logo

Top > メイク・コスメ > アイメイク > まつ毛/マツエク/マスカラ

すだれまつげのやり方を解説!男ウケも抜群なかわいいアイメイクを楽しもう♪






まつ毛をあえてカールさせないメイク方法を「すだれまつげ」と呼びます。

すだれまつげはナチュラルに目元を強調できるので、男ウケが抜群。
また、馴染みが良いおかげで、元からかわいいかのようなアイメイクに仕上がります。

本記事ではすだれまつげのやり方に加え、メリット・デメリットやおすすめのマスカラをご紹介します。

相性の良いアイシャドウやアイラインのメイク方法も取り上げるので、「すだれまつげが似合わない」「うまくバランスが取れない」という方はぜひチェックしてみてください。

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、臨時休業あるいは営業時間の変更等の措置を取っている店舗・施設がございます。


お出かけ前に、店舗・施設の公式HPやSNS等で最新情報のご確認をお願い致します。


【目次】すだれまつげのやり方を解説!男ウケも抜群なかわいいアイメイクを楽しもう♪

 

すだれまつげとは

すだれまつげのメリットとデメリット

【メリット】1. メイクが時短になる

【メリット】2. 自然なアイライン効果がある

【メリット】3. まつ毛が傷みにくい

【デメリット】1. 最初は物足りなく感じる

【デメリット】2. 滲むマスカラはパンダ目になりやすい

【デメリット】3. 濃いメイクには合わない

すだれまつげのやり方

1. コームや透明マスカラで整える

2. マスカラを塗る

すだれまつげを作るのにおすすめのマスカラ

すだれまつげにおすすめなマスカラのタイプは?

1. マジョリカ マジョルカ ラッシュエキスパンダー ロングロングロング

2. UZU BY FLOWFUSHI MOTE MASCARA VOL.7 セパレート

3. エテュセ アイエディション(マスカラ)

4. メイベリン ニューヨーク ラッシュニスタ N

5. クリニーク ラッシュ パワー マスカラ ロング ウェアリング フォーミュラ

すだれまつげに合うのはどんなアイメイク?手順を紹介

すだれまつげに合うアイシャドウ

すだれまつげに合うアイライン

すだれまつげで今どきメイクを楽しもう♪

 

すだれまつげとは

 

すだれまつげ ビューラー 女性

 

毛流れを活かしてそのままマスカラを塗るメイク方法が"すだれまつげ"です。

 

アイメイクをする際には「ビューラーをしてからマスカラを塗る」という工程が一般的。

ところが、今流行りのすだれまつげではビューラーを使用しません。

 

すだれまつげを取り入れると、まるで元からかわいいかのような目元に仕上がります。

さらに、横長に強調されて切れ目な印象になるので、アンニュイな雰囲気を出したい時にもピッタリです。

 

すだれまつげは、近年のナチュラルなトレンドとの相性が抜群。

芸能人を担当するメイクアップアーティストさんの中にも、最近では「あえてビューラーを使わない」というすだれまつげを好む意見があるほどです。

 

※ナチュラルメイクの関連記事:  誰でも出来る簡単ナチュラルメイクのコツ!初心者でも出来るやり方は?ベースメイクやアイメイクもご紹介

 

 

すだれまつげのメリットとデメリット

 

すだれまつげ 女性

 

すだれまつげを取り入れたい人へ向けて、すだれまつげのメリットとデメリットをご紹介していきます。

あなたにピッタリなアイメイクを見つける参考にしてみてください。

 

【メリット】1. メイクが時短になる

 

綺麗なカールまつ毛にするには様々な工程が必要です。

ビューラーで丁寧にまつ毛をカールさせて、カールキープ下地を塗って、乾いたらマスカラを塗って…これらを毎日こなすのは大変ですよね。

 

すだれまつげなら、そもそもカールさせる必要がありません。

そのため、念入りなビューラーやカールキープのための下地が省略でき、メイク時間が短縮されます。

 

また、すだれまつげは時短なのに手抜き感が出なくて、男ウケが良いメイクなんです。

 

【メリット】2. 自然なアイライン効果がある

 

すだれまつげでアイメイクを仕上げると、自然なアイライン効果が生まれます。

ばっちりアイラインを引かなくても、ナチュラルに目元を強調できるメリットがあるのです。

 

さらに、小回りの利くマスカラで丁寧に塗れば、フサフサした女性らしいまつ毛が演出できるでしょう。

 

ビューラーでまつ毛を上げると扇状に強調されて、縦長な目がキュートな印象を与えます。

それに対してすだれまつげは、横長に強調されてミステリアスな印象になるでしょう。

 

縦向きのニュアンスを緩めたい面長さんや、派手なアイメイクをナチュラルにシフトしたい人へもおすすめですよ。

 

【メリット】3. まつ毛が傷みにくい

 

すだれまつげ まつ毛ケア 女性

 

毎日のビューラーやまつ毛パーマは、まつ毛にダメージを蓄積させます。

すだれまつげなら何も手を加えないので、最小限の負担で抑えられるでしょう。

 

まつ毛美容液などでのケアにはある程度限界があります。

「そもそもまつ毛を傷めたくない」「自まつ毛を育てたい」と思った時、すだれまつげを使ったメイクがおすすめです。

 

※まつげ ケアの関連記事:  おすすめのまつ毛美容液16選!口コミでも人気の種類や商品の選び方を紹介

 

【デメリット】1. 最初は物足りなく感じる

 

今までビューラーやまつ毛パーマをしていた人からすると、すだれまつげに「物足りない」「ナチュラルすぎる」と感じてしまうことも。

顔全体で見ればバランスが整っていても、ビューラーでまつ毛を上げた時のようなインパクトは得られにくいでしょう。

 

しかし、すだれまつげは横から見た時や伏し目の時のシルエットが美しいメイク方法です。

ナチュラルだからこそ「もともと綺麗」と思われやすいメリットもあります。

 

ビューラーを使ったメイクと違う魅力に目を向けてみましょう。

 

【デメリット】2. 滲むマスカラはパンダ目になりやすい

 

すだれまつげ 女性

 

すだれまつげは下向きのまつ毛にマスカラを塗るため、滲むマスカラだとパンダ目になりやすいデメリットがあります。

涙や皮脂に弱いマスカラは避けて、なるべくモチの良いタイプを選びましょう。

 

特にマスクをする際は、目元に湿気が集中しやすいので要注意。

本記事の後半では滲みにくくて綺麗に仕上がるマスカラを紹介しているので、すだれまつげメイクの参考にしてみてください。

 

【デメリット】3. 濃いメイクには合わない

 

すだれまつげが似合う顔は、全体的にナチュラルなメイクで統一しています。

普段濃いメイクをしている人がそのまますだれまつげを取り入れると、目元が浮いてしまう原因に。

 

特に太いアイラインや濃いアイシャドウは、まつ毛より目立って上手く馴染みません。

「なかなかすだれまつげが似合わない」という人は、上手に引き算・足し算しきれていないのかも。

 

後述するメイク方法を参考に、まつ毛・アイライン・アイシャドウのバランスを整えましょう。

 

 

すだれまつげのやり方

 

すだれまつげ やり方

 

すだれまつげの基本的なやり方を解説していきます。

 

用意するのはまつ毛コーム(または透明マスカラ)と、通常のマスカラ。

マスカラのみでも手軽に挑戦でき、一重・二重・奥二重でも手順は同じなので、ぜひ試してみてください。

 

1. コームや透明マスカラで整える

 

すだれまつげ やり方

 

まずは、まつ毛コームで毛流れを整えます。

透明マスカラやマスカラベースを使って整えても良いでしょう。

 

特にまつ毛が短い人や一重・奥二重さんは、マスカラベースの使用がおすすめ。

 

まつ毛コームや透明マスカラなどが無い場合は、この工程を飛ばしてもOKです。

また、すっぴん風メイクでは通常のマスカラなし(透明マスカラのみ)で仕上げることもあります。

 

※透明マスカラの関連記事:  「透明マスカラ」のおすすめ8選!選び方から活用術まで紹介

 

2. マスカラを塗る

 

すだれまつげ やり方

 

まつ毛の上からマスカラのブラシを乗せるように当てましょう。

そのまま、根元から毛先にかけてスライドさせて、撫でるようにマスカラ液を塗っていきます。

 

より自然なすだれまつげにしたい時には、マスカラ液をティッシュで軽く落としてから、縦向きにしたブラシで1本ずつまつ毛を伸ばしましょう。

ダマができてしまった時には、最後にマスカラコームでとかすと綺麗に仕上がります。

 

また、まつ毛が下がりすぎて気になる場合は、まつ毛の上ではなく下からマスカラのブラシを当ててみましょう。

根本から持ち上げるように塗ると、ほんの少し上向きにまつ毛がカーブして、自然なカールが生まれます。

 

 

すだれまつげを作るのにおすすめのマスカラ

 

マスカラの種類によってすだれまつげの仕上がりが大きく変わります。

 

ここでは、マスカラの選び方をご紹介した後、すだれまつげにおすすめの商品をピックアップ。

綺麗なまつ毛メイクに仕上げるためのヒントにしてください。

 

すだれまつげにおすすめなマスカラのタイプは?

 

すだれまつげ おすすめ マスカラ

 

すだれまつげを作る際には、ダマになりにくくて伸びの良いマスカラを選ぶことがポイント。

ボリュームタイプよりはロングタイプ、繊維が入って綺麗にセパレートするマスカラがベストです。

 

また、根本から塗ることができる細い形状のブラシもおすすめ。

ブラシが大きいと瞼に液が付きやすく、毛束が太く不自然になるので、小回りが利くサイズを選びましょう。

 

まつ毛が短い人や毛量が少ない人は、マスカラ下地と併用すると自然なフサフサまつ毛に仕上がります。

 

ここからは、口コミ評価の高い人気マスカラの中から、すだれまつげにおすすめの商品をご紹介します。

ナチュラルなロング系やセパレート系が揃っているので、毎日メイクにうってつけですよ。

 

1. マジョリカ マジョルカ ラッシュエキスパンダー ロングロングロング

 

 

驚くほど長いまつ毛へと導いてくれるプチプラマスカラ、「ラッシュエキスパンダー ロングロングロング」。

たっぷりと繊維が入っているおかげで、短いまつ毛もグングンと伸ばすことができます。

 

また、ブラシがコーム型になっていてセパレートしやすい点も魅力。

根元からしっかりと液をつけることができ、つややかなまつ毛に仕上がります。

さらに、ウォータープルーフで崩れ知らずです。

 

すだれまつげを美しく見せるには、自然な長さを出すことが重要です。

普段つけまつ毛やマツエクを利用している人は、ぜひこちらの優秀なロングマスカラを使ってみてください。

 

ラッシュエキスパンダー ロングロングロングの商品情報

 

価格: 1,320円(税込)

内容量:6g

カラー:2色

 

 

 

※マジョリカマジョルカの関連記事:  マジョリカマジョルカ(MAJOLICA MAJORCA)のおすすめコスメまとめ!

 

2. UZU BY FLOWFUSHI MOTE MASCARA VOL.7 セパレート

 

 

ドラコスの定番ともいえるウズ・バイ・フローフシのマスカラ「MOTE MASCARA(モテマスカラ)」。

9種類のバリエーションの中でも、「VOL.7 セパレート」がすだれまつげにおすすめです。

 

独自開発のコームで自然な太さとセパレートを実現。

1本1本根本から持ち上げられるため、すだれまつげにアイライン効果を出せます。

 

また、天然ミネラル成分でまつ毛をケアしつつ、抜群に崩れにくい点も魅了です。

まつ毛の傷みを最小限に抑えたい場合、すだれまつげと「MOTE MASCARA(モテマスカラ)」の相性は抜群といえます。

 

MOTE MASCARAの商品情報

 

価格: 1,980円(税込)

内容量:5.5g

カラー:6色

 

 

 

※UZUの関連記事:  フローフシの新ブランド「UZU(ウズ)」の革命的コスメが話題!人気コスメを一挙紹介

 

3. エテュセ アイエディション(マスカラ)

 

 

繊細なブラシでフサフサなまつ毛に仕上がる「アイエディション(マスカラ)」。

小回りが利くので1本ずつ丁寧に塗ることができ、ナチュラルなのに華やかな印象になります。

 

また、液がサラサラとしているためダマになりにくく、塗った後のまつ毛が軽やかです。

 

カラー展開は、パープル要素のある「ラベンダーブラック」と、赤み系の「バーガンディブラン」。

単純なブラック・ブラウンではなく抜け感があるカラーなので、簡単にオシャレな目元に近付くと評判です。

 

口コミでは「滲みにくい」という声が見受けられ、お湯落ちなのでメイクオフが楽々。

美容液成分が配合されていることもあり、毎日ヘビロテしたくなるマスカラです。

 

アイエディション(マスカラ)の商品情報

 

価格: 1,320円(税込)

内容量:6g

カラー:2色

 

 

 

エテュセの関連記事:  ettusais(エテュセ)のおすすめ商品16選!思わず誰かに教えたくなる名品を徹底解説

 

4. メイベリン ニューヨーク ラッシュニスタ N

 

 

軽い塗り心地でまつ毛をしなやかに長くするマスカラ「ラッシュニスタ N」。

伸びがいいのでダマになりにくく、たっぷり入ったファイバーが自然とまつ毛を強調してくれます。

 

日本人向けに設計されたコンパクトなブラシは目元にフィットしやすく、均等に美しくマスカラ液を塗ることができます。

まつ毛の根本に塗りやすく、縦向きにすれば小回りが利き、すだれまつげにピッタリのマスカラ。

 

さらに、オリーブ・チェリーなどのオシャレなニュアンスカラーもあり、アンニュイメイクに使えます。

 

また、速乾性があるので「まばたきしたら瞼についた…」なんてことも減らせるでしょう。

滲みにくいと評判なのに、ぬるま湯でするんとメイクオフできます。

 

ラッシュニスタ Nの商品情報

 

価格: 1,320円(税込)

内容量:7.5g

カラー:4色

 

 

 

5. クリニーク ラッシュ パワー マスカラ ロング ウェアリング フォーミュラ

 

 

自然な仕上がりでしっかりと長さをプラスしてくれるマスカラ、「ラッシュ パワー マスカラ ロング ウェアリング フォーミュラ」。

肌への優しさを追求するクリニークのロングセラー商品です。

 

日本人の目元にフィットする極細のブラシは、すだれまつげのセパレートを作るのに最適。

また、汗・皮脂・涙への耐久性が強いのにぬるま湯で落ちる点も、人気な理由の一つです。

 

重ねてもダマになりにくいので、少しずつ塗ってボリュームをプラスする使い方もOK。

まるで生まれつきのまつ毛が長いかのような、自然なマスカラをお探しの人へおすすめです。

 

ラッシュ パワー マスカラ ロング ウェアリング フォーミュラの商品情報

 

価格:3,850円(税込)

内容量:6g

カラー:1色

 

 

 

▼クリニーク/マスカラの関連記事

・  【人気のスキンケアからコスメまで】クリニーク(CLINIQUE)のおすすめ商品18選!

・  【カール・ロング・ボリューム】おすすめの最強マスカラ11選!

 

 

すだれまつげに合うのはどんなアイメイク?手順を紹介

 

すだれまつげ アイシャドウ アイライン

 

いつものメイクにすだれまつげを取り入れると、「なぜか違和感がある」「似合わない気がする」と感じることが少なくありません。

 

そんな時は、まつ毛以外のメイクとバランスを取って、すだれまつげが似合う顔に近づけることがポイント。

いったいどんなアイシャドウやアイラインがすだれまつげに合うのか、その手順を見ていきましょう。

 

すだれまつげに合うアイシャドウ

 

すだれまつげ アイシャドウ

 

すだれまつげを作る際には、アイシャドウで自然な立体感やニュアンスを加えることがコツです。

ナチュラルメイクなら繊細なパールが入ったブラウン系を、アンニュイメイクの場合はオレンジ・ピンクなどの肌馴染みが良いアクセントカラーを選びましょう。

 

上記の写真ではピンクブラウン系の4色アイシャドウパレットを使っています。

 

立体感の作り方の手順は以下の通りです。

 

  1. アイホール全体に明るいハイライトカラーを入れる。
  2. 薄いベージュ系カラーで大まかなグラデーションを作る。
  3. 目尻に締め色を置いて内側へ向けてブレンドする。

 

涙袋を作る際には、控えめなハイライトを薄く入れる程度にとどめましょう。

 

また、一重や奥二重の場合は、目尻下側に濃いアイシャドウでアイラインを引くとバランスが整います。

 

▼アイシャドウの関連記事

・  【ブラウンアイシャドウ】ブルべでも大丈夫!おすすめブランドとアイテムから、デカ目メイクまで紹介♪

・  人気&おすすめオレンジアイシャドウ13選!アイメイクテクやブルベに似合うオレンジアイシャドウも紹介♪

・  ピンクアイシャドウで女性らしさを格上げ!プチプラ・デパコスのおすすめアイテムや、アイメイクのワンポイントアドバイスも紹介♪

 

すだれまつげに合うアイライン

 

すだれまつげ アイライン

 

すだれまつげには細いアイラインが合います。

マスカラより主張が強くない、ブラウンなどの色合いをセレクトしましょう。

 

手順は以下の通りです。

 

  1. 黒目の上から目尻にかけて、まつ毛の間を埋めるようにアイラインを引く。
  2. 目尻まででアイラインを止めるor目の形に沿ってアイラインを延長する。

 

跳ね上げラインや目尻にかけて太くなるアイラインは、バランスが悪くなりやすいです。

目尻ちょうどで留めるか、自然な範囲内で延長する程度にしましょう。

 

より自然に仕上げるには、マスカラを塗る前にアイラインを描いた方がベターです。

 

▼アイラインの関連記事

・  【タイプ別】アイラインの引き方・アイライナーの書き方!初心者でもできる整形級の仕上がりをご紹介

・  色&種類別おすすめブラウンアイライナー12選!自分にぴったりな1本を見つけよう♪

 

 

すだれまつげで今どきメイクを楽しもう♪

 

すだれまつげ 女性

 

綺麗にカールしたまつ毛も素敵ですが、近年はナチュラルなすだれまつげメイクもトレンド。

すだれまつげは手間を省略しつつも、美しい自然なまつ毛のラインを強調できるので、男ウケ・女ウケともに抜群です。

 

いつものマスカラで簡単に仕上げることができるので、その日の気分に合わせて使い分けてもいいかもしれませんね。

 

手軽で綺麗なすだれまつげを、普段のメイクに取り入れてみてください。

 

※まつ毛メイクの関連記事:  今っぽいアイメイクはまつ毛から!ナチュラル&ロングなまつ毛メイクを作るテクニックとアイテムを紹介


フォローして最新記事をチェック!



検索

カテゴリ一覧

ファッション(410)
   着回し/コーデ(90)
   髪型/ヘアスタイル/ヘアアレンジ(84)
   眼鏡/コンタクト/カラコン(9)
メイク・コスメ(484)
   ベースメイク(46)
   アイメイク(72)
   リップ/グロス(34)
   ネイル(17)
   コスメブランド/メーカー(221)
美容(160)
   スキンケア(88)
   髪/シャンプー/リンス/コンディショナー/トリートメント(47)
   石鹸/ソープ/洗顔料(11)
   ダイエット(8)
健康(70)
   健康食品/サプリメント/プロテイン(13)
   スポーツ/運動/トレーニング(8)
   冷え/温活(4)
ライフスタイル(271)
   生活雑貨/生活用品(24)
   お祝い/ギフト/プレゼント(23)
   趣味(10)
   お出かけ/観光/旅行/デート(34)
   妊娠/出産/子育て(3)
   家庭菜園/ガーデニング(4)
インテリア(73)
   内装/レイアウト(5)
グルメ(95)
   カフェ/喫茶店/ドリンク(32)
   ケーキ/お菓子/スイーツ/パティスリー/パン(30)
   レシピ(28)
アート/カルチャー(42)
   写真/カメラ(8)
   ハンドメイド/クラフト(19)

スキンケア

エイジングケア(44)
保湿(213)
美白(45)
乳液(49)
クリーム(122)
オイル(33)
化粧水(133)
美容液(104)
基礎化粧品(151)
ニキビ(23)
毛穴ケア(38)
角質ケア(52)
肌荒れ(32)
くすみ(54)
クマ(10)
たるみ(21)
ハリ不足(42)
スペシャルケア(140)
セルフケア(76)
UV対策(48)
日焼け対策(39)
日焼け止め(17)
しわ(13)
洗顔/クレンジング(91)

肌質

乾燥肌(142)
敏感肌(97)
脂性肌(49)
混合肌(36)

コスメ/メイク

ツヤ肌(145)
マット肌(60)
ミネラルコスメ(59)
デカ目(68)
小顔(5)
韓国(101)
化粧(244)
ポイントメイク(252)
メイクテク(120)
ナチュラルメイク(188)
美肌(161)
メイク道具(35)
化粧下地/ファンデーション/コンシーラー(152)
テカリ防止(27)
アイメイク(179)
リップ/グロス(157)
チーク(98)
カラーメイク(48)

ファッション

春コーデ(115)
夏コーデ(109)
秋コーデ(127)
冬コーデ(130)
スタイル(253)
テイスト(233)
シーン別(52)
大人コーデ(171)
カジュアル(162)
綺麗め(172)
フェミニン(129)

年代別

10代(8)
20代(17)
30代(18)
40代(12)
50代(7)

恋愛

片思い(26)
男性心理(43)
カップル(37)
恋愛観(45)
恋愛テクニック(48)
モテ仕草(5)

ヘアスタイル

ショートヘア(59)
ロングヘア(65)
セミロング(62)
ボブ(65)
スタイリング(98)
ヘアケア(84)
ヘアカラー(34)
ヘアアクセ(26)

ライフスタイル

ホームパーティー(25)
グルメ/レシピ(133)
ヘルシー(49)
運動(22)
筋トレ(8)
リラックスタイム(53)

人気記事ランキング