logo

Top > ファッション > 着回し/コーデ

レトロコーデで個性を主張!着こなしのコツ&おすすめブランド5選






ニュアンスや雰囲気はなんとなく分かるものの、説明するのは意外と難しい「レトロコーデ」。

レトロの直訳は” 懐古的”ですが、だからといって一昔前のファッションをすればいいという訳ではありません。
絶妙な配色や小物の取り入れ方など、おしゃれなレトロファッションを実現するには、いくつかのポイントを押さえるのが鉄則です。

本記事では、今っぽい、かつこなれ感のあるレトロコーデを実現するコツやポイントを詳しく解説。
合わせて、おすすめのブランドやお手本コーディネートもご紹介します。

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、臨時休業あるいは営業時間の変更等の措置を取っている店舗・施設がございます。


お出かけ前に、店舗・施設の公式HPやSNS等で最新情報のご確認をお願い致します。


【目次】レトロコーデで個性を主張!着こなしのコツ&おすすめブランド5選

 

レトロコーデってどんなファッション?

レトロコーデで押さえておくべきポイント

1. 渋さ&暗めの配色を意識

2. ビビットな色&柄物を取り入れる

3. 小物にも気を使う

4. 鉄板アイテムに頼る

レトロコーデをするときにチェックしておきたいファッションブランド

1. LILY BROWN(リリー ブラウン)

2. Dot and Stripes CHILD WOMAN(ドットアンドストライプス チャイルドウーマン)

3. ParAvion(パラビオン)

4. F i.n.t(フィント)

5. RETRO GIRL(レトロガール)

おすすめのレトロコーデ

1. ゆるTで今っぽく

2. モダンなシューズで外す

3. チェックを大人っぽく着こなす

4. メンズライク×ガーリーの好バランス

5. 赤を差し色にしてレディに昇華

6. ピンク×フリルも甘く転ばない

7. 身近なデニムで気楽に

8. メリハリが効く配色

9. ドットをかわいいで終わらせない

10. ロゴTでギンガムチェックの甘さを引き算

レトロコーデでさりげない個性を主張しよう

 

レトロコーデってどんなファッション?

 

 

レトロコーデとは、どこか懐かしさを感じるアイテムを取り入れ、現代風に上手くアレンジを加えたファッションのことです。

くすんだニュアンスのある色や逆にビビットな色、ハンドメイド風の温もりを感じるアイテムを中心に構成します。

 

最近は、ヴィンテージやアンティーク調のアイテムにトレンドをミックスしたコーディネートも人気。

周りと差をつけて自分らしい個性を発揮したい人や、フランス映画「アメリ」のような世界観が好きな人にぴったりです。

 

※くすみカラーの関連記事:  「くすみカラー」ってどんな色?くすみカラーを使ったコーデやコツを紹介♪

 

 

レトロコーデで押さえておくべきポイント

 

おしゃれなレトとコーデを実現するには、一見派手で非日常的な着こなしを上手く中和させるテクニックも必要です。

ここでは、初心者さんでも楽しめるレトロコーデのいろはと、押さえるべきポイントをご紹介します。

 

1. 渋さ&暗めの配色を意識

 

 

レトロコーデに初めてトライする人は、こっくりしたブラウンやくすんだグレー、黒など渋さと暗めの配色を意識しましょう。

日常に馴染むカラーで構成すれば、ハードルも下がって気楽に楽しめます。

 

ここでポイントなのは、シンプルかつカジュアルになりすぎないこと。

チェックや花柄などを取り入れたり、赤やイエローなど鮮やかな色を差し色にしてプレイフルな遊び心をプラスしたりすると、一気にレトロな着こなしへとシフトします。

 

▼チェック/花柄の関連記事

・  四季に合わせたおすすめのチェック柄コーデを紹介!

・  花柄のおしゃれな着こなし方&春夏秋冬別のおすすめコーディネート10選♪

 

2. ビビットな色&柄物を取り入れる

 

 

ビビットな色やポップな柄を取り入れると、本格的なレトロコーデを楽しめます。

というのも、1970年代や80年代は明るくビビッドな色を使用した配色が、ポスターやパッケージなどによく使用されていたから。

 

茶色やエンジ色、明るさを抑えたオフホワイトなどの懐かしさを表現できる色味をベースに、ビビッドカラーを組み合わせることで、よりその時代っぽさを出すことができます。

その場合、ブルー系はネイビーや藍色よりも、黄色がかったブルー(くすみターコイズブルーのような青)を取り入れると馴染みやすいですよ。

 

なお、ポップな柄物を取り入れる場合は、似たような色でまとめて品よく着こなすのもおすすめです。

 

初心者さんでも上下ともにきれいめのアイテムで構成すれば、日常にも馴染みやすく派手から個性へと好転します。

足元は定番のローファーまたはバレエシューズも良いですが、モダンなシューズで現代的な要素を取り入れるのもおしゃれですね。

 

▼ローファー/バレエシューズの関連記事

・  メンズ系・レディース系コーデにハマる!「ローファー」のおすすめアイテム&コーデ

・  「バレエシューズ」はコーデの万能選手!おすすめシューズ&コーデをチェック♪

 

3. 小物にも気を使う

 

 

トップスやボトム、アウターでせっかく構成した世界観も、小物で手を抜くと台無し。

丸メガネやスカーフ、ベレー帽などレトロコーデの定番アイテムを上手に取り入れましょう。

 

特に意識したいのがバッグです。

 

キャンバス地のカジュアルなトートバッグや、レザーの光沢感が強すぎるアイテムは避けるのが◎

写真のようなアンティーク調のバッグが、レトロコーデの完成度を高めます。

 

▼小物の関連記事

・  今っぽい「丸メガネ」の選び方を顔型別に紹介!大人可愛いおすすめアイテムも

・  伊達メガネをかけて周りと差がつくオシャレを楽もう♪人気ブランドとおすすめコーデを紹介

・  「バッグ×スカーフ」でおしゃれに!バッグに付けるスカーフの選び方や巻き方、おすすめブランドを徹底解説♪

 

4. 鉄板アイテムに頼る

 

 

あれこれ考えるのは面倒!という方は、レトロコーデの鉄板アイテムに頼りましょう。

ドットやチェック、ボタニカルな花柄かつダークトーンの1枚を主役にすると、一気にレトロな着こなしになります。

 

落ち着いた配色は日常に馴染みやすく、ビビットなカラーを差し色にすれば遊び心をプラスできます。

Tシャツやカットソー、トレーナーなど身近なアイテムを投入して、より気楽にレトロコーデを楽しむのもおすすめです。

 

※差し色の関連記事:  差し色とはどんな意味?差し色におすすめのアイテムの選び方や組み合わせを紹介

 

 

レトロコーデをするときにチェックしておきたいファッションブランド

 

あれこれ考えるよりも、レトロなアイテムを豊富に取り揃えているブランドをチェックするのが、レトロコーデ攻略の近道。

ここでは、レトロコーデをする時に取り入れたいおすすめブランドをご紹介します。

 

1. LILY BROWN(リリー ブラウン)

 

 

ブランドコンセプトは「ポジティブで元気になれる洋服、私らしいスタイルで街とクローゼットを楽しむために」。

ヴィンテージライクなアイテムを、現代風にアレンジしたウェアやアクセサリー、シューズをトータルコーディネートで提案しています。

 

さりげない個性と遊び心をプラスでき、エッジを効かせたディテールの1着も豊富。

ヨーロピアンテイストのレトロコーデを楽しみたい人におすすめのブランドです。

 

2. Dot and Stripes CHILD WOMAN(ドットアンドストライプス チャイルドウーマン)

 

 

大手アパレルメーカー「アンビデックス」が展開するオリジナルブランド。

少女の大人への憧れと、大人の女性が持つ遊び心を上手く融合した、ポップで心ときめくアイテムを提案しています。

 

ポップだけど品のあるレトロな着こなしを楽しみたい人は、ぜひチェックしてみてください。

 

3. ParAvion(パラビオン)

 

 

どこか懐かしさのあるかわいさと、旬のアイテムをバランスよくミックスした、自分らしい着こなしを提案している「パラビオン」。

年齢を問わず、女の子がいつまでも"かわいい"と思えるアイテムを展開しています。

 

フリルブラウス や花柄ワンピースなど、程よい甘さプラスできる1枚も。

レトロガーリーな着こなしを楽しみたい人は要チェックです。

 

4. F i.n.t(フィント)

 

 

フィントは、株式会社フリーインターナショナルが展開するブランドのひとつ。

50〜70年代のクラシカルなヴィンテージデザインをベースに、トレンドを織り交ぜたレトロ&ガーリースタイルを提案しています。

 

古着屋で一点ものを見つけたときの”トキメキ”を感じられるブランドです。

 

5. RETRO GIRL(レトロガール)

 

 

日常に馴染みやすいノスタルジックなアイテムを、手の届きやすい価格で提供。

洋服はもちろんバッグやシューズ、アクセサリーなどの小物も多彩なラインナップで展開しています。

 

1枚で様になるワンピースやオールインワンも豊富。

気軽にレトロコーデを楽しみたい人は、ぜひチェックしてみてください。

 

 

おすすめのレトロコーデ

 

最後におすすめのレトロコーデをお届け。

カジュアルやガーリー、個性派まで幅広く取り上げているので、ぜひ参考にしてください。

 

1. ゆるTで今っぽく

 

 

オーバーサイズのTシャツ×マーメイドスカートで、今っぽくアレンジしたレトロコーデ。

正統派のブラウスでガーリーに仕上げるのもアリですが、流行りのオーバーサイズなら日常にも馴染みます。

 

親和性の高い配色を意識して、テイストの異なる上下を馴染ませると良いでしょう。

 

▼オーバーサイズ/マーメイドスカートの関連記事

・  レディースのオーバーサイズコーデの着こなしポイント&素敵コーデをチェック♪

・  【2021年トレンド】マーメイドスカートを取り入れるポイントやおすすめコーデを紹介

 

2. モダンなシューズで外す

 

 

テラコッタのワンピースに、古着屋で見つけたような特別感のあるバッグをセット。

メリハリの効くXラインと共布ベルトが間のびを防いで、ワンピース1枚の単調さも払拭します。

 

バレエシューズやローファーで統一感をもたせるのも良いですが、スクエアトゥのフラットシューズで現代風にアレンジして外すのもおすすめです。

 

▼テラコッタ/フラットシューズ/スクエアトゥの関連記事

・  「テラコッタ」のおすすめコーデ!組み合わせやすいカラーを使って着こなそう♪

・  フラットシューズの選び方&着こなし15選!歩きやすさもおしゃれも譲れない方に

・  スクエアトゥでこなれ感のある足元に!種類別おすすめコーデ&ダサ見えしないコツも

 

3. チェックを大人っぽく着こなす

 

 

ブラック×ブラウンのシックな配色なら、チェックも甘く転びません。

 

さらに、ミステリアスな色気を漂わせられるパープルのブラウスが、大人っぽさをアシスト。

真逆のイメージを持つ色でも、明度が近ければ意外と馴染みます。

 

4. メンズライク×ガーリーの好バランス

 

 

メンズライクなトレーナーに、フリルたっぷりのスカートを合わて甘さと辛さのバランスを調節。

鮮やかなオレンジのチェーンバッグがレトロな着こなしの後押しとなると同時に、遊び心もプラスします。

 

長めのネックレスが縦ラインを強調し、スタイルアップ効果も見込めます。

足元はモダンなシューズを投入して、ドレスライクな着こなしに仕上げるのもおすすめです。

 

▼メンズライク/トレーナーの関連記事

・  「メンズライク」なコーデってどんなコーデ?おしゃれな着こなしポイントを紹介

・  意外と使い回しがきく「トレーナー」のおすすめ&素敵コーデをチェック!

 

5. 赤を差し色にしてレディに昇華

 

 

小花柄のティアードワンピースを、1枚でさらっと着こなしたレトロコーデ。

甘くなりやすいティアードと小花柄も、シックな黒もしくはモノトーン配色に落とし込めば大人に着地します。

 

さらに、差し色として投入した赤のクラッチバッグが、レディな着こなしへと昇華。

ガーリーな1枚も小物の次第で、一気に雰囲気が変わります。

 

※モノトーン/ティアードスカートの関連記事

・  春夏秋冬別モノトーンコーデ20選!地味に見えない着こなしのコツも紹介♪

・  ティアードスカートはバランスが命!おしゃれに着こなすコツ&お手本コーデ10選

 

6. ピンク×フリルも甘く転ばない

 

 

大振りの襟が特徴のブラウスにビビットなピンクのカーディガン、メンズライクなパンツで構成したレトロコーデ。

普通ならかわいいに寄りすぎてしまうピンク×フリルも、個性的なデザインと鮮やかな発色のレイヤードなら甘く転びません。

 

ボトムに選んだジョガーパンツも、甘さを加減する手助けに。

足元はパンプスとスニーカーのいいとこ取りができるミュールで外すのも、正統派のローファーもおすすめです。

 

7. 身近なデニムで気楽に

 

 

意外と肩の力が入りやすいレトロコーデも、身近なジーンズやカーディガンを取り入れると緊張感がほぐれます。

 

フリルシャツの甘さも軽減できるため、バランスの良い着こなしに。

さらに、モノトーン配色がクラシックかつ、大人っぽいレトロな着こなしを叶えます。

 

足元はカジュアルに寄りすぎないよう、レディーなヒールがおすすめです。

 

※フリルシャツの関連記事:  フリルブラウス&フリルシャツのお手本コーデ10選!選び方やおしゃれに着こなすコツも紹介

 

8. メリハリが効く配色

 

 

白のカットソーにカーディガンを羽織り、チェックのスカートを合わせたレトロコーデ。

上はモノトーン下は暖色×寒色のメリハリの効く組み合わせが、大人っぽい着こなしを実現します。

 

上下でレトロな組み合わせが完成しているので、実用的なシューズや小物を合わせても世界観が崩れません。

 

※カットソーの関連記事:  カットソーで楽におしゃれを楽しもう!着こなしのコツ&失敗しない選び方も解説

 

9. ドットをかわいいで終わらせない

 

 

黒白のドットは、簡単にレトロな着こなしを実現できるお役立ちアイテムです。

トップスは、フリルブラウスや端正なシャツなど定番アイテムを採用するのはもちろんOK。

 

しかし、ネオンカラーを採用することでモード感をプラスでき、かわいいドットがクールに好転します。

ロックなレースアップブーツという意外な選択が、新鮮かつ周りと差がつく着こなしをアシストします。

 

10. ロゴTでギンガムチェックの甘さを引き算

 

 

レトロファッションの定番であるギンガムチェックは、一歩間違えると子供っぽくなってしまう恐れもあります。

そのため甘さの強いアイテムは避け、ラフなトップスで外すのがおすすめです。

古着っぽいくたびれ感や独特の褪せ感が、レトロな着こなしへと一気に導いてくれます。

 

足元は濁りのない白のスニーカーで上下の重厚感を払拭するのも、赤のバレエシューズをアクセサリー代わりに投入するのもおすすめです。

 

 

レトロコーデでさりげない個性を主張しよう

 

 

個性的なアイテムや配色で独特の雰囲気を醸し出し、ちょっぴり非日常的な気分を味わえるレトロなファッション。

さりげない個性を主張でき遊び心も加えられるので、コーディネートのマンネリも防げます。

 

ハードルが高いと思われがちですが、ポイントやコツさえ押さえれば簡単です。

最近は、プチプラでもレトロなアイテムが手に入ります。

 

気になった人はぜひワードローブに加えて、自分らしいレトロな着こなしを楽しんでみてください。

 

 

▼ファッションの関連記事

 

・  「抜け感」って何?抜け感のあるファッションコーデの作り方も紹介

・  パステルカラーに溺れたい!少女心をくすぐる「ゆめかわいい」ファッションまとめ

・  今さら聞けない「モード系」ファッションって?モード系の意味や着こなし方を紹介


フォローして最新記事をチェック!



検索

カテゴリ一覧

ファッション(349)
   着回し/コーデ(81)
   髪型/ヘアスタイル/ヘアアレンジ(60)
   眼鏡/コンタクト/カラコン(8)
メイク・コスメ(397)
   ベースメイク(34)
   アイメイク(53)
   リップ/グロス(26)
   ネイル(13)
   コスメブランド/メーカー(191)
美容(144)
   スキンケア(79)
   髪/シャンプー/リンス/コンディショナー(40)
   石鹸/ソープ/洗顔料(11)
   ダイエット(8)
健康(70)
   健康食品/サプリメント/プロテイン(13)
   スポーツ/運動/トレーニング(8)
   冷え/温活(4)
ライフスタイル(226)
   生活雑貨/生活用品(23)
   お祝い/ギフト/プレゼント(21)
   趣味(9)
   お出かけ/観光/旅行/デート(34)
   妊娠/出産/子育て(3)
   家庭菜園/ガーデニング(4)
インテリア(67)
   内装/レイアウト(5)
グルメ(88)
   カフェ/喫茶店/ドリンク(30)
   ケーキ/お菓子/スイーツ/パティスリー/パン(27)
   レシピ(28)
アート/カルチャー(37)
   写真/カメラ(8)
   ハンドメイド/クラフト(16)

スキンケア

エイジングケア(43)
保湿(183)
美白(44)
乳液(36)
クリーム(106)
オイル(24)
化粧水(109)
美容液(87)
基礎化粧品(125)
ニキビ(20)
毛穴ケア(35)
角質ケア(44)
肌荒れ(25)
くすみ(47)
クマ(10)
たるみ(21)
ハリ不足(38)
スペシャルケア(118)
セルフケア(55)
UV対策(40)
日焼け対策(31)
日焼け止め(13)
しわ(13)
洗顔/クレンジング(72)

肌質

乾燥肌(112)
敏感肌(89)
脂性肌(33)
混合肌(26)

コスメ/メイク

ツヤ肌(124)
マット肌(51)
ミネラルコスメ(53)
デカ目(63)
小顔(3)
韓国(75)
化粧(188)
ポイントメイク(205)
メイクテク(94)
ナチュラルメイク(152)
美肌(137)
メイク道具(30)
化粧下地/ファンデーション/コンシーラー(122)
テカリ防止(19)
アイメイク(140)
リップ/グロス(128)
チーク(76)
カラーメイク(36)

ファッション

春コーデ(99)
夏コーデ(95)
秋コーデ(111)
冬コーデ(111)
スタイル(222)
テイスト(204)
シーン別(50)
大人コーデ(145)
カジュアル(137)
綺麗め(151)
フェミニン(109)

年代別

10代(4)
20代(13)
30代(14)
40代(8)
50代(5)

恋愛

片思い(25)
男性心理(42)
カップル(36)
恋愛観(45)
恋愛テクニック(47)
モテ仕草(4)

ヘアスタイル

ショートヘア(42)
ロングヘア(47)
セミロング(44)
ボブ(48)
スタイリング(73)
ヘアケア(70)
ヘアカラー(26)
ヘアアクセ(23)

ライフスタイル

ホームパーティー(23)
グルメ/レシピ(121)
ヘルシー(46)
運動(20)
筋トレ(8)
リラックスタイム(43)

人気記事ランキング