logo

Top > ファッション > 着回し/コーデ

11月に最適な服装とは?トレンドから定番までおしゃれコーディネートまとめ






一気に肌寒くなる11月は、厚手のアウターが必要になる季節。
11月下旬になると10℃前後になる日もあるので、マフラーや手袋など寒さから身を守る小物も必要になってきます。

そのため、11月はおしゃれなコーディネートを楽しむのはもちろんですが、寒さ対策として実用性を兼ね備えたアイテム選びや着こなしも重要です。

本記事では、11月に最適なコーディネートをお届けします。
オンオフそれぞれの参考となるスタイリングを幅広く取り上げているので、ぜひチェックしてみてください!

本ページに掲載のリンク及びバナーには広告(PR)が含まれています。


【目次】11月に最適な服装とは?トレンドから定番までおしゃれコーディネートまとめ

 

11月ってどれくらいの気温?

11月の服装選びのポイント

11月上旬の服装選びのポイント&コーデ

ロマンティックなブラウス×ジャケットの甘辛ミックスコーデ

ホワイトアウターで知的な雰囲気に

キルティングアウターでトレンド感を

ブラウンのアウターで甘さを軽減

デザイン性のあるジレで個性をプラス

11月中旬の服装選びのポイント&コーデ

アームウォーマー×デニムジャケットで脱単調

爽やかなブルーで黒の迫力を緩和

ノーカラーコートで品良くまとめて

ショートダウンでハンサムレディな雰囲気に

オンオフ問わず使えるシンプルなアウターをチェック!

11月下旬の服装選びのポイント&コーデ

ダッフルコートでトラッド&ガーリーに

シンプルな上下も華やぐチェックコート

秋冬定番のモノトーンコーデをケープ風のコートで刷新

着崩して抜け感を出す

ポップカラーを取り入れてトレンドライクに

小物を上手に取り入れて11月のファッションを楽しもう♪

 

11月ってどれくらいの気温?

 

11月 気温 服装悩む 服装 コーデ

 

気象庁のデータによると、全国の平均気温はだいたい11〜14℃前後です。

10月はおよそ20℃前後なので、11月になると一気に冷え込むのが分かります。

北海道や東北、日本海側など雪の降る地域では、3〜5℃と真冬並みの寒さになることもあります。

 

11月はニットやカーディガンなど、保温性の高いアイテムを取り入れるのに加えて、コートが手放せなくなる季節。

11月下旬になると、マフラーやストールが必要になります。

 

秋のコーディネートを楽しんでいる真っ最中だと思いますが、冬は目前に控えているため、そろそろ冬物をチェックし始める時期です。

 

▼防寒アイテムの関連記事

・  マフラーの巻き方おすすめ10選!おしゃれにマフラーを巻いて行こう♪

・  頭から被るだけなのに温かい♪ マフラーとは一味違う「スヌード」を使ってみませんか?

・  いくつもある「ストール」の巻き方をマスター!ストールでいつものコーデを格上げしてみよう♪

 

 

11月の服装選びのポイント

 

 

11月はおしゃれなコーディネートを楽しむのはもちろんですが、保温性や実用性に優れたアイテムのチョイスも大切です。

 

例えば、ロング丈のコートなら身体全体をやさしく包みこみ、寒さから身を守れます。

ポケット付きなら、ホッカイロや手袋などの小物を入れられるため実用性も抜群です♪

 

また、11月下旬になるとマフラーやストール、スヌードなど首回りを温める小物が必要になってきます。

同じコーディネートでも小物を取り入れると雰囲気が変わり、ニュアンスチェンジを楽しめるのも良いですね。

 

手袋やニットなどの小物でアクセントをつけると同時に、寒さ対策を行いましょう。

 

 

11月上旬の服装選びのポイント&コーデ

 

気象庁の過去データを見ると、11月上旬の平均気温はおおよそ14℃前後です。

11月の上旬は、トレンチコートやジャケットなど薄手のアウターでOKな日もあります。

 

暖かい日は、シアーなワンピースやリブニットを取り入れたコーディネートもまだ楽しめますよ。

 

朝から肌寒い日には、保温性に優れたニットやカーディガンをセレクトしたり、スタンドネックやタートルネックなど寒さを防げるディテールのアイテムを選んだりするのが◎

シンプルかつ定番のアウターが1着あれば、オンオフ問わず着回しできて便利です。

 

ロマンティックなブラウス×ジャケットの甘辛ミックスコーデ

 

 

一枚で華やかな着こなしに仕上がる、襟コンシャスブラウスが主役。

 

そこへクラシックなジャケットを投入すると雰囲気がガラッと変わり、大人の甘辛ミックスコーディネートが完成します。

オーバーサイズのジャケットやゆったりしたパンツでリラックスすると、抜け感のある着こなしに仕上がります。

 

単調になりやすいモノトーン配色も、デザイン性のあるアイテムをうまく使えば華やかな印象に!

 

ホワイトアウターで知的な雰囲気に

 

 

ノーカラーのシンプルなキルティングコートは、オンオフ問わず使いやすい優秀アイテム。

ロング丈なら体型もカバーでき、カジュアルからエレガントまで幅広いスタイリングを楽しめます。

 

トーンを統一することで、より洗練された着こなしに。

ビットローファーでメンズライクに誘導するのもあり、ビジュー付きのラグジュアリーなパンプスで、華やぎをプラスするのもおすすめです。

 

キルティングアウターでトレンド感を

 

 

Iラインを意識した、セットアップコーデ。

今シーズン大注目のキルティングを主役にしたワントーンコーデは、トレンド感のある着こなしが叶います。

 

ロング丈のスカートで縦ラインが強調されているため、すっきりとスタイルアップ効果を狙えるのも魅力。

足元はスニーカーでカジュアルにまとめるのも、ショートブーツでレディ感をプラスするのも良いでしょう♪

 

11月などの秋口は、このようなセットアップコーデで仕上げるのがおすすめです。

 

▼キルティング/ワントーンコーデの関連記事

・  キルティングはどのような生地のこと?キルティングの特徴からおすすめアイテムまで紹介

・  ワントーンコーデでさりげなくおしゃれに♪ おすすめレディースコーデをチェック

 

ブラウンのアウターで甘さを軽減

 

 

ブラウンのチェスターコートに、カジュアルなアニマルプリントワンピースを合わせたスタイリング。

きちっと感のあるコートがインナーの甘さを軽減し、まとまりのあるコーディネートに仕上げてくれます。

 

11月は冷え込むので、薄手のブラウスを着たい時には、ロングアウターでしっかり寒さ対策をしましょう。

 

女性らしいデザイン、カラーのコーデなので、ブラウンのコートを羽織ってもレディ感をなくさずに女性らしさも確保できますよ。

足元は暗めの色で締めることで、すっきりとしたスタイルを着こなしを実現できます。

 

※チェスターコートの関連記事: チェスターコートをおしゃれに着こなす3つのポイント♪ 選び方・人気ブランド・おすすめレディースコーデも紹介

 

デザイン性のあるジレで個性をプラス

 

 

ジレやベストなど袖のないアウターは、日中暖かい10月上旬に重宝するアイテムの一つ。

ベーシックなストライプシャツにデザイン性のあるジレを一枚足すと、雰囲気がガラッと変わります。

 

共布ベルト付きのアイテムはラフに結んだり、だらんと垂らしたりなどアレンジも楽しめるので、スタイリングの幅も広がりますよ。

 

下半身は秋ムード高まる濃厚なブラウンで、やさしく引き締めてみてください。

 

※ジレの関連記事:  ジレってどんなアイテム?ベストとの違いは?おすすめのアイテムやコーデも紹介

 

 

11月中旬の服装選びのポイント&コーデ

 

11月中旬になると一気に冷え込むため、厚手のアウターが必要です。

気象庁の過去データを見ると、11月中旬の平均気温はだいたい12℃前後となっています。

 

2023年も引き続きオーバーサイズのアウターがトレンドですが、中でもボリューム感のあるショート丈アウターに注目!

キルティングやボア、ムートン、レザーなど、素材感にもこだわると今年らしい装いに。

 

定番のチェスターコートやダッフルコートで様々なコーディネートを楽しむのはもちろん、モッズコートやダウンコートでマニッシュなスタイリングに仕上げるのもおすすめです。

 

アームウォーマー×デニムジャケットで脱単調

 

 

ジャケットを羽織っても少し手元が肌寒い…そんなときに頼りになるのがアームウォーマーです。

 

防寒対策としてはもちろん、ニュアンスチェンジにも貢献。

単調になりやすいデニムジャケットに奥行きが生まれて、こなれ感もアップします。

 

ボトムはタイトスカートでレディに紹介するのもあり、ミリタリー調のパンツでメンズライクに仕上げるのも良いでしょう。

 

※デニムジャケットの関連記事 :  デニムコーデの脱マンネリ!大人カジュアルな着こなしポイントや季節別コーデをチェック

 

爽やかなブルーで黒の迫力を緩和

 

 

共布ベルトでウエストマークすればエレガントな着こなしに、ラフに肩掛けするとこなれ感もアップするガウンコート。

テイストの異なるアイテムともなじみやすいので、1着持っていると便利です。

 

春夏のイメージが強い爽やかなブルーですが、実は秋冬こそ実力を発揮。

迫力のある黒が落ち着いて、親しみやすい雰囲気を作れます。

 

※ウエストマークの関連記事:  ウエストマークでメリハリを♪必要なアイテムやお手本コーデもピックアップ

 

ノーカラーコートで品良くまとめて

 

 

首回りがスッキリするノーカラーコートは、タートルネックやボウタイブラウスなど、襟に特徴があるアイテムと好相性。

無駄を省いたシンプルなデザインは、オフィスカジュアルにも合わせやすく、幅広いコーディネートに重宝します。

 

清潔感のある白のコートを羽織れば、女性らしい温かみのある着こなしに。

首元からピンクを少量覗かせて、顔まわりを華やかに仕上げるのも良いですね♪

 

▼ノーカラーコート/オフィスカジュアルの関連記事

・  羽織るだけでセンスを格上げ!ノーカラーコートの選び方&おしゃれなコーディネート特集

今更聞けない「オフィスカジュアル」って?基本ルールからおすすめアイテムまでご紹介♪

 

ショートダウンでハンサムレディな雰囲気に

 

 

肌寒い日は、保温性抜群のダウンが大活躍!

カジュアルになりやすいダウンですが、ショート丈ならこなれ感のある着こなしが叶います。

 

クリーミーなホワイトやナチュラルなベージュで構成した淡色コーデも、ハンサムレディな雰囲気に。

着ぶくれしやすいダウンジャケットは、スリムなシルエットのアイテムと合わせるのがコツ。

濃厚なブラウンのブーツで、やさしく引き締めるのも◎

 

ディズニーなどのテーマパークに行く際には、スキニーデニムやワイドパンツなど、動きやすいボトムがおすすめです。

 

※ダウンの関連記事:  ダウンコートをおしゃれに着こなすには?おすすめブランドや選び方も紹介♪

 

オンオフ問わず使えるシンプルなアウターをチェック!

 

 

ベーシックなロングコートは、オンオフ問わず使える上、ヘビロテできてとっても便利♪

ワードローブに加えると、コーディネートの幅がグッと広がります。

シルエットが美しいので、デートにもうってつけのアイテムです。

 

特にベージュやブラウンなどのアースカラーは、さっと羽織るだけで季節ムードが高まるため、1枚は持っておきたいですね。

 

ロマンティックなチェックのスカートで、さりげない個性を加えるのもあり。

ハイゲージニットやハリのあるきれいめパンツで、頼れる先輩風のコーディネートに仕上げるのおすすめです。

 

▼アースカラー/ハイゲージニットの関連記事

・  「アースカラー」って何色?アースカラーを着こなすポイントやおすすめコーデ

・  「ハイゲージニット」で秋冬のコーデを楽しもう♪着こなすポイントやおすすめコーデ

 

 

11月下旬の服装選びのポイント&コーデ

 

11月下旬は厚手のアウターに加えて、マフラーや手袋など寒さから身を守れる小物が必要な日もあります。

気象庁の過去データを見ると、平均気温はおおよそ10度前後です。

 

定番のコーディネートでも、小物次第でガラッと雰囲気の違うルックに早変わりできるのが楽しいですね♪

 

この時期は、タートルネックやほっこりするニットで寒さ対策とおしゃれを両立するのが◎

 

また、オンの日はハイヒールできちんと感を演出、オフの日はブーツを投入してニュアンスチェンジするのもおすすめです。

 

ダッフルコートでトラッド&ガーリーに

 

 

ハイネックのニットに、チェック柄をあしらったデコラティブなパンツを合わせたコーディネート。

そこへダッフルコートをONすると、子供っぽさが払拭された、トラッドなスタイリングへとシフトチェンジします。

 

程よい甘さも加わり女性らしさがアップするうえ、個性的なスカートとも好相性です。

 

ブーティーでコーディネート全体を引き締めたり、ダッフルコートと同じイメージを持つビットローファーで、トラッドな足元を演出するのもおすすめですよ♪

首元までボタンを留めれば、11月の寒い風にも耐えられるでしょう。

 

シンプルな上下も華やぐチェックコート

 

 

チェック柄はメンズライクなニュアンスと、トラッドな雰囲気を併せもつアイテム。

そのため端正なシャツを着崩してリラックスしたり、逆にシンプルな上下をクラスアップしたり、コーディネートの調節役としても頼りになります。

 

またチェックのアウターは、シンプルなコーディネートと相性抜群♪

白のプルオーバー×ワイドなデニムパンツにチェックコートを投入すると、遊び心のある大人の着こなしに昇華できます。

 

アクセサリー代わりにメタリックのパンプスを採用すれば、華やかな印象になるでしょう。

 

※チェック柄の関連記事:  四季に合わせたおすすめのチェック柄コーデを紹介!

 

秋冬定番のモノトーンコーデを ケープ風のコートで 刷新

 

 

良くも悪くも、モノトーンコーディネートになってしまいがちな秋冬。

 

気取らないワンツーで構成するのもいいけど、自分らしい個性をアピールしたいなら、ケープ風のコートを起用してみてはいかがでしょうか。

ウエストマークすることでメリハリも生まれて、すっきり着こなせます。

 

デザイン性のあるアイテムを主役にするときは、上下をうまくなじませるため、コントラストをつけないのもポイントです。

定番の着こなしも、アイテム次第で新鮮な印象になります。

 

着崩して抜け感を出す

 

 

ボーイッシュなイメージが強いモッズコートですが、ファードッキングのデザインならレディな印象に。

上だけ止めて着崩すことで、抜け感も与えられます。

 

ボリュームのあるコートを羽織る場合は、メリハリの効く黒のパンツを投入し、シャープに引き締めるのが◎

リュクスなショートブーツで女性らしさも主張すれば、親しみやすいモードな着こなしの完成です。

 

※抜け感の関連記事:  「抜け感」って何?抜け感のあるファッションコーデの作り方も紹介

 

ポップカラーを取り入れてトレンドライクに

 

 

取り入れるだけで雰囲気のあるコーディネートへと導いてくれる、ノルディック柄のニットが主役。

 

2023年秋冬注目の温かみを感じるイエローをチョイスして、今っぽい着こなしにしてみましょう。

柄の主張が強いため、似たようなイメージをもつブラウンのコートを重ねて、うまくなじませるのがおすすめです。

 

ニュアンスのある黒のデニムパンツで、辛口スタイルに着地するのもOK。

ジョガーパンツでリラックス感のある着こなしに仕上げるのも、抜け感があっていいですね。

 

 

小物を上手に取り入れて11月のファッションを楽しもう♪

 

 

11月は地域差はあるものの、厚手のコートやマフラーなどの小物が必要になるシーズンです。

自分の魅力を引き立てるファッションを楽しむのはもちろんですが、寒さから身を守るため実用性を兼ね備えたアイテムや着こなしを選択するのも大切。

 

着まわしやすい定番のコートは1枚あるとオンオフ問わず使えて便利なので、ぜひワードローブに加えてみてください。

ブーツやストール、バッグをはじめ、トレンドのアームウォーマーなど小物を上手に取り入れると、周りと差がつくおしゃれなコーディネートに仕上がりますよ♪

 

 

▼冬のファッション関連記事

 

・  冬を彩るトレンドカラーはコレ!色別のおすすめコーディネートを紹介

・  気温に合わせた服装の選び方!気温別のおすすめコーデも紹介

・  レディースのアウターの種類25選!名前別の特徴や選び方を徹底解説


フォローして最新記事をチェック!



検索

カテゴリ一覧

ファッション(420)
   着回し/コーデ(90)
   髪型/ヘアスタイル/ヘアアレンジ(85)
   眼鏡/コンタクト/カラコン(9)
メイク・コスメ(510)
   ベースメイク(52)
   アイメイク(77)
   リップ/グロス(35)
   ネイル(18)
   コスメブランド/メーカー(231)
美容(163)
   スキンケア(91)
   髪/シャンプー/リンス/コンディショナー/トリートメント(47)
   石鹸/ソープ/洗顔料(11)
   ダイエット(8)
健康(71)
   健康食品/サプリメント/プロテイン(13)
   スポーツ/運動/トレーニング(9)
   冷え/温活(4)
ライフスタイル(283)
   生活雑貨/生活用品(26)
   お祝い/ギフト/プレゼント(25)
   趣味(10)
   お出かけ/観光/旅行/デート(36)
   妊娠/出産/子育て(3)
   家庭菜園/ガーデニング(4)
インテリア(75)
   内装/レイアウト(5)
グルメ(101)
   カフェ/喫茶店/ドリンク(33)
   ケーキ/お菓子/スイーツ/パティスリー/パン(32)
   レシピ(31)
アート/カルチャー(42)
   写真/カメラ(8)
   ハンドメイド/クラフト(19)

スキンケア

エイジングケア(45)
保湿(220)
美白(45)
乳液(51)
クリーム(125)
オイル(35)
化粧水(141)
美容液(110)
基礎化粧品(157)
ニキビ(24)
毛穴ケア(42)
角質ケア(55)
肌荒れ(34)
くすみ(55)
クマ(10)
たるみ(21)
ハリ不足(44)
スペシャルケア(146)
セルフケア(79)
UV対策(52)
日焼け対策(42)
日焼け止め(20)
しわ(13)
洗顔/クレンジング(97)

肌質

乾燥肌(149)
敏感肌(102)
脂性肌(52)
混合肌(39)

コスメ/メイク

ツヤ肌(152)
マット肌(60)
ミネラルコスメ(59)
デカ目(70)
小顔(5)
韓国(106)
化粧(250)
ポイントメイク(257)
メイクテク(125)
ナチュラルメイク(193)
美肌(167)
メイク道具(35)
化粧下地/ファンデーション/コンシーラー(161)
テカリ防止(28)
アイメイク(189)
リップ/グロス(163)
チーク(102)
カラーメイク(52)

ファッション

春コーデ(118)
夏コーデ(111)
秋コーデ(130)
冬コーデ(132)
スタイル(260)
テイスト(240)
シーン別(54)
大人コーデ(176)
カジュアル(169)
綺麗め(177)
フェミニン(132)

年代別

10代(9)
20代(18)
30代(20)
40代(14)
50代(9)

恋愛

片思い(26)
男性心理(43)
カップル(37)
恋愛観(45)
恋愛テクニック(48)
モテ仕草(5)

ヘアスタイル

ショートヘア(60)
ロングヘア(66)
セミロング(62)
ボブ(66)
スタイリング(100)
ヘアケア(85)
ヘアカラー(34)
ヘアアクセ(27)

ライフスタイル

ホームパーティー(25)
グルメ/レシピ(141)
ヘルシー(50)
運動(23)
筋トレ(9)
リラックスタイム(55)

人気記事ランキング