logo

Top > 美容 > スキンケア

【薬剤師が解説】美白したいならコレ!美白におすすめの食品やサプリから化粧品まで11種を厳選






肌を明るく美しい状態に保ちたいと思っているけれど、なかなか成果がでなくて悩んでいませんか?
美白には日々の積み重ねが大切で、内側と外側から美白効果の高い成分を取り入れることが欠かせません。
例えばビタミンCやトラネキサム酸、ハイドロキノンなどがあり、それぞれの食品に特有の成分や、化粧品でないと取り入れられない成分のような違いがあります。

美白効果を高めるには、それぞれの効果や取り入れ方を知っておくことが大切です。
そこで今回は、美白したい人におすすめの食べ物、サプリ、化粧品などについて詳しく紹介します。

【目次】美白したいならコレ!美白におすすめの食品やサプリから化粧品まで11種を厳選

 

美白効果のある成分とは?効果と特徴を解説

ビタミンC(アスコルビン酸)

トラネキサム酸

ニコチン酸アミド

4msk

ハイドロキノン

コウジ酸

プラセンタエキス

美白効果が期待できる食べ物

加熱したトマト

ビタミンCが豊富な柑橘類やイチゴ

L-システインやアスタキサンチンが豊富なタンパク源

美白効果を期待できるサプリ

Lypo-C リポ カプセルビタミンC

フィス WHITH WHITE

ピュアホワイト

美白になるためのスキンケア方法

1. メイクはしっかり落として色素沈着を防ぐ

2. 洗顔はやさしく洗い過ぎないことも大事

3. 洗顔後はすぐに保湿する

4. 化粧水を付けた後は美容液→乳液→クリームで保湿

美白効果の高い化粧品

トランシーノ 薬用ホワイトニングクリアローション 

HAKU メラノフォーカスV 45 美白美容液 

b.glen (ビーグレン) QuSome ホワイトクリーム 1.9

ONE BY KOSE メラノショット ホワイト

メラノCC 薬用しみ・ニキビ 集中対策 Wビタミン浸透美容液

 

 

美白効果のある成分とは?効果と特徴を解説

 

「美白」に効果のある成分は食品からサプリメント、化粧品などに含まれるものがあり、実に多くの種類があります。

成分名だけ見てもイマイチその違いが分からないという人のために、美白成分の効果と特徴について説明していきます。

 

ビタミンC(アスコルビン酸)

 

lemons

 

ビタミンCはメラニン色素を還元する作用があり、その過程を遅らせることで美白効果を発揮します。

シミの元となるメラニン色素は「酸化」反応により生成が進んでいくので、その反応を抑える効果があるということです。

多くの美白成分がシミができるのを防ぐだけという中で、ビタミンCは既にできてしまったシミを薄くする効果もあります。

 

実際にはビタミンCは水溶性で不安定であり、吸収性も悪いことから「安定型ビタミンC」「ビタミンC誘導体」「ビタミンCエチル」などに形を変えて、化粧品に配合されることが多いです。

医薬部外品にも配合が認められている美白有効成分であり、低価格な商品でも配合されています。

他にもコラーゲン生成の作用もあり、体内で作れないビタミンであるため、食品やサプリ、化粧品から積極的に摂りたい成分です。

 

トラネキサム酸

 

トラネキサム酸は医薬品としてもシミの改善に用いられることがある成分で、市販薬では「肝斑」と呼ばれるシミに対するお薬が販売されています。

トラネキサム酸には炎症を抑える作用があり、その効果により美白作用を発揮します。

シミのできている部分では弱いレベルで長く炎症状態が続いているので、その炎症を抑えることでシミを改善します。

 

食品から摂取することは基本的に難しいですが、化粧品や医薬品から取り入れることができます。

国から「美白有効成分」として医薬部外品の化粧品に配合が認められているのは「m-トラネキサム酸」です。

 

ニコチン酸アミド

 

ニコチン酸アミドはビタミンBの一種であり、ナイアシンアミドとも呼ばれます。

血行を促し、肌荒れを改善する効果があるため美白や肌荒れのための化粧品に含まれることがある成分です。

メラニン生成を抑えてシミ・そばかすを防ぐ美白効果があります。

 

4msk

 

cosme-1

 

資生堂の特許成分であり、医薬部外品に配合される美白有効成分です。

メラニンの生成過程をブロックするだけではなく、溜まったメラニンの排泄を促す作用もある高機能な美白成分です。

資生堂ブランドの美白製品に多く配合されています。

 

ハイドロキノン

 

紹介する中でも特に強い美白作用を持つのが「ハイドロキノン」です。

美白効果とは、「シミやそばかすを防ぐ効果」と「シミやそばかすを消す」効果の2つの意味があります。

基本的に化粧品の多くは前者であり、治療行為ともなるため完全にシミを消すことはできません。

 

しかし、ハイドロキノンはシミを消す「漂白作用」があるため、主に美容クリニックで用いる医薬品に含まれる成分です。

化粧品にも配合されるものがありますが、非常に低濃度となっていて化粧品の範囲を逸しない程度に留められています。

 

コウジ酸

 

酒を作る時に発生する「麹(こうじ)」に含まれるのが「コウジ酸」です。

酒の造り手の手が白く美しいことから発見されました。

 

シミの元となるチロシンを作るチロシナーゼという酵素をブロックして、メラニンの生成を抑えます。

さらにコウジ酸には、ビタミンCと同じくできてしまったシミを薄くする作用もあります。

 

プラセンタエキス

 

胎盤由来成分のプラセンタエキスには非常にさまざまな効能効果がありますが、美白効果も優れていることで注目されています。

プラセンタエキスは赤ちゃんに必要な栄養がたっぷり含まれているということで、成長した人間にも有用であると考えられています。

肌の生まれ変わり「ターンオーバー」を促進する働きがあり、メラニン色素の排泄を促すため美白にも効果があります。

 

 

美白効果が期待できる食べ物

 

美白するには毎日の食生活から栄養を十分に摂取することが大切です。

どんなに良いコスメを使っていたとしても、体の内側の栄養状態が悪いとなかなか美白効果は得られません。

なんとなく食べていても美白に良い成分を補うのは難しいので、特に栄養価の高い食べ物を取り入れていきましょう。

 

加熱したトマト

 

tomato-1

 

トマトには抗酸化作用に優れた「リコピン」というカロテンが含まれています。

この「リコピン」は、食べる日焼け止めとも言われるほど、高い美白効果をもたらします。

紫外線によってできる赤みを軽減し、メラニンの生成を抑える作用があることで注目されています。

赤く熟していれば熟しているほどリコピンは豊富であり、さらに油とともに加熱調理した方が吸収がよくなります。

 

ビタミンCが豊富な柑橘類やイチゴ

 

orange

 

ビタミンCは言わずと知れた美白成分であり、身近な食品からも摂取しやすい栄養素です。

ビタミンCが多い食品としてはレモン、グレープフルーツ、オレンジ、ミカンなどの柑橘系が有名です。

 

また、イチゴやキウイ、アセロラなどにも豊富に含まれています。

クランベリージュースやアサイーから集中的に摂取すると手軽に摂ることができます。

ただし、柑橘類に含まれる「ソラレン」という成分が紫外線の吸収を高めてしまうという説もあるので、食べる場合は夜がおすすめです。

 

L-システインやアスタキサンチンが豊富なタンパク源

 

salmon

 

ビタミンCと同じく、美白に必要な栄養素として忘れてはならないのが、L-システインです。

医薬品としても使用されるほどの高い効果があり、非必須アミノ酸の1種です。

体内でも合成できますが、十分量を確保するには食事からも摂取したいところ。

牛肉、豚肉、鶏肉、カツオ、マグロ、青魚などのタンパク質が豊富な食べ物に含まれています。

サーモンやイクラは美白作用を持っている「アスタキサンチン」も摂取できておすすめです。

 

 

美白効果を期待できるサプリ

 

食べ物からの栄養摂取は不可欠とはいえ、なかなか忙しいと十分な量を補いきれないこともあります。

そこで美白を効果的に進めるにはサプリメントが手軽で便利です。

上手に活用して、かしこく栄養成分を取り入れていきましょう。

 

Lypo-C リポ カプセルビタミンC

 

 

ビタミンCはそもそも水溶性であり、体内に吸収されてもすぐに尿と一緒に出て行ってしまい貯蔵できない栄養成分です。

また、熱や酸に弱いため、体内に吸収されても細胞にうまく届かず使われないこともあります。

 

この製品では、ビタミンCを小さなリポソームと呼ばれるカプセルに閉じ込めることで、酸や熱に負けず細胞に直接栄養を届けることができます。

体内での利用効率を高めることで、効率よくビタミンCを摂取できるサプリメントです。

1箱30包入りで9800円という高価格ではありますが、それに見合うだけの価値のある商品と言えます。

 

Lypo-C リポ カプセルビタミンCの商品情報

 

価格:9.800円(税込)

内容量:185g

商品タイプ:カプセル

 


 

フィス WHITH WHITE

 

 

美容成分をギュッとたくさん閉じ込めたカプセルタイプのサプリメントです。

肌にハリを与えるコラーゲン、エラスチンを含み、プラセンタとヒアルロン酸の働きで肌の保湿力を高めます。

 

また、ビタミンB、ビタミンE、ビタミンB2も配合しているので肌の代謝を高めて、生まれ変わりをサポートしてくれます。

注目の成分としては、パイナップルから抽出した「ブライトニングパイン」が含まれます。

この成分は、臨床試験ではメラニンの生成を抑える作用がビタミンCの3倍以上もあるという結果も出ています。

 

フィス WHITH WHITEの商品情報

 

価格:2,000円(税込)

内容量:60粒(1日2粒)

商品タイプ:カプセル

 

 

 

ピュアホワイト

 

 

化粧品メーカーの老舗である資生堂が開発した美白対策向けのサプリメントです。

成分としてメインに使われているのが「クコの実」であり、ビタミンCがとても豊富です。

ゴジベリーという名前でスーパーフードとしても扱われていて、非常に優れた抗酸化作用や血の巡りを良くする作用があります。

 

このサプリメントには、ゴジベリー1500mg、ビタミンCも500mg配合(1日目安量)されています。

他にもライチ種子エキス、ハトムギエキス、菊花エキスなど東洋の美容系成分が含まれているので美白したい方におすすめです。

 

ピュアホワイトの商品情報

 

価格:4,320円(税込)

内容量:240粒(1日8粒)

商品タイプ:錠剤

 

 

 

美白になるためのスキンケア方法

 

「美白しなきゃ!」と焦って、つい手をすぐに伸ばしてしまうのが「美白コスメ」ですが、まずは基本のスキンケアを見直すことの方が優先です。

正しい洗顔と保湿、そして紫外線対策を怠らないことが大事です。

 

1. メイクはしっかり落として色素沈着を防ぐ

 

skincare

 

メイクが肌に残っていると色素が沈着してしまって、肌が黒ずんだりシミになってしまうこともあります。

特にメイクが濃くなりがちな目元は要注意です。

先にアイメイクリムーバーなどを使ってアイメイクを落とし、後から全体をクレンジングしましょう。

 

※合わせて読みたい:  【タイプ別】おすすめのクレンジング19選!クレンジングの特徴や注意点まとめ

 

2. 洗顔はやさしく洗い過ぎないことも大事

 

ダブル洗顔が必要なタイプの洗顔料であれば、その後洗顔します。

洗う時にはゴシゴシ洗い過ぎないようにすることが大事です。

特に朝の洗顔は夏場でもない限りはほとんど皮脂もつかないので、洗顔フォームは使わずにぬるま湯で洗うだけでも十分です。

 

洗顔フォームを使うときは、良くあわ立てて泡で洗うようにしましょう。

すすぎの時間は洗いの時間の倍以上かけて、すすぎ残しがないように気を付けてください。

 

※合わせて読みたい:  肌質に合わせたおすすめの洗顔料20選!洗顔料を選ぶときのポイントや正しい使い方も解説

 

3. 洗顔後はすぐに保湿する

 

skin-lotion

 

化粧水をつけるタイミングは洗顔後すぐが理想です。

タオルを押し当てながら水分を拭き取ったら、コットンまたは手に化粧水を取って付けていきます。

最後に手のひらで覆う様にしてハンドプレスすると浸透が良くなります。

 

※合わせて読みたい:  おすすめの化粧水15選!保湿・プチプラ・美白などの条件別に化粧水をご紹介

 

4. 化粧水を付けた後は美容液→乳液→クリームで保湿

 

化粧水の後は乳液とクリームで保湿を行いますが、美白効果を求めるならば乳液前に美白用の美容液を入れましょう。

つけるタイミングは、乳液やクリームの後だと油分で弾かれてしまうことがあるため、化粧水前がおすすめです。

最後の仕上げである乳液とクリームは保湿力を高めるならば両方使うことをおすすめします。

十分に保湿することで肌に透明感が出て、肌のトーンアップにも繋がりますよ。

 

 

美白効果の高い化粧品

 

より美白効果を高めるに取り入れたいのが美白用化粧品です。

化粧水や美容液、クリームなどに至るまで、美白成分を使った化粧水を選んで使いましょう。

特に医薬部外品または薬用と名前がつくようなタイプは、厚生労働省から美白有効成分として認められた成分を含有していて、「美白効果」を表示することが認められています。

 

しかし、美白コスメは物によってはかなり高価になります。

続けられなくなってしまっては意味がないので、現実的な価格の範囲で選ぶことが大事です。

そこで価格と効果のバランスの良いおすすめの商品を厳選して紹介します。

 

トランシーノ 薬用ホワイトニングクリアローション 

 

 

製薬会社である第一三共が開発した美白シリーズの「トランシーノ」は「トラネキサム酸」が特徴成分です。

肌の炎症反応によるシミに着目し、医薬品成分であるトラネキサム酸を化粧水にも配合しています。

 

皮膚のターンオーバーを促すための角質柔軟成分を配合し、肌をなめらかにして、透明感を与えます。

低刺激性、無香料、無着色であり敏感肌の方にも使いやすい商品です。

 

トランシーノ 薬用ホワイトニングクリアローションの商品情報

 

価格:3,888円(税込)

内容量:175ml

 

 

 

HAKU メラノフォーカスV 45 美白美容液 

 

 

「美的」の年間ベストコスメにも選ばれたことのある美白美容液で、不動の人気を誇っている商品です。

少しお高めではありますが、それだけ見合った美白効果が得られると人気があります。

 

成分としては「美白有効成分4MSK(4-メトキシサリチル酸カリウム塩)」「m-トラネキサム酸(トラネキサム酸)」などの美白有効成分が配合されているので、美白効果に優れた医薬部外品扱いになります。

美白効果だけではなく保湿力も高く、肌につけるとツルツルの透明感のある肌に導いてくれる美容液です。

 

HAKU メラノフォーカスV 45 美白美容液 の商品情報

 

価格:10,800円(税込)

内容量:45ml

 

 

 

b.glen (ビーグレン) QuSome ホワイトクリーム 1.9

 

 

ハイドロキノンを配合した高機能なクリームで、紫外線によるダメージにアプローチします。

しかも、従来のハイドロキノンよりも吸収性を高めたQuSomeハイドロキノンを配合しています。

今まで他のクリームでは満足できなかった人にも、一点のくすみすらも許せないという人におすすめのクリームです。

 

夜のお手入れにプラスすれば、美白効果のみならず肌にハリも与えてくれることでしょう。

 

b.glen (ビーグレン) QuSome ホワイトクリーム 1.9の商品情報

 

価格:6,480円(税込)

内容量:15g

 

 

 

ONE BY KOSE メラノショット ホワイト

 

 

メタリックなパッケージがかっこいいONE BY KOSEは「コウジ酸」を美白成分として含有しています。

コウジ酸には黒くなってしまったメラノソームがシミの元になることに着目し、メラノソームを無色化させる効果があります。

 

無色化したメラノソームの割合が増えることにより、シミやそばかすが目立たなくなってくるという仕組みで効果を発揮します。

 

ONE BY KOSE メラノショット ホワイトの商品情報

 

価格:5,724円(税込)

内容量:40ml

 

 

 

メラノCC 薬用しみ・ニキビ 集中対策 Wビタミン浸透美容液

 

 

この商品の魅力はなんと言っても価格が安いということ。

美白美容液で1本1000円を切るのはかなりありがたいですよね。

 

しかも、プチプラにも関わらず、活性型ビタミンC,ビタミンE誘導体、抗炎症成分であるグリチルリチン酸ジカリウムが肌に透明感を与えます。

ニキビ予防やニキビ痕が気になる肌にも適した成分「アルピニアホワイト」も配合されています。

気になる部分にスポットで使用するか、全顔に使ってもかまいません。

 

メラノCC 薬用しみ・ニキビ 集中対策 Wビタミン浸透美容液の商品情報

 

価格:988円(税込)

内容量:20ml

 

 

 

 

紫外線や加齢により増えていくシミやそばかすは、早めに対処していくことが大切です。

肌のくすみやシミができてしまったら、十分なスキンケアとともにビタミンCなどの栄養素をたっぷり摂取して、美白コスメなども活用して対処しましょう。

 

また、シミやくすみができてしまう前に未然に紫外線対策などを心がけていくことも大事です。

何年後になってから後悔することがないように、今のうちからしっかりと美白対策を始めましょう。


フォローして最新記事をチェック!



検索

カテゴリ一覧

ファッション(78)
   着回し/コーデ(27)
   髪型/ヘアスタイル/ヘアアレンジ(19)
   眼鏡/コンタクト/カラコン(3)
メイク・コスメ(143)
   ベースメイク(18)
   アイメイク(19)
   リップ/グロス(12)
   ネイル(7)
   メーカー/ブランド(68)
美容(78)
   スキンケア(48)
   髪/シャンプー/リンス/コンディショナー(16)
   石鹸/ソープ/洗顔料(6)
   ダイエット(3)
健康(38)
   健康食品/サプリメント/プロテイン(9)
   スポーツ/運動/トレーニング(3)
   冷え/温活(5)
ライフスタイル(137)
   生活雑貨/生活用品(16)
   ギフト/プレゼント(13)
   趣味(6)
   お出かけ/観光/旅行/デート(24)
   妊娠/出産/子育て(2)
   家庭菜園/ガーデニング(3)
インテリア(23)
   内装/レイアウト(3)
   DIY(3)
グルメ(45)
   ドリンク/カフェ(18)
   ケーキ/お菓子/パティスリー/パン(10)
アート/カルチャー(14)
   写真/カメラ(3)
   ハンドメイド/クラフト(5)

スキンケア

エイジングケア(10)
保湿(87)
美白(25)
乳液(11)
クリーム(46)
オイル(14)
化粧水(46)
美容液(37)
基礎化粧品(61)
ニキビ(10)
毛穴ケア(16)
角質ケア(26)
肌荒れ(14)
くすみ(25)
クマ(4)
たるみ(7)
ハリ不足(19)
スペシャルケア(44)
セルフケア(17)
UV対策(14)
日焼け対策(11)
日焼け止め(5)
洗顔/クレンジング(13)

肌質

乾燥肌(74)
敏感肌(53)
脂性肌(21)
混合肌(12)

コスメ/メイク

ツヤ肌(66)
マット肌(40)
ミネラルコスメ(13)
デカ目(32)
小顔(1)
韓国(20)
化粧(58)
ポイントメイク(62)
メイクテク(29)
ナチュラルメイク(62)
美肌(69)
メイク道具(11)
化粧下地/ファンデーション/コンシーラー(19)
テカリ防止(2)
アイメイク(14)
リップ/グロス(18)
チーク(8)

ファッション

春コーデ(19)
夏コーデ(18)
秋コーデ(23)
冬コーデ(23)
スタイル(44)
テイスト(36)
シーン別(16)
大人コーデ(18)
カジュアル(8)
綺麗め(6)
フェミニン(7)

年代別

10代(1)
20代(6)
30代(7)
40代(3)
50代(2)

恋愛

片思い(21)
男性心理(23)
カップル(24)
恋愛観(24)
恋愛テクニック(31)

ヘアスタイル

ショートヘア(18)
ロングヘア(17)
セミロング(14)
ボブ(17)
スタイリング(26)
ヘアケア(34)
ヘアカラー(9)
ヘアアクセ(8)

ライフスタイル

キッチン用品(15)
ホームパーティー(12)
食生活(79)
ヘルシー(36)
運動(10)
筋トレ(4)
リラックスタイム(5)

人気記事ランキング