logo

Top > ファッション > 着回し/コーデ

今更聞けない"こなれ感"って何?抜け感との違いは?お手本コーデもピックアップ






街でふと見かけるおしゃれな人や、雰囲気のある佇まい・装いはみんな「こなれ感」があります。
ファッション雑誌やSNSのスナップでもよく使われるこなれ感ですが、実際どんな様子を指す言葉なのか説明できる人は少ないのではないでしょうか。

本記事ではこなれ感の意味を再確認しつつ、シーズンごとのお手本コーディネートをお届け。
さらに、こなれ感がアップするポイントやコツ、法則も解説します。

手持ちのワードローブでも、こなれ感は簡単に作ることができますよ♪

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、臨時休業あるいは営業時間の変更等の措置を取っている店舗・施設がございます。


お出かけ前に、店舗・施設の公式HPやSNS等で最新情報のご確認をお願い致します。


【目次】今更聞けない"こなれ感"って何?抜け感との違いは?お手本コーデもピックアップ

 

こなれ感とは?

コーデにこなれ感を出すポイント

1. 正統派の着方を卒業する

2. トレンドアイテム&カラーを取り入れる

3. 甘さのある1枚は基本引き算

4. キャッチーな小物を合わせる

5. 自分の体型や骨格を美しく見せるアイテムを選ぶ

【春夏・秋冬別】こなれ感あふれるお手本コーデ

1.【春夏】くすみラベンダーで春らしく

2.【春夏】ヘルシーな肌見せで大人に着地

3.【春夏】違った着方で差をつける

4.【春夏】単調な上下黒はたすき掛けで解決

5.【春夏】カーディガンをラフに肩掛け

6.【春夏】スカートにアレンジ

7.【秋冬】ハーフインで着崩す

8.【秋冬】定番の1枚をアップデート

9.【秋冬】ピンクをハンサムレディに誘導

10.【秋冬】ニットベストを挟む一手間を惜しまない

こなれ感は簡単に手に入る!

 

こなれ感とは?

 

 

「こなれ感」とは、気合が入っている感じを出さず、自然に着こなしている様子のことです。

また、端正なシャツを抜き襟で着崩したり袖をロールアップしたりなど、技ありなコーデを指すときにも用いられます。

 

ちなみに「抜け感」とは肩の力を抜いたリラックス感のある佇まいや、大人の余裕を感じさせる着こなしを表現する言葉です。

最近は同義語で使われることも多いですが、こなれ感とは微妙にニュアンスが違います。

 

どちらも雰囲気のあるおしゃれなルックスや、バランスのよい着こなしを実現するのに欠かせないテクニックです。

 

※抜け感の関連記:  「抜け感」って何?抜け感のあるファッションコーデの作り方も紹介

 

 

コーデにこなれ感を出すポイント

 

ポイントやコツさえ押さえれば、こなれ感のあるルックスは簡単に実現可能です。

ここでは、簡単にこなれ感がアップする5つの法則をご紹介します。

 

1. 正統派の着方を卒業する

 

 

前ボタンを全て閉じてきちんと着こなすのではなくフロントインやハーフイン、もしくは抜き襟で着崩すことで簡単にこなれ感がアップ。

コーディネートによっては羽織として活用したり、真ん中のボタンだけを閉じたりするのもおすすめです。

 

トップスで着崩している分、きれいめなボトムで整えるとバランスが整います。

 

2. トレンドアイテム&カラーを取り入れる

 

 

春夏はパステル、秋冬はアースカラーなど季節のトレンドカラーや、その年に流行っているアイテム&色を採用するのも◎

メインでも差し色でも、または小物でさりげなく取り入れるだけでこなれ感を底上げできます。

 

ベーシックな1枚もアップデートでき、いつもと違う新鮮な印象に。

例えば、今ならミントやピスタチオカラー、ビッグカラーのブラウスが旬なので、ぜひチェックしてみてください。

 

▼季節のトレンドカラー/差し色の関連記事

・  パステルカラーに合う色って?大人世代が真似たいコーデを色別に紹介!

・  「アースカラー」って何色?アースカラーを着こなすポイントやおすすめコーデ

・  差し色とはどんな意味?差し色におすすめのアイテムの選び方や組み合わせを紹介

 

3. 甘さのある1枚は基本引き算

 

 

フリルブラウスや小花柄のワンピース、フレアスカートなど、甘さのあるアイテムは基本引き算を意識しましょう。

甘い×甘いの組み合わせや配色だと、どうしても子供っぽくなってしまいがちです。

 

例えば、キュートなトップスはデニムでカジュアルダウンしたり、彩度の高いパンプスでシャープに引き締めたり。

甘さを控えることでコーディネート全体のバランスも良くなり、こなれ感もぐっとアップします。

 

▼フリルブラウス/フレアスカートの関連記事

・  フリルブラウス&フリルシャツのお手本コーデ10選!選び方やおしゃれに着こなすコツも紹介

・  フレアスカートのシーズン別おすすめコーデ10選!おしゃれに着こなすコツも紹介

 

4. キャッチーな小物を合わせる

 

 

ユニークなフォルムや個性的なデザイン、異素材ミックスなどキャッチーな小物を取り入れるのも、こなれ感のアップに貢献します。

 

ボーダーのカットソー×デニムや、Tシャツ×スカートなど定番のカジュアルコーデも、技ありな着こなしへ昇華できます。

最も取り入れやすいのはバッグですが、アクセサリーや靴、ベルトの代用もおすすめです。

 

5. 自分の体型や骨格を美しく見せるアイテムを選ぶ

 

雑誌やSNSでおしゃれと思った着こなしをいざ実践してみると、太って見えたり野暮ったくなってしまったり…という経験はありませんか?

それは、モデルさんと自分の体型や骨格が違うため。

 

こなれ感を出すには、まず自分の体型に合うアイテムを選ぶのが最短ルートです。

骨格診断別の合うアイテムや、スタイリングのコツは下記を参考にしてみてください。

 

ストレートタイプ

 

 

メリハリボディの持ち主で首が短めの骨格ストレートタイプは、Vネックなどデコルテが開いたトップスやジャストサイズを選びましょう。

また、白シャツ×デニムなどベーシックな服装や、Iラインのワンピースも似合います。

 

※骨格ストレートの関連記事:  【骨格診断】ストレート体型の季節別コーデと着こなしポイントを紹介♪

 

ウェーブタイプ

 

 

上半身が華奢でなだらかな半面、下半身にボリュームがある骨格ウェーブタイプ。

チャームポイントである上半身はタイトなトップスで女性らしさを引き立てつつ、下半身はふわっとしたスカートでカバーするのがおすすめです。

 

ナチュラルタイプ

 

 

ナチュラルタイプは関節や骨格がしっかりしていて、肉感があまりないスタイリッシュボディが特徴。

そのため、オーバーサイズやラフな服装と好相性です。

 

また、メンズライクなスタイルや、古着テイスト&ヴィンテージライクなアイテムも様になります。

 

 

【春夏・秋冬別】こなれ感あふれるお手本コーデ

 

シーズンごとのこなれ感あふれるお手本コーデをご紹介します。

小物の合わせ方や配色、バランスの取り方もぜひ参考にしてください。

 

1.【春夏】くすみラベンダーで春らしく

 

 

ラベンダー×クリーミーなホワイトで構成した、春ムードが高まる配色。

季節のトレンドカラーを取り入れるだけで、こなれ感は簡単にアップします。

 

さらに、流行りのボリュームスリーブとシアーなブラウスで旬の着こなしへと即シフト。

アクセサリー代わりにメタリック調のパンプスを投入して、華やぎをプラスするのもおすすめです。

 

▼くすみカラー/シアーシャツの関連記事

・  「くすみカラー」ってどんな色?くすみカラーを使ったコーデやコツを紹介♪

・  トレンドのシアーシャツはどう着る?♪おすすめのアイテムやおしゃれな着回しコーデを紹介

 

2.【春夏】ヘルシーな肌見せで大人に着地

 

 

小花柄のマーメイドスカートは、ヘルシーな肌見せとメリハリが効く黒で甘さを引き算。

ストンと落ちるIラインシルエットなら、骨格ストレートのメリハリボディもうまくカモフラージュできます。

 

上下ともにきれいめなアイテムなので、裾はタックインで品よくまとめるのが◎

カジュアルなサンダルが外し役となり、こなれ感アップに貢献します。

 

▼マーメイドスカート/タックインの関連記事

・  【2021年トレンド】マーメイドスカートを取り入れるポイントやおすすめコーデを紹介

・  楽々スタイルアップできる「タックイン」のコツ!おしゃれな着こなし方を紹介

 

3.【春夏】違った着方で差をつける

 

 

胸ではなく、腰回りにビスチェを投入するユニークな着方がこなれ感を底上げ。

お腹回りもナチュラルにカバーでき、一石二鳥です♪

 

白のカットソー×デニムの定番コンビも、いつもと違う新鮮な着こなしに。

足元は華奢なストラップサンダルで、ボトムの重厚感を引き算しましょう。

 

▼ビスチェ/カットソー/デニムの関連記事

・  「ビスチェ」のおすすめコーデ10選!失敗しない選び方&着こなしのコツ

・  カットソーで楽におしゃれを楽しもう!着こなしのコツ&失敗しない選び方も解説

・  デニムコーデの脱マンネリ!大人カジュアルな着こなしポイントや季節別コーデをチェック

 

4.【春夏】単調な上下黒はたすき掛けで解決

 

 

単調になりやすい上下黒のセットアップは、たすき掛けで奥行きをプラス。

間のびも防げて今っぽい着こなしへとアップデートできるうえ、こなれ感もアップします。

 

さらに、ヘルシーな肌見せが黒の重厚感を軽減して、軽やかな着こなしをアシスト。

モノトーンに落とし込んで大人に着地させるのも、彩度の高い赤やイエローなどを差し色にして遊び心を加えるのもおすすめです。

 

▼セットアップ/モノトーンの関連記事

・  実は簡単なセットアップコーデ♪ おしゃれな着こなしのコツや選び方、おすすめブランドアイテムをチェック!

・  春夏秋冬別モノトーンコーデ20選!地味に見えない着こなしのコツも紹介♪

 

5.【春夏】カーディガンをラフに肩掛け

 

 

プリントTシャツに、デニムスカートを合わせた気楽な上下。

そこへオレンジのカーディガンを投入してラフに肩掛けすると、一気にこなれ感のあるスタイリングへと変身します。

 

鮮やかなオレンジが夏ムードを高めて、旬の着こなしもパッと明るく華やかな表情も同時に実現。

Tシャツの裾はあえてタックインせず、リラックスムード漂う佇まいに仕上げるのも良いですね。

 

6.【春夏】スカートにアレンジ

 

 

こなれ感をアップすべくシャツワンピースの袖を腰に巻いて、スカート風にアレンジ。

トップスはピンクと似たようなイメージを持つ色を採用してまろやかなグラデーションを作れば、ユニークな着方もすんなり馴染みます。

 

さらに、黒のショルダーがコーディネートをシャープに引き締めて、メリハリ強化に貢献。

足元はサンダルで、ボトムの重さを目立たせないようにするのがおすすめです。

 

※サンダルの関連記事:  サンダルコーデ15選!2021年トレンドのサンダル&選び方も紹介

 

7.【秋冬】ハーフインで着崩す

 

 

トレンドのボリュームスリーブシャツを、ハーフインで着崩したコーディネート。

もちろん正統派の着方できれいめに仕上げるのもOKですが、着崩すことでこなれ感がアップします。

 

しなやかでハリのあるボトムを採用し、着崩したトップスがラフにならないよう調整しましょう。

くすみ感のあるブルーとシックなグレーが、夏から秋らしい着こなしへと誘導します。

 

8.【秋冬】定番の1枚をアップデート

 

 

今となっては定番となった白のシャツワンピース。

自分らしい個性をさりげなく主張しつつこなれ感をアップするには、1枚レイヤードするのがおすすめです。

 

ファーのベストは、秋ムードが高まるお役立ちアイテム。

ゴージャスになりすぎず、日常使いもしやすいですよ。

 

※シャツワンピの関連記事:  アウターも重ね着使いもできる!「シャツワンピ」を活用してワンランク上のコーデを♪

 

9.【秋冬】ピンクをハンサムレディに誘導

 

 

ピンクもメンズライクなトップスやアウターを採用してハンサムレディに誘導すれば、甘くなりません。

甘さと辛さのバランスが整って、こなれ感もアップします。

 

足元は黒のパンプスでシャープに引き締めつつ、レオパード柄の小物をプラスして辛さを強めるのも良いでしょう。

 

フリルブラウスやチュールスカートなど、ピンクと同じ甘いイメージを持つアイテムも同様のテクニックで解決することができます。

 

▼レオパード柄/チュールスカートの関連記事

・  【トレンド】レオパード柄の取り入れ術を紹介!甘すぎないオトナっぽコーデを楽しもう

・  かわいいだけじゃない!チュールスカートの着こなし術&おすすめコーデ10選

 

10.【秋冬】ニットベストを挟む一手間を惜しまない

 

 

ボアとレースっぽい素材など、テイストの異なるアイテムも、似たような色で構成すれば悪目立ちしません。

タートルネックとアウターの間に、白のニットベストを挟むという一手間がこなれ感アップに貢献します。

 

ぼやけやすい配色もゆったりしたシルエットも、クリーミーな白のコントラストで引き締まった印象に。

くるぶしが隠れるロング丈は、素肌を見せて軽さを出しましょう。

 

▼ボア/タートルネック/ニットベストの関連記事

・  「ボアコート」の選び方からコーデのポイント、おすすめコートまで紹介

・  着回し力抜群!タートルネックの定番おしゃれコーデまとめ

・  ニットベストのおしゃれなコーディネートや着こなしのポイントを解説

 

 

こなれ感は簡単に手に入る!

 

 

足し算・引き算やバランス、配色などちょっとした工夫とテクニックで、こなれ感は手に入ります。

また、自分の体型や骨格を引き立てるアイテム選びと、コーディネートも大切です。

 

今回ご紹介したこなれ感アップの方法は、手持ちのワードローブでも実践できるので、ぜひ実践してみてください。


フォローして最新記事をチェック!



検索

カテゴリ一覧

ファッション(349)
   着回し/コーデ(81)
   髪型/ヘアスタイル/ヘアアレンジ(60)
   眼鏡/コンタクト/カラコン(8)
メイク・コスメ(397)
   ベースメイク(34)
   アイメイク(53)
   リップ/グロス(26)
   ネイル(13)
   コスメブランド/メーカー(191)
美容(144)
   スキンケア(79)
   髪/シャンプー/リンス/コンディショナー(40)
   石鹸/ソープ/洗顔料(11)
   ダイエット(8)
健康(70)
   健康食品/サプリメント/プロテイン(13)
   スポーツ/運動/トレーニング(8)
   冷え/温活(4)
ライフスタイル(226)
   生活雑貨/生活用品(23)
   お祝い/ギフト/プレゼント(21)
   趣味(9)
   お出かけ/観光/旅行/デート(34)
   妊娠/出産/子育て(3)
   家庭菜園/ガーデニング(4)
インテリア(67)
   内装/レイアウト(5)
グルメ(88)
   カフェ/喫茶店/ドリンク(30)
   ケーキ/お菓子/スイーツ/パティスリー/パン(27)
   レシピ(28)
アート/カルチャー(37)
   写真/カメラ(8)
   ハンドメイド/クラフト(16)

スキンケア

エイジングケア(43)
保湿(183)
美白(44)
乳液(36)
クリーム(106)
オイル(24)
化粧水(109)
美容液(87)
基礎化粧品(125)
ニキビ(20)
毛穴ケア(35)
角質ケア(44)
肌荒れ(25)
くすみ(47)
クマ(10)
たるみ(21)
ハリ不足(38)
スペシャルケア(118)
セルフケア(55)
UV対策(40)
日焼け対策(31)
日焼け止め(13)
しわ(13)
洗顔/クレンジング(72)

肌質

乾燥肌(112)
敏感肌(89)
脂性肌(33)
混合肌(26)

コスメ/メイク

ツヤ肌(124)
マット肌(51)
ミネラルコスメ(53)
デカ目(63)
小顔(3)
韓国(75)
化粧(188)
ポイントメイク(205)
メイクテク(94)
ナチュラルメイク(152)
美肌(137)
メイク道具(30)
化粧下地/ファンデーション/コンシーラー(122)
テカリ防止(19)
アイメイク(140)
リップ/グロス(128)
チーク(76)
カラーメイク(36)

ファッション

春コーデ(99)
夏コーデ(95)
秋コーデ(111)
冬コーデ(111)
スタイル(222)
テイスト(204)
シーン別(50)
大人コーデ(145)
カジュアル(137)
綺麗め(151)
フェミニン(109)

年代別

10代(4)
20代(13)
30代(14)
40代(8)
50代(5)

恋愛

片思い(25)
男性心理(42)
カップル(36)
恋愛観(45)
恋愛テクニック(47)
モテ仕草(4)

ヘアスタイル

ショートヘア(42)
ロングヘア(47)
セミロング(44)
ボブ(48)
スタイリング(73)
ヘアケア(70)
ヘアカラー(26)
ヘアアクセ(23)

ライフスタイル

ホームパーティー(23)
グルメ/レシピ(121)
ヘルシー(46)
運動(20)
筋トレ(8)
リラックスタイム(43)

人気記事ランキング