logo

Top > ファッション > 帽子/ハット/キャップ

被るだけでこなれたスタイルに♪「バケットハット」の選び方からおすすめアイテムまで紹介






日差しが強い時期になると新調したくなる帽子。
日除けや紫外線対策としてだけでなく、コーデのアクセントとしても使える帽子は、大活躍するファッションアイテムでもあります。

数ある帽子の中でも最近注目されているのが「バケットハット」。
カジュアルコーデやスポーツミックスコーデなどあらゆるコーデに役立てやすく、いつものコーデによりこなれ感をプラスすることができます。

今回はどんなコーデに合わせやすいのか、おすすめコーデや人気ブランドのバケットハットを紹介していきます♪

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、臨時休業あるいは営業時間の変更等の措置を取っている店舗・施設がございます。


お出かけ前に、店舗・施設の公式HPやSNS等で最新情報のご確認をお願い致します。


【目次】被るだけでこなれたスタイルに♪「バケットハット」の選び方からおすすめアイテムまで紹介

 

そもそも、バケットハットってどんな帽子?

バケットハットはどう被るのが正解?

バケットハットの選び方

デザインは「シンプルなもの」から選んでみよう

つばの長さはどう?

バケットハットのおすすめブランド&アイテム

FILA(フィラ) バケットハット FLS COTTONTWILL BUCKET HAT 100113311

LACOSTE(ラコステ) パイル ロゴ バケットハット

THE NORTH FACE(ザノースフェイス) キャンプサイドハット NN41906

STUSSY(ステューシー) バケットハット Stock Lock Bucket Hat

NEW ERA(ニューエラ) バケットハット BUCKET-02

KANGOL(カンゴール) バケットハット Washed Bucket 100169215

Champion(チャンピオン) バケットハット 587-001A

お手本にしたい♪バケットハットを取り入れたコーデ集

バケットハットでコーデにトレンド感&こなれ感を♪

 

そもそも、バケットハットってどんな帽子?

 

バケットハットとは

 

バケットハットとは、逆さにするとバケツのように見える形をしたハットのことです。

元々は登山やアウトドアスポーツの場で広く使われていましたが、90年代のストリートファッションから人気に火がついたアイテムともいわれています。

現在では定番ハットとしても親しまれていますね。

 

バケットハットは昨年頃からトレンド入りしているアイテムでもあり、男女問わずファッショニスタさんが使っていることでもお馴染み。

アウトドアブランドはもちろん、ストリート系ブランドやスポーツブランドがアパレルアイテムとして販売していることも多いです。

 

アウトドア使いやすい

 

バケットハットはつばが短く、カジュアルやアウトドアに使いやすいのが特徴。

ひもがついたものもあれば、ついていないものもあります。

また、撥水加工のコットン素材が使われることも多く、水辺へのお出かけや夏の火のお出かけでも安心して使えますよ。

 

どちらかというとスポーツやアウトドア、ストリートファッションのイメージが強いハットかもしれませんが、実はコーデの外しアイテムやカジュアルコーデによりこなれ感をプラスしたいときに使いやすいアイテムでもあります。

 

最近では人気の再熱により、より被りやすい形状のものや機能性、カラーバリエが豊富なものなどが増えています。

より広い世代、より多くの人が日常の装いに取り入れています。

 

 

バケットハットはどう被るのが正解?

 

 

「バケットハットはどう被ると良いのかな?」「メンズっぽくならないかな?」と疑問や不安を感じた方も多いかと思います。

全体がつばに覆われているタイプのハットなので、キャップのように髪をアップにして被るとなんだか収まりが悪いですよね。

 

 

基本的な被り方としては、 顔がよく見えるように浅く被る のが◎

若干後ろを下げておくとスマートに見えます。

 

前髪がある方は、前髪を出しておくとメンズっぽく見えません♪

 

 

ロングヘアの方は、サイドを耳にかけておき、ピアスなどアクセサリーで女性らしさをプラスしておくのがおすすめ。

 

 

ミディアムヘアの方は、あえてふんわり毛先をカールさせてみたり、外ハネヘアにしてみてシルエットを変えてみると今っぽい仕上がりを楽しめますよ。

 

 

ショートヘアの方の場合も、前髪ありスタイルや、内巻きにしておくと、カジュアルなコーデでもガーリーな印象を演出することができます。

 

 

バケットハットの選び方

 

選び方

 

次に、バケットハットの選び方をみていきましょう。

どんなポイントを意識して選べば良いのでしょうか。

 

デザインは「シンプルなもの」から選んでみよう

 

 

まずは、無地のようなベーシックでシンプルなものを選んでみるのがおすすめ。

ブランドとしては、アウトドアブランドかスポーツブランドから選んでみるとハズレがありません。

 

具体的なデザインを挙げると、ブラックやネイビーなどの無地、ロゴやアイコンが入っているだけのシンプルなものがあらゆるコーデに合わせやすいですよ。

個性を出したい!という場合は、ちょっとしたプリントやブランドロゴが大きめのもの、カラーは明るめのブルーやバーガンディなどを選んでみると良いでしょう。

 

つばの長さはどう?

 

 

つばの広さは基本的に短めなのがバケットハットの特徴。

ただ、ブランドによっては若干長めのものもあります。

 

日除け効果をアップさせたいなら長め、顔がよく見えるものやボーイッシュなコーデやストリート系コーデにもマッチさせたい場合は短めのものを選んでおくのがおすすめです。

 

 

バケットハットのおすすめブランド&アイテム

 

 

ここまで、バケットハットの被り方や意識しておきたい選び方をご紹介してきました。

ここからは、バケットハットのおすすめブランドとアイテムを見ていきましょう。

 

FILA(フィラ) バケットハット FLS COTTONTWILL BUCKET HAT 100113311

 

 

スポーツブランド好きの方はもちろん、韓国ファッション好きの方にもファンが多いFILA(フィラ)。

もともとテニスウェアやアンダーウェアで人気のブランドでしたが、現在ではトレンドを先取りしたシューズやアパレルウェアでも人気が高いブランドです。

 

こちらはフロントにブランドロゴが入っただけの、シンプルなバケットハット。

バック部分にはロゴネームも入っており、シンプルながらややインパクトのある印象に仕上がっています。

 

カラー自体はモノトーンで、シンプルからスポーツライクなコーデまで合わせやすいのが魅力的です。

 

FILA(フィラ) バケットハット FLS COTTONTWILL BUCKET HAT 100113311の商品情報

 

価格:1,520円〜2,727円(税抜)

サイズ:58cm(L)

カラー:ブラック、オレンジ、ブラック、ベージュ、ホワイト、ライトピンク

 

 

 

LACOSTE(ラコステ) パイル ロゴ バケットハット

 

 

老舗テニスウェアブランド・ラコステ。

スポーツウェアブランドながら、洗練されたおしゃれな印象のウェアが多く揃うブランドとしておなじみですよね。

 

こちらは、定番のクロコダイルロゴにレトロなフォントのブランドロゴが組み合わされたデザインのバケットハット。

モノトーンでシンプルなデザインなので、カジュアルコーデにはもちろん、きれいめコーデの外しアイテムとしても取り入れやすいです。

 

LACOSTE(ラコステ) パイル ロゴ バケットハットの商品情報

 

価格:8,500円(税抜)

サイズ:58.5cm(ワンサイズ)

カラー:ブラック、ホワイト

 

 

 

THE NORTH FACE(ザノースフェイス) キャンプサイドハット NN41906

 

 

高機能・高クオリティのアウトドアアイテムのデザイン・生産で人気のアメリカアウトドアブランド、ザ・ノースフェイス。

無駄を削ぎ落としたファッション性は、老若男女問わず人気の高いアウトドアブランドです。

 

こちらはアウトドアブランドらしく、軽量なナイロン製で速乾性に優れたバケットハット。

ブランドロゴも大きすぎず、アウトドアだけでなくタウンユースもしやすいデザインに仕上がっています。

 

後頭部にはサイズ調整用のドローコードもついているので、いつでも自分好みのフィッティングができますよ。

 

THE NORTH FACE(ザノースフェイス) キャンプサイドハット NN41906の商品情報

 

価格:4,320円〜5,400円(税抜)

サイズ:M、L、フリーサイズ

カラー:ブラック、アーバンネイビー、ツイルベージュなど他5色

 

 

 

STUSSY(ステューシー) バケットハット Stock Lock Bucket Hat

 

 

ストリートファッション好きさんの間では定番ブランドとして名高いSTUSSY(ステューシー)。

つばは短めで、大きめのブランドロゴが正面に座っているデザインです。

 

シンプルめのコーデに、アクセントとして組み合わせるのにぴったりのバケットハットです。

 

STUSSY(ステューシー) バケットハット Stock Lock Bucket Hatの商品情報

 

価格:4,320円〜5,400円(税抜)

サイズ:M、L、フリーサイズ

カラー:ブラック、ホワイト、バーガンディなど他3色

 

 

 

NEW ERA(ニューエラ) バケットハット BUCKET-02

 

 

メジャーリーグ唯一の公式キャップを手がけるニューエラ。

ベースボールキャップで人気の高いブランドですが、実はバケットハットも人気が高まってきています。

 

こちらはbucket-02というバージョンのバケットハットで、01よりもつばが短くなっているのが特徴。

よりカジュアルに使いやすくなっているだけでなく、折りたたんで持ち歩きやすくなっているのも魅力です。

 

全体にはウォッシュ加工が施されており、カジュアルコーデにもアウトドアコーデにも合わせやすい仕様に仕上がっています。

 

NEW ERA(ニューエラ) バケットハット BUCKET-02の商品情報

 

価格:4,200円(税抜)

サイズ:S-M、M-L、L-XL

カラー:ブラック、ネイビー、カーキ/ホワイト、ウッドランドカモ

 

 

 

KANGOL(カンゴール) バケットハット Washed Bucket 100169215

 

 

帽子メーカーとしてスタートしたイギリスの老舗メーカー・KANGOL(カンゴール)。

多くの有名デザイナーとのコラボやセレブの愛用者が多いことでも人気のブランドで、現在では帽子以外にも多くのアパレルアイテムも取り揃えている人気ブランドです。

 

こちらは若干のウォッシュ加工が施されたコットンバケットハット。

普段使いしやすいベーシックカラーメインのラインナップで、カジュアルからきれいめまで幅広いコーデに対応させやすい「やや長めのつば」が特徴です。

 

ベーシックな形でロゴの主張も控えめなので、特に帽子初心者さんにもおすすめのモデルです。

 

KANGOL(カンゴール) バケットハット Washed Bucket 100169215の商品情報

 

価格:5,600円(税抜)

サイズ:M、L

カラー:ブラック、ネイビー、スモッグ、カーキ

 

 

 

Champion(チャンピオン) バケットハット 587-001A

 

 

アメリカンブランドの中でも特に長い歴史をもつブランドといえばChampion(チャンピオン)。

老舗ブランドらしく、スウェットからアパレル小物まで、あらゆるアイテムが揃っているブランドです。

 

こちらは、ブランドロゴが控えめで幅広いコーデに使いやすいバケットハット。

コットン100%で洗濯もしやすく、コーデの合わせやすさだけでなくお手入れの簡単さも魅力的なモデルです。

 

ベーシックカラーを中心にカラーバリエも豊富。

いつものコーデに合わせやすいカラーをぜひ選んでみてください♪

 

Champion(チャンピオン) バケットハット 587-001Aの商品情報

 

価格:2,223円(税抜)

サイズ:58cm

カラー:グレー、ブラック、カーキなど他5色

 

 

 

お手本にしたい♪バケットハットを取り入れたコーデ集

 

バケットハットコーデ

 

最後に、バケットハットをプラスした素敵なコーデをご紹介しま。

「バケットハットを使ってみたいけど、どんなコーデが良いかな?」と考え中の方はぜひ参考にしてください。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by 藤田 由佳 (@poisonyuka) on

 

カジュアル使いしやすいデニムシャツジャケットに、ブラックのバケットハットを組み合わせたコーデ。

差し色としてフレアスカートに山吹色をプラスすることで、華やかなカジュアルコーデに仕上がっています。

 

トップスにスポーツブランドのものをさりげなく合わせることで、カジュアルでスポーティな印象のバケットハットが浮くことなく、コーデにしっかり馴染んでいます。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by ayara (@aachan__04) on

 

バケットハットを組み合わせたコーデはモノトーンのシンプルコーデが多めですが、それだとなんだか味気ない…という場合もありますよね。

 

味気なさに悩んだら、こちらのコーデのように「ビタミンカラー」を差し色としてプラスしてみませか?

ブラックやホワイトのコントラストをより引き立たせるビタミンカラーをプラスすることで、よりフレッシュな印象が楽しめるコーデに♪

 

メンズライクなチノパンにTシャツ、女性らしいミニショルダーを合わせることで、メンズすぎないコーデになっているのもグッドポイントです。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by @1amnannn on

 

ワイドチノパンにベーシックな無地Tシャツを合わせたシンプルなコーデ。

バケットハットをはじめ、ほぼ全てのアイテムをやさしいラテカラーで統一しているので、メンズライクなアイテムのコーデでもふんわり女性らしいムードが漂っています。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by @000r0431 on

 

特につばが長い変形バケットハットを使った個性派コーデ。

アクセントとして眩しいトマトレッドのパンツを使って、シンプルに偏りがちなバケットハットコーデがメリハリの効いた素敵なコーデが出来上がっています。

 

夏らしく、クリアサンダルやネットショルダーバッグを取り入れてるのも良いですね。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by ayumingo (@a.am_35) on

 

足元はスポーツサンダル(スポサン)にトップはケットハット、バッグはボディバッグと、このままフェスにも行けそうな軽快なコーデです。

 

ボトムスをバケットハットと同じカラーにし、タイトめシルエットでコーデすることで全体のシルエットがメンズすぎない印象に。

あえてスキニーシルエットのパンツを合わせることで、シャツのゆる感とスポーツサンダルのボリューム感がより強調されています。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by ᴍᴀʀɪ ᴋᴀsʜɪᴡᴀɢɪ (@mari_kashiwagi__) on

 

つば長めのバケットハットは、女性らしいきれいめコーデにも合わせやすいアイテム。

コーデの大人感を邪魔しないよう、バケットハットは無地ものを選んでおくのがおすすめです。

 

ナチュラルな印象の生成りベージュのバケットハットは、こちらのようにベーシックカラーの大人コーデに合わせてもカジュアルすぎないのがポイントです。

あえてコットンのバケットハットを光沢のあるワンピースに合わせることで、メリハリとアクセントが効いたコーデになっています。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by m e i n g . (@shop__meing) on

 

今年のトレンドでもあるティアードスカートワンピを取り入れたフェミニンコーデ。

トップスの シースルーブラウス もフェミニン感強めのアイテムですが、あえてバケットハットを取り入れることで、フェミニンすぎずカジュアル感も楽しめる着こなしになっています。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Nao Higashijima (@jimanaogramdayoyon) on

 

マウンテンパーカーのようなシルエットのシースルーシャツにオレンジのボトムスを合わせると、レディライクながら元気な印象も演出できるコーデに。

女性らしさ漂うグレージュのバケットハットを合わせると、顔まわりがシックな印象になるだけでなく、パンツのオレンジをより引き立てるアイテムとしても機能しています。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by おしむ☺︎ (@mumu_oshim) on

 

一昨年からトレンドが続いているシャツワンピ。

スポーツサンダル やバケットハットといったアウトドア系カジュアルアイテムとの相性も良いアイテムですよね。

 

バケットハットを合わせることでコーデがかなりカジュアルになりそうな印象ですが、小物にころんとしたレザーバッグを取り入れることで、レディライクでタウンユースコーデに変身♪

インナーのパンツはワイドパンツも良いですが、デニムでコンパクトにまとめてみても素敵です。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by アンチャン (@_anchan21) on

 

トレンド入りしているニットベストを取り入れた、カジュアルなレイヤードコーデ。

スポサンとバケットハットを組み合わせることで、フェミニンなアウトドアコーデの出来上がりです♪

 

全体はモノトーンでコントラストがはっきりしていますが、ベストのように一点だけ ニュアンスカラー  のアイテムを取り入れることで、モノトーンアイテムがより引き締まる効果もあります。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by ゆで卵 (@egg_yude) on

 

オーバーオールのようなサロペットに爽やかなマリンボーダートップスを組み合わせたカジュアルコーデは、サロペットの素材を使い分ければ一年中楽しめるコーデです。

 

こちらはコーデュロイライクな生地感で、目の詰まったコットンのバケットハットとも好相性。

暗めになりがちな秋冬コーデですが、あえてホワイトのトップスやバケットハットを取り入れることで、明るさも楽しめるコーデが出来上がっています。

 

アウターにはメンズライクなCPOジャケットを合わせて、アウトドアな雰囲気をさらに盛り込んでみるのも良いですね。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Rin (@rincharon) on

 

アニマルプリントのスカートをアクセントに持ってきたきれいめコーデ。

無地でつばが長めのバケットハットを合わせることで、エレガントコーデにさらに遊び心がプラスされています♪

 

顔まわりもバケットハットに合わせてコンパクトにまとめているのも◎

 

 

バケットハットでコーデにトレンド感&こなれ感を♪

 

バケットハット まとめ

 

トレンドが長期で続いている小物の一つ・バケットハットの魅力や選び方、おすすめアイテムなどを紹介してきました。

 

アウトドア、スポーツといったアクティブな印象を強く感じてしまいがちなバケットハットですが、実はどなたでもトライしやすいベーシックなハットの一つでもあります。

被り方をチェックしてお手持ちのコーデに合わせるだけで、こなれた旬コーデの出来上がり♪

 

まずは、無地のものやロゴが控えめのシンプルなバケットハットをいつものカジュアルコーデに合わせてみてください。


フォローして最新記事をチェック!



検索

カテゴリ一覧

ファッション(140)
   着回し/コーデ(48)
   髪型/ヘアスタイル/ヘアアレンジ(26)
   眼鏡/コンタクト/カラコン(6)
メイク・コスメ(239)
   ベースメイク(21)
   アイメイク(26)
   リップ/グロス(15)
   ネイル(10)
   メーカー/ブランド(132)
美容(105)
   スキンケア(62)
   髪/シャンプー/リンス/コンディショナー(26)
   石鹸/ソープ/洗顔料(6)
   ダイエット(3)
健康(47)
   健康食品/サプリメント/プロテイン(11)
   スポーツ/運動/トレーニング(5)
   冷え/温活(5)
ライフスタイル(184)
   生活雑貨/生活用品(22)
   ギフト/プレゼント(15)
   趣味(8)
   お出かけ/観光/旅行/デート(30)
   妊娠/出産/子育て(2)
   家庭菜園/ガーデニング(4)
インテリア(26)
   内装/レイアウト(3)
   DIY(3)
グルメ(61)
   ドリンク/カフェ(23)
   ケーキ/お菓子/スイーツ/パティスリー/パン(15)
アート/カルチャー(20)
   写真/カメラ(5)
   ハンドメイド/クラフト(8)

スキンケア

エイジングケア(33)
保湿(137)
美白(40)
乳液(29)
クリーム(82)
オイル(20)
化粧水(86)
美容液(67)
基礎化粧品(99)
ニキビ(18)
毛穴ケア(28)
角質ケア(34)
肌荒れ(22)
くすみ(38)
クマ(8)
たるみ(17)
ハリ不足(33)
スペシャルケア(80)
セルフケア(38)
UV対策(30)
日焼け対策(22)
日焼け止め(10)
しわ(10)
洗顔/クレンジング(39)

肌質

乾燥肌(96)
敏感肌(72)
脂性肌(27)
混合肌(20)

コスメ/メイク

ツヤ肌(80)
マット肌(43)
ミネラルコスメ(22)
デカ目(39)
小顔(2)
韓国(30)
化粧(92)
ポイントメイク(101)
メイクテク(37)
ナチュラルメイク(78)
美肌(82)
メイク道具(15)
化粧下地/ファンデーション/コンシーラー(48)
テカリ防止(5)
アイメイク(52)
リップ/グロス(51)
チーク(25)
カラーメイク(6)

ファッション

春コーデ(33)
夏コーデ(33)
秋コーデ(39)
冬コーデ(40)
スタイル(83)
テイスト(73)
シーン別(32)
大人コーデ(37)
カジュアル(37)
綺麗め(35)
フェミニン(33)

年代別

10代(2)
20代(9)
30代(10)
40代(5)
50代(3)

恋愛

片思い(22)
男性心理(38)
カップル(32)
恋愛観(40)
恋愛テクニック(43)
モテ仕草(2)

ヘアスタイル

ショートヘア(25)
ロングヘア(25)
セミロング(22)
ボブ(26)
スタイリング(37)
ヘアケア(50)
ヘアカラー(12)
ヘアアクセ(8)

ライフスタイル

キッチン用品(19)
ホームパーティー(15)
グルメ/レシピ(93)
ヘルシー(38)
運動(12)
筋トレ(5)
リラックスタイム(14)

人気記事ランキング