logo

Top > ファッション > 着回し/コーデ

花柄のおしゃれな着こなし方&春夏秋冬別のおすすめコーディネート10選♪






ぱっと明るく、可憐で女性らしい印象へとシフトできる花柄のアイテムは、いつの時代も女性を虜にしています。
アクセサリーがなくても華やかな着こなしが完成し、女性らしさを底上げできるのも魅力です。

しかし、花柄を取り入れるときはコーディネートの足し算&引き算、バランスが大切。
カラーやシルエット、デザインを考慮しないと、野暮ったく幼い印象になってしまいます。

そこで今回は、花柄アイテムをおしゃれに着こなすコツやポイントをお届け。
春夏秋冬別のおすすめコーデもピックアップしました!

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、臨時休業あるいは営業時間の変更等の措置を取っている店舗・施設がございます。


お出かけ前に、店舗・施設の公式HPやSNS等で最新情報のご確認をお願い致します。


【目次】花柄のおしゃれな着こなし方&春夏秋冬別のおすすめコーディネート10選♪

 

花柄の種類

1. 小花柄

2. 大花柄

3. ボタニカル柄

花柄アイテムをおしゃれに着こなすコツ 

1. モノトーンでまとめる

2. トップスとボトムのカラーをリンクさせる

3. ワントーン配色なら可愛くなりすぎない

花柄アイテムを使ったおすすめの春夏コーデ 

1. トレンドカラーで今っぽく

2. メロウフリルのインナーと重ねてレトロに

3. 縦に長い1枚で花柄をさりげなく

4. プリントTシャツでメンズライクに

5. ウエストをシェイプしたXラインで骨格美を強調

花柄アイテムを使った秋冬のおすすめコーデ 

1. スカーフのウエストマークでさりげなく

2. 同系色でほっこり

3. モノトーンなのに華やか

4. ぬくもりある重みを加算

5. メリハリが効く8:2の配分

足し算・引き算を意識して花柄アイテムを上手に取り入れよう♪

 

花柄の種類

 

一口に花柄と言っても、種類によってルックスや印象はガラッと変わります。

ここでは、代表的な花柄の種類をご紹介します。

 

1. 小花柄

 

 

小さな花が散りばめられた小花柄は、キュートな印象に仕上げたいときにぴったり♪

甘さを控えたいときはジーンズやチノパンでカジュアルダウンすると、コーディネートのバランスが整います。

 

また、モノトーンやダークトーンの配色なら、小花柄でも大人っぽく着こなせますよ。

 

▼ジーンズ/チノパンの関連記事

・  デニムコーデの脱マンネリ!大人カジュアルな着こなしポイントやおすすめコーデをチェック

・  着まわし方自由自在!チノパンを使ったおすすめコーデを紹介

 

2. 大花柄

 

 

大輪の花が大胆かつ繊細に描かれた大花柄ならエレガントな印象を与えられるため、大人の女性でも臆することなく取り入れられます。

ピンクやイエロー、ホワイトなどの明るい配色でも幼くなりませんよ♪

 

3. ボタニカル柄

 

 

ボタニカルを日本語に訳すと、「植物の」「植物性の」という意味。

ボタニカル柄は、花柄に加えて葉っぱや茎、草なども一緒に描かれており、大地を感じさせるナチュラルな柄が特徴です。

 

特に春夏のコーディネートと好相性で、落ち付きのある大人っぽい着こなしを楽しめます。

彩りが豊かなので、アイテムによっては派手になることもありますが、ぱっと明るく華やかな印象を与えられるのは大きなメリットです。

 

お出かけ用のお洋服にはもちろん、最近はスポーツウェアやルームウェアにもボタニカル柄を採用したアイテムが多く発売されています。

 

 

花柄アイテムをおしゃれに着こなすコツ 

 

花柄はコーディネートに取り入れるだけで女性らしさを格上げできる一方、「幼い印象になる」「可愛くなりすぎて垢抜けない」というお悩みも。

ここでは、花柄のお洋服をおしゃれに着こなすコツをご紹介します♪

 

テクニックレスかつ誰でも簡単にトライできる方法をピックアップしたので、ぜひ参考にしてください。

 

1. モノトーンでまとめる

 

 

一般的に甘く可愛い印象を与える花柄も、モノトーンに落とし込めば落ち着きのあるルックスに昇華できます。

ボリュームのあるスリーブやフリルトップスと合わせても、幼い印象になりません♪

 

より大人っぽく着こなしたい人は、大花柄やボタニカル柄をセレクトするのが◎

足元には爽やかなサンダルを持ってきてリゾート風コーディネートにまとめ、遊び心を加えるのもおすすめです。

 

※モノトーン コーデの関連記事:  春夏秋冬別モノトーンコーデ20選!地味に見えない着こなしのコツも紹介♪

 

2. トップスとボトムのカラーをリンクさせる

 

 

彩色が豊かでカラフルな花柄を取り入れるときは、トップスまたはボトムのカラーに花柄と同じカラーを入れると統一感がアップします。

ビビットでハードルが高いアイテムも自然となじみ、日常使いしやすくなりますよ。

 

3. ワントーン配色なら可愛くなりすぎない

 

 

花柄を取り入れてキュートかつポップな印象になりすぎるのを回避したい人は、ワントーン配色のアイテムを取り入れてみてください。

色調が同じだと花柄が前面に出過ぎず、さりげない華やかさを演出できますよ。

 

特にブルーやネイビーなどの寒色系カラーや、グリーンなど深みのあるカラーならより、大人っぽく洗練された雰囲気のスタイリングになります♪

 

▼ネイビー/グリーン コーデの関連記事

・  おしゃれに見えること間違いなし!おすすめのネイビーコーデを季節別にご紹介

・  センス良く見える「モスグリーン」!シーズン別におすすめコーデを紹介

 

 

花柄アイテムを使ったおすすめの春夏コーデ 

 

明るくポジティブな気持ちになり気分が高揚する花柄は、春夏のコーディネートにとても映えます。

Tシャツやカットソーなど、カジュアルなアイテムと合わせても様になりますよ。

 

ここでは、花柄を取り入れたおしゃれな着こなしをピックアップしました。

 

1. トレンドカラーで今っぽく

 

 

ノスタルジックな花柄スカートの相棒には、淡いグリーンのカラーを選択。

流行りのカラーを取り入れると、一瞬で旬の着こなしにアップデートできます。

 

フリルのふわっとしたシルエットが一層の女性らしさを引き立てるうえ、シンプルなデザインのトップスが花柄の甘さを抑えてバランスのよいスタイリングに♪

足元はヒールで高さを出して、スタイルアップを狙うのがおすすめです。

 

▼パーカー/バブーシュの関連記事

・  1着あれば使える!パーカーの着こなし術&お手本コーディネート

・  足元からおしゃれを楽しむなら「バブーシュ」はいかが?バブーシュの選び方やおすすめ商品まで紹介

 

2. メロウフリルのインナーと重ねてレトロに

 

 

メロウフリルのインナーにVネックの花柄ワンピースをレイヤード。

どこか懐かしさを感じるレトロな小花柄が、遊び心を効かせた大人かわいい着こなしを叶えます。

 

ショートブーツとバッグはまろやかカラーを選択し、クラシックなムードもプラスしてみてください。

 

※ショートブーツの関連記事:  あらゆるコーデにマッチするショートブーツの魅力を徹底解説!おすすめの人気ブランドも紹介

 

3. 縦に長い1枚で花柄をさりげなく

 

 

白のカットソーに花柄のフレアスカートを合わせ、シャツワンピースをON。

シャツを羽織って花柄の面積をあえて狭めることでかわいいに寄りすぎず、華やぎのある上品なスタイリングに仕上がります。

 

今っぽいスタイリングに仕上げるなら、ワントーンで構成するのがおすすめです。

 

※カットソーの関連記事:  カットソーで楽におしゃれを楽しもう!着こなしのコツ&失敗しない選び方も解説

 

4. プリントTシャツでメンズライクに

 

 

花柄のプリントTシャツは、リラックスムード漂う力みのないスタイリングのお役立ちアイテム。

きちんと感を演出するならカラーパンツをセレクトして、ハンサムレディな雰囲気に仕上げるのがおすすめです。

 

ホワイト×ブルーのバイカラーに落とし込むことで、清涼感を感じるルックスになりますよ♪

 

※カラーパンツの関連記事:  意外とハードル低いかも?カラーパンツの着こなし方やおすすめブランドを紹介

 

5. ウエストをシェイプしたXラインで骨格美を強調

 

 

デコルテがきれいに見えるVネックと、ウエストをシェイプしたXラインのシルエットがきれいな花柄ワンピースが主役のコーディネートです。

骨格美を引き立たせる1枚は、小物やアクセサリーがなくても女性らしさを醸し出せます。

 

適度な渋さのあるカラーが、都会的な印象に促してくれるのも◎

スニーカーでラフな足元を演出するのも、白ソックス×フラットシューズでレトロに仕上げるのもおすすめです。

 

 

花柄アイテムを使った秋冬のおすすめコーデ 

 

秋冬のコーディネートには、落ち着きのあるダークカラーやくすみ配色の花柄が映えます。

コートやニットなど季節ムードが高まるアイテムと組み合わせて、秋冬らしいスタイルを楽しんでみてください♪

 

1. スカーフのウエストマークでさりげなく

 

 

Vネックの黒シャツに、バーガンディーのレザーパンツを合わせたコーディネートです。

花柄のスカーフでウエストマークをし、視覚的に腰の位置を高く見せると脚長効果が期待できますよ。

 

ボトムとスカーフのカラーをリンクさせて、キャッチーな使い方が悪目立ちしないように意識しているのもポイント。

花柄をさりげなく取り入れたいときは、面積の小さな小物で取り入れてみてください。

 

※Vネックの関連記事:  「Vネックトップス」はどう着こなすべき?おすすめコーデを紹介♪

 

2. 同系色でほっこり

 

 

起毛感のあるほっこりニットに、小花柄のマーメイドスカートを合わせたキュートなルックス。

ベージュのワントーンが今っぽさのある着こなしを叶えると同時に、親しみやすい印象を与えます。

 

足元は黒のショートブーツで膨張しやすいベージュを引き締め、コーディネートにメリハリを加えるのがおすすめです。

 

※ワントーンコーデの関連記事:  ワントーンコーデでさりげなくおしゃれに♪ おすすめレディースコーデをチェック

 

3. モノトーンなのに華やか

 

 

モノトーンにまとめると地味に見えてしまうというお悩みは、花柄スカートで解決!

 

華奢なラインで描かれた花柄がエレガントな印象で、メロウフリルのトップスとも好相性です。

広がりを抑えたIラインシルエットが、女性らしいボディラインを引き立てます。

 

季節ムードを高めスタイルアップを目指すならショートブーツを、適度なカジュアルさが欲しいときはスクエアトゥのフラットシューズやスニーカーを合わせるのがおすすめです。

 

※スクエアトゥの関連記事: スクエアトゥでこなれ感のある足元に!種類別おすすめコーデ&ダサ見えしないコツも

 

4. ぬくもりある重みを加算

 

 

まろやかイエローの花柄シャツにブラックのストレートパンツを合わせた、ノスタルジックなムードが漂う上下。

あたたかみのあるイエローを適度にシェイプしバランスの良いスタイリングに仕上げるには、ストレートのパンツが好相性です。

華奢な大花柄なのでイエローでも子供っぽくならず、大人のセンスを主張できますよ♪

 

足元はベージュのフラットシューズでキュートにまとめるのも、ショートブーツで適度なスパイスを加えて甘辛ミックスコーデを完成させるのもおすすめです。

 

※ストレートパンツの関連記事: 美脚が叶う「ストレートパンツ」のおすすめ商品&レディースコーデ

 

5. メリハリが効く8:2の配分

 

 

ニットワンピースからちらっと覗く、プリーツの花柄スカートが女性らしさを底上げ。

メリハリの効く8:2の絶妙な配分が華美になりすぎず、可憐で洗練された着こなしへと導きます。

 

共布ベルトでウエストマークし、奥行きと立体感をON!

ショートブーツで季節ムードを高めたり、あえてロングブーツで重厚感のある足元に仕上げるのも良いでしょう。

 

 

足し算・引き算を意識して花柄アイテムを上手に取り入れよう♪

 

 

花柄アイテムをバランスよく取り入れるには、足し算&引き算が重要。

合わせるアイテムのデザイン・シルエット・カラーを考慮すると、適度な甘さのある女性らしい着こなしが叶います。

 

いくつになっても花柄は女性の味方です。

そんな花柄アイテムを上手に取り入れて時には大人可愛く、またあるときはハンサムレディなスタイリングに仕上げたりと、様々なコーディネートを楽しんでみてください♪

 

▼柄物コーデの関連記事

 

・  四季に合わせたおすすめのチェック柄コーデを紹介!

・  パイソン柄で旬のスタイリングに変身!着こなしや選び方のコツも紹介♪

・  【トレンド】レオパード柄の取り入れ術を紹介!甘すぎないオトナっぽコーデを楽しもう


フォローして最新記事をチェック!



検索

カテゴリ一覧

ファッション(349)
   着回し/コーデ(81)
   髪型/ヘアスタイル/ヘアアレンジ(60)
   眼鏡/コンタクト/カラコン(8)
メイク・コスメ(397)
   ベースメイク(34)
   アイメイク(53)
   リップ/グロス(26)
   ネイル(13)
   コスメブランド/メーカー(191)
美容(144)
   スキンケア(79)
   髪/シャンプー/リンス/コンディショナー(40)
   石鹸/ソープ/洗顔料(11)
   ダイエット(8)
健康(70)
   健康食品/サプリメント/プロテイン(13)
   スポーツ/運動/トレーニング(8)
   冷え/温活(4)
ライフスタイル(226)
   生活雑貨/生活用品(23)
   お祝い/ギフト/プレゼント(21)
   趣味(9)
   お出かけ/観光/旅行/デート(34)
   妊娠/出産/子育て(3)
   家庭菜園/ガーデニング(4)
インテリア(67)
   内装/レイアウト(5)
グルメ(88)
   カフェ/喫茶店/ドリンク(30)
   ケーキ/お菓子/スイーツ/パティスリー/パン(27)
   レシピ(28)
アート/カルチャー(37)
   写真/カメラ(8)
   ハンドメイド/クラフト(16)

スキンケア

エイジングケア(43)
保湿(183)
美白(44)
乳液(36)
クリーム(106)
オイル(24)
化粧水(109)
美容液(87)
基礎化粧品(125)
ニキビ(20)
毛穴ケア(35)
角質ケア(44)
肌荒れ(25)
くすみ(47)
クマ(10)
たるみ(21)
ハリ不足(38)
スペシャルケア(118)
セルフケア(55)
UV対策(40)
日焼け対策(31)
日焼け止め(13)
しわ(13)
洗顔/クレンジング(72)

肌質

乾燥肌(112)
敏感肌(89)
脂性肌(33)
混合肌(26)

コスメ/メイク

ツヤ肌(124)
マット肌(51)
ミネラルコスメ(53)
デカ目(63)
小顔(3)
韓国(75)
化粧(188)
ポイントメイク(205)
メイクテク(94)
ナチュラルメイク(152)
美肌(137)
メイク道具(30)
化粧下地/ファンデーション/コンシーラー(122)
テカリ防止(19)
アイメイク(140)
リップ/グロス(128)
チーク(76)
カラーメイク(36)

ファッション

春コーデ(99)
夏コーデ(95)
秋コーデ(111)
冬コーデ(111)
スタイル(222)
テイスト(204)
シーン別(50)
大人コーデ(145)
カジュアル(137)
綺麗め(151)
フェミニン(109)

年代別

10代(4)
20代(13)
30代(14)
40代(8)
50代(5)

恋愛

片思い(25)
男性心理(42)
カップル(36)
恋愛観(45)
恋愛テクニック(47)
モテ仕草(4)

ヘアスタイル

ショートヘア(42)
ロングヘア(47)
セミロング(44)
ボブ(48)
スタイリング(73)
ヘアケア(70)
ヘアカラー(26)
ヘアアクセ(23)

ライフスタイル

ホームパーティー(23)
グルメ/レシピ(121)
ヘルシー(46)
運動(20)
筋トレ(8)
リラックスタイム(43)

人気記事ランキング