logo

Top > ファッション > シューズ/スニーカー/ブーツ/サンダル

レースアップシューズを取り入れたおしゃれコーデ10選!おすすめブランドやシューズの選び方も紹介






コーディネートが苦手な人でも簡単にこなれ感がアップし、おしゃれな足元を演出できるレースアップシューズ。
マニッシュなコーディネートにはもちろん、キュートなスタイリングに辛さを加えたいときや、エレガントなコーディネートの外し役としても重宝します。
シーズンを問わず履き回せるのも魅力です。

本記事では、レースアップシューズの選び方やおしゃれに取り入れるポイントをご紹介します。
シーズン別のおすすめコーディネートも取り上げたので、要チェックですよ!

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、臨時休業あるいは営業時間の変更等の措置を取っている店舗・施設がございます。


お出かけ前に、店舗・施設の公式HPやSNS等で最新情報のご確認をお願い致します。


【目次】レースアップシューズを取り入れたおしゃれコーデ10選!おすすめブランドやシューズの選び方も紹介

 

レースアップシューズとは

レースアップシューズの種類と選び方

1. 種類で選ぶ

2. 色で選ぶ

3. デザインで選ぶ

レースアップシューズをおしゃれに履きこなすコツ

1. お仕事モードは素肌を見せない

2. カラフルな靴下で遊び心をプラス

3. モノトーンは素肌を見せて軽やかに

レースアップシューズが可愛いおすすめのブランド・商品

1. JELLY BEANS(ジェリービーンズ)

レースコンビマニッシュシューズ

2. haco!(ハコ)

雨の日も頼れる便利なレースアップシューズ

3. Ray Cassin(レイカズン)

スクエアトゥーソフトレースアップシューズ

レースアップシューズを使ったおすすめのコーデ

1. マニッシュ&ガーリーの好バランス

2. 花柄ワンピースの甘さを軽減

3. ストライプのシャツワンピースで爽やかに

4. キュートなセットアップに辛さをプラス

5. クリーンな白ならメンズライクに寄りすぎない

6. アースカラーで秋らしく

7. マニッシュなレースアップシューズが抜け感に

8. キルティングコート×ゆったりパンツでナチュラル&リラックス

9. チェック柄スカートでロンドンガール風に

10. カラフルな着こなしの引き締め役として

レースアップシューズで足元からおしゃれを楽しもう♪

 

レースアップシューズとは

 

 

レースアップシューズとは、靴紐で編み上げたシューズの総称です。

マニッシュなコーディネートにはもちろん、カジュアルなお洋服に合わせたり、上品なコーディネートの外し役としても重宝します。

それだけでなく、トラッドな着こなしや甘辛ミックスコーディネートなど、幅広いスタイリングに対応できるのも魅力です。

 

一口にレースアップシューズといってもデザインや色、形によって足元の仕上がりや印象は異なります。

 

※マニッシュコーデの関連記事:  簡単で素敵な「マニッシュコーデ」を紹介♪定番アイテムを組み合わせるだけでスタイリッシュに

 

 

レースアップシューズの種類と選び方

 

取り入れるだけでおしゃれな足元を演出できるレースアップシューズですが、せっかくなら幅広いコーディネートに合わせたいですよね。

ここでは、お気に入りの1足に出会うための基本的な選び方をご紹介します。

 

1. 種類で選ぶ

 

レースアップシューズには、外羽根式と内羽根式があります。

手持ちのお洋服や、どんなスタイリングに仕上げたいかを考慮して選んでみてください。

 

外羽根式(ダービー)

 

 

靴紐を通す部分の甲が外に出て、むき出しになっているタイプ。

ニットやジーンズ、カットソーなどラフな服装にも合わせやすく、「カジュアル」「スポーティー」「軽やか」な印象を与えられます。

 

肩肘張らず気軽に取り入れたい人や、気取らないコーディネートを楽しみたい人におすすめです。

 

内羽根式(オックスフォード)

 

 

一方、内羽根式は、靴紐を通す甲の部分が内側に収納されたタイプ。

「上品」「スマート」「エレガント」といった印象を与えられ、フォーマルなシーンでも活躍します。

 

外羽根式よりも女性らしい足元を演出できるため、スカートやワンピースを合わせたフェミニンなスタイリングとも好相性です。

 

2. 色で選ぶ

 

 

スタイリングを選ばず、幅広い着こなしに対応できるレースアップシューズを求めているなら、ブラックかブラウンの定番色がおすすめです。

オフィスカジュアルにも合わせやすく、オンオフ問わず履き回せます。

 

最近流行りのホワイトやベージュは清潔感のある足元を演出できるほか、軽やかな印象も与えられるので春夏のコーディネートにもぴったり♪

ふわっとしたワンピースやチュールスカートなど、甘さのある着こなしとも好相性です。

 

また、中にはレッドやピンク、ブルーなどアクセントカラーになるレースアップシューズも、品数は少ないですが販売されています。

周りと差がつくワンランク上の足元に仕上げたい人や、靴を主役にしたコーディネートを楽しみたい人は、ぜひチェックしてみてください。

 

3. デザインで選ぶ

 

 

無駄を省いたシンプルなデザインは、トレンドに左右されず長く愛用できます。

初めてレースアップシューズを購入する人や、スタイリングを限定しない1足を求めている人におすすめです。

 

上の写真のようなレオパード柄のレースアップシューズは、足元に辛さを加えたり、かっこいい印象に仕上げたりしたいときに◎

かわいらしいコーディネートを引き締めたいときにも重宝します。

 

また、親しみやすいかっこよさを表現したい人はヒール、重厚感を加えつつさりげないスタイルアップを狙いたい人は厚底のレースアップシューズも検討してみてください。

 

派手なデザインは周りと差がつく一方、手持ちのワードローブを考慮しないと結局履きこなせなくなることもしばしば。

せっかく購入したのにシューズクローゼットに眠ってしまうのは勿体無いので、合わせたいアイテムやスタイリングをなんとなく想像しながら選びましょう。

 

※レオパード柄の関連記事:  【トレンド】レオパード柄の取り入れ術を紹介!甘すぎないオトナっぽコーデを楽しもう

 

 

レースアップシューズをおしゃれに履きこなすコツ

 

カジュアルからお仕事着まで比較的どんなスタイリングにも合わせやすいレースアップシューズですが、よりおしゃれに履きこなすコツをご紹介します。

ポイントを抑えるだけで、周りと差がつくおしゃれな足元を演出できますよ。

 

1. お仕事モードは素肌を見せない

 

 

オフィスカジュアルにレースアップシューズを取り入れたいときは、ソックスやタイツなどのレッグウェアと合わせるのが鉄則。

休日は素肌見せもOKですが清潔感に欠けるため、仕事モードのときは避けた方が良いでしょう。

キリッとしたシャツにきれいめパンツを合わせ、そこへレースアップシューズを投入すれば仕事ができるいい女風のコーディネートに。

 

清潔感のある白ソックス×黒のレースアップシューズの鉄板コンビで、カジュアルと品の良さを両立してみてください。

 

※オフィスカジュアルの関連記事:  今更聞けない「オフィスカジュアル」って?基本ルールからおすすめアイテムまでご紹介♪

 

2. カラフルな靴下で遊び心をプラス

 

 

レースアップシューズにポップなデザインや色の靴下を合わせても、コーディネートにすっと馴染みます。

レッドやイエロー、オレンジなど、鮮やかで明るいレッグウェアを差し色にして、遊び心を効かせるのもおすすめです。

 

レトロな足元を演出したいときにはもちろん、甘さの強いアイテムで構成した着こなしを引き締めたいときにも◎

シンプルなコーディネートでも、いつもと違うおしゃれな見た目へと転換できますよ。

 

※差し色の関連記事:  差し色とはどんな意味?差し色におすすめのアイテムの選び方や組み合わせを紹介

 

3. モノトーンは素肌を見せて軽やかに

 

 

モノトーンや渋さのあるカラーで構成すると、全体的に重たい印象になってしまうことも少なくありません。

そんなときは素肌をちらっと見せて、軽やかな足元を演出するのがおすすめです。

 

ボリュームのあるアウターやニット、ボトムをバランスよく着こなしたいときときにもこのテクニックは使えますよ。

 

※モノトーンの関連記事:  春夏秋冬別モノトーンコーデ20選!地味に見えない着こなしのコツも紹介♪

 

 

レースアップシューズが可愛いおすすめのブランド・商品

 

可愛いレースアップシューズが見つかるブランドと、おすすめ商品をピックアップしました。

どれも比較的お手頃価格でゲットできるので、ぜひチェックしてみてください。

 

1. JELLY BEANS(ジェリービーンズ)

 

定番からトレンドまで、日常使いしやすいシューズをリーズナブルな価格で提供。

大人っぽいシンプルさとガーリー&スイートをバランスよく取り入れたシューズを、多彩なラインナップで展開しています。

 

レースコンビマニッシュシューズ

 

 

ロマンティックなレース素材を取り入れて、 女性らしい印象に仕上げたレースアップシューズです。

レースのシアー感やコルクコンビのソールが、春夏ムードを高めてくれます。

 

程よい厚みのソールでさりげないスタイルアップが叶うのも魅力。

スカートにもパンツスタイルにも映える人気アイテムです。

 

レースコンビマニッシュシューズの商品情報

 

価格:7,370円(税込)

カラー:3色(ホワイト・ブラック・オーク)

サイズ:S・M・L

 

 

 

2. haco!(ハコ)

 

「わたしたちの毎日が、そして明日が、昨日よりちょっとびっくりできる」をブランドコンセプトに掲げ、シンプル&ナチュラルな雑貨やお洋服を展開。

日常使いはもちろん、ちょっとおめかししたい日や仕事着にも対応できるワードローブが豊富に取り揃えられています。

 

雨の日も頼れる便利なレースアップシューズ

 

 

スクエアトゥが今っぽく、きれいめもカジュアルコーデにも合わせやすい1足。

レースアップの内側にはゴムを仕込んでおり、履き口が多少伸びます。

 

さらに、全体の素材もストレッチ性のあるものをセレクトしているので、足が痛くなりにくいのが嬉しいポイントです。

 

雨の日でも臆することなく履けるように、底とアッパーの接続部分に防水テープを貼って、防水効果もプラス。

3cmの水たまりに5時間立っていても、しみてこない仕様になっています。

 

雨の日も頼れる便利なレースアップシューズの商品情報

 

価格:6,820円(税込)

カラー:ブラック

サイズ:22.5〜25.0cm

 

 

 

3. Ray Cassin(レイカズン)

 

レイカズンは親しみやすくて着やすいけど、イマドキなアイテムを展開するレディースファッションブランド。

トレンドをさりげなく取り入れた、ナチュラルで肩の力が抜けるアイテムを展開しています。

 

スクエアトゥーソフトレースアップシューズ

 

 

スクエアトゥでさりげないハンサムな着こなしを実現できるレースアップシューズです。

ツヤ感がある素材を採用しているため、エレガントで大人っぽい足元を演出できます。

 

ステッチが目立たずフラットなデザインなのも、高級感を引き上げているポイント。

つま先とかかととの高低差があまりないので、足が疲れにくく安定感も抜群です。

 

スクエアトゥーソフトレースアップシューズ の商品情報

 

価格:5,390円(税込)

カラー:3色(黒・ベージュ・オフホワイト)

サイズ:M

 

 

 

レースアップシューズを使ったおすすめのコーデ

 

レースアップシューズを合わせた、シーズン別のコーディネートをお届けします♪

幅広いスタイリングをピックアップしたので、マンネリ防止の参考にしてみてください。

 

1. マニッシュ&ガーリーの好バランス

 

 

ボリュームスリーブのブラウスに、ベージュのオーバーオールを合わせたマニッシュ&ガーリーなコーディネート。

淡い色の構成がナチュラルで、あたたかみのある印象を与えます。

 

そこへオーバーオールの色に近い厚底レースアップシューズを投入することで、軽やかな着こなしに重厚感をプラス。

 

黒でぐっと引き締めるのも良いですが、オーバーオールと近しい色の靴を合わせることで、せっかく作った雰囲気を崩さず適度なメリハリのあるコーディネートが完成します。

 

※オーバーオールの関連記事:  1年中使える便利な「オーバーオール」♪シーズンごとのおすすめコーデをピックアップ

 

2. 花柄ワンピースの甘さを軽減

 

 

小花柄のワンピースはコーディネートに取り入れるだけで女の子らしさを格上げできる半面、ちょっぴり甘さが強すぎてしまうことも。

そんなときも、レースアップシューズは大活躍です。

 

かわいらしい印象を程よく抑えて、大人っぽく品のある着こなしへと転換できます。

膝丈のワンピースが主役の時は、素足をちらっと覗かせつつソックスをアクセントにすることで、こなれ感がぐっとアップしますよ。

 

レッドやイエロー、オレンジなどポップで明るいカラーのソックスを差し色にして、遊び心を加えるのも良いでしょう。

 

※花柄の関連記事:  花柄のおしゃれな着こなし方&春夏秋冬別のおすすめコーディネート10選♪

 

3. ストライプのシャツワンピースで爽やかに

 

 

きれいめパンツに、ストライプ柄のシャツワンピースをさらっと羽織った春らしいコーディネート。

ブルー×ネイビーの近しいカラーで構成することで、コーディネートにまとまりも生まれます。

 

そこにレースアップシューズを採用してメンズライクに落とし込むと、品のある軽快な足元に。

あえて靴下をアクセントにせず素肌を見せて、ブルーのストライプシャツの爽やかさを底上げするのが良いでしょう。

 

4. キュートなセットアップに辛さをプラス

 

 

大きな襟が目を引くかわいいブラウスをアクセントにして、チェック柄のセットアップを投入。

流行りのコーディネートではあるものの、ちょっぴり幼く垢抜けない印象を大人っぽい着こなしへとアップデートしたいなら、レースアップシューズを選択してみてください。

 

この時、黒だと辛さが強すぎてせっかく作った女の子らしい印象を損なう恐れがあるため、ブラウンがベストです。

太めのヒールはさりげないスタイルアップも狙え、きちんと感とガーリーの良いとこ取りができます。

 

厚底で重厚感のあるデザインも、甘さのある着こなしなら重たくなりすぎません♪

 

※セットアップの関連記事:  実は簡単なセットアップコーデ♪ おしゃれな着こなしのコツや選び方、おすすめブランドアイテムをチェック!

 

5. クリーンな白ならメンズライクに寄りすぎない

 

 

ハイネックのカットソーにジーンズを合わせ、ショート丈のマウンテンパーカーを羽織ったメンズライクなコーディネート。

トップスとボトムのコントラストがメリハリを加え、コーディネートに奥行きを出しているのもポイントです。

 

スニーカーでラフに着地するのも良いですが、レースアップシューズを投入するとこなれ感がぐっとアップします。

清潔感のある白を採用すればメンズライクに寄りすぎず、女性らしさも残せますよ。

 

▼ハイネック/メンズライクの関連記事

・  ハイネックとタートルネックの違いとは?ハイネックのおしゃれな着こなし術20選

・  「メンズライク」なコーデってどんなコーデ?おしゃれな着こなしポイントを紹介

 

6. アースカラーで秋らしく

 

 

クリーミーな色のカットソーとブラウンのパンツ、ベージュのステンカラーコート。

秋らしい季節感が漂うアースカラーで構成した、大人カジュアルコーディネートです。

裾に向かって広がるAラインシルエットが、女性らしさを演出してくれます。

 

程よい光沢感のあるレースアップシューズが知的な雰囲気を押し上げ、カジュアルなスタイリングを格上げしていますね。

その結果シックで落ち着きがあって、品のある着こなしに仕上がっています。

 

※アースカラーの関連記事:  「アースカラー」って何色?アースカラーを着こなすポイントやおすすめコーデ

 

7. マニッシュなレースアップシューズが抜け感に

 

 

透け感のあるドットのシャツを引き締めるように、くすみオレンジのカラーパンツを投入。

深みのあるカラーが程よいスパイスとなり、幼くなりやすいドットも遊び心のあるアクセントとして作用します。

 

ヒールだとレディになりすぎてしまいますが、マニッシュなレースアップシューズを採用することで抜け感のある着こなしに。

全身で使うカラーを2色に抑えれば、派手色も自然と馴染みますよ。

 

※くすみカラーの関連記事:  「くすみカラー」ってどんな色?くすみカラーを使ったコーデやコツを紹介♪

 

8. キルティングコート×ゆったりパンツでナチュラル&リラックス

 

 

まろやか色のキルティングコートはあえてボタンを締めることで、キリッとした印象に。

ゆったりしたネイビーのパンツを合わせてクラシックな雰囲気を引き上げ、シックとナチュラルの好バランスを実現した着こなしです。

ニット帽を被って若干メンズライク寄りに仕上げるのも良いでしょう。

 

レースアップシューズを取り入れて適度な緊張感をプラスすれば、リラックスした装いでもきちんと感はしっかりキープできます。

 

9. チェック柄スカートでロンドンガール風に

 

 

ターコイズブルーのモヘアニットに、タータンチェックのタイトスカートを合わせて、ロンドンガールを意識した着こなし。

 

白ソックス×黒のレースアップシューズのレトロ&マニッシュな組み合わせが、コーディネートに相性よくマッチします。

ニットの裾はボトムにタックインしてメリハリを強調。

 

ベージュのショルダーバッグで派手色を馴染ませ、日常仕様へと転換するのもおすすめです。

 

▼合わせて読みたい

・  四季に合わせたおすすめのチェック柄コーデを紹介!

・  楽々スタイルアップできる「タックイン」のコツ!おしゃれな着こなし方を紹介

・  レディースショルダーバッグのおすすめブランド11選!人気アイテムも合わせて紹介

 

10. カラフルな着こなしの引き締め役として

 

 

甘さが強いピンクも、センタープレスパンツで取り入れ、かつオレンジを感じる色合いならキュートになりすぎません。

タートルネックニットにチェック柄のシャツを合わせてマニッシュに着地すれば、一見ポップな見た目でも、派手色パンツを気取らずに取り入れられますよ。

 

ここで黒のレースアップシューズを投入すると、コーディネートがぐっと引き締まりメリハリも生まれます。

チェック柄シャツの代わりにトレンチコートを羽織って、今っぽいトラッドな着こなしを楽しむのも良いでしょう。

 

▼センタープレスパンツ/タートルネックの関連記事

・  センタープレスパンツで美脚に!着こなしのコツ&トレンドコーデ8選

・  着回し力抜群!タートルネックの定番おしゃれコーデまとめ

 

 

レースアップシューズで足元からおしゃれを楽しもう♪

 

 

レースアップシューズはコーディネートの引き締め役としても重宝し、簡単にこなれ感のある足元を演出できるお役立ちアイテムです。

シンプルなデザインならシーズンを問わず履き回せるうえ、幅広いコーディネートに対応できます。

 

男の子っぽいコーディネートを楽しみたいときや、品格のある足元に仕上げたいならマストハブな1足。

プチプラでもゲットできるので、ぜひワードローブに加えてみてください。

 

▼シューズの関連記事

 

・  フラットシューズの選び方&着こなし15選!歩きやすさもおしゃれも譲れない方に

・  「バレエシューズ」はコーデの万能選手!おすすめシューズ&コーデをチェック♪

・  メンズ系・レディース系コーデにハマる!「ローファー」のおすすめアイテム&コーデ

・  足元からおしゃれを楽しむなら「バブーシュ」はいかが?バブーシュの選び方やおすすめ商品まで紹介


フォローして最新記事をチェック!



検索

カテゴリ一覧

ファッション(307)
   着回し/コーデ(70)
   髪型/ヘアスタイル/ヘアアレンジ(54)
   眼鏡/コンタクト/カラコン(7)
メイク・コスメ(355)
   ベースメイク(32)
   アイメイク(47)
   リップ/グロス(23)
   ネイル(13)
   コスメブランド/メーカー(175)
美容(129)
   スキンケア(75)
   髪/シャンプー/リンス/コンディショナー(34)
   石鹸/ソープ/洗顔料(11)
   ダイエット(8)
健康(66)
   健康食品/サプリメント/プロテイン(13)
   スポーツ/運動/トレーニング(6)
   冷え/温活(4)
ライフスタイル(237)
   生活雑貨/生活用品(47)
   ギフト/プレゼント(19)
   趣味(9)
   お出かけ/観光/旅行/デート(31)
   妊娠/出産/子育て(3)
   家庭菜園/ガーデニング(4)
インテリア(46)
   内装/レイアウト(5)
   DIY(3)
グルメ(84)
   カフェ/喫茶店/ドリンク(29)
   ケーキ/お菓子/スイーツ/パティスリー/パン(25)
   レシピ(28)
アート/カルチャー(31)
   写真/カメラ(8)
   ハンドメイド/クラフト(12)

スキンケア

エイジングケア(41)
保湿(171)
美白(42)
乳液(34)
クリーム(98)
オイル(24)
化粧水(102)
美容液(81)
基礎化粧品(118)
ニキビ(19)
毛穴ケア(32)
角質ケア(42)
肌荒れ(22)
くすみ(46)
クマ(10)
たるみ(20)
ハリ不足(36)
スペシャルケア(110)
セルフケア(50)
UV対策(38)
日焼け対策(30)
日焼け止め(12)
しわ(12)
洗顔/クレンジング(64)

肌質

乾燥肌(107)
敏感肌(83)
脂性肌(33)
混合肌(26)

コスメ/メイク

ツヤ肌(111)
マット肌(49)
ミネラルコスメ(44)
デカ目(57)
小顔(2)
韓国(51)
化粧(161)
ポイントメイク(174)
メイクテク(74)
ナチュラルメイク(130)
美肌(122)
メイク道具(29)
化粧下地/ファンデーション/コンシーラー(99)
テカリ防止(16)
アイメイク(110)
リップ/グロス(101)
チーク(59)
カラーメイク(28)

ファッション

春コーデ(83)
夏コーデ(78)
秋コーデ(95)
冬コーデ(95)
スタイル(189)
テイスト(170)
シーン別(49)
大人コーデ(116)
カジュアル(111)
綺麗め(124)
フェミニン(91)

年代別

10代(4)
20代(13)
30代(14)
40代(8)
50代(5)

恋愛

片思い(25)
男性心理(42)
カップル(35)
恋愛観(45)
恋愛テクニック(47)
モテ仕草(4)

ヘアスタイル

ショートヘア(38)
ロングヘア(41)
セミロング(38)
ボブ(41)
スタイリング(64)
ヘアケア(63)
ヘアカラー(22)
ヘアアクセ(18)

ライフスタイル

キッチン用品(41)
ホームパーティー(19)
グルメ/レシピ(117)
ヘルシー(45)
運動(18)
筋トレ(7)
リラックスタイム(37)

人気記事ランキング