logo

Top > ファッション > スカート/ワンピース

季節別タイトスカートコーデ8選!おすすめブランド&着こなしのコツも紹介






みなさんはタイトスカートにどのようなイメージをお持ちですか?
「セクシー」「女性らしい」などポジティブな意見もある一方、「太って見える」「コンサバになりやすい」など、苦手意識を持つ方も多いようです。

そこで今回は、タイトスカートのお手本コーディネートを季節別にご紹介!
普段の着こなしに取り入れるポイントもお届けします。

タイトスカートの失敗しない選び方や、おすすめブランド&アイテムもピックアップしているので、ぜひ最後までご覧ください。

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、臨時休業あるいは営業時間の変更等の措置を取っている店舗・施設がございます。


お出かけ前に、店舗・施設の公式HPやSNS等で最新情報のご確認をお願い致します。


【目次】季節別タイトスカートコーデ8選!おすすめブランド&着こなしのコツも紹介

 

タイトスカートとは

タイトスカートの選び方

1. 色・柄で選ぶ

2. 丈で選ぶ

3. 素材もチェック!

タイトスカートを着こなすポイント

1. 気楽なトップスでカジュアルダウン

2. 上半身の露出はデコルテ&胸より腕が正解

3. ロング丈のアウターで体型カバー

ロング丈のおすすめタイトスカート

1. titivate(ティティベイト)

ハイスリットサテンタイトスカート

2. URBAN RESEARCH ROSSO(アーバンリサーチ ロッソ)

コーデュロイタックタイトスカート

ミモレ丈のおすすめタイトスカート

1. nano・universe(ナノ・ユニバース)

スポンジーカルゼストレッチタイトスカート

2. LIVETART(リヴェタート)

メルトンスムースタイトスカート

ミニ丈のおすすめタイトスカート

1. WEGO(ウィゴー)

フェイクレザーZIPミニスカート

2. MISCH MASCH(ミッシュマッシュ)

ベルト付きチェックミニスカート

タイトスカートを取り入れたおすすめコーデ

1. 安定のモノトーン

2. フリルブラウスの甘さが引き立つ

3. キャラTでレザーの辛さを調節

4. メンズライクなブーツで甘さを引き算

5. レザージャケットでハンサムレディに転換

6. コーデュロイで秋冬仕様に

7. コントラストをはっきりつける

8. クリーン&爽やかな配色なら重くない

タイトスカートでヘルシーな色気を漂わせて

 

タイトスカートとは

 

 

タイトスカートとは、腰から裾まで直線ですとんと落ちるIラインシルエットが特徴のスカート。

女性らしいしなやかなボディラインを強調できるため、エレガント&セクシーな印象を与えられます。

 

素材や丈の長さは様々で、デザインバリエーションも豊富。

プライベートはもちろん、オフィスカジュアルにも重宝します。

 

バックやサイドスリット入りなら、足さばきも良好です。

 

▼タイトスカートの関連記事

・  カジュアルにもきれいめにも!「ペンシルスカート」の選び方やおすすめコーデを紹介

・  流行の「スリット」アイテムでワンランク上のコーデに♪着こなし術を紹介

 

 

タイトスカートの選び方

 

タイトスカートは手持ちのワードローブも考慮しつつ、下記のポイントを意識すると◎

特別な日に着用したいのか、それともヘビロテしたいのかもイメージして選ぶと失敗しません♪

 

1. 色・柄で選ぶ

 

 

週7でも履きまわせるほど着まわし力を求めるなら、ブラック・ホワイト・ベージュの定番色×ワンカラーがおすすめ!

きれいめなシャツからゆるいニットまで、比較的トップスを選ばず着用可能です。

 

また、ペールトーンはトレンド感たっぷりで、あれこれ考えなくてもこなれ感がアップします。

さらにさりげない個性をプラスしたい場合は、花柄やチェック、アニマル柄もぜひチェックしてみてください。

 

▼ファッション カラー/柄の関連記事

・  流行りのペールトーンってどんなカラー?人気カラー別のコーディネートもチェック

・  花柄のおしゃれな着こなし方&春夏秋冬別のおすすめコーディネート10選♪

・  四季に合わせたおすすめのチェック柄コーデを紹介!

 

2. 丈で選ぶ

 

 

タイトスカートは、丈によって見た目の印象や雰囲気がガラッと変わります。

 

ロング丈はカジュアルとレディの良いとこ取りが可能。

くるぶしまで足が隠せるので、体型カバーも良好です。

 

汎用性の高さで選ぶなら、ミモレ丈がおすすめ。

オフィスカジュアルにも取り入れやすく、バランスの調節がしやすいのも魅力です。

 

ミニ丈はガーリーな着こなしが得意ですが、コーディネート次第でスタイリッシュ&クールなルックスも実現できます。

 

3. 素材もチェック!

 

 

タイトスカートをカジュアルに着こなしたい人は、コーデュロイやデニムがおすすめです。

カットソーやデニム、ロゴスウェットなど気楽なトップスとも相性良くマッチします。

 

上記写真のように化学繊維を中心に仕立てた一着は、耐久性に優れており着まわしが効くのも魅力です。

 

レースはエレガント&華やかなルックスに。

レザーはクールな着こなしを楽しめるうえ、甘さのあるトップスを引き算してバランスを整えたいときにも重宝します。

 

▼コーデュロイ/デニムの関連記事

・  【秋冬トレンド】コーデュロイの着こなし方!人気カラーやおすすめブランドを紹介♪

・  デニムコーデの脱マンネリ!大人カジュアルな着こなしポイントや季節別コーデをチェック

 

 

タイトスカートを着こなすポイント

 

女性らしさが引き立つ半面、太って見えたり野暮ったくなってしまったりなど、上手く着こなせない人も多いタイトスカート。

ここでは、タイトスカートをおしゃれに取り入れる着こなし術をご紹介します。

 

1. 気楽なトップスでカジュアルダウン

 

 

シャツやブラウスを合わせてエレガントに仕上げるのも良いですが、初心者さんは気楽なトップスでカジュアルダウンするのがおすすめです。

カットソーやスウェット、ロゴTなど肩肘張らない1着なら、あれこれ考えずとも抜け感が生まれます。

 

また、似たような色でコンパクトにまとめると、今っぽい着こなしに。

タックアウトすると全体的にルーズな印象になるので、きれいめなパンプスでだらしなさを回避しましょう。

 

▼カットソー/スウェット/ロゴTの関連記事

・  カットソーで楽におしゃれを楽しもう!着こなしのコツ&失敗しない選び方も解説

・  スウェットをおしゃれに着こなすコツは?トレーナー・パーカーとの違いも解説

・  ダサいなんて言わせない!「ロゴTシャツ」のおしゃれな着こなし方&おすすめブランド

 

2. 上半身の露出はデコルテ&胸より腕が正解

 

 

身体のラインが出やすいタイトスカートは、トップスの露出が大胆だといやらしくなりがち。

色気のあるルックスに仕上げたい場合は、ノースリーブやTシャツで腕の素肌を見せましょう。

過度な露出よりその方が色っぽく見え、抜け感も生まれます。

 

ミニ丈のタイトスカートは、ロングブーツやタイツで素肌の面積を適度にセーブするのが◎

 

3. ロング丈のアウターで体型カバー

 

 

タイトスカートは良くも悪くもメリハリが効くので、体型の悪目立ち恐れて敬遠する人も多いのではないでしょうか。

 

そんな人に試して欲しいのが、ロング丈のアウターで面積をセーブするテクニック。

気になるお腹やお尻、脚もナチュラルにカバーでき、奥行きも生まれます。

アウターとスカートの裾は同じ長さになるよう意識すると、すっきり&品のあるルックスに。

 

また、ブラックやネイビー、カーキなど膨張しにくい色を選ぶのも◎

 

 

ロング丈のおすすめタイトスカート

 

ここからは、タイトスカートのおすすめブランドとアイテムを丈別にご紹介します。

 

まずはロング丈から!

 

1. titivate(ティティベイト)

 

ティティベイトは、大阪の通販会社「ALEFS」が展開するファッションブランド。

自分らしさを大切にする女性に向け、トレンドを程よく取り入れた大人カジュアルアイテムを豊富に取り揃えています。

 

ハイスリットサテンタイトスカート

 

 

上品な微光沢感のあるサテン素材で仕立てた、ロング丈のタイトスカートです。

フロントファスナーと、バックウエストゴム仕様で着脱は簡単。

スリット入りで足さばきも良好です。

 

大きめのポケットが、腰まわりをすっきりと見せてくれます。

 

ハイスリットサテンタイトスカートのおすすめ商品

 

価格:3,509円(税込)

カラー:3色

サイズ:S・M・L

 

 

 

2. URBAN RESEARCH ROSSO(アーバンリサーチ ロッソ)

 

テーマは「SHOW WINDOW」。

カジュアルでありながら、艶やかさとエレガントを兼ね備えたワードローブが豊富です。

 

“女” を楽しむすべての女性に向けて、日常から特別な日まで上品だけど遊び心も感じるスタイルを提案しています。

 

コーデュロイタックタイトスカート

 

 

細コール素材を使用した、リュクスな雰囲気を醸し出すタイトスカートです。

ストレッチが効いているので、タイトシルエットでも快適な履き心地を実現します。

 

フロントに入った斜めのタックがさりげないポイントに。

オンオフ問わず着用できる、汎用性の高さも魅力です。

 

コーデュロイタックタイトスカートのおすすめ商品

 

価格:11,440円(税込)

カラー:3色

サイズ:36・38

 

 

 

ミモレ丈のおすすめタイトスカート

 

オンオフ問わず着まわしやすいミモレ丈。

オフィスカジュアルにも取り入れやすい、シンプル&きれいめなアイテムをピックアップしました!

 

1. nano・universe(ナノ・ユニバース)

 

ナノ・ユニバースは、日本を代表するセレクトショップのひとつ。

固定概念にとらわれない独自の視点で、時代の一歩先をゆくアイテムとコーディネートを提案しています。

 

スポンジーカルゼストレッチタイトスカート

 

 

サイドに施されたベルト飾りがポイントのタイトスカート。

前中心の切り替えやデザインステッチなど、華奢見えが叶うディテールにこだわって作られています。

 

スウェットやロンTなどカジュアルなトップスからきれいめな一着まで、幅広くマッチします。

カラーはベージュ・ブラック・パープルの3色展開です。

 

スポンジーカルゼストレッチタイトスカートのおすすめ商品

 

価格:9,405円(税込)

カラー:3色

サイズ:36・38

 

 

 

2. LIVETART(リヴェタート)

 

ブランド名の「リヴェタート」は、ノルウェー語のLIVET(生活)とART(芸術)を組み合わせた造語。

世界各国から集めた手仕事を感じるアイテムを、ファッション感度の高い大人に向けて提案しています。

 

メルトンスムースタイトスカート

 

 

ややお高めですが、長く愛用できるタイトスカートを探している人にぜひともチェックして欲しい一着がこちら。

コンパクトに編み上げたウールスムース素材を、時間をかけてしっかりと圧縮させ、メルトンのように仕上げています。

 

フロントには伸縮性のある芯地を貼り、心地良いフィット感を実現。

バックウエストはゴム仕様で、リラックス感のある履き心地と高級感のあるルックスを両立しています。

 

メルトンスムースタイトスカートのおすすめ商品

 

価格:19,800円(税込)

カラー:3色

サイズ:34・36・38

 

 

 

※ミモレ丈の関連記事:  オフィスからお呼ばれシーンまで使える「ミモレ丈」!おすすめコーデも紹介

 

 

ミニ丈のおすすめタイトスカート

 

ミニ丈のタイトスカートは、エレガントよりキュートな着こなしを楽しみたい人に。

シンプルなデザインですが、さりげない個性を主張できるアイテムを厳選しました!

 

1. WEGO(ウィゴー)

 

ウィゴーは1994年、大阪のアメリカ村にある小さな古着屋からスタートしたファッションブランド。

usedミックスで個性的なアイテムを、リーズナブルな価格で展開しています。

 

フェイクレザーZIPミニスカート

 

 

フェイクレザーを採用し、辛さを効かせたミニのタイトスカートです。

 

広がり過ぎない絶妙なタイトラインが、すっきりしたシルエットを実現。

フリルブラウスなど甘さのあるトップスを相殺して、バランスを整えたいときも重宝します。

 

バックウエストはゴム仕様で、リラックス感のある着心地も魅力です。

 

フェイクレザーZIPミニスカートのおすすめ商品

 

価格:1,998円(税込)

カラー:2色

サイズ:フリー

 

 

 

2. MISCH MASCH(ミッシュマッシュ)

 

女性の柔らかさを感じさせるフェミニンスタイルに、今旬エッセンスをプラスしたアイテムを展開。

大人ガーリーな着こなしを好む人にぴったりのブランドです。

 

ベルト付きチェックミニスカート

 

 

高品質な国産ウール素材を使用。

高級感×キュートなデザインを両立した、ミニ丈のタイトスカートです。

 

生地は厚手で透け感はなく、秋冬のコーディネートにぴったり。

付属のアクセントベルトをつければ、ニュアンスチェンジも楽しめます。

 

ベルト付きチェックミニスカートのおすすめ商品

 

価格:7,128円(税込)

カラー:2色

サイズ:S・M

 

 

 

※ミニスカの関連記事:  可愛らしいだけじゃない!あなたのなりたいを叶えるミニスカコーデまとめ

 

 

タイトスカートを取り入れたおすすめコーデ

 

最後にタイトスカートのお手本コーデを、シーズン別にお届け。

小物の取り入れ方やバランス、配色も参考にしてみてください。

 

1. 安定のモノトーン

 

 

きれいめな白シャツと黒のタイトスカートで、エレガントかつシックな印象に。

フロントインで着崩すことで、今っぽい着こなしへとアップデートできます。

 

モダンなチェーンバッグを添えて、ラグジュアリーなルックスへ誘導しても良いですね。

足元はヒールで親しみやすいかっこよさを表現するのも、スクエアトゥでトレンド感をプラスするのも◎

 

▼モノトーンコーデ/白シャツ/スクエアトゥの関連記事

・  春夏秋冬別モノトーンコーデ20選!地味に見えない着こなしのコツも紹介♪

・  【2021年】「白シャツ」コーデ&着こなすコツを紹介!カジュアルもきれいめもこれ1枚でOK

・  スクエアトゥでこなれ感のある足元に!種類別おすすめコーデ&ダサ見えしないコツも

 

2. フリルブラウスの甘さが引き立つ

 

 

大人になるにつれ敬遠しやすいフリルブラウスも、すっきりしたタイトスカートと一緒なら甘さが好転。

チノクロス素材のタイトスカートでカジュアルダウンすれば、キュート×カジュアルのいいとこ取りを実現できます。

 

トップスで素肌を覗かせている分、ボトムはミモレかロング丈で肌面積をセーブしてバランス良く見せるのが良いでしょう。

 

※フリルブラウスの関連記事:  フリルブラウス&フリルシャツのお手本コーデ10選!選び方やおしゃれに着こなすコツも紹介

 

3. キャラTでレザーの辛さを調節

 

 

ちょっぴり勇気がいるレザースカートは、キャラTでレザーの辛さを調節。

似たような色の上下で構成すると、お互い主張が強いアイテムも相殺できます。

 

素肌をチラ見せすると、レザーの重たさも和らぎますね。

レザーのタイトスカートに初めてトライするなら、カジュアルに取り入れられる春夏がおすすめです。

 

※レザースカートの関連記事:  レザースカートのおすすめブランド&おしゃれコーデ10選

 

4. メンズライクなブーツで甘さを引き算

 

 

ボリュームスリーブのキュートなトップスに、ミニ丈のタイトスカートを採用したガーリーな着こなし。

甘さが強すぎて子供っぽくならないように、メンズライクなゴツめのブーツで調節しているのがポイントです。

 

メリハリが効く黒の効果で、膨張しやすい配色もシャープに引き締められます。

クロコ型押しなど高級感のあるバッグを添えて、愛らしいルックスから大人に誘導するのも良いでしょう。

 

▼メンズライク/ブーツの関連記事

・  「メンズライク」なコーデってどんなコーデ?おしゃれな着こなしポイントを紹介

・  サイドゴアブーツの選び方&おしゃれコーデ10選!適度な重厚感を足元にプラスしよう♪

 

5. レザージャケットでハンサムレディに転換

 

 

シャツ×ミニ丈のタイトスカートに、レザージャケットを投入。

すると一気にハンサムレディな着こなしに転換し、ミニ丈の甘さも引き算できます。

 

ジャケットは袖を通さず、ラフに肩掛けしてこなれ感アップを狙ってみてください。

足元はショートブーツでシーズンムードを高めるのも、ヒールで凛とした佇まいに仕上げるのもおすすめです。

 

▼レザージャケット/ショートブーツの関連記事

・  レディースライダースジャケットの選び方から素敵コーデまで紹介♪

・  あらゆるコーデにマッチするショートブーツの魅力を徹底解説!おすすめの人気ブランドも紹介

 

6. コーデュロイで秋冬仕様に

 

 

コーデュロイのタイトスカートは肩肘張らず、カジュアルに着用できて便利。

初めてタイトスカートにトライする人も、臆することなく取り入れられます。

 

気楽なカットソーを合わせてカフェオレ配色に落とし込むことで、やさしく親しみやすいルックスに。

スカートとシューズの色をリンクさせ、コンパクトにまとめるのが今のトレンドです。

 

7. コントラストをはっきりつける

 

 

とろみのある素材の上下は、だらしない印象にならないよう、コントラストをはっきりつけるのがおすすめ。

リラックスムード漂う佇まいはそのままに、カジュアル&モードな着こなしへ誘導できます。

 

季節ごとのトレンドカラーを採用すれば、簡単にこなれ感もアップ!

エッジの効いたシューズでコーディネートをまとめるのも、スニーカーで肩の力を抜くのもおすすめです。

 

8. クリーン&爽やかな配色なら重くない

 

 

くるぶしが隠れるくらいのロング丈でも、クリーン&爽やかな配色を意識すれば軽やかな着こなしに。

上下ともにぬくもりを感じる素材でも、カジュアルになりすぎないのが嬉しいポイントです。

 

さらに、ボトムが長い分トップスはクロップド丈でメリハリをつけると、脚長効果が期待できます。

足元は黒のブーツでシャープに引き締めて、輪郭がぼやけないように調節してください。

 

 

タイトスカートでヘルシーな色気を漂わせて

 

 

タイトスカートはオンオフ問わず着用でき、女性らしいしなやかなボディラインが引き立ちます。

デザインやちょっとした着こなしのテクニックで、体型の悪目立ちも回避できますよ。

 

この機会にぜひお気に入りのタイトスカートを見つけて、コーディネートの幅を広げてみてください。

 

 

▼スカートの関連記事

 

・  フレアスカートのシーズン別おすすめコーデ10選!おしゃれに着こなすコツも紹介

・  ティアードスカートはバランスが命!おしゃれに着こなすコツ&お手本コーデ10選

・  【2021年トレンド】マーメイドスカートを取り入れるポイントやおすすめコーデを紹介

・  最旬ニットスカートコーデ8選!着こなしのコツも紹介

・  「プリーツスカート」が使える!なりたい印象別におすすめのコーディネートを紹介


フォローして最新記事をチェック!



検索

カテゴリ一覧

ファッション(363)
   着回し/コーデ(82)
   髪型/ヘアスタイル/ヘアアレンジ(66)
   眼鏡/コンタクト/カラコン(8)
メイク・コスメ(412)
   ベースメイク(35)
   アイメイク(55)
   リップ/グロス(28)
   ネイル(13)
   コスメブランド/メーカー(196)
美容(147)
   スキンケア(81)
   髪/シャンプー/リンス/コンディショナー(41)
   石鹸/ソープ/洗顔料(11)
   ダイエット(8)
健康(70)
   健康食品/サプリメント/プロテイン(13)
   スポーツ/運動/トレーニング(8)
   冷え/温活(4)
ライフスタイル(232)
   生活雑貨/生活用品(23)
   お祝い/ギフト/プレゼント(19)
   趣味(9)
   お出かけ/観光/旅行/デート(34)
   妊娠/出産/子育て(3)
   家庭菜園/ガーデニング(4)
インテリア(69)
   内装/レイアウト(5)
グルメ(89)
   カフェ/喫茶店/ドリンク(31)
   ケーキ/お菓子/スイーツ/パティスリー/パン(27)
   レシピ(27)
アート/カルチャー(40)
   写真/カメラ(8)
   ハンドメイド/クラフト(19)

スキンケア

エイジングケア(43)
保湿(188)
美白(45)
乳液(36)
クリーム(107)
オイル(24)
化粧水(113)
美容液(89)
基礎化粧品(130)
ニキビ(20)
毛穴ケア(35)
角質ケア(45)
肌荒れ(25)
くすみ(47)
クマ(10)
たるみ(21)
ハリ不足(39)
スペシャルケア(120)
セルフケア(56)
UV対策(40)
日焼け対策(31)
日焼け止め(13)
しわ(13)
洗顔/クレンジング(74)

肌質

乾燥肌(114)
敏感肌(91)
脂性肌(34)
混合肌(26)

コスメ/メイク

ツヤ肌(126)
マット肌(51)
ミネラルコスメ(54)
デカ目(64)
小顔(3)
韓国(79)
化粧(193)
ポイントメイク(214)
メイクテク(98)
ナチュラルメイク(158)
美肌(139)
メイク道具(30)
化粧下地/ファンデーション/コンシーラー(126)
テカリ防止(20)
アイメイク(146)
リップ/グロス(134)
チーク(80)
カラーメイク(40)

ファッション

春コーデ(102)
夏コーデ(98)
秋コーデ(114)
冬コーデ(115)
スタイル(228)
テイスト(210)
シーン別(50)
大人コーデ(150)
カジュアル(141)
綺麗め(155)
フェミニン(114)

年代別

10代(5)
20代(14)
30代(15)
40代(9)
50代(5)

恋愛

片思い(25)
男性心理(42)
カップル(36)
恋愛観(45)
恋愛テクニック(47)
モテ仕草(4)

ヘアスタイル

ショートヘア(44)
ロングヘア(49)
セミロング(48)
ボブ(50)
スタイリング(79)
ヘアケア(75)
ヘアカラー(30)
ヘアアクセ(23)

ライフスタイル

ホームパーティー(24)
グルメ/レシピ(123)
ヘルシー(46)
運動(20)
筋トレ(8)
リラックスタイム(46)

人気記事ランキング