logo

Top > ファッション > 髪型/ヘアスタイル/ヘアアレンジ

あなたに似合う前髪スタイルがきっと見つかる!骨格別・印象別に似合う前髪を紹介






前髪を作るか、作らないか。
この問題は女の子の永遠の悩みですよね。
前髪のあるヘアスタイルに憧れているけど、自分には似合わないとあきらめている方もいるのではないでしょうか。

しかし、実は想像するよりも、前髪のスタイルにはたくさんの種類が存在します。
それぞれのスタイルによって印象は大きく異なり、工夫次第であなたに似合う前髪を作ることができますよ。

今回は、前髪のスタイルを顔の形別と印象別に分けてご紹介します。
あなたも自分のなりたい姿をイメージしながら、参考にしてみてください。

【目次】あなたに似合う前髪スタイルがきっと見つかる!骨格別・印象別に似合う前髪を紹介

 

前髪が与える効果について

ガーリーな印象を与える

ひし形ヘアで小顔に見せることができる

目の上ぎりぎりの長さの前髪は目を大きく見せる効果がある

2019年のトレンド前髪は?

ダブルバング

フェザーバング

顔の形別!似合う前髪を紹介

卵型

丸形

逆三角型

面長型

ベース型

おでこが狭い

おでこが広い

印象別!前髪スタイルを紹介

可愛い印象を与える前髪

大人っぽい印象を与える前髪

個性的な印象を与える前髪

おすすめの前髪アレンジを紹介

ポンパドール

ねじり前髪

カチューシャアレンジ

 

 

前髪が与える効果について

 

前髪があるのとないのだと、同じ人でも全く印象が異なることがありますよね。

顔のパーツに1番近い位置にある髪の毛なので、顔の印象に直接影響を与えるのです。

 

それでは、前髪があることで、どのような印象になるのでしょうか。

前髪が与える効果と共にご紹介します。

 

ガーリーな印象を与える

 

前髪

 

一般的に、前髪がないヘアスタイルが大人っぽい印象を与えるのに比べて、前髪があるヘアスタイルはあどけなさや女の子らしい印象を与えます。

特に、ふんわりと巻かれた前髪なら女性の柔らかさがより表現され、フェミニンな印象を強く出すことができます。

ぱっつんと切り揃えられた前髪は、幼く若々しい印象を与えるため、より可愛らしい印象を与えます。

 

しかし、前髪のスタイルによっては、前髪がないスタイルよりもクールな印象を与えるようなものや、より大人っぽく色気のある雰囲気を作り出すこともできます。

詳しくは、この先の「印象別!前髪スタイル」でご紹介します。

 

ひし形ヘアで小顔に見せることができる

 

前髪

 

エステでマッサージをしなくても、ヘアスタイルを変えるだけで小顔に見せることができるのです。

そのポイントは、トップにボリュームを出した「ひし形」のヘア。

それを意識してヘアスタイルを作ることで、顔がキュッと引き締まって見えますよ。

前髪のスタイルも、それに合わせて変えてあげることで、効果的に小顔を作ることができます。

 

基本的に、顔全体を髪で覆ってしまうような髪型は、小顔に見えづらくなってしまいます。

前髪に関して言えば、「重めの前髪」は、小顔効果にはあまり良くないということになります。

 

また、顔周りの髪の毛をストレートで垂らすのも逆効果になってしまいます。

前髪や顔周りの髪の毛は、ふわふわと軽やかに巻き、輪郭をぼかすことがポイントです。

そして、前髪の支点をトップに持ってくるようなイメージで、少し動きを付けた流し前髪などをチョイスしてみると良いでしょう。

 

顔が丸形の方やベース型の方は、縦のラインを意識して前髪をカットすることで、綺麗なひし形を作ることができます。

 

目の上ぎりぎりの長さの前髪は目を大きく見せる効果がある

 

前髪

 

髪の毛は顔の輪郭を縁取っているため、顔のパーツを強調させる効果があります。

その中でも前髪は目にとても近い場所にあり、目の印象に影響を与えます。

目の近くぎりぎりの長さにすれば、目が強調されて大きく見えるのです。

量を多めにして、重めの印象の前髪にすれば、目力をアップさせることもできますよ。

 

また、「センターパート」にした前髪でも、目よりも長めに切り目尻を隠すようにしたスタイルは、同じように目を強調させる効果があります。

 

 

2019年のトレンド前髪は?

 

これまで無かったような2way前髪や、ふわふわで個性的な印象を作れる前髪が大注目の今期。

ぜひ流行を取り入れて、おしゃれヘアを手に入れましょう。

 

ダブルバング

 

 

「ダブルバング」は、前髪ありスタイルとなしスタイルを、どちらも叶えてくれる2wayスタイルの前髪です。

 

そのやり方は、前髪を短い部分と長い部分に分けてカットしするだけ。

左右で長さを変えてカットする方法や、真ん中の部分だけを短くしてサイドとの長さに差をつける方法があります。

 

前髪が欲しい時は短い前髪を前に下ろし、前髪なしが良い時には長い前髪に短い前髪を隠すようにして横に流します。

つまり、前髪の分け目を変えるだけで、その日の気分に合わせて前髪の雰囲気をガラッと変えることができるのです。

 

上に立ち上げるようにして前髪を流せば、かき上げ風のスタイルにすることができ、またセンター分けにして長い前髪と一緒にくせを付ければ、センターパート前髪を作ることも可能。

前髪を作るかどうか迷っているという方にも、とっておきのカット法ですよ。

 

フェザーバング

 

 

「フェザーバング」は、「天使の羽」とも呼ばれます。

その正体は、「外ハネ」を取り入れた前髪スタイルのこと。

 

長い間、内巻きの可愛らしい前髪が流行してきましたが、今度は外ハネ前髪で個性派可愛いがトレンドです。

まっすぐに揃えた前髪よりも、ふわふわと動きを付けることができるため、ゆるくキメすぎず自然なスタイリングに仕上がります。

 

短めの前髪なら幼く元気ないイメージに、長めの前髪ならうざバング風に大人っぽく仕上げることができます。

 

 

顔の形別!似合う前髪を紹介

 

その人に似合う髪型というのは、ほとんどが顔の形によって決まると言われています。

前髪も例外ではありません。

 

ここでは、実際に顔の形別に似合う前髪のスタイルをご紹介します。

あなたも自分の顔の形を確認しながら、照らし合わせてみてください。

 

卵型

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by 椛沢 柚希 GARDEN harajuku (@garden_yuzu) on

 

理想の形とされている「卵型」。

そんな美しいフェイスラインをお持ちの方は、様々な髪形が似合うとされています。

だからこそ、どんな髪形にしようか悩んでしまう方も多いかと思います。

 

そんな方は、是非そのフェイスラインを強調させるすっきりとしたヘアスタイルをチョイスしてみましょう。

流行りの髪型を取り入れて様々なヘアスタイルを楽しんでみたり、少し勇気のいる髪形にもチャレンジしてみても良いですね。

 

丸形

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Ryo Kanei / blink (@ryo_hair) on

 

まるっとして可愛らしい印象の「丸形」さんは、縦のラインを意識したスタイルがおすすめ。

縦ラインを作ることで、可愛らしい印象に少し大人っぽい雰囲気をプラスすることができますよ。

ぱっつんに切り揃えた前髪を作ってしまうと、横のラインができることによりさらに丸さを強調させてしまい、幼く見えてしまうので気を付けましょう。

 

縦ラインを強調させる前髪なら、「センターパート」の前髪が持ってこいです。

ふわふわと動きを付けて、周りの髪で自然に輪郭をカバーすることで、横幅をさらにカバーすることもできます。

 

逆三角型

 

 

みんな憧れの、シャープで美しい顎をお持ちの「逆三角型」さん。

ただ、顎の小ささが転じて、おでこやはちうえが大きめに見えてしまいがちなのも事実です。

 

そんな逆三角型の方は、額にインパクトを与えてしまうような、重めのぱっつん前髪やワイドバンクは避けましょう。

前髪は軽めに作り、斜めに流すなど工夫をしましょう。

 

また、軽めの前髪をふんわりとさせることで、おでこの輪郭をカバーするのもおすすめです。

顎のシャープなラインにふんわりとした髪の毛の輪郭を合わせることにより、柔らかい印象をプラスすることもできますよ。

 

具体的には、軽め前髪の定番「シースルーバンク」や、トップにボリュームを持たせて縦の長さを出すことができる「かき上げ前髪」がおすすめです。

 

面長型

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by OKAMOTO YUUKA (@boa_okamo) on

 

日本人に1番多いとも言われている「面長型」。

そんな面長さんこそ、前髪がとても似合うタイプなのです。

前髪を作ることで、おでこに横のラインを入れることができ、バランスを整えることができます。

 

その中でも特に似合う前髪スタイルは、「重め」の前髪です。

重めの前髪は、基本小顔から遠ざかってしまうとされていますが、面長さんだけはその逆です。

 

量を少し多めにして、広めに横のラインを作ることで、縦の長さを抑え小顔に近づくことができますよ。

ぱっつんに切り揃えてラインを強調したり、幅広スタイルの「ワイドバンク」にしてみても良いですね。

 

ベース型

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by 松尾あんな (@ancorooo) on

 

縦幅よりも横幅の方が広めの「ベース型」さんは、横の髪の毛にふわふわと動きを付けることで、横幅のカバーをすることができます。

前髪を作る際には、横幅を取りすぎないように気を付けることがポイントです。

なるべく縦のラインを強調させることを意識しましょう。

 

「丸形」さんと同様、重めのぱっつん前髪で横のラインを強調してしまうことは避けましょう。

前髪に束感を作ったりすることでおでこを覗かせ、縦ラインを作ったり、「かき上げ前髪」で縦幅を出すと良いでしょう。

 

また、「うざバング」で前髪に長さを出すのも良いですね。

エラが張りがちな「ベース型」さんでも、メンズっぽい印象ではなく女性らしい色気を出すことができます。

 

おでこが狭い

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by 椛沢 柚希 GARDEN harajuku (@garden_yuzu) on

 

おでこが狭い方は、実際の生え際よりも奥の位置から前髪を作ることで、前髪の縦の面積を広くし、おでこを広く見せることができます。

かなりおでこの狭い方は、生え際から前髪を作ってしまうと、前髪の長さが短すぎて前髪がおでこから浮いてしまうことがあるので、気を付けてください。

 

目の上ぎりぎりの長さまで前髪を伸ばすのも、縦のラインを作ることができ、大人っぽい印象を与えることもできます。

また、おでこが狭い方は重めの前髪も似合うのでおすすめです。

 

その他、あえておでこを見せることによって、おでこの存在感を引き立てるのも有効です。

この場合は、長めの流し前髪でチラ見せするによって色気を演出しましょう。

 

おでこが広い

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by kuroki marina (@731_marina) on

 

おでこが広い方は、前髪でおでこを隠してしまおうとしがちですね。

逆に、わざとおでこの露出が多めの前髪を作ることで、色気を出すことができます。

 

「センターパート前髪」でサイドに分けた前髪にプラスして、おでこの周辺に後れ毛を作ることで、アンニュイな雰囲気の出来上がり。

華奢な印象を作ることができたり、小顔効果を発揮してくれたりします。

 

また、おでこが広い方は「オン眉」がよく似合います。

おでこが狭い方が「オン眉」を作ろうとすると、前髪の面積が非常に小さくて逆に狭さが目立ってしまったり、短すぎて前髪が浮いてしまったりします。

それに比べておでこの面積が広い方は、スペースが広い分様々なデザインの「オン眉」前髪を楽しむことができます。

 

 

印象別!前髪スタイルを紹介

 

前髪と言っても、その切り方や整え方のスタイルによって、またずいぶんと印象は変わるものです。

眉毛の上で切り揃えられたスタイルは、元気で明るい印象を受けますし、ふんわり流された前髪には女性らしさを感じることができます。

 

また、だらしなく伸ばしすぎて目にかかってしまっていれば少し暗い印象を受けてしまいますが、その前髪もアレンジ次第ではおしゃれなスタイルに変身させることができますよ。

ここでは、そんなイメージの鍵を握るとも言える前髪のスタイルを、印象ごとに分けてご紹介します。

 

可愛い印象を与える前髪

 

ぱっつん前髪

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Ryo Kanei / blink (@ryo_hair) on

 

ぱっつん前髪は、前髪の中でも1番王道のスタイルです。

そんなぱっつんと切り揃えられた前髪は、あどけない可愛らしさを表現してくれます。

 

しかし、どうしても幼く見えがちのぱっつん前髪。

切り方によっては、野暮ったい印象を与えてしまうことがあります。

 

そんな時にポイントとなってくるのが、ワックスのつけ方です。

ワックスを指先に軽くつけ、その指で前髪をつまむようにしてワックスをなじませると、軽やかさが出て垢抜け感を出すことができます。

多くつけすぎてしまうとウェット感が強くなってしまい不自然なため、少しだけ束感を出して、眉毛をチラ見せするイメージでつけてみましょう。

 

シースルー前髪

 

 

今や前髪の一般的なスタイルと言っても良いほど、色々なところで見かけるこのシースルーバング。

もともと韓国のアイドルの間で流行りだした前髪のため、ポップで可愛らしい印象が強めでしたが、その長さや量の調整によって様々な印象にアレンジすることができます。

 

ぱっつんと切り落としたシースルーバングなら、赤ちゃんのような可愛らしい印象の中にも垢ぬけ感を出すことができ、とてもおしゃれなスタイルになります。

目にかかるかかからないかぐらいの長めのシースルーバングで量を少なめにすれば、韓国風のシースルーバングになり、女性らしさたっぷりの色気で大人可愛いを演出することができますよ。

 

流し前髪

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by 角田英次 🕊SHIMA (@tsunoda_eiji) on

 

流し前髪は、フェミニンな印象を演出するのに最適の前髪です。

ふんわりとやわらかな流し前髪は、いわゆる「モテヘア」への近道です。

 

気を付けたいのは、流し前髪を作るときに前髪がペタッとなったり、重くなりすぎたりしないようにすることです。

軽やかに動きを付けながら、ふわっと柔らかく作るようにしましょう。

 

その時にポイントとなるのは、やはりその髪の量と髪の毛を取る範囲です。

たくさんの量と範囲を取ると、重たくなってしまいます。

おでこのスペースのところで三角形を作るイメージでしっかりとカールをつけ、ワックスなどを使って束感を出すと、より垢ぬけて見せられます。

 

ベビーバング

 

 

「ベビーバング」とは、「オン眉」の進化系と言われている前髪です。

眉毛の上の方でざっくりと切った前髪をふわふわに巻いてあげることで、くせっ毛のような雰囲気を出す前髪のことです。

生え際にふわふわと浮いている前髪は、その名の通り赤ちゃんの髪の毛のようでとても可愛らしいですよね。

 

あまり個性的な仕上がりにしたくない方は、髪の毛の量を多くしたり切り揃えたりせずに、中央の部分を短めに切り、パーマやコテで無造作に巻いて巻いてみましょう。

おでこの真ん中のところが1番短くなるように、アーチ状に切ることによって、切り揃えた感を出さずに自然な仕上がりにすることができますよ。

 

大人っぽい印象を与える前髪

 

ワイドバング

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by 菅沼ゆり (@yurippa93) on

 

ストレート気味にぱっつんと切り揃えられた重めのワイドバングは、ぱっつん前髪の中でもかなりクールでモードな雰囲気を演出します。

目の上ぎりぎりまで長めに伸ばされた前髪で、目力もアップして、さらに格好良く大人っぽい印象を与えますね。

 

ワイドバングにしたいけど重すぎる印象を避けたいという方は、髪の毛のカラーを明るめに。

思いっきり重くバリバリのモード系で行きたいという方は、黒髪で。

流行りのシースルー前髪の逆を行く、この重めワイドバングで周りとの差をつけましょう。

 

センターパート前髪

 

 

おでこの露出が多いこの前髪スタイルは、色気のある大人っぽい印象にすることができます。

可愛らしい印象になってしまうのを避けたい方や、ぱっつんの前髪が似合わないという方でも気軽にチャレンジすることができる、流行りのおしゃれヘアです。

 

前髪なしのセンター分けスタイルよりも、顔周りにふわふわとした前髪があることで色っぽさを出すことができるのです。

また、トップのボリュームを出すことができるため、ヘア全体の形を綺麗にキメ易いという嬉しいポイントもあります。

巻き方やセットの仕方でも印象を変えることができるので、毎日のヘアセットが楽しくなりそうですね。

 

この前髪スタイルは、横顔の綺麗な人はとても似合います。

また、真ん中で分けるため、顔の左右のバランスの良い方はその美しさが強調されたりもします。

 

左右があまり対称でないという方は、顔のバランスを見て分け目の位置を少しずらしてみたり、分け目をジグザグにしてルーズ感を出すことで自然に仕上げてみたりしましょう。

ちょっと工夫するだけで、よりあなたに似合うスタイルにすることができますよ。

 

かき上げ前髪

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Ryo Kanei / blink (@ryo_hair) on

 

長い間支持されているかき上げヘアスタイル。

「イイ女」「デキる女」感を演出してくれるかき上げヘアは男性陣からも人気で、髪をかき上げる仕草に女性の魅力を感じる人も多いでしょう。

 

そんなかき上げヘアは、前髪でも作ることができるのです。

後ろ髪だけでかき上げヘアを作ろうとすると、なかなか上手くボリュームを出せなかったりしますが、前髪は短くて軽い分扱いが簡単なので、コツさえつかめば簡単にかき上げスタイルを作ることができますよ。

また、前髪が少し落ちてきて目にかかりそうになっているのも、アンニュイな印象を与えます。

 

普段はぱっつん前髪の方でも、前髪を根元から濡らしドライヤーでクセを付け、ワックスで固めれば綺麗なかき上げを作ることができます。

前髪を伸ばしかけの方も、上手に前髪を利用して素敵なスタイルを作ることができますね。

 

うざバング

 

 

「うざバング」とは、目にかかる長さの前髪スタイルでその名の通り「うざったい前髪」を指します。

長く伸びた前髪の間からちらっと覗かせる目が色っぽく、大人の魅力を引き出すヘアスタイルとなっています。

 

ポイントは、目をちらりと覗かせること。

ただのだらしなく伸びた前髪で目を覆ってしまっては暗い印象を与えるので、髪の毛の量と束感に気を付けるようにしましょう。

 

このうざバングには様々なスタイルがあり、シンプルに前髪全体を長めに伸ばすこともできますし、センターパートでサイドに垂らし目じりを覆うようにスタイリングすることもできます。

シースルー気味にすれば抜け感が出るため暗い雰囲気になりにくく、軽やかにウェーブを作ればラフさが出て女性らしく仕上がります。

あなたに似合う前髪スタイルにうざバングをプラスして、大人の色気を手に入れましょう。

 

個性的な印象を与える前髪

 

アシメバング

 

 

「アシメバング」とは、アシンメトリーつまり左右非対称に切られた前髪のことです。

ザクザクと斜めにカットされたスタイルが、斬新で可愛いですね。

この前髪スタイルは、2014年放送のTVドラマ「すべてがFになる」にて武井咲さんがしていたことで話題となりました。

 

敢えて切り揃えられていないスタイルが、軽やかで元気なイメージを生み出し、ヘアスタイルのマンネリ化に一役買います。

思いっきり短い長さにすればボーイッシュな印象に、長めに作ってクルッとカールさせればおちゃめであどけない印象に仕上げることができますよ。

あなたのなりたいイメージに合わせてスタイリングすることができるので、ちょっと個性を出して周りと差をつけたい時などに挑戦してみるのも良いですね。

 

オン眉ぱっつん前髪

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by nanako akutsu (@nanakoro) on

 

今でも根強い人気を持つオン眉前髪。

一度は憧れたことがあるのではないでしょうか。

 

シースルーのオン眉前髪や、アシメバング、ベビーバングなどの登場でオン眉にも様々なスタイルが増えていますが、そんな時こそ王道のぱっつんスタイルでくっきりとキュートに仕上げてみませんか?

ぱっつんと切りそろえることで印象に残りやすくなるため、前髪で個性を出すならこのスタイルが良いですよ。

 

もう少し自然に仕上げたいという方は、ワックスを使って束感を作ってみたり、少し長めに切ってワンカールしてみると良いですね。

オン眉と言っても、その短さでイメージもガラリと変わるので、様々なスタイルを楽しむことができます。

 

ウェーブバング

 

 

こちらの前髪は、くせ毛のようなスタイルが可愛いウェーブバングです。

パーマをあててカールをつけても良いですし、コテで巻いてカールをつけることもできます。

 

普段よりも少しな長めに伸ばした前髪を3~5つの束に分けて、それぞれくるくると巻いていきます。

手ぐしで軽くほぐせば、程よく束感も残り、ふわふわとかわいいウェーブバングの出来上がりです。

 

ただ、ワンカールさせた前髪よりも動きがつき華やかになるため、「ちょっと何か物足りない」という日に取り入れてみると良いです。

縦巻きで自然なカールにすれば、本物のくせ毛のように仕上がり、外国人風のヘアスタイルに仕上げることができますよ。

伸びかけてきた前髪のアレンジにも最適ですね。

 

 

おすすめの前髪アレンジを紹介

 

これまで、様々なスタイルの前髪を紹介してきました。

 

ただ、そんな前髪スタイルもいつも一緒じゃつまない!そんな方はアレンジを取り入れてみましょう。

お家で簡単にできるアレンジ法をいくつかご紹介します。

 

ポンパドール

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by shin-shin🐼 (@hair_arrange_shin) on

 

前髪をひとまとめにしてピンで留めるだけでできてしまう簡単なアレンジです。

 

可愛らしく見せるコツは、上に留める際に少しふわっとさせてボリュームを出すこと。

ピンで留める前に髪ゴムで結んでから、くるりんぱをしても可愛いですね。

 

前髪が長めの方は、頭の後ろの方でピンを止め大きくボリュームを出し、後ろの髪も同じ位置で1つにまとめれば、ボリューム感のあるポニーテールを作ることもできますよ。

ピンで留めたところにリボンやバレッタなどの飾りをつけても、アクセントになっておしゃれですね。

 

ねじり前髪

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Ryo Kanei / blink (@ryo_hair) on

 

前髪をセンターで分け、それぞれねじったものを両サイドにピンで留めるだけの簡単アレンジ法です。

ピンで留めた後は、軽く髪の毛を引き出して、ふんわりとさせることがポイントです。

 

画像のものは前髪の束をいくつか残し、シースルーバング風にアレンジしたものになっています。

おでこをすべて出すことに抵抗がある方でも、気軽にチャレンジできますね。

前髪をセンターで分ける際に、分け目をジグザグになるように分けるとより自然に仕上がります。

 

カチューシャアレンジ

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by 椛沢 柚希 GARDEN harajuku (@garden_yuzu) on

 

こちらのカチューシャを使った前髪アレンジは、前髪をオールバック風に見せることができます。

すべての前髪を後ろに持っていき、すっきりとエレガントに仕上げることもできますし、画像のように少し毛束を残してアレンジすれば今っぽくルーズな仕上がりになります。

 

また、前髪を横方向にくるくるとねじり、その束をカチューシャに挟むようにすれば、よりガーリーな印象に仕上がります。

前髪のまとめ方だけでなく、使うカチューシャによっても雰囲気を変えることができるので、あなたの好みに合わせてチョイスしてみてください。

 

※合わせて読みたい: 令和はカチューシャが大流行!おしゃれなカチューシャのデザイン&ヘアアレンジカタログ♪

 

 

これまで取り上げてきた通り、前髪にはたくさんの種類があります。

あなたに似合う前髪がきっと見つかるはず。

程よくトレンドを取り入れ、あなたの個性も忘れずに、素敵なヘアスタイルを探してみてください♪

 

▼ヘアスタイルの関連記事

 

・  【コテを使ったヘアアレンジ】レングス別に簡単にできるアレンジ方法を詳しく解説

・  黒髪ショートのヘアカタログ!自分をより良く魅せられるおすすめの黒髪ショートスタイルは?

・  ストレートからパーマヘアまで!黒髪ロングのヘアースタイルまとめ

・  【女性用】ヘアワックスのおすすめ10選!種類・選び方・使い方まで徹底解説

・  ストレートアイロンで作る巻き髪!基本的な使い方や巻き方のコツを解説

・  短くてもキュート!ベリーショートのおすすめヘアスタイルとヘアアレンジを紹介


フォローして最新記事をチェック!



検索

カテゴリ一覧

ファッション(79)
   着回し/コーデ(27)
   髪型/ヘアスタイル/ヘアアレンジ(20)
   眼鏡/コンタクト/カラコン(3)
メイク・コスメ(143)
   ベースメイク(18)
   アイメイク(19)
   リップ/グロス(12)
   ネイル(7)
   メーカー/ブランド(68)
美容(79)
   スキンケア(48)
   髪/シャンプー/リンス/コンディショナー(17)
   石鹸/ソープ/洗顔料(6)
   ダイエット(3)
健康(38)
   健康食品/サプリメント/プロテイン(9)
   スポーツ/運動/トレーニング(3)
   冷え/温活(5)
ライフスタイル(138)
   生活雑貨/生活用品(17)
   ギフト/プレゼント(13)
   趣味(6)
   お出かけ/観光/旅行/デート(24)
   妊娠/出産/子育て(2)
   家庭菜園/ガーデニング(3)
インテリア(23)
   内装/レイアウト(3)
   DIY(3)
グルメ(45)
   ドリンク/カフェ(18)
   ケーキ/お菓子/パティスリー/パン(10)
アート/カルチャー(14)
   写真/カメラ(3)
   ハンドメイド/クラフト(5)

スキンケア

エイジングケア(10)
保湿(87)
美白(25)
乳液(11)
クリーム(46)
オイル(14)
化粧水(46)
美容液(37)
基礎化粧品(61)
ニキビ(10)
毛穴ケア(16)
角質ケア(26)
肌荒れ(14)
くすみ(25)
クマ(4)
たるみ(7)
ハリ不足(19)
スペシャルケア(44)
セルフケア(17)
UV対策(14)
日焼け対策(11)
日焼け止め(5)
洗顔/クレンジング(13)

肌質

乾燥肌(74)
敏感肌(53)
脂性肌(21)
混合肌(12)

コスメ/メイク

ツヤ肌(66)
マット肌(40)
ミネラルコスメ(13)
デカ目(32)
小顔(1)
韓国(20)
化粧(58)
ポイントメイク(62)
メイクテク(29)
ナチュラルメイク(62)
美肌(69)
メイク道具(11)
化粧下地/ファンデーション/コンシーラー(19)
テカリ防止(2)
アイメイク(14)
リップ/グロス(18)
チーク(8)

ファッション

春コーデ(19)
夏コーデ(18)
秋コーデ(23)
冬コーデ(23)
スタイル(44)
テイスト(36)
シーン別(16)
大人コーデ(18)
カジュアル(8)
綺麗め(6)
フェミニン(7)

年代別

10代(1)
20代(6)
30代(7)
40代(3)
50代(2)

恋愛

片思い(21)
男性心理(23)
カップル(24)
恋愛観(24)
恋愛テクニック(31)

ヘアスタイル

ショートヘア(18)
ロングヘア(17)
セミロング(14)
ボブ(17)
スタイリング(26)
ヘアケア(34)
ヘアカラー(9)
ヘアアクセ(8)

ライフスタイル

キッチン用品(15)
ホームパーティー(12)
食生活(79)
ヘルシー(36)
運動(10)
筋トレ(4)
リラックスタイム(5)

人気記事ランキング