logo

Top > 美容 > スキンケア

おすすめの化粧水15選!保湿・プチプラ・美白などの条件別に化粧水をご紹介






カサカサお肌は女子の大敵。

化粧や洗顔を繰り返すのは、お肌の負担になります。
その時にケアとして使えるのが化粧水です。

本記事では化粧水の選び方からおすすめの化粧水をご紹介していきます。
なお、おすすめの化粧水は保湿・プチプラ・美白のように条件別に取り上げています。

今のご自身の状態を踏まえた上で、お肌に合った化粧水を探してみてくださいね。

【目次】おすすめの化粧水15選!保湿・プチプラ・美白などの条件別に化粧水をご紹介

 

化粧水の選び方は主に4つ

1. 乾燥肌には「保湿化粧水」

2. ざらつく肌には「拭き取り化粧水」

3. 肌のテカリや毛穴の開きには「収れん化粧水」

4. シミやそばかすには「美白化粧水」

<しっかり保湿で乾燥肌知らずの肌にする化粧水>

1. SK‐Ⅱ フェイシャル トリートメント エッセンス

2. イプサ ザ・タイムRアクア

3. RMK スキンチューナー トリートメント M エクストラモイスト

4. アヤナス ローション コンセントレイト(ディセンシア)

5. アクセーヌ モイストバランスローション

<プチプラだけどしっかり保湿もしてくれる化粧水>

1. キュレル 化粧水(とてもしっとり)

2. ちふれ スキンローション(とてもしっとり)

3. ハトムギ化粧水 スキンコンディショナー

4. 無印良品 化粧水・敏感用 しっとりタイプ

5. 白潤 美白化粧水

<シミやくすみにも浸透しつつ美白できる化粧水>

1. 雪肌精 化粧水

2. エリクシールホワイト クリアローションC

3. ちふれ 美白化粧水W

4. コーセー米肌 澄肌美白化粧水

5. HAKU アクティブメラノリリサー

 

 

化粧水の選び方は主に4つ

 

化粧水は、デパートにある高級なものはもちろん、ドラックストアやバラエティーショップでも幅広く販売されています。

そのなかでも、美白化粧水や潤い化粧水のように、その種類は数え切れないほど。

どのタイプが自分の肌に合っているのか分からない人も多いと思います。

ここでは、肌タイプによってどんな化粧水を選べば良いかを紹介していきます。

 

1. 乾燥肌には「保湿化粧水」

 

保湿化粧水

 

乾燥肌の人や秋・冬にかけて粉をふいたり、顔につっぱり感を感じる人は、保湿力に特化した「保湿型化粧水」を選ぶと良いでしょう。

セラミドやコラーゲンなどの成分は、肌の保湿力を高めてくれると言われています。

化粧水の裏側の成分表を見て判断してくださいね。

肌に多くの水分を与えることで、潤いがありもちもちの肌になれます。

 

2. ざらつく肌には「拭き取り化粧水」

 

拭き取り化粧水

 

肌にざらつきを感じる人は、「拭き取り化粧水」を使ってみてください。

ただ、拭き取り化粧水をした後に普通の化粧水を付けるのは避けるようにしましょう。

ざらつく肌の原因は、古い角質が残っていたり、クレンジングで落としきれなかった汚れが残っているためと言われています。

面倒ではありますが、化粧水を付ける前に専用の拭き取り化粧水を使ってみると、肌がワントーン明るくなり透明感が増しますよ。

 

3. 肌のテカリや毛穴の開きには「収れん化粧水」

 

pores_skin_care

 

肌のテカリや毛穴の開きが気になる人は、「収れん型化粧水」を選ぶと良いでしょう。

収れん化粧水に含まれている有機酸やアルコールが、肌に潤いを与えながら開いた毛穴を引き締めてくれます。

そうとはいえ、収れん化粧水にはアルコールが使われているものも多く、肌への刺激が普通の化粧水よりも強いので、顔以外に試し付けをし様子を見ながら使用してくださいね。

 

4. シミやそばかすには「美白化粧水」

 

しみ そばかす 美白化粧水

 

シミやそばかすが気になる人は、「美白型化粧水」がおすすめです。

美白化粧水には、シミやそばかすの原因となるメラニンの生成を弱めたり、メラニンが作られようとしているそもそもの働きを排除する成分が入っています。

メラニンの生成を除去することで、透き通った白い肌を手に入れましょう。

 

肌の状態に合った化粧水の選び方をご紹介しました。

ここからは、条件別におすすめの化粧水をまとめていきますので、化粧水選びの参考にしてください。

 

<しっかり保湿で乾燥肌知らずの肌にする化粧水>

 

1. SK‐Ⅱ フェイシャル トリートメント エッセンス

 

 

SK‐Ⅱを代表する化粧水が「フェイシャル トリートメント エッセンス」です。

 

SK‐Ⅱ独自の成分「ピテラ」を90%含んでいるのが特徴。

ピテラとは、自然酵母から生まれ、天然酵母の培養液のなかで発酵されて作られる成分のことです。

 

発酵されるうちに、ビタミンやアミノ酸などの美肌にしてくれる有効成分がぎっしりと濃縮され、そのおかげでクリアな素肌を作ると言われています。

本来女性が持っている透き通った肌へと導き、その上トリートメントもしてくれてキメを整えてくれます。

 

テクスチャーは、とろみや粘り気といったようなものは一切なく、水のようにライトです。

保湿力のある化粧水だとテクスチャーが重めだと思いがちですが、予想を覆す印象となっています。

 

付けた感じは、水っぽいのに本当によく伸びます。

肌への浸透力も高く、どんどん入っていくのが気持ち良く、付けた時から潤っていくのがわかります。

 

機能性は文句なしですが、はじめは香りが強いため、気になる人もいると思います。

ただ、使い続けていると気にならなくなる程度です。

 

また、値段は一般的に良いと言われるブランドの化粧水の約2倍ほど。

「金銭的に余裕があれば続けたい」、「高いから多く使うことに躊躇してしまう」なんて声もあるのが事実です。

たしかに値段は高いですが、それに見合った保湿力も感じられるので、ぜひ一度は試してみてくださいね。

 

SK‐Ⅱ フェイシャル トリートメント エッセンスの商品情報

 

価格:8,500円(税抜)、17,000円(税抜)、22,000円(税抜)

内容量:75ml、160ml、230ml

 

 

 

2. イプサ ザ・タイムRアクア

 

 

 

肌への優しさにこだわり、ひとりひとりの肌が持っている本来の力を大事にしながらケアをすることがコンセプトの「イプサ」。

そのなかでも「ザ・タイムRアクア」は、とてもシンプルに作られた化粧水です。

どんな肌にも合うように、アルコール・油分ともにオールフリーでできています。

 

角層を「含み水・結び水・働き水」の3種類でカバーし、外気の乾燥から潤いを守りながら補水してくれます。

肌の構造を理解し、肌の乾燥した部分に補水していくので、乾燥知らずの潤いのある肌を手に入れられます。

潤いが十分にあることで、乾燥はもちろん、テカリや肌荒れをはじめとする肌トラブルもブロックしてくれますよ。

 

テクスチャーは、さらさらしていてみずみずしい印象です。

無色で無臭なので、香り付きの化粧水が苦手な人でも問題なく使えます。

実際に付けてみても、つけた瞬間からその後まで一切べたつきは感じられず、むしろしっとり保湿されたなと感じることができるほどのモチモチ肌に。

 

ザ・タイムRアクアはとにかく浸透力が良く、手で付けながら肌の感触を確かめると、どこが乾燥しているのかが分かることもあります。

潤いが足りていない部分を知っておくことは大切なので、時折手で浸透力を確かめてみてくださいね。

すぐに大人ニキビのような肌荒れをどうにかしたいという即効性を求める人には、物足りなさを感じてしまうこともありますが、使い続けることで徐々に変化が訪れる化粧水です。

 

イプサ ザ・タイムRアクアの商品情報

 

価格:4,000円(税抜)

内容量:200ml

 

 

 

※合わせて読みたい: 「イプサ(IPSA)」のおすすめ商品まとめ!機能性の高いスキンケアアイテムが話題

 

 

3. RMK スキンチューナー トリートメント M エクストラモイスト

 

 

RMKといえば、20代からの若い世代を中心に人気なコスメブランドです。

そのなかでも保湿にこだわった化粧水が、「スキンチューナートリートメントMエクストラモイスト」です。

 

トウヒエキス、コメヌカエキス、アセロラエキスなど、約7種類の潤い成分をたっぷり配合しています。

これらのうるおい成分が、肌の角質層に浸透し、その上からうるおいベールが乾燥を防ぎます。

この1本で、化粧水はもちろん、乳液も完了した状態にしてくれますよ。

 

テクスチャーは少しとろみがありますが、重みはなくとろみがないと感じる人もいるほど。

塗っていてべたべたすることはありません。

 

エクストラモイストは香り付きで、ローズのようなラベンダーのようなフローラルベースの中に、ほんのりジンジャーの香りがします。

香りもくどくなく、アロマ的のような落ち着く香りでリラックスできます。

 

付けるときは、コットンを使った集中ケアがおすすめです。

ざらつきや肌荒れなど気になる部分をコットンのメッシュ面で滑らせ、肌を整えた後、生成り面に化粧水を馴染ませパッティングしていきます。

価格もデパコスなのに安めですし、何より1本で2役(化粧水・乳液)なので、コスパに関しても言うことなしです。

 

RMK スキンチューナー トリートメント M エクストラモイストの商品情報

 

価格:3,400円(税抜)

内容量:150ml

 

 

 

※合わせて読みたい: RMKのコスメで艶肌メイク!アイテム別にRMKのおすすめコスメも紹介

 

 

4. アヤナス ローション コンセントレイト(ディセンシア)

 

 

ディセンシアは、敏感肌の人にスポットライトを当て、独自技術を駆使し、美しさを手に入れることをコンセントにしているブランドです。

敏感肌に優しい化粧水と呼ばれる訳は、乾燥肌特有の角層ベールが薄いことや乱れた角層からのトラブル、ちょっとした肌の炎症をカバーしてくれる要素が入っているためです。

 

また、ただ保湿するだけでなく、敏感肌特有のハリのない肌に見えることや、くすみがあるような印象の肌を若々しく改善に導くと言われています。

保湿にプラスしてエイジングできる化粧水は、女子にとってはお得感がありますよね。

 

テクスチャーは、強めのとろみがある感触です。

とろみがあるのに重くなく、付けた瞬間からスッと肌に馴染んでいきます。

そのためにべたつくこともなく、肌の奥まで浸透しているような感覚です。

 

とろみが強めなので、最初に付けたときは見かけだけのしっとり感かなとも思う人もいるかもしれませんが、重ねづけすればするほど肌の内側がもっちりしていくのがわかります。

個人差はあるものの、肌に優しい化粧水なので、どれだけ重ねづけしてもヒリヒリしたりつっぱることがなく安心して使えます。

 

強いとろみが苦手な人は、化粧水を手の平に出した後、体温で数秒温めるととろみが軽減し、さらっとした感触になるためおすすめです。

香りもケミカルさを感じないので、香り付きが苦手な人も安心して使えます。

 

アヤナス ローション コンセントレイト(ディセンシア)の商品情報

 

価格:5,000円(税抜)

内容量:125ml

 

 

 

5. アクセーヌ モイストバランスローション

 

 

アクセーヌは、「潤い」について追及しており、潤いロスのすべての原因は乾燥によるものだとしています。

その乾燥が、あらゆる肌トラブルを引き起こしているということに行き着き、最新の皮膚生理学に基づいて生み出されたのが「モイストバランスローション」です。

モイストバランスローションは、ただ潤いを与えるだけではなく、浸透力と保持力に優れています。

潤いを追及をしているということもあって、一度付けるとなんと12時間の保湿時間が持続します。

 

テクスチャーは水のようにさらさらしているものの、付けるとうっすらカバーしてくれるような膜感があります。

何度も付ける必要がなく、一度だけでもっちりの肌感になれるのが嬉しいです。

 

無着色・無香料となっているため、香りが苦手な人や人工着色された商品を顔に付けるのが不安な人にはおすすめです。

また、アルコールフリーの無添加なので安心して使えますね。

 

内容量が360mlと化粧水の中でもたっぷり入っている方で、毎日バシャバシャ付けられるのも助かります。

季節や日焼け後など、肌の状態関係なしに高い保湿力を発揮してくれるため、乾燥を感じている人は一度は試してみていただきたいです。

 

アクセーヌ モイストバランスローションの商品情報

 

価格:5,500円(税抜)

内容量:360ml

 

 

 

<プチプラだけどしっかり保湿もしてくれる化粧水>

 

1. キュレル 化粧水(とてもしっとり)

 

 

キュレルの化粧水といえば、目的ごとにたくさんのシリーズが出ています。

今回紹介するのは保湿重視の「化粧水Ⅲ(とてもしっとり)」です。

 

乾燥の原因は、角質内にあるセラミドの減少だと言われており、キュレルは化粧水内にセラミドを豊富に配合しています。

セラミドは肌の表面のバリアの役割になり、肌荒れを防いでくれます。

セラミドケアならキュレルと言われるほどの認知度で、ボディ用品は赤ちゃんにも使うことができるほどデリケートな肌にも対応しています。

 

キュレルの化粧水シリーズは3種類ありますが、その中でも一番の保湿力が期待できるのがこの「とてもしっとり」です。

テクスチャーは、名前の通りしっとりさせてくれそうなとろみ感。

しっとりはしているものの、油分のような重たさは一切感じません。

付けるとかすかにオーガニック調の香りはするものの、ケミカルさはないのでご安心ください。

 

手で伸ばしていると、とろみ感は多少減って伸ばしやすいです。

顔全体に付け終わると、手に取ったときのとろみ感よりも意外とさっぱりしています。

 

何重か付け足すと、どんどん浸透してもっちりした肌になっていくのがわかるので、最低でも2度付けすることがおすすめ。

コスパ重視なのに、化粧水としてのクオリティも高いのがキュレルです。

 

キュレル 化粧水(とてもしっとり)の商品情報

 

価格:1,500円(税抜)

内容量:150ml

 

 

 

2. ちふれ スキンローション(とてもしっとり)

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

オレンジページさん(@orangepage_mag)がシェアした投稿 -

 

プチプラだけど、優秀なイメージのある人気ブランドちふれ。

約60年前の創立当時から安さと品質には徹底しており、現在もなおその安さとクオリティの高さで10代をはじめ、幅広い世代から支持を集めています。

 

高い保湿力を持ち、無香料・無着色で肌に優しく、そして桁外れに安いのが「スキンローション」。

保湿力のもととなるトレハロースやヒアルロン酸が入っているので、肌に潤いをもたらしてくれます。

乾燥肌の人は、シリーズの中でも「とてもしっとり」タイプがおすすめです。

 

テクスチャーはとってもしっとりということもあって、とろみがあり濃厚な印象。

付けると肌への馴染みや浸透スピードが早く、すぐにもっちり肌が完成します。

手で触っても吸い付かれる感じが心地よく、水分を含んでいると実感できますよ。

 

ただ、保湿力は抜群なものの、人によっては多少重たさを感じてしまう人もいると思います。

冬や乾燥しているときは違和感なく付けられますが、夏や汗をかく場面ではヘビー気味。

同じシリーズの中にも「さっぱりタイプ」やライト目な「しっとりタイプ」があるので、お肌の調子を考えて使い分けしてください。

 

コスメブランドとしても名高いので、安心して使えることは言うまでもないですね。

コスパ重視の学生や量を多く使いたい人に向いています。

 

ちふれ スキンローション(とてもしっとり)の商品情報

 

価格:600円(税抜)

内容量:180ml

 

 

 

※合わせて読みたい: ちふれの大人気コスメ特集】SNSでも話題の口紅や化粧水など、ちふれのプチプラおすすめ商品を徹底解説!

 

 

3. ハトムギ化粧水 スキンコンディショナー

 

 

アットコスメ内の2018年ベストコスメ大賞で見事1位を獲得した化粧水が、ハトムギ化粧水の「スキンコンディショナー」です。

ハトムギ化粧水の特徴は、名前の通り天然植物成分ハトムギエキスを配合していること。

ハトムギとは、アミノ酸やコイクセノリドと呼ばれる肌に良い成分を多く含んでおり、新陳代謝が活発になることを促す成分です。

 

新陳代謝が活発になることで肌荒れやむくみが取れたり、乾燥を防いで潤いをもたらしてくれます。

代謝が活発になれば、血行が良くなり顔色が健康的になったり、肌に透明感が生まれたり、肌のターンオーバーが促進されて自然と美白効果になっていたりといいこと尽くしです。

 

テクスチャーは、さらさらしていて重みがありません。

水のように軽く付け心地も抜群です。

 

内容量もたっぷり500ml入っているので、惜しみなくバシャバシャ使えます。

ボトルが大きいため冷蔵庫で冷やしたりしづらくはあるのですが、スプレーボトルに入れ替えて保管することもできます。

また、スプレーボトルに入れ替えることで、全身にも付けやすく、わざわざ手にのせなくてもいいので衛生的にもおすすめです。

 

その他にも裏技として知られているのが、ニベアとの併用使いです。

ハトムギ化粧水だけの保湿力では物足りないと感じている人は、ニベアのクリームを足して使用してみてください。

ニベアクリームは濃厚で伸びづらいので、少し手の上で混ぜたり、乾燥している箇所に重ねづけするとたっぷりと保湿できます。

 

ハトムギ化粧水 スキンコンディショナーの商品情報

 

価格:650円(税抜)

内容量:500ml

 

 

 

※合わせて読みたい: ハトムギ化粧水ってどんなもの?成分や使ってみた感想をまとめました

 


4. 無印良品 化粧水・敏感用 しっとりタイプ

 

 

モデルさんやメディアに取り上げられ、注目されている無印良品の化粧水。

しっとりタイプの化粧水は、岩手県釜石の天然水を使用しており安心して使えます。

質の高い天然水は、粒子が細かく、超軟水なので素肌にも優しいです。

 

また無香料・無着色・アルコールフリー・無鉱物油を一切使用しておらず、アレルギーテストも済ませているので、肌が弱い人には特におすすめ。

季節の変わり目に肌トラブルが起きやすい人や乾燥を感じやすい人、肌荒れが気になる人のことを考え抜かれた商品です。

 

テクスチャーは、名前の通りしっとりしたとろみのある質感です。

付けると肌が水分を飲んでいるかのように吸収しているのがわかります。

一回一回しっかり手で肌をプレスすることで、浸透していることが感じられますよ。

即効性がある化粧水ではないので、使用後すぐ劇的に肌質が変化するというわけではありませんが、日々使うことで水分補給できます。

 

使い方はボトルのまま手の平に広げたり、コットンにつけてパックのようにしてもいいのですが、スプレーとして使うのをおすすめします。

スプレーでミスト状にすることで、水の粒子がさらに細かくなり、肌の隅々まで水分を浸透させることができます。

スプレーヘッドは同じ無印良品で販売されているので、化粧水と合わせて買っておくと良いですね。

 

無印良品 化粧水・敏感用 しっとりタイプの商品情報

 

価格:538円(税抜)

内容量:200ml

 

 

 

※合わせて読みたい: 今すぐ使いたい!無印良品の化粧水の種類や成分をご紹介♪

 

 

5. 白潤 美白化粧水

 

 

CMでも同じみのロート製薬から販売されている「白潤」。

保湿だけではなく、美白にも力を入れているのが特徴で、化粧水部門でもコスメの賞を取っているのに加え、美白部門でも受賞歴があるのに安い優秀な化粧水です。

 

美白有効成分には、高純度のアルブチンを使用していたり、ハトムギやビタミンEなどが肌のキメを整える役割をしています。

保湿成分は、潤いをもたらすと言われている成分のナノ化ヒアルロン酸を、メーカー史上最大限まで配合しているため保湿力も高めです。

 

テクスチャーはとろみが若干あるものの重みは感じません。

500円玉ほどの水にオイルを1滴落としたような膜をうっすら張ってくれる質感です。

 

保湿力が高いとべたべたしたり、質感が気になるものですが、そのようなことはありません。

また浸透力が高いので、付けた後すぐに水分を含んださらさらの肌になります。

 

しっかり馴染むので、まるで化粧水だけなのに美容液を付けているかのような感覚です。

値段が安く、パッケージもシンプルなので、男性でも手軽に手に取れます。

 

白潤 美白化粧水の商品情報

 

価格:871円(税抜)

内容量:170ml

 


 

 

<シミやくすみにも浸透しつつ美白できる化粧水>

 

1. 雪肌精 化粧水

 

 

大人気女優の新垣結衣さんがイメージモデルを務めていることで有名な化粧ブランド雪肌精。

厚生労働省が美白に一定の効果があると認めたビタミンC誘導体が入っており、美白効果やくすみのケアをする役割を果たしています。

さらに、くすみの原因と言われているメラニンを生成しないように抑えるトウキエキスも配合されているので、使えば使うほど透き通った美白肌に近付きます。

 

雪肌精には和漢植物がふんだんに配合されており、トウキエキスもそのひとつ。

他にも、ハトムギエキス、メロスリアエキスが入っています。

ハトムギエキスは肌をターンオーバーさせ活性化を促すことで健康的な肌を作り、メロスリアエキスは肌の保湿力を高めて透明感を出してくれます。

 

テクスチャーはさっぱりさらさらしており、とろみ感は一切ありません。

独特な香りはないものの、高級感のある香りがほんのりします。

冷やすとアルコール感が増すので、苦手な人は常温で使うのがおすすめです。

 

さらさらしているので伸びはあるものの、しっとり潤ったという感じは保湿重視の化粧水に比べて低い印象です。

見た感じの肌感はみずみずしく透明感が増したように思えます。

つっぱり感がある人は、数回重ね付けをしたり、コットンでパックしたり保湿力を高めてみてくださいね。

 

雪肌精の商品情報

 

価格:5,000円(税抜)、7,500円(税抜)

内容量:200ml、360ml

 

 

 

※合わせて読みたい: 雪のように白い肌に!雪肌精のおすすめ商品と魅力を解説

 

 

2. エリクシールホワイト クリアローションC

 

 

女性雑誌でも特集を組まれるほど人気な化粧水が、エリクシールの「ホワイトクリアローションC」です。

様々な女性雑誌でベストコスメ商品を受賞するなど、使った人の誰もがそのクオリティの虜になる化粧水。

 

この化粧水の主成分は、美白有効成分と言われている「メトキシサリチル酸カリウム塩」です。

メトキシサリチル酸カリウム塩は、シミやそばかすのもととなるメラニンの生成を抑え、透き通った肌を作ってくれます。

美白に特化した化粧水は、保湿力がないからつっぱると思う人もいますが、エリクシールホワイトクリアローションは、コラーゲンやグリチルリチン酸カリウムもなどの保湿成分も入っています。

 

クリアローションCは3シリーズに分かれていますが、しっとり具合が増えるほどこの保湿成分が多いです。

美白も保湿力も諦めない良いとこどりの化粧水となっています。

 

テクスチャーは、やはりしっとり具合が進むほどとろみが強い印象です。

どれも伸びがいいので少量で長持ちします。

 

肌に浸透していくのがとにかく早く、すぐにもちもち感が現れてくるのは驚きです。

一般的な美白化粧水であれば、効果が出るまでに数週間はかかりますが、エリクシールは塗った数時間後にはワントーン顔が明るく変化します。

保湿力も十分にあるので、夜付けて朝になってもモチモチ感は続いています。

 

エリクシールホワイト クリアローションCの商品情報

 

価格:4,000円(税抜)

内容量:170ml

 


 

3. ちふれ 美白化粧水W

 

 

ちふれの「美白化粧水W」は、ビタミンC誘導体が配合されており、シミやそばかすの原因になっているメラニンのあらゆる働きを防いでくれます。

その他にも、美白効果の高いアルブチンが含まれているのも特徴です。

アルブチンとは、メラニンの動きを活発にさせているチロシナーゼという酵素の働きを阻害してくれる成分です。

シミやそばかすができる前からケアしてくれるのは嬉しいですよね。

 

美白というと漂白成分のようなものではないのかと心配する人もいるかもしれませんが、アルブチンは違うのでご安心ください。

美白化粧水の弱点でもある保湿力にもこだわっており、しっとりタイプもあるため、乾燥肌の人は保湿力の高い方を使いましょう。

 

テクスチャーは、しっとりタイプは強いとろみ感です。

糸を引くほどではありませんが、多少持ち上げられるくらいのとろみ感が保湿力をアップしてくれます。

大人ニキビや肌荒れの人向けの美白化粧水もあるので、今の自分の肌の状態を見て使い分けてくださいね。

 

ちふれ 美白化粧水Wの商品情報

 

価格:1,242円(税抜)

内容量:180ml

 

 

 

4. コーセー米肌 澄肌美白化粧水

 

 

美白化粧水の定番であるメラニンの生成を抑えるビタミンC誘導体に加え、お米の力を使って抜けるような透き通った肌を作ってくれるのが「澄肌美白化粧水」です。

こだわりのお米本来の成分と発酵エキスを使用して保湿力を高め、肌の内側から白く輝く透明感のある肌を作ってくれます。

古くから美容界で使われてきた米ぬかエキスは、糖やペプチドを豊富に含んでいるため肌への保湿効果も抜群です。

 

テクスチャーは全くとろみ感がなく、まるで水のような感触です。

無香料・無着色ですが、お米のとぎ汁のような白濁感があります。

 

とろみのない見た目とは裏腹に、肌への馴染みはとても早く、べたつき感も気になりません。

早く浸透するので、その後の乳液や美容液も塗りやすく、後をひかない感じが普段使いしやすいです。

 

個人差はありますが、1本使い終わるくらい(1ヶ月ほど)で、肌が1トーン以上アップします。

同じラインでジェルクリームやエッセンスがあるので、ぜひ使ってみてくださいね。

 

コーセー米肌 澄肌美白化粧水の商品情報

 

価格:5,500円(税抜)

内容量:120ml

 

 

 

5. HAKU アクティブメラノリリサー

 

 

HAKUの売りはなんといっても、独自研究で開発された美白有効成分「4MSK」です。

メラニンが生成されるのを防ぐだけではなく、溜まっているメラニンの排出効果まである成分と言われています。

 

つまりは、現在あるシミやくすみを無くそうと働きかけてくれるということです。

化粧水で肌を拭き取とり式で化粧水を浸透させることで、メラニンのある角層を排除して明るい肌へと導いてくれます。

 

テクスチャーは、手に出すと乳液のような強いとろみが感じられ、水のようではないため比較的付けやすいです。

しかし、体温によって温められることで水のように変形していくので、一度にあまり多く取り過ぎないようにしてくださいね。

 

個人差はありますが、肌に馴染むまでには少し時間がかかる印象で、塗った直後のような濡れ感が他の化粧水よりも長く続きます。

しっとり保湿されたというよりもワントーン明るくなったかなと、なんとく感じられる程度です。

化粧水の他に、美白クリームや美白美容液等も同じラインで販売されているので、効果を早く出したい人は一緒に使ってみることをおすすめします。

 

HAKU アクティブメラノリリサーの商品情報

 

価格:4,500円(税抜)

内容量:120ml

 

 

 

化粧水はただ単に肌に水分を与えて潤わせるだけではなく、肌の状態を良くしてくれる役割があります。

自分の肌質に合った化粧水を使って、つるすべお肌を目指しましょう。


フォローして最新記事をチェック!



検索

カテゴリ一覧

ファッション(59)
   着回し/コーデ(22)
   髪型/ヘアスタイル/ヘアアレンジ(14)
   眼鏡/コンタクト/カラコン(3)
メイク・コスメ(117)
   ベースメイク(14)
   アイメイク(18)
   リップ/グロス(12)
   ネイル(6)
   メーカー/ブランド(50)
美容(73)
   スキンケア(46)
   髪/シャンプー/リンス/コンディショナー(14)
   石鹸/ソープ/洗顔料(6)
   ダイエット(3)
健康(35)
   健康食品/サプリメント/プロテイン(9)
   スポーツ/運動/トレーニング(3)
   冷え/温活(4)
ライフスタイル(127)
   生活雑貨/生活用品(15)
   ギフト/プレゼント(12)
   趣味(6)
   お出かけ/観光/旅行/デート(22)
   妊娠/出産/子育て(2)
   家庭菜園/ガーデニング(3)
インテリア(22)
   内装/レイアウト(3)
   DIY(3)
グルメ(40)
   ドリンク/カフェ(16)
   ケーキ/お菓子/パティスリー/パン(8)
アート/カルチャー(14)
   写真/カメラ(3)
   ハンドメイド/クラフト(5)

スキンケア

エイジングケア(4)
保湿(74)
美白(22)
乳液(8)
クリーム(37)
オイル(11)
化粧水(33)
美容液(26)
基礎化粧品(54)
ニキビ(9)
毛穴ケア(14)
角質ケア(21)
肌荒れ(13)
くすみ(21)
クマ(4)
たるみ(5)
ハリ不足(17)
スペシャルケア(37)
セルフケア(13)
UV対策(11)
日焼け対策(9)
日焼け止め(4)

肌質

乾燥肌(70)
敏感肌(51)
脂性肌(19)
混合肌(10)

コスメ/メイク

ツヤ肌(62)
マット肌(39)
ミネラルコスメ(12)
デカ目(30)
小顔(1)
韓国(20)
化粧(56)
ポイントメイク(54)
メイクテク(28)
ナチュラルメイク(60)
美肌(64)
メイク道具(10)
化粧下地/ファンデーション/コンシーラー(1)
リップ/グロス(1)

ファッション

春コーデ(16)
夏コーデ(15)
秋コーデ(19)
冬コーデ(18)
スタイル(34)
テイスト(26)
シーン別(14)
大人コーデ(14)

年代別

10代(1)
20代(6)
30代(7)
40代(3)
50代(2)

恋愛

片思い(21)
男性心理(23)
カップル(24)
恋愛観(24)
恋愛テクニック(31)

ヘアスタイル

ショートヘア(14)
ロングヘア(13)
セミロング(11)
ボブ(14)
スタイリング(20)
ヘアケア(28)
ヘアカラー(8)
ヘアアクセ(6)

ライフスタイル

キッチン用品(15)
ホームパーティー(11)
食生活(77)
ヘルシー(35)
運動(10)
筋トレ(4)
リラックスタイム(1)

人気記事ランキング