logo

Top > メイク・コスメ > アイメイク > 眉毛/アイブロウ

剃りすぎた眉毛を隠すメイク方法!ごまかしテクニックとおすすめアイテムも紹介






眉毛を剃りすぎてしまった際に、これまでのアイブロウメイク方法で何とか乗り切ろうとしていませんでしたか?
地毛が足りない眉毛に自然なアイブロウメイクをするには、実はコツがあるんです。

メイクテクニックに加えて、眉毛が足りていないことをごまかすための手段も合わせて取り入れると、眉毛の剃りすぎを上手に隠せるでしょう。

本記事では眉毛を剃りすぎてしまった方向けに、即席の対処方法と、地毛のない眉毛を自然に仕上げるメイクのやり方、おすすめのアイテムなどをご紹介します。

本ページに掲載のリンク及びバナーには広告(PR)が含まれています。


【目次】剃りすぎた眉毛を隠すメイク方法!ごまかしテクニックとおすすめアイテムも紹介

 

すぐにできる!剃りすぎた眉毛の対処法

メイクで「書く」

前髪で「隠す」

小物類で「ごまかす」

剃りすぎたアイブロウメイクで活躍するアイテム

眉マスカラ

リキッドタイプのアイブロウ

眉ティント

眉毛を剃りすぎてしまった時のアイブロウメイク法

黄金比を意識しよう

リキッドアイブロウで輪郭を薄く整える

地毛と馴染ませるためにアイブロウパウダーをふんわり乗せる

アイブロウブラシで輪郭をぼかす

眉マスカラで地毛の存在感を薄くして完成!

眉毛のお手入れで失敗しないためのポイント

眉毛を描いてから抜く・剃るをする

左右交互にお手入れをする

眉毛サロン・美容室へ行く

 

すぐにできる!剃りすぎた眉毛の対処法

 

眉毛が印象的な女性

 

眉毛を剃りすぎてしまい、何とも表現しがたい悲壮感に襲われる…そんな経験はないでしょうか。

残念ながら眉毛が生える長さはそこまで早くないため、元に戻すには時間がかかってしまいます。

 

そこで、生えてくるまでのとりあえずの手段として、剃りすぎた眉毛の即席対処方法をご紹介します。

 

メイクで「書く」

 

もっとも無難なのが、メイクで眉毛を書く方法です。

剃ってしまった部分と地毛の部分をうまく馴染ませれば、自然な眉毛に仕上がるでしょう。

 

剃りすぎた眉毛のメイク方法については、イラスト付きでわかりやすく後述します。

 

前髪で「隠す」

 

ぱっつん前髪の女子

 

前髪で眉毛を隠してしまうのも、即席の手段として◎

前髪の量が多く厚みがあるほど、剃りすぎた眉毛を隠しやすくなります。

 

そうとはいえ、流行りのシースルーバングで眉毛が透けて見えてしまったり、または前髪を作っていないため隠せなかったりという人もいらっしゃるでしょう。

その場合は、生え際を変えて前髪にボリュームを作ったり、横分けにして隠したい眉毛部分だけ覆ったりといった対処方法を取るとうまく隠せます。

 

※前髪の関連記事:  あなたに似合う前髪スタイルがきっと見つかる!骨格別・印象別に似合う前髪を紹介

 

小物類で「ごまかす」

 

メガネや帽子を使い、剃りすぎた眉毛を隠すのも有効な手段です。

特にメガネは大きなフレームのタイプを選べば眉毛の部分とフレームラインが重なり、剃りすぎを目立たなくさせられます。

 

帽子はキャップタイプがおすすめ。

帽子のツバが影になり、剃りすぎた眉毛が見えにくくなります。

 

ただし、室内では帽子を脱ぐのがマナーです。

そのため、帽子で剃りすぎた眉毛を隠すのは、基本的に外に出る際の対処方法として覚えておきましょう。

 

▼メガネ/キャップの関連記事

・  伊達メガネをかけて周りと差がつくオシャレを楽もう♪人気ブランドとおすすめコーデを紹介

・  キャップをおしゃれに被るコツ&お手本コーデ集!NEW ERAをはじめ人気キャップも紹介

 

 

剃りすぎたアイブロウメイクで活躍するアイテム

 

剃りすぎてしまった眉毛をメイクでごまかす際、普通のアイブロウペンシルだけではやや力不足です。

剃りすぎた眉毛の対処に便利なアイテムをご紹介します。

 

眉マスカラ

 

 

眉マスカラは、本来であれば眉に色をつけるためのメイクアイテムです。

しかし、人によっては「液が乗りすぎて眉毛が濃くなる」「ダマができて地毛が強調されてしまう」ということもあり、テクニックが求められるアイテムと言えます。

 

そんな眉マスカラのむずかしい性質は、眉毛を剃りすぎて地毛が足りなくなったときに役立つでしょう。

眉マスカラをメイクに加えれば自毛の存在感が際立ち、眉毛が足りていないことをごまかしやすくなります。

 

※眉マスカラの関連記事:  眉マスカラの人気おすすめ15選!選び方や垢抜け眉の塗り方も徹底解説

 

リキッドタイプのアイブロウ

 

 

眉毛がない地肌の部分に描かれたアイブロウラインは、眉毛がある部分に比べて落ちやすいです。

そのため、眉毛を剃りすぎたときは、アイブロウペンシルよりも落ちにくいリキッドアイブロウをメインに使いましょう。

 

また、リキッドタイプはペンシルタイプよりも筆先が細いことから、眉毛を1本1本書き足す細かい作業にも向いています。

 

※アイブロウアイテムの関連記事:  【2021年最新版】アイブロウの人気おすすめ18選!種類や選び方、メイク方法で美眉改革

 

眉ティント

 

 

日中や夕方、メイクした眉毛がどうしても落ちてしまうという人は、眉ティントの活用がおすすめです。

 

眉ティントとは普通のアイブロウとは違い、角質に色をつけるタイプのメイクアイテム。

1度色をつけると1~14日間ほどは落ちないため、朝も夜もアイブロウメイクをした状態を保てます。

 

※眉ティントの関連記事:  もう失敗しない!眉ティントの上手な書き方やおすすめアイテムをまとめて紹介

 

 

眉毛を剃りすぎてしまった時のアイブロウメイク法

 

眉毛を剃りすぎてしまったら、生えてくるまではメイクでごまかしてしまいましょう。

眉毛がないことを悟られない、自然なアイブロウメイクの方法についてご紹介します。

 

黄金比を意識しよう

 

「片方の眉だけ剃り落としてしまった」「両方ともいじりすぎて眉毛がなくなった」といったように、眉毛を剃りすぎてしまった後の形状は様々です。

どのような剃りすぎ眉であっても、まず目指すべきは左右対称であること。

 

  • 顔の中心ラインから眉頭までが左右同じ幅
  • 眉頭・眉山の高さが左右同じ
  • 眉頭の角度が左右同じ

 

眉毛の黄金比率

 

この3つをしっかり押さえることで、左右対称な眉になります。

逆にどれか1つでもバランスが崩れていると、左右非対称の眉毛になり、間の抜けた印象になってしまうこともあります。

不安な人は、定規を使って均等になっているか確かめても良いでしょう。

 

また、眉尻の位置は小鼻→目頭の延長線上にあると良いとされています。

しっかり確認をしてから、眉毛の輪郭ラインを作っていきましょう。

 

リキッドアイブロウで輪郭を薄く整える

 

黄金比率の位置がわかったら、リキッドアイブロウを使って輪郭を描きます。

 

眉毛の黄金比

 

このとき大切なのは、リキッドアイブロウを薄くひくこと。

インクの調整をティッシュの上などで行ってから、ラインを描きましょう。

 

輪郭が描けたら、眉頭や眉上といった「地毛のそばの毛が足りていない部分から先」にリキッドアイブロウで毛を足していきます。

 

地毛のそばから塗っているイラスト

 

地毛のある部分からスタートをすることで、自然な眉毛になりますよ。

 

その後、地毛のないつるつるの部分に眉毛を書き足す際も、毛を1本1本植え込むのをイメージしながら丁寧に線を入れていきます。

 

地肌に眉毛を書き足すイラスト

 

地毛と馴染ませるためにアイブロウパウダーをふんわり乗せる

 

リキッドアイブロウで眉毛全体のラインを作れたら、次はアイブロウパウダーをふんわりとのせます。

 

アイブロウパウダーを乗せたイラスト

 

アイブロウパウダーをプラスすることで、リキッドアイブロウが肌色に馴染み、より自然な仕上がりになりますよ。

 

アイブロウブラシで輪郭をぼかす

 

眉毛全体の形がしっかり作れたら、アイブロウブラシで輪郭をぼかします。

 

ぼかす位置は眉頭付近の上部のみ。

地毛がある部分はメイクで作ったラインをぼかさないと濃すぎる眉毛になってしまうためです。

 

輪郭をぼかしたイラスト

 

眉マスカラで地毛の存在感を薄くして完成!

 

最後に眉マスカラを地眉毛にのせましょう。

 

のせる手順は、「毛の流れに逆らう→毛流れに沿うように全体をなでる」を2回ほど繰り返せばOKです。

 

毛流れを説明しているイラスト

 

根本まで塗ろうとすると肌に色がついてしまうため、毛先にさっとのせる程度を意識します。

 

これで眉マスカラによって地眉毛の存在が引き立ち、剃りすぎたことがわかりにくい自然な眉毛が完成します。

夕方になって眉毛が落ちてきてしまったら、リキッドアイブロウで直すのではなく、アイブロウペンシルを使うと濃くなりすぎません。

 

▼眉メイクの関連記事

・  眉毛を描くのが苦手な人必見!眉毛の整え方・アイブロウメイクの仕方・おすすめコスメをまるっと紹介♪

・  【正しい眉毛の書き方】アイブロウペンシル・パウダーを使って簡単に美眉マスター!

・  アーチ眉の書き方とは?輪郭別のポイントと平行眉への移行方法も紹介

・  平行眉で今日から垢抜け!旬な描き方と顔の輪郭別に似合わせポイントを解説

 

 

眉毛のお手入れで失敗しないためのポイント

 

眉毛のお手入れは1度失敗してしまうと、元のように生えるまで時間がかかります。

その間どんよりとした気分で過ごすのは、避けたいものですよね。

 

あらかじめ失敗をしないように、次のポイントを押さえて眉毛のお手入れをしましょう。

 

眉毛を描いてか ら抜く・剃るをする

 

眉毛 剃りすぎた

 

眉毛のお手入れは、あらかじめアイブロウメイクを済ませてから抜く・剃るをするのがおすすめ。

理想の輪郭が完成した状態で整えることで、抜きすぎたり剃りすぎたりといった失敗を減らせるでしょう。

 

また、アイブロウメイクの段階で左右非対称の眉毛になっていたり角度が違ったりしていては、お手入れもうまくできません。

自信がない人は、アイブロウメイクの段階で眉毛テンプレートを活用すると良いでしょう。

 

眉毛テンプレートは100均でも手に入るため、お手入れの際は準備をしておくと安心です。

 

左右交互にお手入れをする

 

右の眉毛を1本抜いたら、左の眉毛を1本抜く。

右の眉尻を剃ったら、次は左の眉尻を…というように、お手入れは細かすぎるくらい左右同時進行で進めていくのが◎

 

同じ位置を同じ分だけ抜く・剃るをするよう意識すれば、片方だけ手を加えすぎてアンバランスな眉毛になってしまう危険性を減らせます。

 

眉毛サロン・美容室へ行く

 

眉毛 剃りすぎた

 

どうしても失敗をしてしまう人は、プロにお任せをしてしまうのも1つの手です。

眉毛サロンに行けば、自分に合った眉毛の形からお手入れのやり方まで、こまかく指南してもらえます。

 

眉毛サロンが近くになければ、美容室でも眉毛のお手入れをしてくれるところがあるため、馴染みのお店やご近所のお店に問い合わせてみましょう。

 

 

眉毛を剃りすぎてもメイクや前髪、小物類で一時的にごまかすことができるため、焦らなくても大丈夫です。

 

しかし失敗はしないに越したことはありません。

お手入れの際はアイブロウメイクをしっかり行い、理想の輪郭を描いた状態で始めるのが◎

 

理想の眉毛を手に入れて、自分のメイク顔だけでなくすっぴん顔にも自信を持ちましょう。


フォローして最新記事をチェック!



検索

カテゴリ一覧

ファッション(420)
   着回し/コーデ(90)
   髪型/ヘアスタイル/ヘアアレンジ(85)
   眼鏡/コンタクト/カラコン(9)
メイク・コスメ(514)
   ベースメイク(52)
   アイメイク(75)
   リップ/グロス(35)
   ネイル(19)
   コスメブランド/メーカー(237)
美容(167)
   スキンケア(85)
   髪/シャンプー/リンス/コンディショナー/トリートメント(47)
   石鹸/ソープ/洗顔料(11)
   ダイエット(8)
健康(71)
   健康食品/サプリメント/プロテイン(13)
   スポーツ/運動/トレーニング(9)
   冷え/温活(4)
ライフスタイル(284)
   生活雑貨/生活用品(27)
   お祝い/ギフト/プレゼント(25)
   趣味(10)
   お出かけ/観光/旅行/デート(36)
   妊娠/出産/子育て(3)
   家庭菜園/ガーデニング(4)
インテリア(75)
   内装/レイアウト(5)
グルメ(101)
   カフェ/喫茶店/ドリンク(33)
   ケーキ/お菓子/スイーツ/パティスリー/パン(32)
   レシピ(31)
アート/カルチャー(42)
   写真/カメラ(8)
   ハンドメイド/クラフト(19)

スキンケア

エイジングケア(45)
保湿(222)
美白(45)
乳液(52)
クリーム(128)
オイル(36)
化粧水(146)
美容液(114)
基礎化粧品(160)
ニキビ(24)
毛穴ケア(44)
角質ケア(57)
肌荒れ(35)
くすみ(56)
クマ(10)
たるみ(21)
ハリ不足(45)
スペシャルケア(149)
セルフケア(81)
UV対策(52)
日焼け対策(42)
日焼け止め(20)
しわ(13)

肌質

乾燥肌(152)
敏感肌(105)
脂性肌(54)
混合肌(41)

コスメ/メイク

ツヤ肌(152)
マット肌(60)
ミネラルコスメ(59)
デカ目(70)
小顔(5)
韓国(109)
化粧(250)
ポイントメイク(258)
メイクテク(125)
ナチュラルメイク(193)
美肌(167)
メイク道具(35)
化粧下地/ファンデーション/コンシーラー(164)
テカリ防止(28)
アイメイク(191)
リップ/グロス(164)
チーク(103)
カラーメイク(52)

ファッション

春コーデ(118)
夏コーデ(111)
秋コーデ(130)
冬コーデ(132)
スタイル(260)
テイスト(240)
シーン別(54)
大人コーデ(176)
カジュアル(169)
綺麗め(177)
フェミニン(132)

年代別

10代(10)
20代(19)
30代(21)
40代(14)
50代(9)

恋愛

片思い(26)
男性心理(43)
カップル(37)
恋愛観(45)
恋愛テクニック(48)
モテ仕草(5)

ヘアスタイル

ショートヘア(60)
ロングヘア(66)
セミロング(62)
ボブ(66)
スタイリング(100)
ヘアケア(86)
ヘアカラー(34)
ヘアアクセ(27)

ライフスタイル

ホームパーティー(25)
グルメ/レシピ(141)
ヘルシー(50)
運動(23)
筋トレ(9)
リラックスタイム(55)

人気記事ランキング