logo

Top > ライフスタイル > ギフト/プレゼント

リボンの結び方を基本から応用まで紹介!おしゃれラッピング術で特別感をアップさせよう♪






日頃からプレゼントを用意する機会って意外と多いですよね。
例えば、お誕生日、母の日、父の日、敬老の日、クリスマス、バレンタインデー、ホワイトデー、様々な記念日など。

今回はプレゼントをする際に見栄えをワンランクアップさせるリボンのラッピング術を、基本から応用までたっぷりと解説します。

リボンの種類や掛け方、結び方を中心に、季節のイベントだけでなく、お礼を伝えるためのちょっとしたプレゼントにも使える小テクも紹介しますので、気軽にラッピングを楽しんでみてくださいね♪

【目次】リボンの結び方を基本から応用まで紹介!おしゃれラッピング術で特別感をアップさせよう♪

 

"リボンを結ぶこと"が表す意味

リボンの種類

1. サテンリボン

2. グログランリボン

3. ベルベット(ベロア)リボン

4. オーガンジーリボン

5. レースリボン

6. カーリングリボン

7. ワイヤーリボン

リボンの掛け方の種類

1. 一文字掛け

2. 縦一文字掛け

3. 十文字掛け

4. 斜め掛け

リボンの結び方と作り方

1. シングルリボン(蝶々結び)

2. ダブルリボン(ダブル蝶々結び)

3. ハーフリボン(片結び)

4. センターループリボン

5. ウェーブリボン

6. スパイキーボウ

7. ボンボンボウ

番外編:リボンラッピングの小テクニック

1. リボン編み込み

2. シール+○○

3. モール

4. マスキングテープ

 

 

"リボンを結ぶこと"が表す意味

 

プレゼント

 

実はプレゼントラッピングの多くにリボンが使われていることには意味があります。

リボンは「結びつき」「絆」「約束」などを表現していると言われています。

蝶結びは結び直すことが可能なので「何度あっても良い」というような験担ぎ(げんかつぎ)の意味も込められているようです。

プレゼントにリボンを結ぶのは華やかに見えるだけではなく、喜ばしいことが何度でも起こりますようにという気持ちの表れだったんですね。

 

 

リボンの種類

 

リボンの結び方をお伝えする前に、まずはリボンの種類についてご紹介します。

「リボン」といっても今や種類は様々で、用途に合わせて結び方や酒類を使い分けるだけで雰囲気が変わり、ワンランク上のラッピングが出来るようになります。

 

1. サテンリボン

 

サテンリボン

 

ツルツルとした光沢のあるサテンリボンは、最もオーソドックスな種類の1つと言えるでしょう。

光沢があるため、フォーマルで上品な印象を与えます。

ラッピングやアクセサリー、小物など幅広く使えます。

無地の物から柄プリントまで種類はたくさんあり、100円ショップや雑貨屋など、どこでも購入できるリボンです。

 

2. グログランリボン

 

グログランリボン

 

緯畝(よこうね)という、よこの太い糸とたての細い糸を織り込んで出来る平織りのリボンです。

物にもよりますが、厚手でしっかりしているのが特徴です。

サテンよりもしっかりしているので、バレッタやブローチのようなアクセサリーを作ることに向いています。

無地の物から柄プリントまで、たくさんの種類があるリボンです。

 

3. ベルベット(ベロア)リボン

 

 

ベルベット(ベロア)ならではの光沢と、立体感のあることが特徴の起毛タイプのリボンです。

肌触りはしっとりとしていて、秋冬に人気のある素材なので、季節感を出せます。

ラッピングやアクセサリー(チョーカーにすると可愛いです)に使えます。

 

4. オーガンジーリボン

 

オーガンジーリボン

 

薄地で透け感があり、程良い張り感のある手触りのいいリボンです。

光沢もあるためフォーマルで上品な印象も与えますし、華やかな印象を与えます。

ラッピングやアクセサリー、小物、ドレスなど幅広く使えます。

 

無地のものが多いですが、縁にゴールドやシルバーが織り込んであるものもあります。

違う素材のリボンと組み合わせて使っても可愛く仕上がります。

 

5. レースリボン

 

レースリボン1

 

レースリボン2

 

レース編みのようなリボンで、コットンや麻で出来ているものが多いです。

最近では白色だけでなく、パステルカラーのレースリボンもあり、可愛らしくフェミニンな印象を与えることができます。

ラッピングやアクセサリー、小物などに幅広く使えます。

また、違う素材のリボンと組み合わせて使っても可愛く仕上がります。

 

6. カーリングリボン

 

 

ポリプロピレンという素材でできた少し硬めのリボンです。

自分の指とハサミや鉛筆と挟んで引っ張ると、簡単にクルクルと巻いた形を作ることが出来るもので、初心者でも簡単に華やかなラッピングに仕上げることができます。

 

7. ワイヤーリボン

 

 

その名の通り、リボンのみみ(両端)にワイヤーが入っているリボンです。

サテン生地のものや、オーガンジー生地のものなど、リボンの生地は豊富にあります。

ワイヤーが入っているため、立体的に形成しやすいということも特徴の1つです。

 

 

リボンの掛け方の種類

 

次にリボンの掛け方をご紹介します。

掛け方×結び方で、ラッピングのアレンジ種類は大幅に広がります。

用途はもちろん、渡す相手に合わせてオシャレで心のこもったアレンジにしてください。

 

1. 一文字掛け

 

一文字リボン

 

最もシンプルでオーソドックスなリボンの掛け方です。

仕上がりはシンプルですが、リボンの色や素材によって表情が変わります。

 

<手順>

 

  1. リボンが一文字を描くように(自分と並行になるように)セットします。
  2. その上にリボンを掛けたいものをセッティングし、そのまま結んだら完成です。

 

2. 縦一文字掛け

 

縦一文字リボン

 

一文字掛けのリボンの向きを縦にした掛け方です。

こちらも仕上がりはシンプルですが、リボンの色や素材によって表情が変わります。
 

<手順>

 

  1. リボンと自分が垂直になるように縦にセットします。
  2. その上にリボンを掛けたいものをセッティングし、そのまま結んだら完成です。

 

3. 十文字掛け

 

十文字リボン

 

リボンを十文字状に仕上げる掛け方です。

ラッピングの王道と言われる掛け方で、リボンの色や素材によって仕上がりの印象が大きく変わります。

一文字掛けや縦一文字掛けに比べると、より華やかな印象になることでしょう。
 

<手順>

 

  1. リボンが一文字を描くように(自分と並行になるように)セットします。
  2. その上にリボンを掛けたいものをセッティングし、リボンを正面でクロスします。
  3. クロスしたリボンをぐるっと回し、もう一度正面にくるようにします。
  4. リボンが交差する所でリボンを回し入れ、固定します。
  5. リボンの形を形成したら完成です。

 

4. 斜め掛け

 

斜め掛けリボン

 

リボンに動きがある掛け方です。

名前の通り斜め掛けなので、シンプルさの中に遊び心を入れることも可能です。

シンプルな斜め掛けだと大人っぽく落ち着いた仕上がりになります。
 

<手順>

 

  1. リボンを掛けたいものの角にリボンを掛けます。
  2. 後ろからリボンを回し、対角線上の角まで持ってきます。
  3. 角から外れないようにしっかりと結んだら完成です。

 

 

リボンの結び方と作り方

 

1. シングルリボン(蝶々結び)

 

最もシンプルでオーソドックスなリボンの結び方です。

仕上がりはシンプルですが、リボンの色や素材によって表情が変わります。

 

<手順>

 

 

  1. リボンを掛けたいものにリボンを1周させ、右側が上、左側が下にくるように結びます。
  2. 左側のリボン(下にきている方)で輪っかを作り、右側のリボン(上にきている方)を上から被せます。
  3. 被せたリボンを輪っかの下からくぐらせ、形を整えます。
  4. 左右のリボンの長さを合わせてハサミでカットしたら完成です。

 

2. ダブルリボン(ダブル蝶々結び)

 

シンプルな蝶々結びを2つ作ることでボリュームがアップし、華やかな仕上がりになります。
 

<手順>

 

 

  1. リボンを掛けたいものにリボンを1周させ、右側が上、左側が下にくるように結びます。
  2. 左側のリボン(下にきている方)で折りたたむようにして輪っかを3つ作ります。
  3. 右側のリボン(上にきている方)を手前側にまわし、そのまま後ろにループを作りながら間を通します。 ※この時、右側に2つ、左側に1つ輪っかが出来るので、そこが中心です。
  4. 4つの輪っかを引っ張り、輪っかの大きさが均等になる様に、バランスを見ながら少しずつ引っ張って整えたら完成です。

 

3. ハーフリボン(片結び)

 

蝶々結びをアレンジしたリボンの結び方です。

リボンの素材によってカジュアルにもフォーマルにも仕上げられます。

 

<手順>

 

 

  1. リボンを掛けたいものにリボンを1周させ、右側が上、左側が下にくるように結びます。
  2. 左側のリボン(下にきている方)で輪っかを作り、右側のリボン(上にきている方)を上から被せます。
  3. 被せたリボンを輪っかの下からくぐらせ、引き抜きます。
  4. 左右のリボンの長さを合わせて、ハサミでカットしたら完成です。

 

4. センターループリボン

 

リボンの真ん中がループ状になっている結び方です。

シンプルながら可愛らしく仕上げられます。

 

<手順>

 

 

  1. リボンを掛けたいものにリボンを1周させ、右側が上、左側が下にくるように結びます。
  2. 結び目を抑えながら左側のリボン(下にきている方)で輪っかを作ります
  3. 結び目と2で作った輪っかを抑えながら、更に内側に輪っかを作ります。
  4. 右側のリボン(上にきている方)を、先ほど作った輪っかに通します。
  5. 右下にあるリボンを2つ折りにし、2で作った輪っかの後ろを通し輪っかを作ったら完成です。

 

5. ウェーブリボン

 

リボンを丸くふんわりと折りたたんで作るため、可愛らしく仕上げることが出来ます。

違う色を組み合わせることも可能なので、自分なりのアレンジを楽しめます。

 

<手順>

 

 

  1. リボンの端で輪っかを作ります。
  2. 1で作った輪っかを中心に左右交互に均等の長さのウェーブを作ります。
  3. 次も同じように輪っかを中心に左右交互に均等の長さのウェーブを作ります。 ※この時、1つめのウェーブより少しはみ出すウェーブを作っていきます。
  4. 好きな段数を作ったら、リボンの終わりが中心にくるようにカットして、ホチキスで留めて完成です。

 

<違う色を組み合わせる場合>

 

  1. それぞれ色の違うリボンでサイズの違う輪っかを作ります。(3.4個作ることをオススメします。 ※この時、両面テープを使ってリボンの端を留めます。(ホチキスだと仕上がりがボコボコする可能性があり、オススメできません。)
  2. 大きさの違う輪っかのリボンの中心を合わせ、それぞれつなぎ目を下にして重ねます。
  3. ホチキスで留めて完成です。 ※ホチキスが目立つ場合は、同じ色のリボンを巻いて隠してあげると、より綺麗に仕上げることができます。

 

6. スパイキーボウ

 

組み合わせるリボンの色や本数によって、表情がかなり変わるリボンです。

シンプルにもボリューミーにも仕上げられますが、並べて留めるだけの簡単なリボンの結び方です。


<手順>

 

1. 同じ長さのリボンを数本用意します。 ※決まりはないですが、シンプルに仕上げるなら短めに3本程度、ボリュームを出すなら6~8本程度が良いです。

 

作り方1

 

2. リボンの両端を三角形にカットします。 ※デザイン性を高める効果がありますが、カットしなくても可愛らしく出来ます。

 

3. リボンの配置やデザインを決め、中心をワイヤーや細いリボンで留めます。

 

作り方2

 

4. バランスを整えるように広げたら完成です。

 

完成品

 

7. ボンボンボウ

 

見た目の仕上がりとしては、バタフライボウとループボウを足して2で割ったような感じです。

ボリュームも出てゴージャスなのですが、可愛らしさが残る仕上がりになります。

 

<手順>

 

 

  1. リボンを何重かに巻き付けた輪を作ります。 ※決まりではないですが、8周程度巻くとボリュームがでてゴージャスに仕上がります。
  2. リボンの端を切り落とします。
  3. 切った部分が重なるように合わせ、ワイヤーや細いリボンなどで留めます。
  4. 重なったリボンの部分を広げ、形を整えたら完成です

 

 

番外編:リボンラッピングの小テクニック

 

ここからはぶきっちょさん&面倒くさがり屋さんにオススメのリボンラッピング術を紹介します。

「不器用だから綺麗にリボンが結べない…」「リボン結ぶの面倒くさい…」という方のために、簡単に出来るラッピング術を紹介します。

 

1. リボン編み込み

 

編み込みリボン

 

そもそもリボンを結ばずに、巻くだけというアレンジ方法。

ラッピングしたいものに数種類のリボンを巻き、両面テープで端を留めるだけのお手軽簡単アレンジです。

 

2. シール+○○

 

<リボン>

 

シールリボン

 

シールリボン2

 

シールとリボンを使ったアレンジ方法。

リボンをくるっと丸めて、シールで留めるだけのお手軽簡単アレンジです。

丸めずに折り曲げて留めるのも雰囲気が変わって良いでしょう。

 

<造花>

 

 

シールと造花を使ったアレンジ方法。

小さめの可愛らしい造花をシールで留めるだけの、お手軽簡単アレンジです。

造花が立体的なので、華やかに見えますね。

 

<チャーム>

 

チャームリボン

 

ゆらゆらと動きのあるチャームをシールで留めるだけですが、立体感や動きが出てとても可愛く仕上がります。

チャームの大きさや重さによっては、シールだけでは留められないので、ホチキスや接着剤などで固定してからシールを貼ると良いでしょう。

 

3. モール

 

リボンの種類で紹介したワイヤーリボンとは違い、中心にワイヤーが入っているモールを使ったアレンジ方法。

造花が付いているタイプや、可愛いモチーフが付いているタイプもあり、ねじって留めるだけなのでとても簡単です。

 

 

 

4. マスキングテープ

 

おしゃれなマスキングテープを使って可愛くデコレーションします。

最近のマスキングテープはバリエーションが豊富なので、組み合わせは無限に広がります。

 

 

※合わせて読みたい:  マステ初心者さん必見!可愛くてつい買いたくなるマスキングテープのタイプや活用法をご紹介

 

 

一言にリボンラッピングと言っても、色や素材で印象がだいぶ変わります。

使うリボンの種類や結び方で更に多くのバリエーションが楽しめるラッピング術で、目的や用途別にアレンジを楽しんで素敵なプレゼントに仕上げてくだ♪


フォローして最新記事をチェック!



検索

カテゴリ一覧

ファッション(25)
   着回し/コーデ(8)
   髪型/ヘアスタイル/ヘアアレンジ(4)
   コンタクト/カラコン(2)
メイク・コスメ(67)
   ベースメイク(7)
   アイメイク(11)
   リップ/グロス(6)
   ネイル(3)
   メーカー/ブランド(29)
美容(55)
   スキンケア(33)
   髪/シャンプー/リンス/コンディショナー(10)
   石鹸/ソープ/洗顔料(6)
   ダイエット(3)
健康(27)
   健康食品/サプリメント/プロテイン(9)
   スポーツ/運動/トレーニング(3)
   冷え/温活(3)
ライフスタイル(75)
   生活雑貨/生活用品(10)
   ギフト/プレゼント(9)
   趣味(4)
   お出かけ/観光/旅行/デート(12)
   妊娠/出産/子育て(2)
   家庭菜園/ガーデニング/観葉植物(3)
インテリア(13)
   内装/レイアウト(3)
   DIY(2)
グルメ(26)
   ドリンク/カフェ(12)
   ケーキ/お菓子/パティスリー/パン(6)
アート/カルチャー(10)
   写真/カメラ(3)
   ハンドメイド/クラフト(4)

人気記事ランキング