logo

Top > メイク・コスメ > ベースメイク

パウダーファンデーションのおすすめ商品9選!プチプラからデパコスまで優秀ファンデまとめ






クッションファンデやリキッドファンデ、クリームファンデなどに比べて、お化粧直しがしやすい「パウダーファンデーション」。

ファンデーションの中でもその手軽さが人気で、一度は使ったことがある方も多いのではないでしょうか。
どのメイクアップブランドからも、必ずといってもいいほど発売される定番アイテムです。

たくさんあるものの、乾燥肌に向いているものや皮脂をしっかり抑えてくれるもの、毛穴やくすみへのカバー力が高いものなど種類は様々。
本記事では、あらゆる視点からパウダーファンデについてご紹介します。

【目次】パウダーファンデーションのおすすめ商品9選!プチプラからデパコスまで優秀ファンデまとめ

 

パウダーファンデーションとは?

パウダーファンデーションの選び方は主に2つ

1. 配合成分で選ぶ

2. 肌色で選ぶ

<プチプラでおすすめのパウダーファンデーション>

1. キャンメイク マシュマロフィニッシュファンデーション

2. インテグレート プロフィニッシュファンデーション

3. ケイト シークレットスキンメイカーゼロ

4. セザンヌ UVファンデーション EXプラス

<デパコスのおすすめパウダーファンデーション>

1. セフィーヌ シルクウェットパウダー

2. ルナソル スキンモデリングパウダーグロウ

3. エスプリーク ピュアスキン パクト UV

4. マキアージュ ドラマティックパウダリー

5. RMK エアリーパウダーファンデーション

パウダーファンデーションでいつも抜け目のない完璧な肌を目指そう♪

 

パウダーファンデーションとは?

 

パウダーファンデーション

 

パウダーファンデーションとは、その名の通り粉を押し固めて作られたファンデーションです。

使い心地が軽やかで、メイクの仕上げやお化粧直しのときに使用されることが多いです。

 

基本的にはマットな質感ですが、最近のパウダーファンデーションは美容オイルや保湿成分が配合されており、潤いをもたらしてくれるものもあります。

また、パウダーファンデーションは使う人を選ばないのも魅力の一つ。

クッションファンデやリキッドファンデのようにムラができにくく、ササっと塗るだけで時間をかけたかのように綺麗に仕上がります。

朝忙しく時間がない方や、メイク初心者にもおすすめのファンデーションと言えるでしょう。

 

お化粧直しに最適なパウダーファンデーションは、パッケージもコンパクトなものが多いです。

持ち運びしやすく、トイレに行ったときなど手軽に使えるのも嬉しいですよね。

フタの裏側にあらかじめ鏡が付いているものも多いので、鏡がない場所でも綺麗にお直しできます。

 

 

パウダーファンデーションの選び方は主に2つ

 

一言でパウダーファンデーションといっても、その種類は様々。

メーカーによっても、質感やカバー力など異なるものです。

 

1. 配合成分で選ぶ

 

パウダーファンデーション 配合成分

 

パウダーファンデーションを選ぶときは、配合されている成分を見て決めましょう。

塗って時間が経つと顔が乾燥でパキパキになってしまう方や、気づけば皮脂の出過ぎでテカッていたという方は、自分の肌質に合ったものを選ぶことが大切です。

 

乾燥肌の方は「ヒアルロン酸」「コラーゲン」「セラミド」が配合されたもので「保湿」を

 

パウダーファンデーションは、もともと油分・水分が少ないファンデのため、ほかのファンデに比べて乾燥しやすいと言われています。

そのため、乾燥肌の方は成分表に「ヒアルロン酸」や「コラーゲン」「セラミド」など、保湿成分が配合されているものを選ぶのがおすすめです。

 

その他、天然由来成分やスクワランなども肌へ潤いを与えてくれます。

保湿力のあるパウダーファンデーションで、乾燥肌とのバランスを取ってあげてくださいね。

 

オイリー肌の方は「水あり」タイプで密着力アップ

 

オイリー肌の方は、水分量の少ないパウダーファンデーションとの相性は良いです。

パウダーが肌から出る余分な皮脂をキャッチして、その量をコントロールしてくれる役割があります。

 

より崩れない肌にするには、パウダーファンデ「水あり」タイプがおすすめ。

「水あり」タイプは、スポンジや付属のパフに水を染み込ませ固く絞り、その上からファンデーションを乗せていくタイプのことです。

肌に少し濡れたファンデを乗せ、その水分が蒸発するとパウダーが固化。

より肌に密着してくれるため、化粧崩れしにくくなります。

汗や皮脂がでやすい梅雨や夏場にはもってこいの塗り方です。

 

敏感肌の方は「オイルフリー」で肌への刺激を抑える

 

ファンデーションに含まれたオイルやパウダーファンデ特有の乾燥のしやすさで、肌トラブルを起こしてしまう可能性もあります。

そんな敏感肌の方には、「オイルフリー」タイプや低刺激性のパウダーファンデーションがおすすめです。

肌への刺激が少ない「天然由来成分」や「オイルフリー」は、負担をかけずに使うことができます。

また、オイルフリーのものは化粧落としが手軽なのも魅力です。

 

2. 肌色で選ぶ

 

パウダーファンデーション 肌質


ファンデーションは、顔全体に乗せるものです。

乗せる色を間違ってしまうと、顔色が悪く見えてしまったり、顔だけ色浮きしてしまい残念な印象に。

また、自分のパーソナルカラーを知っておくことで、いつもより晴れやかで、他のメイクも活きるベースメイクを作ることができます。

 

「ブルべ」か「イエベ」か

 

肌色には、ブルーべースの色とイエローべースの2種類に分けられます。

自分の肌はどちらの類の色なのかを知っておくだけでも、ファンデーションの色は一段と選びやすくなるのです。

 

「ブルべ」は、肌から透ける血管が青色の人。

そんな方は、ピンクがかったオークル系や黄色みが比較的抑えられたベージュ系がおすすめです。

ピンク系のファンデを乗せると、もともとある赤み肌が悪目立ちしてしまうこともあります。

くすんで見えないよう、基本的にはナチュラルに仕上げましょう。

 

一方、「イエベ」は肌から透ける血管が緑色で、日本人に一番多い肌色です。

そんな方は、キャメルやブラウンといった黄色みの肌に沿った色がおすすめ。

一般的に売られているファンデの標準色が、ベージュ系なので選びやすいのが特徴的です。

黄色みの肌でも明るめの方は、ライトベージュなどで明るさを足してみましょう。

 

首と顔の色で判断

 

パーソナルカラーが分かっても、首と顔の色が乖離していると違和感があるものです。

特に夏場は日焼けしているのにも関わらず、明るめのファンデを乗せてしまうことで顔だけ色浮きしてしまう方もいます。

 

そんな時は、顔の輪郭当たりにファンデを乗せ、首と比べて色が浮いていないかを確認しましょう。

馴染みやすい色はオークル系やベージュ系です。

その中でも細かく色分けされているアイテムもあるので、見るだけではなく実際に顔に乗せて確かめてくださいね。

 

 

<プチプラでおすすめのパウダーファンデーション>

 

プチプラコスメの優秀パウダーファンデは、デパコスと大差がつかないアイテムも数多くあります。

ここからは、こだわりを持って作られたアイテムを厳選してご紹介していきます。

 

1. キャンメイク マシュマロフィニッシュファンデーション

 

 

特徴

 

神ファンデと呼ばれているのは、プチプラコスメの王道キャンメイクから発売されている「マシュマロフィニッシュパウダー」です。

アットコスメのベストアワードでも殿堂入りを果たしている言わずと知れた名品。

 

その名の通り、マシュマロのような柔らかい見た目と質感が特徴で、思わず触りたくなる美肌に導いてくれます。

薄いシミやそばかすなら隠してくれ、厚塗り感が出ない絶妙な付け心地は、デパコスにも引けを取りません。

 

1,000円以下にも関わらず、乾燥しがちなパウダーファンデに贅沢にも美容液成分を配合。

「ローズマリー葉エキス」や「ホホバオイル」「カミツレ花エキス」など植物由来の保湿成分で、サラサラの肌を持続させてくれます。

また、無香料でアルコールフリーなので、肌が弱い方でも使いやすいのも魅力的です。

 

テクスチャー

 

サラサラとしており、粉も柔らかく、伸びも良いテクスチャーです。

パウダーファンデの中でも比較的マットな仕上がりなので、付ける量には注意しなければ厚塗り感が出てしまいます。

 

クッションファンデのツヤ感を調整したい方や、皮脂が出やすいTゾーンだけの部分使いには特におすすめです。

薄いシミやくすみはしっかりカバーしてくれ、口コミ評価もかなり高め。

塗ったあとは本当にマシュマロのように肌がすべすべになり、元から肌が綺麗な人を演出してくれます。

持続時間はそこまで長くないため、3時間置きくらいにお直しが必要です。

見たままの発色ではなく、肌に乗せると多少暗くなるので、色選びはテスターで確かめてから購入するようにしましょう。

 

キャンメイク マシュマロフィニッシュファンデーションの商品情報

 

価格:940円(税抜)

内容量:10g

色:4色

 

 

 

2. インテグレート プロフィニッシュファンデーション

 

 

特徴

 

小松菜奈さんがモデルを務めていることでも話題のインテグレート。

プロが仕上げたような透け感が叶うのが「プロフィニッシュファンデーション」です。

 

ファンデ内には、粒子になった「補正粉末」と板状になった「板状粉末」が組み合わされて配合されているので、いつも通りに塗っても毛穴を綺麗にカバーしてくれます。

また、形が異なる粉末なため、光の反射も味方になり、適度なツヤ感が抜け感をアシストしてくれるんです。

 

肌への優しい付け心地も人気の理由で、パウダーは「防腐剤フリー」「無香料」「肌荒れ防止成分配合」「アレルギーテスト済」と敏感肌の方でも安心して使えます。

ニキビができにくい成分もしっかり研究されて作られていることから、パウダーファンデ初心者さんにも最適です。

 

テクスチャー

 

テクスチャーは、パフに取って肌に乗せた瞬間は多少のもったり感があるものの、2〜3度滑らせて往復させるとサラサラに。

薄めのくすみやシミ、ニキビ跡なら綺麗に隠せます。

濃いしみを隠したり、カラーコントロール力は比較的低めです。

 

ツヤ感は少なく、セミマットな仕上がりになります。

プレストが弱いのか、ブラシやパフにつけるとパウダーが多めに付くので、付ける量には注意が必要です。

色はオークル系のみで、日本人のほとんどの肌色と合いますが、ブルべさんは色みを試してから購入してくださいね。

 

インテグレート プロフィニッシュファンデーションの商品情報

 

価格:1,400円(レフィル)

内容量:10g

色:4色

 

 

 

3. ケイト シークレットスキンメイカーゼロ

 

 

特徴

 

何度も付けずとも、ひと塗りで密着カバーするのが「ケイト シークレットスキンメイカーゼロ」です。

ゼロシリーズは、持ちも付け心地も良いと話題のヒットライン。

 

パウダー内に配合されているのは、重ためのオイル「モイストカバーオイル」で、広げやすく乾燥しにくいのが特徴です。

また「板状顔料」と「ビーズ系顔料」を混ぜ合わせて配合し、肌に吸い付きながら広がると同時に、軽くなめらかな伸びを実現しています。

だからこそ粉飛びせず、一度付ければずっと同じ使い心地が持続されるのは魅力的なポイントです。

 

テクスチャー

 

テクスチャーは粒子が少し大きめですが、パフの滑りは良く突っかかることはありません。

仕上がり直後のマット感は比較的強めなものの、時間が経つと適度な潤いをまといます。

素肌を底上げしたかのような質感は、素肌美人を演出してれると口コミでの満足度も高めです。

 

セミマットな見た目に対して、被膜感のない付け心地は、パウダーファンデの良いところ引き出してるといって良いでしょう。

毛穴の凹凸も大きめ粒子が埋めてくれ、コンシーラーいらずである程度カバーしてくれます。

 

プチプラコスメの中でも特によれづらく、皮脂コントロール力が高いのも人気の理由の一つです。

色の展開は6色と多めで、どんな人でも合う色が見つかることでしょう。

 

ケイト シークレットスキンメイカーゼロの商品情報

 

価格:1,600円

内容量:9.5g

色:6色

 

 

 

4. セザンヌ UVファンデーション EXプラス

 

 

特徴

 

シリーズ累計1300万個を突破した大ヒットアイテムが「セザンヌ UVファンデーション UVプラス」です。

特筆すべき点は、プチプラコスメの中でもトップレベルの価格。

500円で買えるファンデーションはなかなかありません。

 

さらに驚きなのは、価格に見合わないこだわりの内容です。

パウダーには「セカンドスキンパウダー」と「ピュアホワイトマイカ」を配合し、どの角度から見ても適度なツヤ感を演出してくれます。

また、「クリアラスティング」処方で、時間が経っても付けた手の透き通った肌を持続してくれるんです。

 

乾燥しがちなパウダーファンデーションにはありがたい保湿成分「スーパーヒアルロン酸」も入っているため、付けるときもスルスル伸び、突っかかることがありません。

SPF23・PA++で、日焼け止めより効果は劣るものの、一般的なパウダーファンデよりは紫外線対策効果も期待できます。

 

テクスチャー

 

カバー力ではデパコスも驚くほどの力を発揮します。

パウダー自体は、荒目で粒感が大きいのが印象的です。

そのため、粉が均一に肌に乗りづらかったり、色ムラが出てしまう可能性があります。

そんなときは付属のパフではなく、柔らかい毛の筆を使うと綺麗に乗るのでおすすめです。

 

色は4色展開で、単純に色の濃淡で分けられているのではなく、黄色みや赤みを考慮したカラーバリエーションは価格以上。

なかなか自分に合う色みのファンデーションが見つからないなと思っている方に使ってみてほしいアイテムです。

 

難点は、専用のパッケージのフタが自立せず180度に開いてしまう点。

ちょっとしたときにパパっとメイク直しできないですが、この価格でこの使い心地なら文句は言えません。

 

セザンヌ UVファンデーション UVプラスの商品情報

 

価格:500円(税抜)

内容量:11g

色:4色

 

 

 

<デパコスのおすすめパウダーファンデーション>

 

顔全体に使うものだから、最高級のアイテムを使いたいと思う方も少なくないのがファンデーションですよね。

デパコスのファンデは、使い心地や仕上がりもさることながら、高級感ただようパッケージも持っているだけで気分が上がるものばかり。

ここからは、そんなデパコスの中でも人気パウダーファンデを紹介していきます。

 

1. セフィーヌ シルクウェットパウダー

 

 

特徴

 

渡辺直美さんが使用していることでも注目を集めたアイテムが「セフィーヌ シルクウェットパウダー」です。

メイクアップアーティストなどプロが選んだパウダーファンデとしても有名で、一度は使ったことがある方も多いのではないでしょうか。

 

22種類の美容液成分を配合し、肌を乾燥から防いでくれるのに加えて、自然素材で高純度のシルクを配合。

シルクは肌と似たアミノ酸で生成されていることから、肌馴染みが良く、スキンケア効果もあるとされています。

そんなシルク成分をたっぷり入れているため、見た目も付け心地もサラサラに。

さらに、そのシルクの粒子は細かい穴がたくさん空いている「多孔質形状」なんです。

通気性がよく、すばやく皮脂や汗を吸着してくれます。

 

テクスチャー

 

テクスチャーは、粒子がパウダーファンデの中でもトップレベルで細かく、とても軽いのが印象的です。

シルクが入っているからか、キメが細かく、見た目も軽い仕上がりになります。

薄付きなのに目元や口周りのくすみを隠してくれるので、元から美肌を演出してくれるのは嬉しいポイントです。

 

肌の乗せるとパウダーが肌にピタッと密着し、ヨレないと噂なのも納得できます。

付属のパフは、柔らかいものの丸い形をしているため、口角や目のキワなどに粉を乗せにくいのが弱点です。

ブラシを持っている方は、パフよりブラシを使うと、シルクウェットパウダー特有の粒子のキメの細かさを活かすことができます。

 

セフィーヌ シルクウェットパウダーの商品情報

 

価格:4,000円(レフィル)

色:8色

 

 

 

2. ルナソル スキンモデリングパウダーグロウ

 

 

特徴

 

肌のあらゆる弱点を隠したい方におすすめなのが「ルナソル スキンモデリングパウダーグロウ」です。

パウダーには、光を演出する素材や「ソフトフォーカス効果」を取り入れることによって、気になる箇所をぼかしながら自然にカバーしてくれます。

 

また、半透明加工のポリマーは乗せた瞬間から肌に馴染み、透明感と若々しいツヤ感を与えてくれるんです。

だからこそ、幅広い年齢の方から人気を集めています。

 

ルナソルがブランドのコンセプトとして大切にしてきている「光」を上手く利用して美肌に導く、そんなファンデーションと言えるでしょう。

スキンモデリングパウダーグロウはSPF20対応で、ちょっとした外出などにも日焼け止め代わりとして使用できます。

 

テクスチャー

 

テクスチャーは、パウダーがムースのように柔らかく繊細で、いかにもデパコスといった印象。

サラサラしているのにパサパサ感はなく、上質さをうかがえます。

 

水分を多く含んだパウダーは伸びが良く、なめらかに滑るためムラなく塗れるんです。

肌馴染み自体はとても早いというわけではありませんが、5分ほどするとスッと馴染み、ブランドが提唱している通りでした。

 

肌のくすみやニキビ跡、赤みなどをパウダーの濃さで隠すというよりは、透明感を出し光で飛ばすといったところ。

だからこそ、肌のアラで悩んでいる方にはぜひ使ってみてほしいアイテムです。

 

ルナソル スキンモデリングパウダーグロウの商品情報

 

価格:4,000円(税抜)

内容量:9.5g

色:6色

 

 

 

3. エスプリーク ピュアスキン パクト UV

 

 

特徴

 

アットコスメのベストファンデーションにも選出されている人気アイテムが「エスプリーク ピュアスキンパクトUV」です。

北川景子さんが出演しているテレビCMを見て買おうと思った方も多いのではないでしょうか。

 

「ピュアスキンパクトUV」は、毛穴が消えるとSNSでも一時期話題を集めた名品で、現在でもリピーターを含め、若い世代から50代くらいまで幅広く使われています。

エスプリークのファンデの中でも史上最高にパウダーが軽く、ふんわりすべすべの質感が特徴的です。

肌に乗せると、パウダーが溶け込み、毛穴や色ムラなど肌コンプレックスを隠してくれます。

SPF26対応で、日焼け止めとしても使える万能アイテムです。

 

テクスチャー

 

特筆すべき点は、付属のパフがとにかく柔らかいんです。

パフが柔らかいと肌に乗せるときもあまり力がいらず、肌への負担が少ないと言われています。

また、パウダーをふわふわなパフがしっかりとキャッチしてくれるため、必要以上にパウダーをガシガシ取りすぎるといったこともありません。

 

パウダーがサラサラなので、肌にも均一に乗せやすく、ムラができないのは嬉しいポイントです。

パウダーファンデ初心者さんでも安心して使えますよ。

オイリー肌の方は、このサラサラのテクスチャーが余分な皮脂を吸着してくれるものの、乾燥肌の方は、下地でしっかり保湿をしておかなければ粉浮きしてしまうこともあるため注意が必要です。

 

エスプリーク ピュアスキン パクト UVの商品情報

 

価格:2,800円(税抜)

内容量:9.3g

色:7色

 

 

 

4. マキアージュ ドラマティックパウダリー

 

 

特徴

 

ムース生まれのパウダリーといえば「マキアージュ ドラマティックパウダリー」。

パウダーの仕上がりの良さとムースの使い心地の良さを融合した大人気アイテムです。

 

新開発の「360°美肌パウダー」は金平糖型をしており、肌の内部に入る光を肌が綺麗に見える角度だけで取り込むので、どこから見ても変わらない美肌を演出してくれます。

毛穴やニキビ跡などは、肌の内側から光を照らしカバーしてくれるんです。

一方、パウダーから得られる透明感やツヤ感は、ほのかな赤みとして肌の外に出し、血色を良く魅せてくれます。

そのため、肌を綺麗に見せるだけではなく、健康的な顔色にみせるところまでしっかりサポートしてくれるのは魅力的です。

 

さらにパウダーの粒子は、内部が空洞になっているエアムードパウダー処方。

肌に乗せてもふわっと無重力感覚で、付けているのを忘れさせてくれます。

 

テクスチャー

 

テクスチャーはパウダーが軽く、ふわっとした質感です。

塗っている感がなく、ストレスフリーで使えるのは、毎日使うものとしてとてもありがたいですよね。

 

肌に乗せてすぐはマット感が強いものの、時間が経つと自然なツヤ感が出てくるのはさすがデパコスといったところ。

目の下の薄いクマや小鼻や口角周りのくすみも、光の効果で飛ばしてくれます。

 

時間が経っても崩れにくく、汗をかきやすい夏場でも軽く使えるテクスチャーです。

使い心地重めのリキッドや粉粉しているパウダーも苦手という、わがまま肌にもしっかり対応してくれるファンデと言えるでしょう。

 

マキアージュ ドラマティックパウダリーの商品情報

 

価格:4,000円(税抜)

内容量:9.2g

色:7色

 

 

 

5. RMK エアリーパウダーファンデーション

 

 

特徴

 

パウダーファンデでも、付け心地軽やかなものを使いたい方におすすめなのが「RMK エアリーパウダーファンデーション」です。

その名の通りエアリー感が強く、パウダーファンデということを忘れさせるしっとり感があります。

パウダー内には、細かい粒子のオイルが配合されているため、付け心地はまるでムースのようです。

 

ブラシとスポンジどちらからでも選べますが、よりナチュラルに仕上げるならブラシ、しっかりめにつけるならパフがおすすめ。

スポンジは、一般的なスポンジ同様のふわふわした面と起毛している面と2面構造になっているので、塗る箇所によって使い分けができます。

ブラシやパフの起毛面で磨くと、オイル特有のツヤ感を引き出せ美肌を演出。

ハイライトゾーンを集中的に滑らせるとより顔立ちに立体感が増します。

 

テクスチャー

 

テクスチャーは、パウダーファンデとは思えない軽い付け心地。

オイル効果なのかパウダーファンデ特有の粉粉した被膜感も一切なく、乾燥しやすい目や口周りは時間が経ってもパキパキになりません。

 

また、繊細なラメが入っているため、ツヤだしに何か加える必要もなく、これ一つでベースメイクが完成してしまいます。

ブラシは毛の長さが山なりになっているので、肌のきめ細かい場所にも余すことなく付けれるのもありがたいですよね。

 

コンシーラーを使わずとも隠れるほどのカバー力の高さはありませんが、ラメを使って光である程度は飛ばすことができます。

元から薄付きファンデが好きな方やナチュラルメイクの方、パウダーファンデ初心者さんはとても満足できることでしょう。

 

RMK エアリーパウダーファンデーションの商品情報

 

価格:4,000円(税抜)

内容量:10.5g

色:9色

 

 

 

パウダーファンデーションでいつも抜け目のない完璧な肌を目指そう♪

 

パウダーファンデーション

 

今回は、おすすめのパウダーファンデーションをプチプラコスメとデパコスに分けて紹介してきました。

そのときの自分の肌のコンディションや年齢、季節によっても、おすすめしたいファンデーションは異なってきます。

今の自分の肌に合っているファンデはどれなのか、適度に見直すことも大切です。

自分のメイクに合ったパウダーファンデで、いつも綺麗な肌を魅せてくださいね。

 

※合わせて読みたい:  【乾燥肌さん向け】乾燥を防ぐベースメイク方法からおすすめファンデまで一挙ご紹介


フォローして最新記事をチェック!



検索

カテゴリ一覧

ファッション(100)
   着回し/コーデ(34)
   髪型/ヘアスタイル/ヘアアレンジ(22)
   眼鏡/コンタクト/カラコン(4)
メイク・コスメ(173)
   ベースメイク(19)
   アイメイク(22)
   リップ/グロス(13)
   ネイル(9)
   メーカー/ブランド(85)
美容(90)
   スキンケア(52)
   髪/シャンプー/リンス/コンディショナー(22)
   石鹸/ソープ/洗顔料(6)
   ダイエット(3)
健康(42)
   健康食品/サプリメント/プロテイン(9)
   スポーツ/運動/トレーニング(5)
   冷え/温活(5)
ライフスタイル(153)
   生活雑貨/生活用品(18)
   ギフト/プレゼント(13)
   趣味(6)
   お出かけ/観光/旅行/デート(27)
   妊娠/出産/子育て(2)
   家庭菜園/ガーデニング(3)
インテリア(26)
   内装/レイアウト(3)
   DIY(3)
グルメ(54)
   ドリンク/カフェ(22)
   ケーキ/お菓子/パティスリー/パン(13)
アート/カルチャー(17)
   写真/カメラ(3)
   ハンドメイド/クラフト(7)

スキンケア

エイジングケア(15)
保湿(103)
美白(29)
乳液(14)
クリーム(56)
オイル(16)
化粧水(58)
美容液(44)
基礎化粧品(72)
ニキビ(12)
毛穴ケア(20)
角質ケア(30)
肌荒れ(17)
くすみ(29)
クマ(4)
たるみ(10)
ハリ不足(24)
スペシャルケア(55)
セルフケア(26)
UV対策(17)
日焼け対策(13)
日焼け止め(5)
しわ(4)
洗顔/クレンジング(18)

肌質

乾燥肌(84)
敏感肌(61)
脂性肌(25)
混合肌(17)

コスメ/メイク

ツヤ肌(73)
マット肌(42)
ミネラルコスメ(15)
デカ目(34)
小顔(2)
韓国(25)
化粧(68)
ポイントメイク(74)
メイクテク(35)
ナチュラルメイク(70)
美肌(76)
メイク道具(11)
化粧下地/ファンデーション/コンシーラー(29)
テカリ防止(3)
アイメイク(29)
リップ/グロス(32)
チーク(14)
カラーメイク(3)

ファッション

春コーデ(25)
夏コーデ(24)
秋コーデ(31)
冬コーデ(32)
スタイル(53)
テイスト(44)
シーン別(21)
大人コーデ(26)
カジュアル(19)
綺麗め(15)
フェミニン(14)

年代別

10代(1)
20代(7)
30代(10)
40代(4)
50代(3)

恋愛

片思い(21)
男性心理(25)
カップル(29)
恋愛観(28)
恋愛テクニック(36)

ヘアスタイル

ショートヘア(21)
ロングヘア(20)
セミロング(17)
ボブ(21)
スタイリング(29)
ヘアケア(44)
ヘアカラー(12)
ヘアアクセ(8)

ライフスタイル

キッチン用品(17)
ホームパーティー(13)
グルメ/レシピ(86)
ヘルシー(37)
運動(11)
筋トレ(5)
リラックスタイム(9)

人気記事ランキング