logo

Top > 美容 > スキンケア

日焼け止めパウダーでUV対策&美肌キープ♪ 日焼け止めパウダーの選び方からおすすめ商品を紹介






紫外線がどんどん強まっていく季節、皆さんはどう対策・ケアしていますか?
日傘や日焼け止めはメジャーな紫外線対策アイテムですが、日焼け止めはどうしてもべたつきが気になってしまう…と苦手意識がある方も多いのではないでしょうか。

そこで今回おすすめしたいのが「日焼け止めパウダー」。
リキッドタイプの日焼け止めと比較すると、サラサラな質感が特徴のアイテムです。
ボディだけでなく、メイクのお供として使うこともできますよ。

本記事では日焼け止めパウダーの選び方からおすすめのアイテムまでご紹介します♪

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、臨時休業あるいは営業時間の変更等の措置を取っている店舗・施設がございます。


お出かけ前に、店舗・施設の公式HPやSNS等で最新情報のご確認をお願い致します。


【目次】日焼け止めパウダーでUV対策&美肌キープ♪ 日焼け止めパウダーの選び方からおすすめ商品を紹介

 

日焼け止めパウダーの選び方

「SPF」と「PA」の日焼け防止効果をチェック!

石鹸で落ちるものなど落としやすさで選ぶ

ノンケミカルなどお肌への優しさ・成分で選ぶ

使いやすい質感+持ち運びやすさで選ぶ

日焼け止めパウダーの使い方

塗る前に必ず汗・皮脂をオフしておこう!

日焼け止めパウダーは「下地」をつけてから使おう

ご自宅での使用なら、基礎化粧品を土台に

ブラシを使って塗る場合

パフを使って塗る場合

最大のポイントは「薄く塗る」こと

日焼け止めパウダーを使う際の注意ポイント

パウダーを落としたら保湿を入念に

長時間の外出・レジャー時は他のUV対策アイテムを併用しよう

ビーチや激しい運動の際はウォータープルーフのUV対策アイテムを使おう

塗り直しはこまめに

おすすめの日焼け止めパウダー

ETVOS(エトヴォス)ミネラルUVベール 2021

ETVOS(エトヴォス)ミネラルUVパウダー 2021 

naturaglace(ナチュラグラッセ)UVパウダー コンパクトN

トゥヴェール ミネラルサンスクリーン シマータイプ

ドクターシーラボ エンリッチリフト UVパウダー

トランシーノ薬用UVパウダーn ファンデーション

セザンヌ UVシルクカバーパウダー

舞台屋 UVプルーフ ブリリアントルースパウダー

ママバター 無添加 フェイスパウダー

ORBIS(オルビス)サンスクリーン(R) パウダー リフィル&ケースセット

日焼け止めパウダーで、紫外線に負けない健やか美肌をキープしよう♪

 

日焼け止めパウダーの選び方

 

日焼け止めパウダーの選び方

 

メイクの仕上げやメイク直しにも重宝し、使い勝手の良さで人気が年々高まっている日焼け止めパウダー。

他の日焼け止めアイテムよりも肌負担が低めのものが多く、ボディやフェイスにも使いやすいのがメリットです。

 

でも、日焼け止めパウダーを購入する際にはどのようなポイントに気をつけて選ぶのが良いのでしょうか。

ここからは、日焼け止めパウダーの上手な選び方をチェックしていきましょう。

 

「SPF」と「PA」の日焼け防止効果をチェック!

 

spfとpa

 

まずは、日焼け止めパウダーを選ぶ上で最も重要な「SPF」と「PA」の日焼け防止効果をチェックしておきましょう。

 

SPF値の選び方

 

SPF値は「サンプロテクションファクター」(紫外線防御効果)の略称。

日焼けによる肌の赤み(サンバーン)の原因・紫外線B波(UVB)の影響をどれくらい遅らせることができるかを数値化したものです。

数値が大きくなるほど日焼け防止が可能になる数値でもあります。

 

最高表示値は50+で、お肌に何も塗っていない状態で紫外線を浴びた時よりも日焼けによる肌ダメージを50倍遅らせることができる数値となっています。

 

なお、数値の選び方の目安は下記の通りです。

 

  • 一日中屋外でショッピング、アウトドアアクティビティをする場合:SPF20以上
  • 通勤・ちょっとそこまでのお買い物の場合:SPF15〜20ほど

 

PA値(+)の選び方

 

PA値とは、じわじわとお肌の若々しさを奪っていく紫外線A波(UVA)をどれくらいカットできるかを示した目安値です。

 

PAをよく確認せずに日焼け止めアイテムを購入した場合、日焼け止めを塗っていてもお肌が紫外線によって黒ずんだり、数年後のシミやシワ、たるみの発生につながることがあります。

 

PA値は、PA+からPA++++と、4段階で表記されています。

+の数が多いほど、日焼けしにくい値になっています。

 

紫外線B波よりもお肌に急激なダメージを与えにくい紫外線A波ですが、将来のお肌のことを考えるなら、PA値のレベルをしっかりチェックして選ぶようにしておきましょう。

 

石鹸で落ちるものなど落としやすさで選ぶ

 

石鹸落ち

 

日焼け止めパウダーは、リキッドタイプの日焼け止めに比べるとお肌に優しいといわれているアイテム。

しかし、その分こまめな塗り直しが必要なアイテムでもあり、落としやすさも重要な選び方の一つとなってきます。

 

日焼け止めリキッドには、専用クレンジングが必要なものもありますが、日焼け止めパウダーの場合は専用クレンジング不要のものがほとんど。

クレンジング・洗顔時に手間と負担をかけたくない方は、石鹸で落とせるものやクレンジング不要のものを選んでおくと良いでしょう。

 

ノンケミカルなどお肌への優しさ・成分で選ぶ

 

ノンケミ

 

敏感肌の方は、できるだけノンケミカルのものを選んでおくのがおすすめです。

 

紫外線をブロックする成分には主に紫外線吸収剤(ケミカル)と紫外線散乱剤(ノンケミカル)の2種類があります。

 

後者の紫外線散乱剤は、お肌に塗ることで光を反射させる特徴があり、肌刺激が少ないのが特徴。

敏感肌の方や日焼け止めアイテムのお肌への負担が気になる方は、ぜひノンケミカルのものを選んでみてくださいね。

 

使いやすい質感+持ち運びやすさで選ぶ

 

日焼け止めパウダーには、ツヤ感を演出できるものやマットタイプ、皮脂崩れを防止してくれるものなど、お好みの仕上がりに応じて選ぶこともできます。

普段のメイクスタイルや目指したい質感で選ぶのもおすすめです♪

 

形状タイプとしては、パウダーがそのまま容器に入った「ルースパウダータイプ」やパウダーを押し固めている「プレストタイプ」の2種類があります。

 

ルース

 

ルースパウダーはナチュラルな質感に仕上がるのが特徴です。

その分やや落ちやすい傾向にあり、こまめに塗り直す必要があるのがデメリット。

 

持ち歩きよりは、ご自宅用として使うのがおすすめです。

 

プレスト

 

プレストタイプはいわゆる固形タイプ。

持ち運んでも容器内部で粉飛びしにくく、持ち歩きやすいのが特徴です。

 

やや落ちにくく、長時間日焼け止め効果をキープさせるのに適しています。


 

日焼け止めパウダーの使い方

 

日焼け止めパウダーの選び方の次に、日焼け止めパウダーの使い方をチェックしてみましょう。

 

塗る前に必ず汗・皮脂をオフしておこう!

 

皮脂オフ

 

まずパウダーをお肌に塗る前に、汗や余分な皮脂をティッシュなどでオフしておきましょう。

 

紫外線が気になる時期は汗が出やすく、パウダーアイテムがヨレてしまいがち。

油分はほどほどに吸収させることで、皮脂の過剰分泌を防ぐこともできます。

 

皮脂の取りすぎも注意してくださいね。

 

日焼け止めパウダーは「下地」をつけてから使おう

 

下地

 

基本的に、日焼け止めパウダーは素肌ではなく下地をつけてから使います。

下地をつけておくことで、日焼け止めパウダーが更に肌に密着しますよ。

 

おすすめは、クリームタイプやリキッドタイプなどの日焼け止め乳液や化粧下地、BBクリームやCCクリーム。

薄づきのものなら、ファンデーション後に軽くなじませるのもおすすめです。

 

ご自宅での使用なら、基礎化粧品を土台に

 

基礎化粧品

 

お出かけしない日に室内で使用する場合は、基礎化粧品でしっかり保湿した後にパウダーを使いましょう。

油分多めの基礎化粧品を土台に使う場合も、お肌の油分をティッシュなどに吸収させてから使うのがおすすめです。

 

ブラシを使って塗る場合

 

ブラシ

 

ブラシは粉含みに優れたアイテム。

ブラシ全体に日焼け止めパウダーを取り、余分なパウダーを落としてからブラシをくるくると回しながらお肌にパウダーを馴染ませていきましょう。

 

この時、顔の中心はパウダーを多めに、外側は少なめにしておくと、自然で立体感のある仕上がりになります。

全体に塗り終わったら、粉を落としたブラシで顔全体の余分なパウダーを押しておくと崩れにくい仕上がりになります。

 

パフを使って塗る場合

 

パフ

 

パフの場合も、ブラシと同じようにパフ全体にパウダーを含ませて使います。

 

パフにパウダーを含ませたら、そのままパフを揉み込んでパフ全体にパウダーを馴染ませていきましょう。

 

次に、パフを顔にぽんぽんと置くようにお肌にパウダーをのせていきます。

小鼻や目の周りなどパフを置きにくいパーツは、パフを折りたたんで付けていくとスムーズです。

 

最大のポイントは「薄く塗る」こと

 

薄塗り

 

余分な皮脂をオフするのももちろん大事ですが、厚塗りにならないよう薄く塗るのも大きなポイント。

厚塗りをしすぎるとお肌が乾燥しやすくなるのはもちろん、更に皮脂を過剰分泌させてしまうこともあります。

 

メイクもちを長くし、お肌の乾燥を防ぐためにも薄く均一に塗るのが第一です。

 

 

日焼け止めパウダーを使う際の注意ポイント

 

持ち運び

 

日焼け止めパウダーは持ち歩きやすく、薄づきでメイクの上から塗りやすいのがメリットのアイテムです。

 

しかし、日焼け止めパウダーを塗る際には注意しておきたいポイントもいくつかあります。

どんなポイントに気をつけて使えば良いのでしょうか。

 

パウダーを落としたら保湿を入念に

 

保湿

 

日焼け止めパウダーは、油分を含んだUVクリームなどと比較するとやや乾燥しやすい特徴があります。

 

パウダーを落としたあとは、いつも以上にしっかりと保湿ケアをしておきましょう。

特に乾燥肌の方は、パウダーを使う前の保湿ケアも入念に行っておいてください。

 

どうしても使用中とオフ後の乾燥が気になる場合は、保湿成分も入っている日焼け止めパウダーを選ぶのがおすすめです。

 

長時間の外出・レジャー時は他のUV対策アイテムを併用しよう

 

併用

 

日焼け止めパウダーだけでもUV対策は可能ですが、パウダーの特性上、汗や水で成分が落ちやすいデメリットがあります。

そのため、他のUV下地やクリームなども併用して紫外線対策をしておくのがおすすめです。

 

ビーチや激しい運動の際はウォータープルーフのUV対策アイテムを使おう

 

ビーチ

 

先ほどご紹介した通り、日焼け止めパウダーは水分に弱いのが特徴です。

ビーチやプールなど水に濡れる場所や、ランニングじなど汗をかきやすい激しい運動を行う際は、水に強い他の日焼け止めアイテムを使いましょう。

 

塗り直しはこまめに

 

塗り直し

 

他の日焼け止めアイテムにも言えることですが、日焼け止めパウダーは一度お肌に馴染ませただけでUVカット効果が一日中持続するわけではありません。

日焼け止めパウダーを使う場合は、2時間〜3時間おきにこまめに塗り直して紫外線対策をしましょう。

 

2時間経っていなくても、汗をかいたタイミングや摩擦が発生したタイミングで塗り直す必要があります。

お肌の状態をチェックしながら、塗り直しておきましょう。

 

 

おすすめの日焼け止めパウダー

 

日焼け止めパウダー

 

ここからは、今季おすすめの日焼け止めパウダーをご紹介します。

プレストタイプやルースパウダータイプ、自然派パウダーや高SPF・PAなど、多ジャンルのおすすめアイテムをチェックしていきましょう♪

 

ETVOS(エトヴォス)ミネラルUVベール 2021

 

 

ナチュラルコスメといえばエトヴォスというほど、お肌に優しいミネラルコスメブランドとして広く知られるようになったブランド・エトヴォスの人気パウダー。

毎年リリースされている定番パウダーで、ノンケミカルでSPF45、PA+++と高い紫外線カットを実現しています。

 

紫外線対策だけでなく、乾燥などのお肌ダメージをケアする保湿成分も配合。

日中メイクをしていてもメイクアップ効果だけでなくスキンケア効果や光ダメージケアもできるのも大きなポイントです。

 

仕上がりはセミマットで、シミや毛穴など、お肌のアラをさりげなくカバーしてくれます。

色がつかないカラーレスタイプで、ファンデーションの上からも塗りやすいです。

 

ETVOS(エトヴォス)ミネラルUVベール 2021の商品情報

 

価格:3,850円(税込)

SPF45、PA+++

内容量:7g

 

 

 

ETVOS(エトヴォス)ミネラルUVパウダー 2021 

 

 

エトヴォスの紫外線対策アイテムといえば、毎年発売されているミネラルUVパウダーも外せないアイテム。

血色をよく見せてくれるピンクベージュ系の色味と、お肌の透明感をアップしてくれるペールラベンダー系の色味の2カラー展開のルースパウダーです。

 

クレンジング不要で、光ダメージをうけた後の乾燥対策にも使えると評判。

ソフトフォーカス効果のあるミネラルを使用し、毛穴やシミもカバーしながらお肌のトーンアップもはかれるのもミネラルUVパウダーの人気理由の一つです。

 

日中のくすみが気になる方にもおすすめの日焼け止めパウダーですよ。

 

ETVOS(エトヴォス)ミネラルUVパウダー 2021 の商品情報

 

価格:3,080円(税込)

SPF50、PA++++

カラー:#ピンクベージュ、#ペールラベンダー

内容量:5g

 

 

 

※ETVOS関連記事:  「エトヴォス(ETVOS)」の人気商品をまとめて紹介!肌に優しいミネラルコスメ&セラミドスキンケア

 

naturaglace(ナチュラグラッセ)UVパウダー コンパクトN

 

 

石鹸で落とせるナチュラルコスメブランド・ナチュラグラッセのUVパウダー。

こちらも毎年紫外線が気になる時期に発売されるアイテムで、紫外線だけでなくブルーライトや近赤外線の光からもお肌を守ってくれると人気が高いアイテムです。

 

主な成分にラベンダーパールや光拡散パウダー、皮脂吸着成分(シリカ・米粉)、保湿成分(エーデルワイスエキス)などを配合。

皮脂や汗崩れを防ぎ、塗り立ての美しい仕上がりが長時間キープされます。

 

naturaglace(ナチュラグラッセ)UVパウダー コンパクトNの商品情報

 

価格:4,400円(税込)

SPF50+、PA++++

内容量:12g

 

 

 

※naturaglaceの関連記事: 【ミネラルコスメ】ナチュラグラッセ(Naturaglace)のおすすめ商品16選!

 

トゥヴェール ミネラルサンスクリーン シマータイプ

 

 

高純度ビタミンCを使ったスキンケアアイテムやミネラルファンデーションで人気のブランド・トゥヴェールのロングセラーパウダー。

ノンケミカル処方で、石鹸でさっと落とせるのが特徴の日焼け止めパウダーです。

 

ラメ感のあるパウダーで、お肌にツヤを与えてくれるのがポイント。

保湿効果にも優れており、ビタミンCやヒアルロン酸、セラミドなど13種類もの保湿成分を配合しているのも大きな特徴です。

 

紫外線だけでなく、ブルーライトや大気汚染物質からもお肌を守ってくれます。

敏感肌の方だけでなく、美容液成分配合でお肌の潤いと健康を守りたい方にもぴったりな日焼け止めパウダーですよ。

 

トゥヴェール ミネラルサンスクリーン シマータイプの商品情報

 

価格:2,620円(税込)

SPF50、PA++++

内容量:4.2g

 

 

 

ドクターシーラボ エンリッチリフト UVパウダー

 

 

人気スキンケアブランド・ドクターシーラボから発売されているツヤ肌日焼け止めパウダー。

SPF50+、PA++++の高い紫外線カット力をもつだけでなく、近赤外線やブルーライトによる肌ダメージも防止してくれるパウダーです。

 

毛穴や小ジワといったお肌の気になるお悩みをカバーしつつ、キメ細かなお肌を演出してくれます。

 

さらに、皮脂吸着パウダー配合で、日中のお肌のテカり・ベタつきを抑えてくれるのも見逃せないポイント。

マットな中にもツヤ感を感じられる美肌効果を長時間キープしたい方にもおすすめの日焼け止めパウダーです。

 

ドクターシーラボ エンリッチリフト UVパウダーの商品情報

 

価格:2,750円(税込)

SPF50+、PA ++++

内容量:3.5g

 

 

 

※ドクターシーラボの関連記事: 【薬剤師が解説】ドクターシーラボでメディカル発想のスキンケア!おすすめ商品も紹介

 

トランシーノ薬用UVパウダーn ファンデーション

 

 

美白ケア・シミ対策に特化した製薬会社ブランド・トランシーノの日焼け止めパウダー。

高い紫外線カット効果だけでなく、ひと塗りでお肌の色むらや凹凸をカバーする能力にも優れているアイテムです。

 

透明感のある仕上がりで、くすみ対策にも最適。

ふんわりとした使い心地で、日中のメイク直しにも使いやすいと人気です。

 

トランシーノ薬用UVパウダーn ファンデーションの商品情報

 

価格:2,970円(税込)

SPF50+、PA++++

内容量:12g

 

 

 

※トランシーノの関連記事: 【薬剤師が解説】「トランシーノ」ってどんな美白コスメ?ラインナップごとの特徴を一挙紹介

 

セザンヌ UVシルクカバーパウダー

 

 

国内外で高い評価を得ているプチプラコスメブランド・セザンヌのUVシルクカバーパウダー。

高い紫外線カット効果も魅力ですが、石鹸で落とせるノンケミカル処方や3色展開でお肌のトーンに合わせやすいのもポイントが高いですよね。

 

プチプラなのにコンパクトにミラーもついており、どこでも塗り直ししやすいのも人気理由の一つ。

16種類もの美容液成分を配合し、メイク直しに使ってもお肌が乾燥しにくいのも見逃せないポイントです。

 

セザンヌ UVシルクカバーパウダーの商品情報

 

価格:748円(税込)

SPF50、PA++++

カラー:00ライトベージュ、01ライト、02ナチュラル

内容量:10g

 

 

 

※セザンヌの関連記事:  【コスパ最強】プチプラコスメ「セザンヌ(CEZANNE)」のおすすめ商品16選!

 

舞台屋 UVプルーフ ブリリアントルースパウダー

 

 

プロ御用達のメイクアップブランド・舞台屋が手がけた日焼け止めパウダー。

紫外線のほか太陽光による熱線などからもお肌を保護する成分を配合しているだけでなく、使うたびに癒されるダマスクローズの香りも配合し、癒し効果もばっちりです。

 

保湿成分にはヒアルロン酸を配合し、塗り直しても乾燥を感じにくい処方になっています。

特殊パウダーを使用し、ヒアルロン酸でお肌がしっとり潤うだけでなくお肌のベタつきと白浮きを防ぎ、サラサラ感を保ってくれるのも嬉しいポイントです。

 

舞台屋 UVプルーフ ブリリアントルースパウダーの商品情報

 

価格:1,857円(税込)

SPF50、PA+++

内容量:8g

 

 

 

ママバター 無添加 フェイスパウダー

 

 

お肌に優しいオーガニック無添加スキンケア・メイクアップアイテムのブランド・ママバターの日焼け止めパウダー。

SPF値・PA値は中レベルほどで、お出かけや通勤時など日常使いに適しているのが特徴です。

 

パウダーにもかかわらず、高保湿なシアバターを5%も配合しているのも特徴で、季節問わず潤いを実感できるのも人気ポイント。

また、オーガニックラベンダーの香りつきで、使うたびに心が落ち着くリラックス効果も期待できます♪

 

色味はクリアとナチュラルの2種類で、ファンデーション代わりに使うならナチュラル、ファンデーションの上に重ねるならクリアがおすすめ。

化粧感少なめのナチュラルな質感と薄づきな付き方で、ヨレにくくスキンケア感覚でベースメイクを整えたい方にもぴったりな商品です。

 

ママバター 無添加 フェイスパウダーの商品情報

 

価格:1,290円(税込)

SPF25、PA++

カラー:ナチュラル、クリア

内容量:8g

 

 

 

※ママバターの関連記事:  ママバターでナチュラルスキンケア♪日焼け止めや保湿クリームなど人気おすすめアイテムを紹介

 

ORBIS(オルビス)サンスクリーン(R) パウダー リフィル&ケースセット

 

 

インナービューティーからUVケアまで女性の「きれい」を支えてくれる人気ブランド・オルビスの日焼け止めプレストパウダー。

SPF50+で強力なUVカット力だけでなく、皮脂を吸収すると明るくなる特殊なパウダーを配合し、明るさに満ちたお肌をキープしてくれます。

 

重ねても厚塗り感が出にくい密着構造で、いつ塗っても、どれだけ塗っても軽い使い心地が楽しめるのもおすすめポイント。

さらに、汗が気になる季節も使いやすいウォータープルーフ処方で、皮脂も汗も水も気になりにくいのも嬉しいですね。

 

ORBIS(オルビス)サンスクリーン(R) パウダー リフィル&ケースセット ナチュラルの商品情報

 

価格:2,213円(税込)

SPF50+、PA++++

カラー:ナチュラル、ルーセント

 

 

 

※オルビスの関連記事:  「オルビス」は高機能でコスパ最高!おすすめ商品をジャンル別に詳しく解説

 

日焼け止めパウダーで、紫外線に負けない健やか美肌をキープしよう♪

 

日焼け止めパウダー まとめ

 

紫外線が気になる春夏シーズンはもちろん、年中使える日焼け止めパウダーの使い方や選び方、おすすめ商品などを紹介してきました。

スキンケアアイテムとして、またベースメイクの仕上げ・メイク直しにも使いやすいパウダーなので、一つ持っていると重宝しますよ。

 

こまめな塗り直しは必要になりますが、重たくなりにくくお肌をナチュラル美肌に演出してくれるものも多くなってきているため、美肌効果も期待できます。

 

スキンケアだけでなく、ベースメイクアイテムとしても使えるパウダーをお探しの方や、紫外線対策をより徹底して行いたい方は、ぜひ日焼け止めパウダーをチェックしてみてください。

 

▼合わせて読みたい日焼け対策の関連記事

 

日焼け止めのおすすめ20選!敏感肌用やプチプラ、日焼け止めの選び方や効果的な塗り方なども徹底解説

【薬剤師が解説】スティックタイプの日焼け止めを選ぶメリットは?おすすめ商品も紹介

【薬剤師が解説】飲む日焼け止めは本当に効果があるのか?紫外線対策のおすすめサプリ7選

春夏のマストアイテム「日傘」はどう選ぶべき?選び方とおすすめの日傘を紹介


フォローして最新記事をチェック!



検索

カテゴリ一覧

ファッション(363)
   着回し/コーデ(82)
   髪型/ヘアスタイル/ヘアアレンジ(66)
   眼鏡/コンタクト/カラコン(8)
メイク・コスメ(412)
   ベースメイク(35)
   アイメイク(55)
   リップ/グロス(28)
   ネイル(13)
   コスメブランド/メーカー(196)
美容(147)
   スキンケア(81)
   髪/シャンプー/リンス/コンディショナー(41)
   石鹸/ソープ/洗顔料(11)
   ダイエット(8)
健康(70)
   健康食品/サプリメント/プロテイン(13)
   スポーツ/運動/トレーニング(8)
   冷え/温活(4)
ライフスタイル(232)
   生活雑貨/生活用品(23)
   お祝い/ギフト/プレゼント(19)
   趣味(9)
   お出かけ/観光/旅行/デート(34)
   妊娠/出産/子育て(3)
   家庭菜園/ガーデニング(4)
インテリア(69)
   内装/レイアウト(5)
グルメ(89)
   カフェ/喫茶店/ドリンク(31)
   ケーキ/お菓子/スイーツ/パティスリー/パン(27)
   レシピ(27)
アート/カルチャー(40)
   写真/カメラ(8)
   ハンドメイド/クラフト(19)

スキンケア

エイジングケア(43)
保湿(188)
美白(45)
乳液(36)
クリーム(107)
オイル(24)
化粧水(113)
美容液(89)
基礎化粧品(130)
ニキビ(20)
毛穴ケア(35)
角質ケア(45)
肌荒れ(25)
くすみ(47)
クマ(10)
たるみ(21)
ハリ不足(39)
スペシャルケア(120)
セルフケア(56)
UV対策(40)
日焼け対策(31)
日焼け止め(13)
しわ(13)
洗顔/クレンジング(74)

肌質

乾燥肌(114)
敏感肌(91)
脂性肌(34)
混合肌(26)

コスメ/メイク

ツヤ肌(126)
マット肌(51)
ミネラルコスメ(54)
デカ目(64)
小顔(3)
韓国(79)
化粧(193)
ポイントメイク(214)
メイクテク(98)
ナチュラルメイク(158)
美肌(139)
メイク道具(30)
化粧下地/ファンデーション/コンシーラー(126)
テカリ防止(20)
アイメイク(146)
リップ/グロス(134)
チーク(80)
カラーメイク(40)

ファッション

春コーデ(102)
夏コーデ(98)
秋コーデ(114)
冬コーデ(115)
スタイル(228)
テイスト(210)
シーン別(50)
大人コーデ(150)
カジュアル(141)
綺麗め(155)
フェミニン(114)

年代別

10代(5)
20代(14)
30代(15)
40代(9)
50代(5)

恋愛

片思い(25)
男性心理(42)
カップル(36)
恋愛観(45)
恋愛テクニック(47)
モテ仕草(4)

ヘアスタイル

ショートヘア(44)
ロングヘア(49)
セミロング(48)
ボブ(50)
スタイリング(79)
ヘアケア(75)
ヘアカラー(30)
ヘアアクセ(23)

ライフスタイル

ホームパーティー(24)
グルメ/レシピ(123)
ヘルシー(46)
運動(20)
筋トレ(8)
リラックスタイム(46)

人気記事ランキング