logo

Top > ライフスタイル > 家電

電気ケトルのおすすめ商品11選!おしゃれで安いブランドや掃除方法も解説






短時間でお湯を沸かすことができる電気ケトル。
使い方次第で電気代の節約も可能で、温度調節機能が付いているものは美味しいコーヒー・お茶作りに欠かせません。

本記事では「おしゃれな電気ケトルがほしい」「安い機能性の高い電気ケトルがほしい」という方に向けて、ティファール・デロンギをはじめとした人気ブランドの商品を紹介していきます。

また、後半では重曹やクエン酸を用いたケトルのお手入れ・掃除方法も解説します。
お気に入りの電気ケトルを長く使うための参考にしてください。

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、臨時休業あるいは営業時間の変更等の措置を取っている店舗・施設がございます。


お出かけ前に、店舗・施設の公式HPやSNS等で最新情報のご確認をお願い致します。


【目次】電気ケトルのおすすめ商品11選!おしゃれで安いブランドや掃除方法も解説

 

ケトルとは

電気ポットとの違い

電気ケトルと電気ポットの電気代

電気ケトルの種類と選び方

電気ケトルの素材は3種類

注ぎ口の形状は3種類

コーヒー・カップ麺などの用途に合わせた容量で選ぶ

安全機能付きだと事故防止に効果的

お手入れや保管のしやすさで選ぶ

2杯目も飲む場合は保温機能付きを選ぶ

赤ちゃんのミルク作りに便利な温度調節機能

電気ケトルの人気・定番ブランド

T-fal(ティファール)

BALMUDA(バルミューダ)

DeLonghi(デロンギ)

TIGER(タイガー)

<一人暮らし用のおすすめ電気ケトル>

【タイガー】電気ケトル

【ティファール】アプレシア エージー・プラス

【dretec(ドリテック)】電気ケトル(ティッピー)

【無印良品】電気ケトル

【デロンギ】アクティブシリーズ

【BALMUDA(バルミューダ)】The Pot(ザ・ポット)

<家族用のおすすめ電気ケトル>

【ティファール】アプレシア エージー・プラス コントロール

【タイガー】蒸気レス電気ケトル わく子

【デロンギ】アイコナ・ヴィンテージ コレクション

【山善】電気ケトル

【Russell Hobbs(ラッセルホブス)】カフェケトル

電気ケトルのお手入れ・掃除方法

電気ケトルの表面をお手入れする方法

電気ケトルの中を掃除する方法

ライフスタイルに合った電気ケトルを選ぼう

 

ケトルとは

 

電気ケトル ティファール

 

「ケトル(kettle)」とは、“やかん”を意味する英語です。

電気を使ってお湯を短時間で沸かすことのできるケトルを「電気ケトル」と呼びます。

 

電気ケトルを使うと、1L程度の水なら5分前後、カップ1杯分(130ml)であれば1分前後で沸かすことが可能。

火を使う必要はなく、スイッチを入れたら自動で沸き上がるため手間がかかりません。

 

電気ポットとの違い

 

電気ケトルと似た用途で使用される電気ポットと比較すると、以下の違いが挙げられます。

 

  • 電気ケトル:沸かせられる水の量は少ない、短時間で沸く、小さくて軽い、保温効果のないものが多い
  • 電気ポット:沸かせられる水の量が多い、ゆっくり沸く、大きくて重い、保温効果が高い

 

また、電気ケトルの中には電気ポットの性能を兼ね備えた商品もあります。

 

電気ケトルと電気ポットの電気代

 

1,300Wの電気ケトルで1.2Lの水を沸かすのには、3~4円程度の電気代がかかるといわれています。

1,300Wの電気ポットで2.2Lの水を沸かして10時間保存するには、ポットの性能にもよりますが15円~の電気代です。

 

電気ケトルは「1日に1.2Lの水を3回まで沸かす場合」にお得といえます。

また、保温機能のある電気ケトルなら、状況に合わせてポットのように使用できるでしょう。

 

 

電気ケトルの種類と選び方

 

電気ケトル ティファール

 

電気ケトルには様々な種類の素材・形状・機能があります。

まずは電気ケトルの種類と上手な選び方をご紹介するので、商品選びの参考にしてみてくださいね。

 

電気ケトルの素材は3種類

 

電気ケトルの素材は主にプラスチック・ステンレス・ガラスの3種類です。

それぞれの特徴を見ていきましょう。

 

プラスチック製

 

 

プラスチック製の電気ケトルは以下のメリットがあります。

 

  • 軽量で取り扱いやすい
  • 価格が比較的安い
  • 本体が高温になりにくい
  • 落下などで割れにくい

 

使いやすさや費用などの面から広く流通している素材。

迷ったらまずプラスチック製から始めると失敗がありません。

 

続いてデメリットは以下の通りです。

 

  • お手入れしないと匂い移りする
  • 注ぎ口の形状が限られる

 

匂い移りについては、1ヶ月から3ヶ月に1度クエン酸を使って掃除すれば予防できます。

また、プラスチック製のほとんどが後述する「くちばし型」の注ぎ口なので、形状の選択肢が少ないです。

 

ステンレス製

 

 

ステンレス製の電気ケトルのメリットを見ていきましょう。

 

  • 耐久性が高い
  • 錆びにくく長期間使える
  • 保温性が高い
  • 様々な形状の商品がある

 

ステンレスは熱効率が良いため、素早く沸かすことができ保温効果も期待できます。

そして何より丈夫で長持ちです。

 

デメリットは以下の通りです。

 

  • 表面が熱くなりやすい
  • カラーが豊富でない

 

もし子供がいる場合は誤って触れる可能性があるため、手が届かない場所に設置することが重要です。

また、ステンレス素材なので基本的に「銀色」のデザインになってしまいます。

 

ガラス製

 

 

ガラス製の電気ケトルは以下のメリットが挙げられます。

 

  • 匂い移りしにくい
  • 沸く様子を外から見れる
  • 熱効率がいい

 

経年劣化による匂い移りの心配が少なく、お茶・コーヒー・白湯の風味を楽しむことができます。

 

デメリットは以下の通りです。

 

  • 表面が熱くなる
  • 落とすと割れる可能性がある
  • 販売しているメーカーが少ない

 

小さいお子さんがいる家庭では慎重に取り扱う必要があるでしょう。

また、プラスチック製やステンレス製が主流なので、ガラス製は取り扱うメーカーが少ない傾向にあります。

 

注ぎ口の形状は3種類

 

電気ケトル ティファール 注ぎ口

 

注ぎ口の形状は大きく分けて、くちばし型・コーヒードリップ用・やかん型の3種類あります。

一見そこまで違いがないようにも見えますが、形状ごとに向き不向きが分かれます。

 

それぞれのメリット・デメリットを見ていきましょう。

 

くちばし型

 

 

最も流通しているくちばし型の電気ケトルは、以下のメリットが挙げられます。

 

  • 1度に注げる量が多い
  • 製品によっては微調整しやすい
  • 幅広い用途で使える

 

飲み物・調理の両方に使えるベーシックな形状といえます。

 

続いてデメリットは以下の通りです。

 

  • コーヒードリップにはお湯の量が調節しづらい
  • 角度が急になるため手が疲れやすい
  • 商品によっては使い勝手が変わる

 

カップ麺などの調理では「お湯がたくさん注げて便利」と感じますが、コーヒードリップのような時間がかかる作業には不向きです。

また、商品によって角度・幅が違うため使用感が異なります。

 

コーヒードリップ用

 

 

コーヒードリップ用は細くS字カーブを描いたような形状になっています。

メリットは以下が挙げられます。

 

  • お湯が飛び出る心配が少ない
  • 少しずつ調整しながら注げる
  • 見た目がおしゃれ

 

最大の魅力は「調整のしやすさ」といえるでしょう。

 

続いてデメリットは以下の通りです。

 

  • お湯の出る量が少ない
  • カップ麺などの調理には不向き
  • スペースを取る

 

くちばし型と比べるとお湯の出る勢いが少ないため、使い方によっては物足りない人もいるでしょう。

また、注ぎ口が長い分場所を取ります。

 

やかん型

 

 

やかん型はステンレス製の電気ケトルに多い形状です。

メリットは以下があります。

 

  • お湯が飛び出にくい
  • お湯の量が比較的多い
  • 安定して注ぎやすい(手が疲れにくい)

 

S字とくちばし型の間のような位置づけ。

注ぎ口に長さがあるおかげで微調整ができ、角度も緩やかなので楽に持ち続けられます。

 

続いてデメリットは以下の通りです。

 

  • ステンレス製がメイン
  • 取り扱いが多くない
  • S字と比べると調整しにくい

 

やかん型はステンレス製の電気ケトルに多い形状で、取り扱いも多いとはいえません。

また、S字のコントロール感には多少劣ることもあります。

 

そうとはいえ、重大なデメリットはほとんどなく性能としては十分です。

 

コーヒー・カップ麺などの用途に合わせた容量で選ぶ

 

電気ケトル ティファール 容量

 

電気ケトルの容量は0.6Lから1.5L程度まであり、0.8Lから1.0Lが最も主流です。

コーヒーや紅茶を1杯飲むには約140mlのお湯、カップ麺を作るには300mlから400mlのお湯が必要になります。

 

飲み物だけに使用するなら、少ない容量のコンパクトな電気ケトルを選んだ方が邪魔になりません。

2〜3人以上で使用する場合は1L以上あると安心でしょう。

 

安全機能付きだと事故防止に効果的

 

安全機能が付いた電気ケトルを使用すれば、もしもの事故に備えることができます。

安全機能の種類は以下が挙げられます。

 

  • 本体二重構造:本体表面が熱くなりにくい
  • 自動電源オフ:沸くと自動で電源がオフになる
  • 空だき防止:水が入っていない状態で電源がオフになる
  • 湯漏れ防止:電気ケトルが転倒した際にお湯が漏れにくい
  • 蒸気レス:熱い蒸気を最小限にして蒸気火傷を防止
  • 給湯ロック:ロックを解除しないとお湯が出ない

 

特に小さいお子さんがいる家庭では、こうした安全機能付きの電気ケトルがおすすめです。

 

お手入れや保管のしやすさで選ぶ

 

電気ケトル ティファール 収納

 

どれくらい部品を分解できるか、持ち運びやすいか、コードは収納できるか、なども選ぶ際に注目したいポイントです。

 

例えばこちらの画像のように、土台の裏にコードを収納するタイプはコンパクトにできます。

また、日常生活で邪魔にならないサイズの電気ケトルを選びましょう。

 

2杯目も飲む場合は保温機能付きを選ぶ

 

電気ケトルには保温機能が付いている商品もあります。

電気ポットほど大容量ではありませんが、似た用途で使用できるのです。

 

2杯目以降も温かい飲み物が欲しい場合や、家族がバラバラのタイミングで使用する場合におすすめ。

電気ポットを購入するか迷っている人も、保温機能付きの電気ケトルなら満足できる可能性があります。

 

赤ちゃんのミルク作りに便利な温度調節機能

 

 

通常の電気ケトルはお湯が高温になるため、赤ちゃんのミルクを作るのに冷ます必要があります。

そこで便利なのが、設定した温度でお湯を沸かすことができる、温度調節機能付きの電気ケトルです。

 

具体的には60℃から100℃の温度帯で調整できるものが多く、お茶やコーヒーに最適な温度を設定することもできます。

 

 

電気ケトルの人気・定番ブランド

 

電気ケトルの人気・定番ブランドは以下の4つです。

 

  • ティファール(T-fal)
  • バルミューダ(BALMUDA)
  • デロンギ(DeLonghi)
  • タイガー(TIGER)

 

ここからは、各ブランドの特徴と売れ筋の電気ケトルを紹介していきます。

 

T-fal(ティファール)

 

 

ティファールは、世界発のコードレス電気ケトルを発売したフランスのメーカー。

「電気ケトルといえばティファール」と認知している人も多いのではないでしょうか。

 

量販店やホームセンターなどでも広く販売されているため、購入しやすいメーカーでもあります。

ティファールの電気ケトルは「軽量タイプ」「安全性を重視したタイプ」「温度調節できるタイプ」など種類が豊富です。

 

定番の電気ケトルとしては「ジャスティンプラス」と「アプレシア エージー・プラス」が挙げられます。

「ジャスティンプラス」は1.2Lと大容量で、定価より格安で販売されていることが多いため、安い電気ケトルを求める人に人気。

 

また、「アプレシア エージー・プラス」は安全機能やお手入れのしやすさが魅力です。

 

BALMUDA(バルミューダ)

 

 

バルミューダは、デザイン性・機能性を兼ね備えた家電を発売する東京発の人気ブランドです。

電気ケトルについては「The Pot(ザ・ポット)」の1アイテムのみの展開ですが、今までの電気ケトルの概念を覆すおしゃれなデザインで話題になりました。

 

バルミューダの電気ケトルは、コーヒー・お茶・紅茶を手軽に楽しみたい人向けに製品開発されています。

S字の注ぎ口のおかげで微調整がしやすく、コーヒードリップに最適なんです。

 

「毎朝コーヒーを飲む」「紅茶を飲む時間が楽しみ」という人にはうってつけのブランドでしょう。

 

DeLonghi(デロンギ)

 

 

エスプレッソマシンやドリップコーヒーメーカーで知られる、イタリアの家電メーカー・デロンギ。

海外ブランドらしい形状・デザイン・カラーの電気ケトルが発売されており、他のメーカーと被らない個性のあるアイテムを揃えられます。

 

また、注ぎ口はくちばし型・コーヒードリップ用の2タイプがあるため、用途に合わせて選ぶことが可能です。

デザイン性・形状だけでなく、安全機能や便利機能もしっかりと備わっています。

 

デロンギの定番電気ケトルといえば「アクティブシリーズ」。

プラスチック素材の電気ケトルですが、表面にはステンレス製のリングが施されているため、高級感があっておしゃれです。

 

デロンギの家電はデザインに統一感があるので、まとめて一式揃えるとキッチン周りが整いますよ。

 

TIGER(タイガー)

 

 

保温性のあるポット・水筒・弁当箱や炊飯器で知られる、魔法瓶のタイガー。

販売している電気ケトルの多くは「安全面」を重視して製品開発されています。

機能がたくさん揃っているにも関わらず、購入しやすい安い価格帯なのが魅力です。

 

特に人気なのが「わく子」というシリーズの電気ケトル。

蒸気が出にくい設計、転倒による水漏れ防止機能、表面が熱くなりにくい本体二重構造など、安心して使い続けられる製品ばかりです。

 

また、家電量販店でも購入できる手軽さもメリットといえます。

 

 

<一人暮らし用のおすすめ電気ケトル>

 

一人暮らしにおすすめな「コンパクト」「安い」などの特徴を兼ね備えた電気ケトルを紹介していきます。

 

電気ケトルがあると利便性が増して、一気に生活の質がアップします。

ぜひ一人暮らしの人こそ電気ケトルを活用してみてくださいね。

 

【タイガー】電気ケトル

 

 

タイガーが発売する商品の中で最もシンプルな定番電気ケトル。

0.6L、0.8L、1.0L、1.2Lの4種類の容量から選ぶことができ、必要な容量の電気ケトルを揃えられます。

 

また、以下の5つの安全機能が備わっています。

 

  • 自動電源オフ機能
  • 空だき防止機能
  • 転倒お湯漏れ防止構造(転倒・落下時にお湯が飛び出にくい)
  • 本体二重構造(表面が熱くなりにくい)
  • 省スチーム設計(蒸気の量を90%カット)

 

電気ケトルに求める基本的な機能が一通り揃っていて、安心して使える製品といえるでしょう。

こちらの電気ケトルは5,000円程度で購入できるため、便利で安い電気ケトルを求める人におすすめです。

 

電気ケトルの商品情報

 

価格:オープン価格

容量:0.6L、0.8L、1.0L、1.2L

カラー:マットホワイト・シェルピンク・アッシュグレー・スレートブルー・サンドベージュ

 

 

 

【ティファール】アプレシア エージー・プラス

 

 

電気ケトルの定番ブランド・ティファールから発売されている「アプレシア エージー・プラス」。

広く流通しているため購入しやすいケトルで、容量は0.8Lなので一人暮らしには十分なサイズです。

 

安さを最優先する人は、同ブランドの「ジャスティン プラス」と迷う傾向もあるようです。

「アプレシア プラス」には「転倒お湯もれロック」や「Agプラスによる抗菌作用」などの機能が揃っており、長期的に見ると安全面・手入れのしやすさが魅力といえます。

 

安くて最低限の機能を求める場合は「ジャスティン プラス」、安全面や利便性も両立したい場合は「アプレシア プラス」を選びましょう。

 

アプレシア エージー・プラスの商品情報

 

価格:8,855円(税込)

容量:0.8L

カラー:ホワイト・シュガーピンク・カフェオレ

 

 

 

【dretec(ドリテック)】電気ケトル(ティッピー)

 

 

「とにかく安い電気ケトルがほしい!」という人にピッタリなのが、ドリテックから発売されている「ティッピー」という電気ケトルです。

たっぷり1Lの大容量で、お湯が沸くと自動で電源がオフになります。

 

お湯を沸かすための機能だけ備わっているシンプルな設計。

2,000円前後で販売されており、他の電気ケトルに比べてかなり安いんです。

 

モノトーンでベーシックなデザインのため、他の家電・家具との相性も良いでしょう。

ドリテックからは他にも様々な安価な電気ケトルが発売されていますよ。

 

電気ケトル(ティッピー)の商品情報

 

価格:オープン価格

内容量:1L

カラー:ブラック・ホワイト

 

 

 

【無印良品】電気ケトル

 

 

無印良品からも魅力的なデザインの電気ケトルが発売されています。

「自然な形」を意識したフォルムはあえて尖った角がなく、落ち着いたベージュホワイトのカラーで、生活に自然に溶け込みます。

 

さらに注ぎ口は水差しのような形状になっているため、お湯の量を調整しながら注げる点が魅力です。

 

最大容量は500mlで一人暮らし向けのコンパクトサイズ。

自動電源オフ機能に加え、転倒時のお湯漏れ防止機能も備わっており、機能性は十分です。

 

炊飯器・冷蔵庫なども無印良品で揃えると、デザインが統一されておしゃれなキッチンになりますよ。

 

電気ケトルの商品情報

 

価格:4,990円(税込)

内容量:0.5L

カラー:1色

 

 

 

【デロンギ】アクティブシリーズ

 

「アクティブシリーズ」は「自動電源オフ」「空だき防止機能」が付いた、デロンギの定番ともいえる電気ケトルです。

 

200mlから1Lまで、必要な分量だけ沸かすことが可能。

さらに、コードホルダーがついているので収納もしやすいです。

 

「アクティブシリーズ」の魅力は何といってもデザイン性。

前述したようにステンレスリングのアクセントがおしゃれなだけでなく、レッドなどの個性派カラーや、柄物デザインが発売されることもあります。

 

ぜひお気に入りのカラー・柄を選んで楽しんでくださいね。

 

アクティブシリーズの商品情報

 

価格:4,880円(税込)

容量:1L

カラー:パッションレッド・トゥルーホワイト・インテンスブラック

 

 

 

【BALMUDA(バルミューダ)】The Pot(ザ・ポット)

 

 

「コーヒー3杯分」「カップラーメン2杯分」を想定して作られた、1~2人での使用にピッタリの0.6Lサイズ。

 

S字になっているコーヒードリップに最適な形状で、少しずつ調整しながらお湯を注ぐことができます。

「自動電源オフ機能」「空だき防止機能」も付いているため安心です。

 

何より注目したいのは、このスリムでおしゃれなフォルム。

マットかつモノトーンな仕上がりなので家具との馴染みが良く、毎日のカフェタイムが楽しくなります。

 

キッチンや棚の上に出しっぱなしにしてもOKなくらいデザイン性が高く、取っ手や注ぎ口は「持ちやすさ」「注ぎやすさ」にこだわって設計されているんです。

 

また、口コミを見ると「沸かす音が静か」という点も評価されており、家のリラックスタイムを引き立ててくれることでしょう。

「色々な飲み物を楽しみたい」「シックな電気ケトルがいい」という方におすすめです。

 

The Pot(ザ・ポット)の商品情報

 

価格:12,100円(税込)

容量:0.6L

カラー:ブラック・ホワイト

 

 

 

<家族用のおすすめ電気ケトル>

 

家族での使用を検討している方に向けて、おすすめの電気ケトルを紹介していきます。

 

数人が使う前提の「大きな容量」「保温機能」に加え、赤ちゃんや子供のいる家庭にピッタリな「温度調節機能」「安全機能」などもピックアップ。

家族構成や生活パターンに合わせて選びましょう。

 

【ティファール】アプレシア エージー・プラス コントロール

 

 

「アプレシア エージー・プラス コントロール」は、その名の通り温度調節機能がついた電気ケトルです。

60℃か100℃まで7種類に選択でき、沸かした温度のまま最長1時間の保温することができます。

 

温度を使い分けることで、茶葉などの旨味を最大限に引き出すことが可能に。

 

例えば、紅茶の適温は90〜100℃といわれていますが、煎茶の適温は70~80℃、ドリップコーヒーの適温は90℃です。

また、赤ちゃんがいるご家庭ではミルク作り向けに70℃程度のお湯を使用できます。

 

なお、最大容量0.8Lなので、飲み物なら5杯、カップ麺なら2つほど調理できるサイズ感です。

新たに1.2Lのバージョンも販売されていますよ。

 

アプレシア エージー・プラス コントロールの商品情報

 

価格:11,500円(税込)

内容量:0.8L

カラー:ブラック・ホワイト

 

 

 

【タイガー】蒸気レス電気ケトル わく子

 

 

「わく子」は、タイガーが発売する電気ケトルの中でも人気の高いシリーズ。

空間に馴染むシックなデザイン・モノトーンカラーで、キッチン周りに出しっぱなしにしてもおしゃれに見えます。

 

また、「機能が充実しているのに価格が安い」と好評なんです。

スピード沸騰で時短になるのはもちろん、「転倒お湯漏れ防止構造」「本体二重構造」「蒸気レス」「給湯ロックボタン」などの安全機能が備わっています。

 

お子さんがいる家庭では、「事故が起きないか心配」と購入を悩む人も多いのではないでしょうか。

「わく子」はロックボタンを押して安全な場所に設置すれば、より安全に使い続けることが可能です。

 

大容量で安全機能の充実した電気ケトルをお探しの方は、ぜひこちらの「わく子」を検討してみてくださいね。

 

蒸気レス電気ケトル わく子の商品情報

 

価格:オープン価格

内容量:1L

カラー:グレー・レッド

 

 

 

【デロンギ】アイコナ・ヴィンテージ コレクション

 

 

デロンギの「アイコナ・ヴィンテージ コレクション」は、1Lという家族向けに丁度良い容量のステンレス製電気ケトル。

「自動電源オフ」「空だき防止機能」などの基本機能が備わっており、注ぎ口が広いため調理しやすいです。

 

容量の大きいステンレス製の商品を探している人におすすめ。

ステンレスのおかげで高級感があり、耐久性も高い作りとなっています。

 

また、こちらもデロンギらしい豊富なカラーデザインなので、「他のブランドでは物足りない…」と感じる人にピッタリです。

 

アイコナ・ヴィンテージ コレクションの商品情報

 

価格:7,980円(税込)

内容量:1L

カラー:ドルチェベージュ・アズーロブルー・オリーブグリーン

 

 

 

【山善】電気ケトル

 

 

バルミューダの「ザ・ポット」と似たS字型の形状をしている山善の電気ケトル。

山善の方が200ml多い800mlの最大容量となっています。

 

こちらのケトルは60℃・70℃・80℃・85℃・90℃・95℃の6段階にスイッチで温度設定でき、1時間の保温もできます。

 

さらに、手動で1℃単位まで温度を変更可能。

温度設定によりコーヒー・紅茶・お茶に最適な温度で楽しめ、S字の注ぎ口のおかげでコーヒードリップがしやすいんです。

 

ハンドルは「疲れにくい形状」に設計されており、ゆっくりお湯を注いでも負担が少なく済みます。

 

電気ケトルの商品情報

 

価格:6,980円(税込)

内容量:0.8L

カラー:ブラック・ホワイト

 

 

 

【Russell Hobbs(ラッセルホブス)】カフェケトル

 

 

世界各国から根強い人気がある、ラッセルホブスの「カフェケトル」。

「グッドデザイン・ロングライフデザイン賞」という、長年親しまれている優れたデザインに向けられる賞を受賞しています。

 

流行に流されないベーシックなステンレス製電気ケトルには、様々なこだわりが詰め込まれているんです。

 

まずは「自動電源オフ」「空炊き防止」の機能。

さらにステンレスの効果で、沸騰後1時間経っても70℃程度にしか温度が下がりません。

保温機能は備わっていませんが、自然の力で保温してくれます。

 

また、S字の注ぎ口なのでコーヒードリップでも注ぎやすく、力がない人でも持ちやすいデザインのハンドルになっています。

本体の底には補助部があるため、傾けるだけで安定して注ぐことが可能ですよ。

 

最大容量は今までご紹介した中でも最も多い1.2L。

和風な雰囲気に合う「マットブラックカフェケトル」というシックなデザインも発売されています。

 

カフェケトルの商品情報

 

価格:13,200円(税込)

内容量:1.2L

カラー:1色

 

 

 

電気ケトルのお手入れ・掃除方法

 

電気ケトル 掃除 お手入れ

 

電気ケトルを毎日使用していると「ほこり」「黒ずみ」などの汚れが付いてきます。

こうした汚れは日ごろのお手入れで防ぐことが可能。

 

また、汚れてしまっても綺麗に掃除できるため、その方法をご紹介します。

 

電気ケトルの表面をお手入れする方法

 

電気ケトル お手入れ

 

電気ケトルの表面は「重曹」「水」「布巾」を使ってお手入れします。

早速手順を見ていきましょう。

 

1. 容器に重曹大さじ1弱と水500mlを入れます。

 

電気ケトル お手入れ

 

2. 重曹を混ぜ合わせたら布巾を浸して絞ります。

 

電気ケトル お手入れ

 

3. 絞った布巾で電気ケトルの表面を拭き取ります。

 

電気ケトル お手入れ

 

4. 電気ケトルの土台もほこりなどが溜まりやすいため拭き取りましょう。

 

電気ケトル お手入れ

 

5. コードは布巾で挟むように拭き取ると手軽です。

 

ケトル お手入れ

 

電気ケトルの中を掃除する方法

 

電気ケトル 掃除

 

電気ケトルの中は「水」と「クエン酸」を使うだけで簡単に綺麗に掃除できます。

長年の使用で付いた黒ずみも取れてツルツルになるため、ぜひ試してみましょう。

 

なお、水で10倍に薄めたお酢でも代用することが可能ですよ。

 

1. 電気ケトルの容量一杯に水を入れ、クエン酸を加えます。こちらは1.2Lの対してクエン酸を大さじ3加えています。

 

電気ケトル 掃除

 

2. 水とクエン酸を混ぜ合わせ、電気ケトルのフィルターも水の中へと入れます。

 

電気ケトル 掃除

 

3. そのまま蓋をしてスイッチを入れて沸騰させます。沸騰後は約2時間そのままにして、経過したら水で中を洗い流しましょう。

 

電気ケトル 掃除

 

定期的にクエン酸で掃除をすると、未然に黒ずみを予防することができます。

黒ずみ自体はミネラル汚れなので体に害はないといわれていますが、機能が低下する原因の1つです。

 

1~3ヵ月に1度くらいの頻度でクエン酸を使って掃除しましょう。

 

 

ライフスタイルに合った電気ケトルを選ぼう

 

ケトル ティファール

 

電気ケトルは毎日のように使用する便利家電だからこそ、自分のライフスタイルに合ったサイズ・容量・機能を選ぶことがポイント。

火傷などを予防するためにも、できれば安全機能の付いた電気ケトルを選ぶと安心です。

 

ぜひ今回ご紹介した選び方やおすすめの商品を参考に、ご自身に合った最適な電気ケトルを見つけてみてください。

 

▼キッチン用品の関連記事

 

・  美しく整ったキッチンに欠かせない「野田琺瑯」とは?種類や使い方を紹介

・  無水料理もできる!ホーロー鍋「バーミキュラ(VERMICULAR)」の魅力

・  保存容器の種類と選び方は?密閉性やおしゃれさなど種類別におすすめ容器を紹介

・  カッティングボードはどう使いこなすべき?選び方やお手入れ方法も紹介


フォローして最新記事をチェック!



検索

カテゴリ一覧

ファッション(334)
   着回し/コーデ(77)
   髪型/ヘアスタイル/ヘアアレンジ(56)
   眼鏡/コンタクト/カラコン(7)
メイク・コスメ(382)
   ベースメイク(33)
   アイメイク(51)
   リップ/グロス(26)
   ネイル(13)
   コスメブランド/メーカー(187)
美容(142)
   スキンケア(78)
   髪/シャンプー/リンス/コンディショナー(39)
   石鹸/ソープ/洗顔料(11)
   ダイエット(8)
健康(70)
   健康食品/サプリメント/プロテイン(13)
   スポーツ/運動/トレーニング(8)
   冷え/温活(4)
ライフスタイル(224)
   生活雑貨/生活用品(21)
   お祝い/ギフト/プレゼント(21)
   趣味(9)
   お出かけ/観光/旅行/デート(34)
   妊娠/出産/子育て(3)
   家庭菜園/ガーデニング(4)
インテリア(66)
   内装/レイアウト(5)
グルメ(88)
   カフェ/喫茶店/ドリンク(30)
   ケーキ/お菓子/スイーツ/パティスリー/パン(27)
   レシピ(28)
アート/カルチャー(35)
   写真/カメラ(8)
   ハンドメイド/クラフト(14)

スキンケア

エイジングケア(43)
保湿(178)
美白(44)
乳液(35)
クリーム(102)
オイル(24)
化粧水(105)
美容液(85)
基礎化粧品(120)
ニキビ(19)
毛穴ケア(33)
角質ケア(42)
肌荒れ(23)
くすみ(46)
クマ(10)
たるみ(20)
ハリ不足(37)
スペシャルケア(115)
セルフケア(52)
UV対策(39)
日焼け対策(30)
日焼け止め(12)
しわ(12)
洗顔/クレンジング(67)

肌質

乾燥肌(109)
敏感肌(85)
脂性肌(33)
混合肌(26)

コスメ/メイク

ツヤ肌(119)
マット肌(51)
ミネラルコスメ(50)
デカ目(62)
小顔(3)
韓国(69)
化粧(177)
ポイントメイク(194)
メイクテク(86)
ナチュラルメイク(143)
美肌(130)
メイク道具(30)
化粧下地/ファンデーション/コンシーラー(114)
テカリ防止(19)
アイメイク(130)
リップ/グロス(120)
チーク(70)
カラーメイク(34)

ファッション

春コーデ(95)
夏コーデ(91)
秋コーデ(105)
冬コーデ(105)
スタイル(213)
テイスト(195)
シーン別(50)
大人コーデ(137)
カジュアル(130)
綺麗め(145)
フェミニン(104)

年代別

10代(4)
20代(13)
30代(14)
40代(8)
50代(5)

恋愛

片思い(25)
男性心理(42)
カップル(36)
恋愛観(45)
恋愛テクニック(47)
モテ仕草(4)

ヘアスタイル

ショートヘア(41)
ロングヘア(45)
セミロング(42)
ボブ(45)
スタイリング(69)
ヘアケア(69)
ヘアカラー(26)
ヘアアクセ(20)

ライフスタイル

ホームパーティー(22)
グルメ/レシピ(121)
ヘルシー(46)
運動(20)
筋トレ(8)
リラックスタイム(41)

人気記事ランキング