logo

Top > ファッション > 着回し/コーデ

大人もガーリーファッションを楽しもう!年代別コーデ&おすすめブランドをピックアップ♪






カジュアルやフェミニン、モード・エレガント・マニッシュなど…
時代によって流行り廃りが激しいファッションですが、本記事では長年支持され続けている「ガーリーファション」にスポットを当ててご紹介します。

ガーリーと聞くと「大人の女性には甘さが強すぎて、似合わないのでは?」と疑問に思う人も多いはず。

しかし、アイテムの選び方や配色、シルエットの工夫やテクニックで、大人の女性でも十分ガーリーファッションが楽しめます!
年代別にお手本コーデとおすすめブランドを取り上げるので、ぜひチェックしてみてください。

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、臨時休業あるいは営業時間の変更等の措置を取っている店舗・施設がございます。


お出かけ前に、店舗・施設の公式HPやSNS等で最新情報のご確認をお願い致します。


【目次】大人もガーリーファッションを楽しもう!年代別コーデ&おすすめブランドをピックアップ♪

 

ガーリーファッションとは

ガーリーファッションの特徴

1. 甘いアイテムで構成

2. 淡く儚い色が多め

3. ふわっとしたシルエット

ガーリーファッションの種類

1. 王道ガーリー

2. 大人ガーリー

3. ナチュラルガーリー

4. レトロガーリー

5. カジュアルガーリー

10代におすすめのガーリーファッション&おすすめブランド 

甘すぎるくらいが丁度いい

大胆な肌見せも怖くない!

ワンピース1枚で即ガーリー

おすすめブランド1. one after another NICE CLAUP(ワンアフターアナザー ナイスクラップ)

おすすめブランド2. Honeys(ハニーズ)

20代におすすめのガーリーファッション&おすすめブランド

さりげない個性も主張

アーガイルニットでレトロ&ガーリー

シースルー×フリルも外せない!

おすすめブランド1. ParAvion(パラビオン)

おすすめブランド2. OLIVE des OLIVE(オリーブ デ オリーブ)

30代におすすめのガーリーファッション&おすすめのブランド 

色を大人にアップデート

チェックが子供っぽくならない

大人だからこそ似合う色を取り入れて

おすすめブランド1. dazzlin(ダズリン)

おすすめブランド2. merlot(メルロー)

40代におすすめのガーリーファッション&おすすめのブランド

エレガントな色なら臆せず取り入れられる

ヴィンテージテイストなガーリーファッション

メンズライクな1着でカジュアルダウン

おすすめブランド1. Samansa Mos2(サマンサモスモス)

おすすめブランド2. LILY BROWN(リリーブラウン)

大人の女性もガーリーファッションを楽しんで!

 

ガーリーファッションとは

 

 

ガーリー(girly)とは、少女的な・女の子らしいという意味。

 

つまり、ガーリーファションとは、少女のような愛らしさを表現したファッションのことです。

1990年代中頃のアメリカ発祥で、その後日本でもブームになったと言われています。

 

最近では品のあるアイテムを取り入れた、大人ガーリーファッションも人気。

似たようなジャンルに「ガーリッシュファッション」がありますが、ガーリーファッションと明確な違いはありません。

 

ちなみに、ガーリッシュファッションとは、ガーリーとスタイリッシュを掛け合わせた造語です。

 

 

ガーリーファッションの特徴

 

なんとなくイメージはつくものの、具体的に何をどうすればガーリーファッションを楽しめるのか、分からない人も多いはず。

ここでは、ガーリーファッションを象徴する3つの特徴をご紹介します。

 

1. 甘いアイテムで構成

 

 

フリルやリボン、レースなどガーリーファッションは、ロマンティックなムードが漂う甘いアイテムで構成します。

 

例えばフリルブラウス×小花柄スカートなど、甘い上下でコーディネートを組んでもOK。

10・20代の方は、ミニ丈のスカートで素足を出すのも良いですね。

 

2. 淡く儚い色が多め

 

 

ガーリーファッションはピンクを代表とする女性らしいカラーや、パステルカラーを多めに取り入れるのが基本。

黒やネイビー、カーキなどシックな色は差し色にとどめ、淡く儚い配色を意識しましょう。

 

しかし、30・40代は甘い1着を落ち着いた色に変更して、大人っぽく着こなすのもおすすめです。

 

▼ファッション カラーの関連記事

・  パステルカラーに合う色って?大人世代が真似たいコーデを色別に紹介!

・  流行りのペールトーンってどんなカラー?人気カラー別のコーディネートもチェック

 

3. ふわっとしたシルエット

 

 

裾に向かって広がるAラインシルエットも、ガーリーファッションの特徴。

動くたびにひらひら揺れるスカートの裾や、ふわっとしたシルエットは、女の子らしい雰囲気を作るのに欠かせません。

 

パンツも良いですが、バランスや組み合わせが難しいため上級者向け。

ガーリーファション初心者は、あれこれ考えずとも様になるスカートやワンピースを選びましょう。

 

 

ガーリーファッションの種類

 

一口にガーリーファッションといっても、大人ガーリーをはじめ種類があるのをご存知でしょうか。

次に、代表的なガーリーファッションを解説します。

 

1. 王道ガーリー

 

 

上記3つの特徴を網羅した、王道のガーリーファッションです。

なんとなくガーリーファッションが気になる人は、まず王道からトライしてみましょう。

 

あざと可愛いを狙いたい人にも◎

 

2. 大人ガーリー

 

 

大人っぽく品のあるアイテムを採用し、適度に甘さを抑えた大人ガーリーはここ数年、幅広い年齢層に支持されています。

大人ガーリーなファッションは、フェミニン4:ガーリー6くらいの配分を意識しましょう。

 

フェミニンな着こなしと混同しやすいですが、大人ガーリーはあくまで"少女のようなかわいらしさ"を重視。

一方、フェミニンはマーメイドスカートやボウタイブラウス、ニットワンピースに代表される女性らしいアイテムを取り入れることが多いです。

 

あくまで"女性らしさ"を重視するファッションという点が大きな違いです。

 

▼マーメイドスカート/ニットワンピースの関連記事

・  【2021年トレンド】マーメイドスカートを取り入れるポイントやおすすめコーデを紹介

・  オールシーズン着回せるニットワンピース!おすすめブランドやコーデも紹介♪

 

3. ナチュラルガーリー

 

 

2000年代中頃〜後半に一斉を風靡した、"森ガール"に近いファッションです。

 

大人ガーリーと同じく甘さは控えめ。

基本的に白や淡い色で構成します。

 

また、ニットやコーデュロイ、ファーなど、温もりを感じるアイテムを取り入れることも。

やさしく親しみやすい雰囲気も特徴です。

 

※コーデュロイの関連記事:  【秋冬トレンド】コーデュロイの着こなし方!人気カラーやおすすめブランドを紹介♪

 

4. レトロガーリー

 

 

レトロガーリーの代表的なワードローブは、チェックのスカートやベレー帽、アーガイル柄のニットなど。

映画「アメリ」の世界感やをファッションに落とし込んだような、どこか懐かしさを感じるアイテムを取り入れるのが特徴です。

パリジェンヌやアメリカンなど、ヴィンテージテイストを意識すると雰囲気が出ます。

 

また、ブラックや赤、イエローなどはっきりした配色で構成したり、メリハリの効く色を多く取り入れたりするのも特徴です。

 

※レトロコーデの関連記事:  レトロコーデで個性を主張!着こなしのコツ&おすすめブランド5選

 

5. カジュアルガーリー

 

 

デニムやロゴスウェット、ワイドパンツなどカジュアルなアイテムを取り入れたガーリーファッションです。

甘さが控えめなので30・40代でも楽しみやすいでしょう。

 

手持ちのアイテムでトライできる場合が多いので、ハードルが低いのも◎

 

▼デニム/スウェット/ワイドパンツの関連記事

・  デニムコーデの脱マンネリ!大人カジュアルな着こなしポイントや季節別コーデをチェック

・  スウェットをおしゃれに着こなすコツは?トレーナー・パーカーとの違いも解説

・  華奢見えが叶うワイドパンツの最旬&お手本コーデ集!選び方のコツやおすすめブランドも紹介

 

 

10代におすすめのガーリーファッション&おすすめブランド 

 

ここからは年代別のお手本コーデと、おすすめブランドをお届けします。

 

まずは10代から。

 

甘すぎるくらいが丁度いい

 

 

レーススカートをニットでカジュアルダウンし、ピンク×ホワイトのバイカラーに落とし込んだガーリーファッション。

少女のようなあどけなさが残る10代は、引き算を考えなくてもOKです!

若さを存分に活かして、淡い配色・甘いアイテムで構成しましょう。

 

足元はスニーカーで外すと、今っぽい抜け感が生まれます。

 

▼バイカラー/抜け感の関連記事

・  バイカラーとツートンの違いは?バイカラーをコーデに上手く取り入れる方法を紹介♪

・  「抜け感」って何?抜け感のあるファッションコーデの作り方も紹介

 

大胆な肌見せも怖くない!

 

 

脚や肩、デコルテを大胆に見せても、いやらしくならないのもガーリーファッションの特権。

特にミニ丈は年齢を重ねると抵抗感が出やすいので、10代のうちに楽しんでおきましょう!

 

露出を控えたい場合はシャツやブラウスを1枚羽織ったり、長めのソックスを取り入れたりして地肌が見える面積をセーブ。

秋冬はロングブーツを取り入れるのもおすすめです。

 

※ロングブーツの関連記事:  2021年も流行り再燃!「ロングブーツ」のおすすめ&素敵コーデを紹介

 

ワンピース1枚で即ガーリー

 

 

ワンピースならあれこれ考えずとも、簡単にガーリーファッションを楽しめます!

コーディネートが苦手な人は、ワンピースから試してみましょう。

 

ピンクや白からブルーに変更するだけで、ちょっぴり大人に。

季節のトレンドシューズを取り入れれば、こなれ感もアップします。

 

おすすめブランド1. one after another NICE CLAUP(ワンアフターアナザー ナイスクラップ)

 

 

お金のない10代でも、低価格でガーリーファッションを楽しめるブランドをピックアップしました!

 

1つ目が「  ワンアフターアナザー ナイスクラップ  」です。

ブランドコンセプトは「甘くてラブリーな"Girl"の世界から、優美でどこかミステリアスな"Lady"の世界へ」。

ずっと可愛くいたい、でも可愛いだけじゃ物足りない女性に向けて、心トキメク物語のようなファッションを提案しています。

 

セール品は1,000円台でゲットできることもああります。

 

おすすめブランド2. Honeys(ハニーズ)

 

 

2つ目のブランドは、  ハニーズ  。

ニーズは福島県のいわき市発の、プチプラファッションブランドです。

「高感度・高品質・リーズナブルプライス」をコンセプトに、バリエーション豊かなワードローブを提案しています。

 

何よりもお小遣いやバイト代でも手の届く、お手頃価格が魅力。

花柄ワンピース・チュールスカート・ブラウスなど、ガーリーなアイテムも豊富です。

 

 

20代におすすめのガーリーファッション&おすすめブランド

 

次は20代におすすめのガーリーファッションです!

王道もいいけど、周りと差がつく個性派もピックアップしました。

 

おすすめブランドも合わせてチェックしてみてください。

 

さりげない個性も主張

 

 

セーラー襟のブラウス×ミニ丈のプリーツスカートで構成。

まるで制服のような上下で、さりげない個性を主張できるガーリーファッションです。

 

地肌の面積をロングブーツでセーブすると、大人っぽい印象に。

いやらしくもならず、ヘルシー&キュートな着こなしに着地します。

 

▼ミニスカ/プリーツスカートの関連記事

・  可愛らしいだけじゃない!あなたのなりたいを叶えるミニスカコーデまとめ

・  「プリーツスカート」が使える!なりたい印象別におすすめのコーディネートを紹介

 

アーガイルニットでレトロ&ガーリー

 

 

チェックのスカートにボウタイブラウス、アーガイル柄ニットの3段活用でレトロガーリーな着こなしを実現。

インパクト大の大きめリボンも甘くなりすぎず、さりげないアクセントに好転します。

 

スカートはマーメイドシルエットを採用し、レディな印象をプラスしているのも◎

 

チェックのプリーツスカートでロンドンガールを気取ったり、チュールスカートであどけなさを表現したりするのも良いでしょう。

 

※チュールスカートの関連記事:  かわいいだけじゃない!チュールスカートの着こなし術&おすすめコーデ10選

 

シースルー×フリルも外せない!

 

 

簡単に王道ガーリーファッションを楽しめる、シースルーのフリルワンピース。

パフスリーブが気になる二の腕もナチュラルにカバーしてくれます。

 

シックなブラウンなら、レトロ&王道ガーリーのいいとこ取りが可能。

ドットのパンプスで遊び心をプラスするのも良いですね。

 

▼シースルー/パフスリーブの関連記事

・  「シースルートップス」の着こなしポイント&おしゃれコーデ集

  大注目の「パフスリーブ」で華奢見え!おすすめコーデや人気ブランドも紹介♪

 

おすすめブランド1. ParAvion(パラビオン)

 

 

可愛いだけじゃ物足りなくなってきた20代に、ぴったりの2ブランドをピックアップ!

 

まずご紹介するのは「  パラビオン  」というブランドです。

どこか懐かしさのあるかわいさと、旬のアイテムをバランスよくミックスした、自分らしい着こなしを提案。

女の子がいつまでも"可愛い"と思えるアイテムを展開しています。

 

レトロガーリー&ナチュラルガーリーなファッションを楽しみたい人は、ぜひチェックしてみてください。

 

おすすめブランド2. OLIVE des OLIVE(オリーブ デ オリーブ)

 

 

OLIVE des OLIVE   は、「好奇心女子のためのカワイイカジュアルスタイル」がコンセプト。

可愛い&リアルクローズを軸に、大人ガーリーなアイテムを提案しています。

 

3,000〜5,000円台で購入できるアイテムも豊富です。

 

※20代 ファッションの関連記事:  20代のファッションをおしゃれに着こなすコツやNGコーデを解説!人気のファッションブランドも合わせて紹介

 

 

30代におすすめのガーリーファッション&おすすめのブランド 

 

30代におすすめのガーリーファッションと、おすすめブランドをご紹介します。

 

30代は甘すぎる印象のコーディネートをしてしまうとチグハグに見えてしまいやすいので、レトロ&大人ガーリーに寄せるのがおすすめです。

 

色を大人にアップデート

 

 

年齢関係なくガーリーファッションで頼れる小花柄のワンピースを、シックな色にアップデート。

ヴィンテージライクなデザインの後押しもあって、甘さをほんのり効かせた大人っぽい着こなしに着地しています。

 

動くたびに揺れるシフォン素材を採用すれば、少女のような可愛らしさも表現可能です。

 

※花柄の関連記事:  花柄のおしゃれな着こなし方&春夏秋冬別のおすすめコーディネート10選♪

 

チェックが子供っぽくならない

 

 

ともすれば幼くなりやすいチェック×フリルワンピースも、こっくりブラウンのフレアスカートなら大人ガーリーな着こなしに。

似たような色で構成すると、テイストの異なる上下もうまくなじみます。

 

足元は黒のブーツでシャープに引き締めつつ、シーズンムードを高めるのが◎

大人ガーリーなら30代でも十分楽しめるでしょう。

 

※フレアスカートの関連記事:  フレアスカートのシーズン別おすすめコーデ10選!おしゃれに着こなすコツも紹介

 

大人だからこそ似合う色を取り入れて

 

 

10・20代では一歩間違えると老けて見えやすいパープルも、30代ならミステリアスな色気に好転。

小花柄やチュールもアリですが、パープルはドットのスカートと好相性です。

甘い色・柄なのに子供っぽくならず、ちょっぴりレトロな佇まいに着地してくれます。

 

足元はサボやサンダルで外すのも良いでしょう。

 

※サンダルの関連記事:  サンダルコーデ15選!2021年トレンドのサンダル&選び方も紹介

 

おすすめブランド1. dazzlin(ダズリン)

 

 

ブランドコンセプト「Healthy sweet casual」を掲げる dazzlin  。

チャーミングな抜け感にヘルシーな要素を掛け合わせ、独自のsweetとcasualさ両立した、大人可愛いリアルクローズを提案しています。

 

プライベートはもちろん、オフィスカジュアルとして着用できるお洋服も豊富です。

 

おすすめブランド2. merlot(メルロー)

 

 

メルロー  は、大人の可愛らしさを自分なりに楽しむ女性へ向けて、メルヘン×アウトドアテイストがベースのカジュアルウェアを展開。

特にレトロガーリー・ナチュラルガーリー・カジュアルガーリーを楽しみたい人におすすめのブランドです。

 

お手頃価格で購入できるのも嬉しいポイント。

 

※30代 ファッションの関連記事:  30代に突入しそうだけどファッション迷子…おすすめブランド&コーデを季節ごとにチェックしてみよう!

 

 

40代におすすめのガーリーファッション&おすすめのブランド

 

最後に、40代におすすめのガーリーファッションブランドをお届け。

40代でもトライしやすいお手本コーデもピックアップしたので、ぜひ参考にしてみてください♪

 

エレガントな色なら臆せず取り入れられる

 

 

大ぶりのフリルブラウスはガーリーファッションを代用する王道の1着である一方、40代の大人には浮きやすいのも事実。

しかし、グリーンやネイビーなど、落ち着きのあるエレガントな色を採用すれば、40代でも十分似合います。

 

スカートではなくパンツを合わせるだけで、抜け感もゲット。

ガーリーファッションの原則であるパステルカラーにブラウンの差し色が、大人の女性に似合うガーリーファッションの完成度を高めます。

 

▼フリルブラウス/ネイビーの関連記事

・  フリルブラウス&フリルシャツのお手本コーデ10選!選び方やおしゃれに着こなすコツも紹介

・  ネイビーに似合う色って結局どれ?季節別おすすめネイビーコーデをたっぷり紹介!

 

ヴィンテージテイストなガーリーファッション

 

 

ボウタイブラウス×レーススカートで構成した、ヴィンテージテイストのガーリーファッション。

ボルドーのような深みのある色とメリハリの効く黒のおかげで、ボウタイブラウス×レースの組み合わせも甘すぎる印象になりません。

 

ロングコートできっちり感をプラスすることで、甘さをうまくコントロールしているのもポイント。

足元はショートブーツでシャープに仕上げるのも、バレエシューズでよりレトロなテイストに寄せるのもおすすめです。

 

▼ショートブーツ/バレエシューズの関連記事

・  あらゆるコーデにマッチするショートブーツの魅力を徹底解説!おすすめの人気ブランドも紹介

・  「バレエシューズ」はコーデの万能選手!おすすめシューズ&コーデをチェック♪

 

メンズライクな1着でカジュアルダウン

 

 

小花柄のフリルブラウスを、オーバーオールでカジュアルダウン。

オレンジを差し色にして大人のセンスを主張した、カジュアル&ガーリーな着こなしです。

 

甘さの強い1着もメンズライクなアイテムと相殺することで、40代の大人にもなじみます。

足元はパンプスで外すのも、スニーカーでもっと肩の力を抜いてもOKです。

 

※オーバーオールの関連記事:  1年中使える便利な「オーバーオール」♪シーズンごとのおすすめコーデをピックアップ

 

おすすめブランド1. Samansa Mos2(サマンサモスモス)

 

 

Samansa Mos2  のブランドコンセプトは「着ることだけでなく、ライフスタイルを楽しむこと」。

遊び心を大切に、楽しさ・やさしさ・心地よさの提案もしています。

 

ナチュラル感やぬくもりの感じられるような着心地の良いアイテムが豊富で40代になじみやすく、ナチュラルガーリーなファッションを楽しめる1着がきっと見つかるはず。

 

おすすめブランド2. LILY BROWN(リリーブラウン)

 

 

LILY BROWN  のブランドコンセプトは「ヴィンテージフューチャードレス」。

ヴィンテージ調のデザインに、トレンド程よくミックスしたモダンファッションを提案しています。

特にレトロガーリーな着こなしを楽しみたい人におすすめのブランドです。

 

定番はもちろん、ユニークなディテールやエッジの効いたアイテムなど、周りと差がつく個性派も揃っています。

 

※40代 ファッションの関連記事:  40代のファッション、どんな格好をすれば良い?着こなしポイントやコーデ、おすすめのブランドをチェック

 

 

大人の女性もガーリーファッションを楽しんで!

 

 

年齢を重ねるとガーリーファッションを敬遠する人も多いですよね。

 

しかし、ガーリーファッションには種類によっては、大人でも十分楽しめます。

また、アイテムの選び方や配色など、ちょっとした意識と工夫で日常にもなじみますよ。

 

コーディネートに迷ったら、ぜひ本記事を見返してみてください。

 

 

▼合わせて読みたい

 

・  最旬トラッドスタイルのお手本コーデ10選!バーバリーをはじめ人気ブランドも紹介

・  【2021年最新コーデ】すぐにマネできる男ウケ抜群ファッション!モテコーデを徹底考察

・  パステルカラーに溺れたい!少女心をくすぐる「ゆめかわいい」ファッションまとめ


フォローして最新記事をチェック!



検索

カテゴリ一覧

ファッション(363)
   着回し/コーデ(82)
   髪型/ヘアスタイル/ヘアアレンジ(66)
   眼鏡/コンタクト/カラコン(8)
メイク・コスメ(412)
   ベースメイク(35)
   アイメイク(55)
   リップ/グロス(28)
   ネイル(13)
   コスメブランド/メーカー(196)
美容(147)
   スキンケア(81)
   髪/シャンプー/リンス/コンディショナー(41)
   石鹸/ソープ/洗顔料(11)
   ダイエット(8)
健康(70)
   健康食品/サプリメント/プロテイン(13)
   スポーツ/運動/トレーニング(8)
   冷え/温活(4)
ライフスタイル(232)
   生活雑貨/生活用品(23)
   お祝い/ギフト/プレゼント(19)
   趣味(9)
   お出かけ/観光/旅行/デート(34)
   妊娠/出産/子育て(3)
   家庭菜園/ガーデニング(4)
インテリア(69)
   内装/レイアウト(5)
グルメ(89)
   カフェ/喫茶店/ドリンク(31)
   ケーキ/お菓子/スイーツ/パティスリー/パン(27)
   レシピ(27)
アート/カルチャー(40)
   写真/カメラ(8)
   ハンドメイド/クラフト(19)

スキンケア

エイジングケア(43)
保湿(188)
美白(45)
乳液(36)
クリーム(107)
オイル(24)
化粧水(113)
美容液(89)
基礎化粧品(130)
ニキビ(20)
毛穴ケア(35)
角質ケア(45)
肌荒れ(25)
くすみ(47)
クマ(10)
たるみ(21)
ハリ不足(39)
スペシャルケア(120)
セルフケア(56)
UV対策(40)
日焼け対策(31)
日焼け止め(13)
しわ(13)
洗顔/クレンジング(74)

肌質

乾燥肌(114)
敏感肌(91)
脂性肌(34)
混合肌(26)

コスメ/メイク

ツヤ肌(126)
マット肌(51)
ミネラルコスメ(54)
デカ目(64)
小顔(3)
韓国(79)
化粧(193)
ポイントメイク(214)
メイクテク(98)
ナチュラルメイク(158)
美肌(139)
メイク道具(30)
化粧下地/ファンデーション/コンシーラー(126)
テカリ防止(20)
アイメイク(146)
リップ/グロス(134)
チーク(80)
カラーメイク(40)

ファッション

春コーデ(102)
夏コーデ(98)
秋コーデ(114)
冬コーデ(115)
スタイル(228)
テイスト(210)
シーン別(50)
大人コーデ(150)
カジュアル(141)
綺麗め(155)
フェミニン(114)

年代別

10代(5)
20代(14)
30代(15)
40代(9)
50代(5)

恋愛

片思い(25)
男性心理(42)
カップル(36)
恋愛観(45)
恋愛テクニック(47)
モテ仕草(4)

ヘアスタイル

ショートヘア(44)
ロングヘア(49)
セミロング(48)
ボブ(50)
スタイリング(79)
ヘアケア(75)
ヘアカラー(30)
ヘアアクセ(23)

ライフスタイル

ホームパーティー(24)
グルメ/レシピ(123)
ヘルシー(46)
運動(20)
筋トレ(8)
リラックスタイム(46)

人気記事ランキング