logo

Top > ファッション > 靴/スニーカー/シューズ/ブーツ/サンダル

サイドゴアブーツの選び方&おしゃれコーデ10選!適度な重厚感を足元にプラスしよう♪






足元に適度な重厚感をプラスでき、カジュアルなのに品のあるコーディネートへと導いてくれるサイドゴアブーツ。
急いでいるときでもさっと履けて、すぐお出かけできるのも嬉しいポイントです。

今回は、そんなサイドゴアブーツの魅力を深掘りしていきます。
選び方やおしゃれに履くコツに加え、お手本になる幅広いコーディネートもたっぷりお届け♪

1足ワードローブに加えると、スタイリングの幅がぐっと広がります。
既に持っている人も、新しい着こなしを発見するヒントを探すため、ぜひ参考にしてみてください。

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、臨時休業あるいは営業時間の変更等の措置を取っている店舗・施設がございます。


お出かけ前に、店舗・施設の公式HPやSNS等で最新情報のご確認をお願い致します。


【目次】サイドゴアブーツの選び方&おしゃれコーデ10選!適度な重厚感を足元にプラスしよう♪

 

サイドゴアブーツとは

サイドゴアブーツの種類と選び方

1. デザインで選ぶ

2. 色で選ぶ

3. 素材で選ぶ

サイドゴアブーツをおしゃれに履きこなすコツ

1. トップスと近しい色を選択

2. モノトーンで手堅く

3. ニット×ジーンズでメンズライクに

サイドゴアブーツが可愛いおすすめのブランドと商品 

1. CONVERSE(コンバース)

オールスター ライト WR SL サイドゴア HI

2. WEGO(ウィゴー )

サイドゴアブーツ

3. ROPE' PICNIC(ロペピクニック)

【晴雨兼用】タンクソールサイドゴアブーツ

サイドゴアブーツを使ったおすすめのコーデ

1. 小花柄ワンピースの甘さを軽減

2. アウターの色とリンクして

3. ワンピースで爽やかかつ軽快に

4. 春先にも大活躍!

5. カットソー×デニムでメンズライクに

6. チェック柄ワンピースをかわいいで終わらせない

7. ラフな服装の引き締め役として

8. ワンピース1枚の単調さを払拭

9. まろやかカラーの膨張を抑制

10. エレガントなルックスの外し役として

サイドゴアブーツで足元に適度な重厚感をON

 

サイドゴアブーツとは

 

 

サイドゴアブーツとは、両サイドに伸縮性のある“ゴア”(ゴムを織り込んだ伸縮性のある生地)をあしらったブーツのこと。

その起源は19世紀までさかのぼり、即位したばかりのヴィクトリア女王のために脱いだり履いたりしやすいブーツを作ったのがルーツとされています。

 

装飾が少なくプレーンな見た目なので、幅広いコーディネートに合わせやすいのが魅力です。

カジュアルコーデにはもちろん、足元に適度な重厚感を加えたいときにも重宝します。

 

ローカットで底がフラットな定番デザインのほか、チャンキーヒールや雨の日でも履けるレインブーツ仕様のサイドゴアブーツも。

近年デザインバリエーションが増えてきているため、より自分の個性やスタイリングに合わせた1足を見つけやすくなったのは嬉しいですね。

 

※ブーツの関連記事:  あらゆるコーデにマッチするショートブーツの魅力を徹底解説!おすすめの人気ブランドも紹介

 

 

サイドゴアブーツの種類と選び方

 

せっかく購入するなら、長く愛用できるサイドゴアブーツを選びたいところ。

シューズクローゼットで眠らないためにも、下記のポイントを考慮して選んでみてください。

 

1. デザインで選ぶ

 

 

オンオフ問わず履き回せて、コーディネートを選ばない1足が欲しいなら装飾のないシンプルなデザインがベストです。

サイドゴアブーツがもつ魅力を最大限引き立てて、上品な足元を演出できます。

 

 

最近はスタッズやベルトつきのサイドゴアブーツも増えてきており、そういったデザインはシンプルな服装と好相性です。

足元が華やぎ、さりげないアクセントも加えられます。

 

また、最近流行りのスクエアトゥ(角ばったつま先)は、取り入れるだけで今っぽい足元に仕上がるので、トレンドを優先したい人はぜひ検討してみてください♪

 

※スクエアトゥの関連記事: スクエアトゥでこなれ感のある足元に!種類別おすすめコーデ&ダサ見えしないコツも

 

2. 色で選ぶ

 

 

サイドゴアブーツを初めて購入する人は、汎用性の高いブラックまたはブラウンがおすすめです。

ブラックはコーディネートの引き締め役としても重宝するうえ、オフィスカジュアルにも合わせやすいですよ。

 

ブラウンはメンズライクに寄りすぎず、女性らしい印象を与えたい人に◎

花柄ワンピースやチュールスカートなど甘さのあるアイテムとも好相性です。

 

最近増えてきたホワイトは、今っぽいスタイリングを楽しみたい人や、春先も使えるサイドゴアブーツを求めている人に適しています。

 

定番に飽きたおしゃれ上級者さんはカーキ、ワインレッドなどエッジのあるカラーもぜひチェックしてみてください。

周りと差がつくワンランク上の足元を演出できます。

 

3. 素材で選ぶ

 

 

一般的に発売されているサイドゴアブーツで多い合成皮革 (天然皮革に似せた素材)は、比較的リーズナブルな価格で購入できます。

汚れにくくお手入れが簡単なのも魅力です。

 

一方で、牛や羊の革などで作られた天然皮革は高級感があり、使い込むほど味になじんでいく過程が楽しめます。

値段は高いですが、大切にお手入れしながら長く愛用するのも良いでしょう。

しかし、雨や湿気などに弱いため保存方法に気をつけるほか、定期的なメンテナンスは欠かせません。

 

スエードで作られたサイドゴアブーツは簡単に秋冬ムードが高まるため、2〜3足目を検討している人におすすめです。

適度なぬくもりをプラスでき、ニットやパーカーなどのカジュアルウェアとも相性よくマッチします。

 

 

サイドゴアブーツをおしゃれに履きこなすコツ

 

比較的合わせるアイテムを選ばず取り入れやすいサイドゴアブーツですが、より洗練されたルックスに仕上げるコツをお届けします♪

ちょっとしたポイントを抑えるだけで、コーディネートの完成度はぐっとアップしますよ。

 

1. トップスと近しい色を選択

 

 

ブラックとブラウンのサイドゴアブーツは汎用性が高いため、スタイリングを選びません。

ベージュ×ブラウン、グレー×ブラックなどトップスと近しい色もしくは、サイドゴアブーツの色に合わせてトップスを選ぶとコーディネートがまとまり、洗練された着こなしが叶います。

 

一般的には温かみのあるブラウンも、重厚感のあるサイドゴアブーツなら、ふわっとしたシルエットを抑えてメリハリを与えることも可能に。

プリーツやフレアの甘さを軽減して、抜け感のある着こなしに着地させたいときも大活躍です。

 

2. モノトーンで手堅く

 

 

プライベートだとお堅い印象を与えやすいテーラードジャケットも、サイドゴアブーツと合わせれば抜け感が生まれ真面目になりすぎません♪

フレアスカート×ラフなカットソーの、リラックムード漂う着こなしが今っぽい印象です。

 

このようにモノトーンに落とし込むことで、落ち着きのある大人っぽいスタイリングに仕上げられます。

カジュアルに寄りすぎず品格のあるコーディネートに仕上げたいときは、モノトーン配色でまとめてみてください。

 

※モノトーン コーデの関連記事:  春夏秋冬別モノトーンコーデ20選!地味に見えない着こなしのコツも紹介♪

 

3. ニット×ジーンズでメンズライクに

 

 

サイドゴアブーツはメンズライクな着こなしとも好相性です。

初心者は鉄板だからこそ失敗しない、ニット×ジーンズ×サイドゴアブーツの組み合わせからはじめてみましょう。

 

上下ともに肩の力が抜けるアイテムですが、サイドゴアブーツの適度な重厚感を加えることで、ラフに寄りすぎずハンサムレディな印象を与えられます。

親しみやすいかっこよさは今流行りのテーマなので、ぜひトライしてみてはいかがでしょうか。

 

※メンズライクの関連記事:  「メンズライク」なコーデってどんなコーデ?おしゃれな着こなしポイントを紹介

 

 

サイドゴアブーツが可愛いおすすめのブランドと商品 

 

初心者でも取り入れやすい、おしゃれでかわいいサイドゴアブーツが見つかるブランドとその商品をピックアップしました。

サイドゴアブーツをワードローブに加えようと思っている人は、ぜひチェックしてみてください。

 

1. CONVERSE(コンバース)

 

コンバースは、1917年にマーキス・ミルズ・コンバースによって設立されたシューズブランドです。

オールスターやジャックパーセルなど、幅広いコーディネートに対応できるシンプルで汎用性の高いシューズを展開しています。

 

2003年に買収され、今はナイキの100%子会社としてビジネスを展開しています。

 

オールスター ライト WR SL サイドゴア HI

 

 

インジェクションE.V.A.のアウトソールを搭載した、オールスター ライトのパターンアレンジモデルです。

とても軽量で履き心地がよく、通気性とクッション性に優れています。

さらに防滑性を高めたラバーパーツをアウトソールに採用していて、なめらかな地面でもしっかり踏み込めるんですよ。

 

デイリー使いにはもちろん、アクティブシーンでも重宝する1足です。

 

オールスター ライト WR SL サイドゴア HIの商品情報

 

価格:9,350円(税込)

カラー:2色(ブラック・カーキ)

サイズ:22.5〜29.0cm

 

 

 

2. WEGO(ウィゴー )

 

1994年、大阪のアメリカ村にある小さな古着屋からスタートしたファッションブランド。

usedミックスで個性的なアイテムを、リーズナブルな価格で展開しています。

 

サイドゴアブーツ

 

 

シンプルなデザインで、さまざまなスタイルに取り入れやすいサイドゴアブーツ。

履いた時に足がすっきりときれいに見える、丸みのあるシルエットが特徴です。

 

ロングスカートと合わせて適度な辛さを加えたいときや、セットアップの外し役としても重宝します。

サイドゴアブーツを気軽に試してみたい人に嬉しい、リーズナブルな価格帯も嬉しいですね。

 

サイドゴアブーツの商品情報

 

価格:1,998円(税込)

カラー:2色(ブラック・ホワイト)

サイズ:M・L

 

 

 

3. ROPE' PICNIC(ロペピクニック)

 

トレンドにフレンチテイストをミックスした、「ちゃんと+かわいい」ワードローブを展開。

オフィスカジュアルから勝負服まで、いざというときにも頼れるアイテムが豊富です。

 

【晴雨兼用】タンクソールサイドゴアブーツ

 

 

タンクソールを取り入れた、ワイルドな表情のサイドゴアブーツです。

晴雨兼用対応だから、天候に左右されることなくいつでも安心して着用できます。

 

どんな環境でもしっかり踏み込めて滑りにくい、凹凸のあるアウトソールも◎

あたたかみのあるベージュはメンズライクに寄りすぎず、女性らしい足元を演出できますよ。

 

【晴雨兼用】タンクソールサイドゴアブーツの商品情報

 

価格:3,300円(税込)

カラー:1色(ベージュ)

サイズ:23〜24.5cm

 

 

 

サイドゴアブーツを使ったおすすめのコーデ

 

サイドゴアブーツを取り入れた、おしゃれなコーディネートをお届けします♪

カジュアル・エレガント・キュートなど幅広いスタイリングをピックアップしたので、マンネリ防止のヒントにしてみてください。

 

1. 小花柄ワンピースの甘さを軽減

 

 

小花柄のワンピースは1枚でさらっと着こなすだけで女の子らしさを底上げできる半面、大人にはちょっぴり甘さが強すぎてしまうことも。

 

そこで登場するのが、サイドゴアブーツです。

小花柄がもつ甘さを適度に軽減しつつ足元に程よい重厚感をプラスすることで、甘辛ミックスコーデへと転換できます。

 

メンズライクなデニムジャケットをばさっと羽織ると、さらなる好バランスに仕上がりますよ。

 

※花柄の関連記事:  花柄のおしゃれな着こなし方&春夏秋冬別のおすすめコーディネート10選♪

 

2. アウターの色とリンクして

 

 

ホワイト×ブラックのモノトーンカラーで構成。

ジレのようなゆるシルエットのジャケットが、トップスとボトムの単調さにメリハリを加えているのもポイントです。

 

そこへ、アウターと同じブラックのサイドゴアブーツを投入。

上品なツヤと丸みのあるフォルムが女性らしさを引き立て、エレガントかつ品のあるコーディネートを完成させます。

 

3. ワンピースで爽やかかつ軽快に

 

 

淡いブルーのワンピースを1枚でさらっと着こなした、爽やかなルックス。

ティアードがコーディネートに立体感を出しているので、のっぺりした印象にならず奥行きも生まれます。

 

印象的なワンピースに合わせるのに、ヒールだと抜け感が生まれず、スニーカーだとカジュアルすぎる。

そんなときにもサイドゴアブーツが大活躍です。

 

適度な重さと辛さをプラスして、ガーリーに寄りすぎず爽やかでかっこいい着こなしに着地させられます。

 

※ティアードすかとの関連記事:  ティアードスカートはバランスが命!おしゃれに着こなすコツ&お手本コーデ10選

 

4. 春先にも大活躍!

 

 

ライムイエローのニットに、ドットのフレアスカートを合わせて遊び心をプラス。

幼くなりやすいドットもペールトーンと合わせれば大人っぽく取り入れられ、今風のスタイリングを楽しめます。

パッと明るく華やかな色の構成なので、サイドゴアブーツも重たくなりすぎず軽やかに。

 

スニーカーやぺたんこシューズが増えるあえての春先にブーツを合わせることで、いつもと違う新鮮な着こなしを叶えてくれます。

 

※ペールトーンの関連記事:  流行りのペールトーンってどんなカラー?人気カラー別のコーディネートもチェック

 

5. カットソー×デニムでメンズライクに

 

 

カットソー×デニムのメンズライクなコーディネートにも、サイドゴアブーツは相性よくマッチします。

普通なら黒を選択肢がちですが、あえて白を取り入れることで周りと差がつく着こなしに。

 

深みのあるブルーのカーディガンを羽織って、エレガントな雰囲気を加えるのもおすすめです。

全体的には男の子っぽい印象ですが部分的には女性らしいアイテムを取り入れているので、バランスが良いですね。

 

▼合わせて読みたい

・  デニムコーデの脱マンネリ!大人カジュアルな着こなしポイントや季節別コーデをチェック

・  カットソーで楽におしゃれを楽しもう!着こなしのコツ&失敗しない選び方も解説

 

6. チェック柄ワンピースをかわいいで終わらせない

 

 

膝丈のチェック柄ワンピースは、元気な女の子っぽい雰囲気を表現したいときにぴったりの1着。

しかし、そんなイメージをいい意味で覆して、ハードな印象へと転換したいならサイドゴアブーツを合わせてみましょう。

甘さが軽減され、ちょっぴりロックなコーディネートに仕上げられます。

 

透け感のあるインナーを合わせるとこなれ感がアップし、今っぽい着こなしになります♪

 

※チェック柄の関連記事:  四季に合わせたおすすめのチェック柄コーデを紹介!

 

7. ラフな服装の引き締め役として

 

 

Tシャツにタイトめなスカートを合わせたカジュアルコーディネートは着心地を重視した身軽な服装とはいえ、どこか物足りない印象になってしまう。

 

しかし、サイドゴアブーツを取り入れるとコーディネートがぐっと引き締まり、バランスが整います。

品の良さも適度なカジュアルさも両立できていますよね。

 

※ロゴTシャツの関連記事:  ダサいなんて言わせない!「ロゴTシャツ」のおしゃれな着こなし方&おすすめブランド

 

8. ワンピース1枚の単調さを払拭

 

 

ふわっと広がるシャツワンピースの輪郭を抑えるように、黒のサイドゴアブーツを投入。

くるぶしが見えそうなくらいのローカットが抜け感となりワンピースのシルエットを崩さず、適度なメリハリを与えているのもポイントです。

 

ベルトやスカーフ、ショルダーバッグを合わせて、立体感を出すのも◎

なんとなく単調になりやすいワンピース1枚にリズムを加えたり、引き締めたりするのもサイドゴアブーツは得意です。

 

※シャツワンピースの関連記事:  アウターも重ね着使いもできる!「シャツワンピ」を活用してワンランク上のコーデを♪

 

9. まろやかカラーの膨張を抑制

 

 

ともすれば重たさが気になるAラインのスカートと、確実に軽さをもたらしてくれる深いVネックの組み合わせ。

性質が異なる真逆のアイテムを上手に組み合わせることで、まろやか色でもバランスよく着こなせます。

 

さらに、膨張しやすい淡い配色の引き締め役として、黒のサイドゴアブーツをチョイス。

そうすればシルエットの輪郭がぼやけないうえ、カジュアルなのに女っぽいコーディネートに着地できますよ。

 

※Vネックの関連記事:  「Vネックトップス」はどう着こなすべき?おすすめコーデを紹介♪

 

10. エレガントなルックスの外し役として

 

 

ふわっと広がるポンチョ風のコートがエレガントな印象。

タートルネックのぬくもりをやや落ち着かせるために、ボトムは黒のパンツでキリッと引き締めています。

素材感や色の配色を考慮してバランスよくまとめ上げた、おしゃれ上級者ならではのテクニックです。

 

ヒールやレースアップシューズを合わせてエレガントに着地するのも良いですが、サイドゴアブーツを合わせることで親しみやすい雰囲気に。

適度なラフさも加わって、抜け感のある着こなしが完成します。

 

※タートルネックの関連記事:  着回し力抜群!タートルネックの定番おしゃれコーデまとめ

 

 

サイドゴアブーツで足元に適度な重厚感をON

 

 

甘さを軽減したいときや足元に重厚感が欲しいときだけでなく、親しみやすいかっこよさを表現したいときもサイドゴアブーツは大活躍です。

無駄を省いたシンプルなデザインならロングシーズン履きまわせるうえ、長く愛用できます。

 

凝ったディテールは足元に注目を集めたいときや、周りと差をつけたいときに◎

まだ持っていない人は、本記事を参考にお気に入りの1足を見つけて、コーディネートの幅を広げてみてください。

 

▼シューズの関連記事

 

・  再流行中!「ニーハイブーツ」の選び方やおすすめコーデをチェック♪

・  2021年も流行り再燃!「ロングブーツ」のおすすめ&素敵コーデを紹介

・  メンズ系・レディース系コーデにハマる!「ローファー」のおすすめアイテム&コーデ

・  フラットシューズの選び方&着こなし15選!歩きやすさもおしゃれも譲れない方に

・  「バレエシューズ」はコーデの万能選手!おすすめシューズ&コーデをチェック♪


フォローして最新記事をチェック!



検索

カテゴリ一覧

ファッション(349)
   着回し/コーデ(81)
   髪型/ヘアスタイル/ヘアアレンジ(60)
   眼鏡/コンタクト/カラコン(8)
メイク・コスメ(397)
   ベースメイク(34)
   アイメイク(53)
   リップ/グロス(26)
   ネイル(13)
   コスメブランド/メーカー(191)
美容(144)
   スキンケア(79)
   髪/シャンプー/リンス/コンディショナー(40)
   石鹸/ソープ/洗顔料(11)
   ダイエット(8)
健康(70)
   健康食品/サプリメント/プロテイン(13)
   スポーツ/運動/トレーニング(8)
   冷え/温活(4)
ライフスタイル(226)
   生活雑貨/生活用品(23)
   お祝い/ギフト/プレゼント(21)
   趣味(9)
   お出かけ/観光/旅行/デート(34)
   妊娠/出産/子育て(3)
   家庭菜園/ガーデニング(4)
インテリア(67)
   内装/レイアウト(5)
グルメ(88)
   カフェ/喫茶店/ドリンク(30)
   ケーキ/お菓子/スイーツ/パティスリー/パン(27)
   レシピ(28)
アート/カルチャー(37)
   写真/カメラ(8)
   ハンドメイド/クラフト(16)

スキンケア

エイジングケア(43)
保湿(183)
美白(44)
乳液(36)
クリーム(106)
オイル(24)
化粧水(109)
美容液(87)
基礎化粧品(125)
ニキビ(20)
毛穴ケア(35)
角質ケア(44)
肌荒れ(25)
くすみ(47)
クマ(10)
たるみ(21)
ハリ不足(38)
スペシャルケア(118)
セルフケア(55)
UV対策(40)
日焼け対策(31)
日焼け止め(13)
しわ(13)
洗顔/クレンジング(72)

肌質

乾燥肌(112)
敏感肌(89)
脂性肌(33)
混合肌(26)

コスメ/メイク

ツヤ肌(124)
マット肌(51)
ミネラルコスメ(53)
デカ目(63)
小顔(3)
韓国(75)
化粧(188)
ポイントメイク(205)
メイクテク(94)
ナチュラルメイク(152)
美肌(137)
メイク道具(30)
化粧下地/ファンデーション/コンシーラー(122)
テカリ防止(19)
アイメイク(140)
リップ/グロス(128)
チーク(76)
カラーメイク(36)

ファッション

春コーデ(99)
夏コーデ(95)
秋コーデ(111)
冬コーデ(111)
スタイル(222)
テイスト(204)
シーン別(50)
大人コーデ(145)
カジュアル(137)
綺麗め(151)
フェミニン(109)

年代別

10代(4)
20代(13)
30代(14)
40代(8)
50代(5)

恋愛

片思い(25)
男性心理(42)
カップル(36)
恋愛観(45)
恋愛テクニック(47)
モテ仕草(4)

ヘアスタイル

ショートヘア(42)
ロングヘア(47)
セミロング(44)
ボブ(48)
スタイリング(73)
ヘアケア(70)
ヘアカラー(26)
ヘアアクセ(23)

ライフスタイル

ホームパーティー(23)
グルメ/レシピ(121)
ヘルシー(46)
運動(20)
筋トレ(8)
リラックスタイム(43)

人気記事ランキング