logo

Top > ファッション > サロペット/オールインワン

1年中使える便利な「オーバーオール」♪シーズンごとのおすすめコーデをピックアップ






カジュアルコーデはもちろん、マニッシュな着こなしも楽しめる「オーバーオール」。
デイリー使いはもちろん、キャンプやピクニック、野外フェスなどのアクティブシーンにも重宝します。
シーズンを問わず使えて、身体のラインを拾いにくいのも魅力ですよね。

しかし、コーディネートがワンパターンになりやすかったり子供っぽくなってしまったりと、「イマイチおしゃれに着こなせない!」というお悩みも。

そこで本記事では、オーバーオールをおしゃれに着こなすコツや、シーズンごとのおすすめコーディネートをたっぷりお届けします♪

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、臨時休業あるいは営業時間の変更等の措置を取っている店舗・施設がございます。


お出かけ前に、店舗・施設の公式HPやSNS等で最新情報のご確認をお願い致します。


【目次】1年中使える便利な「オーバーオール」♪シーズンごとのおすすめコーデをピックアップ

 

オーバーオールとは

オーバーオールをおしゃれに着こなすコツ

1. スウェットやカットソーを合わせて手堅くカジュアルに

2. ボリュームスリーブで今っぽく

3. 小物使いで周りと差をつける

オーバーオールにはどんなアウターを合わせるといい?

1. パーカー

2. トレンチコート

3. オーバーサイズのシャツ

オーバーオールが可愛いおすすめのブランド&アイテム

1. WEGO(ウィゴー)

コーデュロイオーバーオール

2. MAC HOUSE(マックハウス)

ニットツイルオーバーオール

3. w closet(ダブルクローゼット)

スリムオーバーオール

オーバーオールを使ったおすすめのコーディネート

1. 淡いカラーでガーリーに転換

2. 存在感のあるカラーで周りと差をつけて

3. ワントーンで構成

4. クリーンな白で爽やかに

5. 知的な見た目へ誘導できるカーキのオーバーオール

6. 鮮やかカラーでプレイフルな遊び心をプラス

7. モノトーンでシックに誘導

8. ビビットなジャケットでハンサムレディを実現

9. コーデュロイでシーズンムードを高める

10. 渋めのカラーで大人っぽく

1年を通して大活躍のオーバーオールをワードローブに迎えよう♪

 

オーバーオールとは

 

 

オーバーオールとは、胸当てと肩紐に加え、背中の部分に布がついたつなぎ服のこと。

上下を1枚の布でつなげたオールインワンの一種です。

 

もともとはワークウェア(作業着)として着用されていたものを、おしゃれ着にアレンジしたことで親しまれるようになり、今ではカジュアルコーデに欠かせないワードローブとなりました。

 

シーズンを問わず使用できるうえ、ゆったりした着心地なのでアクティブシーンにも大活躍です。

デニムのイメージが強いですが、コーデュロイやリネンなどで仕立てられたオーバーオールも発売されています。

 

また、オーバーオールと似たサロペットは肩紐が長かったり背中が大きく開いていたりするほか、バッククロスデザインなどオーバーオールよりもデザインバリエーションが豊富です。

しかし、オーバーオールとサロペットに大きな違いはなく、サロペットを「オーバーオール」の名称で販売しているブランドも少なくありません。

 

洋服へのこだわりが強い人は、背中にに布が付いているかいないかで判断するのが良いでしょう。

 

オールインワン

 

 

上下がつながった洋服。

オーバーオールやサロペットのほか、ジャンプスーツもオールインワンの一種です。

 

※オールインワンの関連記事:  一枚でおしゃれが叶う!オールインワンをコーデにプラスしてみよう♪

 

サロペット

 

 

胸当てと肩紐がついたパンツタイプのつなぎ。

バックに布がついていないところがオーバーオールとの大きな違いです。

 

※サロペットの関連記事:  大人かわいいコーデの主役!「サロペット」のおすすめアイテム&コーデ集

 

 

オーバーオールをおしゃれに着こなすコツ

 

どんなインナーを合わせても様になるオーバーオールですが、よりおしゃれに着こなすコツをご紹介します♪

ワンパターンになりやすいオーバーオールに変化球を与えて、ニュアンスチェンジを楽しみたい人も参考にしてみてください。

 

1. スウェットやカットソーを合わせて手堅くカジュアルに

 

 

マニッシュなオーバーオールと同じイメージを持つスウェットやカットソーを合わせることで、統一感のある着こなしが叶います。

 

また、オーバーオールを着ると子供っぽくなってしまう人は、モノトーンに落とし込むのがおすすめです。

シックで大人っぽい印象へと誘導でき、幼さを回避できます。

 

バケットハットやキャップを被ったり、ハイテクスニーカーを合わせたりしてマニッシュなイメージを強めるのも良いでしょう。

 

▼合わせて読みたい

・  カットソーで楽におしゃれを楽しもう!着こなしのコツ&失敗しない選び方も解説

・  春夏秋冬別モノトーンコーデ20選!地味に見えない着こなしのコツも紹介♪

・  被るだけでこなれたスタイルに♪「バケットハット」の選び方からおすすめアイテムまで紹介

・  ハイテクスニーカーの選び方からおすすめアイテムを紹介!ハイテクスニーカーを活用したコーデも

 

2. ボリュームスリーブで今っぽく

 

 

いつの時代も頼りになるオーバーオールを今っぽくアップデートしたいなら、ボリュームスリーブのトップスを合わせてみてはいかがでしょうか。

トレンドの着こなしへとシフトできるほか、気になる二の腕をナチュラルにカバーできます。

 

フリルやレース付きのブラウスでもオーバーオールなら甘さを緩和できるので、バランスよく着こなせますよ。

 

3. 小物使いで周りと差をつける

 

 

1枚で様になるオーバーオールですが、どうしてもコーディネートがワンパターンになりやすいですよね。

そんなときは、小物を上手に使ってニュアンスチェンジを楽しみましょう。

ハイゲージニットを肩にくるっと巻けば、手っ取り早くこなれ感がアップします。

 

オーバーオールと近しい色を選んでなじませるのも、コントラストをはっきりつけて目立たせるのも良いでしょう。

ニットのほか、シャツやスカーフでも代用可能です。

 

※ハイゲージニットの関連記事:  「ハイゲージニット」で秋冬のコーデを楽しもう♪着こなすポイントやおすすめコーデ

 

 

オーバーオールにはどんなアウターを合わせるといい?

 

オーバーオールを着るとき、どんなアウターを合わせようか迷いますよね。

 

マニッシュな印象を維持するのか、それとも別のイメージや雰囲気へと誘導したいのかによってアウターを選ぶのがコツ。

下記にオーバーオールと好相性のアウターをピックアップしたので、ぜひ参考にしてください。

 

1. パーカー

 

 

オーバーオールが持つメンズライクなイメージを引き立てたいなら、パーカーを選択!

オーバーオールと近しい色もしくは素材のパーカーを羽織ることで、セットアップ風の着こなしを楽しむことだってできてしまいます。

 

ショルダーダウンして着崩したりオーバーサイズを肩掛けしたりすれば、こなれ感がぐっとアップしますよ。

 

※デニム コーデの関連記事:  デニムコーデの脱マンネリ!大人カジュアルな着こなしポイントや季節別コーデをチェック

 

2. トレンチコート

 

 

トラッドなスタイリングへと誘導し、フレンチシックな着こなしも叶うトレンチコート。

オーバーオールに合わせると、ラフな印象を和らげてきちんと感を演出できます。

 

トレンチコートを羽織るときのインナーはカットソーなどカジュアルウェアも良いですが、大人っぽい着こなしに着地したいならブラウスかシャツがおすすめです。

 

また、今流行りのシースルートップスを合わせるのも◎

 

▼トレンチコート/シースルートップス

・  カジュアルな着こなしもトラッドなスタイルも叶うトレンチコート!おすすめブランド&コーデを紹介♪

・  「シースルートップス」の着こなしポイント&おしゃれコーデ集

 

3. オーバーサイズのシャツ

 

 

一般的にインナーのイメージが強いシャツですが、オーバーサイズなら羽織としても活用できます。

 

シャツを後ろに少し引っ張って抜き襟にするのが、こなれ感をアップするコツ。

肩にかけたり斜めに結んだりとさまざまな活用法があるため、1着持っているとコーディネートの幅が広がるお役立ちアイテムです♪

 

オーバーオールもシャツも身近なワードローブなのに、着こなし方次第で今っぽいスタイリングへとアップデートできますよ。

 

※オーバーサイズの関連記事:  レディースのオーバーサイズコーデの着こなしポイント&素敵コーデをチェック♪

 

 

オーバーオールが可愛いおすすめのブランド&アイテム

 

オーバーオールが可愛いおすすめのブランドをピックアップしました。

購入を検討している人は、ぜひチェックしてみてください。

 

1. WEGO(ウィゴー)

 

WEGOは1994年、大阪で古着ショップとしてスタートしたファッションブランド。

アメリカやヨーロッパ系のユーズドウェアやオリジナルアイテムを、リーズナブルな価格で展開しています。

 

主に古着っぽい着こなしやストリート系ファッションを好む、10〜20代に人気のブランドです。

 

コーデュロイオーバーオール

 

 

秋冬らしいシーズンムードがぐっと高まる、コーデュロイで仕立てたオーバーオールです。

ショルダー部分はアジャスターで調整可能。

パーカーやスウェットを合わせたストリート系スタイルはもちろん、デコラティブなブラウスでガーリーな着こなしを楽しめます。

 

何よりもお手頃価格で購入できるのが嬉しいですね♪

 

コーデュロイオーバーオールの商品情報

 

価格:1,978円(税込)

カラー:4色(キャメル・ダークグリーン・ブルー・ベージュ)

サイズ:S

 

 

 

2. MAC HOUSE(マックハウス)

 

マックハウスはジーンズを中心に、Tシャツやシャツなどのカジュアルウェアを販売するファッションブランド。

トレンドに左右されないベーシックなアイテムを、豊富なラインナップで展開しています。

 

ニットツイルオーバーオール

 

 

縦にも横にも伸びる伸縮性に優れた素材を採用。

デイリー使いはもちろん、キャンプや野外フェスなどのアクティブシーンにも重宝します。

 

ザ・オーバーオールといった定番デザインなので、初めて購入する人にもおすすめ。

自宅の洗濯機でお手入れできるのも嬉しいポイントです。

 

ニットツイルオーバーオールの商品情報

 

価格:3,072円(税込)

カラー:2色(アイボリー・ブラック)

サイズ:L

 

 

 

3. w closet(ダブルクローゼット)

 

ブランドコンセプトは「今の気分を取り入れた、旬のアイテムをかわいく、カジュアルに」。

シーズンごとのトレンドとベーシックをバランスよく取り入れたリアルクローズを提案しています。

 

スリムオーバーオール

 

 

ゆったりサイズながらも、身体のラインがきれいに見えるディテールにこだわった1着。

肩の紐でサイズ調整が可能なので、ボリュームのあるニットやパーカーとのレイヤードも楽しめます。

 

カジュアルになりすぎないスリムなシルエットで、組み合わせ次第でボーイッシュにもフェミニンにも仕上がる点が魅力です。

柔らかめのコットン100%の素材を使用しているので、ごわつかず柔らかい着心地も◎

 

スリムオーバーオールの商品情報

 

価格:6,490円(税込)

カラー:3色(デニム、ベージュ、ダークベージュ)

サイズ:フリー

 

 

 

※w closetの関連記事:  ほっこりカジュアル!「w closet(ダブルクローゼット)」のおすすめアイテム&コーデ

 

 

オーバーオールを使ったおすすめのコーディネート

 

オーバーオールを合わせた最旬コーディネートをお届けします。

春夏秋冬満遍なく取り上げたので、ぜひ各シーズンごとの着こなしの参考にしてみてください♪

 

1. 淡いカラーでガーリーに転換

 

 

白のブラウスにパープルのオーバーオールという淡いカラーで構成。

メンズライクなアイテムもペールトーンやパステルカラーなど甘さの強いカラーで構成すれば、ガーリーな着こなしへと転換できます。

 

フリルやレースが施されたデコラディブなトップスでも派手になりすぎず、バランスよく着こなせるのもオーバーオールの魅力です。

足元はローファーでトラッドに仕上げてみてください。

 

▼合わせて読みたい

・  流行りのペールトーンってどんなカラー?人気カラー別のコーディネートもチェック

・  パステルカラーに合う色って?大人世代が真似たいコーデを色別に紹介!

・  メンズ系・レディース系コーデにハマる!「ローファー」のおすすめアイテム&コーデ

 

2. 存在感のあるカラーで周りと差をつけて

 

 

パープルにもピンクにも見えるニュアンスカラーのオーバーオールが主役。

インナーに仕込んだルーズなスウェットも、女の子らしい色を選択することによってメンズライクに寄りすぎません。

 

キャッチーなカラーは一見普段のコーディネートに取り入れにくそうですが、身近なワードローブであるオーバーオールなら臆することなく取り入れられますよ。

自分らしい個性を主張したい場合は、存在感のある色を積極的に選んで周りと差をつけましょう。

 

※スウェットの関連記事:  スウェットをおしゃれに着こなすコツは?トレーナー・パーカーとの違いも解説

 

3. ワントーンで構成

 

 

オフホワイトのカットソーにベージュのオーバーオールを合わせたやさしい配色は、親しみやすい印象を与えられます。

 

ワントーンに落とし込むことで定番アイテムを組み合わせても、今っぽいスタイリングへと即シフト可能!

足元はスニーカーが好相性です。

 

※ワントーン コーデの関連記事:  ワントーンコーデでさりげなくおしゃれに♪ おすすめレディースコーデをチェック

 

4. クリーンな白で爽やかに

 

 

曇りのないクリーンな白のオーバーオールは、サマーシーズンに大活躍!

涼しげで爽やかな印象へと誘導でき、ノースリーブから長袖まで、どんなインナーを合わせても夏らしい着こなしへとアップデートできます。

 

一見難しそうなホワイトコーデも、派手な印象になりすぎないのはオーバーオールならでは。

キャッチーな小物で大人のセンスを主張するのも、オーバーオールとなじみやすいキャンバス地のトートバッグを合わせるのも良いでしょう。

 

※トートバッグの関連記事:  今ファッションに取り入れたい話題のトートバッグ!可愛いデザインやおすすめのコーディネート特集♪

 

5. 知的な見た目へ誘導できるカーキのオーバーオール

 

 

透け感のある白シャツにカーキーのオーバーオールを合わせたコーディネート。

ホワイト×カーキの組み合わせは知的な見た目へと誘導できるため、オーバーオールを大人っぽく着こなしたい人はマストバイです。

深みのあるカーキでも透け感のあるシャツを合わせれば、軽やかな着こなしが叶います。

 

スニーカーを合わせてマニッシュに着地するのも良いですが、フラットシューズやパンプスでレディライクな足元を演出して知的なイメージをより引き立てるのもおすすめです。

 

▼カーキ/フラットシューズの関連記事

・  カーキ色に合うおすすめコーデを季節別に紹介!簡単に大人スタイルになれる♪

・  フラットシューズの選び方&着こなし15選!歩きやすさもおしゃれも譲れない方に

 

6. 鮮やかカラーでプレイフルな遊び心をプラス

 

 

パッと目を惹く鮮やかなグリーンのニットをインナーにして、デニムの重たさを緩和。

ゆったりシルエットのオーバーオールは身体のラインを拾いにくい半面、コーディネートを間違えると子供っぽい印象になってしまいます。

 

そんなときは高発色かつ鮮やかな色をアクセントにして、プレイフルな遊び心を加えるのがおすすめ。

アクセサリーを投入すればコーディネートに華やぎを与えられるうえ、品のあるリラックスコーデに仕上がります。

 

7. モノトーンでシックに誘導

 

 

レディ感のあるブラウスに、白のオーバーオールを合わせたモノトーンコーデ。

モノトーン配色ならシックで大人っぽい印象へと誘導できるため、子供っぽくなる心配はありません♪

立体感のあるブラウスを合わせることによって、コーディネートに奥行きも生まれます。

 

ロールアップで素肌をちらっと覗かせモノトーンのわずかな重たさを回避しつつ、黒のフラットシューズを合わせてレトロなニュアンスを加えると良いでしょう。

 

8. ビビットなジャケットでハンサムレディを実現

 

 

オーバーオールのゆったりしたシルエットを引き締めるように、ビビットなジャケットをON。

オーバーサイズかつノーカラーのさりげないハズしが抜け感となり、インパクトのあるカラーでも自然に馴染みます。

 

コントラストをはっきりつけることでメリハリが効き、ハンサムレディな着こなしへと誘導できるのもポイント。

あえてラフな小物を合わせて、辛さのあるコーディネートを親しみやく調節するのもおすすめです。

 

9. コーデュロイでシーズンムードを高める

 

 

ぬくもりのあるコーデュロイで仕立てたオーバーオールは、手っ取り早く秋冬らしい着こなしを楽しめるお役立ちアイテムです。

ニットをインナーにしてさらなる温感を加えることで季節ムードはより高まり、ほっこり&あたたかみのある印象に。

タートルネックを合わせれば楽な着心地とはいえ、きちんと感はキープできますよ。

 

ベージュやホワイト、ブラウンといったぬくもりのある配色が、着崩さずとも力が抜けるリラックスコーデを叶えます。

 

▼コーデュロイ/タートルネックの関連記事

・  【秋冬トレンド】コーデュロイの着こなし方!人気カラーやおすすめブランドを紹介♪

・  着回し力抜群!タートルネックの定番おしゃれコーデまとめ

 

10. 渋めのカラーで大人っぽく

 

 

褪せた黒のオーバーオールにカーキのモッズコートをON。

透け感のあるタートルインナーが、ヘルシーな色気を漂わせます。

渋めのカラーで構成することによって、大人っぽいコーディネートに仕上げられますよ。

 

光沢感のあるキャメルのバッグやエナメル調のシューズをアクセサリー代わりに合わせて、華やぎを加えるのもおすすめです。

 

 

1年を通して大活躍のオーバーオールをワードローブに迎えよう♪

 

 

オーバーオールはカジュアルコーデはもちろん、メンズライクなスタイリングを楽しみたいときにも重宝します。

 

1年中通して使用でき、身体のラインを拾いにくいため体型カバーができるのも魅力です。

合わせるアイテムや配色を工夫すれば、大人っぽくもガーリーにも着こなせますよ。

 

オーバーオールをワードローブに迎えて、コーディネートの幅を広げてみてください♪

 

※合わせて読みたい:  最近流行りのジャンスカって何?トレンドコーデ10選&今っぽく着こなすコツを解説


フォローして最新記事をチェック!



検索

カテゴリ一覧

ファッション(374)
   着回し/コーデ(85)
   髪型/ヘアスタイル/ヘアアレンジ(70)
   眼鏡/コンタクト/カラコン(9)
メイク・コスメ(422)
   ベースメイク(35)
   アイメイク(57)
   リップ/グロス(28)
   ネイル(13)
   コスメブランド/メーカー(204)
美容(153)
   スキンケア(86)
   髪/シャンプー/リンス/コンディショナー(42)
   石鹸/ソープ/洗顔料(11)
   ダイエット(8)
健康(70)
   健康食品/サプリメント/プロテイン(13)
   スポーツ/運動/トレーニング(8)
   冷え/温活(4)
ライフスタイル(241)
   生活雑貨/生活用品(24)
   お祝い/ギフト/プレゼント(19)
   趣味(9)
   お出かけ/観光/旅行/デート(34)
   妊娠/出産/子育て(3)
   家庭菜園/ガーデニング(4)
インテリア(69)
   内装/レイアウト(5)
グルメ(89)
   カフェ/喫茶店/ドリンク(31)
   ケーキ/お菓子/スイーツ/パティスリー/パン(27)
   レシピ(27)
アート/カルチャー(40)
   写真/カメラ(8)
   ハンドメイド/クラフト(19)

スキンケア

エイジングケア(44)
保湿(195)
美白(45)
乳液(40)
クリーム(113)
オイル(25)
化粧水(120)
美容液(95)
基礎化粧品(136)
ニキビ(20)
毛穴ケア(36)
角質ケア(47)
肌荒れ(25)
くすみ(48)
クマ(10)
たるみ(21)
ハリ不足(39)
スペシャルケア(125)
セルフケア(61)
UV対策(41)
日焼け対策(33)
日焼け止め(14)
しわ(13)
洗顔/クレンジング(80)

肌質

乾燥肌(116)
敏感肌(91)
脂性肌(35)
混合肌(27)

コスメ/メイク

ツヤ肌(126)
マット肌(51)
ミネラルコスメ(54)
デカ目(65)
小顔(3)
韓国(83)
化粧(198)
ポイントメイク(222)
メイクテク(101)
ナチュラルメイク(162)
美肌(139)
メイク道具(32)
化粧下地/ファンデーション/コンシーラー(131)
テカリ防止(20)
アイメイク(154)
リップ/グロス(140)
チーク(85)
カラーメイク(40)

ファッション

春コーデ(105)
夏コーデ(100)
秋コーデ(117)
冬コーデ(119)
スタイル(232)
テイスト(213)
シーン別(50)
大人コーデ(153)
カジュアル(146)
綺麗め(158)
フェミニン(116)

年代別

10代(6)
20代(14)
30代(16)
40代(10)
50代(6)

恋愛

片思い(25)
男性心理(42)
カップル(36)
恋愛観(45)
恋愛テクニック(47)
モテ仕草(4)

ヘアスタイル

ショートヘア(47)
ロングヘア(52)
セミロング(51)
ボブ(53)
スタイリング(82)
ヘアケア(77)
ヘアカラー(32)
ヘアアクセ(23)

ライフスタイル

ホームパーティー(24)
グルメ/レシピ(123)
ヘルシー(46)
運動(21)
筋トレ(8)
リラックスタイム(47)

人気記事ランキング