logo

Top > メイク・コスメ > メイク方法/テクニック

童顔の特徴やメリット・デメリットと、大人っぽくなるための秘訣を解説






童顔というと、なんとなく幼い顔の人をイメージする程度で、具体的に説明することは難しいかもしれません。

今回は童顔の特徴やポイントをはじめ、童顔のメリットとデメリットを取り上げます。
また、童顔の人だからこそ悩む「大人っぽい雰囲気を出すためにはどうすれば良いのか」ということにも言及しています。

童顔だけど大人っぽくなりたい方は必見です!

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、臨時休業あるいは営業時間の変更等の措置を取っている店舗・施設がございます。


お出かけ前に、店舗・施設の公式HPやSNS等で最新情報のご確認をお願い致します。


【目次】童顔の特徴やメリット・デメリットと、大人っぽくなるための秘訣を解説

 

童顔の特徴とは?幼く見えるポイントを解説

丸顔で小顔

おでこが広く見える

しっかりとした眉毛がある

ぱっちりとした目で、黒目が大きく見える

鼻のサイズが小さくて丸みがある

ナチュラルメイク

子どもの頃から顔が変わっていない

童顔のメリットとデメリット

<童顔だからこそのメリット>

<童顔だからこそのデメリット>

童顔を脱したい!大人っぽく見られる工夫

メイクを変える

ヘアスタイルや髪色を変える

きれい目ファッションにチェンジ!大人っぽさを演出

童顔であることを有効活用しよう!

 

童顔の特徴とは?幼く見えるポイントを解説

 

童顔な女性

 

年齢よりも幼く見えて、男性からの支持もある童顔。

具体的にはどのような顔つきのことを言うのでしょうか。

 

丸顔で小顔

 

童顔な人の多くは丸顔かつ小顔です。

顔の輪郭だけでは童顔と捉えられないこともあるので、丸顔の人が全員童顔のような傾向というわけではありません。

 

しかし、子どものような小さな丸顔であるということは、顔のパーツや表情によって、実年齢よりも若く見られる可能性を秘めています。

 

おでこが広く見える

 

おでこが広いと丸いシルエットが目立ち、童顔に見えます。

また、おでこが特に広いわけではなくても、顔のパーツが全体的に下にあり、あごが少し小さめである場合は童顔のような雰囲気になりやすくなります。

 

しっかりとした眉毛がある

 

童顔な女性 眉毛

 

子どもはある程度の年齢になるまで眉毛を整えないため、しっかりと濃い眉毛がありますよね。

そのため、子供の頃のようなしっかりとした眉毛があると童顔に見られることがあります。

 

ただ、整えていない眉毛が童顔に繋がるというわけではありません。

形を整えつつ、ふんわりとしっかりとした眉毛であることが重要です。

 

ぱっちりとした瞳で、黒目が大きく見える

 

小さな子は、顔全体を見たときに瞳がぱっちりとしていると感じたことはありませんか?

瞳そのものの大きさではなく、瞳がぱっちりとしているということがポイントです。

 

また、黒目が大きく見えるというのも童顔に見える理由の一つです。

ぱっちりとした瞳×黒目が大きく見えるとなると、童顔であるという印象をより強く受けやすくなります。

 

鼻のサイズが小さくて丸みがある

 

童顔な女性 鼻

 

顔のバランスを見たときに、鼻のサイズが小さめで丸みがあるというのも童顔と思われる一つの特徴です。

こちらも子供を連想させるような特徴といえます。

 

ナチュラルメイク

 

顔の雰囲気だけでなく、肌がキレイな人も童顔の印象を受けやすくなります。

肌がキレイである特徴を最大限に活かしたい時は、素肌感のあるナチュラルメイクをすると良いでしょう。

 

※ナチュラルメイクの関連記事:  誰でも出来る簡単ナチュラルメイクのコツ!初心者でも出来るやり方は?ベースメイクやアイメイクもご紹介

 

子どもの頃から顔が変わっていない

 

「子どもの頃の写真を見たときに、あまり顔が変わっていない」というのも童顔の人によくある特徴です。

 

大人になるにつれて顔が縦長になったり、切れ目になる人が多いですよね。

幼少期から変化が少ない顔からはどけなさが感じられ、童顔という印象も強くなります。

 

 

童顔だからこそのメリット

 

童顔な女性

 

童顔だからこそ得られるメリットは、時に身を助けることもあります。

今までの人生で、筆者が童顔だからこそ得られたメリットについてまとめます。

 

実年齢よりも若く見られることが多い

 

実年齢よりも若く見られるのは、女性にとって嬉しいことですよね。

筆者の場合は、実年齢を言うと「若く見えるね」と言われることがほとんどです。

 

顔が5歳からほとんど変わっていないため、他の人から見ると童顔で若く見えるようです。

 

年齢が離れるほどかわいがられる

 

童顔な女性

 

童顔であると、親しみを持たれやすい傾向があります。

話したことのない人から話かけてもらえたり、同年代の人からも可愛がってもらえることがよくあり、よく助けられています。

 

筆者が実感したのは、童顔だと年齢が離れるほどかわいがってもらえる傾向が強い可能性があるということです。

学校の先生や上司など、年齢が離れている人から特に目をかけてもらえることがたくさんあり、歳の差が開くほどにかわいがってもらえた経験があります。

 

第一印象が良いことが多い

 

基本的にナチュラルメイクで外出して人と会うため、初対面の人が話しかけやすいという印象を持ってくれます。

しっかりとお化粧をしている人は、第一印象が「カッコいい」「きれいな人」という思われるかもしれませんが、場合によっては「怖いかも…」「少し性格的に強そう」などの印象を持たれることもあります。

 

童顔でナチュラルメイクをしている場合、後者のような印象を持たれることがほとんどありません。

個人差もありますが、性別を問わずに幅広い年齢層から良い第一印象を持ってもらいやすいようです。

 

 

童顔だからこそのデメリット

 

童顔な女性

 

童顔は良いことが目立つかもしれませんが、童顔だからこそ直面するデメリットもあります。

どんなデメリットがあるのか、実際に体験したことを絡めつつご紹介します。

 

年齢相応のファッションや髪型が似合わないことがある

 

同年代の人が集まる食事会や飲み会に出席したとき、同年代の人と同じようなファッションをしていると「かえって子どもっぽく見える」と言われることがあります。

年齢的にスカートを履く時はショート丈が厳しいので、ひざ下の丈のワンピースを着用したところ「中学生みたい」と言われてしまうこともよくあることです。

 

夜にTシャツで外出すれば、どこの学校の人なのか聞かれたりすることも…

少し大人っぽさを追求したファッションも試してみたことがありますが、それでは「大人になりたくて頑張っている感じがにじみ出ている」と思われることがあります。

 

また、ヘアスタイルによってはより一層子どもっぽく見ることもしばしば。

「前髪を作ると大人っぽくなるのでは?」と思い前髪を作ると、童顔がより引き立ってしまったこともあります。

 

年下に見られるため、理不尽なハプニングに合うことがある

 

童顔な女性

 

年齢よりも若く見えることは嬉しいこともありますが、身分証明書が手放せないのも事実です。

友人といても幼く見えるため、友人の後輩からは自分よりも年下だと思われてしまったり、コンビニにお酒を買いに行っても年齢確認をされることも頻繁にあります。

 

宗教の勧誘に来た人には「学生さん?平日だから不登校かしら?」とその流れで宗教に勧誘されることもあり、実年齢を言うと「嘘をつかなくてもいいのよ」と全く信じてもらえず数十分ほど玄関で粘られた経験も。

 

また、車を運転していた時に警察官から手招きをされて、免許証の提示を求められたこともあります。

たまにならまだ良いのですが、年に何回もあり、その都度身分証を提示したり家族からこっそりと笑われてしまったりと歯がゆい経験もしています。

 

ギャップにがっかりされることがある

 

実年齢と外見がかみ合わないため、実年齢を聞かれて答えると「え!?」と驚かれた上に、なんとなくがっかりされてしまうこともありました。

外見と行動がアンバランスすぎて残念がられたこともあります。

 

 

大人っぽく見られたい人におすすめのメイク法

 

童顔はメリットもあるけれど、いつもと違った大人っぽい雰囲気も演出したいですよね。

メイクの方法によって、童顔さんもグッと大人っぽくなることができます。

 

自分が童顔である特徴を見直してみて、メイクの方法を変えてみましょう。

 

カラコンは色素が薄いカラーを選ぶ

 

大人っぽいメイク カラコン

 

黒目がちだと童顔の可愛らしいイメージをアップさせてしまいます。

大人っぽく仕上げたい時には、色素が薄いフチがぼやけたカラコンを選びましょう。

 

また、黒目の直径が大きすぎると、瞳の黄金比率から遠ざかりがち。

「白目:黒目:白目=1:2:1」が最も美しい比率と言われているため、これより大きくなりすぎないようにしましょう。

 

▼色素薄い系カラコンの関連記事

・  カラコンを使ってハーフ・色素薄い系女子の瞳を手に入れよう!ハーフ系カラコンの選び方や注意点まとめ

・  【2020年最新版】色素薄い系カラコン11選!外国人風・ハーフ顔になれるナチュラル系カラコンを紹介

 

眉毛は垂れさせずストレートに

 

大人っぽいメイク 眉毛

 

眉毛の形で目周りの印象が大きく変わります。

大人っぽい眉といえばアーチ眉を連想しますが、童顔には浮きやすいです。

そのため、眉尻を垂れさせないストレートな眉毛に仕上げましょう。

 

眉毛は剃りすぎずに、程よく毛流れを活かすことがポイントです。

また、髪やカラコンの色に馴染ませるために、眉マスカラを利用するとより自然になるでしょう。

 

▼眉毛 書き方の関連記事

・  【正しい眉毛の書き方】アイブロウペンシル・パウダーを使って簡単に美眉マスター!

・  眉毛を描くのが苦手な人必見!眉毛の整え方・アイブロウメイクの仕方・おすすめコスメをまるっと紹介♪

 

アイシャドウ・アイライン・マスカラで横長に

 

大人っぽいアイメイク

 

横長なキリっとした目は大人っぽい印象を与えます。

アイシャドウ・アイライン・マスカラを使って、横向きに目を大きく見せましょう。

 

まず、アイシャドウはアイホール全体にベージュ、目尻側にブラウンなどの締め色を乗せます。

最後にまぶたの中央にラメ・パールを乗せれば、横長で立体的なアイシャドウの完成です。

 

一重や奥二重の場合はアイシャドウだけではなく、後述するアイラインやマスカラなどのトータルでニュアンスを出しましょう。

 

大人っぽいメイク アイライナー マスカラ

 

童顔の人は太いクッキリとしたアイラインが浮きやすいです。

そのため、まつ毛の間を埋めるようにインラインを描き、目の形に合わせて目尻のラインを延長させましょう。

キャットアイにする場合、自然な太さの線で少しだけ上向きに角度を付けます。

 

マスカラは目尻側を中心に、根元からダマにならないように塗ります。

まつ毛は色っぽさを感じるパーツなので、ロング系のセパレートしたマスカラで長さを出すと、大人な印象に仕上がりますよ。

 

また、ビューラーでカールさせすぎると子供っぽくなるため、ナチュラルな角度にしましょう。

 

チークは頬骨から斜めに入れる

 

大人っぽいメイク チーク手順

 

チークは中央に乗せると幼く見え、頬骨から頬にかけて斜めに入れると大人っぽく見えます。

そのため、元々の自分の顔から浮かない程度に、斜めの形に入れてみましょう。

 

前述したアイメイクで目の横幅を広げると、チークの位置を斜めにしても浮きにくくなりますよ。

 

大人っぽいカラーのチーク・リップをチョイス

 

大人っぽいメイク リップ手順

 

チーク・リップのカラー選び次第でも、童顔から大人っぽい顔へと変化させられます。

 

おすすめなのは、ベージュピンクなどの落ち着いたくすみカラー。

ブラウン要素が少ない血色の良いものを選べば、童顔でも浮きすぎる心配がありません。

また、くすみ系が苦手な場合は、落ち着いた肌に馴染む発色を選びましょう。

 

大人っぽい唇に仕上げるには、艶系の保湿リップを選ぶことがポイント。

「上唇:下唇=1:1.5」になるようにコンシーラーやオーバーリップで調整すると、大人っぽさが増します。

 

パーティーなどの華やかな場面では、深みのあるレッドにチャレンジしても良いですね。

 

シェーディング・ハイライトでメリハリをつける

 

大人っぽいメイク シェーディング

 

童顔な人は、顔に凹凸やメリハリが少ない傾向にあります。

そこで、自然なシェーディング・ハイライトを取り入れて、顔全体の印象を変えてみましょう。

 

まずシェーディングを入れる場所は以下の通りです。

 

  • 頬骨の下
  • エラ・顎周り
  • 眉頭下(鼻の付け根)
  • 小鼻の横

 

先ほど斜めにチークを入れた下側に沿って、斜めにシェーディングを入れます。

また、眉頭の下にシェーディングを入れ、鼻先を尖らせるようにノーズシャドウを入れると、鼻筋が通ってシャープな印象に。

 

丸顔の場合はエラ・顎周りを削るようにシェーディングを入れ、面長に近づけましょう。

 

大人っぽいメイク ハイライト

 

続いてハイライトを入れる場所は以下の通りです。

 

  • Tゾーン
  • 鼻先
  • 眉尻下
  • Cゾーン
  • 上唇の山
  • 顎先

 

額・鼻筋・上唇・顎を強調することで、縦向きのラインが美しく揃い、大人っぽい面長な印象に近づきます。

 

前述したチークやシェーディングを活かすには、頬骨の上側から目尻上にかけてのCゾーンにツヤを足すことがポイント。

眉尻の真下に薄くハイライトやコンシーラーを入れると、眉毛がキリっとして見えます。

 

▼合わせて読みたい

・  【メイク初心者の方必見】顔の形別にシェーディングの入れ方やおすすめ商品を紹介

・  【プチプラ・デパコス】おすすめのハイライト17選!ツヤ肌を作るマストアイテムをご紹介

・  クールメイクで凛とした美しい女性に変身♪メイクの仕方やおすすめコスメを紹介

 

 

大人っぽく見られたい人におすすめのファッション・ヘア

 

続いて大人っぽく見られたい人におすすめなファッション・ヘアをご紹介します。

 

美容師さんに頼んで骨格に合わせてもらう

 

 

ヘアスタイルは外見の年齢を大きく左右することがあります。

例えば長い前髪をかき上げると、一気に大人っぽい印象になるでしょう。

 

童顔を脱したいのであれば、まずは美容院で美容師さんに大人っぽい雰囲気になりたいということを相談し、ヘアスタイルも決めてもらうと間違いがありません。

骨格によって似合う髪型が異なるため、プロに判断してもらうことがポイントです。

 

落ち着いたトーンの髪色を選ぶ

 

 

髪色はブラックやダークブラウンなどの落ち着きのあるものが無難です。

明るい色はかえって子どもっぽく見えてしまうでしょう。

 

シックな綺麗系ファッションにチャレンジ

 

 

童顔だと、かわいめや甘コーデをしたときに全体的に「かわいい」という印象が強くなります。

かわいらしさをプッシュしていきたいのであれば問題はないですが、大人っぽくなりたいのであれば、少しシックなファッションもチェックしてみましょう。

 

花柄のシャツやキャラクターのプリントシャツなどは、童顔を引き立ててしまう可能性があります。

素材の色にも左右されますが、トップスは無地できれい目、さらに顔に目線が集中しないように肩よりも上に布が集まらないものを選びましょう。

 

メイク・ヘアなどとのトータルコーデを意識

 

 

タートルネックや襟付きシャツなどを着用する場合は、メイクやヘアスタイル、服の色や素材などのトータルコーデなどに十分注意してください。

足元は、普段よりも少し高めのヒールを試してみるのも良いですね。

 

 

童顔になりたい人向けのメイク法

 

反対に、可愛らしい童顔に憧れる人も多いのではないでしょうか。

ここからは、童顔になりたい人向けのメイク法をご紹介していきます。

 

フチのあるカラコンを選ぶ

 

童顔メイク カラコン

 

黒目がちな瞳は童顔に見えやすくなります。

そのため、フチの色が濃いカラコンを選びましょう。

 

真っ黒だと浮いてしまうため、ブラウン系などの馴染みの良いカラコンを選ぶのが正解。

フチのデザインはぼやけていてOKなので、中心よりも色が濃くなっているかを確認しましょう。

 

▼カラコンの関連記事

・  学校や会社でもバレないナチュラル系人気カラコンまとめ!選び方は?注意すべきことは?

・  ワンデーカラコンおすすめ7選!ワンデーのメリットや使い方の注意点まとめ

 

トーンアップ・血色感アップ系の下地を使う

 

童顔メイク ピンク下地

 

童顔メイクは素肌感が重要なので、補正系の下地で肌を整えます。

目の下の三角ゾーンを中心に、トーンアップ・血色アップ系の下地を使いましょう。

 

細かいパールの入った保湿系の下地を使うと、自然と顔の印象が華やかになりますよ。

 

※コントロールカラーの関連記事:  コントロールカラーのおすすめ32選!使い方・色の選び方・プチプラ~デパコスまで人気アイテムまとめ

 

セミマット~ツヤ肌に仕上げる

 

童顔メイク ハイライト BBクリーム

 

童顔になるにはセミマット肌もしくはツヤ肌が向いています。

ツヤがあると若く健康的な印象を与えられるのです。

 

セミマット肌にする時は、肌馴染みの良いベージュ系のハイライトを使いましょう。

 

また、保湿系のファンデーションでツヤを作る際は、皮脂を防ぎたい部分に薄くパウダーを乗せておくと仕上がりが美しくなります。

 

※ツヤ肌の関連記事:  肌がキレイと褒められるツヤファンデ13選!ツヤ肌作りに欠かせないプチプラ・デパコス・韓国コスメも紹介♪

 

コンシーラーを使ってファンデーションは少なめに

 

童顔メイク コンシーラー

 

童顔のように見せるには、素肌のようなナチュラル感が大切です。

素肌感を出すにはコンシーラーを使い、ファンデーションの量を少なくしましょう。

クマの境目や小鼻・口角など、ピンポイントにコンシーラーでカバーするのがコツです。

 

ファンデーションは全体のムラを整える役割。

目の下の三角ゾーンを中心に乗せ、鼻・口周り・目周り・顔の輪郭は薄付きにしましょう。

 

童顔メイクではリキッドファンデーション・BBクリームなどが向いています。

また、肌色から極端に明るいと厚塗り感が出るため、元の肌の色にファンデの色を合わせましょう。

 

▼合わせて読みたい

・  目の下のクマやニキビをしっかりカバー!おすすめのコンシーラー10選

・  おすすめのリキッドファンデーション11選!プチプラ・デパコス商品をまとめて紹介

・  BBクリームとは?CCクリームとの違いは?正しい使い方やおすすめアイテム9選

 

ブラウン・赤み系のアイシャドウやアイライン

 

童顔メイク アイメイク

 

目の印象を優しくすると、グッと童顔っぽさが増します。

そのため、アイラインやマスカラはブラウン系を選び、アイシャドウはブラウンや赤み・オレンジ系を選びましょう。

 

目尻に薄く赤ピンク系のアイシャドウを入れたウサギメイクは、童顔っぽく見せるのに効果的。

 

また、肌馴染みの良い血色系アイシャドウを単色使いしても、イマドキの童顔メイクになりますよ。

繊細なパール系アイシャドウで涙袋も作りましょう。

 

▼合わせて読みたい

・  色&種類別おすすめブラウンアイライナー12選!自分にぴったりな1本を見つけよう♪

・  【ブラウンアイシャドウ】ブルべでも大丈夫!おすすめブランドとアイテムから、デカ目メイクまで紹介♪

・  ピンクアイシャドウで女性らしさを格上げ!プチプラ・デパコスのおすすめアイテムや、アイメイクのワンポイントアドバイスも紹介♪

 

黒目の上を強調する

 

童顔メイク マスカラ

 

大人っぽく見せるメイクでは目を横長にしましたが、童顔メイクの場合は反対に縦を意識すると効果的。

特に黒目の上を強調して、丸いクリッとした瞳を演出しましょう。

 

アイラインは目の中央をほんの少し濃くします。

目尻にかけてブラウン系のアイシャドウでぼかすと、自然と目の中央が強調されますよ。

 

また、ビューラーを使ってまつ毛をしっかりとCカールさせましょう。

マスカラは目の中央をメインに、上へ持ち上げるイメージで塗ると可愛らしい仕上がりです。

 

眉マスカラでふんわりさせる

 

童顔メイク 眉マスカラ

 

眉毛がキリっと濃いとハンサムな大人っぽい印象に、眉毛がふんわり薄いと可愛い童顔な印象に仕上がります。

そのため、眉毛はペンシル・パウダーで描き、眉マスカラでふんわりさせましょう。

 

明るすぎると浮くため、髪色に近いブラウンの眉マスカラを選ぶことがポイントです。

 

※眉マスカラの関連記事:  眉マスカラのおすすめ7選!眉マスカラの選び方や塗り方も解説

 

チーク・リップは明るいカラーをチョイス

 

童顔メイク ピンクリップ

 

童顔メイクはチーク・リップの色合いが重要。

ピンク・コーラル・オレンジなどのくすみの少ない明るいカラーをチョイスしましょう。

 

ビビッドカラーだと浮いてしまうため、肌馴染みの良い発色を選んだ方が自然な童顔メイクに仕上がりますよ。

 

※コーラルピンク リップの関連記事:  人気のコーラルピンクリップで魅力的な唇に!プチプラ・デパコスのおすすめリップをまとめて紹介

 

チークは丸く入れる

 

童顔メイク チークの入れ方

 

顔の中心側にチークを丸く入れると、可愛らしい童顔な印象に近づきます。

笑った時に頬が高くなる部分を目安に、丸くふんわりチークを入れましょう。

 

特にクリーム・リキッド系のチークを使うと、ツヤ肌との相性が良く、ジュワッと広がるような自然な血色感にできますよ。

 

シェーディングよりハイライトを使う

 

童顔メイク ハイライト

 

童顔メイクはシェーディングをなるべく薄くすることが大切。

気になる輪郭などに自然と入れる程度にしましょう。

 

また、チークの上にピンク・ベージュ系の粒子が細かいハイライトを乗せると、顔が明るい印象になります。

ラメ・パール系のアイシャドウ代わりにハイライトを使う方法もおすすめ。

ハイライトは肌馴染みが良いため、下まぶたにのせるとナチュラルに涙袋を強調できますよ。

 

 

童顔であることを有効活用しよう!

 

童顔な女性

 

童顔は外見的に幼く見える反面、内面の大人な部分とのギャップを見せることができればモテ要素も高いです。

童顔をコンプレックスにせず、自分の特徴として上手に活用していきましょう。

 

若く見えるということは、必ずしも悪いことばかりではありません。

また、メイクやファッションを工夫することによって、童顔であることをカバーしながら楽しむことができますよ。

 

▼合わせて読みたい

 

・  裸眼メイクでナチュラルに盛れるメイク術!カラコンを卒業してコスメの力だけで最上級の私に♪

・  黒髪さんに似合うメイクを系統別に紹介!ポイントを抑えてトレンド顔をGETしよう♪

・  男ウケするメイクを徹底解説!NGメイクも合わせて紹介

・  垢抜ける方法をメイク・ヘア・ファッション別に解説!洗練されたオシャレを楽しもう♪

・  30代のメイクはナチュラルメイクでこなれ仕上げ!コツや失敗しない方法、デカ目も叶うメイク術を紹介


フォローして最新記事をチェック!



検索

カテゴリ一覧

ファッション(299)
   着回し/コーデ(68)
   髪型/ヘアスタイル/ヘアアレンジ(54)
   眼鏡/コンタクト/カラコン(7)
メイク・コスメ(341)
   ベースメイク(31)
   アイメイク(45)
   リップ/グロス(21)
   ネイル(13)
   コスメブランド/メーカー(168)
美容(125)
   スキンケア(73)
   髪/シャンプー/リンス/コンディショナー(33)
   石鹸/ソープ/洗顔料(11)
   ダイエット(7)
健康(66)
   健康食品/サプリメント/プロテイン(13)
   スポーツ/運動/トレーニング(6)
   冷え/温活(4)
ライフスタイル(231)
   生活雑貨/生活用品(47)
   ギフト/プレゼント(19)
   趣味(8)
   お出かけ/観光/旅行/デート(31)
   妊娠/出産/子育て(3)
   家庭菜園/ガーデニング(4)
インテリア(44)
   内装/レイアウト(5)
   DIY(3)
グルメ(84)
   カフェ/喫茶店/ドリンク(29)
   ケーキ/お菓子/スイーツ/パティスリー/パン(25)
   レシピ(28)
アート/カルチャー(30)
   写真/カメラ(8)
   ハンドメイド/クラフト(12)

スキンケア

エイジングケア(40)
保湿(168)
美白(42)
乳液(34)
クリーム(95)
オイル(24)
化粧水(101)
美容液(81)
基礎化粧品(117)
ニキビ(19)
毛穴ケア(32)
角質ケア(41)
肌荒れ(22)
くすみ(44)
クマ(10)
たるみ(20)
ハリ不足(35)
スペシャルケア(105)
セルフケア(50)
UV対策(38)
日焼け対策(30)
日焼け止め(12)
しわ(12)
洗顔/クレンジング(61)

肌質

乾燥肌(107)
敏感肌(83)
脂性肌(33)
混合肌(26)

コスメ/メイク

ツヤ肌(109)
マット肌(49)
ミネラルコスメ(43)
デカ目(56)
小顔(2)
韓国(47)
化粧(157)
ポイントメイク(165)
メイクテク(71)
ナチュラルメイク(125)
美肌(120)
メイク道具(29)
化粧下地/ファンデーション/コンシーラー(93)
テカリ防止(15)
アイメイク(104)
リップ/グロス(93)
チーク(56)
カラーメイク(27)

ファッション

春コーデ(80)
夏コーデ(75)
秋コーデ(93)
冬コーデ(93)
スタイル(185)
テイスト(167)
シーン別(49)
大人コーデ(114)
カジュアル(107)
綺麗め(123)
フェミニン(89)

年代別

10代(4)
20代(13)
30代(14)
40代(8)
50代(5)

恋愛

片思い(25)
男性心理(42)
カップル(35)
恋愛観(45)
恋愛テクニック(47)
モテ仕草(4)

ヘアスタイル

ショートヘア(38)
ロングヘア(41)
セミロング(38)
ボブ(41)
スタイリング(64)
ヘアケア(62)
ヘアカラー(22)
ヘアアクセ(18)

ライフスタイル

キッチン用品(41)
ホームパーティー(18)
グルメ/レシピ(116)
ヘルシー(44)
運動(18)
筋トレ(7)
リラックスタイム(33)

人気記事ランキング