logo

Top > メイク・コスメ > リップ/グロス

ボルドーリップのおすすめ商品10選!プチプラからデパコスまで人気アイテムを紹介






ワインレッドに強い茶色みを足した「ボルドーカラー」。
落ち着いて見えたり、シック・クールな印象に与える色で、秋コスメによく見られる特徴があります。

おしゃれ色なものの、使いこなすのに少し勇気がいるな…という方も多く、ハードルが高いと思われがちです。
一言でボルドーリップといっても明度・彩度はアイテムによって異なり、シックにも毒っけのある小悪魔風にも仕上げられます。

本記事では、ちふれのようなプチプラコスメから、MACなどのデパコスブランドまでおすすめのボルドーリップを総まとめしていきます。

【目次】ボルドーリップのおすすめ商品10選!プチプラからデパコスまで人気アイテムを紹介

 

ボルドーリップは付けるだけでトレンドを押さえる優秀カラー!

ボルドーリップの選び方は主に3つ

1. 明度・彩度で選ぶ

2. テクスチャーで選ぶ

3. リップのタイプで選ぶ

<プチプラのおすすめボルドーリップ>

1. ちふれ 口紅 748

2. CEZANNE(セザンヌ) カラーティントリップ CT2(レッド系)

3. CANMAKE(キャンメイク) ステイオンバームルージュ 09 マスカレードバッド

4. WHOMEE(フーミー) リップスティック request(ボルドー)

5. REVLON(レブロン) ウルトラHDジェルリップカラー 715  アラビカ ショコラローズ

6. REVLON(レブロン) キスプランピングリップクリーム 545 リッチボルドー

<デパコスのおすすめボルドーリップ>

1. MAC(マック) リップスティック DIVA(ディーバ)

2. shu uemura(シュウウエムラ) ルージュアンリミテッド RD170

3. RMK(アールエムケー) リップスティック コンフォートマットフィット 05 アンティークワイン(過ち)

4. CHANNEL(シャネル) ルージュココシャイン 128 ヌワールモデルヌ

ボルドーリップでちょっとリッチな顔立ちの私に♪

 

 

ボルドーリップは付けるだけでトレンドを押さえる優秀カラー!

 

ボルドーリップ リップ トレンド

 

「ボルドーカラー」は、ワインレッドに深い茶色みを足した色のことで、ワイン系色の1つです。

 

似た色にバーガンディーと呼ばれる色がありますが、バーガンディーはボルドーよりも紫みが強いのが特徴。

茶色が強い「ボルドー」は、秋リップとして人気のブラウン系とも親和性の高い色で、おしゃれカラーとして知られています。

 

こっくりとした色が肌を白く見せてくれたり、ぐっと引き締め効果もあるので、小悪魔風やハンサムメイクとも相性が良いのです。

メイクが得意ではない方であっても、ボルドーリップを乗せるだけで、トレンドをおさえたような仕上がりになります。

 

そうとはいえ、ボルドーカラーと言っても、発色の仕方はメーカーや自分の元の唇の色によって異なります。

唇の色が元から赤めの方がボルドーカラーを付けると、バーガンディーやワインレッド寄りの発色になったり、反対に唇の色が暗めだと紫が多めに発色されてしまったりします。

 

アイテムや使う人によって仕上がりに差が出るため、あらかじめテスターで試してから購入するようにしましょう。

 

 

ボルドーリップの選び方は主に3つ

 

ボルドーカラーは濃淡や質感の違いによっても、印象が大きく変わります。

メイクのテイストや仕上がりの雰囲気に合わせて選ぶようにしましょう。

 

1. 明度・彩度で選ぶ

 

ボルドーリップ 明度 彩度

 

ボルドーリップを選ぶときは、明度・彩度が自分好みかどうか調べて買うようにしましょう。

リップの中には、見たまま発色のものもあれば、濃い見た目に反して元の唇の色が透けてしまうものまで様々です。

 

透明感のある色が良い方やリップ以外の箇所にメイクポイントを持っていきたい方は、ボルドーの中でも淡い色やグロスタイプなどのみずみずしいものがおすすめ。

反対にパキッとした発色が良い方やリップを目立たせたメイクをしたい方は、ボルドーの中でも濃い色やマットタイプなどの色の定着力が高いものがおすすめです。

 

同じボルドーリップでも、濃淡や明度、彩度に幅があるので、買う前はテスターで確めると良いでしょう。

 

2. テクスチャーで選ぶ

 

ボルドーリップ テクスチャー

 

ボルドーに限らず、リップ選びで重要なのは、テクスチャー(質感)です。

それぞれのアイテムに配合されている保湿力や成分によって付け心地も変わってきます。

 

しっとりとした付け心地が好みの方は、グロスやルージュといった、こってりとしたテクスチャーのものがベター。

ただ、こってりしすぎていると、ものによってはべたつきを感じたり、他のリップと併用して使うとギトギトで油ものを食べた後かのような残念な唇になることもあります。

グロスやルージュは、ツヤ感を足す以外では単体として使いましょう。

 

軽い付け心地が好みの方は、仕上がりがサラッとしているものやセミマットでシアーなものがおすすめです。

1本だけで仕上げるのか、他のリップと組み合わせて使いたいのかなど、ボルドーリップを使う環境についても考えて購入しましょう。

 

3. リップのタイプで選ぶ

 

ボルドーリップ タイプ

 

ボルドーリップを使うときは、リップのタイプで選びましょう。

リップのタイプは、大きく分けて「スティックタイプ」「グロスタイプ」「ルージュタイプ」「ティントタイプ」があります。

 

定番とも言われる「スティックタイプ」は、マット~シアーまで様々なテクスチャーがあり、塗り方次第でオフィスメイクやスクールメイクにも使える万能型です。

 

立体感を出せるのが「グロスタイプ」で、透明感のある色とこってりとした質感が唇にとどまりやすくなっています。

唇をぷっくりとさせたい方や、ナチュラルメイクが好きな方におすすめです。

 

「ルージュ」タイプは、リップタイプとグロスタイプを掛け合わせているのが特徴で、重ね塗りするのが面倒くさい方やリップメイクが苦手な方に向いています。

色の定着力が一番高い「ティントタイプ」は、唇を染める効果があり、なかなかメイク直しができないビジネスワーカーや食事やお茶をする場面におすすめです。

 

自分の利用シーンに合わせて使い分けると良いでしょう。

 

 

<プチプラのおすすめボルドーリップ>

 

初めてボルドーリップに挑戦する方は、まずは手に取りやすい価格のプチプラコスメからチャレンジしてみましょう。

安いとはいえど、デパコスにも引けを取らないハイクオリティなものばかりで必見です。

 

1. ちふれ 口紅 748

 

 

特徴

 

SNSでも使い心地の優秀さが話題になっているのが「ちふれ 口紅」です。

 

1本あたり350円とその安さは驚きですが、さらに驚くべきなのは発色の良さ。

敏感な唇をケアする働きも備わっており、美容液と同じ濃度の「ヒアルロン酸」や「マカデミア種子油」を配合し、なめらかに伸びつつしっかりとフィットしてくれます。

 

ノンアルコール・無香料なので、香り付きコスメが苦手な方や敏感肌の方でも安心して使えるのは魅力的です。

色は新色やパール系を含め、30色とバリエーション豊かで、ニュアンスチェンジ用や混ぜて使う用など自分好みのカラーが見つかることでしょう。

 

テクスチャー

 

テクスチャーはとてもサラサラしており、ツヤ感も強めです。

保湿力が高いが故に、被膜感を感じることも。

 

発色はある程度色みを表面化してくれるものの、透明感が強く、ナチュラルメイクとの相性が良さそうです。

潤いからくるツヤ感も、グロス特有のギトギト感はなく、女性らしい適度なぷっくり感だからさすがといったところ。

 

ちふれ 口紅 ボルドーリップ

 

ボルドーカラーは「748番」です。

ブラウンリップとして話題になった色ですが、ブラウンの中に赤みがしっかりと混じっているので、肌馴染みが良く付ける人やメイクを選びません。

 

パキッとした発色というよりかは、深みのあるこっくり系のボルドーです。

そのため、秋冬のメイクに取り入れやすいのはもちろん、大人メイク、落ち着いたメイクにぴったりと言えます。

 

ちふれ 口紅の商品情報

 

価格:350円(税抜)

色:30色

香り:無香料

その他:ケース別売り

 

 

 

※合わせて読みたい:  大人気ちふれの口紅!SNSでも話題の350円の549番「エロリップ」って?全色まとめて紹介

 

 

2. CEZANNE(セザンヌ) カラーティントリップ CT2(レッド系)

 

 

特徴

 

唇がムラなく染まるルージュが「CEZANNE(セザンヌ) カラーティントリップ」です。

 

ネーミングからも分かる通り、こちらのアイテムはルージュでもあり、ティントでもある優れもの。

一度唇に乗せると、食べても飲んでも色落ちしないティントの機能と、ルージュの発色の良さを兼ね備えている特徴があります。

 

リキッドには「ミネラルオイル」や「ヒアルロン酸」といった4種類の保湿成分を配合し、乾いた唇に塗ってもかさつきません。

塗りやすさを考えて作られた先細りチップが、唇の輪郭やキワといった細かい箇所も難なくストロークでき、使いやすさも抜群です。

 

テクスチャー

 

テクスチャーは、重すぎず軽すぎずといった絶妙な質感です。

潤い成分がしっかりと入っているため、パサついた唇もリップクリームのように保湿してくれます。

 

ティント処方になっているものの、食事などをするとある程度色落ちしてしまい、リップを塗ってる感はなくなってしまいます。

 

そうとはいえ、色落ち後はほんのりと自然な発色になり、唇の内側から上気したような色みに。

発色は唇の元の色は度外視で、高発色カラーを発揮してくれるので、どんな人でも見たままの色が叶いますよ。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Kaorin (@kaorin.roku) on

 

ボルドーカラーは「CT2(レッド系)」です。

 

レッド系とはなっていますが、彩度は低めかつ、落ち着いた色なので、使いやすいのが特徴。

茶色の配合率は少ないため、赤みを利用したセクシーなメイクや色っぽいおフェロメイクと合わせるのがおすすめです。

 

CEZANNE(セザンヌ) カラーティントリップの商品情報

 

価格:600円(税抜)

内容量:4.1g

色:4色

 

 

※合わせて読みたい:  【コスパ最強】プチプラコスメ「セザンヌ(CEZANNE)」のおすすめ商品16選!

 

 

3. CANMAKE(キャンメイク) ステイオンバームルージュ 09 マスカレードバッド

 

 

特徴

 

プチプラコスメの王道キャンメイクから発売されている定番リップが「ステイオンバームルージュ」です。

アットコスメでも新人賞やベストコスメ大賞を受賞している言わずと知れた名品。

 

こちらのアイテムは、その名の通りルージュ仕様ですが、色みよりも潤い重視なような付け心地と発色が特徴です。

バーム特有の保湿力・ツヤ・UVケアなどの高機能ぶりが、プチプラコスメということを忘れてしまいます。

 

あえてスクエア型にカッティングされたリップは、口角や唇の輪郭にも塗りやすく、太いラインも細いラインも思いのままです。

 

テクスチャー

 

テクスチャーは、まるで保湿ケア用のバームかのようなしっとりとした質感です。

 

ただ、被膜感は控えめで、軽い付け心地がデイリー使い用としても苦になりません。

かさついた唇に直塗りしても、しっとりとした自然なツヤ感を演出し、男性ウケもしやすいモテ唇に。

 

発色は見たままではなく、かなり透明感が強めです。

そうとはいえ、重ね塗りすれば徐々に濃密かつ彩度が濃いめになっていくので、色彩のコントロールはしやすいと言われています。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by @jiya0617 on

 

ボルドーカラーは「09 マスカレードバッド」です。

一見見た目はディープな色に見えますが、唇に乗せてみると彩度は鮮やかめで顔色をワントーン明るく見せてくれます。

 

重ね塗りするほどブラウンが強く発色し、秋冬メイクやヴィンテージなドール系のメイクにはぴったりです。

くすみカラーと合わせたり、囲みアイでシックな印象にするなど、使い方次第では幅広い年代に使えます。

 

CANMAKE(キャンメイク) ステイオンバームルージュの商品情報

 

価格:580円(税抜)

色:8色

 

 

※合わせて読みたい:  【プチプラで大人気】キャンメイクのおすすめ商品20選!おすすめポイントも合わせてご紹介

 

 

4. WHOMEE(フーミー) リップスティック request(ボルドー)

 

 

特徴

 

ヘアメイクアップアーティストである、イガリシノブさんがプロデュースしたコスメブランドWHOMEE(フーミー)。

美リップを追及し、こだわり抜いて作られたのがこちらの「リップスティック」です。

 

血色感をうまく引き出す質感と、使う女の子みんなを可愛く見せる色はイガリシノブさんが厳選したものだからこそだと言えるでしょう。

リップには「オリーブ果実油」「マカデミア種子油」「ビタミンE」を配合し、自然由来成分で乾燥しにくい唇に。

 

使い勝手はもちろんのこと、フーミーならではのピンクかつハートをあしらったパッケージは持っているだけで気分が上がります。

 

テクスチャー

 

テクスチャーは、セミマットの質感にほんのり繊細なパールを散りばめたような印象。

そのため、グロスやルージュのような質感そのものにとろみがあったり、べたつきを感じさせないのは嬉しいポイントです。

 

発色は絶妙な色みで、セミマットながらも透明感があるので重くなりすぎません。

ポンポンと指でスタンピングするように付ければグラデーションリップができ、しっかり塗ればモード顔になれます。

ティントではないので色持ち自体は良いとは言えませんが、存在感のあるリップに仕上がりますよ。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by 🐟 (@shirastagram3) on

 

ボルドーカラーは「request(リクエスト)」です。

 

とても深みのあるボルドーで、果実のようなじゅわっと感があります。

マットな質感が好みの方は、一度ティッシュオフしてあげると、ツヤ感をなくしたクールリップにもっていけますよ。

 

元の唇の色みを度外視した発色の良さは、唇にポイントをおいたメイクにすると映えます。

 

WHOMEE(フーミー) リップスティックの商品情報

 

価格:1,500円(税抜)

内容量:4g

色:7色

 

 

 

5. REVLON(レブロン) ウルトラHDジェルリップカラー 715  アラビカ ショコラローズ

 

 

特徴

 

高発色ながらもとろけるような質感が、「生ツヤ」を演出してくれる「REVLON(レブロン) ウルトラHDジェルリップカラー」。

その名の通り、ジェル仕様のリップなので、塗り心地なめらかで唇の内側から輝くようなツヤ感を叶えてくれます。

 

また「ビブラントカラーピグメント」配合で、くすみ感をなくし、見た通りの発色を実現。

香りはクリーミー&ホイップバニラで決して香り自体は強くはありませんが、多少クセがあるので、香り付きコスメが苦手な方はテスターであらかじめ確かめるのがベターです。

 

一般的なリップよりもスリムなデザインが、ペンのようにグリップしやすく、付け心地はもちろんのこと、塗りやすさまで考え抜かれた優秀アイテムだと言えるでしょう。

 

テクスチャー

 

テクスチャーは、クレヨンのようにこっくりとしていながらも、みずみずしい仕上がり。

濃い色ほどしっかりめに発色するので、彩度高めな色が好きな方は強めの色を選びましょう。

 

ツヤ感のあるものの、ジューシーというよりかはメタリック寄りな光沢で、フォーマルな場面でも比較的使いやすいです。

ティントではないため色の持続力は低めで、食べたり飲んだりしたあとは付け直しが必要。

見たまま通りの発色が買った後のギャップを作らせないのは、魅力的なポイントです。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by @kamamoto3131 on

 

ボルドーカラーは「715 HD アラビカ ショコラローズ」です。

新色の中にボルドーカラーとして「780 HD ボルドー」が最近発売されていますが、個人的におすすめなのはショコラローズ。

 

茶色みをしっかりと活かした色が、おしゃれリップをアシストし、こっくり深みカラーを演出してくれます。

ただのブラウンではなく、適度な赤みを足してくれているからこそ、地味になりすぎず垢抜けさせてくれるのです。

 

REVLON(レブロン) ウルトラHDジェルリップカラーの商品情報

 

価格:1,300円(税抜)

内容量:1.7g

色:9色

 

 

 

6. REVLON(レブロン) キスプランピングリップクリーム 545 リッチボルドー

 

 

特徴

 

ぷっくりとした立体的な唇がセクシーさを物語る「REVLON(レブロン) キスプランピングリップクリーム」。

プランピングリップとは、唇をふっくらと見せてくれる成分のことで、塗るだけで石原さとみさんのようなふんわりとした立体感のある唇に導いてくれます。

 

こちらのアイテムは、スリムなチューブタイプのリップクリームで、斜めにカッティングされたアプリケーターが塗りやすさ抜群。

保湿成分には「ヒアルロン酸」「コラーゲン」を配合し、乾燥した時のリップケア用としても使えます。

 

カラーバリエーションは6色で、どれもパキッと発色というよりかはニュアンスカラーやくすみカラーといったおしゃれ色ばかりです。

香りは「バニラ」と少々クセのある香りなので、香り付きコスメが苦手な方は確かめてから購入するようにしましょう。

 

テクスチャー

 

テクスチャーは、クリームにしては比較的固めです。

そうとはいえ、唇に乗せて体温を感じてくるとスルスルと伸びるようになり、扱いやすいのが特徴的。

保湿力が高いので、乾燥で固くなった唇もふんわりとさせてくれるのに加え、テカテカになりすぎない上品なツヤ感に仕上がります。

 

色は比較的抑えめ発色で、透明感が強いため、他のリップと併用使いするのがベター。

色だけを楽しむのではなく、ツヤだし用・ボリュームアップ用として使うと使用の幅が広がりおすすめです。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Nanaho Ishigaki (@xxxnana_) on

 

ボルドーカラーは「545 リッチボルドー」(上記写真上)。

 

角が取れた柔らかめのボルドーカラーなので、ピンク系アイシャドウやコーラル系の色との相性が良いと言えます。

キリッとした印象として使われやすいボルドーですが、こちらはフェミニンであったりガーリーなメイクにも映えるでしょう。

 

ティッシュオフするとボルドーではなく、ピンクに変色するため、使い方によってはマルチに使えるアイテムです。

 

REVLON(レブロン) キスプランピングリップクリームの商品情報

 

価格:1,200円(税抜)

内容量:7.1g

色:8色(うち新色2色)

 

 

※合わせて読みたい:  【レブロン/REVLON】プチプラなのに実力派コスメが勢揃い!レブロンの使える優秀ヒット商品を紹介

 

 

<デパコスのおすすめボルドーリップ>

 

既にプチプラコスメシリーズは使ったことがある方や、シックなメイクが定番化している方、秋冬メイクとしてリップを新調したい方におすすめです。

リップと言えば…のマックやシャネルなどのボルドーカラーのリップを解説していくので、ぜひ参考にしてください。

 

1. MAC(マック) リップスティック DIVA(ディーバ)

 

 

特徴

 

マットでビビットな印象の口元を演出するリップが「MAC(マック) リップスティック」です。

 

デパコスリップの名品と言われており、とにかく色と質感の種類が豊富で、世代を問わず支持されています。

こちらのアイテムは「マットタイプ」なので、リップを塗った瞬間からピタッと高密着し、ヨレ知らずの唇に。

 

マットだと唇の荒れを心配する方もいますが、「コンディショニング成分」とよばれる保護成分も入っているため、乾燥が気になる時期も安心して使うことができます。

マックのマットリップは、最近流行りのシースルーマットやふんわりマットといった若干のツヤ残しタイプとは異なり、妥協無しの本物マット仕様で使った人を裏切らない付け心地を誇っているのです。

 

テクスチャー

 

テクスチャーは、クレヨンのようにこっくりとしており、質感は重めです。

滑り自体は決して良いとは言えません。

 

マックのリップは唇の輪郭やキワ部分などに塗るには少々太めなので、コンシーラーや筆を使ってリップラインを整えてあげるのがベター。

色の持続力はとても高めですが、食べたり飲んだりするとカップなどに付くので注意が必要です。

 

ティッシュオフさせると淡い発色になり、大胆リップの部類ながらも使い方次第ではどんなシチュエーションにも対応してくれます。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Mai Hayama (@maai_hym) on

 

ボルドーカラーは、人気の「DIVA(ディーバ)」(上記写真1番下の色)です。

ブラウンというよりも紫みや赤みが強く、コクと深みを持ち合わせたシックな色と言われています。

色落ちしてくるとラズベリーカラーになり、それもまた可愛いらしいです。

 

バーガンディーカラーにも近いと言えるでしょう。

今までのメイクはそのままにディーバを取り入れるだけで、垢抜けた顔立ちに導てくれます。

 

MAC(マック) リップスティックの商品情報

 

価格:3,000円(税抜)

内容量:3g

 

 

※合わせて読みたい:  M・A・C(マック)のおすすめリップ10選!種類やおすすめカラーをまとめてご紹介

 

 

2. shu uemura(シュウウエムラ) ルージュアンリミテッド RD170

 

 

特徴

 

ピュアで鮮明な発色とシルクのようななめらかな付け心地が特徴のリップが「shu uemura(シュウウエムラ) ルージュアンリミテッド」です。

過去には芸人の渡辺直美さんともコラボしたことがある人気アイテム。

 

高い保湿力を誇るこちらのアイテムには、自然由来成分の「カメリアオイル」や伸びを良くする「クッションオイル」、弾力を高める美容液成分「プロキシレン」などを配合し、長時間付けたての潤いをキープしてくれます。

 

張り付くようなマットリップは苦手という方、潤いを保ちつつ発色もしっかりめが良いという方にはおすすめです。

カラーバリエーションは全部で29色ととても多く、彩度や明度といった細かい配色も幅広く選べるのが魅力的。

 

テクスチャー

 

テクスチャーは、多少のこっくりさを感じさせるセミマットな仕上がりです。

マット寄りのリップはどうしても主張が強くなり、上品さに欠ける場合もありますが、こちらは適度なツヤ感が張り付くような質感も軽減してくれます。

 

色は見たまま発色ではなく、透明感が強いので淡めに発色することを想定して買いましょう。

潤いは色に比べて長続きし、わざわざリップを塗る前にクリームなどでケアしなくても済む実用性の高さが人気の理由の一つです。

香りもほとんどないため、香り付きコスメが苦手な方でも安心して使うことができます。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by こがちあき (@xxy66______x) on

 

ボルドーカラーは「RD170」です。

 

これまでご紹介してきたボルドーカラーの中でも、ブラウンよりも赤みを少し強くしたような色合い。

そのため、ブラウンに手が出しにくいブルべさんでも比較的チャレンジしやすい色と言えるでしょう。

 

鮮明な色が肌を白く見せたり、ワントーン明るく見せてくれるのはさすがといったところです。

 

shu uemura(シュウウエムラ) ルージュアンリミテッドの商品情報

 

価格:3,200円(税抜)

色:29色

 

 

※合わせて読みたい:  クレンジングオイルが大人気!シュウウエムラのおすすめクレンジングとコスメを一挙紹介

 

 

3. RMK(アールエムケー) リップスティック コンフォートマットフィット 05 アンティークワイン(過ち)

 

 

特徴

 

日差しにも負けないくらい眩しく、かつ鮮やか発色が特徴の「RMK(アールエムケー) リップスティック コンフォートマットフィット」。

夏に発売されたこちらのシリーズは、「モードなリップを軽やかに楽しむ」ことがコンセプトになっています。

 

リキッドはみずみずしく、かつ弾力性のあるジェルを取り入れ、付け心地軽やかに。

それでいて発色はシルキーなので、カジュアルな場面におすすめです。

くすみカラーではなく、肌を綺麗に見せてくれる鮮明発色が付ける人を選びません。

 

テクスチャー

 

テクスチャーは、マット系のリップとは言い難い、なめらかかつみずみずしい質感です。

伸びも良く、ひと塗りで高発色を実現してくれます。

そのため、何回かストロークして濃淡をコントロールするといったことは難しいかもしれません。

 

ティント処方ではないものの、色の持続力は比較的高めで、食事をするたび付け直す必要がないのは嬉しいポイントです。

張り付き感が控えめなため、マットに苦手意識があった方でも挑戦しやすいテクスチャーと言えるでしょう。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by 吉井 (@chocofuc) on

 

ボルドーカラーは「05 アンティークワイン(過ち)」(上記写真右側の5番)です。

こちらは、THEボルドーカラーといったブラウンがかった赤い深み色が特徴。

 

過ちという名前が付いているように、アンニュイな雰囲気を唇だけで醸し出してしまうことから「魅惑リップ」と言われているほど。

女性らしく、印象的な口元にしたい方におすすめです。

 

RMK(アールエムケー) リップスティック コンフォートマットフィットの商品情報

 

価格:3,500円(税抜)

内容量:4.2g

色:7色

 

 

※合わせて読みたい:  RMKのコスメで艶肌メイク!アイテム別にRMKのおすすめコスメも紹介

 

 

4. CHANNEL(シャネル) ルージュココシャイン 128 ヌワールモデルヌ

 

 

特徴

 

シアーな仕上がりが好きな方におすすめなのが「CHANNEL(シャネル) ルージュココシャイン」です。

 

高級感のある黒とゴールドを効かせたパッケージが、持っているだけで気分を上げてくれますよね。

ルージュココシリーズには様々な質感のリップがありますが、こちらのシアーシリーズはナチュラルメイクに合う上品な色と繊細に光るパール感が特徴的です。

 

シャネル独自の保湿成分が唇をふっくらとボリュームアップしながら、凹凸のないなめらかな唇に整えます。

カラーバリエーションが豊富で、繊細なパステルカラーから濃密な色まで幅広いのも、年代問わず愛される理由だと言えるでしょう。

 

テクスチャー

 

テクスチャーは、スルスルと伸びの良い美容液といった質感です。

保湿力が高いがゆえに多少の被膜感はありますが、保湿してくれているなといったところで、デイリー使いできるほど軽い付け心地。

 

ほんのりと繊細なパールが配合されており、肌を明るく見せてくれるのに加え、光の角度によって煌めくので女性らしい印象を演出してくれます。

発色は決して見たまま発色ではなく、とても淡く、そして薄い色といったところです。

色持ちはティントほどではないものの、強くこすったりしなければ半日ほどは持続してくれ、使い勝手も良いと言えるでしょう。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by നⅈ♥ (@mi_6789_y) on

 

ボルドーカラーは「128 ヌワールモデルヌ」です。

こちらは、ブラウンというよりもワインレッドを少し多めに配合したカッコイイ色といったところ。

 

リップ本体はまるで黒リップ!?と思うほど、どすが効いたダーク色ですが、塗ってみると柔らかい妖艶なシアーボルドーなのです。

使わない赤リップなどと組み合わせればシックさと深みが増して、どんなシーンでも使える色に変化します。

 

CHANNEL(シャネル) ルージュココシャインの商品情報

 

価格:3,900円(税抜)

内容量:3g

 

 

 

ボルドーリップでちょっとリッチな顔立ちの私に♪

 

ボルドーリップ おすすめ

 

チョコレートにぽつんとぶどうを落としたかのような、甘くもビビットな色合いの「ボルドー」。

茶色ベースの色合いが、トレンドを押さえつつも、シックで堅い上品な女性を演出してくれます。

 

堅苦しい色にも思えますが、質感や濃淡を上手くコントロールすることによって、実はカジュアルな場面にも使うことができる色なのです。

 

囲みアイにして切れ長アイラインを引けば、隙の無い強い女性にもなれますし、反対にブラウンラメアイシャドウなどと合わせれば、守ってあげたくなるフェミニンな印象の女性にもなれます。

ひと塗りするだけでグッとリッチな顔立ちにしてくれるボルドーリップをうまく取り入れて、いつもよりちょっとこなれたメイクを手に入れてください♪

 

※合わせて読みたい:  【プチプラ】人気のリップ・口紅を紹介!300円から買える安いのに優秀なリップ9選!


フォローして最新記事をチェック!



検索

カテゴリ一覧

ファッション(70)
   着回し/コーデ(25)
   髪型/ヘアスタイル/ヘアアレンジ(16)
   眼鏡/コンタクト/カラコン(3)
メイク・コスメ(134)
   ベースメイク(16)
   アイメイク(18)
   リップ/グロス(12)
   ネイル(7)
   メーカー/ブランド(62)
美容(77)
   スキンケア(48)
   髪/シャンプー/リンス/コンディショナー(15)
   石鹸/ソープ/洗顔料(6)
   ダイエット(3)
健康(37)
   健康食品/サプリメント/プロテイン(9)
   スポーツ/運動/トレーニング(3)
   冷え/温活(5)
ライフスタイル(133)
   生活雑貨/生活用品(15)
   ギフト/プレゼント(13)
   趣味(6)
   お出かけ/観光/旅行/デート(23)
   妊娠/出産/子育て(2)
   家庭菜園/ガーデニング(3)
インテリア(23)
   内装/レイアウト(3)
   DIY(3)
グルメ(44)
   ドリンク/カフェ(18)
   ケーキ/お菓子/パティスリー/パン(9)
アート/カルチャー(14)
   写真/カメラ(3)
   ハンドメイド/クラフト(5)

スキンケア

エイジングケア(8)
保湿(82)
美白(24)
乳液(10)
クリーム(42)
オイル(14)
化粧水(42)
美容液(35)
基礎化粧品(59)
ニキビ(10)
毛穴ケア(16)
角質ケア(25)
肌荒れ(14)
くすみ(24)
クマ(4)
たるみ(7)
ハリ不足(17)
スペシャルケア(41)
セルフケア(16)
UV対策(14)
日焼け対策(10)
日焼け止め(5)
洗顔/クレンジング(11)

肌質

乾燥肌(72)
敏感肌(52)
脂性肌(19)
混合肌(10)

コスメ/メイク

ツヤ肌(63)
マット肌(39)
ミネラルコスメ(12)
デカ目(31)
小顔(1)
韓国(20)
化粧(57)
ポイントメイク(60)
メイクテク(29)
ナチュラルメイク(61)
美肌(65)
メイク道具(10)
化粧下地/ファンデーション/コンシーラー(14)
テカリ防止(1)
アイメイク(11)
リップ/グロス(15)
チーク(5)

ファッション

春コーデ(18)
夏コーデ(17)
秋コーデ(21)
冬コーデ(20)
スタイル(40)
テイスト(32)
シーン別(16)
大人コーデ(17)
カジュアル(5)
綺麗め(5)
フェミニン(6)

年代別

10代(1)
20代(6)
30代(7)
40代(3)
50代(2)

恋愛

片思い(21)
男性心理(23)
カップル(24)
恋愛観(24)
恋愛テクニック(31)

ヘアスタイル

ショートヘア(16)
ロングヘア(15)
セミロング(12)
ボブ(15)
スタイリング(23)
ヘアケア(30)
ヘアカラー(9)
ヘアアクセ(7)

ライフスタイル

キッチン用品(15)
ホームパーティー(12)
食生活(78)
ヘルシー(35)
運動(10)
筋トレ(4)
リラックスタイム(5)

人気記事ランキング