logo

Top > メイク・コスメ > メイク方法/テクニック

メガネに合うメイクのポイントを徹底解説!ダサ見えしないコツは◯◯にアリ♪






今や視力矯正や目の保護だけにとどまらず、アクセサリー感覚で使う人も多くなったメガネ。

みなさんは、メガネをかけるときいつもと同じメイクをしていますか?

もちろん普段と同じでもOKですが、メガネに適したメイク方法もあるんですよ。
メガネをかけると目が小さく見えたり、野暮ったくなってしまったりする人は、メイクの仕方を見直してみてください。

本記事では、メガネに似合うメイクのコツやポイントを詳しく紹介します。
メガネメイクをマスターして、誰が見ても好印象なルックスへとアップデートしましょう!

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、臨時休業あるいは営業時間の変更等の措置を取っている店舗・施設がございます。


お出かけ前に、店舗・施設の公式HPやSNS等で最新情報のご確認をお願い致します。


【目次】メガネに合うメイクのポイントを徹底解説!ダサ見えしないコツは◯◯にアリ♪

 

メガネメイクをするときに気をつけたいこと 

メガネメイクでおすすめの眉メイク法とおすすめ商品

1. ラウンド・オーバル型はアーチ眉が◎

2. ボストン・ウィリトン・スクエア型は平行眉がおすすめ!

3. 眉毛の黒をピンクで打ち消す

4. 普段よりワントーン明るい眉マスカラをセレクト

【おすすめの眉メイクアイテム】WHOMEE(フーミー) アイブロウパウダー

【おすすめの眉メイクアイテム】RIMMEL(リンメル) プロフェッショナル 3Dブロウ マスカラ

メガネメイクでおすすめのアイメイク法とおすすめ商品

1. フレームありはナチュラルを意識

2. フレームなし&クリアは目尻にアクセントを

3. 質感はマットよりもツヤを選択

4. マスカラは下まつげに気合いを入れて

5. 一重は目の下にラメを散らして目力アップ

【おすすめのアイメイクアイテム】FUJIKO(フジコ) シェイクシャドウ

【おすすめのアイメイクアイテム】CANMAKE(キャンメイク) ジュエリーシャドウベール

【おすすめのアイメイクアイテム】dejavu(デジャヴュ) ラッシュアップKマスカラ

メガネメイクでおすすめのベースメイク法とおすすめ商品

1. コントロールカラーで肌トーンをアップ

2. 皮脂やテカリに強い下地を選択

3. 鼻パットの部分にファンデーションは塗らない or 薄く

【おすすめのベースメイクアイテム】Candy Doll(キャンディドール) ブライトピュアベース

【おすすめのベースメイクアイテム】Primavista(プリマヴィスタ) 皮脂くずれ防止化粧下地

【おすすめのベースメイクアイテム】CEZANNE(セザンヌ) 皮脂テカリ防止下地 保湿タイプ

メガネメイクでおすすめのハイライト&シェーディングの入れ方とおすすめ商品

1. メガネの影になる部分と目頭にハイライトをON

2. もみあげにシェーディングは塗らない

【おすすめのハイライト】THREE(スリー) シマリング グロー デュオ

【おすすめのシェーディング】VINTORTE(ヴァントルテ) ミネラル シルク シェーディング パウダー

メガネメイクでおすすめのチークの入れ方とおすすめ商品

1. いつもより気持ち高めの位置にON

2. ピンク色の選び方に注意

3. メガネの着脱が多い人はリキッドチークを選択

【おすすめのチーク】CEZANNE(セザンヌ) ナチュラル チークN

【おすすめのチーク】MAJOLICA MAJORCA(マジョリカ マジョリカ) クリーム・デ・チーク

メガネメイクでおすすめリップメイク法とおすすめ商品

1. 白みのないぱきっとしたカラーで唇を強調

2. リップライナーで唇の輪郭をはっきりとる

【おすすめのリップ】EXCEL(エクセル) グレイズバームリップ

【おすすめのリップ】Visee AVANT(ヴィセ アヴァン) リップ&アイカラー ペンシル

メガネによるメイク崩れを防ぐ方法 

1. メイク前にしっかり保湿

2. テカリ防止効果のある化粧下地やフェイスパウダーを使用する

3. ファンデーションはブラシ使いが◎

4. フィックスミストでベースメイクの密着率を高める

メガネ+マスクをする必要がある場合はどんなメイクがいい?

足し算・引き算を意識してメガネメイクをマスターしよう♪

 

メガネメイクをするときに気をつけたいこと 

 

メガネ メイク

 

メガネメイクは、メガネのデザインに合わせてメイクを変えるのがとても大切です。

 

メガネのデザインによって、与える印象はガラッと変わるため、メイクもメガネのイメージに合うようにするのが◎

また、足し算・引き算もメガネメイクをするときは心がけたいですね。

 

普段はコンプレックスをカバーして、自分に自信をもつためにメイクすることが多いはず。

しかし、メガネは存在感が大きいため、いつもと同じメイクだと違和感を与えることも多々あります。

いつもより気合いを入れる部分と、手を抜く部分を意識することで、誰が見ても好印象なメガネメイクに仕上げられますよ♪

 

パーツごとのメイクポイントは、これからたっぷりご紹介するので、ぜひ最後まで読み進めてみてください。

 

 

メガネメイクでおすすめの眉メイク法とおすすめ商品

 

メガネメイクをするときは、メガネのフレームに沿って眉毛の形を描くのがコツ。

また、フレームのあるメガネは「淡く・ナチュラル」、フレームなしの場合は「濃く・しっかりと」を意識すると、バランスが整いますよ。

 

メガネのフレーム別、眉毛の描き方やポイントは、下記をチェックしてみてください♪

 

1. ラウンド・オーバル型はアーチ眉が◎

 

 

ラウンドやオーバル型のように、フレームに丸みがあるメガネを使うときは、アーチ眉が好相性。

メガネがもつキュートなフォルムと、優しい印象を与えられるアーチ眉の相乗効果で、親しみやすい印象を与えられます。

 

※眉メイクの関連記事:  【正しい眉毛の書き方】アイブロウペンシル・パウダーを使って簡単に美眉マスター!

 

2. ボストン・ウィリトン・スクエア型は平行眉がおすすめ!

 

 

知的な印象を与えらえるボストン型、メンズライクで落ち着いた印象のウィリトン型、シャープでキリッとしたイメージのスクエアは平行眉が◎

フレームが太めの場合は、メガネの主張が強いため、眉毛を若干細くすることを意識するとバランスが整います。

 

逆にメタルフレームなど細めの場合は、印象がぼやけて少し寂しく見えることもあるので、気持ち眉毛を太くするのがおすすめです。

 

※眉メイクの関連記事:  眉毛を描くのが苦手な人必見!眉毛の整え方・アイブロウメイクの仕方・おすすめコスメをまるっと紹介♪

 

3. 眉毛の黒をピンクで打ち消す

 

メガネメイク

 

黒は引き締めたり、強く見せたりするときに役立つカラー。

黒々とした眉毛のままメガネをかけるとキリッとした印象になりすぎて、女性らしさが失われてしまう場合もありますよね。

 

そんなときに活躍するのがピンクです。

 

ピンクを眉毛全体に塗って黒を打ち消してから、ペンシルやアイブロウパウダーで眉毛を描くことによって、柔らかい印象を与えられます。

アイブロウパウダーの中にピンクがない場合は、アイシャドウでも代用可能です。

 

その場合、ビビットなピンクや白みのあるピンクではなく、肌になじみやすいくすみがかったピンクを選びましょう。

 

4. 普段よりワントーン明るい眉マスカラをセレクト

 

メガネメイク

 

眉マスカラは普段メイクのときより、ワントーン明るいカラーを選ぶのがおすすめ。

メガネをかけることでシャープになりやすい印象を緩和し、柔らかく親しみやすい雰囲気を演出できますよ。

 

【おすすめの眉メイクアイテム】WHOMEE(フーミー) アイブロウパウダー

 

 

ヘアメイクアップアーティストのイガリシノブ氏がプロデュースしたフーミーのアイブロウパウダーは、抜け感のある眉毛を作れる絶妙カラーが3色セットになっています。

付属のブラシはコシと柔らかさのバランスが丁度よく、眉毛にしっかり色がつきますよ。

 

アイブロウパウダーの商品情報

 

価格:1,980円(税込)

カラー:6色(うち限定3色)

内容量:40g

 

 

 

▼合わせて読みたい

・  イガリシノブプロデュース「WHOMEE(フーミー)」のおすすめコスメ11選!イガリメイクを手軽に実践しよう♪

・  アイブロウおすすめ13選!人気のプチプラアイテムや美眉がずっと落ちない実力派コスメをまとめて紹介

 

【おすすめの眉メイクアイテム】RIMMEL(リンメル) プロフェッショナル 3Dブロウ マスカラ

 

 

地肌につきにくい、計算された小ぶりなブラシが特徴。

髪色や肌色に合わせて選べる6色展開で発売されています。

 

眉毛1本1本を自然に立ち上げ、立体的でふわっと軽い眉毛を演出できますよ。

 

プロフェッショナル 3Dブロウ マスカラの商品情報

 

価格:1,320円(税込)

カラー:6色

内容量:5.5ml

 

 

 

▼合わせて読みたい

・  トレンド最前線!リンメルの人気メイクアイテムを徹底解説

・  眉マスカラのおすすめ7選!眉マスカラの選び方や塗り方も解説

 

 

メガネメイクでおすすめのアイメイク法とおすすめ商品

 

メガネをかけるときのアイメイクは、足し算と引き算が重要。

下記に、メガネメイクをするときに意識したいポイントをまとめました。

 

1. フレームありはナチュラルを意識

 

メガネメイク
PALCLOSET

 

フレームがあるメガネは、それだけで目元の存在感が強まります。

高発色のカラーを使うと目が奥まって見えてしまったり、目元だけやけに目立ってしまったりすることもあるため、バランスを取るのが難しいんです。

 

そのため、フレームありの場合はシアーな発色のアイシャドウをセレクトし、ナチュラルに仕上げるのが◎

 

2. フレームなし&クリアは目尻にアクセントを

 

メガネメイク

 

フレームなしのメガネや細めの金 or 銀縁、もしくはクリアメガネなど、そこまで主張が激しくないアイテムには、目尻にアクセントをプラス。

カラーライナーを目尻1/3だけにONしたり、アイシャドウを縦割りグラデにしたりすると、目元の印象を強められますよ。

 

フレームありと同様、ナチュラルにするのもOKですが、物足りなさを感じる場合はぜひトライしてみてください。

 

3. 質感はマットよりもツヤを選択

 

メガネメイク

 

メガネメイクのときに使用するアイシャドウは、濡れたようなツヤ感を演出できるアイテムがおすすめ!

メガネの影でくぼみやすい目元を、透明感のある明るい印象へと導いてくれますよ。

 

4. マスカラは下まつげに気合いを入れて

 

 

上まつげにロングタイプのマスカラを使うと、メガネのフレームにマスカラがついてしまいます。

そのため、ボリュームタイプがメガネメイクと好相性です。

 

また、メガネメイクのときに気合を入れたいのは、上まつげではなく下まつげ。

 

下まつげはメガネのフレームにつく心配がない分、いつもより1本1本丁寧にマスカラを塗ることを意識して、目力をアップさせましょう。

 

5. 一重は目の下にラメを散らして目力アップ

 

 

一重の方はメガネをかけると、より目が小さく見えてしまうという悩みを持つ人も多いのではないでしょうか。

 

そんなときは、黒目や下まぶたの中央にラメを点おきしてみてください。

華やかな目元を演出できるのはもちろん、縦ラインを強調できるため、自然に目を大きく見せられますよ。

 

ただし、下まぶた全体にラメを散らすと、目幅を強調して逆に目が小さく見せてしまう恐れがあります。

盛りたい気持ちはわかりますが、中央もしくは目尻1/3に、さりげなくラメを散らすことを意識してください。

 

また、フレームが大きいメガネは目を小さく見せる一因となりますので、コンパクトなフレームを選ぶのがおすすめです。

 

※一重メイクの関連記事:  一重のままでかわいいを作ろう!一重のアイメイク方法をパーツごとに解説

 

【おすすめのアイメイクアイテム】FUJIKO(フジコ) シェイクシャドウ

 

 

水と光の粒をシェイクして使う、ユニークなアイシャドウです。

油分がない&ウォーターベースのため、皮脂やヨレに強く、美しい発色を長時間キープできます。

 

透けるようなツヤ感で、洗練された目元を演出できますよ。

 

シェイクシャドウの商品情報

 

価格:1,408円(税込)

カラー:7色

内容量:5g

 

 

 

▼合わせて読みたい

・  今大注目のコスメ「FUJIKO(フジコ)」の魅力は?おすすめアイテムも一挙紹介

・  リキッドアイシャドウのおすすめ11選!コスメ好きも唸る極上のうるツヤアイを手に入れよう♪

 

【おすすめのアイメイクアイテム】CANMAKE(キャンメイク) ジュエリーシャドウベール

 

 

まぶたにきらめきをプラスできる、大小2粒のラメをセット。

マットのアイシャドウに重ね付けして質感を変化させたり、アイシャドウベースとして使ったりと、目元のニュアンスチェンジに大活躍します。

 

ジュエリーシャドウベールの商品情報

 

価格:660円(税込)

カラー:4色

内容量:1.6g

 

 

 

▼合わせて読みたい

・  おすすめラメアイシャドウ10選!イマドキ濡れツヤまぶたで綺麗な瞳を手に入れよう♪

・  【プチプラで大人気】キャンメイクのおすすめ商品20選!おすすめポイントも合わせてご紹介

 

【おすすめのアイメイクアイテム】dejavu(デジャヴュ) ラッシュアップKマスカラ

 

 

1.9mmの極細ブラシで、産毛レベルの細かい毛もしっかりキャッチ。

皮脂や汗、涙に強いのに、お湯で簡単にオフできるのも魅力です。

 

ラッシュアップKマスカラの商品情報

 

価格:1,320円(税込)

カラー:3色

 

 

 

▼合わせて読みたい

・  【デジャヴュ】マスカラ・アイライナー・アイブロウが大人気!こんなの欲しかったが叶う魅惑のブランド

・  【カール・ロング・ボリューム】おすすめの最強マスカラ11選!

 

 

メガネメイクでおすすめのベースメイク法とおすすめ商品

 

メガネメイクで気をつけるべきベースメイクのポイントをご紹介します。

 

1. コントロールカラーで肌トーンをアップ

 

メガネメイク

 

メガネをかけると影が出やすく、顔色がどんよりしがち。

そのため、コントロールカラーを使ってくすみを飛ばし、ワントーン明るい肌を作りましょう。

 

ほど良い血色感を与えたいならピンクが、透明感のある肌を手に入れたいならパープルのコントロールカラーがおすすめです。

 

2. 皮脂やテカリに強い下地を選択

 

 

メガネが触れている部分は、どうしても化粧崩れが気になりますよね。

 

そこで活躍するのが、皮脂やテカリを防止できる化粧下地です。

この種の下地を使うと乾燥しやすいという人は、ファンデーションを塗ったあとに、フェイスパウダーでフィックスするのが◎

 

大きめのブラシを使ってさっとひと塗りするだけでも、かなり崩れにくくなりますよ。

 

3. 鼻パットの部分にファンデーションは塗らない or 薄く

 

メガネメイク

 

鼻パットの部分は、どんなに化粧崩れがしにくいと謳われるファンデーションでも多少は崩れます。

そのため塗らない、もしくは薄く塗ることを意識しましょう。

 

密着率を高めて崩れを防止するために、ファンデーションブラシや濡れたスポンジを使用するのがおすすめです。

スポンジを使うなら、タップするようにやさしく叩き込むのが◎

 

【おすすめのベースメイクアイテム】Candy Doll(キャンディドール) ブライトピュアベース

 

 

ヒアルロン酸やローヤルゼリーエキス、ヤシ油など、保湿成分をたっぷり配合しているこちらのコントロールカラー。

乾燥から肌を守りながら、透明感のある美肌に導いてくれます♪

 

SPF50+/PA+++で、高い紫外線カット効果を備えているのも魅力です。

 

ブライトピュアベースの商品情報

 

価格:1,609円(税込)

カラー:4色

内容量:30g

 

 

 

▼合わせて読みたい

・  コントロールカラーのおすすめ商品12選!色の選び方や効果的な塗り方まとめ

・  益若つばさプロデュースの「CandyDoll(キャンディドール)」が優秀すぎる!おすすめ商品まとめ

 

【おすすめのベースメイクアイテム】Primavista(プリマヴィスタ) 皮脂くずれ防止化粧下地

 

 

皮脂をかかえこみ広げないオイルブロック処方で皮脂やテカリを防ぎ、さらっとした心地よい肌が続きます。

過去に数々のコスメアワードを受賞した、名品化粧下地です。

 

辛口評価が多いコスメの口コミサイトでも、高評価を獲得しているんですよ。

 

皮脂くずれ防止化粧下地の商品情報

 

価格:3,080円(税込)

カラー:1色

内容量:25ml

 

 

 

▼合わせて読みたい

・  テカらないベースメイクなら「プリマヴィスタ」がおすすめ!人気アイテムを徹底解説

・  おすすめの化粧下地21選!肌悩みや効果別に人気の化粧下地をご紹介

 

【おすすめのベースメイクアイテム】CEZANNE(セザンヌ) 皮脂テカリ防止下地 保湿タイプ

 

 

皮脂と乾燥が原因のメイク崩れを、ダブルで防ぎたい欲張りさんにおすすめの1本!

汗水に強いウォータープルーフ処方かつ、15種類の保湿成分をたっぷり配合し、肌のうるおいをキープします。

 

敏感肌でも安心して使用できるノンケミカル処方(紫外線吸収剤不使用)も魅力です。

 

皮脂テカリ防止下地 保湿タイプの商品情報

 

価格:770円(税込)

カラー:1色

内容量:30ml

 

 

 

▼セザンヌの関連記事

・  1日中メイクが崩れない!プチプラの王道「セザンヌ」の優秀化粧下地を紹介

・  【コスパ最強】プチプラコスメ「セザンヌ(CEZANNE)」のおすすめ商品16選!

 

 

メガネメイクでおすすめのハイライト&シェーディングの入れ方とおすすめ商品

 

メガネメイクをするときは、ハイライトとシェーディングの入れ方にもコツがあります。

メガネの種類に関わらず、意識したいポイントを2つピックアップしたので、チェックしてください。

 

1. メガネの影になる部分と目頭にハイライトをON

 

メガネメイク

 

メガネをかけると、顔色が悪く見えることはありませんか?

 

それは、メガネによって顔に影が入りやすくなることが原因です。

顔色をパッと明るく、ヘルシーに見せるためにはハイライトの入れ方が重要。

 

まず、目頭には"くの字"を意識してハイライトをON。

次に、メガネの影になりやすい頬骨のあたりには、楕円形にハイライトを入れます。

 

この2ヶ所にハイライトを入れると、お疲れ顔になりません!

 

2. もみあげにシェーディングは塗らない

 

メガネメイク

 

メガネメイクのとき、もみあげにシェーディングを入れると、顔が膨張して見えやすいため避けましょう。

シェーディングは顔に立体感や陰影を与え、ワンサイズ顔を小さく見せるためのメイク方法です。

 

メガネをかけること自体、小顔効果が期待できるため、シェーディングはおでこの生え際と下唇のみでOK♪

顔のトップとボトムに影を入れることで余白を少なくし、メガネの力も借りて、顔の縦幅を小さくできます。

 

【おすすめのハイライト】THREE(スリー) シマリング グロー デュオ

 

 

光を味方につけて、自然なツヤ感を演出できるハイライト&チークベース。

指で触るとクリーミーなテクスチャーですが、肌にのせた瞬間さらっとした質感に変化します。

 

クリームチーク特有のベタつきが苦手な人にもおすすめです!

 

シマリング グロー デュオの商品情報

 

価格:4,950円(税込)

カラー:2色

内容量:6.8g

 

 

 

▼合わせて読みたい

・  ナチュラルオーガニックコスメ「THREE(スリー)」のおすすめ商品21選!

・  【プチプラ・デパコス】おすすめのハイライト17選!ツヤ肌を作るマストアイテムをご紹介

 

【おすすめのシェーディング】VINTORTE(ヴァントルテ) ミネラル シルク シェーディング パウダー

 

 

9つの無添加処方で作られた、ミネラルベースのシェーディングパウダーです。

 

左のテラコッタカラーは、チークとしても使用できます。

お肌にやさしいコスメを求めている人にぴったりですよ。

 

ミネラル シルク シェーディング パウダーの商品情報

 

価格:3,520円(税込)

カラー:1色

 

 

 

▼合わせて読みたい

・  【薬剤師が解説】9つの無添加とナチュラル処方が魅力!ヴァントルテの厳選アイテムを紹介

・  【メイク初心者の方必見】顔の形別にシェーディングの入れ方やおすすめ商品を紹介

 

 

メガネメイクでおすすめのチークの入れ方とおすすめ商品

 

メガネメイクをするときに心がけたいチークのポイントをご紹介します。

 

1. いつもより気持ち高めの位置にON

 

 

メガネメイクのときは、メガネの下フレームにややかかるくらいにチークを入れるのが◎

フレームの影で暗くなりやすい目元を、ブライトアップする効果が期待できます。

 

スクエア型などフレームの幅が狭いメガネは、チークが下フレームにかからなくてもOKです。

 

また、目尻と唇の口角を結んだ線の内側にチークを入れると、小顔効果も狙えます。

 

2. ピンク色の選び方に注意

 

メガネメイク

 

ビビットなピンク色のチークは、メガネをかけると膨張して見えるため、避けた方が無難。

ピンクのチークを使いたいときは、肌なじみが良く顔を大きく見せにくいピンクベージュやくすみピンクを使用しましょう。

 

3. メガネの着脱が多い人はリキッドチークを選択

 

 

メガネをずっとつけている人は、特にチークのテクスチャーを気にする必要はありません。

 

しかし、メガネをつけたり外したりすることが多い人は、密着力が高いリキッドチークを選ぶのがおすすめです。

 

【おすすめのチーク】CEZANNE(セザンヌ) ナチュラル チークN

 

 

ワンコインで購入できるプチプラと、全15色の豊富なカラーバリエーションが嬉しい!

お手頃価格で購入できるから、色違いで揃えるのもいいですね。

 

肌に自然になじみ、色みの調節がしやすいため、チークが苦手な人にもおすすめです。

 

ナチュラル チークNの商品情報

 

価格:395円

カラー:15色

内容量:4g

 

 

 

※チークの関連記事:  おすすめのチーク15選!プチプラからデパコスまで、人気のチークブランドや色をまとめて紹介

 

【おすすめのチーク】MAJOLICA MAJORCA(マジョリカ マジョリカ) クリーム・デ・チーク

 

 

内側から滲み出るような血色感を与えられる、リキッドチークです。

マスクによる摩擦にも強く、つけたての発色が持続します。

 

クリーム・デ・チークの商品情報

 

価格:935円(税込)

カラー:4色

内容量:5.4ml

 

 

 

※マジョリカ マジョルカの関連記事:  マジョリカマジョルカ(MAJOLICA MAJORCA)のおすすめコスメまとめ!

 

 

メガネメイクでおすすめリップメイク法とおすすめ商品

 

メガネメイクにおいて、トータルバランスを整えるのはリップメイクです。

リップの色選びや付け方を工夫すると、バランスの良いメガネメイクが完成します。

 

1. 白みのないぱきっとしたカラーで唇を強調

 

メガネメイク

 

メガネをかけると、視線がどうしても目元に集中しがち。

そこで活躍するのが、白みのないぱきっとしたカラーです。

 

白みがあると唇が悪目立ちしたり、くすんで見えたりする原因となるので、メガネメイクのときは避けましょう。

色は、気分やコーディネートに合わせて選んでOKです♪

 

ちなみに、メンズライクなメガネには  ピンク   が、黒縁やクリアフレームには  レッド   が好相性。

べっ甲は  ブラウン系カラー   をセレクトすると、統一感が出ると同時にこなれ感がアップします。

 

2. リップライナーで唇の輪郭をはっきりとる

 

 

メガネメイクでセクシーな印象を与えたいときは、リップライナーで唇をふっくら見せましょう。

輪郭をはっきりとることで、ボリュームアップが可能です。

 

リップライナーには、口紅のにじみを防ぐ効果も期待できるため、美しい発色を長時間キープできますよ。

 

【おすすめのリップ】EXCEL(エクセル) グレイズバームリップ

 

 

バームのようになめらかなテクスチャーで、うっとりするほどリッチなツヤ感を演出できるリップ。

さっとひと塗りで、唇が鮮やかに染まります。

 

4種のセラミドとアルガンオイルを配合し、唇の乾燥を防げるのも嬉しいですね。

 

グレイズバームリップの商品情報

 

価格:1,760円(税込)

カラー:12色

内容量:3.8g

 

 

 

▼合わせて読みたい

・  人気コスメブランド「EXCEL(エクセル)」のおすすめアイテムを紹介♪新作&人気色も

・  【プチプラ】人気のリップ・口紅を紹介!300円から買える安いのに優秀なリップ9選

・  ボルドーリップのおすすめ商品10選!プチプラからデパコスまで人気アイテムを紹介

 

【おすすめのリップ】Visee AVANT(ヴィセ アヴァン) リップ&アイカラー ペンシル

 

 

リップライナーとしてはもちろん、アイライナー&アイシャドウとしても使える1本。

カラーバリエーションが豊富なので、お気に入りの色味がきっと見つかります。

 

アイシャドウとして使用するときは、時間が経つとぼかしにくくなるので注意してくださいね。

 

リップ&アイカラー ペンシルの商品情報

 

価格:1,320円(税込)

カラー:20色

内容量:1.2g

 

 

 

▼ヴィセの関連記事

・  Visee(ヴィセ)のおすすめ商品10選!チーク・アイブロウなどの実力派コスメが勢揃い

・  高級感漂う「Visee AVANT(ヴィセアヴァン)」!その魅力やおすすめアイテムを紹介♪

 

 

メガネによるメイク崩れを防ぐ方法 

 

メガネをかけると、いつもよりメイク崩れが気になりますよね。

ここでは、化粧崩れしにくくなるメイクの方法をご紹介します。

 

1. メイク前にしっかり保湿

 

メガネメイク

 

皮脂やテカリの他に、特に秋冬は乾燥によるメイク崩れが深刻です。

メガネをつけたり外したりする動作、落ちてきたメガネをかけ直すことことによって、お肌の刺激となり、いつもよりもメイクが崩れやすくなります。

 

そのため、メイク前にはしっかり保湿をしましょう。

時間があるときはフェイスマスクやコットンパックで、しっかり水分をお肌にチャージするのもおすすめです。

 

よく化粧水だけでスキンケアを完了する人がいますが、それだと水分が蒸発してうるおいが逃げてしまいます。

美容液と乳液 or クリームで、しっかりお肌にうるおいを閉じ込めてください。

 

お肌にベタつきが残る場合は、ティッシュオフしてからベースメイクをしてくださいね。

 

※保湿ケアの関連記事:  おすすめの保湿クリーム16選!正しく保湿をして乾燥肌を脱却しよう

 

2. テカリ防止効果のある化粧下地やフェイスパウダーを使用する

 

メガネメイク

 

皮脂・テカリ防止効果のある化粧下地もしくは、フェイスパウダーを使用すれば、メイク崩れを防いでさらさら肌をキープできます。

脂性肌や混合肌のように皮脂が出やすい人は、化粧下地を取り入れて土台をしっかり整えるのがおすすめです。

 

乾燥肌はもともと皮脂が少ないため、ベースメイクの仕上げにフェイスパウダーをさっとひと塗りするだけで良いでしょう。

 

※フェイスパウダーの関連記事:  おすすめフェイスパウダー13選!あなたが使うべきフェイスパウダーを教えます

 

3. ファンデーションはブラシ使いが◎

 

メガネメイク

 

密着率を高めて化粧崩れを防ぐために、ファンデーションはブラシ使いがおすすめです。

ブラシの形や種類はいくつかあるため、手持ちのファンデーションを考慮しながら選んでみてください。

 

オーバル型(歯ブラシ型)なら、ブラシ使いに慣れていない人でもテクニックレスで使用できますよ。

 

※メイクブラシの関連記事:  メイクブラシでプロ級の仕上がりを実現!手入れの仕方やおすすめアイテムも紹介

 

4. フィックスミストでベースメイクの密着率を高める

 

メガネメイク

 

フィックスミストとは、メイクの最後に使うミストタイプの化粧水です。

メイクアップフィクサー、ミスト化粧水とも呼びます。

 

乾燥から肌を守り、メイクの密着力がアップするため、メイクのもちがよくなるんですよ。

プチプラコスメブランドからも発売されているため、持っていない人はぜひチェックしてみてください。

 

※ミスト化粧水の関連記事:  ミスト化粧水の人気おすすめ13選!化粧直し・乾燥対策用でどんなときも潤いで満たされた肌に♪

 

 

メガネ+マスクをする必要がある場合はどんなメイクがいい?

 

メガネメイク

 

メガネとマスクを両方使用すると、目元に視線が集中します。

前述したアイブロウ&アイメイクのポイントに加え、マスクをするときは、目元に色を足すのがおすすめです。

 

ブラウン系でもOKですが、リップの色でバランスが取れないため、目がくぼんで見えてしまうこともしばしば。

ピンクやオレンジ、レッド系などのカラーを目元にプラスすることで、パッと明るく華やかな印象を与えられますよ。

 

また、その日の気分やコーディネートに合わせてカラーを選ぶのはもちろん良いですが、パーソナルカラーにあった色を選ぶと、目元だけ悪目立ちするようなことはありません。

顔全体の表情を読み取りにくい分、マスクとメイクをするときは、アイメイクの色選びやメイクの仕方に気合いを入れましょう!

 

※マスクメイクの関連記事:  コロナ対策でマスクを付けていてもメイクを崩さないコツ!マスク中でも綺麗に保てるベースメイク術や、美人見えするアイメイク術を紹介

 

 

足し算・引き算を意識してメガネメイクをマスターしよう♪

 

メガネ メイク

 

最近はアクセサリー感覚で、メガネを着用する機会が増えました。

 

せっかくおしゃれでメガネをかけているのに、野暮ったい印象になってしまうのはもったいない!

メガネに似合うメイクをマスターして、誰が見ても好印象かつ知的な表情を作りましょう。

 

▼メガネの関連記事

 

・  レトロ可愛いワンポイント!「丸メガネ」の選び方や、かけこなし方まとめ

・  伊達メガネをかけて周りと差がつくオシャレを楽もう♪人気ブランドとおすすめコーデを紹介


フォローして最新記事をチェック!



検索

カテゴリ一覧

ファッション(299)
   着回し/コーデ(68)
   髪型/ヘアスタイル/ヘアアレンジ(54)
   眼鏡/コンタクト/カラコン(7)
メイク・コスメ(341)
   ベースメイク(31)
   アイメイク(45)
   リップ/グロス(21)
   ネイル(13)
   コスメブランド/メーカー(168)
美容(125)
   スキンケア(73)
   髪/シャンプー/リンス/コンディショナー(33)
   石鹸/ソープ/洗顔料(11)
   ダイエット(7)
健康(66)
   健康食品/サプリメント/プロテイン(13)
   スポーツ/運動/トレーニング(6)
   冷え/温活(4)
ライフスタイル(231)
   生活雑貨/生活用品(47)
   ギフト/プレゼント(19)
   趣味(8)
   お出かけ/観光/旅行/デート(31)
   妊娠/出産/子育て(3)
   家庭菜園/ガーデニング(4)
インテリア(44)
   内装/レイアウト(5)
   DIY(3)
グルメ(84)
   カフェ/喫茶店/ドリンク(29)
   ケーキ/お菓子/スイーツ/パティスリー/パン(25)
   レシピ(28)
アート/カルチャー(30)
   写真/カメラ(8)
   ハンドメイド/クラフト(12)

スキンケア

エイジングケア(40)
保湿(168)
美白(42)
乳液(34)
クリーム(95)
オイル(24)
化粧水(101)
美容液(81)
基礎化粧品(117)
ニキビ(19)
毛穴ケア(32)
角質ケア(41)
肌荒れ(22)
くすみ(44)
クマ(10)
たるみ(20)
ハリ不足(35)
スペシャルケア(105)
セルフケア(50)
UV対策(38)
日焼け対策(30)
日焼け止め(12)
しわ(12)
洗顔/クレンジング(61)

肌質

乾燥肌(107)
敏感肌(83)
脂性肌(33)
混合肌(26)

コスメ/メイク

ツヤ肌(109)
マット肌(49)
ミネラルコスメ(43)
デカ目(56)
小顔(2)
韓国(47)
化粧(157)
ポイントメイク(165)
メイクテク(71)
ナチュラルメイク(125)
美肌(120)
メイク道具(29)
化粧下地/ファンデーション/コンシーラー(93)
テカリ防止(15)
アイメイク(104)
リップ/グロス(93)
チーク(56)
カラーメイク(27)

ファッション

春コーデ(80)
夏コーデ(75)
秋コーデ(93)
冬コーデ(93)
スタイル(185)
テイスト(167)
シーン別(49)
大人コーデ(114)
カジュアル(107)
綺麗め(123)
フェミニン(89)

年代別

10代(4)
20代(13)
30代(14)
40代(8)
50代(5)

恋愛

片思い(25)
男性心理(42)
カップル(35)
恋愛観(45)
恋愛テクニック(47)
モテ仕草(4)

ヘアスタイル

ショートヘア(38)
ロングヘア(41)
セミロング(38)
ボブ(41)
スタイリング(64)
ヘアケア(62)
ヘアカラー(22)
ヘアアクセ(18)

ライフスタイル

キッチン用品(41)
ホームパーティー(18)
グルメ/レシピ(116)
ヘルシー(44)
運動(18)
筋トレ(7)
リラックスタイム(33)

人気記事ランキング