logo

Top > 美容 > スキンケア

目の下のクマをなんとかしたい!クマの種類や治す方法、おすすめのケアアイテムをご紹介






疲れた時だけでなく、「いつも目の下にクマがある…」と感じている方はいらっしゃいませんか?
クマがあると、メイクを頑張ってもメイクのノリが悪く見えたり、印象を左右することもありますよね。

今回は、目の下のクマの種類に応じた解消方法や、目の下のクマをケアするおすすめアイテムをご紹介します。
ご自身のクマがどの種類に当てはまるのかチェックしながら、目の下のクマを解消していきましょう。

【目次】目の下のクマをなんとかしたい!クマの種類や治す方法、おすすめのケアアイテムをご紹介

 

あなたは何クマ?まずはクマの種類別に原因・対策法を見てみよう

1. 青クマの原因や対策法

青クマの見分け方

青クマの主な原因

青クマの解消法・治し方

2. 黒クマの原因や対策法

黒クマの見分け方

黒クマの主な原因

黒クマの解消法・治し方

3. 茶クマの原因や対策法

茶クマの見分け方

茶クマの主な原因

茶クマの解消法・治し方

目の下のクマ解消に役立つアイクリーム・アイセラム

1. SK-Ⅱ R.N.A.パワー アイ クリーム ラディカル ニュー エイジ

2. アルビオン エクシア AL ホワイトニング アイクリーム

3. TREE アイクリーム・まつ毛美容液

4. フローフシ THE アイクリーム

5. 肌極 はだきわみ 目もとふっくらアイクリーム

目の下のクマを隠すコンシーラー

クマカバーのコンシーラーの使い方

青クマさん向けコンシーラーの選び方

黒クマさん向けコンシーラーの選び方

茶クマさん向けコンシーラーの選び方

おすすめのコンシーラーをご紹介

1. イプサ クリエイティブコンシーラー EX SPF25・PA+++

2. キャンメイク カラーミキシングコンシーラー SPF50・PA++++

3. アディクション パーフェクト コンシーラー

4. ボビイ ブラウン インスタント フル カバー コンシーラー 

5. ローラ メルシエ キャンドルグロウ コンシーラーアンド ハイライター

6. ケイト スティックコンシーラーA

クマのタイプを把握して正しいケアを♪

 

 

あなたは何クマ?まずはクマの種類別に原因・対策法を見てみよう

 

目の下のクマは、実は3種類に分類されます。

ここからは、それぞれのクマの特徴や原因、対策法をご紹介します。

 

1. 青クマの原因や対策法

 

青クマ

 

青クマは、主に血行不良が原因でできるクマ。

「今日体調悪いの?大丈夫?」と聞かれるときに出現していがちなクマでもあります。

 

青クマの見分け方

 

目の下を軽く引っ張ってみて、クマが薄くなったら青クマの可能性が高いです。

クマの部分を押さえて血流を促してみて、色が薄くなった場合も青クマに当てはまります。

 

青クマの主な原因

 

血行不良が主な原因として挙げられる青クマ。

目の周りは皮膚が薄く、血行不良になるとすぐに青く変色しやすい部分です。

目の下が青くクマになっていたら「今血行不良状態ですよ!」という体からのSOSサインが発せられているというわけですね。

 

どうして血行不良になると目の下が青く見えるのかというと、皮膚の薄さがわずか0.6mmほどしかなく、毛細血管の色を透過するため。

この皮膚の薄さにより、常に毛細血管の色が外から見えている状態になっています。

 

血液がうまく循環している場合は青く見えません。

しかし、いざ血行不良を起こしてしまうと血液の色が悪くなり、青黒く見えてしまうんですね。

 

血行不良の主な原因は?

 

どんな理由で血行不良になってしまうのでしょうか。

主な理由としては、下記があげられます。

 

  • 寝不足
  • 冷え
  • 食生活の乱れ
  • 眼精疲労(スマホやPC画面の見すぎ)
  • ストレス

 

青クマの解消法・治し方

 

治し方としては、青クマの大きな原因である「血行不良」を改善させることが一番の近道です。

これからご紹介する治し方は、簡単に実践できて冷えの改善効果も期待できるので、ぜひ実践してみてくださいね。

 

・ホットタオルを目に当てる

 

ホットタオル

 

火傷しない程度の温度のホットタオルをやさしく目に当ててみましょう。

目の疲れが取れるだけでなく、気持ちをリフレッシュさせることもできます。

よりリラックス効果を求めるなら、ホットタオルを作る際にお湯にお好みのアロマオイルを垂らしてみるのも良いでしょう。

 

 

また、レンジでチンして何度も使える市販のアイマスクを活用するのもアリです。

これなら、おうちでいつでもホットアイマスクで血行促進できますね。

 

・温かいドリンク・食事を中心にとる

 

お茶

 

冷たいものを摂取すると、やはり冷えに直結してしまいます。

なるべく冷たいものは避け、温かいものをいただくよう心がけてみましょう。

筆者も青クマができやすいタイプなのですが、温かいものを選んで取り入れることで徐々に平熱を上げることができ、青クマができにくくなりました。

 

また、体をより温めたい場合は、飲み物や食べ物に生姜をプラスするのがおすすめです。

生姜には体を温める作用がありますが、その効果を倍増させるなら、加熱して冷ました生姜をプラスすると良いでしょう。

生姜の辛味成分の1つ「ジンゲロール」は温めると「ショウガオール」という物質に変化します。

このショウガオールが体を中心から温めてくれるため、血行改善にも効果大ですよ。

 

・シャワーだけでなく湯船にも浸かる

 

お風呂

 

普段忙しい日が続くとバスタイムはシャワーだけ、という日もありますよね。

血行改善を狙うなら、なるべく毎日湯船に浸かるよう心がけてみましょう。

温浴効果をアップさせる炭酸入浴剤を入れるのも良いですね♪

この湯船に浸かる時間で、リラックスしながら目元マッサージをしてみるのもおすすめです。

 

 

ちょうど入浴中で血行が良くなっているタイミングで行うと効果も得られやすいですよ。

さきほどもお伝えしたとおり、目元は皮膚が薄く摩擦に弱い場所です。

なるべくクリームやオイルを塗り、必要以上に摩擦を起こさないよう気を配っておきましょう。

 

 

2. 黒クマの原因や対策法

 

黒クマ

 

続いてご紹介するのが「黒クマ」です。

皮膚のたるみで影ができてしまい、目の下が黒く見えるため「黒クマ」と呼ばれています。

顔がむくんでいる時に目立ちやすいクマでもあります。

 

黒クマの見分け方

 

青クマと同じく、下まぶたを引っ張ってみた時に色が消えたら黒クマと判断できます。

青クマとの違いは、上を向いた時に消える点。

上を向いてみて消えたら黒クマの可能性が高いでしょう。

 

黒クマの主な原因

 

黒クマの主な原因は「皮膚のたるみ」。

皮膚のたるみは、主に下記が原因で引き起こされることが多いのが特徴となっています。

 

  • 加齢による肌のコラーゲン不足
  • 目の周りの筋肉の衰え
  • 筋肉の衰えによる脂肪の突出

 

特にコラーゲンが不足すると、目の周りのハリとツヤが減少してしまい、まぶたが垂れやすくなるのはもちろん、小じわも発生しやすくなってしまいます。

 

黒クマの解消法・治し方

 

対策としては、下記が近道となります。

 

  • 目の周りの筋肉をトレーニング・マッサージする
  • セラミドやコラーゲンの生成を促進する基礎化粧品での保湿ケアをする
  • 紫外線対策

 

これらの対処法を詳しく見ていきましょう。

 

・目の周りの筋肉「眼輪筋」をトレーニング

 

眼輪筋トレーニング

 

目の周りの筋肉が衰えてたるんでしまうのなら、その筋肉をトレーニングさせるという解消法です。

目の周りの筋肉は「眼輪筋」(がんりんきん)と呼ばれており、目を囲い込むようにドーナツ状になっているのが特徴。

まぶたの開け閉めに関わる筋肉で、この筋肉が衰えることで下記のような弊害も生まれてしまいがちです。

 

  • 目の位置が下がって見える
  • 下まぶたにくぼみがあるように見える
  • 目そのものが小さく見える
  • まぶたの開け閉めがしにくくなり、ドライアイになりやすくなる

 

まずは、動画を見ながら下まぶたのたるみを解消させるトレーニングを行なってみましょう。

 

 

眼輪筋を鍛えることで、むくみや余分な脂肪が解消され、ぱっちり目になる効果も期待されています。

これなら、たるみも解消しながら顔の印象もどんどん若くなるかもしれませんね。

 

・セラミドやコラーゲンの生成を促進する基礎化粧品で保湿ケアをする

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Aashana Gadkari ® (@aashanarealme) on

 

トレーニングと一緒に実践していただきたいのが、基礎化粧品での保湿ケアの徹底です。

基礎化粧品の選び方としては、お肌のハリに深く関わる「セラミド」「コラーゲン」の生成を促進する物質が配合されているケアアイテムを選ぶのがおすすめ。

 

お肌のハリやツヤは、真皮にあるコラーゲンとエラスチンによって支えられています。

これらの物質は生まれてから老いるまで一定量存在し続ける訳ではなく、加齢とともに徐々に少なくなってきます。

そのため、たるみを防止するためには、お肌のハリ・ツヤをサポートしてくれる(コラーゲンやセラミドの生成を促進する)物質が含まれる基礎化粧品を使うのが先決なんです。

 

お肌のハリ・ツヤをサポートする物質は、主に下記の4つ。

 

  • ヒアルロン酸
  • ビタミンC
  • コエンザイムQ10
  • ビタミンE

 

ヒアルロン酸は、エラスチンやコラーゲンの隙間を埋めている物質です。

このヒアルロン酸がなければ、エラスチンとコラーゲンが肌のハリ・ツヤは実現できません。

ビタミンCはコラーゲンの生成を助ける物質で、コエンザイムQ10にも同じはたらきがあり、たるみの予防・緩和にも効果が期待されています。

ビタミンEは、お肌の代謝機能をサポートするはたらきと血行促進に優れている物質です。

お肌のターンオーバー正常化に必要なだけでなく、お肌を老化させる「活性酸素」の活動を抑制させるはたらきにも優れていますよ。

 

これらの4つの物質が配合された基礎化粧品でのケアを心がけ、たるみの改善を目指してみましょう。

スキンケアの際は、中心から外へ、下から上へ、を心がけるとリフトアップにも繋がりますよ。

 

・紫外線対策

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by My (@my_korea_cosme) on

 

これはたるみだけでなく、美肌を守るためにもとても大事な要素です。

紫外線対策を顔の目立つ場所だけでなく目元も徹底しておくと、たるみの悪化を防ぐことができます。

目元はリキッドの日焼け止めよりも、スティックタイプやクリームタイプが塗りやすくおすすめです。

 

 

3. 茶クマの原因や対策法

 

茶クマ

 

茶クマは、主に「色素沈着」によって引き起こされるクマです。

 

茶クマの見分け方

 

下まぶたを引っ張ったり上を向いたりしても茶色のまま、色が変わらない場合は茶クマの可能性が高いです。

しっかり睡眠をとっているのにも関わらずクマが消えない場合も、茶クマを疑った方が良いでしょう。

 

茶クマの主な原因

 

茶クマの原因である色素沈着は、主に下記が原因で引き起こされることが多いです。

 

  • アイメイクを落とす際などに生じる摩擦
  • 紫外線によるダメージ
  • 肌のターンオーバーの乱れによるメラニン色素沈着
  • ついつい目をこすってしまう癖

 

まぶたへの摩擦や紫外線などによる刺激が続くと、ターンオーバーが乱れやすくなります。

ターンオーバーの乱れが原因でメラニン色素が蓄積されてしまい、その結果色素沈着してしまうのです。

 

茶クマの解消法・治し方

 

解消法は下記が必須です。

 

  • 摩擦や刺激を軽減する
  • 紫外線対策
  • 美白ケア

 

ここから、詳しい解消法をご紹介します。

 

・摩擦や刺激の軽減方法

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by TOUCHBeauty (@touchbeautyofficial) on

 

摩擦や刺激によって引き起こされる、下まぶたの色素沈着。

この色素沈着を防ぐためには、摩擦・刺激を軽減することが何より大事です。

 

たとえば、下記のような対策が有効です。

 

  • アイメイクを落とす際にクレンジングシートではなくクリーム・バームクレンジングを使う(摩擦・肌への負担が減ります)
  • なんどもこすらないと落ちないようなアイメイクの頻度を下げる
  • 洗顔時に目の周りはこすらない

 

癖でついつい目元を触ってしまいがちな方は、なるべくこする頻度を減らしていくよう頑張ってみましょう。

 

・紫外線対策

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by 🌟R E S H A M 🌟 (@dazzlensparkle) on

 

紫外線はお肌にとって大きな刺激になる要素です。

先ほどの黒クマの解消方法と同じように、目元にも忘れず日焼け止めを塗っておきましょう。

日差しが強い日のお出かけにサングラスをかけるのも有効です。

 

・美白ケア

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by PrettyAsShush (@prettyasshush) on

 

基礎化粧品に関しては、美白効果のある成分が含まれたものを使うのがおすすめです。

美白作用がある成分といえば、下記が挙げられます。

 

  • ビタミンC
  • ビタミンC誘導体
  • アルブチン
  • コウジ酸
  • トラネキサム酸

 

強い抗酸化作用を持つビタミンCや壊れやすいビタミンCを肌により届きやすく安定させたビタミンC誘導体は、美白スキンケアアイテムやエイジングケアアイテムによく配合されています。

メラニンの生成を抑えながらシミを抑制するアルブチン、コウジ酸はメラニンをつくる酵素チロシナーゼの活性を抑え、メラニンの生成を防いでくれるため、シミを予防する場合にもおすすめの物質です。

トラネキサム酸は美白効果だけでなく保湿効果も認められている成分です。

これらの物質が入った基礎化粧品を使ってお肌の様子をチェックしてみてくださいね。

 

 

目の下のクマ解消に役立つアイクリーム・アイセラム

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Kiyosha🖤 (@kiyoshaaa) on

 

ご自身がどのタイプのクマに悩まされているかチェックできたでしょうか。

ここからは、目の下のクマ解消に役立つアイクリーム・アイセラムをご紹介します。

 

1. SK-Ⅱ R.N.A.パワー アイ クリーム ラディカル ニュー エイジ

 

 

人気美容雑誌「美的」にて、2017年度の年間読者ベストコスメに選ばれたアイクリーム。

クマのタイプを選ばず、目元のお悩みを根本から解決してくれる優れ物です。

とろみがあるクリームで塗りやすいのはもちろん、ピンとハリのあるまぶたに。

 

SK-Ⅱ R.N.A.パワー アイ クリーム ラディカル ニュー エイジの商品情報

 

価格:11,880円(税込)

内容量:15g

 

 

 

2. アルビオン エクシア AL ホワイトニング アイクリーム

 

 

薬用クリームで、色素沈着からたるみまで幅広くカバーしてくれるアイクリームです。

こっくりとしたクリームですが、伸びの良さも申し分ありません。

たるみ・シワなどにもはたらきかけるクリームなので、エイジングケアにも最適ですよ。

 

アルビオン エクシア AL ホワイトニング アイクリームの商品情報

 

価格:20,798円(税込)

内容量:15g

 

 

 

3. TREE アイクリーム・まつ毛美容液

 

 

自然由来の成分が多く含まれたナチュラルなアイクリーム。

血行促進作用のあるパッションフルーツ由来のクダモノトケイソウ果実エキス、柑橘系のグルコシルヘスペリジンをふんだんに含み、目の凝り固まった筋肉をほぐしてくれます。

まつげのケアもできるので、よりぱっちりした目元を目指したい方にもおすすめです。

 

TREE アイクリーム・まつ毛美容液の商品情報

 

価格:3,996円(税込)

内容量:15g

 

 

 

4. フローフシ THE アイクリーム

 

 

目周り筋とこめかみ筋に着目したアイクリームです。

キャップは目周りのマッサージや、ツボ押しにも使えるよう丸みを帯びたデザインに。

アミノ酸とビタミンCも配合されており、筋肉をほぐすだけでなく目元を明るくする効果も期待できます。

 

まつげ美容液・まゆげ用クリームとしても併用できるため、これ1本あれば目元ケアは万全。

プチプラでポーチにしのばせやすいサイズ感なので、外出時にも持ち運びして使う方も多数いらっしゃいます。

 

フローフシ THE アイクリームの商品情報

 

価格:2,700円(税込)

内容量:27.2g

 

 

 

5. 肌極 はだきわみ 目もとふっくらアイクリーム

 

 

主成分がお米のアイクリームです。

自然の保湿成分やコラーゲン産生成分をたっぷり使ったアイテムで、疲れが現れやすい目元にぴったり。

血行促進効果も期待できるクリームなので、筋肉のこり固まりや青クマにお悩みの方にもおすすめです。

 

肌極 はだきわみ 目もとふっくらアイクリームの商品情報

 

価格:3,024円(税込)

内容量:20g

 

 

 

目の下のクマを隠すコンシーラー

 

アイクリームの次は、おすすめのコンシーラーをご紹介。

普段のスキンケアで追いつかない濃いクマはメイクで隠してしまいましょう♪

その前に、クマをカバーするコンシーラーの付け方や、クマの色に応じたコンシーラーの選び方をご紹介します。

 

クマカバーのコンシーラーの使い方

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by 👁👁 (@vvalentines) on

 

「クマをカバーするために下まぶた全体にコンシーラーを塗らなきゃ…!」と感じた方もいらっしゃるかと思いますが、実はそこまでする必要はありません。

 

コンシーラーでクマを自然にカバーする方法

 

  1. クマの境目部分に沿ってコンシーラーでラインを引く
  2. 引いたコンシーラーのラインを指でぼかすようになでて完了!

 

より自然になじませたい場合は、クマの境目→目のキワに向かってグラデーションになるようにぼかすと良いです♪

 

青クマさん向けコンシーラーの選び方

 

クマは3種類に大別できますが、どのコンシーラーを使ってもOKというわけではありません。

クマの色に応じたカラーを選んで、自然な目元を目指しましょう。

 

青クマにお悩みの方には、青を消してくれる「オレンジ」のコンシーラーがおすすめです。

オレンジで血色をカバーすると自然で健康的な印象になりますよ。

 

黒クマさん向けコンシーラーの選び方

 

黒クマにお悩みの方には、お肌の色にあった「ベージュ系」「オークル系」のコンシーラーを。

あまり色味がない方が自然に見えます。

 

茶クマさん向けコンシーラーの選び方

 

茶クマにお悩みの方には、「イエロー系」「ゴールド系」のコンシーラーがおすすめです。

茶色をイエロー寄りカラーでカバーし、ぼかしましょう。

 

 

おすすめのコンシーラーをご紹介

 

選び方がわかったら、次にクオリティやつけやすさ、伸ばしやすさなどで人気のコンシーラーをご紹介します。

 

1. イプサ クリエイティブコンシーラー EX SPF25・PA+++

 

 

こちらのコンシーラーはパレットタイプ。

全て赤みがプラスされたカラーで、その日のクマの状態に応じたカラーをブレンドすることができます。

紫外線対策もできるパレットなので、日焼けも怖くありません♪

光を反射する成分も入っているため、より明るい目元も目指せますよ。

 

イプサ クリエイティブコンシーラー EXの商品情報

 

価格:4,090円(税込)

内容量:1種4.5g

SPF25・PA+++

 

 

 

2. キャンメイク カラーミキシングコンシーラー SPF50・PA++++

 

 

プチプラコスメの大手ブランド・キャンメイクのコンシーラー。

イエロー系やピンク系などのカラーがそろっています。

これだけカラーがそろって1,000円しないのですから驚きですね。

塗った瞬間に球状パウダーがお肌に伸びるため、塗る際によれにくいのも魅力です。

 

キャンメイク カラーミキシングコンシーラーの商品情報

 

価格:810円(税込)

内容量:3.9g

SPF50・PA++++

 

 

 

3. アディクション パーフェクト コンシーラー

 

 

3色展開のコンシーラー。

ソフトフォーカス機能つきで、気になる凹凸や毛穴をさっと自然にぼかしてくれます。

キメも整えてくれるので、つるりとした仕上がりに。

 

アディクション パーフェクト コンシーラーの商品情報

 

価格:4,860円(税込)

内容量:5g

 

 

 

※合わせて読みたい: おしゃれ女子はみんな持ってる!人気コスメブランドADDICTION(アディクション)のおすすめ商品13選

 

 

4. ボビイ ブラウン インスタント フル カバー コンシーラー 

 

 

カバー力が強いことで人気のボビイ ブラウンのインスタント フル カバーコンシーラー。

ロングウェア処方で、長時間つけていてもくずれにくくよれにくいため、つけたての美しさが続きますよ。

スキンケア成分(保湿成分)も配合されているため、目元の気になる乾燥も怖くありません♪

 

ボビイ ブラウン インスタント フル カバー コンシーラーの商品情報

 

価格:3,720円(税込)

内容量:6ml

カラー:11色

 

 

 

5. ローラ メルシエ キャンドルグロウ コンシーラーアンド ハイライター

 

 

筆タイプと思いきや、スポンジタイプになっているコンシーラー。

ハイライターとしても使える頼もしいアイテムで、細かい場所にもぴったりフィットするポイントも嬉しいです。

ハイライトとして使う際は、Cゾーンを中心につけるとツヤツヤの立体フェイスに。

 

ローラ メルシエ キャンドルグロウ コンシーラーアンド ハイライターの商品情報

 

価格:4,880円(税込)

内容量:2.2ml

カラー:3色

 

 

 

※合わせて読みたい: 【ワンランク上の極上美肌が作れる】ローラメルシエ(laura mercier)のおすすめ商品14選!

 

 

6. ケイト スティックコンシーラーA

 

 

2色展開のプチプラコンシーラー。

やや硬めのスティックコンシーラーですが、目元にポンポンと直接のせてぼかすと自然にカバーすることが可能になります。

密着度が高いため、長時間つけていても崩れにくいです。

 

ケイト スティックコンシーラーAの商品情報

 

価格:864円

内容量:3g

カラー:2色

 

 

 

クマのタイプを把握して正しいケアを♪

 

正しいケア

 

クマのタイプやそれぞれの特徴をご紹介しながら、クマの色別ケア方法やおすすめアイテムをご紹介してきました。

クマの解消は、ご自身のクマがどのタイプに当てはまるかをチェックしてから対策を始めるのがベストです。

それぞれのクマに応じた対策法で明るく美しい目元を目指していきましょう♪


フォローして最新記事をチェック!



検索

カテゴリ一覧

ファッション(70)
   着回し/コーデ(25)
   髪型/ヘアスタイル/ヘアアレンジ(16)
   眼鏡/コンタクト/カラコン(3)
メイク・コスメ(134)
   ベースメイク(16)
   アイメイク(18)
   リップ/グロス(12)
   ネイル(7)
   メーカー/ブランド(62)
美容(77)
   スキンケア(48)
   髪/シャンプー/リンス/コンディショナー(15)
   石鹸/ソープ/洗顔料(6)
   ダイエット(3)
健康(37)
   健康食品/サプリメント/プロテイン(9)
   スポーツ/運動/トレーニング(3)
   冷え/温活(5)
ライフスタイル(133)
   生活雑貨/生活用品(15)
   ギフト/プレゼント(13)
   趣味(6)
   お出かけ/観光/旅行/デート(23)
   妊娠/出産/子育て(2)
   家庭菜園/ガーデニング(3)
インテリア(23)
   内装/レイアウト(3)
   DIY(3)
グルメ(44)
   ドリンク/カフェ(18)
   ケーキ/お菓子/パティスリー/パン(9)
アート/カルチャー(14)
   写真/カメラ(3)
   ハンドメイド/クラフト(5)

スキンケア

エイジングケア(8)
保湿(82)
美白(24)
乳液(10)
クリーム(42)
オイル(14)
化粧水(42)
美容液(35)
基礎化粧品(59)
ニキビ(10)
毛穴ケア(16)
角質ケア(25)
肌荒れ(14)
くすみ(24)
クマ(4)
たるみ(7)
ハリ不足(17)
スペシャルケア(41)
セルフケア(16)
UV対策(14)
日焼け対策(10)
日焼け止め(5)
洗顔/クレンジング(11)

肌質

乾燥肌(72)
敏感肌(52)
脂性肌(19)
混合肌(10)

コスメ/メイク

ツヤ肌(63)
マット肌(39)
ミネラルコスメ(12)
デカ目(31)
小顔(1)
韓国(20)
化粧(57)
ポイントメイク(60)
メイクテク(29)
ナチュラルメイク(61)
美肌(65)
メイク道具(10)
化粧下地/ファンデーション/コンシーラー(14)
テカリ防止(1)
アイメイク(11)
リップ/グロス(15)
チーク(5)

ファッション

春コーデ(18)
夏コーデ(17)
秋コーデ(21)
冬コーデ(20)
スタイル(40)
テイスト(32)
シーン別(16)
大人コーデ(17)
カジュアル(5)
綺麗め(5)
フェミニン(6)

年代別

10代(1)
20代(6)
30代(7)
40代(3)
50代(2)

恋愛

片思い(21)
男性心理(23)
カップル(24)
恋愛観(24)
恋愛テクニック(31)

ヘアスタイル

ショートヘア(16)
ロングヘア(15)
セミロング(12)
ボブ(15)
スタイリング(23)
ヘアケア(30)
ヘアカラー(9)
ヘアアクセ(7)

ライフスタイル

キッチン用品(15)
ホームパーティー(12)
食生活(78)
ヘルシー(35)
運動(10)
筋トレ(4)
リラックスタイム(5)

人気記事ランキング