logo

Top > ファッション > 着回し/コーデ

パーソナルカラーって何?あなたに合う服の選び方とタイプ別おすすめコーデ






最近「パーソナルカラー」という言葉を耳にする方も増えてきたのではないでしょうか。

パーソナルカラーとは、その人だけが持っている外見の個性や雰囲気となじむ色のことです。
つまり、自分のパーソナルカラーを知れば、自分をより魅力的に見せる服を着こなすことができるのです。
また、似合わない服を買ってしまうという失敗も減るでしょう。

今回は4つのパーソナルカラーである春夏秋冬を取り上げ、タイプ別の印象やそれぞれに似合う色、おすすめのコーデを紹介します。

【目次】パーソナルカラーって何?あなたに合う服の選び方とタイプ別おすすめコーデ

 

パーソナルカラーとは

パーソナルカラー・春

パーソナルカラー・夏

パーソナルカラー・秋

パーソナルカラー・冬

パーソナルカラー別のおすすめコーデ

パーソナルカラー・春の人におすすめのコーデ

パーソナルカラー・夏の人におすすめのコーデ

パーソナルカラー・秋の人におすすめのコーデ

パーソナルカラー・冬の人におすすめのコーデ

自分のパーソナルカラー以外の色を取り入れたい時は?

逆べカラーを取り入れる

1. パーソナルカラー・春の人が別タイプの色を取り入れたいなら

2. パーソナルカラー・夏の人が別タイプの色を取り入れたいなら

3. パーソナルカラー・秋の人が別タイプの色を取り入れたいなら

4. パーソナルカラー・冬の人が別タイプの色を取り入れたいなら

 

 

パーソナルカラーとは

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by cica (@11ck_____) on

 

パーソナルカラーとは、その人の外見の個性や雰囲気になじむ色のことです。

最近は「春」「夏」「秋」「冬」の4タイプに分けてマッチングを見るのが主流です。

 

肌に黄みがあり、暖かみがあるのが「イエローベース」。

これには「春」と「秋」が含まれます。

 

肌に青みがあり、涼やかさを感じさせるのが「ブルーベース」。

こちらは「夏」と「冬」に分かれます。

 

パーソナルカラーを身につければ肌のトーンがアップして見え、反対にパーソナルカラーではない色を身につけると肌がくすんで見えてしまったり、浮いてしまったりします。

ここでは4つのパーソナルカラーについて、それぞれの印象、似合う人の特徴や色、コーデについて解説します。

 

パーソナルカラー・春

 

パーソナルカラー_春

 

パーソナルカラー・春は、「イエローベース」と呼ばれるカラーのうち、明るく軽やかな印象を与える色を指します。

「スプリング」とも呼ばれ、高明度・高彩度の色が多いです。

 

パーソナルカラー・春の人は、いつも明るく、そしていつまでも若々しく見えるという魅力を持っています。

いつも周囲の人を癒やすようなふわふわとした雰囲気をまとっているかもしれません。

反対に、実年齢よりも幼く見えがちという悩みを抱くこともあるでしょう。

 

パーソナルカラー・春の人は、まさに春に咲く色とりどりの花のように、とにかく明るくクリアで軽やかな色が似合います。

黄色ならマスタードよりレモンイエロー、青ならコバルトブルーより明るめのネイビー、赤系ならブラウンレッドやローズよりコーラルピンクを身に付けましょう。

 

パーソナルカラー・夏

 

パーソナルカラー_夏

 

パーソナルカラー・夏は、「ブルーベース」と呼ばれるカラーのうち、くすんだソフトな印象があります。

「サマー」とも呼ばれ、高明度・低彩度の色が多いです。

 

パーソナルカラー・夏の人は、雨にけむるあじさいのように涼やかでエレガントな雰囲気を持っていることでしょう。

反対に、少しぼんやりとした印象や、他人にどことなく冷ややかな印象を与えてしまうという悩みを抱くこともあるかもしれません。

 

ソフトなパステルカラーが似合うので、黄色なら軽やかなレモンイエロー、青ならラベンダーやパウダーブルー、赤系ならココアカラーやローズレッド、ウォーターメロン(スイカ色)が似合います。

 

パーソナルカラー・秋

 

パーソナルカラー_秋

 

パーソナルカラー・秋は、「イエローベース」と呼ばれるカラーのうち、重厚で落ち着いた印象があります。

「オータム」とも呼ばれ、低明度・低彩度の色が多いです。

 

パーソナルカラー・秋の人は、大人っぽくシックな雰囲気をまとっているのが魅力です。

反対に、実年齢よりも上に見られるという悩みを抱くこともあるかもしれません。

 

パーソナルカラー・秋の人は、深みのある色が似合います。

黄色ならゴールドやマスタード、青ならターコイズ、赤系ならトマトレッドやオレンジが似合うとされています。

 

パーソナルカラー・冬

 

パーソナルカラー_冬

 

パーソナルカラー・冬は、「ブルーベース」と呼ばれるカラーのうち、鮮やかで華やかな印象があります。

「ウィンター」とも呼ばれ、低明度・高彩度の色が多いです。

 

パーソナルカラー・冬の人は、華やかな存在感があります。

周囲の人を魅了するような凛々しい雰囲気をまとっているかもしれません。

反対に、冷ややかに見られがちという悩みを抱くこともあるでしょう。

 

パーソナルカラー・春の人は、とにかく鮮やかで華やかな色が似合います。

黄色ならアイシーなイエローや鮮やかなイエロー、青なら澄んだロイヤルブルー、赤系ならショッキングピンクやワインレッドです。

 

 

パーソナルカラー別のおすすめコーデ

 

ここからはパーソナルカラー別におすすめのコーデを紹介していきます。

ぜひショッピングやコーディネートを考える時の参考にしてください。

 

パーソナルカラー・春の人におすすめのコーデ

 

 

パーソナルカラー・春の人は若々しい印象を持っているので、軽やかな色やカジュアルなアイテムがおすすめです。

リボンやフリルのついたバッグといったガーリーなアイテム、ジーンズにスニーカーとリュックといったカジュアルなコーデが似合います。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by mizuki (@_0924.mi_) on

 

子供っぽくなくコンサバでもない、大人っぽいフェミニンコーデのお手本ですね。

トップスについたビジューはパーソナルカラー・春の人の若々しい魅力を引き出してくれます。

 

イエローベースだからといって青色を敬遠することはありません。

きちんと似合う青色を選びさえすれば、イエローベースさんも青を着こなすことができますよ。

 

パーソナルカラー・夏の人におすすめのコーデ

 

 

パーソナルカラー・夏の人はエレガントな雰囲気をまとっているので、上品なコーデがよく似合います。

膝より丈の長いシフォンスカートやスキッパーシャツ、あまりヒールの高くないパンプスといった肩に力の入っていないアイテムは、パーソナルカラー・夏の人の上品な魅力を引き出してくれることでしょう。

 

 

こちらのコーデは涼やかなアイシーブルーのスカートを主役に、スニーカーや白シャツでカジュアルダウンさせています。

こうしたリラクシングでちょっぴりカジュアルなアイテムを取り入れたコーデは、パーソナルカラー・夏の人をより魅力的に見せてくれますよ。

 

パーソナルカラー・秋の人におすすめのコーデ

 

 

パーソナルカラー・秋の人はシックな雰囲気が魅力です。

コクのあるカラーを身に付け、リッチな雰囲気でまとめましょう。

 

 

パーソナルカラー・秋の人は大人っぽいアイテムが似合うので、高めヒールのパンプスやトレンチコートがおすすめです。

バッグもビジューやリボンがついたガーリーなものよりは、素材のよさを感じさせるシャープな印象のものが似合います。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Ꭹoshie (@yoshie.h_2139) on

 

カジュアルなコーデにしたいときは、深みのあるカラーで、ビッグシルエットかつ厚みのあるパーカーが良いでしょう。

上の写真では、パーソナルカラー・秋の人のシックな雰囲気を活かしながら上手にカジュアルコーデをまとめています。

 

パーソナルカラー・冬の人におすすめのコーデ

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by us.color (@us.color) on

 

パーソナルカラー・冬の人は華やかな存在感が魅力です。

思わず見入ってしまうような鮮やかなカラーが似合います。

 

存在感があるカラーが似合うので、今までそうしたカラーを着ていなかった人は、初めは少し緊張するかもしれませんが、堂々と自分に似合うカラーをまとって街へと繰り出しましょう!

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by YUMI OKAWA (@yumistagram.o_o) on

 

存在感のあるカラーを身にまとうときは、背筋をぴんと伸ばして、凛々しく街を歩きたいものですね。

 

 

自分のパーソナルカラー以外の色を取り入れたい時は?

 

ここまで「パーソナルカラー=その人に似合う色」としてカラー別の印象やおすすめコーデを紹介してきました。

しかし、実は全身を自分のパーソナルカラーでがっちりと固めると、かえって野暮ったく見えてしまうことがあるのです。

 

春タイプの方でも、100%春カラーしか似合わないということは稀でしょう。

人は4つのパーソナルカラーの要素を少しずつ合わせ持っているのです。

 

そこで、上級者向けテクニックとして、抜け感を作るためのポイントやコーデを紹介します。

 

逆べカラーを取り入れる

 

自分のベースカラーとは反対のカラーを「逆べカラー」と呼ぶことがあります。

イエローベースの人にとってはブルーベースカラーが、ブルーベースの人にとってはイエローベースカラーがそれに当たります。

 

ポイントとしては、逆べカラーのアイテムは、顔から離れたところに配置すること、面積を多く取らないこと、小物で取り入れることです。

 

また「セカンドカラー」という考え方も抜け感を作る上では参考になります。

パーソナルカラー・夏の人がいるとして、次に似合うのが春カラーだとしたら、その人のセカンドカラーは春だということになります。

 

セカンドカラーは人によって違うため、パーソナルカラー診断の本を読んでみたり、自分の肌の色や瞳の色を見たり、鮮やかなカラーに負ける顔でないか検討してみたりすると、自分のセカンドカラーが分かってくるでしょう。

さらに、パーソナルカラー診断をプロに依頼し、自分のパーソナルカラーを、セカンドカラーも含めアドバイスを受けるのも有効な方法です。

 

以下では、春夏秋冬のタイプ別に、パーソナルカラー以外の色を取り入れる際のポイントを紹介します。

 

1. パーソナルカラー・春の人が別タイプの色を取り入れたいなら

 

 

パーソナルカラー・春の人は明るく若々しい雰囲気が魅力なので、その魅力を損なってしまわないように注意しましょう。

 

夏カラーを取り入れたい場合

 

春と夏は明るくソフトなイメージを持つという共通点があります。

特にパステルカラーはどちらのタイプにも似合う色です。

夏カラーの中でも、明るいスカイブルーや爽やかなペパーミントグリーンのアイテムを取り入れると良いでしょう。

 

秋カラーを取り入れたい場合

 

春と秋はイエローベースカラーであるという点で共通しています。

ただし、秋カラーの重厚な雰囲気は、春タイプの肌をくすんで見せてしまう場合があるので、取り入れるアイテムは小物など面積の小さなものが良いでしょう。

 

冬カラーを取り入れたい場合

 

春と冬は、一見最も合わせにくいカラーのように思えますが、鮮やかな色にはっきりとしたコントラストが似合うという共通点があります。

春タイプの人はホワイトを多めに取り入れたモノトーンコーデに挑戦してみてはいかがでしょうか。

 

2. パーソナルカラー・夏の人が別タイプの色を取り入れたいなら

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by fjsgirls SHOP (@fjsgirls.shop) on

 

パーソナルカラー・夏の人の魅力は、大人らしいエレガンスと若々しい爽やかさを同時に合わせ持っていることです。

その相反する魅力を最大限に生かすには、統一感が重要になってきます。

 

春カラーを取り入れたい場合

 

夏タイプの人が春カラーを取り入れる際のポイントは、ソフトで明るい印象を与えるカラーを選ぶことです。

前述の通り春タイプと夏タイプにはソフトな印象を持つという共通点があるので、淡く爽やかなカラー、たとえばアプリコットやコーラルピンクなどを取り入れると良いでしょう。

 

秋カラーを取り入れたい場合

 

爽やかで淡い色が似合う夏タイプの人に、重厚感のある秋タイプの色は合わせづらい面があります。

ブルー系を中心に、顔から遠いところに配置したり、小物で取り入れてみましょう。

 

冬カラーを取り入れたい場合

 

夏タイプと冬タイプは、ブルーベースのカラーであるという点で共通しています。

ブルーを中心に最近流行りのワントーンコーデでまとめるとおしゃれに見えます。

アイシーブルーからロイヤルブルーまで、グラデーションをかけたコーデは上級者向けと言えます。

 

3. パーソナルカラー・秋の人が別タイプの色を取り入れたいなら

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by 𝑵𝒂𝒏𝒂 (@0510_nana) on

 

パーソナルカラー・秋の人はシックな雰囲気が魅力です。

パステルカラーやライトなカラーは浮いて見えてしまうことがあるので、取り入れ方には注意してください。

 

春カラーを取り入れたい場合

 

春タイプと秋タイプはイエローベースカラーという点で共通しています。

しかし、秋タイプの人のシックな雰囲気に春タイプの若々しいカラーは浮いて見えてしまいます。

 

春カラーを取り入れるのであれば、ソフトでくすんだ色合いのベージュやブラウンなどを取り入れると良いでしょう。

トップスは秋カラーで、ボトムは春カラーでというように、顔から遠いところに春カラーを持ってきましょう。

また、アクセサリーなどの小物で春カラーを取り入れ、軽やかさを演出するのもおすすめです。

 

夏カラーを取り入れたい場合

 

秋タイプはコクのあるカラーが得意なので、淡い夏カラーをメインに持ってくると、どことなく寂しげな印象になりがちです。

秋タイプと夏タイプは、低彩度のくすんだカラーが似合うという点で共通しています。

 

夏カラーのグレイッシュブルーに秋カラーのウォームベージュを合わせるなど、ソフトなカラーの組み合わせでありながらもコントラストをつけると、秋タイプの人の魅力が引き立てられます。

秋タイプの人が夏カラーを身につける時は、ぜひコントラストを意識してみてください。

 

冬カラーを取り入れたい場合

 

秋タイプと冬タイプは、明度の低い深みのあるカラーが似合うという点で共通しています。

冬カラーを取り入れたい場合は、ボトムや小物などをこくのあるロイヤルブルーなどにするコーデがおすすめ。

秋タイプの人が冬カラーを取り入れたい場合のポイントは「深みのあるカラー」です。

 

4. パーソナルカラー・冬の人が別タイプの色を取り入れたいなら

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Mila Owen/ミラオーウェン (@milaowen_official) on

 

冬タイプの人の魅力は、ぱっと目を引く華やかな存在感と成熟した雰囲気です。

鮮やかな第一印象を与えることが多い冬タイプの人が、魅力を損なうことなく別タイプのカラーを取り入れるにはどうすればいいのでしょうか。

 

春カラーを取り入れたい場合

 

冬タイプと春タイプは、彩度の高いクリアなカラーが似合うという点で共通しています。

春カラーの中でもぱっと目を引く華やかなカラーを取り入れると良いでしょう。

 

夏カラーを取り入れたい場合

 

冬タイプと夏タイプは、同じブルーベースであるという共通点がありますが、冬タイプの人は印象がソフトになりすぎないよう上手に夏カラーを取り入れることがポイントです。

夏カラーの中でもアイシーなカラーをインナーに、アウターは同系色の鮮やかな冬カラーでまとめると、コーディネートに統一感が出ます。

 

秋カラーを取り入れたい場合

 

冬タイプと秋タイプは、前述の通り深みのある色が似合うという共通点があります。

顔回りはクリアな冬カラーをベースに、ボトムや小物でコクのあるモスグリーンなどのカラーを取り入れると良いでしょう。

 

 

パーソナルカラーについて、春夏秋冬別の印象や似合う色、おすすめのコーデを紹介してきました。

春には春の、夏には夏の、秋には秋の、冬には冬の魅力があります。

 

もし自分の「好き」と「似合う」が違っても、上手にトーンを調整することで着こなせるようになるカラーもあります。

似合うカラーと抜け感を上手く利用し、より美しい女性を目指してください♪


フォローして最新記事をチェック!



検索

カテゴリ一覧

ファッション(87)
   着回し/コーデ(30)
   髪型/ヘアスタイル/ヘアアレンジ(21)
   眼鏡/コンタクト/カラコン(4)
メイク・コスメ(151)
   ベースメイク(18)
   アイメイク(19)
   リップ/グロス(12)
   ネイル(7)
   メーカー/ブランド(73)
美容(83)
   スキンケア(50)
   髪/シャンプー/リンス/コンディショナー(19)
   石鹸/ソープ/洗顔料(6)
   ダイエット(3)
健康(39)
   健康食品/サプリメント/プロテイン(9)
   スポーツ/運動/トレーニング(3)
   冷え/温活(5)
ライフスタイル(143)
   生活雑貨/生活用品(18)
   ギフト/プレゼント(13)
   趣味(6)
   お出かけ/観光/旅行/デート(25)
   妊娠/出産/子育て(2)
   家庭菜園/ガーデニング(3)
インテリア(25)
   内装/レイアウト(3)
   DIY(3)
グルメ(46)
   ドリンク/カフェ(19)
   ケーキ/お菓子/パティスリー/パン(10)
アート/カルチャー(15)
   写真/カメラ(3)
   ハンドメイド/クラフト(6)

スキンケア

エイジングケア(11)
保湿(92)
美白(25)
乳液(12)
クリーム(48)
オイル(14)
化粧水(51)
美容液(40)
基礎化粧品(66)
ニキビ(11)
毛穴ケア(17)
角質ケア(27)
肌荒れ(14)
くすみ(26)
クマ(4)
たるみ(8)
ハリ不足(20)
スペシャルケア(47)
セルフケア(20)
UV対策(14)
日焼け対策(11)
日焼け止め(5)
しわ(1)
洗顔/クレンジング(15)

肌質

乾燥肌(76)
敏感肌(55)
脂性肌(21)
混合肌(12)

コスメ/メイク

ツヤ肌(67)
マット肌(40)
ミネラルコスメ(13)
デカ目(32)
小顔(1)
韓国(21)
化粧(60)
ポイントメイク(66)
メイクテク(29)
ナチュラルメイク(64)
美肌(70)
メイク道具(11)
化粧下地/ファンデーション/コンシーラー(22)
テカリ防止(2)
アイメイク(19)
リップ/グロス(23)
チーク(11)

ファッション

春コーデ(20)
夏コーデ(19)
秋コーデ(26)
冬コーデ(26)
スタイル(46)
テイスト(38)
シーン別(16)
大人コーデ(19)
カジュアル(11)
綺麗め(9)
フェミニン(10)

年代別

10代(1)
20代(7)
30代(7)
40代(3)
50代(2)

恋愛

片思い(21)
男性心理(23)
カップル(25)
恋愛観(25)
恋愛テクニック(32)

ヘアスタイル

ショートヘア(20)
ロングヘア(19)
セミロング(16)
ボブ(20)
スタイリング(27)
ヘアケア(39)
ヘアカラー(10)
ヘアアクセ(8)

ライフスタイル

キッチン用品(16)
ホームパーティー(12)
食生活(79)
ヘルシー(36)
運動(10)
筋トレ(4)
リラックスタイム(7)

人気記事ランキング