logo

Top > ファッション > 着回し/コーデ

ウエストマークでメリハリを♪必要なアイテムやお手本コーデもピックアップ






ストンとしたシルエットやふわっと広がるアイテムは、単体で見れば可愛いものの、なんとなく野暮ったさを感じるときはありませんか?
それは、メリハリとコーディネートに奥行きがないのが原因です。

そんなときに役立つのが「ウエストマーク」という着こなしの小ワザ♪
スタイリングの完成度を高め、コーディネートの幅も広げられます。

本記事では、ウエストマークのやり方や必要なアイテムをお届け!
アイテム別におすすめのコーディネートもピックアップしたので、ぜひ参考にしてください。

本ページに掲載のリンク及びバナーには広告(PR)が含まれています。


【目次】ウエストマークでメリハリを♪必要なアイテムやお手本コーデもピックアップ

 

ウエストマークとは

ウエストマークに必要なアイテム

1. ベルト

2. シャツやニット

3. 紐やリボン

4. スカーフ

5. ウエストバッグ

ウエストマークをおしゃれに見せるコツ

1. トップスと同系色でさりげなく

2. 新鮮な着方でシンプルなアイテムにアクセントを

3. シンプルかつベーシックなベルトなら失敗しない

4. ショルダーダウン×ウエストマークでこなれ感アップ

5. ベルトや紐付きのアイテムなら簡単にウエストマークが可能!

ブラウス&Tシャツ×ウエストマークのおすすめコーデ

1. キャッチーなアイテムならアクセサリーいらず

2. チュニックをワンピース風に

3. ピンク×ブラウンでも甘くならない上下

4. ウエストマークでコンサバを回避

5. ゆったりシルエットに奥行きをプラス

ニット×ウエストマークのおすすめコーデ

1. あたたかみのあるカラーをモードに見せる

2. まろやかカラーをパイソン柄で引き締めて

3. Iラインシルエットをより強調

4. ゆるいシェイプでさりげなく

カーディガン×ウエストマークのおすすめコーデ

1. 共布ベルト付きは着こなしの幅が広い!

2. VネックからロゴTをちらっと覗かせて

3. ワントーンでまとめて今っぽく

4. カーディガンをガウンのように羽織ってリラクシーに

5. ノスタルジックな花柄スカートでちょっぴりレトロに

ワンピース×ウエストマークのおすすめコーデ

1. ウエストをシェイプするだけで上品に

2. ドレッシーな1枚を日常になじみやすく

3. ストンとしたシルエットを整えるようにベルトで調節

4. メンズライクなベルトでモノトーンコーデを新鮮に

5. ブーツとベルトをリンクして統一感アップ

コート(アウター)×ウエストマークのおすすめコーデ

1. ベルトで甘さを調節

2. メリハリが効く7:3の配分

3. タッセル紐でカジュアルダウン

オールインワン×ウエストマークのおすすめコーデ

1. 共布ベルト付きジャンパースカートならウエストマークは簡単!

2. グレンチェック柄でクラシックに

3. 腰の位置が高く見える小ワザ

ボトムス×ウエストマークのおすすめコーデ

1. キャンバス地のベルトで適度にハズして

2. バギーパンツの重さをウエストマークで軽減

3. フリルブラウスはデニムとウエストマークでバランスを調節

パーティードレス×ウエストマークのおすすめコーデ

1. くすみ色をガーリーに転換

2. メリハリを加えるだけでなく華やかさもプラス

3. 同系色のつなぐリボンのアクセント

ウエストマークでメリハリと立体感をプラスしよう♪

 

ウエストマークとは

 

 

最近よくファッション雑誌や通販サイトで耳にするウエストマークは、「ウエストを強調したり引き締めたりして、ウエストに注目を集める」という意味です。

 

ベルトでアクセントをつけるのはもちろん、トップスをボトムにインするのもウエストマークのひとつ。

ふわっとしたシルエットを落ち着かせて、コーデにメリハリを効かせたいときに効果的です。

 

手持ちのアイテムに物足りなさを感じるときや、ちょっと印象を変えてみていときにもウエストマークは役立ちます。

 

 

ウエストマークに必要なアイテム

 

ベーシックからキャッチーなアイテムまで、ウエストマークに必要なアイテムを5つピックアップしました♪

 

1. ベルト

 

ウエストマーク

 

ウエストマークの定番であり、汎用性の高いベルトは、何本持っていても損はありません。

ロンTやゆったりシルエットのニットなどカジュアルなトップスも、ベルトでシェイプすることによってクラスアップできます。

 

ベルトといってもバリエーションが豊富ですが、今っぽく上品に仕上げるなら細めでシンプルな1本がベスト!

ウエストマークに慣れてきたらベルトのバリエーションを増やして、コーディネートの幅を広げてみてください。

 

2. シャツやニット

 

 

シャツやニットでもウエストマークは可能です。

特に、シャツワンピースや カットソー などカジュアルなアイテムと好相性♪

 

なんとなく物足りなさを感じるときや、エレガントな着こなしをカジュアルダウンしたいときにも役立ちますよ。

 

3. 紐やリボン

 

 

花柄やニットワンピース、シアーなシャツをはじめとした女性らしい着こなしとマッチする、紐やリボンもぜひチェックしてみてください。

ラフに結んで抜け感を演出するのも、リボン結びで華やかかつキュートなアクセントを加えるのも良いでしょう。

 

ベルトよりもさりげないウエストマークが可能で、アレンジの幅が広いのも魅力です。

 

4. スカーフ

 

 

スカーフのウエストマークは、カジュアルなのに女っぽいを実現できます。

ボトムやコートのベルトループに通したり、Tシャツの上に結んだりとリボンや紐と同じくらいアレンジが自由自在です。

 

カジュアルなコーディネートをクラスアップしたいときや、シンプルな着こなしなのにどこか目を引く技ありな着こなしを叶えたいときにも便利です。

 

5. ウエストバッグ

 

 

おしゃれ上級者は、ウエストバッグを使ったウエストマークも要チェック。

ベルトやリボンよりもアイテム自体が目立つため、コーディネートの工夫は必要ですが周りと差がつきます。

 

レザー調のウエストバッグなら、リュクスな雰囲気が漂う都会的な着こなしに♪

カードやリップなどの小物も収納できる、実用性の高さも嬉しいですね。

 

 

ウエストマークをおしゃれに見せるコツ

 

ウエストマークはベルトやリボンなどで、ただウエストを引き締めればいいという訳ではありません。

ここでは、ウエストマークをおしゃれに見せるコツをご紹介します。

 

1. トップスと同系色でさりげなく

 

 

トップスと似たようなカラーもしくは同系色のアイテムを使ってウエストマークをすると、さりげなくウエストをシェイプできるうえ統一感が出ます。

メリハリをつけたい人はコントラストをはっきりさせるのも良いですが、悪目立ちしない組み合わせを意識してみてください。

 

初心者さんはベージュ×ブラウンやブラック×グレーなど、定番で失敗しにくいコンビからトライすると失敗しにくいですよ。

 

2. 新鮮な着方でシンプルなアイテムにアクセントを

 

 

こちらは、シャツワンピースの袖をウエストにぐるっと巻いた新鮮な着こなし。

ベルトやリボン、スカーフがなくても身近なアイテムでウエストマークは可能です。

 

いつもと違う新鮮な着方なら、コーディネートのマンネリも防げます。

キャッチーで目を引き、周りと差がつくワンランク上のスタイリングを実現できますよ。

 

3. シンプルかつベーシックなベルトなら失敗しない

 

 

ウエストマーク初心者さんは、シンプルかつベーシックなアイテムを選びましょう。

簡単そうに見えて、ウエストマークはテクニックが必要です。

 

しかし、定番でベーシックなカラーのアイテムなら失敗しづらく、どんなスタイリングにも馴染みます。

慣れてきたらエッジのあるアイテムを使用したり、自分なりの方法でウエストマークを楽しむのも良いでしょう。

 

4. ショルダーダウン×ウエストマークでこなれ感アップ

 

 

オーバーサイズのシャツやジャケット、カーディガンをウエストマークするときはショルダーダウンするとこなれ感がアップします。

ちょっぴりアンニュイで、雰囲気のあるおしゃれな着こなしが叶いますよ。

 

やりすぎるとだらしなく見える可能性があるため、やりすぎは注意してください。

 

※オーバーサイズ コーデの関連記事:  レディースのオーバーサイズコーデの着こなしポイント&素敵コーデをチェック♪

 

5. ベルトや紐付きのアイテムなら簡単にウエストマークが可能!

 

 

最近は、ベルトやリボンつきのトップスも増えています。

わざわざアイテムを買い足さなくても簡単にウエストマークができるうえ、配色や全体のバランスを考えなくて済むのもメリットです。

初心者さんやコーディネートが苦手な人は、ぜひチェックしてみてください♪

 

多くのアイテムはベルトの取り外しが可能なので、何通りもの着こなしを楽しめますよ。

 

 

ブラウス&Tシャツ×ウエストマークのおすすめコーデ

 

ここからは、アイテム別にウエストマークのおしゃれな着こなしを紹介していきます。

 

1. キャッチーなアイテムならアクセサリーいらず

 

 

ボリュームスリーブのレースブラウスに、デニムパンツを合わせたコーディネート。

リボン付きのドッキングトップスでウエストをシェイプし、ボーイフレンドデニムでカジュアルに仕上げているのがポイントです。

 

上下ともアイテム自体はシンプルですが、アクセサリーがなくても物足りなさを感じない華やかな印象に。

春夏はサンダルでラフに、秋冬はショートブーツで季節ムードを高めるのも良いでしょう。

 

2. チュニックをワンピース風に

 

 

チュニックの着こなしを模索している人へ。

細めの紐やベルトでウエストマークをすれば、ショート丈のワンピースに変身します♪

 

ふわっとしたシルエットが落ち着くので、メリハリも生まれますよ。

 

※チュニックの関連記事:  「チュニック」とは?ワンピースとの違からブランド別おすすめアイテムまで紹介

 

3. ピンク×ブラウンでも甘くならない上下

 

 

ゆるっとシルエットのレトロブラウス×プリーツ入りスカートを合わせたコーデです。

 

ゴツめのブーツや綺麗めスカートなら、ピンクとブラウンでも甘さを抑えた抜け感のある着こなしに。

腰が隠れる丈のシャツはウエストベルトでキュッと引き締めると腰の位置が高く見えるので、脚長効果が期待できます。

 

※メンズライク コーデの関連記事:  「メンズライク」なコーデってどんなコーデ?おしゃれな着こなしポイントを紹介

 

4. ウエストマークでコンサバを回避

 

 

ベージュのようなグレーっぽいカラーは、 コンサバ に見えてしまうこともあります。

しかし、細めのベルトでウエストをシェイプすれば、エッジが加わり今っぽい着こなしへシフトできます。

 

落ち着いたカラーの上下を組み合わせるときは、ウエストマークでアクセントを加えてコンサバを回避してください。

 

5. ゆったりシルエットに奥行きをプラス

 

 

ピスタチオカラーのTシャツに、ブラウンのワイドパンツを合わせたリラクシーなルックス。

上下ともにゆったりしたシルエットは、細めのベルトでウエストマークし奥行きを加えるのがベストアンサーです。

適度なラフさはそのままに、きちんと感のある印象へシフトできますよ。

 

淡いペールトーンに深みのあるブラウンでコントラストをつけ、メリハリを効かせているのもポイントです。

 

※ペールトーンの関連記事:  流行りのペールトーンってどんなカラー?人気カラー別のコーディネートもチェック

 

 

ニット×ウエストマークのおすすめコーデ

 

秋冬に欠かせないニットは着まわし力抜群な一方、マンネリしやすいことも。

そんなときはウエストマークで、ニュアンスチェンジを楽しんでみてください♪

 

1. あたたかみのあるカラーをモードに見せる

 

 

ブラウンのハイネックニットに、チェック柄スカートを合わせたコーディネート。

ブラックのベルトでウエストマークをするだけで、あたたかみのあるカラーの上下でもモードライクな着こなしに転換できます。

 

スタッズ付きのバッグ&光沢感のあるブーツでスパイスを加えれば、大人の女性に似合う甘辛ミックスコーデの完成です♪

 

▼ハイネック/チェック柄の関連記事

・  ハイネックとタートルネックの違いとは?ハイネックのおしゃれな着こなし術20選

・  四季に合わせたおすすめのチェック柄コーデを紹介!

 

2. まろやかカラーをパイソン柄で引き締めて

 

 

誰でも簡単にトライできる、ベージュT×スカートのウエストマークです。

優しく親しみやすい印象を与えられるベージュとホワイトですが、膨張色のため着膨れしやすいこともしばしば。

 

しかし、ゆったりしたTシャツの輪郭を整えるようにウエストマークをすれば、着膨れを防いでメリハリと奥行きのあるコーディネートに仕上げられますよ。

シンプルなベルトでもOKですが、より目を引くパイソン柄なら同系色の単調さを払拭して遊び心ある着こなしに昇華できます。

 

▼パイソン柄の関連記事

・  パイソン柄で旬のスタイリングに変身!着こなしや選び方のコツも紹介♪

 

3. Iラインシルエットをより強調

 

 

広がりを抑えたIラインシルエットで、女性らしいしなやかなボディラインを演出できるニットとタイトスカートの上下。

ゴールドのバックルが輝く細めのベルトでウエストマークをすると、よりIラインシルエットが際立ちます。

 

エレガントな雰囲気を損なわないためにも、ベルトはカジュアルによりすぎないデザインをセレクトするのが◎

足元はヒールでレディに仕上げてみてください。

 

4. ゆるいシェイプでさりげなく

 

 

フェミニンな着こなしは、あえてキュッとウエストを締めすぎないのも◎

ベルト付きのブラウスなら、ラフに巻いてさりげないアクセントにとどめるのがベストです。

 

締めすぎると、せっかくの柔らかい雰囲気を損なってしまうときもあるので注意してください。

淡いカラーのブラウスとシックなスカートのコントラストが、可憐な女性らしさを強調します。

 

 

カーディガン×ウエストマークのおすすめコーデ

 

カーディガンのウエストマークは、コーディネートが苦手でも比較的トライしやすいですよ。

コンサバっぽい印象のカーディガンでもウエストマークをすれば、今っぽくい着こなしへシフトできます。

 

1. 共布ベルト付きは着こなしの幅が広い!

 

 

共布ベルト付きのカーディガンは着こなしの幅が広く、コーディネートに合わせてアレンジが可能です。

前でラフに結んでシャープな印象にしたり、後ろで縛ってバックにアクセントを加えたり etc…

ときには共布ベルトを外してばさっと羽織るのも良いでしょう。

 

ホワイト×ベージュの着膨れしやすい上下をシェイプして、華奢に見せる効果も期待できますよ。

 

2. VネックからロゴTをちらっと覗かせて

 

 

ロゴTにカーディガンを羽織り、フレアスカートを合わせたコーディネート。

カーディガンでウエストマークし、インナーの面積を狭めることでカジュアルに寄りすぎずバランスの良い着こなしに仕上がります。

 

クリーンな白のインナーがカーディガンとスカートの渋さを払って、明るい印象に仕上げているのもポイントです。

 

▼Vネック/ロゴTシャツの関連記事

・  「Vネックトップス」はどう着こなすべき?おすすめコーデを紹介♪

・  ダサいなんて言わせない!「ロゴTシャツ」のおしゃれな着こなし方&おすすめブランド

 

3. ワントーンでまとめて今っぽく

 

 

ボリュームのあるリズミカルなニットトップスに、動きのあるスカートをON。

単調になりやすい同系色でも、立体感のあるアイテムを組み合わせることによって奥行きが生まれます。

 

さらなるメリハリを与えたいなら、細めのリボンでウエストマーク!

くすみ色のワントーンが今っぽい着こなしを叶えます。

 

※ワントーン コーデの関連記事:  ワントーンコーデでさりげなくおしゃれに♪ おすすめレディースコーデをチェック

 

4. カーディガンをガウンのように羽織ってリラクシーに

 

 

ボーダーのカットソーはカジュアルコーデの定番ですが、野暮ったく見えてしまったり上手く着こなせなかったりする人も多いのではないでしょうか。

 

そんなときにはカーディガンをベルトでウエストマークしてガウンのように羽織り、エレガントな雰囲気にシフトするのがおすすめ。

少しショルダーダウンさせることで、こなれ感もアップしますよ。

 

ボトムがジーンズでもカジュアルに寄りすぎず、女性らしい印象になります。

 

5. ノスタルジックな花柄スカートでちょっぴりレトロに

 

 

袖の透け感が特徴の白のニットに、花柄スカートを合わせたガーリーなコーディネートです。

 

ボリュームのあるトップスは、ウエストマークをすることによってスタイリッシュな印象に。

ノスタルジックな雰囲気が漂う花柄スカートを採用しレトロに着地させれば、大人の女性でも楽しめる甘さ控えめのコーディネートが完成します。

 

足元はローファーでトラッドに仕上げるのも、バレエシューズ×白ソックスで遊び心を加えるのもおすすめです。

 

※ローファーの関連記事:  メンズ系・レディース系コーデにハマる!「ローファー」のおすすめアイテム&コーデ

 

 

ワンピース×ウエストマークのおすすめコーデ

 

1枚でも様になるワンピースですがウエストマークをするとメリハリが効いて、華奢見え効果も叶えます。

 

1. ウエストをシェイプするだけで上品に

 

 

シャツワンピースは着心地が優秀ですが、のっぺりした印象になりやすいのが難点。

 

そんなときはベルトでウエストをシェイプするとメリハリが生まれ、きれいめカジュアルへと昇華できます。

プラスオンするだけなのに、全然違った印象になりますよ。

 

足元はラフな感じを残したいならサンダル、きちんと感を加えたいならヒールがおすすめです。

 

2. ドレッシーな1枚を日常になじみやすく

 

 

ギャザードレープとシースルー素材が印象的なワンピースが主役のコーディネート。

1枚でさらっと着こなすのはもちろんアリですが、レザーベルトでウエストを引き締めてカジュアルダウンさせると、より日常に馴染みやすくなります。

 

透け感のあるワンピースだからこそ、モノトーンでも重たさを感じません♪

 

※レースワンピースの関連記事:  どう着るのが正解?「レースワンピース」をおしゃれに着こなすコツやポイントを紹介♪

 

3. ストンとしたシルエットを整えるようにベルトで調節

 

 

秋冬に大活躍のニットワンピースは渋さのあるカラーを選択すると、大人のセンスを主張できます。

 

ストンとしたシルエットを整えるように、華奢なベルトでウエストマークをすると奥行きが生まれますよ。

足元は、辛さのあるブラックのロングブーツで重厚感をプラス!

 

メリハリを出しにくいワンピースでも、ウエストマークと適度な重さを加えれば野暮ったさを回避したおしゃれな着こなしになります♪

 

4. メンズライクなベルトでモノトーンコーデを新鮮に

 

 

白のTシャツワンピースにメンズライクなハーフパンツをレイヤードし、スポーティーな印象のゴツメなベルトで引き締めたスタイリング。

黒よりも重たくならないホワイト×オフホワイトのモノトーンが、軽やかな着こなしを叶えます。

 

派手に見えて扱いにくい長めのスポーティなベルトでも、モノトーンなら失敗しませんよ♪

 

5. ブーツとベルトをリンクして統一感アップ

 

 

ノースリーブワンピースは、時代を問わず人気のある春夏のマストバイアイテムのひとつ。

ツートンカラーのデザインなら、立体感が出しにくいワンピースをおしゃれに着こなしたいときにも役立ちます。

 

細めのベルトでウエストマークすることによって、より奥行きとメリハリのあるスタイリングが完成します。

ベルトとサンダルのカラーをリンクさせて、統一感を出すのがおすすめです。

 

もしもカーディガンをレイヤードするときは、近しいカラーを合わせると失敗しにくいですよ。

 

※ニットベストの関連記事:  ニットベストのおしゃれなコーディネートや着こなしのポイントを解説

 

 

コート(アウター)×ウエストマークのおすすめコーデ

 

最近は、おしゃれ女子の間でコートのウエストマークが流行っています。

共布ベルトやリボンのないコートでも手持ちのアイテムでウエストマークをすると、いつもと違う新鮮な印象になりますよ。

 

1. ベルトで甘さを調節

 

 

ピンクのコートと、レーススカートの組み合わせが大人かわいい印象。

コートをばさっと羽織ると甘さが強すぎてしまうため、太めのベルトでウエストマークをし、バランスを整えるのがベストアンサーです。

 

あからさまなあざとかわいいを回避して、品のある着こなしに導いてくれます。

 

2. メリハリが効く7:3の配分

 

 

カラーパンツを取り入れたいけど、派手になりすぎるのが怖いという人へ。

膝が隠れるくらいのコートを羽織ってウエストマークし、裾からちらっと覗かせると悪目立ちせずおしゃれに着こなせますよ♪

 

7:3の絶妙な配分がコーディネートのバランスを整えてくれます。

 

3. タッセル紐でカジュアルダウン

 

 

女優のようなオーラをまとえる、エレガントなガウンコートが主役。

おしゃれすぎて日常使いしにくい!というときは、タッセルベルトでウエストマークをしてみてください。

適度にカジュアルダウンできて、シルエットも崩しません♪

 

デニムで親近感をアップさせると、臆することなく取り入れられますよ。

 

※カジュアルダウンの関連記事:  カジュアルダウンってなに?言葉の意味や着こなしのポイント、お役立ちアイテムも紹介

 

 

オールインワン×ウエストマークのおすすめコーデ

 

オールインワンとは、サロペットやオーバーオール、コンビネゾンロンパースなど1枚で切られるお洋服のこと。

キャミワンピや、ジャンスカも広義の意味ではオーバーオールの一種です。

 

オールインワンのウエストマークは馴染みがない人も多いと思いますが、実は最近流行っているんです♪

 

1. 共布ベルト付きジャンパースカートならウエストマークは簡単!

 

 

ジャンパースカートのウエストマークは、バランスを取るのが難しいですよね。

そんなときは無理にアイテムを買い足そうとせず、共布ベルト付きのアイテムに頼りましょう。

 

写真のようにボタン付きの1枚なら縦ラインを強調でき、ウエストマークの相乗効果もあってスタイル良く見せられますよ♪

 

2. グレンチェック柄でクラシックに

 

 

幼くなりやすいチェック柄でも、グレンチェック×ダークカラーなら大人っぽく着こなせます。

フロントのベルトが適度なかっちり感を加えて、メンズライクに寄りすぎず女性らしさを強調できるのもポイントです。

 

インナーには寒色を採用することで着膨れず、スッキリとした印象になります。

 

3. 腰の位置が高く見える小ワザ

 

 

オールインワン(つなぎ)はゆるっとしたシルエット、かつ腰の位置がやや低く作られているアイテムが多いため、足が短く見えてしまうこともあります。

そんなときのお役立ちアイテムが、華奢なベルトです。

 

ウエストマークをすることによって腰の位置が高く見え、脚長効果が期待できますよ。

視覚の錯覚を使った小ワザなので、覚えておいて損はありません♪

 

※オールインワンの関連記事:  一枚でおしゃれが叶う!オールインワンをコーデにプラスしてみよう♪

 

 

ボトムス×ウエストマークのおすすめコーデ

 

ボトムスのウエストマークはイメージがつきやすく、すでに取り入れている人も多いのではないでしょうか。

ここでは周りと差がつく、キャッチーなウエストマークの方法をご紹介します♪

 

1. キャンバス地のベルトで適度にハズして

 

 

顔まわりを明るく華やかにしてくれるイエローのロンTの相棒に、光沢のあるプリーツスカートをセレクト。

つなぎにキャンバス地のベルトを使って適度な外しを与えると、素材の異なる上下も自然と馴染みます。

 

2. バギーパンツの重さをウエストマークで軽減

 

 

スカートにも見えるバギーパンツは、若干重たい印象を与えてしまうこともあります。

そんなときにも役立つのがウエストマークです。

 

トップスをふんわりとラフにインしてベルトでシェイプすれば、広がりを抑えたシャープなシルエットを作れます。

 

3. フリルブラウスはデニムとウエストマークでバランスを調節

 

 

取り入れるだけでチャーミングな着こなしを実現できるフリルシャツ。

フレアや花柄スカートでとことんキュートに徹するのもアリですが、大人っぽく着こなしたいならデニムを選んでみてください。

 

さらに華奢なベルトでウエストマークをすると、今っぽいスタイリングに仕上がります。

トップスの軽やかさとボトムの重厚感の好バランスが、さらなるメリハリを与えます。

 

 

パーティードレス×ウエストマークのおすすめコーデ

 

最後にパーティードレスのウエストマークをご紹介します♪

 

1. くすみ色をガーリーに転換

 

 

くすみブルーのレースドレスは、大人っぽく落ち着いた印象を与えられる一方、若い人が着ると老けて見えてしまうこともしばしば。

そんなときはドレスと同系色のリボンでウエストマークし、適度な甘さを加えるのが◎

 

もっと上品かつ華やかに仕上げたいときは、ビジュー付きのベルトを合わせるのもおすすめです。

 

2. メリハリを加えるだけでなく華やかさもプラス

 

 

ビスチェ風のオールインワンドレスは、かわいいよりクールな印象を与えたい人にぴったり。

1枚だとシンプルすぎて不安に感じるときは、ビジューやパール付きの華奢なベルトでウエストマークをするのがベストアンサーです。

 

メリハリを加えられるのはもちろんですが、華やぎが増してパーティー会場により馴染むコーディネートが完成します。

 

3. 同系色のつなぐリボンのアクセント

 

 

トップスとボトムをセットアップ風に着こなしてドレスアップしたいときにも、ウエストマークは役立ちます。

 

普通なら甘くなりすぎる大きめリボンも、パーティー会場ならちょうどいいアクセントに。

フロントではなくちょっとサイドにずらすと、大人っぽい印象になるでしょう。

 

 

ウエストマークでメリハリと立体感をプラスしよう♪

 

ウエストマーク

 

ウエストマークはメリハリや立体感を与えられるだけでなく、コーディネートのマンネリ化を防ぎたいときにも効果的です。

 

ウエストマークのアイテムはベルトだけでなく、リボンやウエストバッグ、スカーフも活用できるので、慣れてきたらぜひ取り入れてみてください♪

コンサバに見えやすいアイテムでも、ウエストマークをすれば今っぽい着こなしにシフトできますよ。

 

ぜひ自分らしいウエストマークを見つけて、スタイリングの幅を広げましょう!

 

▼ファッションテクの関連記事

 

・  楽々スタイルアップできる「タックイン」のコツ!おしゃれな着こなし方を紹介

・  地味見えしないシンプルコーデ!洗練された大人のコーデにするためのポイントを解説

・  脱・太見え!「着痩せ」コーデで賢くスタイルアップしよう♪

・  華奢な女性必見!コーデに取り入れておきたいポイントやおすすめコーデ


フォローして最新記事をチェック!



検索

カテゴリ一覧

ファッション(420)
   着回し/コーデ(90)
   髪型/ヘアスタイル/ヘアアレンジ(85)
   眼鏡/コンタクト/カラコン(9)
メイク・コスメ(518)
   ベースメイク(52)
   アイメイク(75)
   リップ/グロス(35)
   ネイル(19)
   コスメブランド/メーカー(241)
美容(168)
   スキンケア(86)
   髪/シャンプー/リンス/コンディショナー/トリートメント(47)
   石鹸/ソープ/洗顔料(11)
   ダイエット(8)
健康(71)
   健康食品/サプリメント/プロテイン(13)
   スポーツ/運動/トレーニング(9)
   冷え/温活(4)
ライフスタイル(284)
   生活雑貨/生活用品(27)
   お祝い/ギフト/プレゼント(25)
   趣味(10)
   お出かけ/観光/旅行/デート(36)
   妊娠/出産/子育て(3)
   家庭菜園/ガーデニング(4)
インテリア(75)
   内装/レイアウト(5)
グルメ(101)
   カフェ/喫茶店/ドリンク(33)
   ケーキ/お菓子/スイーツ/パティスリー/パン(32)
   レシピ(31)
アート/カルチャー(42)
   写真/カメラ(8)
   ハンドメイド/クラフト(19)

スキンケア

エイジングケア(45)
保湿(224)
美白(45)
乳液(53)
クリーム(129)
オイル(36)
化粧水(149)
美容液(117)
基礎化粧品(162)
ニキビ(24)
毛穴ケア(45)
角質ケア(58)
肌荒れ(35)
くすみ(57)
クマ(10)
たるみ(21)
ハリ不足(46)
スペシャルケア(151)
セルフケア(82)
UV対策(54)
日焼け対策(44)
日焼け止め(22)
しわ(13)

肌質

乾燥肌(153)
敏感肌(107)
脂性肌(55)
混合肌(42)

コスメ/メイク

ツヤ肌(152)
マット肌(60)
ミネラルコスメ(59)
デカ目(70)
小顔(5)
韓国(111)
化粧(251)
ポイントメイク(258)
メイクテク(125)
ナチュラルメイク(193)
美肌(167)
メイク道具(35)
化粧下地/ファンデーション/コンシーラー(165)
テカリ防止(28)
アイメイク(192)
リップ/グロス(165)
チーク(103)
カラーメイク(52)

ファッション

春コーデ(118)
夏コーデ(111)
秋コーデ(130)
冬コーデ(132)
スタイル(260)
テイスト(240)
シーン別(54)
大人コーデ(176)
カジュアル(169)
綺麗め(177)
フェミニン(132)

年代別

10代(10)
20代(19)
30代(21)
40代(14)
50代(9)

恋愛

片思い(26)
男性心理(43)
カップル(37)
恋愛観(45)
恋愛テクニック(48)
モテ仕草(5)

ヘアスタイル

ショートヘア(60)
ロングヘア(66)
セミロング(62)
ボブ(66)
スタイリング(100)
ヘアケア(87)
ヘアカラー(34)
ヘアアクセ(27)

ライフスタイル

ホームパーティー(25)
グルメ/レシピ(141)
ヘルシー(50)
運動(23)
筋トレ(9)
リラックスタイム(55)