logo

Top > ライフスタイル > 恋愛/交際/お付き合い/デート

童顔の特徴やメリット・デメリットと、大人っぽくなるための秘訣を解説






童顔というと、なんとなく幼い顔の人をイメージする程度で、具体的に説明することは難しいかもしれません。

今回は童顔の特徴やポイントをはじめ、童顔のメリットとデメリットを取り上げます。
また、童顔の人だからこそ悩む「大人っぽい雰囲気を出すためにはどうすれば良いのか」ということにも言及しています。

童顔だけど大人っぽくなりたい方は必見です!

【目次】童顔の特徴やメリット・デメリットと、大人っぽくなるための秘訣を解説

 

童顔の特徴とは?幼く見えるポイントを解説

丸顔で小顔

おでこが広く見える

しっかりとした眉毛がある

ぱっちりとした目で、黒目が大きく見える

鼻のサイズが小さくて丸みがある

ナチュラルメイク

子どもの頃から顔が変わっていない

童顔のメリットとデメリット

<童顔だからこそのメリット>

<童顔だからこそのデメリット>

童顔を脱したい!大人っぽく見られる工夫

メイクを変える

ヘアスタイルや髪色を変える

きれい目ファッションにチェンジ!大人っぽさを演出

童顔であることを有効活用しよう!

 

 

童顔の特徴とは?幼く見えるポイントを解説

 

cutegirl

 

年齢よりも幼く見えて、男性からの支持もある童顔。

具体的にはどのような顔つきのことを言うのでしょうか。

 

丸顔で小顔

 

顔の輪郭だけでは童顔と捉えられないこともあるので、丸顔の人が全員童顔のような傾向というわけではありません。

しかし、子どものような丸顔であるということは、顔のパーツや表情によって、実年齢よりも若く見られる可能性を秘めています。

 

おでこが広く見える

 

おでこが特に広いわけではなくても、顔のパーツが全体的に下にあり、あごが少し小さめである場合は童顔のような雰囲気になりやすくなります。

 

しっかりとした眉毛がある

 

子どもはある程度の年齢になるまで眉毛を整えないため、しっかりと濃い眉毛がありますよね。

そのため、子供の頃のようなしっかりとした眉毛があると童顔に見られることがあります。

ただ、整えていない眉毛が童顔に繋がるというわけではありません。

形を整えつつ、濃いめでしっかりとした眉毛であることが重要です。

 

ぱっちりとした目で、黒目が大きく見える

 

小さな子は、顔全体を見たときに目がぱっちりとしていると感じたことはありませんか?

目そのものの大きさではなく、目がぱっちりとしているということがポイントです。

また、黒目が大きく見えるというのも童顔に見える理由の一つです。

ぱっちりとした目×黒目が大きく見えるとなると、童顔であるという印象をより強く受けやすくなります。

 

鼻のサイズが小さくて丸みがある

 

顔のバランスを見たときに、鼻のサイズが小さめで丸みがあるというのも童顔と思われる一つの特徴です。

 

ナチュラルメイク

 

顔の雰囲気だけでなく、肌がキレイな人も童顔の印象を受けやすくなります。

肌がキレイである特徴を最大限に生かす場合は、ナチュラルメイクが良いと言えるでしょう。

 

子どもの頃から顔が変わっていない

 

子どもの頃の写真を見たときに、あまり顔が変わっていないというのも童顔の人によくある特徴です。

幼少期から特に顔が変わっていないということは、それだけ童顔という印象も強くなります。

 

 

童顔のメリットとデメリット

 

Knitgirl

 

童顔であるからこそのメリットやデメリットは、どのようなものがあるのでしょうか。

昭和生まれでも、まだ学生と見間違われるほど童顔である筆者の体験談も踏まえてご紹介します。

 

<童顔だからこそのメリット>

 

童顔だからこそ得られるメリットは、時に身を助けることもあります。

今までの人生で、童顔だからこそ得られたメリットについてまとめます。

 

実年齢よりも若く見られることが多い

 

実年齢よりも若く見られるということは、女性にとって嬉しいことですよね。

筆者の場合は、実年齢を言うと「若く見えるね」と言われることがほとんどです。

顔が5歳からほとんど変わっていないため、他の人から見ると童顔で若く見えるようです。

 

年齢が離れるほどかわいがられる

 

童顔であると、親しみを持ちやすい傾向があります。

話したことのない人から話かけてもらえたり、同年代の人からも可愛がってもらえることがよくあり助けてもらえています。

 

筆者が実感したのは、童顔だと年齢が離れるほどかわいがってもらえる傾向が強い可能性があるということです。

学校の先生や上司など、年齢が離れている人から特に目をかけてもらえることがたくさんあり、歳の差が開くほどにかわいがってもらえた経験があります。

 

第一印象が良いことが多い

 

基本的にナチュラルメイクで外出して人と会うため、初対面の人が話しかけやすいという印象を持ってくれます。

しっかりとお化粧をしている人は、第一印象が「カッコいい」「きれいな人」という思われるかもしれませんが、場合によっては「怖いかも…」「少し性格的に強そう」などの印象を持たれることもあります。

ただ、童顔でナチュラルメイクをしている場合、後者のような印象を持たれることがほとんどありません。

個人差もありますが、性別を問わずに幅人い年齢層から良い第一印象を持ってもらいやすいようです。

 

<童顔だからこそのデメリット>

 

童顔は良いことが目立つかもしれませんが、童顔だからこそ直面するデメリットもあります。

どんなデメリットがあるのか、実際に体験したことを絡めつつご紹介します。

 

年齢相応のファッションが似合わないことがある

 

同年代の人が集まる食事会や飲み会に出席したとき、同年代の人と同じようなファッションをしていると「かえって子どもっぽく見える」と言われることがあります。

年齢的にスカートを履く時はショート丈が厳しいので、ひざ下の丈のワンピースを着用したところ「中学生みたい」と言われてしまうこともよくあることです。

 

夜にTシャツで外出すれば、どこの学校の人なのか聞かれたりすることも…

少し大人っぽさを追求したファッションも試してみたことがありますが、それでは「大人になりたくて頑張っている感じがにじみ出ている」と思われることがあります。

 

また、ヘアスタイルによってはより一層子どもっぽく見ることもしばしば。

「前髪を作ると大人っぽくなるのでは?」と思い前髪を作ると、童顔がより引き立ってしまったこともあります。

 

年下に見られるため、理不尽なハプニングに合うことがある

 

年齢よりも若く見えることは嬉しいこともありますが、身分証明書が手放せないのも事実です。

友人といても幼く見えるため、友人の後輩からは自分よりも年下だと思われてしまったり、コンビニにお酒を買いに行っても年齢確認をされることも頻繁にあります。

宗教の勧誘に来た人には「学生さん?平日だから不登校かしら?」とその流れで宗教に勧誘されることもあり、実年齢を言うと「嘘をつかなくてもいいのよ」と全く信じてもらえず数十分ほど玄関で粘られた経験も。

 

また、車を運転していた時に警察官から手招きをされて、免許証の提示を求められたこともあります。

たまになら嬉しいのですが、年に何回もあり、その都度身分証を提示したり家族からこっそりと笑われてしまったりと歯がゆい経験もしています。

 

ギャップにがっかりされることがある

 

実年齢と外見がかみ合わないため、実年齢を聞かれて答えると「え!?」と驚かれた上に、なんとなくがっかりされてしまうこともありました。

外見と行動がアンバランスすぎて残念がられたこともあります。

 

 

童顔を脱したい!大人っぽく見られる工夫

 

makeupgirl

 

童顔はメリットもあるけれど、いつもと違った大人っぽい雰囲気も演出したいですよね。

いつもと違った大人な一面を見せて、友人や恋人、家族を驚かせてみましょう。

 

メイクを変える

 

メイクの方法によって、童顔さんもグッと大人っぽくなることができます。

自分が童顔である特徴を見直してみて、メイクの方法を変えてみましょう。

 

少し垂れ目気味のであれば、アイメイクを変えて猫目を目指して大人っぽさを演出。

少し濃いめのアイシャドウやアイラインを引いてみるのもおすすめです。

ナチュラルメイクだとあまり試すことのない、赤色の強めなリップやチークの置き方を変えてみるのも良いですね。

 

ヘアスタイルや髪色を変える

 

ヘアスタイルは外見の年齢を大きく左右することがあります。

童顔を脱したいのであれば、まずは美容院で美容師さんに大人っぽい雰囲気になりたいということを相談し、ヘアスタイルも決めてもらうと間違いがありません。

 

なお、髪色はブラックやダークブラウンなどの落ち着きのあるものが無難です。

明るい色はかえって子どもっぽく見えてしまいます。

 

きれい目ファッションにチェンジ!大人っぽさを演出

 

童顔であると、かわいめや甘コーデだと全体を見たときに「かわいい」という印象が強くなります。

かわいらしさをプッシュしていきたいのであれば問題はないですが、大人っぽくなりたいのであれば、少しシックなファッションもチェックしてみましょう。

 

花柄のシャツやキャラクターのプリントシャツなどは、童顔を引き立ててしまう可能性があります。

素材の色にも左右されますが、トップスは無地できれい目、顔に目線が集中しないように肩よりも上に布が集まらないものを選びましょう。

タートルネックや襟付きシャツなどを着用する場合は、メイクやヘアスタイル、服の色や素材などのトータルコーデなどに十分注意してください。

足元は、普段よりも少し高めのヒールを試してみるのも良いですね。

 

 

童顔であることを有効活用しよう!

 

cafegirl

 

童顔は外見的に幼く見える反面、内面の大人な部分とのギャップを見せることができればモテ要素も高いです。

童顔をコンプレックスにせず、自分の特徴として上手に活用していきましょう。

 

若く見えるということは、必ずしも悪いことばかりではありません。

また、メイクやファッションを工夫することによって、童顔であることをカバーしながら楽しむことができますよ。


フォローして最新記事をチェック!



検索

カテゴリ一覧

ファッション(87)
   着回し/コーデ(30)
   髪型/ヘアスタイル/ヘアアレンジ(21)
   眼鏡/コンタクト/カラコン(4)
メイク・コスメ(151)
   ベースメイク(18)
   アイメイク(19)
   リップ/グロス(12)
   ネイル(7)
   メーカー/ブランド(73)
美容(83)
   スキンケア(50)
   髪/シャンプー/リンス/コンディショナー(19)
   石鹸/ソープ/洗顔料(6)
   ダイエット(3)
健康(39)
   健康食品/サプリメント/プロテイン(9)
   スポーツ/運動/トレーニング(3)
   冷え/温活(5)
ライフスタイル(143)
   生活雑貨/生活用品(18)
   ギフト/プレゼント(13)
   趣味(6)
   お出かけ/観光/旅行/デート(25)
   妊娠/出産/子育て(2)
   家庭菜園/ガーデニング(3)
インテリア(25)
   内装/レイアウト(3)
   DIY(3)
グルメ(46)
   ドリンク/カフェ(19)
   ケーキ/お菓子/パティスリー/パン(10)
アート/カルチャー(15)
   写真/カメラ(3)
   ハンドメイド/クラフト(6)

スキンケア

エイジングケア(11)
保湿(92)
美白(25)
乳液(12)
クリーム(48)
オイル(14)
化粧水(51)
美容液(40)
基礎化粧品(66)
ニキビ(11)
毛穴ケア(17)
角質ケア(27)
肌荒れ(14)
くすみ(26)
クマ(4)
たるみ(8)
ハリ不足(20)
スペシャルケア(47)
セルフケア(20)
UV対策(14)
日焼け対策(11)
日焼け止め(5)
しわ(1)
洗顔/クレンジング(15)

肌質

乾燥肌(76)
敏感肌(55)
脂性肌(21)
混合肌(12)

コスメ/メイク

ツヤ肌(67)
マット肌(40)
ミネラルコスメ(13)
デカ目(32)
小顔(1)
韓国(21)
化粧(60)
ポイントメイク(66)
メイクテク(29)
ナチュラルメイク(64)
美肌(70)
メイク道具(11)
化粧下地/ファンデーション/コンシーラー(22)
テカリ防止(2)
アイメイク(19)
リップ/グロス(23)
チーク(11)

ファッション

春コーデ(20)
夏コーデ(19)
秋コーデ(26)
冬コーデ(26)
スタイル(46)
テイスト(38)
シーン別(16)
大人コーデ(19)
カジュアル(11)
綺麗め(9)
フェミニン(10)

年代別

10代(1)
20代(7)
30代(7)
40代(3)
50代(2)

恋愛

片思い(21)
男性心理(23)
カップル(25)
恋愛観(25)
恋愛テクニック(32)

ヘアスタイル

ショートヘア(20)
ロングヘア(19)
セミロング(16)
ボブ(20)
スタイリング(27)
ヘアケア(39)
ヘアカラー(10)
ヘアアクセ(8)

ライフスタイル

キッチン用品(16)
ホームパーティー(12)
食生活(79)
ヘルシー(36)
運動(10)
筋トレ(4)
リラックスタイム(7)

人気記事ランキング