logo

Top > ファッション > トップス/シャツ/ブラウス

【2021年】「白シャツ」コーデ&着こなすコツを紹介!カジュアルもきれいめもこれ1枚でOK






カジュアルにもきれいめにも決まる白シャツは、何枚持っていても邪魔にならない王道のアイテムですよね。
シンプルなデザインだからこそ色々なアイテムと組み合わせやすく、コーデの幅が広がるのも白シャツの魅力です♪

本記事ではパンツコーデ、スカートコーデと分けて、2021年に押さえておきたいレディースの白シャツコーデをご紹介します。

コーデに取り入れる際に出がちな「太って見えそう…」「インナーが透けるのが気になる」「何だか着てみるとしっくりこない」というお悩みにもお答えしているので、ぜひ参考にしてください。

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、臨時休業あるいは営業時間の変更等の措置を取っている店舗・施設がございます。


お出かけ前に、店舗・施設の公式HPやSNS等で最新情報のご確認をお願い致します。


【目次】【2021年】「白シャツ」コーデ&着こなすコツを紹介!カジュアルもきれいめもこれ1枚でOK

 

白シャツコーデにありがちな心配事も、これを押さえていればOK!

太って見えない?

インナーや体のラインが透けると嫌だなぁ…

そもそも白シャツが自分に似合ってない気がする

カジュアルで上品♪ 白シャツのおしゃれなコーデ集

白シャツxパンツコーデ

白シャツxスカートコーデ

自分にマッチした白シャツでコーデを格上げしよう!

 

白シャツコーデにありがちな心配事も、これを押さえていればOK!

 

 

1枚で決まる白シャツは季節を問わず使える王道アイテムとして、カジュアルからオフィスまで幅広いコーデで大活躍してくれます♪

しかし、無駄な装飾を省いたシンプルなアイテムだからこそ、着こなしにハードルの高さを感じることも。

 

白シャツをコーデに取り入れる上で、主なお悩みとして挙げられる点とその対処法をチェックしてみましょう。

 

太って見えない?

 

 

白は膨張色のため、流行のゆるっとした白シャツをトップスとして持ってくると、「体が大きく見えるのでは…?」と感じる方も多いようです。

 

筆者も現在白シャツを愛用していますが、以前は「膨張して見えるしやっぱやめよう…いや、でもちゃんとして見えるし着ようかな…いや、でも…」と葛藤の繰り返しでした。

しかし、着方やシャツの選び方次第でスタイルアップも図ることができるんです。

 

 

例えば、今年も流行中のビッグシルエットは、白シャツコーデに取り入れることでグッとおしゃれ見えする一方で、体の輪郭がぼやけがちでメリハリがつきにくいという課題も…

 

もし白シャツ・ボトムス共にゆったりめのタイプを選ぶ際には、以下を意識するのがおすすめです!

 

  • シャツをタックインしてウエストをマークする
  • ハイウエストめのボトムスを選んで、縦のラインを強調

 

ヒップラインが気になるという方は前部分をインするだけでもOK。

腰周りを軽やかに見せてくれる上、足のスタート位置が高く見え、簡単にスタイルアップして見せることができます。

 

※合わせて読みたい:  華奢見えが叶うワイドパンツの最旬&お手本コーデ集!選び方のコツやおすすめブランドも紹介

 

 

逆に、細身のパンツを合わせる際には全体をコンパクトにまとめることを意識して、裾を全てタックインするのがおすすめ。

ボリューム袖のシャツ+ハイウエストスキニーなら、シルエットのバランスも取れて着膨れして見えません。

 

※合わせて読みたい:  スキニーを選ぶ時のポイントやおすすめのブランド、おしゃれなスキニーコーデを紹介

 

 

オーソドックスな白シャツはもちろん、シャツワンピースを使ったコーデも細身えにピッタリ♪

 

白シャツをロングカーディガンのように羽織ると、縦のラインが強調され横幅がスリムに見えるんです。

インナーにはタイトなタンクトップやハイネックのニットなど、細みのものを合わせるとより効果的ですよ

 

※合わせて読みたい:  アウターも重ね着使いもできる!「シャツワンピ」を活用してワンランク上のコーデを♪

 

インナーや体のラインが透けると嫌だなぁ…

 

 

素材にもよりますが「白シャツ=透ける」という印象をお持ちの方もいると思います。

もし白シャツからインナーが透けてしまうのが気になる場合は、下記のような自然な色味のインナーを選んでみましょう。

 

  • カーキ
  • ベージュピンク
  • モカ
  • グレー

 

ポイントは「肌よりも少し濃いめのカラー」を選ぶこと。

意外とベージュやホワイトは透けやすく、逆効果になってしまうこともあるんです。

 

また、透け感のない素材を選ぶことで問題はほとんど解消できますが、あえてその透け感を活かして差し色になるようなインナーを選んだりと、コーデのアクセントとして利用するのもおすすめです。

 

そもそも白シャツが自分に似合ってない気がする

 

白シャツを着るとどうしても幼く見える、着られている感があるなど、白シャツが似合わないのが悩みという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

白シャツは、デザインのみでなく素材にも目を向けて選べば、自分に似合うスタイルが見つけやすくなりますよ。

 

かっちりしすぎてしまうなら「スキッパーシャツ」を

 

 

かっちりと固い印象になってしまい、オフの日のリラックス感が上手く出せないという方は、大きくVネックに襟元があいた「スキッパーシャツ」を選んでみてはいかがでしょうか。

 

ゆるいシルエットと首元・デコルテが美しく見えるスキッパーシャツは、大人っぽく垢抜けた印象に見せてくれます。

V字ネックになっているので、小顔効果も得られるだけでなく、ネックレスやインナーで遊ぶこともできますよ♪

 

※合わせて読みたい:  グッときれい度アップ♪「スキッパーシャツ」のおすすめ素敵コーデ集

 

どうしてもメンズライクになってしまうなら「リネン素材」の白シャツを

 

 

パリッとしたコットン素材のものはしっかり感も出てオフィス使いもしやすいのが魅力。

ただ、コットンシャツだとどうしても肩幅が強調されてしまったり、男性っぽく見えてしまうことにお悩み中の方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

それなら、素材をくったりした「リネン素材」のものを選んでみましょう。

リネン素材なら肩幅が強調されにくく、ナチュラルで女性らしい印象にもっていきやすくなりますよ♪

 

筆者は10年以上水泳経験があり、肩幅が女性にしてはとても広いタイプなのですが、リネンシャツなら肩幅が強調されず自然な印象に!

フェミニンコーデやナチュラルコーデを考える際には、すごく重宝しています。

 

幼い印象になってしまいがちなら「とろみ素材」の白シャツを

 

 

コットンシャツを着ていると「着られている感」が強くなり幼い印象に見えてしまう…とお悩みの方もいらっしゃるかと思います。

 

かっちり感が合わない場合は、シルクやポリエステルでできた「とろみ素材」の白シャツを選んでみましょう。

すとんとした落ち感が楽しめるとろみ素材シャツなら、シルエットも美しく見えて大人っぽい印象になります。

 

 

カジュアルで上品♪ 白シャツのおしゃれなコーデ集

 

ここからはカジュアルな中にも上品さも感じられる、おしゃれな白シャツコーデをご紹介します。

パンツとスカートに分けて紹介しますので、ぜひ普段の着こなしの参考にしてくださいね。

 

白シャツxパンツコーデ

 

 

エアリーな質感の白シャツと爽やかなブルーのコンビは、清潔感抜群で男女ともに好印象を与えてくれる王道の組み合わせ。

とろみのある柔らかな質感を活かしてざっくりタックインすれば、気取りすぎないのにきちんと見えも同時に叶うカジュアルコーデが完成しますよ。

 

シャツの後ろはあえてインせずにおけば、こなれ感も出せる上にヒップ回りも軽やかに見せることができるのでおすすめ。

足元にはスニーカーを持ってきて全体をカジュアルダウンさせながら、小物にひとくせ加えて個性を出しているのも真似したいポイントです♪

 

※合わせて読みたい:  意外とハードル低いかも?カラーパンツの着こなし方やおすすめブランドを紹介

 

 

オーバーサイズの白シャツに足のラインを拾わないビッグシルエットのパンツを合わせる場合は、カーディガンをさっと肩掛けして上にポイントを持ってくると、全体をバランスよく見せることができます。

パンツと同系色で揃えることで、おしゃれ度の高い挑戦的なスタイルも程良く落ち着いて見せてくれるんです。

 

リラックス感漂うオーバーサイズアイテムを使ったコーデには、マニッシュな革靴を使って全体を引き締めましょう◎

 

 

ロング丈の白シャツは、トレンドのニットベストとのレイヤードにも大活躍します。

体型カバーにも持ってこいなこの組み合わせには、ストレートタイプのパンツを持ってくることで、スッキリとした印象にまとめあげることができるんです。

 

ニットを取り入れたコーデを組む際には、小物類も柔らかい色味のアイテムで統一して春の要素をプラスしたいところ♪

 

※合わせて読みたい:  ニットベストのおしゃれなコーディネートや着こなしのポイントを解説

 

 

白シャツワンピとフレア丈のパンツのトレンド感満載の組み合わせ。

裾に向かって広がる白シャツのAラインとフレアパンツのシルエットの相乗効果で、スタイルUP効果も狙えます。

 

ストラップ短めのミニバッグでウエスト付近にポイントを作り、メリハリをつけているのも注目したいポイントです。

足元には高めのヒールを合わせれば、ラフさとハンサムさの良いところ取りをした大人のコーデが完成します。

 

白シャツxスカートコーデ

 

 

白シャツに白Tを重ねて、全体に奥行きを見せたきれいめコーデ♪

着崩れない程度に襟を抜いてラフさを演出しても、ネイビーの上品なスカートのおかげできちんと感のある印象に仕上げることができます。

 

白×白でやや余白の生まれた上半身には、胸元にメタリックなアクセサリーを取り入れて、華やかさをプラスしてみましょう。

足元にはサンダルを持ってくれば、晴れの日のお出かけにもピッタリなコーディネートにまとまります。

 

※合わせて読みたい:  オフィスからお呼ばれシーンまで使える「ミモレ丈」!おすすめコーデも紹介

 

 

フェミニンなロング丈のスカートも、さっぱりとした白シャツと組み合わせることで甘さとのバランスが取れた大人っぽい着こなしになります。

 

ロング丈同士のゆったりとしたシルエットは、休日のリラックスムードを高めるにはピッタリですが、パッと見た時にぼんやりとした印象になりがち。

足首と手首は出して肌見せを忘れないのが、ヘルシーに着こなすコツと言えるでしょう。

 

ゆったりめなアイテムでまとめた時には、トレンド感たっぷりなミニサイズのバッグを合わせて、コーデにミニマルなアクセントをプラスしたいところ。

 

 

白シャツのボタンを全て開けて、ジャケットのように羽織るのもおすすめです!

お休みの日のお出かけにピッタリなグリーンのスカートは、きちんと感の出る白シャツを合わせると大人可愛く仕上がりますよ。

 

グレーのタンクトップと合わせて無造作に着こなせば、素肌の程良い透け感とあいまって大人のヘルシーさと抜け感を実現できます。

 

気温が上がって少し暑さを感じた時には、さっと脱いで対応調節がしやすいうえ、腕の上にまとめて軽くかけておくだけでもコーデのアクセントとして役目を果たしてくれるんです♪

 

 

白シャツも開襟デザインを選ぶことで、よりいっそう清涼感を演出することが可能です。

Vの字に開いた首元はデコルテを美しく見せてくれる効果もあります。

 

日差しの暖かい春夏にはロングカーディガンなどを活用して紫外線対策も行いたいものですが、オールホワイトなら重ね着をしても暑苦しく見えず、季節感を損なわない着こなしが実現できるのもポイントですね。

 

同じ白でも素材や柄で差をつけて組み合わせることで、のっぺり見えせずまとまります◎

 

 

白シャツ×スカートのコーデにマンネリを感じたら、ベストを投入してみると一気に表情が変わります。

シャツ1枚で過ごすにはやや肌寒い春先はもちろん、アウターを重ねれば秋冬にも活躍してくれますよ。

 

ロングスリーブのタイプをチョイスすることで、優等生すぎずしっかりトレンドを押さえた着こなしに仕上がります。

スカートの柄で個性を主張している分、トップスは白無地のものを組み合わせるのがおすすめです。

 

 

自分にマッチした白シャツでコーデを格上げしよう!

 

 

白シャツを着るとき・選ぶときのお悩みの解決方法や、おしゃれな着こなし例をご紹介しました。

 

一見メンズライクな白シャツも、シルエットや他アイテムとの組み合わせ次第で様々な着こなしができます。

本記事を参考に、日々のコーデに白シャツをお役立てくださいね♪

 

▼ファッションの関連記事

 

・  好きな服だけをおしゃれに着回す!「ミニマリスト」になるための服選びのポイント&季節のコーデ

・  地味見えしないシンプルコーデ!洗練された大人のコーデにするためのポイントを解説

・  ダサいなんて言わせない!「ロゴTシャツ」のおしゃれな着こなし方&おすすめブランド

・  実は簡単なセットアップコーデ♪ おしゃれな着こなしのコツや選び方、おすすめブランドアイテムをチェック!

・  超優秀アイテム「ワンショル」の魅力とは?おすすめコーデや着こなし術を徹底解説

・  ミニ丈の「プリーツスカート」が使える!なりたい印象別におすすめのコーディネートを紹介


フォローして最新記事をチェック!



検索

カテゴリ一覧

ファッション(307)
   着回し/コーデ(70)
   髪型/ヘアスタイル/ヘアアレンジ(54)
   眼鏡/コンタクト/カラコン(7)
メイク・コスメ(355)
   ベースメイク(32)
   アイメイク(47)
   リップ/グロス(23)
   ネイル(13)
   コスメブランド/メーカー(175)
美容(129)
   スキンケア(75)
   髪/シャンプー/リンス/コンディショナー(34)
   石鹸/ソープ/洗顔料(11)
   ダイエット(8)
健康(66)
   健康食品/サプリメント/プロテイン(13)
   スポーツ/運動/トレーニング(6)
   冷え/温活(4)
ライフスタイル(237)
   生活雑貨/生活用品(47)
   ギフト/プレゼント(19)
   趣味(9)
   お出かけ/観光/旅行/デート(31)
   妊娠/出産/子育て(3)
   家庭菜園/ガーデニング(4)
インテリア(46)
   内装/レイアウト(5)
   DIY(3)
グルメ(84)
   カフェ/喫茶店/ドリンク(29)
   ケーキ/お菓子/スイーツ/パティスリー/パン(25)
   レシピ(28)
アート/カルチャー(31)
   写真/カメラ(8)
   ハンドメイド/クラフト(12)

スキンケア

エイジングケア(41)
保湿(171)
美白(42)
乳液(34)
クリーム(98)
オイル(24)
化粧水(102)
美容液(81)
基礎化粧品(118)
ニキビ(19)
毛穴ケア(32)
角質ケア(42)
肌荒れ(22)
くすみ(46)
クマ(10)
たるみ(20)
ハリ不足(36)
スペシャルケア(110)
セルフケア(50)
UV対策(38)
日焼け対策(30)
日焼け止め(12)
しわ(12)
洗顔/クレンジング(64)

肌質

乾燥肌(107)
敏感肌(83)
脂性肌(33)
混合肌(26)

コスメ/メイク

ツヤ肌(111)
マット肌(49)
ミネラルコスメ(44)
デカ目(57)
小顔(2)
韓国(51)
化粧(161)
ポイントメイク(174)
メイクテク(74)
ナチュラルメイク(130)
美肌(122)
メイク道具(29)
化粧下地/ファンデーション/コンシーラー(99)
テカリ防止(16)
アイメイク(110)
リップ/グロス(101)
チーク(59)
カラーメイク(28)

ファッション

春コーデ(83)
夏コーデ(78)
秋コーデ(95)
冬コーデ(95)
スタイル(189)
テイスト(170)
シーン別(49)
大人コーデ(116)
カジュアル(111)
綺麗め(124)
フェミニン(91)

年代別

10代(4)
20代(13)
30代(14)
40代(8)
50代(5)

恋愛

片思い(25)
男性心理(42)
カップル(35)
恋愛観(45)
恋愛テクニック(47)
モテ仕草(4)

ヘアスタイル

ショートヘア(38)
ロングヘア(41)
セミロング(38)
ボブ(41)
スタイリング(64)
ヘアケア(63)
ヘアカラー(22)
ヘアアクセ(18)

ライフスタイル

キッチン用品(41)
ホームパーティー(19)
グルメ/レシピ(117)
ヘルシー(45)
運動(18)
筋トレ(7)
リラックスタイム(37)

人気記事ランキング