logo

Top > ファッション > 着回し/コーデ

【身長155cm以下の女子必見】低身長さん向けのおすすめコーデを紹介♪






雑誌やSNSで流行りの服をモデルが着こなしている姿を見ると、「可愛い」「憧れる」「自分も着てみたい」と思いますよね。
モデルは身長も高く体のラインも細いため良いですが、鏡に映る自分を見ると「私じゃ似合わないかも」と感じてしまうかもしれません。

特に低身長の方はコーディネートで悩む場面が多いです。
ただ、低身長さんでも3つのポイントを意識するだけで、モデルさんと同じように可愛く洋服を着こなすことができます!

今回は、ポイントを意識したおすすめの低身長さん向けコーデを厳選してご紹介します。

【目次】【身長155cm以下の女子必見】低身長さん向けのおすすめコーデを紹介♪

 

低身長をカバーする3つのポイント

1. シルエット

2. バランス

3. ウエスト

低身長さん向けの季節別コーデをご紹介!

春コーデ

夏コーデ

秋コーデ

冬コーデ

低身長を上手にカバーして誰よりも可愛くなろう

 

 

低身長をカバーする3つのポイント

 

低身長コーデにおいて重要なポイントは、「シルエット」「バランス」「ウエスト」の3つです。

これらを意識するだけで、低身長をカバーしながらスタイルUP効果を狙えます。

それに加えて、一気におしゃれなコーデにすることができます。

 

1. シルエット

 

低身長コーデ

 

低身長さんが意識するべきシルエットは縦に細長い「Iライン」です。

 

パンツはワイドなものよりも、ストレートなものを選ぶと下半身をスラっと見せてくれます。

この時、トップスはオーバーサイズのものより、自分の身体にピッタリなものを選ぶのがベストです。


マキシ丈のワンピースは、フレアなシルエットよりもタイトなものを選びましょう!

丈感は長すぎると野暮ったくなってしまいがちなので、足が少し出るくらいのものを選ぶことをおすすめします。

 

2. バランス

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Kay-teee (@spthanx777) on

 

低身長さんが意識するべきバランスは上半身と下半身のバランスです。

どんなコーデにおいても、スタイルUP効果を狙うには上半身と下半身とのメリハリをつけることが必要不可欠です。

 

長い丈のボトムスを着るとき、上半身はコンパクトにまとめることで、先述したIラインが生まれ、脚を長く見せることができます。

反対に、短い丈のボトムスにはオーバーサイズのトップスを合わせることでメリハリが生まれます。

さらに、視線を上に上に集めることで低身長カバーに繋がります。

そのため、バランスを考える上で上半身の色使いや柄選びはとても重要です。

 

柄のおススメは「ストライプ」、色は「ハデ色」がおススメです!

ストライプ柄は身体のラインを細く見せてくれます。

また、ロゴの入ったトップスや、目を引くようなハデ色のトップスを用いることで、上半身にアクセントを生み、視線が上に集まります。

 

3. ウエスト

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by momo (@momo__krgram) on

 

低身長さんは、ウエストの位置を高く見せることがとても大切です。

 

ハイウエストのボトムスは、ウエストの位置を高く見せるだけでなく、腰回りをスッキリとさせる効果もあります。

さらに脚のラインが出にくいボトムスは、低身長コーデの強い味方です。

ワンピースやロング丈のトップスを着るときは、ベルトをウエストより少し高めの位置に着けてウエストマークを作ったり、ウエスト位置にリボンが付いたデザインのものを選べば自然と位置が高く見えます。

 

 

低身長さん向けの季節別コーデをご紹介!

 

ここまで、低身長をカバーするポイントを紹介してきました。

ここからは、3つのポイントを踏まえた季節ごとの低身長コーデを取り上げます。

「春服・夏服・秋服・冬服」という呼び名があるように、季節の変化に合わせて服装がガラリと変わるのが日本の特徴です。

季節の変化に合わせてチェックし、参考にしてみてください♪

 

春コーデ

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by ユキ ナナミ (@nanami_110v017) on

 

春らしい花柄を取り入れたコーデ。

低身長カバーのポイントである「ウエストマーク」が組み込まれています。

 

このコーデは白を基調としたワントーンコーデになっており、縦長効果を演出しています。

また、帽子を合わせることで視線を上に集めているのもポイントです。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Aoi Shimizu (@aoishmz) on

 

Iラインを意識したコーデになっています。

ストライプ柄を取り入れて上半身をコンパクトにしつつ、スカートはハイウエストでタイトめにすることで「シルエット」「バランス」「ウエスト」の3つのポイントが全部が揃ったコーデです。

暖かくなった春だからこそできるコーデですね。

 

夏コーデ

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by yuka (@yuka_lemage) on

 

夏はアウターを着ない分、バランスやシルエットが大事になってきます。

 

上半身に色を持たせコンパクトにまとめ、下半身とのメリハリを付けることで、夏らしくもバランスのいいコーデになります。

ストレートなパンツを選ぶことで、しっかりと「Iライン」を取り入れることができます。

また、センタープレスの入ったパンツは、脚を長く見せてくれるのと同時に、大人っぽさを演出してくれる優秀アイテムです。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by 草柳ゆうき (@kusayuu) on

 

低身長さんのオーバーオールは少し子供っぽくなりがちで、着こなすのが難しそうに思えます。

でも、実は簡単にIラインを生み出してくれるとっても優秀なアイテムなのです!

トップスをどう合わせるかによって印象は大きく変わってきます。

 

オーバーサイズのトップスを合わせるより、ピタッとしたシルエットのものを選ぶと、上半身をすっきりと見せてくれるのでメリハリが生まれます。

さらに、ウエストリボンの効果でポイントである「ウエスト」を押さえています。

 

秋コーデ

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by WEAR➳MIHO (@wear_miho) on

 

寒くなりかけた季節はオーバーサイズが着たくなります。

ダボっとしたシルエットのトップスを選んだ時こそ、ボトムスとのバランスが重要です。

ボトムスはワイドすぎるものより、ストレートなシルエットを選ぶことでメリハリが生まれます。

 

ジャケットはコーデュロイ素材を選ぶと秋らしくなりますよ。

カラーもベージュやブラウンのものが季節感を出せます。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by @komasan.1106 on

 

ブラウンでまとめられたコーデです。

秋はアウターまではいらないものの、少し肌寒くなってくる季節です。

 

柄スカートはボトムスに目がいきがちですが、ハイウエストで上半身をコンパクトにまとめることで、バランスが取れてスタイルUPを狙えます。

Iラインのシルエットづくりには、タイトスカートはもってこいのアイテムです。

 

冬コーデ

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by ke-co (@shizudaichan) on

 

女の子が1番可愛く見えるのが冬のコーデです。

寒さゆえ、ついモコモコしたものを重ねて着ぶくれしがちな冬のコーデは、アウターの中をいかにコンパクトにまとめるかが重要になります!

 

アウターはロング丈を選ぶより、ミドル丈を選んでみましょう。

ちょっと大きめのサイズを選ぶことで、低身長さん特有の可愛さを残しつつ、大人っぽさが出ます。

また、ヘアースタイルはアップヘアにすることで、視線を上に集めることできるため季節問わずおすすめです。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by COCOTOWN (@cocotown.co) on

 

低身長さんがロングコートを着るときの絶対ルールは「すっきりシルエット」を選ぶことです。

 

ロングコートは低身長さんにとって「着られてしまう」と敬遠されがちですが、実はIラインを簡単に生み出してくれるアイテムなのです。

さらに、トップスはタートルネックを合わせることで縦長効果が期待できます。

ロングコートを着るときは、これまで以上に上半身と下半身のメリハリ、ハイウエストを意識することが大切です。

 

 

低身長を上手にカバーして誰よりも可愛くなろう

 

低身長コーデにおいて重要なポイント「シルエット」「バランス」「ウエスト」の3つを踏まえて、おすすめコーデを紹介してきました。

ご紹介したポイントを少し意識するだけで、低身長さんでも簡単に流行のアイテムに挑戦できるのです。

本記事を参考に、色んなお洋服を目一杯楽しんでください♪


フォローして最新記事をチェック!



検索

カテゴリ一覧

ファッション(87)
   着回し/コーデ(30)
   髪型/ヘアスタイル/ヘアアレンジ(21)
   眼鏡/コンタクト/カラコン(4)
メイク・コスメ(151)
   ベースメイク(18)
   アイメイク(19)
   リップ/グロス(12)
   ネイル(7)
   メーカー/ブランド(73)
美容(83)
   スキンケア(50)
   髪/シャンプー/リンス/コンディショナー(19)
   石鹸/ソープ/洗顔料(6)
   ダイエット(3)
健康(39)
   健康食品/サプリメント/プロテイン(9)
   スポーツ/運動/トレーニング(3)
   冷え/温活(5)
ライフスタイル(143)
   生活雑貨/生活用品(18)
   ギフト/プレゼント(13)
   趣味(6)
   お出かけ/観光/旅行/デート(25)
   妊娠/出産/子育て(2)
   家庭菜園/ガーデニング(3)
インテリア(25)
   内装/レイアウト(3)
   DIY(3)
グルメ(46)
   ドリンク/カフェ(19)
   ケーキ/お菓子/パティスリー/パン(10)
アート/カルチャー(15)
   写真/カメラ(3)
   ハンドメイド/クラフト(6)

スキンケア

エイジングケア(11)
保湿(92)
美白(25)
乳液(12)
クリーム(48)
オイル(14)
化粧水(51)
美容液(40)
基礎化粧品(66)
ニキビ(11)
毛穴ケア(17)
角質ケア(27)
肌荒れ(14)
くすみ(26)
クマ(4)
たるみ(8)
ハリ不足(20)
スペシャルケア(47)
セルフケア(20)
UV対策(14)
日焼け対策(11)
日焼け止め(5)
しわ(1)
洗顔/クレンジング(15)

肌質

乾燥肌(76)
敏感肌(55)
脂性肌(21)
混合肌(12)

コスメ/メイク

ツヤ肌(67)
マット肌(40)
ミネラルコスメ(13)
デカ目(32)
小顔(1)
韓国(21)
化粧(60)
ポイントメイク(66)
メイクテク(29)
ナチュラルメイク(64)
美肌(70)
メイク道具(11)
化粧下地/ファンデーション/コンシーラー(22)
テカリ防止(2)
アイメイク(19)
リップ/グロス(23)
チーク(11)

ファッション

春コーデ(20)
夏コーデ(19)
秋コーデ(26)
冬コーデ(26)
スタイル(46)
テイスト(38)
シーン別(16)
大人コーデ(19)
カジュアル(11)
綺麗め(9)
フェミニン(10)

年代別

10代(1)
20代(7)
30代(7)
40代(3)
50代(2)

恋愛

片思い(21)
男性心理(23)
カップル(25)
恋愛観(25)
恋愛テクニック(32)

ヘアスタイル

ショートヘア(20)
ロングヘア(19)
セミロング(16)
ボブ(20)
スタイリング(27)
ヘアケア(39)
ヘアカラー(10)
ヘアアクセ(8)

ライフスタイル

キッチン用品(16)
ホームパーティー(12)
食生活(79)
ヘルシー(36)
運動(10)
筋トレ(4)
リラックスタイム(7)

人気記事ランキング