は、ぜひチェックしてみてください。

 

ツイスト2WAYカットソーの商品情報

 

価格:5,390円(税込)

カラー:3色

サイズ:フリー

 

 

 

5. KBF(ケービーエフ)

 

ケービーエフは、株式会社アーバンリサーチが展開するブランドのひとつ。

「LADY MINIMAL」をブランドコンセプトに掲げ主張しすぎないシンプルなデザインと、ミニマルで実用的なスタイルをテーマに、飽きのこないワードローブを提案しています。

 

チュールハイネックカットソー

 

 

さらっとしていて着心地のよい、チュール素材のハイネックカットソーです。

シンプルながらも今っぽいデザインで、旬のレイヤードスタイルを楽しめます。

 

少し大きめのシルエットなので、存在感も抜群。

ロングシーズン着用できるのも魅力です。

 

チュールハイネックカットソーの商品情報

 

価格:5,390円(税込)

カラー:4色

サイズ:フリー

 

 

 

カットソーを使ったおすすめコーデ

 

カットソーを用いたおしゃれなコーディネートをご紹介します。

小物の合わせ方や配色、シルエットなどもぜひ参考にしてください。

 

1. 真逆のカラーでメリハリを強化

 

 

シックな黒×パキッとしたオレンジで構成した、大人レディな佇まい。

真逆のイメージをもつ色でコントラストをはっきりつけ、メリハリが効く黒を相棒に選択すると、ビビッドなオレンジもシックな印象に転換します。

 

カットソーだから変に力まず、リラックスムード漂う装いに。

足元はハイテクスニーカーでスポーティさを足すのも、サンダルでもっと気楽に着地するのもおすすめです。

 

▼プリーツスカート/フラットシューズの関連記事

・  「プリーツスカート」が使える!なりたい印象別におすすめのコーディネートを紹介

・  フラットシューズの選び方&着こなし15選!歩きやすさもおしゃれも譲れない方に

 

2. ピンクも甘くならない

 

 

かわいいに寄りやすい淡いピンクも、カットソーでカジュアルダウンすれば大丈夫。

甘さが程よく軽減され、抜け感のある着こなしに仕上げられます。

 

ホワイト×ピンクのバイカラーに落とし込んでも、ハンサムレディな着こなしに。

タックインでメリハリを強化すると、クールなシルエットに仕上がります。

 

※バイカラーの関連記事:  バイカラーとツートンの違いは?バイカラーをコーデに上手く取り入れる方法を紹介♪

 

3. レトロなえんじ色でオーバーオールの鮮度を上昇

 

 

黒や白、ベージュなどの定番色からえんじのカットソーにスイッチするだけで、オーバーオールが一気におしゃれに。

インナーの色を変えただけなのに、いつもと違う新鮮な印象を与えられます。

 

膨張しやすい白も引き締まって一石二鳥。

小ぶりな黒のポシェットで間のびを防ぎつつ、さらなるメリハリを加えるのも良いですね。

 

※オーバーオールの関連記事:  1年中使える便利な「オーバーオール」♪シーズンごとのおすすめコーデをピックアップ

 

4. シンプルなワンツーでも単調にならない

 

 

ブラウスのように上品なカットソーときれいめパンツなら、シンプルなワンツーでも単調な印象になりません。

むしろ飾らないからこそ、それぞれの魅力が引き立ち、色気のある大人の佇まいが完成します。

 

トップスはタックアウトでリラックスするのも、インで引き締めるのもどちらでもOK。

黒のミュールでシャープに引き締め、素肌を見せてボトムの重さを感じさせないように調節しましょう。

 

5. カットソーの重ね着アレンジ

 

 

白のカットソーに、ボーダーのカットソーを肩掛け。

同じアイテムを重ねるという斬新な発想ですが、メインにも引き立て役にもなれるカットソーだから成立します。

 

トップの広がりを抑えるように黒のパンツを合わせ、ワントーンに落としこめばシックな佇まいに着地。

クリアバッグで夏らしさを高めるのもおすすめです。

 

※ワントーンコーデの関連記事:  ワントーンコーデでさりげなくおしゃれに♪ おすすめレディースコーデをチェック

 

6. 同じ素材でセットアップ風にアレンジ

 

 

敷居が高いセットアップも、カットソー同士の上下ならハードルが下がって、日常にも馴染みます。

トップスがゆったりな分、ボトムはタイトに抑揚をつけるのがおすすめです。

 

フロントインで着崩すのも◎

ブラウンのようなダークグレーにも見える曖昧な色が、こなれ感をアシストします。

 

※セットアップの関連記事:  実は簡単なセットアップコーデ♪ おしゃれな着こなしのコツや選び方、おすすめブランドアイテムをチェック!

 

7. バックシャンで大人の色気を漂わせる

 

 

バックシャンのカットソーは、無条件で大人の色気を漂わせられる1枚。

タイトスカートでしなやかな身体を引き立てるのもアリ、ワイドパンツで肩の力を抜くのもおすすめです。

 

ホワイト×ラベンダーのやさしい配色なら、親しみやすい印象に。

フラットシューズも良いですが、ヒールを合わせるとより色気の漂う着こなしに仕上げられます。

 

▼バックシャン トップス/ワイドパンツの関連記事

・  背中開きトップスで女性らしさを底上げ!コーディネートのコツやおすすめのインナーも紹介

・  華奢見えが叶うワイドパンツの最旬&お手本コーデ集!選び方のコツやおすすめブランドも紹介

 

8. Iラインシルエットで品よく

 

 

ブラック×パープルのミステリアスな女っぽさを演出できる配色。

ストンと落ちるIラインシルエットが、淑女のような気品のある着こなしへ導きます。

 

テイストの異なる色は、タックアウトで境界線を曖昧にして馴染ませても◎

フレアデザインのパンツで縦ラインを強調すると、スタイルアップも望めます。

 

9. ジャケットを羽織って適度な緊張感をプラス

 

 

カットソー×デニムのメンズライクな着こなしに、ジャケットで適度な緊張感をON。

ゆるい上下が引き締まり、親しみやすいかっこよさを実現します。

 

無地でもOKですが、ワンポイントロゴやプリント入りだと遊び心のある大人の着こなしに。

つま先の丸い黒のフラットシューズでコーディネートをやさしく引き締めつつ、女性らしさも引き上げましょう。

 

※デニムの関連記事:  デニムコーデの脱マンネリ!大人カジュアルな着こなしポイントや季節別コーデをチェック

 

10. アーティスティックなボトムでクラスアップ

 

 

シンプルなカットソーに、個性的なスカートを合わせてレディに昇華。

柄とトップスの色をリンクさせて、テイストの異なる上下をなじませるのもおしゃれに着こなすコツです。

 

単体で見ると派手でも、カジュアルかつシンプルなカットソーなら日常使いもしやすくなります。

 

ヒールでレディに着地するのも、サンダルで気楽な足元に仕上げても良いでしょう。

 

 

カットソーで楽におしゃれを楽しもう♪

 

 

カットソーは気楽におしゃれを楽しめて、主役にも引き立て役にもなれる優れものです。

バリエーションが豊富なので、自分好みの1枚を妥協なく選べるのも嬉しいですね。

 

お気に入りを見つけて、ぜひコーディネートの幅を広げてみてください。

 

▼トップスの関連記事

 

・  カラーシャツのおしゃれな着こなし10選!おすすめインナーも紹介

・  【2021年】「白シャツ」コーデ&着こなすコツを紹介!カジュアルもきれいめもこれ1枚でOK

・  グッときれい度アップ♪「スキッパーシャツ」のおすすめ素敵コーデ集

・  【2021年トレンド】クロップドトップスのおすすめ&おしゃれコーデを紹介


フォローして最新記事をチェック!



検索

カテゴリ一覧

ファッション(391)
   着回し/コーデ(87)
   髪型/ヘアスタイル/ヘアアレンジ(76)
   眼鏡/コンタクト/カラコン(9)
メイク・コスメ(454)
   ベースメイク(39)
   アイメイク(67)
   リップ/グロス(29)
   ネイル(13)
   コスメブランド/メーカー(218)
美容(159)
   スキンケア(87)
   髪/シャンプー/リンス/コンディショナー/トリートメント(47)
   石鹸/ソープ/洗顔料(11)
   ダイエット(8)
健康(70)
   健康食品/サプリメント/プロテイン(13)
   スポーツ/運動/トレーニング(8)
   冷え/温活(4)
ライフスタイル(263)
   生活雑貨/生活用品(23)
   お祝い/ギフト/プレゼント(23)
   趣味(10)
   お出かけ/観光/旅行/デート(34)
   妊娠/出産/子育て(3)
   家庭菜園/ガーデニング(4)
インテリア(72)
   内装/レイアウト(5)
グルメ(92)
   カフェ/喫茶店/ドリンク(31)
   ケーキ/お菓子/スイーツ/パティスリー/パン(28)
   レシピ(28)
アート/カルチャー(41)
   写真/カメラ(8)
   ハンドメイド/クラフト(19)

スキンケア

エイジングケア(44)
保湿(206)
美白(45)
乳液(48)
クリーム(121)
オイル(29)
化粧水(132)
美容液(102)
基礎化粧品(147)
ニキビ(22)
毛穴ケア(37)
角質ケア(51)
肌荒れ(29)
くすみ(54)
クマ(10)
たるみ(21)
ハリ不足(40)
スペシャルケア(135)
セルフケア(71)
UV対策(46)
日焼け対策(37)
日焼け止め(16)
しわ(13)
洗顔/クレンジング(89)

肌質

乾燥肌(130)
敏感肌(95)
脂性肌(43)
混合肌(32)

コスメ/メイク

ツヤ肌(134)
マット肌(55)
ミネラルコスメ(57)
デカ目(67)
小顔(5)
韓国(89)
化粧(220)
ポイントメイク(238)
メイクテク(109)
ナチュラルメイク(173)
美肌(150)
メイク道具(34)
化粧下地/ファンデーション/コンシーラー(142)
テカリ防止(22)
アイメイク(169)
リップ/グロス(149)
チーク(92)
カラーメイク(45)

ファッション

春コーデ(109)
夏コーデ(103)
秋コーデ(121)
冬コーデ(124)
スタイル(243)
テイスト(223)
シーン別(52)
大人コーデ(161)
カジュアル(155)
綺麗め(166)
フェミニン(122)

年代別

10代(6)
20代(15)
30代(17)
40代(11)
50代(7)

恋愛

片思い(26)
男性心理(43)
カップル(37)
恋愛観(45)
恋愛テクニック(48)
モテ仕草(5)

ヘアスタイル

ショートヘア(53)
ロングヘア(57)
セミロング(56)
ボブ(57)
スタイリング(89)
ヘアケア(83)
ヘアカラー(32)
ヘアアクセ(24)

ライフスタイル

ホームパーティー(25)
グルメ/レシピ(129)
ヘルシー(49)
運動(22)
筋トレ(8)
リラックスタイム(51)

人気記事ランキング