logo

Top > ファッション > 着回し/コーデ

ハイネックとタートルネックの違いとは?ハイネックのおしゃれな着こなし術20選






ハイネックとは、首にそって立ち上がった襟のことです。

凛とした女性らしい着こなしを楽しめ、カジュアルに寄り過ぎずきちんと感も演出できるお役立ちアイテム。
一方で、「イマイチおしゃれに着こなせない」「ハードルが高くて日常使いしにくい」という方もいると思います。

今回はハイネックのおしゃれな着こなしを、セーターやワンピース、カットソーといったアイテム別にご紹介します!
誰でも簡単にできる着こなしから、おしゃれ上級者向けのコーディネートまで幅広くピックアップしたので、ぜひチェックしてみてください。

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、臨時休業あるいは営業時間の変更等の措置を取っている店舗・施設がございます。


お出かけ前に、店舗・施設の公式HPやSNS等で最新情報のご確認をお願い致します。


【目次】ハイネックとタートルネックの違いとは?ハイネックのおしゃれな着こなし術20選

 

ハイネックとは?タートルネックとの違い

ハイネックを着こなすコツ

1. ワンツーコーデでシンプルに

2. ジーンズでカジュアル&リラックス

3. ワントーンコーデで旬のスタイリングへシフト

4. モノトーンでシックに

5. シャツのレイヤードでこなれ感アップ

ハイネックニット(セーター)を使ったおすすめコーディネート

1. タイトスカートですっきりしたIラインを形成

2. イエロー×アイボリーでフェミニンとハンサムを両立

3. やさしい冷感で爽やかに転換

4. チェック柄スカートでトラッドに

5. ピンクが甘く転ばないセットアップコーデ

ハイネックワンピースを使ったおすすめコーディネート

1. ストールでニュアンスチェンジ

2. ジーンズでメンズライクなニュアンスをプラス

3. マーメイドライン×花柄でとことんフェミニンに

4. ドレッシーとリラックスのバランスがよい1枚を主役に

5. コーデが苦手な人の救世主!

ハイネックのカットソーを使ったおすすめのコーディネート

1. ノスタルジックなスカートでレトロに

2. キュートになりすぎない白のワントーンコーデ

3. グリーン×ホワイトの知的なコンビ

4. ジャンパースカート×ハイネックで適度にリラックス

5. タイトスカートでボリュームダウン

6. まろやかカラーでレザースカートの重厚感を軽減

7. ミントグリーンでモノトーンコーデをアップデート

ハイネックのノースリーブ・半袖トップスを使ったおすすめのコーディネート

1. レースブラウス×サテンの光沢でドレッシーに

2. 親しみやすいかっこよさを演出できる組み合わせ

3. シルキーなブラウスでデニムスカートをクラスアップ

ハイネックで女性らしさを格上げ!

 

ハイネックとは?タートルネックとの違い

 

 

ハイネックは、首にそって立ち上がった襟の総称です。

 

モックネックやボトルネックも、ハイネックの一部。

似たようなアイテムでも販売メーカーによって、ハイネックと名付けたり、モックネックにしたりということも多々あります。

 

また、ハイネックと混同しやすいタートルネックは、下の写真のように首にそって折り返された高い襟のことです。

 

ハイネックとタートルネックの違い
タートルネック: MAGASEEK

 

襟を折り返すか、折り返さないかがハイネックとタートルネックの大きな違いです。

 

ハイネックはどんなアイテムでも、クラシックで凛とした印象を与えられるのが魅力のひとつ。

ニットやベストなどのインナーとしても重宝し、こなれ感のあるレイヤードコーディネートが叶います。

デコルテラインがすっきりした、ノーカラーコートとも好相性ですよ♪

 

ハイネックのアイテムを1着でも持っていると、プライベートからフォーマルなシーンまで幅広く使えて便利です。

本記事では、アイテム別のおしゃれなスタイリング術をたっぷり紹介しているので、ぜひ最後まで読み進めてみてくださいね。

 

※タートルネックの関連記事:  着回し力抜群!タートルネックの定番おしゃれコーデまとめ

 

 

ハイネックを着こなすコツ

 

ボトムを選ばず着まわしやすいハイネックですが、ハイネックがもつ魅力を最大限引き出して、おしゃれに着こなすにはどうすれば良いでしょうか。

誰でも簡単にできて、明日から取り入れられるコーディネートのコツを5つピックアップしたので、ぜひ参考にしてください。

 

1. ワンツーコーデでシンプルに

 

 

ワンツーコーデとは上記の写真のように、トップスとボトムの2アイテムで作るミニマルなコーディネート。

ハイネックがもつ品の良さやクラシックな雰囲気を引き立たせ、知的な印象を与えられます。

 

センタープレス入りのパンツを合わせてエレガントなルックスを完成させるのも、スカートで女性らしさを底上げするのもおすすめです。

シンプルなコーディネートだからこそ、キャッチーな小物も映えます。

 

メタリック調やアニマル柄の小物で、モダンなニュアンスを加え、大人のセンスを主張するのも良いでしょう。

 

※ミニマルコーデの関連記事:  好きな服だけをおしゃれに着回す!「ミニマリスト」になるための服選びのポイント&季節のコーデ

 

2. ジーンズでカジュアル&リラックス

 

 

定番だけど外れない、ジーンズとハイネックのコンビ。

 

ややワイドなジーンズを合わせて、メンズライクに落とし込めば、今っぽいスタイリングが完成します。

同系色で合わせて統一感を出すのがこなれ感をアップするコツです。

 

コーディネートによってはラフになりすぎてしまうジーンズですが、ハイネックのトップスならリラックスムード漂う大人の佇まいを演出できます。

 

※デニムの関連記事:  デニムコーデの脱マンネリ!大人カジュアルな着こなしポイントやおすすめコーデをチェック

 

3. ワントーンコーデで旬のスタイリングへシフト

 

 

ワントーンコーデとは、色彩に関わらず、彩度や明度を統一したコーディネート。

どんなアイテムを組み合わせても、洗練された大人っぽいコーディネートに着地できます。

 

写真のようにホワイトやベージュで統一すれば、ナチュラルかつ温かみのある女性らしい雰囲気に。

ブラックやグレーなどダークトーンで揃えると、都会的なムードが漂うモードな着こなしを楽しめます。

 

プチプラアイテムでもコーディネートが高見えし、気取らない旬のスタイリングを実現できるのも魅力です。

ハイネックのトップスを投入するだけで、おしゃれ度がグッとアップします。

 

4. モノトーンでシックに

 

 

シックで大人っぽいルックスを叶える、モノトーンコーディネート。

 

一方で、マンネリ化しやすいのが悩みという声も。

そんなときにも、ハイネックのトップスは大活躍です!

 

いつもと違う大人っぽさが手に入り、モノトーンコーディネートの鮮度を高められます。

周りと差をつけたいならシンプルなデザインよりも、凝ったディテールのアイテムを選ぶのがおすすめです。

 

5. シャツのレイヤードでこなれ感アップ

 

 

シャツのやブラウスのインナーに、ハイネックのトップスをセレクトすると、簡単にこなれ感がアップ!

ちょっぴりハードルが高いと感じる人は、写真のようにモノトーンからトライすると失敗しませんよ。

 

上級者は、パッと目を惹くアクセントカラーをアクセサリー感覚で投入すると、モダンかつスタイリッシュななルックスへと即転換できます。

 

 

ハイネックニット(セーター)を使ったおすすめコーディネート

 

秋冬のコーディネートに欠かせないニットは、ハイネックを選ぶとカジュアルに寄りすぎず、きれいめなスタイリングに。

ハイネックのニットを取り入れた、おすすめのコーディネートをピックアップしました♪

 

1. タイトスカートですっきりしたIラインを形成

 

 

ハイネックの薄手ニットに、タイトスカートを合わせたコーディネート。

やや丸みのある柔らかいニットの存在感を引き立てるには、シンプルかつ広がりの少ないアイテムを合わせるのがおすすめです。

 

小物やトップスはブラックで統一して締めて、スカートに白を投入すれば統一感のあるコーディネートに仕上げられます。

 

2. イエロー×アイボリーでフェミニンとハンサムを両立

 

 

パッと目を惹くアクセントカラーのハイネックニットは、ハンサムレディなルックスを完成させたいときにぴったりのアイテム。

中でもイエローは、フレッシュかつヘルシーな印象を与えられるカラーです。

 

穏やかなアイボリーのパンツを合わせれば、ハンサムに寄りすぎず女性らしいコーディネートに。

足首の上品な肌見せが、軽やかな着こなしを後押しします。

 

3. やさしい冷感で爽やかに転換

 

 

淡いブルーのハイネックニットをモノトーンに投入すると、爽やかなコーディネートへシフトできます。

重くなりやすい秋冬のコーディネートに、あえてペールトーンを投入することで、定番のアイテムでもどこか新鮮な印象に。

スーツのような素材のパンツをセレクトすれば、リラックスもきちんと感も同時に手に入れられます。

 

もこもこの小物で、季節ムードを高めるのも良いでしょう。

 

※ペールトーンの関連記事:  流行りのペールトーンってどんなカラー?人気カラー別のコーディネートもチェック

 

4. チェック柄スカートでトラッドに

 

 

コーディネートを間違えると、幼くなりやすいチェック柄スカートも、ハイネックのニットと合わせればトラッドな着こなしに。

ハイゲージのシンプルなニットなら、チェック柄を引き立てて端正なシルエットを作れます。

 

足元にはトラッドなスタイリングと好相性なブーツをセレクトすれば、ちょっぴりボーイッシュで、抜け感のあるトラッドガールスタイルの完成です。

 

※チェック柄の関連記事:  四季に合わせたおすすめのチェック柄コーデを紹介!

 

5. ピンクが甘く転ばないセットアップコーデ

 

 

甘くなりやすいピンクも、ハンサムレディな印象へ促せるセットアップなら、キュートに転ばずバランスの良いスタイリングに。

インナーにはブラックのハイネックニットを選んで、真逆のイメージをもつカラーをぶつけると、メリハリが生まれます。

 

ややオーバーサイズのセットアップを合わせることで真面目になりすぎず、抜け感のあるコーディネートに着地。

フェミニンもハンサムも、同時に叶えたい人にぴったりな装いです。

 

▼合わせて読みたい

・  実は簡単なセットアップコーデ♪ おしゃれな着こなしのコツや選び方、おすすめブランドアイテムをチェック!

・  レディースのオーバーサイズコーデの着こなしポイント&素敵コーデをチェック♪

 

 

ハイネックワンピースを使ったおすすめコーディネート

 

ハイネックのワンピースは、シンプルなアイテムでもドレッシーな着こなしを楽しめます。

1年中を通して使えるため、ワードローブに加えるとコーディネートの幅がグッと広がりますよ。

 

1. ストールでニュアンスチェンジ

 

 

ハイネックのニットワンピースは、小物やアウターでガラッと印象を変えられるアイテム。

キリッとしたダークブラウンに、まろやかなベージュのストールをアウター感覚でONすると、やさしい印象にシフトできます。

 

ニットワンピースがもつリラックス感はそのままに、ハイネックならきちんと感もプラスできるのが魅力です。

足元はショートブーツでスタイルアップを狙いつつ季節感を意識するのも、スニーカーでカジュアルに仕上げるのもおすすめですよ♪

 

▼合わせて読みたい

・  いくつもある「ストール」の巻き方をマスター!ストールでいつものコーデを格上げしてみよう♪

・  あらゆるコーデにマッチするショートブーツの魅力を徹底解説!おすすめの人気ブランドも紹介

 

2. ジーンズでメンズライクなニュアンスをプラス

 

 

ハイネックのニットワンピースのルーズなシルエットを整えるように、細身のジーンズを選択。

スニーカーを合わせてメンズライクに落とし込むと、抜け感が生まれます。

 

ちょっとそこまでのお出かけから、アクティブなデートまで活用できるコーディネートです。

 

※メンズライク コーデの関連記事:  「メンズライク」なコーデってどんなコーデ?おしゃれな着こなしポイントを紹介

 

3. マーメイドライン×花柄でとことんフェミニンに

 

 

取り入れるだけで女性らしさを底上げできるマーメードラインに加え、花柄がフェミニンな印象を加速。

甘くなりすぎないライトグレーがメインカラーだから、大人っぽく着こなせます。

 

さらに、ハイネックが凛とした印象を後押ししているのもポイント。

メタリック調のフラットシューズなら、かわいいで終わらず、モダンで都会的なコーディネートに仕上げられますよ。

 

4. ドレッシーとリラックスのバランスがよい1枚を主役に

 

 

ワイドなシルエットながらきれいなAラインで、モードとフェミニンを両立できる、ハイネックワンピースが主役。

ふんわりとしたパフスリーブや裾のドレープなど凝ったディテールのおかけで、ルーズに転ばないのもポイントです。

 

やや膨張しやすいシルエットを落ち着かせるために、足元にはスニーカーを持ってきてコーディネートをぐっと引き締めれば、メリハリも生まれます。

髪の毛をまとめてハイネックの端正なシルエットを目立たせると、キリッとしたかっこいい印象を与えらますよ。

 

5. コーデが苦手な人の救世主!

 

 

こちらは、ハイネックのニットとシャツをドッキングした楽チントップス。

シャツとハイネックニットのレイヤードは、数年前からおしゃれ女子の間で流行っている着こなしですが、色の組み合わせやおしゃれに着こなすコツが分からない人も多いはず。

 

そんなときに頼りになるのが、ドッキングトップスです。

組み合わせを考えなくとも、トレンドのスタイリングを楽しめます。

 

スキニージーンズで広がりのあるシルエットを引き締め、カジュアルかつハンサムな着こなしに着地するのも、ワイドなパンツで適度なラフさのあるコーディネートに仕上げるのもおすすめです。

 

▼合わせて読みたい

・  オールシーズン着回せるニットワンピース!おすすめブランドやコーデも紹介♪

・  スキニーを選ぶ時のポイントやおすすめのブランド、おしゃれなスキニーコーデを紹介

 

 

ハイネックのカットソーを使ったおすすめのコーディネート

 

ハイネックのカットをーを取り入れた、おしゃれなコーディネートをご紹介します。

 

カジュアルになりやすいカットソーでも、ハイネックならきちんと感と適度なラフさを兼ね備えたバランスの良いスタイリングに仕上がります。

カジュアル・フェミニン・エレガントなど、様々なスタイルを取り上げるので、ぜひ参考にしてください。

 

1. ノスタルジックなスカートでレトロに

 

 

ハイネックのカットソーに、フレアラインのノスタルジックな雰囲気漂うスカートを合わせたコーディネート。

ちょっぴりレトロな佇まいが遊び心ある大人のスタイリングを完成させ、周りと差がつく着こなしに。

 

品良くまとめるにはアーモンドトゥのショートブーツをセレクトして、辛いインパクトを加えるのがおすすめです。

 

2. キュートになりすぎない白のワントーンコーデ

 

 

オールホワイトのワントーンコーディネートを、キュートに転びすぎないようにするためには、アイテムの組み合わせが重要。

端正なシルエットを作れるハイネックと、縦ラインを強調できるタイトなシルエットのスカートなら、甘くなりすぎず大人っぽい着こなしが叶います。

 

薄手のトップスの透け感が女性らしさを底上げし、軽やかな着こなしをアシストしているのもポイント。

コントラストの効いた黒のブーツを合わせ、アクセントとメリハリを加えるのもおすすめです。

 

※ショルダーバッグの関連記事:  どんなコーデでも合わせやすいショルダーバッグ!おすすめのブランドやアイテム10選

 

3. グリーン×ホワイトの知的なコンビ

 

 

深みのあるグリーンのハイネックは、モードライクな着こなしを楽しめるお役立ちアイテム。

パキッとしすぎないホワイトのフレアパンツが、ハイネックの端正なシルエットを引き立て、エレガントな着こなしへと導きます。

 

グリーン×ホワイトは、後輩から慕われる知的な先輩を演出したいときに、ぴったりの組み合わせです。

フォーマルなシーンやオフィスカジュアルにも、ぜひ取り入れてみてください♪

 

▼合わせて読みたい

・  センス良く見える「モスグリーン」!シーズン別におすすめコーデを紹介

・  今更聞けない「オフィスカジュアル」って?基本ルールからおすすめアイテムまでご紹介♪

 

4. ジャンパースカート×ハイネックで適度にリラックス

 

 

デニム地のジャンパースカートを、今っぽい着こなしに促すハイネックのカットソー。

ニットをインナーに選ぶのもOKですが、カットソーの方が適度にラフで抜け感のあるスタイリングに仕上げられます。

 

スクエアトゥのショートブーツなら品のある足元を演出でき、全体的にフェミニンとリラックスのバランスが整ったコーディネートが完成しますよ。

 

※スクエアトゥの関連記事: スクエアトゥでこなれ感のある足元に!種類別おすすめコーデ&ダサ見えしないコツも

 

5. タイトスカートでボリュームダウン

 

 

身体のラインを拾いにくいオーバーサイズのカットソーは、お家のリラックスタイムからタウンユースまで活躍するため、ワードローブに1着は加えたいアイテムのひとつ。

一方でラフになりたすいため、お出かけのときはコーディネートに一工夫するのがコツです。

 

こちらのコーディネートは、チェックのタイトスカートを合わせてトップスのボリュームをダウンし、Iラインシルエットを意識したコーディネートにまとめています。

エレガントな印象を与えるタイトスカートでも、チェック柄なら日常になじみやすく、オーバーサイズのトップスとも好相性です。

 

トップスの色とシューズをリンクさせれば、全体的に上手くまとまり、余裕のある大人の佇まいを演出できます。

 

6. まろやかカラーでレザースカートの重厚感を軽減

 

 

モードなコーディネートや、ハンサムレディな着こなしに重宝するレザースカート。

少し前からトレンドアイテムとして注目されていますが、日常使いするにはややハードルが高めです。

 

そんなときは、マイルドなカラーのハイネックカットソーを合わせて、レザースカートがもつ重厚感を軽減するのがベスト。

 

足元はスニーカーでカジュアルに落とし込めば、新顔アイテムも身近な存在になり、エフォートレスなコーディネートが完成しますよ。

 

7. ミントグリーンでモノトーンコーデをアップデート

 

 

モノトーンの重さを軽減するために、淡く曖昧なカラーのアウターをON。

すると、軽やかな着こなしへシフトできるだけでなく、定番の着こなしに今っぽい抜け感を加えて、いつもと違う新鮮な印象を演出できます。

知的な印象に促せるミントグリーンなら、モノトーンとも好相性です。

 

フェミニンなスカートにメンズライクなシャツ、端正なハイネックのカットソーという印象が異なる3アイテムですが、定番のアイテムなら上手く調和します。

 

※合わせて読みたい:  カットソーで楽におしゃれを楽しもう!着こなしのコツ&失敗しない選び方も解説

 

ハイネックのノースリーブ・半袖トップスを使ったおすすめのコーディネート

 

春夏に重宝するノースリーブや半袖は、ハイネックにするだけで、周りと差がつくワンランク上のコーディネートに。

コーディネートのマンネリ化を防ぐためにも、1着はワードローブに加えたいアイテムです。

 

1. レースブラウス×サテンの光沢でドレッシーに

 

 

ブラック×ブルーのはっきりしたコントラストが目を惹く、メリハリのあるスタイリング。

キュートなレースのトップスでも、ハイネックかつブラックならキリッとした印象に。

シャイニーな光沢感のあるスカートとも相性よくマッチし、ドレスライクなスタイリングを楽しめます。

 

デイリーよりも特別な日や、フォーマルなシーンでのコーディネートにおすすめのコーディネートです。

 

2. 親しみやすいかっこよさを演出できる組み合わせ

 

 

ハイネックのノースリーブTシャツに、センタープレスのパンツを合わせたハンサムレディなルックス。

同じグレーの上下でも、濃淡が異なる色彩を組み合わせることで、コーディネートに奥行きと統一感が生まれます。

 

無駄のないシンプルなワンツーコーデだからこそ生まれる親しみやすいかっこよさで、デキる女をアピールしてみてはいかがでしょうか♪

 

3. シルキーなブラウスでデニムスカートをクラスアップ

 

 

ハイネックのブラウスに、デニムスカートを合わせたコーディネート。

程よいツヤのあるトップスが、デニムスカートをクラスアップし、エレガントな着こなしを後押しします。

 

足元はサンダルで抜け感を与えるのも、ヒールで女性らしさを高めるのもおすすめです。

 

 

ハイネックで女性らしさを格上げ!

 

 

ハイネックは、凛とした女性らしい佇まいを演出できるお役立ちアイテムのひとつ。

シンプルなデザインでも簡単にこなれ感がアップし、ニットやベストのインナーとしても重宝します。

 

ジーンズやチノパンと合わせても、カジュアルに寄りすぎず、女性らしいコーディネートに仕上げられるのも魅力です。

 

まだハイネックのアイテムを持っていない人は、本記事を参考にコーディネートの幅を広げてみてください♪


フォローして最新記事をチェック!



検索

カテゴリ一覧

ファッション(349)
   着回し/コーデ(81)
   髪型/ヘアスタイル/ヘアアレンジ(60)
   眼鏡/コンタクト/カラコン(8)
メイク・コスメ(397)
   ベースメイク(34)
   アイメイク(53)
   リップ/グロス(26)
   ネイル(13)
   コスメブランド/メーカー(191)
美容(144)
   スキンケア(79)
   髪/シャンプー/リンス/コンディショナー(40)
   石鹸/ソープ/洗顔料(11)
   ダイエット(8)
健康(70)
   健康食品/サプリメント/プロテイン(13)
   スポーツ/運動/トレーニング(8)
   冷え/温活(4)
ライフスタイル(226)
   生活雑貨/生活用品(23)
   お祝い/ギフト/プレゼント(21)
   趣味(9)
   お出かけ/観光/旅行/デート(34)
   妊娠/出産/子育て(3)
   家庭菜園/ガーデニング(4)
インテリア(67)
   内装/レイアウト(5)
グルメ(88)
   カフェ/喫茶店/ドリンク(30)
   ケーキ/お菓子/スイーツ/パティスリー/パン(27)
   レシピ(28)
アート/カルチャー(37)
   写真/カメラ(8)
   ハンドメイド/クラフト(16)

スキンケア

エイジングケア(43)
保湿(183)
美白(44)
乳液(36)
クリーム(106)
オイル(24)
化粧水(109)
美容液(87)
基礎化粧品(125)
ニキビ(20)
毛穴ケア(35)
角質ケア(44)
肌荒れ(25)
くすみ(47)
クマ(10)
たるみ(21)
ハリ不足(38)
スペシャルケア(118)
セルフケア(55)
UV対策(40)
日焼け対策(31)
日焼け止め(13)
しわ(13)
洗顔/クレンジング(72)

肌質

乾燥肌(112)
敏感肌(89)
脂性肌(33)
混合肌(26)

コスメ/メイク

ツヤ肌(124)
マット肌(51)
ミネラルコスメ(53)
デカ目(63)
小顔(3)
韓国(75)
化粧(188)
ポイントメイク(205)
メイクテク(94)
ナチュラルメイク(152)
美肌(137)
メイク道具(30)
化粧下地/ファンデーション/コンシーラー(122)
テカリ防止(19)
アイメイク(140)
リップ/グロス(128)
チーク(76)
カラーメイク(36)

ファッション

春コーデ(99)
夏コーデ(95)
秋コーデ(111)
冬コーデ(111)
スタイル(222)
テイスト(204)
シーン別(50)
大人コーデ(145)
カジュアル(137)
綺麗め(151)
フェミニン(109)

年代別

10代(4)
20代(13)
30代(14)
40代(8)
50代(5)

恋愛

片思い(25)
男性心理(42)
カップル(36)
恋愛観(45)
恋愛テクニック(47)
モテ仕草(4)

ヘアスタイル

ショートヘア(42)
ロングヘア(47)
セミロング(44)
ボブ(48)
スタイリング(73)
ヘアケア(70)
ヘアカラー(26)
ヘアアクセ(23)

ライフスタイル

ホームパーティー(23)
グルメ/レシピ(121)
ヘルシー(46)
運動(20)
筋トレ(8)
リラックスタイム(43)

人気記事ランキング