logo

Top > メイク・コスメ > アイメイク > アイライナー/アイシャドウ

リキッドアイシャドウのおすすめ11選!コスメ好きも唸る極上のうるツヤアイを手に入れよう♪






まぶたにピタッと高密着し、まるで濡れているかのような生っぽいツヤ感を演出してくれる「リキッドアイシャドウ」。

アイシャドウといえばパウダータイプが定番ですが、実はリキッドアイシャドウ、最近ニュアンスのある魅惑的な目元を作れると話題沸騰中なのです。
フジコやスリー、100円均一からも発売されており注目度は高め。

本記事ではリキッドアイシャドウに注目し、プチプラ~デパコスまで人気のアイテムをご紹介します。
初めてリキッドアイシャドウを使う方も、魅力や塗り方を知って濡れメイクにトライしてみよう♪

【目次】リキッドアイシャドウのおすすめ11選!コスメ好きも唸る極上のうるツヤアイを手に入れよう♪

 

リキッドアイシャドウって?

リキッドアイシャドウの魅力は主に3つ

1. 持ち運びがしやすい

2. うるツヤ・生っぽさを演出できる

3. 高密着・高発色でヨレにくい

<おすすめのリキッドアイシャドウ>

1. Fujiko(フジコ) フジコシェイクシャドウ

2. CANMAKE(キャンメイク) ウィンクグロウアイズ

3. THREE(スリー) アルカミストツイストフォーアイ

4. to/one(トーン) ペタル リキッドアイシャドウ

5. URGRAM(ユーアーグラム) リキッドアイシャドウ

6. スウィーツスウィーツ スパークリングアイグロス

7. SUQQU(スック) グロウタッチアイズ

8. ETUDE HOUSE(エチュードハウス) ミラーホリック リキッドアイズ

9. kiss(キス) エッセンスクリームアイズ

10. エスプリーク グロウ アイヴェール

11. Visee AVANT(ヴィセ アヴァン) リキッドアイカラー

リキッドアイシャドウでいつもよりレディな仕上がりに…♪

 

リキッドアイシャドウって?

 

リキッドアイシャドウ コスメ

 

「リキッドアイシャドウ」とは、パウダー(粉)ではなく、リキッド(液体)のアイシャドウのことです。

 

液体なので一見扱いにくいように見えますが、肌に乗せるとピタッと高密着、リキッド特有のみずみずしいツヤ感のある仕上がりになります。

パウダータイプやクリームタイプに比べるとヨレにくく、粉飛びなどがないので、発色が長持ちするのも魅力的です。

 

重ね塗りやポンポン塗り、べた塗りなど塗り方によって、1本でも色の変化や発色をコントロールできるのも、リキッドアイシャドウの面白いところ。

トレンドにもなった濡れ感メイクや、おフェロメイクなどのツヤ感メイクにもおすすめです。

 

※合わせて読みたい:  おすすめのプチプラアイシャドウ9選!安くても大満足のアイシャドウを色別に紹介

 

 

リキッドアイシャドウの魅力は主に3つ

 

リキッドタイプのアイシャドウってササっとお化粧直しできないんじゃないか…、何かと使いにくそうと思われがちですが、実は魅力いっぱい♪

これまで懸念していた方もリキッドアイシャドウのメリットを知って、デイリーメイクに取り入れてみてくださいね。

 

1. 持ち運びがしやすい

 

リキッドアイシャドウ 持ち運び 

 

リキッドアイシャドウは、どのメーカーのアイテムも、マニキュアのようなミニボトル状のスリムなパッケージデザインです。

小さいコスメポーチにも忍び込ませやすく、ミニバックにそのまま入れても場所を取らないのは魅力的。

 

また、パウダーアイシャドウは持ち運び出来るサイズ感ながらも、バックから取り出すと割れて粉々になっていたなんてことも珍しくありません。

リキッドアイシャドウには回しフタがついているため、しっかり締めておくことで、漏れだすことを防げます。

 

2. うるツヤ・生っぽさを演出できる

 

リキッドアイシャドウ うるツヤ

 

リキッドアイシャドウは、主な主成分が水でできていることから、まるで濡れているかのようなみずみずしいツヤ感を演出することができます。

 

パウダーアイシャドウのようなパウダリー感でも、クリームアイシャドウのこっくりとした質感でもない、特徴的な仕上がりが人気です。

乾燥しやすい時期も、まぶたに潤いを与えながらおしゃれができるのは嬉しいポイント。

 

3. 高密着・高発色でヨレにくい

 

リキッドアイシャドウ 高密着 高発色

 

リキッドアイシャドウの魅力の一つは、高密着でヨレにくい点です。

 

液体状になっているのでスーッと伸び、乾いてくるとピタッと密着します。

水分がラメや色みを閉じ込め、時間の経過とともに粉飛びやラメ飛びしないのも、なかなかメイク直しできないビジネスワーカーには魅力的です。

 

パウダーアイシャドウがふんわりとしたマイルドな発色に対し、リキッドアイシャドウは見たまま発色で、買ってみたは良いものの、付けたら思っていた色と違った…!といったギャップがありません。

ぼかせばニュアンス発色に、重ね塗りすればグラデーションにもできるなど、いろんな顔を見せてくれます。

 

 

<おすすめのリキッドアイシャドウ>

 

水分を多く含んだリキッドアイシャドウは、合う合わないが分かれにくく、どんなメイクにも合わせやすいです。

ここでは定番のアイテムから、リキッドアイシャドウ初心者さんでも使いやすいアイテムなどの特徴、テクスチャーともに説明していくのでぜひ参考にしてください。

 

1. Fujiko(フジコ) フジコシェイクシャドウ

 

 

特徴

 

見た目も使い心地もワクワクするアイテムが「Fujiko(フジコ) フジコシェイクシャドウ」です。

こちらのアイテムは油分を一切含まない、完全ウォーターベースのアイシャドウ。

 

そのため皮脂にも強く、ヨレにくいのはもちろん、サラサラしているので二重幅にパウダーが埋まってしまうこともありません。

リキッドには水分と光の粒が混合されており、使うときはよくシェイク、基本的に点置きして馴染ませていきます。

 

透明のパッケージ内をゆらゆら揺れるラメとスクエア型のおしゃれなデザインが、持っているだけで気分を上げてくれるとパケ買い必至のアイテムです。

 

テクスチャー

 

テクスチャーは、水分100%ということから、みずみずしくピタッと高密着する質感です。

付けてすぐはひんやりと冷たさがあるのも、リキッドアイシャドウならでは。

 

水分量が多いと発色も控えめと思われがちですが、ラメ・色ともにしっかりめに発色してくれるので、存在感を出すメイクにも使うことができます。

速乾性が高く、点置きして馴染ませる間に乾いてしまうため、慣れるまではムラになりやすいかもしれません。

 

みずみずしいながらも油分がないことから、極度の乾燥肌の方は時間が経つとパリパリ・カピカピになる可能性も。

そんなときはあらかじめ、ベースを塗ってから付けるのをおすすめします。

 

Fujiko(フジコ) フジコシェイクシャドウの商品情報

 

価格:1,280円(税抜)

内容量:5g

色:7色

 

 

 

※合わせて読みたい:  今大注目のコスメ「FUJIKO(フジコ)」の魅力は?おすすめアイテムも一挙紹介

 

2. CANMAKE(キャンメイク) ウィンクグロウアイズ

 

 

特徴

 

ひと塗りでまるで濡れているかのような潤んだツヤ感を演出してくれる「CANMAKE(キャンメイク) ウィンクグロウアイズ」。

 

こちらのアイテムは、アットコスメのベストコスメアワードのアイシャドウ部門でも2位を獲得したことのある実力派です。

乾燥しがちで敏感な目元のことを考えて作られており、リキッドには「美容液成分」「ビタミンC誘導体」を配合、見た目だけではなく中から潤いを与えます。

 

手の平よりもはるかに小さいコンパクトサイズは、持ち運びにも便利で、気になったときにパパっと付け足しできるのはさすがといったところ。

カラーバリエーションは5色、どの色も汎用性が高いため、カジュアルシーンからビジネスシーンまで使うことができます。

 

テクスチャー

 

別名グロスアイシャドウともいわれているのも納得する、グロスに近いこっくりとした質感です。

伸びが良く少量で広範囲に塗ることができるため、ミニサイズながらもコスパも抜群。

 

チューブタイプなので一度に使う量を自分で調整しなければならず、ついつい出しすぎてしまったなんてこともしばしば。

そんなときは始めに手の甲に出し、少しずつまぶたに引き伸ばしていくと綺麗に伸びていきます。

 

こっくりしつつも乾きがとても早く、重ね塗りすることで1色ながらも、複数色使ったかのようなグラデーションアイを作れるのは魅力的です。

 

CANMAKE(キャンメイク) ウィンクグロウアイズの商品情報

 

価格:500円(税抜)

内容量:8ml

色:5色

 

 

 

※合わせて読みたい:  【プチプラで大人気】キャンメイクのおすすめ商品20選!おすすめポイントも合わせてご紹介

 

3. THREE(スリー) アルカミストツイストフォーアイ

 

 

特徴

 

引き込まれるようなスマッジーなアイメイクをしたい方におすすめなのが「THREE(スリー) アルカミストツイストフォーアイ」。

 

「アルカミスト」とは魔法使いという意味ですが、まさにその言葉にぴったりな深みのある色合いと星屑のようなラメ感が特徴です。

べた塗りもしくはあまり馴染ませないとマット質感に、うっすら馴染ませるとラメ感が顔を出し、煌めく繊細な瞳を演出してくれます。

 

リキッドアイシャドウのテクスチャーは好みなものの、仕上がりの濡らしたようなツヤ感が少し苦手だという方にはぴったり♪

マットなのにラメ入りのギャップが、人と被らないアイメイクへと導きます。

 

テクスチャー

 

テクスチャーは、スフレを連想させるムース質感です。

ラメよりも発色重視といったところで、アイシャドウとしてはもちろん、細く引けばアイラインとしても使うことができます。

 

マット仕上がりですが、時折顔を出す控えめなラメが目元を重く見せない、驚異のバランス力がデパコスの貫禄を見せるのです。

グロスのようなスリムなパッケージデザインは扱いやすく、持ち運びも億劫になりません♪

 

乾くのはそれほど速くはないので、伸ばしやすく、リキッドアイシャドウ初心者さんでも失敗しづらいのは嬉しいポイントです。

 

THREE(スリー) アルカミストツイストフォーアイの商品情報

 

価格:3,500円(税抜)

内容量:6g

色:10色

 

 

 

※合わせて読みたい:  ナチュラルオーガニックコスメ「THREE(スリー)」のおすすめ商品21選!

 

4. to/one(トーン) ペタル リキッドアイシャドウ

 

 

特徴

 

花びらにうつる光を集めて作られたような発色と、みずみずしい使い心地のアイテムが「to/one(トーン) ペタル リキッドアイシャドウ」。

 

こちらのアイテムは、ナチュラルオーガニックコスメなので、肌に優しいものを使いたいという方がトライしやすいのが特徴です。

パールのような偏光型ラメが、いつものアイメイクをワンランクラグジュアリーに導いてくれそう。

 

また、グラデーションや濃淡、彩度が調整しやすく、カラーパールのおかげで単調な仕上がりを防ぐことができます。

カラーバリエーションは5色、色はパープルやカーキなどアクセントになるものから、オレンジやピンクといった手堅くデイリー使いできるものまで幅広いバリエーションです。

 

テクスチャー

 

テクスチャーは、サラサラとしたライトな質感です。

ラメの粒がとても細かくふんだんに入っており、伸ばしていけばいくほど、メタリック調の仕上がりになります。

 

速乾性は高く、一度定着すると汗や皮脂、指でこすっても取れにくいので夏場やレジャーシーンでも使うことができます。

反対に馴染ませるのをもたつくと、ムラになってしまうため、素早く行うのがベター。

 

発色感もラメ感もどちらも手を抜かずないしっかり仕上がりなので、個性を出すにも一役買ってくれそうです。

 

to/one(トーン) ペタル リキッドアイシャドウの商品情報

 

価格:2,900円(税抜)

内容量:6g

色:5色

 

 

 

※合わせて読みたい:  新進気鋭のコスメブランド「to/one(トーン)」が可愛すぎる!人気アイテムやブランドの特徴まとめ

 

5. URGRAM(ユーアーグラム) リキッドアイシャドウ

 

リキッドアイシャドウ URGRAM

 

特徴

 

100円均一のダイソーから、彗星のごとく現れた隠れた名品が「URGRAM(ユーアーグラム) リキッドアイシャドウ」です。

2019年4月に発売されるや否や、美容系ユーチューバーなども取り上げるなど注目を集めています。

 

スマートガールを意識して作られ、実用性と個性さを考えて作られたこちらのアイテムは、ふんだんなラメと高発色さが特徴。

 

何より100円という安さが、買っておいて損がないアイテムと言えるでしょう。

初めてリキッドアイシャドウを使う方は、合わない…!と思っても許せる、ダイソーアイテムからはじめてみるのがベター。

 

テクスチャー

 

テクスチャーは、サラサラでスーッと突っかかることなく伸びる、なめらか質感です。

 

塗って3分ほどすると乾ききり、そこからは指でこすってもなかなかヨレにくいものの、それでも水気にはかなり弱め…。

発色は見たままよりも淡く、重ね塗りすることで濃淡・彩度もコントロールできるため、1色で印象的な目元が作れます。

 

塗り終わりは軽い被膜感がありますが、重たいと思うほどではなく、乾燥肌の方でも使いやすいでしょう。

カラーバリエーションは実用性の高い5色で、くすみや深みカラーもあるので100円均一ならではのチープっぽさは感じさせません。

 

URGRAM(ユーアーグラム) リキッドアイシャドウの商品情報

 

価格:100円(税抜)

色:5色

 

 

6. スウィーツスウィーツ スパークリングアイグロス

 

 

特徴

 

アイラインやジェル、筆などほかのアイメイクとの相性も考えて使いたいという方は「スウィーツスウィーツ スパークリングアイグロス」がおすすめ。

 

こちらのアイテムはツヤ感で目元に立体感を、ストレッチ効果により二重幅でダマにならないなど、ほかのアイメイクとの相性を考えられているのが特徴です。

リキッドには「くすみカバーパウダー」や「ビタミンC誘導体」を配合し、皮脂による化粧崩れやヨレを防ぎます。

 

カラーバリエーションは8色と多め、くすみとばしをアシストしてくれる、光を集める明るめの色ばかり。

目元がどんよりと暗めの方や色ムラがある方、なかなかカラーコントロールできずにアイメイクが映えないという方におすすめです。

 

テクスチャー

 

テクスチャーは、アイグロスならではのこっくりと重ための質感です。

 

数あるリキッドアイシャドウの中でも、トップクラスの速乾性なので、色ムラを防ぐためにも乗せたら早めに馴染ませるのがベスト。

そうとはいえ、早く乾いてくれるため、その後のアイラインや重ね塗りもしやすいのは魅力的です。

 

発色は見たまま、ラメはザクザク多めに配合されており、普段使っているアイシャドウのラメ足しやニュアンスチェンジにも使えそう。

時間が経つと発色自体は弱くなりますが、ラメ感は維持されるので、色重視の方は定期的に付け直すようにしてくださいね。

 

スウィーツスウィーツ スパークリングアイグロスの商品情報

 

価格:900円(税抜)

色:8色(廃盤含め10色)

 

 

 

7. SUQQU(スック) グロウタッチアイズ

 

 

特徴

 

まるで肌の上に水面ができたかのようなツヤを作り出すアイテムが「SUQQU(スック) グロウタッチアイズ」です。

 

こちらのアイテムは、大小異なる偏光ラメをたっぷりと配合、大人女子もこぞって使いたくなる上品かつグロッシーな仕上がりが特徴です。

アイシャドウの下地としてや手持ちのアイシャドウと組み合わせるなど、使い方は自由自在。

 

カラーバリエーションはデパコスの中でも多めの9色、立体感を出すための陰影カラーもあるので、外国風メイクにも使えます。

角度のついた細身のアプリケーターは、点塗りやべた塗りも、手の甲を介せずそのまま塗れる利便性も支持されているのです。

 

テクスチャー

 

テクスチャーは、塗った瞬間にピタッと張り付くような質感。

 

発色は見たまま、肌をまるで染め上げたようなにじみ色で、ラメは多めにも関わらず大人女子も使える上品仕上がりは粒感の小ささからきているのでしょう。

一度肌に乗せると時間が経ってもラメ・発色ともに、衰えることなく続くので、メイク直しがなかなかできない方にこそおすすめです。

 

ポンポンと点塗りするとまるでチークかのように、ふんわりシアー発色になるので、アレンジしがいがあります。

上まぶたはもちろん、下まぶたにに取り入れても、うるうる感を演出できますよ♪

 

SUQQU(スック) グロウタッチアイズの商品情報

 

価格:3,700円(税抜)

内容量:7.5g

色:9色

 

 

 

※合わせて読みたい:  日本女性のための大人ブランド!SUQQU(スック)のおすすめ商品14選

 

8. ETUDE HOUSE(エチュードハウス) ミラーホリック リキッドアイズ

 

 

特徴

 

グリッターのようなザクザクラメが好みの方におすすめなのは「ETUDEHOUSE(エチュードハウス) ミラーホリック リキッドアイズ」です。

こちらのアイテムは美容大国韓国生まれの名ブランドから発売されているコスメで、様々な色みを含んだグリッターをベースに、細かいラメを取り入れた艶重視処方。

 

角度によって煌めき方も変わるので、まるでキラキラと移り変わるキラーボールのような目元が叶います。

ウォーターベースのリキッドアイシャドウなため、粉飛びやラメ飛びする心配もなく、軽やかな濡れ艶アイに。

 

カラーバリエーションは8色、どれも使っているアイシャドウの色みを邪魔しないベースカラーで、ラメだけ足したいときにも使えます。

 

テクスチャー

 

テクスチャーは、サラサラとしたライトな質感です。

ほかのリキッドアイシャドウに比べると密着感が低めなので、張り付くような感覚が苦手な方には嬉しい使い心地。

 

発色は見たままよりもワントーン薄めで、ラメは繊細とは程遠いギラギラザクザクといったところです。

潤んだ雰囲気に仕上げたいときに使うにはエッジが効きすぎているため、パーティーやフェス、イベントといった華やかなシチュエーションで使うと良いでしょう。

 

涙袋やちょっとラメ足しで使うにはヘビーですが、目元にインパクトを与えたいときには活躍してくれます。

 

ETUDE HOUSE(エチュードハウス) ミラーホリック リキッドアイズの商品情報

 

価格:1,250円(税抜)

内容量:3.2g

色:8色

 

 

 

※合わせて読みたい:  【ETUDE HOUSE(エチュードハウス)】おすすめアイテム11選!ブランドの特徴や魅力も紹介

 

9. kiss(キス) エッセンスクリームアイズ

 

 

特徴

 

SNSでもその使い心地、仕上がりの良さが話題を集めた「kiss(キス) エッセンスクリームアイズ」。

 

こちらのアイテムは発色はクリーミーながらも、付け心地はウォータリーといったギャップのある使用感が特徴です。

美容液成分には「ヒアルロン酸」や「コラーゲン」「カモミラエキス」を配合し、見た目だけではなく、まぶたの内側から潤いを与えます。

 

水分豊富なのでぴたっとフィットしつつ、べたつかない質感で、ノンストレスで使えるのはリキッドアイシャドウ初心者さんにとっても魅力的です。

カラーバリエーションは8色、まぶたはもちろん、ハイライトや涙袋にも使える淡めカラーもあるため、使う場所によって色の使い分けができます。

 

テクスチャー

 

テクスチャーは、クリーミーでふわっとしている質感です。

エアリーなのに高密着で、秋冬をはじめ、夏場のヨレやすい時期にも使えそう♪

 

発色は薄付きかつシアー、パキッとしているというよりかは、あらかじめぼかしたようなニュアンス発色といったところです。

ネーミングの通り、エッセンスがふんだんに配合されているからか、時間が経っても張り付くような感覚はなくあくまでしっとり。

 

ウォータリーなリキッドアイシャドウは、パキパキになるから苦手だった…という方でもトライしやすいのは嬉しいポイントです。

 

kiss(キス) エッセンスクリームアイズの商品情報

 

価格:1,200円(税抜)

内容量:7g

色:8色

 

 

 

10. エスプリーク グロウ アイヴェール

 

 

特徴

 

大人女子御用達のおすすめアイテムが「エスプリーク グロウアイヴェール」です。

こちらのアイテムは、潤い成分をたっぷりと含んだ処方が特徴で、みずみずしいながらもおよそ10時間の持続力を誇ります。

 

リキッドには「モイストヴェール成分」に加え、まるで濡れているかのようなツヤ感を与える「ルーセントパール」、肌内部に潤いを与える紅藻エキスといった「美容液成分」を配合しています。

塗布直後は肌の表面にとどまるリキッドですが、時間が経つと水分だけが蒸散、美容液成分が肌内部に浸透しスキンケア後のような使い心地です。

 

全8色のカラーバリエーションで、どの色も単体はもちろん、ほかの色とも組み合わせやすい汎用性に優れた色なので、1本持っておくとアイメイクが広がりそう♪

 

テクスチャー

 

テクスチャーは、軽く、みずみずしいとこっくりの中間といった絶妙質感です。

角のとれた柔らかい色合いが、アイベースとして仕込んでもナチュラルな仕上がりで、リキッドアイシャドウだから…と力まず使うことができます。

 

なかなか直塗りはハードルが高いと思われがちなリキッドアイシャドウですが、こちらのアイテムはチップの先端を目のキワに沿えるようにして塗ると、綺麗かつプロ級の立体感に。

塗りすぎたと思っても、指や綿棒でポンポンとはたけばグラデーションにしたり、ぼかせるので使いやすいです。

 

同系色のパウダーやクリームを重ね塗りすれば、より深みを増すことができます。

 

エスプリーク グロウアイヴェールの商品情報

 

価格:1,200円(税抜)

内容量:8g

色:8色

 

 

 

11. Visee AVANT(ヴィセ アヴァン) リキッドアイカラー

 

 

特徴

 

アイメイクにこだわりがある方でも唸る逸品が「Visee AVANT(ヴィセ アヴァン) リキッドアイカラー」です。

 

こちらのアイテムは、一言にリキッドアイシャドウと言っても、マット・メタリック・グリッターの3種類から、好みの質感を選ぶことができる贅沢仕様。

マットは染み込むような発色を、メタリックはラメ感はありつつも発色重視、グリッターはラメ感たっぷりで目元を華やかにします。

 

普段のメイクに合う質感と色みを細かく選べるのは魅力的。

まぶたに沿うようにして塗れる角度のついたアプリケーターは、ライン使いもアイホール全体にも塗れるマルチ型です。

 

テクスチャー

 

テクスチャーは、ジェルのようにみずみずしいのに、馴染ませていくうちにパウダリーに変化します。

 

そのため、普段リキッドアイシャドウを使っていない方でも馴染ませやすく、難しいテクニックやコツは必要ありません♪

水や皮脂などにはあまり耐久性がないので、なかなかメイク直しができない方は、あらかじめアイベースや下地を仕込んでおくのがベター。

 

発色は見たままで、ツヤ感は上品系なので、ビジネスシーンにも使えそう。

チップを斜めに傾けたり、縦に起こして使うとラインに強弱が付けられるので、ぜひ自分流アイメイクを探してみるのも良いかもしれません。

 

Visee AVANT(ヴィセ アヴァン) リキッドアイカラーの商品情報

 

価格:1,200円(税抜)

内容量:8g

色:10色

 

 

 

※合わせて読みたい:  Visee(ヴィセ)は実力派の優秀コスメ揃い!おすすねの人気商品をまとめて紹介

 

 

リキッドアイシャドウでいつもよりレディな仕上がりに…♪

 

リキッドアイシャドウ コスメ

 

その名の通り、みずみずしく、それでいて高密着な「リキッドアイシャドウ」。

 

パウダーアイシャドウやクリームアイシャドウなど、様々な質感のアイシャドウがある中でも、手軽にツヤ感を出せる魅惑のアイテムです♪

目元に演出される潤んだようなツヤは、流行り廃りのない女性らしさを助長するメイク術と言われています。

 

リキッドアイシャドウはいろんな色が一度に楽しめない…と思われがちですが、どのメーカーも重ね塗りができる発色感を意識しているため使いやすいのです。

今のアイメイクにちょい足ししたり、ニュアンスチェンジするなど、いつもよりもレディな仕上がりを実感してみてください。


フォローして最新記事をチェック!



検索

カテゴリ一覧

ファッション(107)
   着回し/コーデ(40)
   髪型/ヘアスタイル/ヘアアレンジ(22)
   眼鏡/コンタクト/カラコン(5)
メイク・コスメ(188)
   ベースメイク(19)
   アイメイク(24)
   リップ/グロス(13)
   ネイル(10)
   メーカー/ブランド(94)
美容(92)
   スキンケア(53)
   髪/シャンプー/リンス/コンディショナー(23)
   石鹸/ソープ/洗顔料(6)
   ダイエット(3)
健康(43)
   健康食品/サプリメント/プロテイン(9)
   スポーツ/運動/トレーニング(5)
   冷え/温活(5)
ライフスタイル(159)
   生活雑貨/生活用品(19)
   ギフト/プレゼント(14)
   趣味(7)
   お出かけ/観光/旅行/デート(28)
   妊娠/出産/子育て(2)
   家庭菜園/ガーデニング(3)
インテリア(26)
   内装/レイアウト(3)
   DIY(3)
グルメ(58)
   ドリンク/カフェ(23)
   ケーキ/お菓子/スイーツ/パティスリー/パン(15)
アート/カルチャー(17)
   写真/カメラ(3)
   ハンドメイド/クラフト(7)

スキンケア

エイジングケア(20)
保湿(109)
美白(31)
乳液(18)
クリーム(60)
オイル(16)
化粧水(63)
美容液(47)
基礎化粧品(77)
ニキビ(13)
毛穴ケア(23)
角質ケア(32)
肌荒れ(19)
くすみ(31)
クマ(6)
たるみ(14)
ハリ不足(27)
スペシャルケア(60)
セルフケア(30)
UV対策(20)
日焼け対策(16)
日焼け止め(8)
しわ(7)
洗顔/クレンジング(21)

肌質

乾燥肌(88)
敏感肌(64)
脂性肌(27)
混合肌(20)

コスメ/メイク

ツヤ肌(76)
マット肌(42)
ミネラルコスメ(17)
デカ目(36)
小顔(2)
韓国(26)
化粧(76)
ポイントメイク(80)
メイクテク(36)
ナチュラルメイク(75)
美肌(78)
メイク道具(12)
化粧下地/ファンデーション/コンシーラー(34)
テカリ防止(3)
アイメイク(36)
リップ/グロス(36)
チーク(16)
カラーメイク(4)

ファッション

春コーデ(27)
夏コーデ(26)
秋コーデ(33)
冬コーデ(34)
スタイル(61)
テイスト(52)
シーン別(23)
大人コーデ(29)
カジュアル(23)
綺麗め(20)
フェミニン(16)

年代別

10代(1)
20代(7)
30代(10)
40代(5)
50代(3)

恋愛

片思い(21)
男性心理(27)
カップル(29)
恋愛観(29)
恋愛テクニック(37)

ヘアスタイル

ショートヘア(22)
ロングヘア(21)
セミロング(18)
ボブ(22)
スタイリング(30)
ヘアケア(45)
ヘアカラー(12)
ヘアアクセ(8)

ライフスタイル

キッチン用品(17)
ホームパーティー(13)
グルメ/レシピ(90)
ヘルシー(37)
運動(11)
筋トレ(5)
リラックスタイム(10)

人気記事ランキング