logo

Top > ファッション > 上着/ジャケット/コート

「シースルートップス」の着こなしポイント&おしゃれコーデ集






「シースルートップス」と聞くと、セクシーな印象のトップスを想像される方も多いかと思います。

でも、インナーとの組み合わせやコーデの露出バランスを工夫すれば、とてもエレガントなコーデが完成しますよ。
意外と主張しすぎないアイテムでもあるため、比較的合わせるボトムスやアウターも選びやすいのがポイントです。

今回はシースルートップスを着こなす際、どんなポイントに気を付ければ良いのか、着こなしポイントやお手本にしたいコーデ集と一緒に紹介していきます♪

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、臨時休業あるいは営業時間の変更等の措置を取っている店舗・施設がございます。


お出かけ前に、店舗・施設の公式HPやSNS等で最新情報のご確認をお願い致します。


【目次】「シースルートップス」の着こなしポイント&おしゃれコーデ集

 

シースルートップスって、どんなトップス?

実は魅力たっぷりなシースルートップス 

可愛さもセクシーさも引き出せる

実は一年中着れる

インナー次第でコーデの印象を変えられる

シースルートップスの着こなしポイント

インナーとシースルートップスの色は、なるべく色味が近いものをチョイス

シンプルめのシースルートップスには、ディテールが凝ったデザインのインナーを合わせて

春夏のインナーは「タンクトップ」「キャミソール」を合わせて涼感たっぷりに

秋冬は春夏スタイル+「羽織り」で印象を変えよう

首が詰まったシースルートップスには、デコルテが綺麗に見えるインナーを合わせる

シースルートップスを使った素敵なコーデ集

シースルーCPOシャツ×スニーカー

シースルートップス×ジャケパンスタイル1

シースルートップス×ジャケパンスタイル2

アシメタンクトップ×シースルーシャツ

ガーリーなマキシスカート×ネイビーシースルーブラウス

変形シースルーブラウス×スラックス

シースルーTシャツ×サロペット

シースルートップス×グルカパンツ

シースルーシャツ×プリーツスカート

シースルートップス×セットアップ

シースルーブラウス×ハイウエストパンツ

シースルートップスで、普段とは一味違う自分に♪

 

シースルートップスって、どんなトップス?

 

シースルートップスとは

 

シースルートップスとは、部分的または全てが透けているトップスです。

ブラウスやカットソーに多く、少し色っぽさがあるトップスでもあります。

素材は、レースやオーガンジーなど、ガーリーな素材が多めです。

 

セクシーな印象を持つ方もいらっしゃるかもしれませんが、適度にお肌を見せることもできるため、ヘルシーさのあるコーデも楽しめますよ♪

でも、デザインによってはシースルートップス1枚だけだと心もとない…という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

ここからは「着てみたいけれど、コーデ難しそうだな」「インナーで迷いそう」という方向けに、シースルートップスを着こなすポイントやおしゃれなお手本コーデを紹介していきます。

 

 

実は魅力たっぷりなシースルートップス 

 

シースルートップス 魅力

 

シースルートップスは、初心者の方には「着こなしが難しそう」というイメージが強いかもしれませんが、実は味方につけるととても便利なトップスでもあります。

どんな魅力があるのでしょうか。

 

可愛さもセクシーさも引き出せる

 

 

ほどよく透け感のあるシースルートップスは、部分レースやチュールなど、可愛さを引き立てる素材でできたものも豊富。

プリーツスカートやジャンパースカートを合わせて可愛めコーデのポイントアイテムとしても使いやすいのが魅力です。

デニムと合わせてすっきりと着こなすこともできれば、タイトスカートやスリットパンツと合わせてセクシーめにコーデをまとめることもできます。

 

薄手でそこまで主張が強くないため、あらゆるボトムスやアウターとの相性も良好ですよ。

 

※プリーツスカートの関連記事: ミニ丈の「プリーツスカート」が使える!なりたい印象別におすすめのコーディネートを紹介

 

実は一年中着れる

 

 

薄手のものが多いシースルートップス。

春夏はそのままインナーと合わせる、秋冬はシースルートップスをニットなどのインナーとして合わせる、同素材のトップスを合わせてレイヤードスタイルを楽しむなど、実は一着あるだけで一年中着回せるトップスでもあります。

 

一年中着回すことができるトップスをお探しの方に、強くおすすめしたいトップスです♪

 

インナー次第でコーデの印象を変えられる

 

 

特に透け感が強いブラウスの場合、インナーがコーデの印象を左右するのがポイント。

タンクトップを使ったり、キャミソールでセクシーさを強調させてみたり…同じシースルートップスを使っていても、違うインナーを使えばまた違った印象に。

 

インナーの素材や形だけでなく、色同士の組み合わせが違うだけでも、印象は大きく変わってきますよ。

 

 

シースルートップスの着こなしポイント

 

シースルートップスの着こなしポイント

 

次に、お悩みの方も多いであろう「シースルートップスに組み合わせるインナー選び」など、シースルートップスを使ったコーデをよりおしゃれにするためのコツ・ポイントをご紹介します。

 

インナーとシースルートップスの色は、なるべく色味が近いものをチョイス

 

 

特にシースルーコーデ初心者さんにおすすめしたいポイント。

シースルーコーデで特に悩みがちなのが「インナー」なのですが、初めはトップスとインナーのカラーを統一しておくと失敗がありません。

 

このポイントは、色味を抑えたコーデやナチュラルコーデにも使いやすいポイント。

インナーはなるべく肌着感が出ないものを選んでおくのがおすすめです。

 

シンプルめのシースルートップスには、ディテールが凝ったデザインのインナーを合わせて

 

 

こちらのようなベーシックな生地感のシースルートップスや、無地のものを使う場合は、インナーにディテールやデザインが凝ったものを選んでみるのがおすすめ。

シンプルなものにディテールが凝ったものを合わせることで、コーデが地味になりすぎず、シンプルと華やかさのバランスがほどよい具合に仕上がりになりますよ。

 

春夏のインナーは「タンクトップ」「キャミソール」を合わせて涼感たっぷりに

 

 

春夏シーズンは、シースルートップスのコーデがとても楽しい時期。

独特の透け感で、春夏らしい季節感を演出することもできますよね♪

 

おすすめのインナーは、キャミソールやタンクトップ。

暑苦しく見えず、春夏らしい印象を演出することができます。

 

秋冬は春夏スタイル+「羽織り」で印象を変えよう

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by ✴︎ まる (@__marumelo__) on

 

涼しくなってきたら、シースルートップスの上から羽織りをプラス。

秋ならブルゾンや厚めカーディガン、あえてメンズライクなMA-1やレザージャケットを合わせてみて甘辛MIXコーデを楽しんでみるのも素敵ですね。

 

冬はレイヤードスタイルで、シースルートップスの上からニットソーや厚手のジャケットを羽織ってみて印象を変えてみるのも良いでしょう。

冬の場合は、ハイネックや襟付きブラウスがレイヤリングしやすくおすすめです。

 

※レザージャケットの関連記事: レディースライダースジャケットの選び方から素敵コーデまで紹介♪

 

首が詰まったシースルートップスには、デコルテが綺麗に見えるインナーを合わせる

 

 

ハイネックやタートルネックなど、首元が詰まったデザインのシースルートップスは、シースルーでも露出バランスが整えやすいと人気のデザインです。

 

ただ「シースルー素材でも首元が詰まったトップスは窮屈に見えないかな?」と心配な方もいらっしゃるかと思います。

そんな心配は、インナーを工夫することで実はあっさり解決されます♪

 

インナーに、VネックやUネック、深めのボートネックなど、デコルテが大きく開くデザインのタンクトップ(キャミソール)を合わせてみましょう。

これで、シースルートップスから大きく開いたデコルテを綺麗に演出することができますよ。

 

ヘアスタイルもアップスタイルにしておくと、さらにすっきりとした印象になります。

 

▼合わせて読みたい

「Vネックトップス」はどう着こなすべき?おすすめコーデを紹介♪

女性らしいフォルムが人気の「ボートネック」!おすすめアイテム&コーデを紹介

 

 

シースルートップスを使った素敵なコーデ集

 

シースルーブラウスやシャツなど、シースルートップスを上手に活用したお手本コーデをご紹介します。

ぜひ取り入れてみて、日々のコーデに活用してください♪

 

シースルーCPOシャツ×スニーカー

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Nanami (@___nanami11) on

 

昨年あたりから定番人気トップス・ジャケットに躍り出たCPOジャケット。

こちらはCPOジャケットの形をモチーフにしたシャツですが、ボーイライクなCPOシャツもシースルー素材になると一気に女性らしさがアップしていますね。

 

紫陽花のようなくすみパープルに、アイボリーやホワイトと柔らかトーンの薄手素材アイテムを組み合わせているので、全体的にソフトな印象に。

ふんわりとした印象のコーデですが、足元をブラックのスニーカーで引き締めているのもポイントです。

 

※くすみカラーの関連記事: 「くすみカラー」ってどんな色?くすみカラーを使ったコーデやコツを紹介♪

 

シースルートップス×ジャケパンスタイル1

 

 

デニムライクなパンツに、シースルーハイネックシャツがシックにマッチしたコーデ。

シースルーシャツのインナーをパンツと同系色にすることで、統一感がより増した印象に仕上がっています。

 

さりげなく、バッグとジャケットの色味を統一しているのもグッドポイント。

様々な素材が組み合わさったコーデですが、所々色味を合わせることでまとまりが生まれ、大人らしい雰囲気も感じられますね。

 

シースルートップス×ジャケパンスタイル2

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Yuki Kagaya (@yuki_kagaya) on

 

先ほどのコーデはオフィスユースにもぴったりのジャケパンスタイルですが、こちらは休日のリラックススタイルに使いやすいジャケパンスタイルコーデです。

 

かっちりめのジャケットに、シースルーシャツ、そしてリラックス感たっぷりのリネンパンツを合わせてリゾートライクな印象に。

足元はデッキシューズなどを合わせても素敵ですが、あえてコーデと同系色のスポーツサンダルを合わせて遊び心たっぷりなコーデに仕上がっています♪

 

※スポーツサンダルの関連記事: 人気のスポーツサンダル♪本格アウトドア派から厚底まで、選び方やおすすめアイテムを紹介

 

アシメタンクトップ×シースルーシャツ

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by uemi (@uemi_mw) on

 

近年トレンド入りしている「アシンメトリータンクトップ」。

肩部分が左右で違うデザインになっており、サロペットや羽織りものを使ったコーデに人気のアイテムです。

 

こちらはシースルーの長めシャツを合わせたコーデ。

ジャンパースカートを長め丈シャツに合わせると、脚長効果も得られるコーデの出来上がり♪

 

小物の質感・カラーを合わせて引き締めているのも素敵なポイントです。

 

ガーリーなマキシスカート×ネイビーシースルーブラウス

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by nishida mayumi (@chez_mo_na1015) on

 

クラシックでレディライクなマキシスカート。

ふんわりとしたシルエットで女性らしい印象ですが、トップスにネイビーのシースルーブラウスを合わせることで、全体がすっきりと落ち着いた雰囲気に変化します。

 

スカートはやや上の位置でブラウスをタックインしておけば、より脚長効果も得られます♪

やや首元が詰まったデザインなので、髪の毛もアップスタイルでまとめておくとより洗練されたムードになります。

 

※ネイビーの関連記事: おしゃれに見えること間違いなし!おすすめのネイビーコーデを季節別にご紹介

 

変形シースルーブラウス×スラックス

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by GiGi nonberva (@gigi.tsu) on

 

ビタミンカラーを大人色にくすませたパンツにしっかり映えているシースルーブラウス。

バック部分のみ長くなったフィッシュテールシルエットシャツは、気になるお尻周りをすっきりカバーしてくれるので、体型カバーアイテムをお探しの方にもおすすめのアイテムです。

 

やや大きめのふんわりとしたシルエットのブラウスなので、ウエストマークをしてメリハリをつけているのもグッドポイント♪

足元は夏らしく、ミュールを合わせてみるのも素敵です。

 

※体系カバーコーデの関連記事: 脱・太見え!「着痩せ」コーデで賢くスタイルアップしよう♪

 

シースルーTシャツ×サロペット

 

 

シースルーシャツは、サロペットやオールインワンといった上下が繋がったアイテムを着用する際にもたつかないのも大きなメリットです。

 

こちらはワンピースライクなサロペットにジャストサイズのシースルーシャツを合わせたコーデ。

プレーンなTシャツを合わせるのも良いのですが、フェミニンな印象のシースルーシャツを合わせることで、カジュアル感が強まりがちなコーデに女性らしさがプラスされています。

 

シースルートップス×グルカパンツ

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by kotomi (@kotomimi) on

 

ドット柄が愛らしい、ブラックの袖シースルーシャツは、意外と深みのあるカラーとも相性が良いのも魅力。

ボトムスは、メンズライクな  テラコッタ   色のグルカパンツを使うことで、フェミニンすぎずカジュアルすぎないコーデに仕上がっています。

 

シースルーシャツ×プリーツスカート

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by mika (@zu_ttosakini) on

 

ゆったりとしたバンドカラーシースルーシャツと、同じようなひらひら感のあるプリーツスカートは絶好の相性をもつコンビネーション。

シャーベットカラー   の儚げなトーンのスカートは、女性らしさだけでなく爽やかさも演出できるアイテムですね。

 

シャツはバック部分が長くなっているスタイルなので、ボタンは全て閉めて、フロント部分だけタックインして後ろのみ出しておくという着方も楽しめますよ。

 

シースルートップス×セットアップ

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by ymd (@dwnym__) on

 

涼しくなってきてから楽しみたい長袖セットアップコーデ。

普通のカラーシャツやトップスを合わせるのにマンネリを感じたら、ぜひシースルーシャツやブラウスを合わせてみてください。

 

いつもとは違った、軽やかで女性らしい印象のセットアップコーデに仕上がりますよ♪

 

※セットアップコーデの関連記事: 実は簡単なセットアップコーデ♪ おしゃれな着こなしのコツや選び方、おすすめブランドアイテムをチェック!

 

シースルーブラウス×ハイウエストパンツ

 

 

すとんとした落ち感が楽しめるシースルーブラウス。

ブラウジングさせてパンツにタックインすることで、シースルー素材がもつふんわり感はそのままに、自然にスタイルアップが楽しめます。

 

一見ミニマルなコーデに見えますが、ふんわりとしたシースルーブラウスでさらに上品さがプラスされたレディライクなコーデに格上げされています。

 

 

シースルートップスで、普段とは一味違う自分に♪

 

シースルートップス まとめ

 

旬なアイテム「シースルートップス」の着こなしポイントやおすすめのコーデを紹介してきました。

 

上級者アイテムに見えるトップスですが、 インナーを吟味して組み合わせると、旬で女性らしいコーデを楽しめるように♪

インナーを変えることで印象を変えやすいトップスでもあるので、コーデのマンネリ化を防止できるのも嬉しいポイントですね。

 

お手元にあるシースルートップスのコーデにお悩みの方や、「シースルートップスに興味があるけど、着こなせるか不安…」という方は、ぜひ今回ご紹介したポイントを参考にコーデを楽しんでみてください!


フォローして最新記事をチェック!



検索

カテゴリ一覧

ファッション(299)
   着回し/コーデ(68)
   髪型/ヘアスタイル/ヘアアレンジ(54)
   眼鏡/コンタクト/カラコン(7)
メイク・コスメ(341)
   ベースメイク(31)
   アイメイク(45)
   リップ/グロス(21)
   ネイル(13)
   コスメブランド/メーカー(168)
美容(125)
   スキンケア(73)
   髪/シャンプー/リンス/コンディショナー(33)
   石鹸/ソープ/洗顔料(11)
   ダイエット(7)
健康(66)
   健康食品/サプリメント/プロテイン(13)
   スポーツ/運動/トレーニング(6)
   冷え/温活(4)
ライフスタイル(231)
   生活雑貨/生活用品(47)
   ギフト/プレゼント(19)
   趣味(8)
   お出かけ/観光/旅行/デート(31)
   妊娠/出産/子育て(3)
   家庭菜園/ガーデニング(4)
インテリア(44)
   内装/レイアウト(5)
   DIY(3)
グルメ(84)
   カフェ/喫茶店/ドリンク(29)
   ケーキ/お菓子/スイーツ/パティスリー/パン(25)
   レシピ(28)
アート/カルチャー(30)
   写真/カメラ(8)
   ハンドメイド/クラフト(12)

スキンケア

エイジングケア(40)
保湿(168)
美白(42)
乳液(34)
クリーム(95)
オイル(24)
化粧水(101)
美容液(81)
基礎化粧品(117)
ニキビ(19)
毛穴ケア(32)
角質ケア(41)
肌荒れ(22)
くすみ(44)
クマ(10)
たるみ(20)
ハリ不足(35)
スペシャルケア(105)
セルフケア(50)
UV対策(38)
日焼け対策(30)
日焼け止め(12)
しわ(12)
洗顔/クレンジング(61)

肌質

乾燥肌(107)
敏感肌(83)
脂性肌(33)
混合肌(26)

コスメ/メイク

ツヤ肌(109)
マット肌(49)
ミネラルコスメ(43)
デカ目(56)
小顔(2)
韓国(47)
化粧(157)
ポイントメイク(165)
メイクテク(71)
ナチュラルメイク(125)
美肌(120)
メイク道具(29)
化粧下地/ファンデーション/コンシーラー(93)
テカリ防止(15)
アイメイク(104)
リップ/グロス(93)
チーク(56)
カラーメイク(27)

ファッション

春コーデ(80)
夏コーデ(75)
秋コーデ(93)
冬コーデ(93)
スタイル(185)
テイスト(167)
シーン別(49)
大人コーデ(114)
カジュアル(107)
綺麗め(123)
フェミニン(89)

年代別

10代(4)
20代(13)
30代(14)
40代(8)
50代(5)

恋愛

片思い(25)
男性心理(42)
カップル(35)
恋愛観(45)
恋愛テクニック(47)
モテ仕草(4)

ヘアスタイル

ショートヘア(38)
ロングヘア(41)
セミロング(38)
ボブ(41)
スタイリング(64)
ヘアケア(62)
ヘアカラー(22)
ヘアアクセ(18)

ライフスタイル

キッチン用品(41)
ホームパーティー(18)
グルメ/レシピ(116)
ヘルシー(44)
運動(18)
筋トレ(7)
リラックスタイム(33)

人気記事ランキング