logo

Top > ファッション > 着回し/コーデ

【季節別】親子コーデ10選!おすすめのアイテムやブランド、おしゃれのコツも解説






お子さんがいるママにとって、親子でお出かけするときのファッションは楽しみのひとつ。
特に子どもとお揃いのコーデや、アイテムの色・雰囲気などを合わせるリンクコーデは憧れですよね。

せっかくなら、思わず写真に残したくなるようなオシャレな親子コーデを楽しみましょう♪

本記事では、親子コーデをオシャレに見せるためのコツや、お揃いにしやすいアイテム、親子コーデにピッタリのブランド、おすすめのコーディネートなどをご紹介します。

「愛しい我が子とペアルックを楽しみたい!」というママさんは、ぜひ参考にしてください。

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、臨時休業あるいは営業時間の変更等の措置を取っている店舗・施設がございます。


お出かけ前に、店舗・施設の公式HPやSNS等で最新情報のご確認をお願い致します。


【目次】【季節別】親子コーデ10選!おすすめのアイテムやブランド、おしゃれのコツも解説

 

親子コーデをおしゃれにするためのコツ

1. 使う色を合わせる

2. 同じ柄を取り入れる

3. 小物や髪型だけお揃いにする

4. ブランドを揃える

親子コーデで揃えやすいアイテム

デニム・ジーパン

ブランドのロゴTシャツ

ワンピース

親子コーデをするのにおすすめのファッションブランド

無印良品

GAP(ギャップ)

any Fam(エニィファム)

YOKO CHAN(ヨーコチャン)

pairmanon(ペアマノン)

春夏秋冬別おすすめの親子コーデ

【春コーデ】シンプルTシャツ×色違い

【春コーデ】同色同柄×丈違いトップス

【夏コーデ】同系色×ノースリーブや半袖のワンピース

【夏コーデ】フリル×ホワイトトップス

【夏コーデ】サングラス×イエローボトムス

【秋コーデ】ブラウンパーカー×アニマル柄スカート

【秋コーデ】チェック柄ワンピース

【秋コーデ】淡色+ブラックコーデ

【冬コーデ】ロングコート×ボア生地

【冬コーデ】色違いコーデュロイ×お揃いマスク

 

親子コーデをおしゃれにするためのコツ

 

親子コーデをする際、サイズ違いでまったく同じデザインの洋服を探すのは意外と難しいもの。

しかし、全身まるごとお揃いにしなくても、親子コーデをオシャレに楽しむ方法があるんです。

 

以下で紹介するポイントを押さえて、コーディネートを組んでみてください。

 

1. 使う色を合わせる

 

使う色を合わせる

 

上の写真を見ると、色を揃えるだけでコーディネートが全体的にまとまって見えますよね。

同じデザインの洋服が見つからなくても、簡単にお揃いのようにすることができます。

 

リンク感をしっかり出したいなら、上から下まで全身のアイテムの色を揃えると◎

このとき、使う色を3色以内におさめるとゴチャゴチャせずオシャレですよ。

 

さりげなくお揃いにしたいなら、完全に同じ色でなくてもトーンを合わせたり、差し色のみ揃えたり、ママのトップスと子どものボトムスをクロスで同じ色にしたりする方法もあります。

「モノトーン」「秋っぽい色」「パステルカラー」など、最初に使う色のテーマを決めておくと洋服を選びやすいです。

 

▼ファッション カラーの関連記事

・  春夏秋冬別モノトーンコーデ20選!地味に見えない着こなしのコツも紹介♪

・  パステルカラーに合う色って?大人世代が真似たいコーデを色別に紹介!

 

2. 同じ柄を取り入れる

 

 

チェックやドット柄、花柄やボタニカル柄など、柄を合わせるのもリンク感を出す方法のひとつ。

まったく同じ柄で揃えなくても、種類の違う花の柄、太さの異なるボーダーなど柄の大きさや形が違うアイテムでコーディネートを組んでみてもオシャレです。

 

柄を揃えた親子コーデならメンズアイテムでも簡単に取り入れられて、男の子やパパとも揃えやすくなります。

「柄だけだとお揃いって分からないかも?」と感じたら、色も一緒に合わせてみてください。

 

▼ファッション 柄物の関連記事

・  四季に合わせたおすすめのチェック柄コーデを紹介!

・  花柄のおしゃれな着こなし方&春夏秋冬別のおすすめコーディネート10選♪

 

3. 小物や髪型だけお揃いにする

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by mi (@miiikai_)

 

洋服で親子コーデをするのが難しい場合は、小物や髪型だけお揃いにしてもOK。

 

小物であれば帽子や靴、バッグ、サングラスなどを同じ色・柄やブランドで合わせたり、それぞれ自分の好きな色を選んでさりげなく揃えたり。

このとき、リンクさせるアイテム以外にも、コーディネートの系統や雰囲気を合わせることでお揃い感がアップしますよ。

 

また、ママと娘・パパと息子でお揃いの髪型にするのも◎

女の子なら三つ編みやお団子、男の子ならツーブロックやセンター分けなど、親子で一緒にヘアアレンジを楽しみましょう♪

 

小物や髪型を揃える方法は、第二子妊娠中で「お腹が大きくなってきて希望通りのデザイン・サイズの洋服が見つからない!」というマタニティママさんにもピッタリですよ。

 

4. ブランドを揃える

 

ブランドを揃える

 

「自分でイチからアイテムを選べない」という方は、同じブランドのアイテムを選ぶだけでもオシャレに決まります。

 

ブランドを合わせることで世界観が統一され、一見違うコーディネートなのに何だかしっくりくる高度な親子コーデが完成♪

多少デザインが違っていてもチグハグな雰囲気にならず、簡単にお揃い感が出せます。

 

親子コーデにおすすめなブランドは記事後半で取り上げるので、ぜひ参考にしてください。

 

 

親子コーデで揃えやすいアイテム

 

親子で合わせたコーディネートにするだけで、お出かけがグッと楽しくなります。

しかし、アウター・トップス・スカート・パンツ・ワンピースなど、ファッションアイテムは幅広く、いざ親子コーデをするときに迷ってしまいますよね。

 

ここでは、初心者でも揃えやすい親子コーデのアイテムをご紹介します。

 

デニム・ジーパン

 

デニム・ジーパン

 

世代・年代問わず定番のデニムは、親子コーデにおけるマストアイテムです。

新たに買い足さずとも手持ちのアイテムで挑戦できます。

 

お揃いのジーパンでなくても、デニムシャツやデニムのオーバーオールなどデニムアイテムを取り入れれば、あっという間にお揃いコーデに。

大きなお子さんでも、カジュアルなデニムの素材合わせなら恥ずかしがらずに親子コーデをしてくれるかもしれません。

 

※デニムの関連記事:  デニムコーデの脱マンネリ!大人カジュアルな着こなしポイントや季節別コーデをチェック

 

ブランドのロゴTシャツ

 

ブランドのロゴTシャツ

 

サイズやデザインのバリエーションが豊かなTシャツは、親子コーデをしたいなら1枚は持っておくべきアイテムです。

 

特にブランドのロゴTシャツはおしゃれ、かつ家族全員でペアルックをするときにも活用できます。

それぞれ好きな色を選んだとしても、同じブランドのロゴが入っているだけで統一感が出せて◎

 

スポーツブランドのロゴTシャツ+スニーカーを合わせるのもスタイリッシュです。

 

※ロゴTシャツの関連記事:  ダサいなんて言わせない!「ロゴTシャツ」のおしゃれな着こなし方&おすすめブランド

 

ワンピース

 

ワンピース

 

可愛らしいファッションが好きな方や、女の子ママさんの親子コーデには、ワンピースが大活躍すること間違いなし。

1枚着るだけで全身のコーディネートが簡単に完成し、アイテムの組み合わせを考える必要もありません。

 

同じデザインのワンピースを見つけられなければ、素材を合わせるだけでも大丈夫です。

ナチュラルなリネンのワンピースや上品なレースワンピース、着心地の良いニットワンピースなど、素材によって色々な雰囲気を楽しめます。

 

ゆったりとしたシルエットのワンピースなら、マタニティママさんも親子コーデができますよ。

 

▼ワンピースの関連記事

・  どう着るのが正解?「レースワンピース」をおしゃれに着こなすコツやポイントを紹介♪

・  オールシーズン着回せるニットワンピース!おすすめブランドやコーデも紹介♪

 

 

親子コーデをするのにおすすめのファッションブランド

 

色や柄、素材を合わせれば簡単にリンクコーデが完成することが分かりましたね。

「でもやっぱり、思いっきりペアルックしてみたい!」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

そこで、同じデザインのアイテムで親子コーデができるファッションブランドを厳選しました。

定番のユニクロやGU以外でも、大人サイズと子どもサイズが両方揃う洋服が見つかりますよ♪

 

無印良品

 

 

ライフスタイルブランド・無印良品ならナチュラルなお揃いコーデが叶います。

公式ホームページ  でもときどき親子コーデ特集が組まれるなど、ペアルックに最適なブランドです。

 

また、値段が良心的なところもポイント。

トップスからボトムスまで種類が豊富でユニセックスなアイテムが多いので、家族全員でお揃いにするのにも良いでしょう。

 

※無印良品の関連記事:  無印良品のおすすめ商品11選!スキンケアから家具まで優秀アイテムを紹介

 

GAP(ギャップ)

 

 

アメリカ発のカジュアルファッションブランド・  GAP  。

メンズとレディース、そしてキッズの3ラインが揃っており、親子コーデに持ってこいのブランドと言えるでしょう。

 

GAPはロゴTシャツやロゴセーターが有名ですが、柄物で揃えることもできます。

GAP公式の親子モデルも存在し、SNSや  ホームページ  はコーディネートの参考になりますよ。

 

any Fam(エニィファム)

 

 

any Fam  は、ガーリーな雰囲気のママさん向けファッションブランドです。

ワンピースやフリルのスカートなどのアイテムを中心に取り扱っており、子ども服も展開しています。

 

上記画像だとママ服は大人っぽいロングシャツワンピース、子ども服は丸襟とフレアなラインがキュートな膝丈ワンピースの親子コーデになっていますよね。

 

このように、同じ洋服に見えて少しだけ変化のあるアイテムを選ぶとオシャレに着こなせますよ。

ちょっとおめかしして出かけたい日に最適です。

 

YOKO CHAN(ヨーコチャン)

 

 

上質で洗練されたアイテムが揃うブランド・  YOKO CHAN  には、ベビー&キッズラインの「  YOKO CHAN PETITE  」も存在します。

ペアで楽しめる背伸びした大人っぽい親子コーデがなんとも可愛いんです。

 

YOKO CHANの“キチンと服”は発表会やコンサート、パーティなどにピッタリ。

友達親子へのギフトにもおすすめです。

 

pairmanon(ペアマノン)

 

 

pairmanon   は、ユニセックスのプチプラ通販ブランド。

 

ナチュラルでシンプルなのに他人と被らないような、オシャレなデザインの洋服がたくさん揃っています。

特にゆるカジュアルなファッションが好きな親子に◎

 

上記画像のようにパパ向け商品も取り扱っているので、家族全員でお揃いコーデが楽しめますよ。

 

 

春夏秋冬別おすすめの親子コーデ

 

ここまで読んでいただいた方は、親子コーデのコツが段々と掴めてきたのではないでしょうか。

 

最後に、参考にしたいおすすめの親子コーデを季節別に紹介します。

 

お子さんが話せるようになったら、「次はどんなお揃いにする?」などと相談しながら親子コーデを楽しむのも良さそうですね。

ファッションをきっかけに、親子間のコミュニケーションを広げましょう♪

 

【春コーデ】シンプルTシャツ×色違い

 

 

親子コーデに取り入れやすいシンプルなTシャツは色違いで着てもOK!

ロゴが入っていなくても、ポケットやボタンの位置が同じならお揃いに見えます。

 

特に上記画像のように兄弟・姉妹が多い家族なら、みんなで色違いアイテムを着るととてもオシャレですよね。

それぞれ好きな色を選べるのでケンカにもならなさそうです。

 

【春コーデ】同色同柄×丈違いトップス

 

 

ママと息子で黄色の生地に青ストライプの同じシャツを着たコーディネート。

 

ママはロングシャツを羽織っているのに対し、お子さんはボタンを閉めて通常丈のシャツを着ています。

そっくりそのまま同じというわけでなく、それぞれに合わせた着こなしをしているのでオシャレに見えますね。

 

このコーデをよく見ると、ママのパンツと息子のスニーカーの色、ママのスニーカーの色と息子のパンツの色がクロスでリンクしているのもポイント。

全体の色味を統一しているのでスッキリまとまっています。

 

※ストライプの関連記事:  ストライプのシーズン別おすすめコーデ10選!スタイリッシュ&爽やかに

 

【夏コーデ】同系色×ノースリーブや半袖のワンピース

 

 

サラッと1枚で着られるワンピースは、夏の親子コーデに最適のアイテム。

ワンピースの形が違っても、同じ色や同系色で合わせるとペアルックになります。

 

上記画像はグレーコーデですが、同じグレーカラーでも微妙に違う色味なのもオシャレです。

ママのカゴバッグと子どもの麦わら帽子のように、近い素材を合わせることで雰囲気も統一できています。

 

※カゴバッグの関連記事:  カゴバッグはもうゲットした?プチプラだけどかわいい人気ブランドのアイテムを紹介

 

【夏コーデ】フリル×ホワイトトップス

 

 

ホワイトが夏らしい爽やかな親子コーデ。

「トップスの色を揃えるだけだとリンク度が低いかも?」と感じたら、このようにフリルを取り入れることで一気にお揃い感がアップします。

 

フリルだとガーリーな雰囲気になりますが、華やかなコーデが好きならスタッズの入ったトップス、トレンドを取り入れたいならフリンジトップスなど、好みに合わせて装飾を揃えてみてください。

 

※フリルトップスの関連記事:  フリルブラウス&フリルシャツのお手本コーデ10選!選び方やおしゃれに着こなすコツも紹介

 

【夏コーデ】サングラス×イエローボトムス

 

 

海外風の夏らしいコーディネート。

ママはショートパンツ、子どもたちはサロペットを同じイエローカラーで取り入れています。

白ぶちのサングラスでリンク度がアップしているのも特徴です。

 

その他、ママのスニーカーと髪のハイライト、子どもたちの麦わら帽子も全てイエロー系カラーで統一されていて、お揃いコーデであることがひと目でわかります。

 

【秋コーデ】ブラウンパーカー×アニマル柄スカート

 

 

秋らしいブラウンカラーの親子コーデ。

涼しくなってお出かけが増える季節は、ゆったりとしたパーカーでペアルックはいかがでしょうか。

 

下半身はママがロング丈、お子さんが膝丈のアニマルプリントスカート+二人とも黒のショートブーツで、大人っぽいスタイルに仕上がっています。

 

▼パーカー/レオパード柄/ショートブーツ

・  1着あれば使える!パーカーの着こなし術&お手本コーディネート

・  【トレンド】レオパード柄の取り入れ術を紹介!甘すぎないオトナっぽコーデを楽しもう

・  あらゆるコーデにマッチするショートブーツの魅力を徹底解説!おすすめの人気ブランドも紹介

 

【秋コーデ】チェック柄ワンピース

 

 

定番のチェック柄も、ダークカラーで取り入れれば秋にピッタリのコーディネートに。

ワンピースは柄と色を揃えるだけでペアルックであることが一目瞭然です。

 

ちなみに、ママのワンピースはシャツワンピースになっていて、羽織りとしてもカジュアルに着こなせるタイプ。

お子さんのワンピースは女の子らしい華やかな襟元がポイントになっています。

 

※シャツワンピースの関連記事:  アウターも重ね着使いもできる!「シャツワンピ」を活用してワンランク上のコーデを♪

 

【秋コーデ】淡色+ブラックコーデ

 

 

アイボリーとベージュという流行りの淡色+締め色でブラックを取り入れたコーデ。

ママと娘、息子でそれぞれ着用しているアイテムはすべて違うのにお揃いに見えるという高度な親子コーデです。

 

このコーデのポイントは、使う色を3つ決めて取り入れている点。

かつママのスカート、娘のアウター、息子のパンツにチェック柄を取り入れることで統一感を出しています。

 

【冬コーデ】ロングコート×ボア生地

 

 

冬の定番アウター・ボアコートも親子で合わせて着ると、こんなにも可愛いんです!

オーバーサイズ気味に着ると今っぽさが出ます。

 

全体に占める面積の大きいロングコートを同じデザインで揃えれば、中に着る洋服が違ってもお揃いコーデが簡単に完成します。

 

▼ボアコート/オーバーサイズの関連記事

・  「ボアコート」の選び方からコーデのポイント、おすすめコートまで紹介

・  レディースのオーバーサイズコーデの着こなしポイント&素敵コーデをチェック♪

 

【冬コーデ】色違いコーデュロイ×お揃いマスク

 

 

冬に人気のコーデュロイ生地を、パパはセットアップ、息子はパンツで取り入れているコーディネート。

色違いなのでさりげなくお揃いにできています。

 

お母さんもコーデュロイのスカートなどを取り入れると、家族でのリンクコーデもできるでしょう。

 

コーデュロイリンクだけじゃ少し物足りない…ということで、マスクをファッションの一部として揃えている点が今っぽいですよね。

 

※コーデュロイの関連記事:  【秋冬トレンド】コーデュロイの着こなし方!人気カラーやおすすめブランドを紹介♪

 

 

全身まるごとお揃いから、一部の色や柄だけを合わせさりげないコーディネートまでいろいろと楽しめる親子コーデ。

わざわざ新しい服を買わなくても、柄Tシャツやデニムなどすでに持っているアイテムから同じようなものを選ぶだけでも簡単にチャレンジできますよ♪

 

本記事やSNSを参考に、真似できそうな親子コーデから試してみてくださいね。


フォローして最新記事をチェック!



検索

カテゴリ一覧

ファッション(363)
   着回し/コーデ(82)
   髪型/ヘアスタイル/ヘアアレンジ(66)
   眼鏡/コンタクト/カラコン(8)
メイク・コスメ(412)
   ベースメイク(35)
   アイメイク(55)
   リップ/グロス(28)
   ネイル(13)
   コスメブランド/メーカー(196)
美容(147)
   スキンケア(81)
   髪/シャンプー/リンス/コンディショナー(41)
   石鹸/ソープ/洗顔料(11)
   ダイエット(8)
健康(70)
   健康食品/サプリメント/プロテイン(13)
   スポーツ/運動/トレーニング(8)
   冷え/温活(4)
ライフスタイル(232)
   生活雑貨/生活用品(23)
   お祝い/ギフト/プレゼント(19)
   趣味(9)
   お出かけ/観光/旅行/デート(34)
   妊娠/出産/子育て(3)
   家庭菜園/ガーデニング(4)
インテリア(69)
   内装/レイアウト(5)
グルメ(89)
   カフェ/喫茶店/ドリンク(31)
   ケーキ/お菓子/スイーツ/パティスリー/パン(27)
   レシピ(27)
アート/カルチャー(40)
   写真/カメラ(8)
   ハンドメイド/クラフト(19)

スキンケア

エイジングケア(43)
保湿(188)
美白(45)
乳液(36)
クリーム(107)
オイル(24)
化粧水(113)
美容液(89)
基礎化粧品(130)
ニキビ(20)
毛穴ケア(35)
角質ケア(45)
肌荒れ(25)
くすみ(47)
クマ(10)
たるみ(21)
ハリ不足(39)
スペシャルケア(120)
セルフケア(56)
UV対策(40)
日焼け対策(31)
日焼け止め(13)
しわ(13)
洗顔/クレンジング(74)

肌質

乾燥肌(114)
敏感肌(91)
脂性肌(34)
混合肌(26)

コスメ/メイク

ツヤ肌(126)
マット肌(51)
ミネラルコスメ(54)
デカ目(64)
小顔(3)
韓国(79)
化粧(193)
ポイントメイク(214)
メイクテク(98)
ナチュラルメイク(158)
美肌(139)
メイク道具(30)
化粧下地/ファンデーション/コンシーラー(126)
テカリ防止(20)
アイメイク(146)
リップ/グロス(134)
チーク(80)
カラーメイク(40)

ファッション

春コーデ(102)
夏コーデ(98)
秋コーデ(114)
冬コーデ(115)
スタイル(228)
テイスト(210)
シーン別(50)
大人コーデ(150)
カジュアル(141)
綺麗め(155)
フェミニン(114)

年代別

10代(5)
20代(14)
30代(15)
40代(9)
50代(5)

恋愛

片思い(25)
男性心理(42)
カップル(36)
恋愛観(45)
恋愛テクニック(47)
モテ仕草(4)

ヘアスタイル

ショートヘア(44)
ロングヘア(49)
セミロング(48)
ボブ(50)
スタイリング(79)
ヘアケア(75)
ヘアカラー(30)
ヘアアクセ(23)

ライフスタイル

ホームパーティー(24)
グルメ/レシピ(123)
ヘルシー(46)
運動(20)
筋トレ(8)
リラックスタイム(46)

人気記事ランキング