logo

Top > ファッション > トップス/シャツ/ブラウス

「ビスチェ」のおすすめコーデ10選!失敗しない選び方&着こなしのコツ






流行アイテムのビスチェ。
しかし、「子どもっぽく見える」「合わせ方が分からない」とお悩みの方もいることでしょう。

ビスチェはコーディネート次第で、クールな印象にも、ガーリーな印象にもなる万能アイテムなんです!
本記事ではおすすめのビスチェコーデをはじめ、ビスチェの選び方や着こなしのコツを解説します。

ポイントを押さえれば、ビスチェは一気にコーデに取り入れやすくなります。
ビスチェを上手に使ってトレンドコーデを楽しみましょう。

本ページに掲載のリンク及びバナーには広告(PR)が含まれています。


【目次】「ビスチェ」のおすすめコーデ10選!失敗しない選び方&着こなしのコツ

 

そもそもビスチェとは

ビスチェの種類と選び方

着回しやすさで選ぶなら「ベーシックビスチェ」

おしゃれに決まる「アシメビスチェ」

キュートなイメージなら「太ヒモビスチェ」

カジュアルコーデにぴったり「ニットビスチェ」

セクシーな印象を作る「ストラップなしビスチェ」

ビスチェをおしゃれに着こなすコツ

ビスチェはシャツとの相性抜群

ボトムスは裾が広がるタイプがおすすめ

体にフィットしないビスチェは下に着るトップスを選びやすい

ビスチェがかわいいプランド&おすすめの商品

WEGO(ウィゴー) ニットビスチェ

Kastane(カスタネ)チェックキャミビスチェ

INGNI(イング) フェザーキャミビスチェセットTOPs

【春夏秋冬別】ビスチェを使ったおすすめコーデ

【春夏】チュニックブラウスと合わせた旬コーデ

【春夏】強めの柄シャツもビスチェを合わせるとこなれ感アップ

【春夏】ボリューム袖トップス×ビスチェでフェミニンに

【春夏】Tシャツワンピ×ビスチェでクールコーデ

【春夏】マンネリしやすいTシャツのイメージチェンジにも大活躍

【秋冬】ワンピース×ニットビスチェでロマンチックに

【秋冬】ビスチェのカラーと合わせてあったかワントーンコーデ

【秋冬】インパクトのあるビスチェを主役に

【秋冬】アウターのカラーと合わせてアンサンブル風に

【秋冬】モノトーンでも暗くならないカジュアルコーデ

ビスチェは着回しできるおしゃれアイテム!

 

そもそもビスチェとは

 

ビスチェのアップ

 

ビスチェとは英語で「Bustier」と表記します。

「肩ひものないブラジャー、または下着」という意味があり、語源はフランス語なのだそう。

 

しかし、最近では胸元を覆う服をビスチェと呼ぶようになりました。

肩ひものあるキャミソールタイプのものや、体にフィットした肩ひものないタイプなど、様々なデザインのビスチェがあります。

 

Tシャツやワンピースなど、幅広いアイテムと重ね着を楽しめる最旬アイテムです。

 

 

ビスチェの種類と選び方

 

丈やデザインなどビスチェにはたくさんの種類があります。

代表的な形のビスチェをテイスト別に5つご紹介するので、自分のファッションスタイルに合わせて選んでみてください。

 

着回しやすさで選ぶなら「ベーシックビスチェ」

 

 

胸元がVの字になっているベーシックな形のビスチェは、色々なテイストのファッションに合わせやすいので、1枚持っておくと便利です。

また、肩ひもが細いと肩まわりがスッキリ見えるだけでなく、大人っぽい上品な雰囲気が出ます。

 

ブラウスなどキレイめなアイテムと合わせるとフェミニンに、Tシャツと合わせると大人カジュアルなコーデに仕上がりますよ。

 

おしゃれに決まる「アシメビスチェ」

 

 

片方の肩ひもが違うデザインになっていたり、肩ひもが1本だけのワンショルダーデザインなど、左右の肩ひもの形が異なる「アシメビスチェ」はモードでおしゃれな印象に。

ベーシックなコーデが好きな方、いつものコーデにアクセントをつけたい方におすすめです。

 

無地のシャツやTシャツなどシンプルなアイテムと合わせると、バランスの取れたコーデが完成しますよ。

 

※ワンショルの関連記事:  超優秀アイテム「ワンショル」の魅力とは?おすすめコーデや着こなし術を徹底解説

 

キュートなイメージなら「太ヒモビスチェ」

 

 

肩ひもがしっかりと太い「太ヒモビスチェ」は、ガーリーやキュートなファッションが好きな方にぴったり。

キレイめなアイテムやカジュアルなアイテムも、太ヒモビスチェを加えることで、一気にガーリーな雰囲気に変身します。

 

フレアスカートやパフスリーブトップス、レースブラウスなどと合わせて、思いきりガーリーなコーデを楽しむのも良いですね。

 

▼ガーリーファッションの関連記事

・  フレアスカートのシーズン別おすすめコーデ10選!おしゃれに着こなすコツも紹介

・  大注目の「パフスリーブ」で華奢見え!おすすめコーデや人気ブランドも紹介♪

・  レーストップスの魅力って?選び方や着こなしのコツ、おすすめコーデを一挙紹介!

 

カジュアルコーデにぴったり「ニットビスチェ」

 

 

やわらかいイメージの「ニットビスチェ」はカジュアルコーデが好きな人に最適なアイテム。

肩の落ちたドルマンスリーブのトップスやビッグサイズのTシャツと合わせて、とことんカジュアルに着るのもおすすめです。

 

また、ニットビスチェはワンピースやワイドパンツとの相性も抜群。

普段のコーデにプラスすると、一気に今っぽいコーデに仕上がりますよ。

 

※ワイドパンツの関連記事:  華奢見えが叶うワイドパンツの最旬&お手本コーデ集!選び方のコツやおすすめブランドも紹介

 

セクシーな印象を作る「ストラップなしビスチェ」

 

 

バンドゥビキニのように胸元にフィットし、肩ひものない「ストラップなしビスチェ」は、バストの形をキレイに見せてくれるのが特徴です。

白いTシャツなどシンプルなトップスに合わせるだけでセクシーな印象になるため、女性らしいファッションを楽しみたい方に最適。

 

ストラップなしビスチェはコンパクトなので、バルーン袖のブラウスなど袖にボリュームのあるトップスとも相性が良いでしょう。

 

 

ビスチェをおしゃれに着こなすコツ

 

ビスチェをおしゃれに着こなすコツは、ビスチェと相性がいいアイテムを知ることです。

また、コーデを組むのが苦手な方は、着回し力のあるビスチェを選ぶのがおすすめ。

 

以上の点を踏まえて、着こなしのコツを見ていきましょう。

 

ビスチェはシャツとの相性抜群

 

 

ビスチェはシャツやブラウスとの相性が抜群です。

特にチュニック丈のシャツやブラウスを選ぶと、ビスチェとのバランス感がアップします。

 

クールに着こなしたい方は襟付きのシャツを、ガーリーに着こなしたい方はノーカラーのシャツをチョイスしましょう。

華奢に見せたいなら袖にボリュームのあるブラウスがぴったりです。

 

▼シャツ/チュニックの関連記事

・  【2023年】「白シャツ」コーデ&着こなすコツを紹介!カジュアルもきれいめもこれ1枚でOK

・  「チュニック」とは?ワンピースとの違いからブランド別おすすめアイテムまで紹介

 

ボトムスは裾が広がるタイプがおすすめ

 

 

今っぽいコーデを作るなら、ボトムスはワイドパンツやロングスカートなど裾が広がるボトムスを合わせましょう。

流行のプリーツパンツやプリーツスカート、フレアパンツなどを選ぶと、より流行のコーデに近付きます。

 

特に胸元にフィットするビスチェは裾が広がるボトムスと合わせると、全体のバランスがよく見えるでしょう。

 

▼プリーツパンツ/フレアパンツの関連記事

・  プリーツパンツでこなれ感&スタイルアップを両立!最旬おしゃれコーデ10選

・  レディースコーデに欠かせないおすすめの「フレアパンツ」!参考にしたいコーデも紹介

 

体にフィットしないビスチェは下に着るトップスを選びやすい

 

 

ボディラインを拾わないビスチェは合わせるトップスを選びやすいでしょう。

というのも、体にフィットするビスチェは胸下をキュッと締め付けるため、合わせたトップスの素材によってはもたついて見える可能性があります。

 

もちろん、フィットするビスチェは脚が長く見えたり、女性らしさが出せたりなど、メリットがたくさんあります。

ただ、着回し力を重視するなら体にフィットしないビスチェをセレクトしましょう。

 

 

ビスチェがかわいいプランド&おすすめの商品

 

ビスチェがかわいいブランドとそのブランドのおすすめ商品をご紹介します。

どれもおしゃれなデザインながらも使いやすいアイテムばかりなので、ぜひコーデに取り入れてみてください。

 

WEGO(ウィゴー) ニットビスチェ

 

 

ウィゴーはひと癖あるカジュアルアイテムがプチプラで手に入るブランド。

もちろん流行のビスチェも多数販売しており、どれもシンプルコーデに取り入れるとパッと明るくなるアイテムばかりです。

 

中でもニットビスチェは、カジュアルコーデから大人コーデまで幅広く使えます。

縦ラインを強調できるリブになっているので、さりげないスタイルアップも期待できそうです。

 

WEGO(ウィゴー)ニットビスチェ の商品情報

 

価格:1,099円(税込)

カラー:ワイン、オフホワイト

 

 

 

Kastane(カスタネ)チェックキャミビスチェ

 

 

カスタネのブランドコンセプトは、 “今の気分をmixしたマイスタイルを発見” 。

自分らしさを表現したい全ての人たちに向けて、イノセントでボーダーレスなスタイルを提案してます。

 

バックスタイルが可愛いチェックのビスチェは、さりげない個性をアピールしたい人にぴったりの1枚。

配色が落ち着いているので、大人っぽく着用できます。

 

Kastane(カスタネ)チェックキャミビスチェの商品情報

 

価格:4,400円(税込)

カラー:ブラウン

 

 

 

INGNI(イング) フェザーキャミビスチェセットTOPs

 

 

イングは10代~20代向けのガーリーからカジュアル、大人っぽいシンプルなファッションまで、様々なアイテムが手に入るブランドです。

中でもフェザービスチェはひと癖あるものの、上品に見えるのが魅力。

 

女子会で目立ちたい、一目置かれたいという方におすすめしたいアイテムです。

シアートップスとセットなので、コーデを考える必要がないのも嬉しいですね。

 

INGNI(イング)フェザーキャミビスチェセットTOPs商品情報

 

価格:2,189円(税込)

カラー:グレー・クロ・オフホワイト

 

 

 

【春夏秋冬別】ビスチェを使ったおすすめコーデ

 

ビスチェを使ったおすすめコーデをご紹介します。

春夏、秋冬と季節ごとにご紹介するので、ぜひ1年を通してビスチェコーデを楽しんでみてください。

 

「うまくビスチェを着こなせなくて、ダサいのが悩み……」という人も必見です。

 

【春夏】チュニックブラウスと合わせた旬コーデ

 

 

流行中のチュニックブラウスはボリューム感があるアイテムが多いので、「太って見えるのが悩み」という方もいることでしょう。

 

しかし、ビスチェを合わせて胸下をキュッと締めてあげると、バランスが取りやすくなります。

ボトムスはワイドなデニムパンツでカジュアルダウンしてチュニックブラウスの甘さを引き算すると、大人の余裕を感じるリラクシーな着こなしになりますよ。

 

※カジュアルダウンの関連記事:  カジュアルダウンってなに?言葉の意味や着こなしのポイント、お役立ちアイテムも紹介

 

【春夏】強めの柄シャツもビスチェを合わせるとこなれ感アップ

 

 

柄シャツは1枚で着用すると強めな印象になってしまうので、ビスチェを合わせて柄の面積を減らしましょう。

また、柄シャツのメインカラーと合わせてビスチェも黒を選ぶことで、こなれ感のあるコーデに。

 

マットリップでクールな表情を作ったり、シルバーのシューズを投入して華やぎを加えたりするのもおすすめです。

 

【春夏】ボリューム袖トップス×ビスチェでフェミニンに

 

 

ボリューム袖のブラウスとビスチェを合わせると、フェミニンなビスチェコーデが完成します。

ポイントは、色を多用しすぎないこと。

 

ホワイト×ベージュなど近しいカラーを重ねて、足元はメリハリの効く黒のシューズで引き締めると、子どもっぽい印象になりません。

 

【春夏】Tシャツワンピ×ビスチェでクールコーデ

 

 

デニムのビスチェをクールな雰囲気に仕上げるなら、無地アイテムに取り入れるのがおすすめ。

夏はビビットなカラーを使いたくなるかもしれませんが、白や黒、ベージュなど、大人っぽいものを選びましょう。

 

カジュアルになりがちなTシャツワンピもビスチェを加えると都会的なコーデに変身します。

また、ベルトでウエストマークしたように、キュッとウエストが締まって見えるのも嬉しいポイントです。

 

▼シャツワンピ/ウエストマークの関連記事

・  アウターも重ね着使いもできる!「シャツワンピ」を活用してワンランク上のコーデを

・  ウエストマークでメリハリを♪必要なアイテムやお手本コーデもピックアップ

 

【春夏】マンネリしやすいTシャツのイメージチェンジにも大活躍

 

 

春夏のマストアイテムであるTシャツは着まわしやすい反面、コーディネートがマンネリ化しがち。

そんなときビスチェを1枚レイヤードすると、ガラッと雰囲気を変えられます。

 

シックなブラウンのTシャツ×クリーンな白のビスチェなど、真逆のイメージを持つカラーを組み合わせることでメリハリも強化。

ボトムはシルキーなサテンのパンツで、涼しげな印象に仕上げてみてください。

 

【秋冬】ワンピース×ニットビスチェでロマンチックに

 

 

コンパクトなニットビスチェはシャツワンピとの相性抜群です。

寒い日は上に羽織るよりもインナーにタートルネックを合わせるとニュアンスチェンジにもなり、上品な印象も与えられます。

 

足元はメンズライクなボリュームブーツで、ワンピースの甘さを上手に引き算してみましょう。

 

【秋冬】ビスチェのカラーと合わせてあったかワントーンコーデ

 

 

ニットビスチェは似たようなカラーのニットと合わせると、アンサンブルのような印象に。

ニット×ニットなら真冬もあたたかく過ごせますよ。

 

上半身が明るいカラーならボトムスに締め色を、反対に上半身が暗いカラーならボトムスは明るい色を取り入れてみてください。

 

※ワントーンコーデの関連記事:  ワントーンコーデでさりげなくおしゃれに♪ おすすめレディースコーデをチェック

 

【秋冬】インパクトのあるビスチェを主役に

 

 

モノトーンコーデが多い方はキャッチーなビスチェを1枚持っておくと、コーデのアクセントに使えます。

スパンコールのビスチェはアクセサリーがなくても華やかな印象になり、スウェットなどカジュアルなトップスのクラスアップにも貢献。

 

大胆なスリットの入ったロングスカートで、大人の色気を漂わせるのも良いでしょう。

 

※モノトーン コーデの関連記事:  春夏秋冬別モノトーンコーデ20選!地味に見えない着こなしのコツも紹介♪

 

【秋冬】アウターのカラーと合わせてアンサンブル風に

 

 

ビスチェとアウターの色を合わせると、アンサンブル風のコーデに。

白ブラウスやワイドパンツ、白ローファーなどカジュアルなアイテムでまとめつつ、バッグに差し色を入れるとグッと大人っぽい印象になるでしょう。

 

ヘアーはウェット感を意識して、女性らしさをプラスしてみてください。

 

▼差し色/ウェットヘアの関連記事

・  差し色とはどんな意味?差し色におすすめのアイテムの選び方や組み合わせを紹介

・  【ヘアサロンオーナー監修】濡れ髪でトレンド感のあるヘアスタイルに♪濡れ髪の作り方やアレンジ方法を紹介

 

【秋冬】モノトーンでも暗くならないカジュアルコーデ

 

 

グレーや白、黒というモノトーンカラーでまとめても、1つ1つ主張できるアイテムを取り入れるとおしゃれなコーデが完成します。

フェザーのビスチェはカジュアル感が強いですが、くせのないラウンドネックのものを選ぶとさまざまなテイストに合わせやすいですよ。

 

より大人っぽいコーデにしたい方はレザーブーツやミニバッグを取り入れてみてください。

 

※カジュアルコーデの関連記事:  年代別お手本カジュアルコーデ!おしゃれに見せるワンポイントアドバイスも

 

 

ビスチェは着回しできるおしゃれアイテム!

 

ビスチェコーデ

 

ビスチェはコーデを組むが難しいと考えている方もいるかもしれませんが、実はビスチェは合わせるアイテム次第でいろんなテイストのコーデが作れます。

また、素材によっては1年中使えるので、ぜひコーデのアクセントに取り入れてみてくださいね。

 

 

▼合わせて読みたい

 

・  コーデに幅広く使える!「レイヤード」のコツ、おすすめコーデ

・  楽々スタイルアップできる「タックイン」のコツ!おしゃれな着こなし方を紹介

・  大人可愛いトップス「ペプラム」ってどんなデザイン?着こなしやコーデのポイントを解説

・  ニットベストのおしゃれなコーディネートや着こなしのポイントを解説


フォローして最新記事をチェック!



検索

カテゴリ一覧

ファッション(420)
   着回し/コーデ(90)
   髪型/ヘアスタイル/ヘアアレンジ(85)
   眼鏡/コンタクト/カラコン(9)
メイク・コスメ(518)
   ベースメイク(52)
   アイメイク(75)
   リップ/グロス(35)
   ネイル(19)
   コスメブランド/メーカー(241)
美容(168)
   スキンケア(86)
   髪/シャンプー/リンス/コンディショナー/トリートメント(47)
   石鹸/ソープ/洗顔料(11)
   ダイエット(8)
健康(71)
   健康食品/サプリメント/プロテイン(13)
   スポーツ/運動/トレーニング(9)
   冷え/温活(4)
ライフスタイル(284)
   生活雑貨/生活用品(27)
   お祝い/ギフト/プレゼント(25)
   趣味(10)
   お出かけ/観光/旅行/デート(36)
   妊娠/出産/子育て(3)
   家庭菜園/ガーデニング(4)
インテリア(75)
   内装/レイアウト(5)
グルメ(101)
   カフェ/喫茶店/ドリンク(33)
   ケーキ/お菓子/スイーツ/パティスリー/パン(32)
   レシピ(31)
アート/カルチャー(42)
   写真/カメラ(8)
   ハンドメイド/クラフト(19)

スキンケア

エイジングケア(45)
保湿(224)
美白(45)
乳液(53)
クリーム(129)
オイル(36)
化粧水(149)
美容液(117)
基礎化粧品(162)
ニキビ(24)
毛穴ケア(45)
角質ケア(58)
肌荒れ(35)
くすみ(57)
クマ(10)
たるみ(21)
ハリ不足(46)
スペシャルケア(151)
セルフケア(82)
UV対策(54)
日焼け対策(44)
日焼け止め(22)
しわ(13)

肌質

乾燥肌(153)
敏感肌(107)
脂性肌(55)
混合肌(42)

コスメ/メイク

ツヤ肌(152)
マット肌(60)
ミネラルコスメ(59)
デカ目(70)
小顔(5)
韓国(111)
化粧(251)
ポイントメイク(258)
メイクテク(125)
ナチュラルメイク(193)
美肌(167)
メイク道具(35)
化粧下地/ファンデーション/コンシーラー(165)
テカリ防止(28)
アイメイク(192)
リップ/グロス(165)
チーク(103)
カラーメイク(52)

ファッション

春コーデ(118)
夏コーデ(111)
秋コーデ(130)
冬コーデ(132)
スタイル(260)
テイスト(240)
シーン別(54)
大人コーデ(176)
カジュアル(169)
綺麗め(177)
フェミニン(132)

年代別

10代(10)
20代(19)
30代(21)
40代(14)
50代(9)

恋愛

片思い(26)
男性心理(43)
カップル(37)
恋愛観(45)
恋愛テクニック(48)
モテ仕草(5)

ヘアスタイル

ショートヘア(60)
ロングヘア(66)
セミロング(62)
ボブ(66)
スタイリング(100)
ヘアケア(87)
ヘアカラー(34)
ヘアアクセ(27)

ライフスタイル

ホームパーティー(25)
グルメ/レシピ(141)
ヘルシー(50)
運動(23)
筋トレ(9)
リラックスタイム(55)