logo

Top > ファッション > ビジネス

今更聞けない「オフィスカジュアル」って?基本ルールからおすすめアイテムまでご紹介♪






「オフィスカジュアル」という言葉を聞いたことがありますか?

オフィスカジュアルは、「オフィスでの仕事にふさわしいカジュアルな装い」という意味をもつワードなのですが、「オフィスでの仕事に適したカジュアルな格好ってどんな格好が良いんだろう?」と不思議に感じた方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、気になるオフィスカジュアルの基本ルールやおすすめアイテムをご紹介します。
職場でオフィスカジュアルを着こなし、より仕事をしやすくしましょう♪

【目次】今更聞けない「オフィスカジュアル」って?基本ルールからおすすめアイテムまでご紹介♪

 

「オフィスカジュアル」って?

オフィスでのNGな着こなし

1. 露出度が高い

2. 色・柄が派手すぎる

3. ヨレヨレの服、カジュアルすぎる素材

4. スニーカー、サンダル

5. 派手なヘアとメイク&小物

オフィスカジュアルのルール&コツ

オフィスカジュアルの基本ルール

カラー選びのコツ

コーデのコツ

シューズ選びのコツ

オフィスカジュアルの素敵なコーデ集

スカートを使った素敵なオフィスカジュアルコーデ

パンツを使った素敵なオフィスカジュアルコーデ

基本ルールを把握して楽しくオフィスカジュアルを楽しもう

 

 

「オフィスカジュアル」って?

 

オフィスカジュアルとは

 

「オフィスカジュアル」という言葉は浸透しつつあるビジネスワード・ファッションワードではありますが、いまいちピンとこない方も多いのではないでしょうか。

オフィスカジュアルは、「オフィスでの仕事にふさわしい、カジュアルな装い」を指す言葉。

いわゆる「カジュアルすぎないきれいめコーデ」「きちんと感がある装い」です。

 

オフィスカジュアル

 

ひと昔よりも会社の規定服やスーツ着用義務が厳しくはなくなった昨今、こうした「きちんと感がありながらカジュアルでオフィスに適した服」が人気になりました。

比較的自由なコーディネートやカジュアルなコーディーネートができるようになったのは嬉しいですが、「きれいめコーデといっても、どこまでカジュアルで良いの?」「カジュアルファッションとオフィスカジュアルの線引きがわからない」という方もいらっしゃるかと思います。

そこで今回は、「オフィスカジュアル」の基本ルールやNGな着こなし、おすすめアイテムやオフィスで勤務される20代〜30代向けの素敵なコーデをご紹介します♪

オフィスでの装いにお悩みの方は必見です!

 

 

オフィスでのNGな着こなし

 

まずは基本ルールを見る前に、オフィスの装いで避けるべきNGな着こなしを見ていきます。

明らかにNGとわかるものを知っておけば、大きな失敗をすることはまずありません。

 

1. 露出度が高い

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by ❥ L E N A ✨ (@lena.summer.fashion) on

 

言わずもがなですが、胸元が大きくあいたトップスや膝よりかなり上のスカートなど、肌の露出が多い服はオフィスにふさわしくありませんよね。

オフィスカジュアルは人の目を過度に集めない、落ち着いたコーディネート・装いであることが重要です。

あまりに露出度が高い場合は「この人は会社に遊びにきてるのか?」と思われてしまうこともあります。

 

また、夏場に薄着になった時にインナーの形がわかるもの・透けるものを選ぶのもNGです。

上からカーディガンを羽織るなど工夫しておきましょう。

 

スカートに関しては社内規定で決まっている企業もあるかと思いますが、その場合はおおよそ膝上7cmまでが多いようです。

一度社内規定をチェックしてみて、どんなルールがあるのか見ておくと服装選びを進めやすいでしょう。

また、ピタピタのパンツや体の線がわかるトップスもオフィスにはおすすめできません。

 

2. 色・柄が派手すぎる

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by 🍥Sammy🍥 (@synthpopcircus) on

 

おそらく派手カラーを通勤着に選ぶ方はあまりいらっしゃらないかと思いますが、

 

  • あまりに目がチカチカするようなカラーリング
  • ビビッドカラー
  • アニマル柄
  • 蛍光色

 

といったカラー・柄は避けましょう。

「清潔感」を心がけて選ぶと、おのずとオフィスに適したカラーリングが分かってくるはずです。(おすすめカラーは後ほどご紹介します)

 

3. ヨレヨレの服、カジュアルすぎる素材

 

カジュアルすぎる服

 

さきほど少しご紹介した「清潔感」のお話にも通じますが、シワシワな服やどこかよれてる服はだらしない印象になりがち。

 

  • 明らかに普段着に見える素材(スウェットやデニムなど)
  • ダメージ加工されたもの
  • ルーズなデザインのもの

 

は避けておきましょう。

 

4. スニーカー、サンダル

 

サンダル

 

シューズもオフィスカジュアルにおいてかなり重要なアイテム。

遊びに行くようなシューズ、開放感のあるサンダルは、職場の適度な緊張感にはマッチしません。

「これから仕事するぞ」と気持ちが入るようなものを選びたいですね。

 

5. 派手なヘアとメイク&小物

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by chelsea lee watts (@chelsealeew) on

 

「これからパーティーに行くの?」と思われるような派手なヘアやメイク、ネイルも控えておきましょう。

バッグやメイク、ヘアもオフィスにふさわしい仕様にとどめておくのが鉄則です。

業界にもよりますが、ヘアカラーならマロンブラウンやナチュラルブラック、メイクはナチュラルメイク、バッグはビジネスを意識したものを選んでおきましょう。

 

 

オフィスカジュアルのルール&コツ

 

オフィスカジュアルにおけるNG集をご紹介してきました。

避けるべきものを把握しておくだけでも、かなりオフィスカジュアルコーデを考えやすくなったのではないでしょうか。

ここからは、さらに完成度をアップさせるためのオフィスカジュアルのルールやコツをご紹介します。

 

オフィスカジュアルの基本ルール

 

オフィスカジュアル基本ルール

 

オフィスカジュアルの一般的な基本ルールは、

 

  1. お客様の対応時にふさわしい
  2. かっちりしすぎない
  3. 会社の雰囲気にマッチしている

 

の3点。

 

そうとはいえ、この3か条を守っていたとしてもカジュアルすぎる装いになってしまうこともあるかと思います。

ここからは、さらに社外・社内の方々からの好感度アップも狙えるオフィスカジュアルコーデのコツを見ていきましょう♪

 

カラー選びのコツ

 

カラー選び

 

まずはカラー選びのコツから見ていきましょう。

オフィスで映えるカラーかつビジネスライクに見えるカラーといえば、やはり「ベーシックカラー」。

ベーシックカラーには主に下記のようなカラーがあります。

 

  • ホワイト
  • ブラック
  • グレー
  • ベージュ
  • ネイビー

 

一度電車をはじめ公共交通機関を利用した時に、会社帰りの方や通勤中の方を観察してみてください。

大半の方がベーシックカラーを身に付けていると思います。

 

また、色数は多くても3色までにまとめておくのがおすすめ。

全体の印象が引き締まって見えますよ♪

 

差し色で明るいカラーを使うのはダメ?

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by clonews (@clonews.base) on

 

ベルトや小物を差し色にしたくなったときは、なるべく原色を避けてみましょう。

原色以外でベーシックカラーと相性が良いのが、

 

  • レッドなら「ワインレッド」
  • ブルーなら「ネイビー」「サックス」
  • ピンクなら「モーヴピンク」「グレーピンク」
  • グリーンなら「モスグリーン」「カーキ」

 

など、彩度が高すぎないものを使うのがベストです。

カラーについては、職場の方を観察して、どの色味がOKなのかを判断材料にするのもアリですね。

 

コーデのコツ

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Leap オフィスコーデ (@office_wardrobe) on

 

ここからはコーデに関するコツを見ていきましょう。

オフィスコーデは  「スーツスタイルを少し崩したきれいめコーデ」  を意識するとより簡単になります。

鉄板コーデを考えるなら、下記のようなアイテムを使うのがベストですよ。

 

  • ジャケット
  • シャツ
  • スカート(パンツ)
  • パンプス

 

といった組み合わせなら失敗がありません。

冬場はカーディガンをニットに、夏はシャツをノースリーブシャツにしてカーディガンと組み合わせるといった方法もおすすめです。

 

ここからは、一着は持っておきたいオフィスカジュアルアイテムをご紹介します♪

どれもプライベートでも活用できるものばかりですので、ぜひチェックしてみてください。

 

おすすめジャケット1. 洗えるジャケット

 

 

ジャケットはきちんと感を与えるのにぴったりなアイテムなので、一着は持っておきたいですね。

シングルボタンのものなら、前を開けたままでもキレイに見えます。

 

こちらは春夏用で、通気性にもこだわった一着。

ご自宅で洗うことも可能なジャケットは、汗をかく時期でも毎日清潔に管理できるので重宝しますね。

 

 

 

おすすめジャケット2. ノーカラーツイードジャケット

 

 

秋冬ジャケットは、季節感のあるツイードを使ったジャケットも素敵ですよね。

秋冬のオフィスカジュアルコーデのお悩みでは「着膨れして見える」「重ね着がしにくい」というお悩みも多いのですが、ノーカラー(襟なし)なら首回りがうるさく見えません。

これなら、ジャケットの下に厚めのニットなどを着てもすっきり見えます♪

 

 

 

おすすめシャツ1. スキッパーシャツ

 

 

定番のスーツシャツ(襟付きカッターシャツ)も良いですが、せっかくのオフィスカジュアルなら、こんなスキッパーシャツはいかがでしょうか。

軽やかで動きやすいだけでなく、フロントの裾部分がドレープになっており、腰部分が高く見えますよ。

さらに、お尻部分が長くなっているので、お尻を隠せるのも魅力です。

スタイルアップに一役買ってくれます♪

 

 

 

おすすめシャツ2. ボーダーカットソー

 

 

オフィスカジュアルなら、こんなボーダーカットソーも良いでしょう。

ボードネックはジャケットとも相性が良く、無地一辺倒になりがちなオフィスカジュアルでも、ボーダーならシンプルすぎず洗練された雰囲気に。

太めボーダーならよりカジュアルに、細めボーダーならシックな印象になるなど、ボーダー幅によっても印象が変わりますよ。

ブラックやネイビーのようなコントラストが強いボーダーであれば、ブラック・ネイビー系のジャケットやカーディガンと、このような淡いトーンのボーダーなら、カーキやベージュ系のジャケットと合わせると統一感のある仕上がりが楽しめます♪

 

 

 

おすすめボトムス1. ミモレ丈スカート

 

 

オフィスカジュアルと言えば、このスカートを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

フェミニンなミモレ丈スカートはジャケットやパンプスとの相性も良く、オフィスカジュアル初心者の方にもおすすめです。

膝丈のものなら、パンプス(ヒールの高いもの)との相性も抜群。

秋冬はタイツで印象を変えてみるのも楽しいですよ。

 

 

 

おすすめボトムス2. クロップドパンツ

 

 

マニッシュなコーデを楽しんでみたい日、外回りの日におすすめなのがクロップドパンツ。

こちらのようなワイドシルエットのものなら、タイトでコンパクトなトップス(ノースリーブシャツ、Tシャツなど)との相性が良いです。

この後ご紹介するローファーとも合わせやすく、ブラックやネイビーなど色違い・形違いで数本持っていると普段のお出かけにも使い回せます。

 

 

 

シューズ選びのコツ

 

シューズは、さきほどもご紹介したとおりサンダルやスニーカーはNGです。

 

なるべく、

  • フラットシューズ
  • ローファー
  • パンプス

 

選ぶのが無難です。

パンプスはヒールが高すぎると、オフィスによっては業務に支障をきたすこともあります。

そのため、高くても7cmまでに留めておくと良いでしょう。

 

 

おすすめシューズ1. ピカピカ ショー レディース フラットシューズ

 

 

使えるシーンが多いため、ミニマリストさんやおしゃれさんが必ず1足は持っていると言われるレザーのローファー。

メンズライクすぎないころんとしたデザインのローファーは、マニッシュなパンツスタイルから普段のお出かけにも取り入れやすい便利なアイテムです。

 

ピカピカ ショーのフラットローファーは、柔らかなシープレザーをあしらった贅沢な仕様。

ブラシやクロスを使ってお手入れすると、かなり長持ちしますよ。

 

 

 

おすすめシューズ2. アシックスウォーキング パンプス ランウォーク

 

 

人気スポーツブランドのアシックスが開発したパンプス。

働く女性のために作られたランウォークシリーズのパンプスは、アシックスならではの心遣いと機能がたくさん詰まっています。

例えば、ヒールの高さを感じさせにくい低反発クッションの導入や22.0cmから26.0cm、2ワイズから選べるサイズ豊富な選択肢、かかとへの衝撃を和らげるジェル搭載、立ち姿を美しく見せるヒールなど、働く女性には嬉しいポイントが満載です。

カラーも、オフィス使いしやすいベーシックなカラーから、ちょっとしたお出かけに使えるカラーまで豊富です。

 

 

 

オフィスカジュアルの素敵なコーデ集

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Yoshida Miwako (@smile_life_miwako) on

 

ここまで、オフィスカジュアルを考えるのに主なNG例やコーディネートのコツ、ルールをご紹介してきました。

それでも、「あまり具体的に想像できないなぁ」「実際にどんなコーデが良いの?」と感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな方のためにも、ここからは実例をもとにコーデのポイントやおすすめアイテムをご紹介します。

スカートを使ったもの、パンツを使ったものに分けて見ていきましょう♪

 

スカートを使った素敵なオフィスカジュアルコーデ

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by tomo (@tmi.12345) on

 

まずはブラックでまとめた定番コーデ。

全身ブラックですが、シューズに渋めのオリーブカラーをあしらっているところがポイントに。

全身ブラックだと「就活生っぽい?」という印象を受けがちですが、あえてノーカラーシャツとブラックと同トーン別カラーのアイテムをあしらうことでおしゃれ度も増していますね。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by sheratan (@sheratan00005) on

 

こちらはワンピース。

「職場にワンピースって大丈夫?」という声も上がりそうですが、無地のものやシンプルなものなら問題ありません。(職場によってやや異なるかもしれません)

こちらのように切り替えやベルトが付いているものなら着膨れせずに見えますね。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by sheratan (@sheratan00005) on

 

こちらはフェミニンなレースつきカットソーを使ったコーデ。

レースでも、こちらのようにインナー感のないものなら職場で使っても良さそうですね。

上からストールやカーディガンを羽織っても素敵です。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by sheratan (@sheratan0001) on

 

こちらはノーカラーシャツにフレアスカートをあわせた清楚コーデ。

「春夏シーズンでブラックのような無彩色は重いかな?」と感じられる時に使いたいカラーリングですね。

ホワイトとアイスブルーのカラーリングを使うなら、リングやウォッチなどの貴金属はシルバーやプラチナ系でまとめておくと、ホワイトとブルーカラーがさらに引き立ちますよ。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by viento201809 (@viento201809) on

 

ブラック×ブラックのコーデを考えるなら、こちらのように異素材でミックスするとのっぺりとした印象になりません。

例えば、トップスはニット、ボトムスはやや光沢のある生地など、上下で違う素材を選んでみましょう。

あえてシューズやバッグといった小物に差し色を持ってくるのもポイントです。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Elegancy Kay (@elegancykay) on

 

コーデに動きを出したい日は、ミモレ丈プリーツスカートもおすすめです。

歩くたびになびき、美しいシルエットに。

無地のものを使えば、トップスを問わず使いやすいですね。

 

パンツを使った素敵なオフィスカジュアルコーデ

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by ラト (@l_a_t_o) on

 

ホワイトのセンタープレス入りパンツも、ローファーやパンプスにぴったりなカジュアルパンツ。

トップスにリブニットや落ち感のあるものを選べば、縦のラインを強調できスタイルアップも可能になります。

パンツの透けが気になる場合は、厚手のコットン生地を選んでみると良いでしょう。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by AYAKO (@ayako_cohina) on

 

朝にコーデで迷ったら、オールインワンを選ぶのも良いです。

これなら、上下のバランスを考えなくても良いので朝の時間を有効に使えますね。

こちらのように無地ベーシックカラーのオールインワンも数着色違いで持っていたら、オフィスとプライベート両方で活用させやすいです。

ノースリーブの場合は、上からカーディガンやシャツを羽織るのがおすすめです。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by viento.yc01 (@viento.yc01) on

 

あえてマニッシュにストライプパンツにシャツをタックイン、ローファーを合わせるのも素敵ですね。

この時はアクセサリーを極力控えめにしておくと、全体イメージが引き締まりますよ。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by ASAHI (@__asa_hi) on

 

モードな印象にしたい日は、こちらのような無地Aラインシャツはいかがでしょうか。

ボタンや襟もなく、ストンとしたシルエットはストレートパンツにもぴったり。

素材やシンプルさを引き立てたい場合は、全体を無地で統一しておくと生地の良さが引き立ち上品な印象になります。

差し色のサックスパンプスもトップスのトーンとマッチしていて素敵ですね。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by 12TwelveAgenda_大井町atre (@12ag_oimachi) on

 

全身無地だとなんだか寂しいという時は、首元にスカーフをプラスするのも良いアイデアです。

また、パンツも変形タイプで個性もプラスできています。

こうしたさりげない個性をプラスできたら、オフィスで他の同僚と差をつけることができるかもしれませんね。

 

 

基本ルールを把握して楽しくオフィスカジュアルを楽しもう

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by viento.yc01 (@viento.yc01) on

 

オフィスカジュアルを考える上で大切な基本ルールやNG事項、おすすめアイテムや素敵な着こなしをご紹介してきました。

オフィスカジュアルと聞くと「一体何がOKで何がダメなの??」と混乱しがちですが、基本ルールとNG事項を把握しておけば、オフィスカジュアルアイテム選びやコーディネートが今以上に楽になるはずです。

まずはご自身の会社規定を把握し、ルールの範囲で楽しくアイテムを選び、オフィスカジュアルを楽しんでみましょう♪


フォローして最新記事をチェック!



検索

カテゴリ一覧

ファッション(18)
   髪型/ヘアアレンジ(2)
   コンタクト/カラコン(2)
   財布/ウォレット(1)
メイク・コスメ(57)
   基礎化粧品/ベースメイク(7)
   アイメイク(9)
   リップ/グロス(5)
   ネイル(3)
   メーカー/ブランド(23)
美容(43)
   スキンケア(27)
   髪/シャンプー/リンス/コンディショナー(7)
   石鹸/ソープ/洗顔料(5)
   ダイエット(3)
健康(25)
   健康食品/サプリメント/プロテイン(8)
   スポーツ/運動/トレーニング(3)
   冷え/温活(3)
ライフスタイル(60)
   生活雑貨(9)
   ギフト/プレゼント(9)
   趣味(6)
   お出かけ/観光/旅行/デート(7)
   妊娠/出産/子育て(2)
   家庭菜園/ガーデニング/観葉植物(3)
インテリア(11)
   内装/レイアウト(3)
   DIY(2)
グルメ(18)
   ドリンク/カフェ(8)
   ケーキ/お菓子/パティスリー/パン(5)
アート/カルチャー(5)
   写真/カメラ(2)
エンタメ(1)
   映画/DVD/ビデオ(1)

人気記事ランキング