logo

Top > ファッション > 着回し/コーデ

「くすみカラー」ってどんな色?くすみカラーを使ったコーデやコツを紹介♪






「くすみカラー」がファッション界や美容界で話題になっています。
今期のファッションや美容でもトレンド入りすることは確実で、すでに多くの方が日々のコーデやメイクに取り入れています。

でも「くすみカラーってどんなカラーなんだろう?」と疑問に思った方、コーデ方法がまだ自信が持てていない方も多いはず。

今回は、くすみカラーの解説やコーデのコツと合わせて、カラー別に素敵なコーデをご紹介します。
日々のコーデにお役立てくださいね♪

緊急事態宣言の発令、及び新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、臨時休業あるいは営業時間の変更等の措置を取っている店舗・施設がございます。


お出かけになられる前に、店舗・施設の公式HPやSNS等で最新情報のご確認をお願い致します。


【目次】「くすみカラー」ってどんな色?くすみカラーを使ったコーデやコツを紹介♪

 

そもそも「くすみカラー」とは?

「ニュアンスカラー」とは違うの?

くすみカラーを使ったコーデのコツ

基本はシンプルコーデがおすすめ

ワントーンコーデでナチュラルな印象に

あえて明度が違う色を組み合わせてメリハリを

異素材アイテムを組み合わせて、脱「のっぺり」感

柄物を取り入れてこなれ感を演出

くすみカラー別におすすめコーデを紹介

ベージュ

ピンク

ブルー

パープル

グリーン

ホワイト

くすみカラーでコーデ上手に♪

 

そもそも「くすみカラー」とは?

 

くすみカラーとは

 

ファッションや美容分野で最近もてはやされている「くすみカラー」。

見慣れたピンクやブルーとは違い、絶妙で曖昧なカラーをくすみカラーと呼んでいます。

 

くすみカラーの特徴は以下の2点。

 

  • 全体的に彩度が低い
  • グレーがかっている

 

このくすみカラーの対極にあるのがビビッドカラーで、鮮やかよりはグレーがかったパステルカラーというイメージですね。

 

くすみカラーの特徴

 

ビビッドカラーよりも肌なじみがよく、比較的まとう人を選ばないのがくすみカラーのメリットで、優しい印象や大人らしい印象を醸し出してくれるカラーとしても人気が高いのです。

 

「ニュアンスカラー」とは違うの?

 

ニュアンスカラー

 

一方で「ニュアンスカラー」という言葉を聞いたことがある方も多いかと思います。

ニュアンスカラーも、曖昧なカラーリングと絶妙なトーンバランスのカラーを指すため、実は意味的にはくすみカラーと変わりません。

そのため、くすみカラーとニュアンスカラーはほぼ同じ意味と捉えることができます。

 

 

くすみカラーを使ったコーデのコツ

 

くすみカラーコーデのコツ

 

近年ブームになっているくすみカラー(ニュアンスカラー)。

「コーデに取り入れてみたいけれど、どう取り入れたら良いのかな?」「着膨れしたりダサく見えたら嫌だな」と感じている方も多いかと思います。

 

ここからは、くすみカラーのアイテムを取り入れたコーデのコツをご紹介します。

くすみカラーは通年使いやすいカラーなので、毎日のコーデの参考にぜひチェックしてみてください。

 

基本はシンプルコーデがおすすめ

 

シンプルコーデ

 

くすみカラーを使ったコーデは、あまりくすみカラーを多用しすぎたり、小物などのアイテムを多めに使うと、色味の良さがあまり引き出せません。

 

なるべく、シンプルめのコーデを心がけると色同士の喧嘩がなくなり、コーデが綺麗にまとまります。

くすみカラーアイテムと合わせるカラーリングで悩む場合は、ブラックやホワイト、グレーなどの無彩色と合わせてみると良いでしょう。

 

※合わせて読みたい: 地味見えしないシンプルコーデ!洗練された大人のコーデにするためのポイントを解説

 

ワントーンコーデでナチュラルな印象に

 

異素材

 

「あまり普段取り入れないカラーを使うとコーデが失敗に終わりそう…」と心配な方は、ワントーンコーデを考えてみてはいかがでしょうか。

同系色でトーンが違うアイテム同士をまとめたコーデは、コーデに悩んだ時の大きな味方になってくれます。

 

こちらの写真は、くすみブルーに、より明度が高いブルー系スカートを取り入れたもの。

同じ色味なので、一緒に合わせてもどちらかが浮いて見えることはありません♪

 

あえて明度が違う色を組み合わせてメリハリを

 

明度違い

 

ワントーンコーデの気分じゃない時は、メリハリのきいたカラーを取り入れてみるのもアリ!

 

例えば、こちらはくすみベージュにほぼ正反対カラーのブルーデニムジャケットを取り入れたコーデ。

あえて明度が違うカラーを取り入れることで、優しい印象だけではなくアクセントが華やかなコーデの出来上がりです♪

 

明度2

 

こちらの写真では、くすみピンクのニットをメインとしたコーデが考えられそうですが、ネイビーブラックのスカートを合わせた場合と同じトーンのくすみベージュパンツを合わせた場合では、ピンクの見え方がかなり変わってきますね。

 

ベージュパンツを合わせると、ピンクと同トーンで優しい印象に、ネイビーブラックのスカートを合わせるとピンク色がさらに強調されてメリハリの強い印象になります。

 

その日のコーデを決める際に、どんな印象のくすみカラーコーデをしたいか考えてみると、さらに気分にマッチした仕上がりのコーデが楽しめるはずです♪

 

異素材アイテムを組み合わせて、脱「のっぺり」感

 

ワントーンコーデ

 

また、くすみカラーコーデで色々な色を取り入れてメリハリを作る以外にも、同トーンのコーデでもメリハリをつけられる方法があります。

 

それは「同トーンの異素材アイテムを取り入れる」こと!

例えば、こちらの写真だと、同じベージュ・ブラウン系アイテムでも、

 

  • トップスはふんわりとしたニット
  • ボトムスは縦ラインと光沢が際立つプリーツスカート
  • バッグは明るめオレンジトーンのレザーバッグ

 

と全てのアイテムの質感や素材が全く異なっています。

 

同じトーンでも、質感や素材が違うものを取り入れると、コーデに使ったカラー同士が引き立てられるだけでなく、より立体感のある仕上がりになります。

好きなカラー縛りでコーデを楽しみたいときや、コーデ全体ののっぺり感が気になるときに、ぜひ思い出してみてくださいね。

 

柄物を取り入れてこなれ感を演出

 

柄物

 

くすみカラーを使ったシンプルコーデも良いですが、よりこなれた印象のくすみカラーコーデを楽しみたくなったら、一点のみ柄物アイテムを取り入れてみるのもおすすめ。

 

例えば、こちらの写真のように、ベージュのトップスに反対色のネイビーストライプパンツを合わせてみると、のっぺり感の解消ができるだけでなくコーデに動きが生まれます。

 

柄物は、ボトムスがもっとも取り入れやすいアイテム。

どこに柄物を取り入れてみよう…と悩んだ時は、まずはボトムスに目を向けてみてみてください。

 

 

くすみカラー別におすすめコーデを紹介

 

くすみカラーコーデ

 

くすみカラーを使ったコーデをチェックしていきましょう♪

様々なカラーがありますが、中でも人気のくすみカラーを使ったコーデをご紹介します。

 

ベージュ

 

ベージュ

 

もっとも使い勝手の良いカラーの一つ・ベージュ。

通常イメージされるベージュは黄味がかった色味ですが、くすみベージュになるとトープやピンクベージュ、グレージュなどのソフトな色味が多くなります。

 

現在はベージュブームがきていることもあり、人気が特に強いカラーに。

ブラックやネイビーで引き締めてみたり、同色で仕上げてみるのも良いですね♪

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Haruna♡ (@harustagram1028) on

 

こちらは同色でまとめたコーデ。

トップスとボトムスの間にホワイトのシャツをレイヤードさせることで、さらにカラーニュアンスが美しく目立っていますね♪

コーデアクセントにしたイエローのバッグもコーデのポイントに。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by yoshikawa (@yskwmsk.__) on

 

グレージュは、グレーよりもさらにフェミニンかつ大人らしく見せてくれるカラー。

こちらも同じトーン、絶妙に違うカラーで統一したコーデ。

 

縦ラインが美しいトレンドのプリーツスカートと、ゆったりサイズのトップスを合わせてバランスよく仕上がっています。

さりげなくベルトマークをして、メリハリのある仕上がりにしているのも良いですね。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by akane 𖠚 プチプラコーデ ㌘ 🧸 (@and_lalala_ootd) on

 

よりカジュアルにまとめるなら、温かみのあるピンクベージュアイテムを取り入れるのも良いでしょう。

 

あえてオーバーサイズめのトレーナーにブラックスキニーを合わせることで、華奢感がプラスできるコーデに。

モノトーンのシャツやボトムスを合わせているので、ピンク味がより引き立って見えます。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by son (@2323son) on

 

桜の季節も楽しみたいピンクベージュ。

 

暖かくなってきた季節には、オーガンジーのようなひらひら感があるホワイトシャツにピンクベージュのリブのセットアップを合わせてみるのはいかがでしょうか♪

長めのシャツはタックインせずに出すことで、シンプルアイテムを使った一風変わった変形シルエットコーデを楽しめます。

 

 

セピアカラーのようなベージュとくすみホワイトの組み合わせで、カジュアル過ぎない大人らしい色使いのコーデに仕上がっています。

カジュアルに寄り過ぎてしまいがちなパーカーコーデですが、シューズとバッグにきれいめ要素のあるものを組み合わせると、こなれ感満載のコーデに♪

暖色系コーデに、ゴールド系のバッグやアクセサリーがぴったりマッチしています。

 

ピンク

 

ピンク

 

お肌のトーンを明るく見せてくれる優しめカラーといえばピンク。

でも、多用しすぎると幼く見えすぎるデメリットもありますよね。

 

そこで、デメリットが気になった時におすすめしたいのがくすみピンク。

グレージュピンクやロートーンのピンクは、可愛さも持ち合わせながら大人らしさも演出してくれます。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by __a.diary__ (@__a.diary__153) on

 

肌なじみの良いラベンダー×ペールピンクのコーデ。

定番アイテム同士のコーデですが、異なる色でも同じようなトーンのものを合わせると、元からセットアップだったかのような統一感も演出できますね。

 

ショート丈のアンサンブルにハイウエストのワイドパンツを合わせることで、スタイルアップも叶います♪

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by ୨୧ みつ葉 +*. (@mitsuba.mama_a) on

 

リラックスシルエットのハイネックニットにレトロなラベンダースカートを合わせたガーリーコーデ。

 

一見この組み合わせは着膨れして見えそうですが、ベルトでウエストマークすることでこなれ感がアップしています。

足元もあえてレトロな雰囲気にマッチさせたローファーを合わせることで、一体感も増していますね。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by __a.diary__ (@__a.diary__153) on

 

これまでとは逆に、全くトーンもカラーも異なる色合いの組み合わせのコーデ。

トップスは優しめのくすみピンク、ボトムスに青が鮮やかなスカートを持ってくることで、目がさめるようなコントラストのあるコーデに仕上がっています。

 

カラーもトーンも全く異なっていても、同じ青みのあるカラー同士を組み合わせるとインパクトも統一感も両方叶うコーデに。

よりコーデのカラーバランスをはっきりさせるなら、トップスをタックインしても良いでしょう。

 

 

同じブルーでも、デニムをくすみピンクに合わせるのはいかがでしょうか♪

コンパクト&シンプルなアイテムの組み合わせで、カラフル過ぎない大人のカジュアルコーデのできあがり。

 

ホワイトTシャツとデニムの組み合わせに飽きた時に、くすみカラーのビスチェやキャミソールを合わせてアクセントをつけてみるのも良いですね。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by うおchan (@uochan_31) on

 

くすみピンクと相性が良いグレー。

同じグレーでも、若干くすんだクラシカルなタータンチェックは、上品さと大人らしさを与えてくれます。

 

くすみが強いピンクなので、グレー味の強いチェックスカートを合わせてもそのアクセントに負けていません。

 

ブルー

 

ブルー

 

くすみブルーは、大人っぽい雰囲気だけでなく抜け感と清楚感も演出してくれる貴重カラー。

濃いめのブルーやビビッドなブルーよりも使う人を選ばないカラーでもあり、出番が多い色味になること間違いなしです♪

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by __a.diary__ (@__a.diary__153) on

 

すとんとしたストレートシルエットのくすみブルーニットに、フェミニンなホワイトレースのスカートを合わせるとブルーのもつ清楚さがさらに強調されてますね。

足元はキレイめのパンプスでまとめるのも良いですが、ブラックのレザーブーツでかっちりと締めるのも素敵です。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by kkr (@red_sjk) on

 

くすみブルーのセンタープレスパンツは、コーデ難易度が高く感じられるアイテムかもしれませんが、こちらも同トーンカラーのアイテムを合わせてみるとまとまりやすくなります。

 

カラーシャツとパンプスを合わせれば旬カラーのきれいめコーデに、こちらのように同トーンのトレーナーを合わせてみるとカジュアルなくすみコーデが完成。

小物はブラックでまとめておくと、ほどよく引き締まったカラーコーデを楽しめます。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by @s.po.ro on

 

くすみブルーのマニッシュなトップスに同系色デニムを合わせたゆるコーデも素敵ですね。

トップスにゆるめサイズのものを選ぶことで、デニムのストレートシルエットがよりはっきりと映えるように。

 

さりげなく、ベルトとスニーカーをカラーリンクさせているのもおしゃれなポイントです。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Haruka (@haruka061444) on

 

くすみブルーと相性が良いカラーの一つ「グレージュ」。

グレーにパープルを混ぜたような温かみのあるカラーリングのグレージュは、青みのある色味をさらに引き立ててくれます。

 

こちらのコーデも、同じトーンのグレージュとくすみブルーのバランスが素敵なコーデ。

インナーをタックインして、全体的にすっきりと見せているのもポイントです。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by まいぴ* (@maipicamera) on

 

モノトーンだけのコーデはかっこよくクールな印象になるけれど、ソフトな要素もプラスしたい…という時にも重宝するのがくすみカラー。

 

モノトーンでまとめたトップスにくすみブルーのパンツを合わせると、クールな中にもソフトでフェミニンな要素をバランスよくプラスできます♪

 

パープル

 

パープル

 

女性らしさは欲しいけれど、色気は抑えめにしたいな…というときに役立つのがくすみパープル。

優しいイメージはそのままに、セクシー過ぎない絶妙なくすみパープルは、フェミニンな装いはもちろん、ボーイッシュコーデの外しにも使えるカラーです。

 

「パープルはちょっと主張が強いかな?」と敬遠していた方にもおすすめですよ。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Ayaka♡⃛ (@pink_a06) on

 

くすみパープル初心者さんにおすすめなのが、グレー味が強いパープル。

モノトーンと相性が良いトーンなので、お手持ちのアイテムとも合わせやすくなります。

ボトムスに重めカラーを合わせると、グッと大人っぽい仕上がりに♪

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by NENE (@s.ne_ne_) on

 

藤の花のような編みが美しいビスチェを取り入れたペールトーンコーデ。

ホワイトのTシャツに組み合わせるだけで、フェミニン度がアップしていますね♪

シューズにスニーカーを取り入れて、ほどよくカジュアルダウンさせているのも高ポイントです。

 

 

くすみカラーのアイテムを着こなしてみたいけれど、他のアイテムとの組み合わせに自信がない…という場合は、ワンピースやセットアップでくすみカラーを取り入れてみるのも良いでしょう。

 

こちらのように、濃淡の違うくすみパープルを組み合わせたワンピースなら、トレンドを取り入れつつ流行りのカラーを簡単に着こなすことができます。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by __a.diary__ (@__a.diary__153) on

 

トープに近いくすみパープルをより美しく見せてくれるホワイト。

そんなホワイトをボトムスに取り入れると、春らしい爽やかなコーディネートが楽しめます♪

さりげないプリント柄のあるものなら、シンプル過ぎず派手すぎず、バランスの良い仕上がりに。

 

グリーン

 

グリーン

 

「いい大人だし、くすみカラーでもあまり女の子っぽいのは…」と遠慮している大人の女性にもおすすめしたいのが、爽やかさと大人らしさが漂うくすみグリーン。

パキッとした明るいグリーンも人気のカラーでしたが、今期は少しくすんだトーンのグリーンが旬カラーになっています。

 

デニムやホワイトカラーにも合わせやすい色味なので、オフィスカジュアルにも取り入れやすいカラーでもあります。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by son (@2323son) on

 

モスグリーンをさらに薄くさせたようなくすみグリーンのシャツは、休日のお出かけコーデにもぴったりなアイテム♪

くすみグリーンとの相性が良いクリームホワイトのボトムスを合わせれば、旬のスタイルの出来上がりです。

 

※合わせて読みたい: センス良く見える「モスグリーン」!シーズン別におすすめコーデを紹介

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by mayu (@_mayu123_) on

 

トレンドのCPOジャケットを取り入れた旬コーデ。

ボトムスはカジュアルにデニムを選んでも素敵にまとまるカジュアルコーデですが、あえて旬のくすみグリーンを取り入れることでさらにトレンド感どの高いコーデに仕上がっています。

 

トップスはタックインして、バランスを整えているのも良いですね。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by アリー (@arii_wear218) on

 

グレー味が強いグリーンは、大人らしさとクラシックな印象が感じられるカラー。

そこにアンティークの壁紙のようなくすみブルーを合わせることで、さらに落ち着きのある大人フェミニンコーデが出来上がっています。

 

全体に彩度が低めなので、ツヤ感のあるゴールドやシルバーのアクセサリーなどをプラスして、さりげなく華やかさをプラスするのも素敵です。

 

 

トップスのモスグリーンとカーキシャツの組み合わせが絶妙なカラーコーデ。

カラーシャツにマッチさせやすいくすみカラーのVネックニットは、秋〜春までのコーデ用に一枚は持っておきたいアイテムですね。

 

明るいクリームホワイトのスカートとカーキブラウンのブーツのカラーコントラストも魅力的です。

 

※合わせて読みたい: カーキ色に合うおすすめコーデを季節別に紹介!簡単に大人スタイルになれる♪

 

ホワイト

 

ホワイト

 

真っ白なオフホワイトに、ほんのりベージュやグレーをミックスさせたくすみホワイト。

同じホワイトでも、オフホワイトを合わせるよりもくすみのあるホワイトをミックスさせた方が抜け感を出しやすくなることもあり、くすみカラーの中でも注目度が高いカラーです。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Ꭱ Ꭵ Ꭱ Ꭵ (@ririiiiii58) on

 

オフホワイトのシャツに、少しイエローを混ぜてくすませたホワイトをミックスさせたホワイトコーデ。

くすみホワイトをコーデのメインカラーにすると、レイヤードのオフホワイトがより引き立ちます。

 

同じホワイトでも、少し色が入るだけでかなり色合いが違ってきますね。

 

※合わせて読みたい: 「白シャツ」を使ったおしゃれなコーデ集!カジュアルなのに上品に仕上げよう♪

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by son (@2323son) on

 

こちらはオートミールホワイトのロングジレをメインアイテムに使ったハイトーンカラーコーデ。

インナーシャツのホワイト、レイヤードしているくすみピンクニットと、上から下に向かって美しいグラデーションになっている上級者コーデと言えます。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by son (@2323son) on

 

こちらも、ほぼ全身をくすみホワイトで統一した大人マニッシュコーデ。

シャツオンシャツコーデは、インナーにくすみブラウンのフリルトップス、トップスにくすみホワイトシャツをレイヤードさせることで、薄手のアイテム同士でも高見えするコンビネーションになっています。

 

締め色のブラウンのローファーもマニッシュコーデにさりげなく華を添えていますね。

 

※合わせて読みたい:  簡単で素敵な「マニッシュコーデ」を紹介♪定番アイテムを組み合わせるだけでスタイリッシュに

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by _____mari (@chic_style413) on

 

ローゲージのくすみホワイトニットは、ジャストサイズで着るのも可愛らしいですが、ざっくりとオーバーサイズで着こなすのが旬のスタイル。

くすんだボルドーに合わせてカラーコントラストを強めることで、ニットのざっくり感がさらに際立っています。

 

 

くすみカラーでコーデ上手に♪

 

まとめ

 

くすみカラーの定義から、人気くすみカラーを使ったコーデのコツをご紹介しました。

原色やビビッドカラーはコーデに取り入れるのにはインパクトがあり、ためらってしまう方もいらっしゃるかもしれません。

 

でも、グレーやホワイトなどにくすんだカラーなら、ベーシックからキレイめまで幅広いコーデに取り入れやすくなります。

今までは日々の着こなしに取り入れてこなかったカラーも、くすみカラーとして取り入れてみて、コーデの幅をどんどん広げてみませんか♪

 

▼ファッションの関連記事

・  パステルカラーのおすすめコーデを色別に紹介!

「カラーコーディネート」の方法を知ってハイセンスな女性に♪ 基礎知識からおすすめコーデまで紹介

冬を彩るトレンドカラーはコレ!色別のおすすめコーディネートを紹介


フォローして最新記事をチェック!



検索

カテゴリ一覧

ファッション(120)
   着回し/コーデ(45)
   髪型/ヘアスタイル/ヘアアレンジ(23)
   眼鏡/コンタクト/カラコン(6)
メイク・コスメ(217)
   ベースメイク(21)
   アイメイク(25)
   リップ/グロス(15)
   ネイル(10)
   メーカー/ブランド(117)
美容(102)
   スキンケア(62)
   髪/シャンプー/リンス/コンディショナー(24)
   石鹸/ソープ/洗顔料(6)
   ダイエット(3)
健康(46)
   健康食品/サプリメント/プロテイン(11)
   スポーツ/運動/トレーニング(5)
   冷え/温活(5)
ライフスタイル(175)
   生活雑貨/生活用品(21)
   ギフト/プレゼント(15)
   趣味(8)
   お出かけ/観光/旅行/デート(29)
   妊娠/出産/子育て(2)
   家庭菜園/ガーデニング(3)
インテリア(26)
   内装/レイアウト(3)
   DIY(3)
グルメ(60)
   ドリンク/カフェ(23)
   ケーキ/お菓子/スイーツ/パティスリー/パン(15)
アート/カルチャー(20)
   写真/カメラ(5)
   ハンドメイド/クラフト(8)

スキンケア

エイジングケア(29)
保湿(126)
美白(39)
乳液(26)
クリーム(77)
オイル(18)
化粧水(79)
美容液(61)
基礎化粧品(91)
ニキビ(18)
毛穴ケア(27)
角質ケア(34)
肌荒れ(21)
くすみ(38)
クマ(8)
たるみ(16)
ハリ不足(33)
スペシャルケア(75)
セルフケア(36)
UV対策(27)
日焼け対策(19)
日焼け止め(9)
しわ(9)
洗顔/クレンジング(34)

肌質

乾燥肌(94)
敏感肌(69)
脂性肌(27)
混合肌(20)

コスメ/メイク

ツヤ肌(79)
マット肌(42)
ミネラルコスメ(19)
デカ目(37)
小顔(2)
韓国(29)
化粧(85)
ポイントメイク(90)
メイクテク(36)
ナチュラルメイク(76)
美肌(79)
メイク道具(13)
化粧下地/ファンデーション/コンシーラー(41)
テカリ防止(4)
アイメイク(43)
リップ/グロス(44)
チーク(19)
カラーメイク(5)

ファッション

春コーデ(33)
夏コーデ(32)
秋コーデ(39)
冬コーデ(40)
スタイル(70)
テイスト(61)
シーン別(25)
大人コーデ(32)
カジュアル(30)
綺麗め(22)
フェミニン(21)

年代別

10代(2)
20代(8)
30代(10)
40代(5)
50代(3)

恋愛

片思い(21)
男性心理(34)
カップル(32)
恋愛観(36)
恋愛テクニック(41)
モテ仕草(1)

ヘアスタイル

ショートヘア(23)
ロングヘア(22)
セミロング(19)
ボブ(23)
スタイリング(32)
ヘアケア(46)
ヘアカラー(12)
ヘアアクセ(8)

ライフスタイル

キッチン用品(18)
ホームパーティー(15)
グルメ/レシピ(93)
ヘルシー(38)
運動(11)
筋トレ(5)
リラックスタイム(11)

人気記事ランキング