logo

Top > ファッション > 着回し/コーデ

流行の「スリット」アイテムでワンランク上のコーデに♪着こなし術を紹介






近年注目を集めているスリットアイテム。

スリットと言うと、艶っぽかったり大人っぽいイメージが強く、難易度が高く感じる方も多いと思います。
しかし、実はスリットはコツを掴めばカジュアルにもガーリーにも幅広く使えるファッションアイテムなんです!

本記事では、失敗しないスリットコーデのコツや選び方、トレンドコーデまでをご紹介します。
人気のスリットアイテムを使って、上級おしゃれを楽しみましょう♪

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、臨時休業あるいは営業時間の変更等の措置を取っている店舗・施設がございます。


お出かけ前に、店舗・施設の公式HPやSNS等で最新情報のご確認をお願い致します。


【目次】流行の「スリット」アイテムでワンランク上のコーデに♪着こなし術を紹介

 

そもそも「スリット」とは?

スリットコーデの失敗しないコツは?

スリット箇所はサイドがおすすめ

スリットの深さに注目

スリットから覗かせるアイテムを意識

上下スリットアイテムは危険…!

スリットアイテムの種類や選び方は?

カジュアルなコーデにも「スリットカットソー」

合わせ方が簡単な「スリットベスト」

一際目を惹く「スリットパンツ」

着回し力抜群の「スリットワンピース」

大人っぽく決めたい「スリットスカート」

着こなしコーデや上手く着こなすコツを紹介

深めスリット+柄ものアイテム

スリットカットソー+マーメイドスカート

スリットシャツワンピース+ストレートパンツ

スリットベスト+ロンティー

フレアスリットパンツ+ブラウス

スリットフレアスカート+ニット

スリットタイトスカート+トレーナー

ニットワンピース+プリーツスカート

浅めスリットワンピースは脚をチラ見せ♪

スリットシアーシャツ+デニムパンツ

大人気のスリットで垢抜けコーデ♪

 

そもそも「スリット」とは?

 

スリット_パンツ_ピンク_GU

 

スリットは(slit)は、切れ目、隙間の意味を持つ英単語です。

ファッションでは、シャツやワンピースなどのすそに切れ込みのあるアイテムを指します。

 

最近では、ズボンやスカートなど様々なアイテムにスリットが入っている商品が人気を集めています。

 

スカートやズボンでは、肌をチラ見せするのも良し、ワンピースの際は下にプリーツスカートを合わせるのも良し。

あえて、すき間から柄をのぞかせるコーデも注目されています。

 

 

スリットコーデの失敗しないコツは?

 

 

スリットが入っているアイテムは、コーデの合わせ方がわからない方も多いと思います。

 

ただ、スリットアイテムはコツを掴めばどんな服にも合いやすいという特徴があります。

ここでは、初心者さんでも失敗しないスリットコーデのコツをご紹介します♪

 

スリット箇所はサイドがおすすめ

 

スリットパンツ_GU_サイドスリット

 

スリットは後ろや前、片方だけなど様々なタイプが存在します。

初心者さんにおすすめの失敗しないスリット箇所は「両サイド」です♪

 

トップス、ボトムスともに両サイドにスリットが入っているタイプは、覗かせるアイテムにあまり困らないというメリットがあります。

 

前や後ろにスリットが入っているタイプは、スリットがより目立つため、スリットを活かした合わせ方が必要です。

初心者さんは、まずは両サイドにスリットが入っているものを選ぶようにしましょう。

 

スリットの深さに注目

 

スリット_スカート_トップス

 

スリットアイテムを選ぶときに、スリットの深さは必ずチェックすべきポイントです。

 

例えば、スリットワンピース。

浅めのスリットの場合は、そのまま素足に合わせてすっきりとした雰囲気も演出できます。

 

 

がっつり深めにスリットが入っていると、中はスカートやパンツを合わせた方がカジュアルで素敵です。

 

 

深めのスリットは、より一緒に合わせるアイテムが重要になります。

そのため、家にあるものでコーデを組みたい方は、浅めのスリットから挑戦するのも良いですね。

 

スリットから覗かせるアイテムを意識

 

スリット_柄_トップス

 

スリットコーデ上級者さんは、スリットの下から見えるお洋服もこだわってみましょう♪

前や後ろのスリット・深めのスリットを選ぶ際は特に、インナーもお洒落だと周りと差を付けられます。

 

インナーアイテムに、カラーや柄ものを合わせるのがおすすめです。

 

上下スリットアイテムは危険…!

 

スリット_パンツ_トップス

 

近年、店頭では多くの流行スリットアイテムが並んでいます。

そのため、やりがちなのが上下どちらもスリットのコーデになるパターンです。

 

特に上下どちらも同じ個所にスリットが入っていると、「なんとなくバランスが悪い」という状態に陥りやすいので、注意してコーデを組んでみましょう♪

 

 

スリットアイテムの種類や選び方は?

 

スリット_タイトスカート

 

スカートやズボン、トップスなど様々なアイテムにスリットが入っている商品が存在します。

そのため、どんなスリットアイテムがあり、どんなものを選んだら良いかわからない方も多いと思います。

 

ここでは、スリットアイテムの種類とおすすめのデザインを解説します♪

 

カジュアルなコーデにも「 スリットカットソー」

 

 

スリット初心者の方でも、コーデを組みやすいのがスリットカットソーです。

中でもスリットが浅めのカットソーは、ズボンにもスカートにも合わせやすく、特におすすめのデザイン。

 

また、画像のように前と後ろでスリットの長さが違うカットソーも注目されています。

シンプルなカットソーでもこなれ感が演出でき、コーデの幅が広がるのが嬉しいポイントです♪

 

合わせ方が簡単な「スリットベスト」

 

 

通常のベストの形に、スリットが入っている商品です。

 

スリットベストのメリットは「通常のベストと同じような着こなし方ができること」と「セットアイテムが多いこと」の2点です。

 

スリットが入っているから、肌を見せるか、インナーを着るかなど迷う心配がないため、初心者さんにもおすすめです。

また、ベストアイテムは中に着るシャツやブラウスとセットの商品も多く、コーデに困りません。

 

一際目を惹く「スリットパンツ」

 

 

コーデを組むのはとても簡単なのに、一気にこなれ感を演出してくれるのが「スリットパンツ」です。

程よく肌をチラ見せすることができ、シンプル過ぎないコーデが完成します♪

 

近年では「韓国コーデ」として裾が広がっていく「フレアスリットパンツ」が人気で、TWICEやNiziUなどのアイドルの衣装にもよく見られる形です。

 

着回し力抜群の「スリットワンピース」

 

 

一枚できるのはもちろん、重ねて着ても違った雰囲気を楽しめるスリットワンピース。

同じ商品でも、下に履くアイテムを変えることで、全然イメージが違って見えます。

 

ワンピースには、ストレート・ワイドパンツやプリーツスカートなど、広がりすぎずピタッとしないボトムスを合わせるとバランスが良く見えます♪

自分の気分に合わせて、着回しを楽しめますね。

 

大人っぽく決めたい「スリットスカート」

 

 

スリットスカートは、スリットの深さや箇所よって大きくイメージが変わるアイテムです。

 

大人っぽいイメージを目指したい方は、深めのスリット。

カジュアルなイメージを目指したい方は、浅めのスリットがおすすめです♪

 

また、生地感や身体のラインがどのくらい出るかでも大きく印象が変わるので、なりたいイメージに合わせて商品を選びましょう。

 

 

着こなしコーデや上手く着こなすコツを紹介

 

スリット_ニット

 

ここまで、スリットアイテム種類や選ぶコツについて紹介してきました。

ここからは、実際におすすめのコーデを見ていきましょう。

 

深めスリット+柄ものアイテム

 

 

スリットが深めに入っているアイテムは、その下に何を組み合わせるか迷いますよね。

もちろんシンプルなシャツなどを合わせるのも良いですが、それでは折角のスリットの良さが引き出されません…

 

深めスリットのコーデでは、間から「何を見せるか」がポイントです。

 

特に一枚では着こなしの難しい柄ものアイテムが大活躍します。

スリットの間から柄ものを少しのぞかせるだけで、ワンランク上のお洒落コーデが完成しますよ。

 

スリットカットソー+マーメイドスカート

 

 

スリットアイテムの中でも最も使いやすいのが「スリットカットソー」でないでしょうか。

両サイドに浅めのスリットが入っているアイテムは、通常のカットソーと同じように、どんな服装でも合わせやすい万能なアイテムです。

 

そんな万能アイテムを使って、さらにおしゃれ度をアップさせてくれるのが、マーメイドスカートとの組み合わせたコーデです。

トップスがカジュアルだからこそ、スカートは敢えて上品なシルエットが演出できるものを選んでみましょう。

 

カジュアルさの中にも女性らしさを感じられるコーデが完成します。

 

スリットシャツワンピース+ストレートパンツ

 

 

スリットワンピースは、上品で大人っぽいイメージを抱く方が多いように思いますが、シャツタイプのワンピースはカジュアルコーデの王道アイテムです。

長めのシャツワンピースは印象が重くなりがちですが、スリットが入っていることで一気にこなれ感とトレンド感を演出できます♪

 

スリットの入っているワンピースは、ズボンと合わせると普段使いしやすいカジュアルなコーデが完成します。

中でもシルエットが細くなりすぎない「ストレートパンツ」がおすすめです。

 

 

ストレートパンツは、このように体型をカバーしながら、脚に沿って広がりをもってくれるので細見えにも繋がります♪

 

スリットベスト+ロンティー

 

 

ベスト×スリットで流行を詰め込んだコーデです。

スリットベストは、ロンティーと組み合わせることでカジュアルで親しみやすいコーデが完成します。

 

画像のように、デニムのパンツを合わせても良し。

ロングスカートと合わせて、ガーリーな雰囲気も楽しむことができます。

 

フレアスリットパンツ+ブラウス

 

 

足先が少しフレアになったスリットパンツは、「脚が長く細く感じる」「スタイルが良く見える」と人気のアイテムです。

 

フレアスリットパンツは、下半身のシルエットがすっきりとした印象になるので、トップスはふんわりとしたアイテムを選ぶのがコツ。

特に袖のふんわりしたブラウスを合わせると、大人カジュアルな印象になります。

 

スリットフレアスカート+ニット

 

 

浅めのスリットがワンポイントのフレアスカートはニットと合わせることで、落ち着きのあるナチュラルコーデが完成します。

 

フレアスカートは、タイトスカートやミニスカートのスリットが入っているアイテムと比べ、人を選ばずに使うことができます。

また、コーデの幅も広く、クローゼットの中に一着はありそうなシンプルなニットとの相性が良いのは嬉しいポイントです♪

 

スリットタイトスカート+トレーナー

 

 

タイトスカートでスリットが入っているものは、一見難易度が高く感じる方も多いと思います。

しかし、実際には生地や合わせるもので、カジュアルで日常使いしやすいコーデが完成します。

 

トレーナーは、丸めのシルエットで可愛らしさと、スポーティーさを兼ね備えたアイテム。

そのため、すっきりとしたシルエットのタイトスカートとの相性は抜群なんです♪

 

画像のように、ニット帽を被っても外しアイテムになってバランスが良いですね。

 

ニットワンピース+プリーツスカート

 

 

身体のシルエットが見えるスリムなスリットワンピースには、プリーツスカートをチラ見せするのがおすすめ。

 

プリーツスカートは、フレアスカートより広がらず、タイトスカートよりふんわりした絶妙なバランスの良さが魅力です♪

また、ニット×プリーツの異素材でおしゃれ上級者向けのコーデが完成します。

 

浅めスリットワンピースは脚をチラ見せ♪

 

 

スリットが浅めで、丈が長めのワンピースは、思い切って素足に合わせてみるのもおすすめです。

カジュアルなコーデのなかに、女性らしさを演出することができます。

 

また、足元が少し見えるからこそ、靴や靴下をこだわってみても良いですね♪

 

スリットシアーシャツ+デニムパンツ

 

 

昨年大流行し、今年も引き続きホットなアイテムとして注目される「シアーシャツ」。

シアーシャツ×スリットは、爽やかで夏らしい印象を与えます。

 

シアーシャツとデニムの組み合わせは、シンプルな中で抜け感のあるおしゃれをアピールできますよ。

 

 

大人気のスリットで垢抜けコーデ♪

 

スリット コーデ

 

こなれたおしゃれを演出できるスリットアイテム。

一見難しそうに見えても、合わせ方のコツさえわかれば、どんなシーンでも活躍する流行アイテムです。

 

スリットアイテムを使いこなして、一年中垢抜けたおしゃれを楽しみましょう。


フォローして最新記事をチェック!



検索

カテゴリ一覧

ファッション(294)
   着回し/コーデ(67)
   髪型/ヘアスタイル/ヘアアレンジ(54)
   眼鏡/コンタクト/カラコン(7)
メイク・コスメ(333)
   ベースメイク(31)
   アイメイク(44)
   リップ/グロス(20)
   ネイル(13)
   コスメブランド/メーカー(166)
美容(125)
   スキンケア(73)
   髪/シャンプー/リンス/コンディショナー(33)
   石鹸/ソープ/洗顔料(11)
   ダイエット(7)
健康(66)
   健康食品/サプリメント/プロテイン(13)
   スポーツ/運動/トレーニング(6)
   冷え/温活(4)
ライフスタイル(229)
   生活雑貨/生活用品(46)
   ギフト/プレゼント(19)
   趣味(8)
   お出かけ/観光/旅行/デート(31)
   妊娠/出産/子育て(3)
   家庭菜園/ガーデニング(4)
インテリア(44)
   内装/レイアウト(5)
   DIY(3)
グルメ(84)
   カフェ/喫茶店/ドリンク(29)
   ケーキ/お菓子/スイーツ/パティスリー/パン(25)
   レシピ(28)
アート/カルチャー(28)
   写真/カメラ(8)
   ハンドメイド/クラフト(11)

スキンケア

エイジングケア(40)
保湿(166)
美白(42)
乳液(34)
クリーム(94)
オイル(24)
化粧水(101)
美容液(81)
基礎化粧品(116)
ニキビ(19)
毛穴ケア(32)
角質ケア(41)
肌荒れ(22)
くすみ(44)
クマ(10)
たるみ(20)
ハリ不足(35)
スペシャルケア(105)
セルフケア(49)
UV対策(38)
日焼け対策(30)
日焼け止め(12)
しわ(12)
洗顔/クレンジング(61)

肌質

乾燥肌(106)
敏感肌(82)
脂性肌(32)
混合肌(25)

コスメ/メイク

ツヤ肌(106)
マット肌(49)
ミネラルコスメ(41)
デカ目(55)
小顔(2)
韓国(46)
化粧(152)
ポイントメイク(159)
メイクテク(69)
ナチュラルメイク(120)
美肌(117)
メイク道具(29)
化粧下地/ファンデーション/コンシーラー(91)
テカリ防止(15)
アイメイク(100)
リップ/グロス(90)
チーク(53)
カラーメイク(27)

ファッション

春コーデ(77)
夏コーデ(73)
秋コーデ(90)
冬コーデ(90)
スタイル(181)
テイスト(163)
シーン別(48)
大人コーデ(109)
カジュアル(103)
綺麗め(118)
フェミニン(86)

年代別

10代(3)
20代(12)
30代(13)
40代(8)
50代(5)

恋愛

片思い(25)
男性心理(42)
カップル(35)
恋愛観(45)
恋愛テクニック(47)
モテ仕草(4)

ヘアスタイル

ショートヘア(38)
ロングヘア(41)
セミロング(38)
ボブ(41)
スタイリング(63)
ヘアケア(61)
ヘアカラー(22)
ヘアアクセ(18)

ライフスタイル

キッチン用品(40)
ホームパーティー(18)
グルメ/レシピ(116)
ヘルシー(44)
運動(18)
筋トレ(7)
リラックスタイム(31)

人気記事ランキング