logo

Top > ライフスタイル > ギフト/プレゼント

バラの花言葉は本数によって変化する?バラを贈る前に知っておきたい花言葉






愛を謳う花言葉が有名な「バラ」。
その花言葉が、バラの本数によって違うことをご存じでしょうか。

「100万本のバラの花をあなたに」。
そんな歌の歌詞のように、思いを込めバラに託されるメッセージ。
バラの本数によって託される想いが異なることを知ることで、バラの贈り方も変わってくるでしょう。

バラが持ついくつものストーリーを把握した上で、バラを大切な人に贈ってみませんか?
今回は美しいけれどトゲがある、神秘的なバラに秘められた花言葉について詳しくご紹介します。

【目次】バラの花言葉は本数によって変化する?バラを贈る前に知っておきたい花言葉

 

バラについて知る

バラの名前の由来

バラのシーズンと原産地

多種多様な美しい色があるバラ

バラにまつわるギリシャ神話

バラの花言葉

バラの本数による「花言葉」

バラの花束で2人の物語を綴ろう

 

 


バラについて知る

 

rose

 

バラの花といえば、愛の贈り物の代表格としてあげられます。

花言葉をはじめバラに秘められた物語を知る前に、バラの基礎知識からご紹介します。

 

バラの名前の由来

 

「バラ」という名前は、トゲがある低木の総称となる「イバラ(茨・荊・棘)」が由来しています。

また、漢字の「薔薇」は中国から入ってきた名前だと言われています。

「薔薇」と書いて「そうび」や「しょうび」と読むこともあります。

英語表記となる「Rose」の由来は、北ヨーロッパおよび西ヨーロッパで使われていた「ケルト語」の赤色という意味を持つ「ロッド」が語源ではないかと言われています。

 

バラのシーズンと原産地

 

学名は、英語表記の最後のひと文字が異なる「Rosa」。

バラ科バラ属に属し、ヨーロッパや北アメリカ、アジアを原産地とする花です。

開花期は5月から11月頃ですが、年中手に取ることができる花の代表格です。

 

多種多様な美しい色があるバラ

 

rose

 

バラといえば「赤色」を連想しがちですが、色味にはバリエーションがあります。

赤やピンク、オレンジに黄色、清楚な白に、有名な少女漫画にも登場する紫。

少しイメージが沸きにくいですが、緑色や茶色も存在します。

また「複色(ふくしょく)」と呼ばれるカラーがあることでも有名です。

 

「複色(ふくしょく)」とは?

 

複色とは、一輪の花の中にいくつもの色が混在している物を指します。

バラの場合は「マニエルノワール」や「ラ・カンパネラ」などの品種が複色に当たります。

 

微妙な色合いのバランスが美しさと神秘的な部分を際立てます。

新しく登場した品種は、この「複色」のものが多いと言われています。

 

バラにまつわるギリシャ神話

 

rose

 

バラの花言葉にこめられた物語を知る上で、ギリシャ神話のお話も知っておくといいでしょう。

いくつかあるバラにまつわるギリシャ神話の中から、愛の神と呼ばれる「エロス」に関するギリシャ神話を簡単にご紹介します。

 

愛の神「エロス」は、オリンポスの山頂で行われることになっている会議に出るため、先を急いでいました。

しかし、急ぎ過ぎたエロスは、ふとしたはずみで何かにつまづき転倒してしまいます。

そのとき、手に持っていた神酒である「ネクタル」をこぼしてしまいました。

実はこのこぼれてしまった「ネクタル」がバラになったのだとギリシャ神話では描かれているのです。

 

この他にも、エロスとバラにまつわるギリシャ神話のエピソードはあります。

エロスが野辺でバラ積みをしているとき、あまりのバラの美しさに魅了されたエロスは、バラの花にキスをしようとしました。

そのとき、バラの花の蜜を吸っていた蜂がいることに気付かなかったエロスの唇は、運悪くその蜂に刺されてしまうのです。

このことを知ったエロスの母である「アフロディーテ」は怒り心頭し、たくさんの蜂を捕まえて、全ての蜂の針を抜き取りバラの茎に植え付けてしまったのです。

バラの茎に無数のトゲがあるのは、エロスの母「アフロディーテ」の怒りのせいだということなのです。

 

 

バラの花言葉

 

rose

 

ここからは、バラに秘められたストーリーや想いを花言葉としてご紹介します。

 

本来バラが持っている花言葉は「愛情」や「美」。

華やかで、穢れの無い高貴なイメージにマッチした花言葉であると言えるでしょう。

 

しかし、バラの花言葉は、全体的なものや本数、カラー、花の部位など、細かく意味を持っています。

今回は「バラの本数」に注目した花言葉を解説します。

 

バラの本数による「花言葉」

 

rose

 

1本 「一目ぼれ」「あなたしかいない」
2本 「この世界は二人だけ」
3本 「愛しています」「告白」
4本 「死ぬまで気持ちは変わりません」
5本 「あなたに出会えた事の心からの喜び」
6本 「あなたに夢中」「お互いに敬い、愛し、分かち合いましょう」
7本 「ひそかな愛」
8本 「あなたの思いやり、励ましに感謝します」
9本 「いつもあなたを想っています」「いつも一緒にいてください」
10本 「あなたは全てが完璧」
11本 「最愛」
12本 「私と付き合ってください」
13本 「永遠の友情」
21本 「あなただけに尽くします」
24本 「一日中思っています」
30本 「ご縁を信じます!」
36本 「ロマンチック」
40本 「死ぬまで変わらぬ愛」
50本 「恒久」「偶然の巡り会い」
100本 「100%の愛」
101本 「これ以上ないほど愛しています」
108本 「結婚して下さい」
144本 「何度生まれ変わっても君を愛する」
365本 「あなたが毎日恋しい」
999本 「何度生まれ変わってもあなたを愛する」
1001本 「永遠に」

 

バラの本数による花言葉には諸説あり、これ以外の本数にも花言葉があるようです。

ここでは一般的なものをご紹介しています。

 

プロポーズをする際に108本のバラの花を贈ったという話は、SNSでもよく見かけます。

普段から花を贈る習慣が根強い韓国では、カップルがお付き合いを初めて100日目に、男性から女性へバラの花を100本贈るという風習もあるそうです。

100本でも「100%の愛」なので、恋人に贈るにはふさわしいかもしれません。

 

12本のバラ「ダズンローズ」で愛の告白を

 

諸説ある中で有名なものは「12本のバラ」です。

「ダズンローズ」と呼ばれる12本のバラは、ヨーロッパ地方では有名です。

中世ヨーロッパから受け継がれた言い伝えの影響も強いのでしょう。

 

その言い伝えとは、ある男性が恋人の家に向かう途中に、野に咲いているバラを12本積み、花束を作ったことから始まります。

12本のバラの花に男性は誓いを立て、恋人に花束を手渡しプロポーズを行いました。

 

バラの花束を受け取った女性は、その中からバラを1輪抜き取り男性の胸元に挿すと、プロポーズを承諾したのです。

このことが、結婚式のとき新郎の胸元を飾る「ブートニア」の起源であると言われています。

 

また、イギリスのバレンタインデーには、男性から女性に向けて花を贈る習慣があるのですが、ここでも12本のバラが登場します。

バレンタイン当日のイギリスの花屋さんやスーパーの店先には、大量の12本の赤いバラが並ぶのだそうです。

イギリス男性たちは「ダズンローズ」で、愛する人にバラの花を贈ります。

 

12本のバラに込められた多くのメッセージ

 

rose

 

バラの本数とそれにまつわる花言葉の一覧で、12本の花言葉は「私と付き合ってください」とご紹介しました。

しかし、これにはさらに深い意味と花言葉が隠されているのです。

 

12本のバラには「感謝・誠実・幸福・信頼・希望・愛情・情熱・真実・尊敬・栄光・努力・永遠」。

これらそれぞれの意味が込められており、すべてまとめてあなたに誓いますという意味合いがあるのです。

 

これだけの異なる大切な意味をたくさん持っていることから、最近では結婚式の演出にもよく使われています。

昔から花嫁に贈るバラの花は12本と決められていたのには、このような思いが受け継がれてきていたのですね。

トゲがあるので、ハレの日やおめでたい舞台にはあまり適していないように思えますが、実は愛を誓うには最もふさわしい花なのかもしれません。

 

ネガティブな意味を持つ本数に要注意

 

バラにも気を付けなければならない花言葉もあるのです。

そのひとつが「15本のバラ」です。

15本のバラは「ごめんなさい」というような意味があります。

 

お詫びの際に15本のバラを渡すのは問題ないかもしれません。

しかし、数字のきりがいいからであったり、誕生日の日付が15だからという理由で、お祝いとして贈るにはふさわしい本数ではありません。

このようにバラには本数だけでなく、いろいろなタブーもあるため贈る際は注意が必要です。

 

 

バラの花束で2人の物語を綴ろう

 

rose

 

バラについての基礎的な話に始まり、大切な人に、大切なときに贈るバラの本数にまつわる花言葉についてご紹介しました。

いざというとき愛する人に贈るバラの花束ですが、渡す際の参考にしてみてください。


フォローして最新記事をチェック!



検索

カテゴリ一覧

ファッション(22)
   着回し/コーデ(6)
   髪型/ヘアスタイル/ヘアアレンジ(4)
   コンタクト/カラコン(2)
メイク・コスメ(65)
   ベースメイク(6)
   アイメイク(10)
   リップ/グロス(6)
   ネイル(3)
   メーカー/ブランド(29)
美容(55)
   スキンケア(33)
   髪/シャンプー/リンス/コンディショナー(10)
   石鹸/ソープ/洗顔料(6)
   ダイエット(3)
健康(26)
   健康食品/サプリメント/プロテイン(8)
   スポーツ/運動/トレーニング(3)
   冷え/温活(3)
ライフスタイル(71)
   生活雑貨/生活用品(10)
   ギフト/プレゼント(9)
   趣味(4)
   お出かけ/観光/旅行/デート(12)
   妊娠/出産/子育て(2)
   家庭菜園/ガーデニング/観葉植物(3)
インテリア(12)
   内装/レイアウト(3)
   DIY(2)
グルメ(24)
   ドリンク/カフェ(10)
   ケーキ/お菓子/パティスリー/パン(6)
アート/カルチャー(9)
   写真/カメラ(2)
   ハンドメイド/クラフト(4)

人気記事ランキング