logo

Top > ファッション > 髪型/ヘアスタイル/ヘアアレンジ

簡単にできるヘアピンアレンジ17選!不器用さんでもできる、留めるだけでおしゃれ可愛いアレンジ術






雑誌の特集や美容院でしてもらうと綺麗に見えたり、まとまるヘアアレンジ。
いざ自分でやってみると、まとまらなかったり、ボリューム感が出せなかったりと思い通りにならないことがありませんか?

そんなときに活躍してくれるのが、不器用さんでもできるヘアピンアレンジです。

ピンを差すだけで見違える髪型になるヘアアレンジ方法で、季節やショート・ロング関係なくすることができます。
本記事では、朝の忙しい時間でも手軽にできる垢抜けヘアピンアレンジをご紹介します。

緊急事態宣言の発令、及び新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、臨時休業あるいは営業時間の変更等の措置を取っている店舗・施設がございます。


お出かけになられる前に、店舗・施設の公式HPやSNS等で最新情報のご確認をお願い致します。


【目次】簡単にできるヘアピンアレンジ17選!不器用さんでもできる、留めるだけでおしゃれ可愛いアレンジ術

 

ヘアピンアレンジのポイントは主に2つ

1. 崩れたくない箇所は地肌に当てて差し込むorねじり留めする

2. ピンの種類を変える

【簡単・定番】ダウンスタイルでできるヘアピンアレンジ

1. 「ゆる巻き×きちんと前髪」で甘辛ギャップスタイル

2. 「短め前髪×外ハネ」でこなれた感を

3. ピンで前髪を取り込んで韓国風「シースルーバング」に

4. 「クロスピン×平行ピン」を掛け合わせて、アレンジしている感を

5. 「種類・大きさの異なるヘアピン」で主役級の存在感

6. サイドに寄せてシンプルヘアアレンジ

7. 「重ね付け」で手間いらずのおしゃれスタイル

【ひと手間】アップスタイルでできるヘアピンアレンジ

1. 三つ編み・くるりんぱにヘアピンを添えてアクセント

2. 「ピンで★やひし型」をかたどればおしゃれに

3. 「編み込みアップ×サイドヘアピン」でガーリーに

4. 「ローポニーテール」でも独特ヘアピンで視線集め

5. 「ハイポニーテール×乱雑差し」でマンネリ脱出

6. 「フィッシュボーン×シンプルピン」でラフなのにおしゃれ

7. 「紐アレンジ×ピン差し」で個性派アレンジ

【番外編】結婚式・パーティーなどフォーマルな場面で使えるヘアピンアレンジ

1. 位置をずらした「くるりんぱ」2回×ヘアピン差し込みスタイル

2. 「複数ピン×キラキラ装飾」で特別感を

3. 「ショート×ねじり留め」でシンプルなのに凝っている感

ヘアピンを使ったアレンジでいつもよりちょっぴりおしゃれになろう♪

 

ヘアピンアレンジのポイントは主に2つ

 

不器用さんがヘアピンアレンジをすると、仕上がりたてはいいものの、時間が経つと留めたはずの髪が落ちてきたり、ボサボサになっていたりすることがあります。

ここでは、ヘアピンアレンジをするときに知っておくと綺麗に仕上がるおすすめポイントをご紹介していきます。

 

1. 崩れたくない箇所は地肌に当てて差し込むorねじり留めする

 

ヘアアレンジ ピン

 

ヘアピンを使ったアレンジでは、留めたい箇所やアップしたい箇所は「ピンを地肌に当てながら差し込む」か「髪をねじって留める」のがおすすめです。

 

ヘアアレンジをしてもすぐに崩れてしまう方は、アレンジした髪をピンでまとめることはできていても、それを固定することはできていません。

地肌にピンを沿わせて留めることによって、根元から固定することができます。

 

また、ねじり留めをすると髪のばらつきを抑えることができるのはもちろん、毛流れも統一でき、まとまりが出てきますよ。

 

2. ピンの種類を変える

 

ヘアピン アレンジ

 

ヘアピンを使ったアレンジは、髪を巻いたり、まとめたりするだけだと単調になりがち。

あえてピンの種類を変えたり、大きさにばらつきを持たせることによって、アレンジしている感を出すことができておすすめです。

 

また、最近ではピンにも「ゴールド」「シルバー」「ピンクや青といった色つき」などカラーバリエーションが豊富なのに加え、パールやバッジがついた装飾ピン、大きく波打っているものやストレートなものなど種類も様々。

使うときのシチュエーションや髪型、髪色になどに合わせて使うピンの種類を変えてみるのも良いでしょう。

 

 

【簡単・定番】ダウンスタイルでできるヘアピンアレンジ

 

ショートやセミロング、ロングに関わらず、日常的に行うダウンスタイルもヘアピン一つで、簡単にアレンジすることができます。

ここからは、簡単かつ定番の下ろし髪でできるヘアピンアレンジをご紹介します。

 

1. 「ゆる巻き×きちんと前髪」で甘辛ギャップスタイル

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by TSUKASA HAYAHISA (@tsukasahayahisa) on

 

後ろ髪を緩く巻くだけで、簡単に出来てしまう「甘辛ギャップスタイル」。

 

髪型自体はシンプルかつ単純ですが、凝っているように見えるのはヘアピンあってこそです。

前髪はしっかりときつめにセパレートし、そのほかに緩さをだすことで、甘辛が一体化したヘアスタイルに。

 

顔立ちがはっきりと分かり、意志の強さも感じることができます。

 

2. 「短め前髪×外ハネ」でこなれた感を

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by erina (@eishimon) on

 

大人女子も、学生さんもできるヘアピンアレンジです。

 

前髪の短さで幼さを出しつつも、サイドに留めたヘアピンがきちんと感を演出してくれます。

暗めトーンの髪色なら、シックな印象を与えてくれますし、明るめトーンならポップな印象に。

 

毛先にワックスを付けて濡れ感を足せば、よりイマドキらしい髪になりますよ。

 

3. ピンで前髪を取り込んで韓国風「シースルーバング」に

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by 超十代-ULTRA TEENS FES- (@chojudai_japan) on

 

ヘアピンでできるアレンジの中でも、おすすめが前髪を取り込んで作る「シースルーバング」です。

 

わざわざ前髪をシースルーバング用に整えなくとも、ピンさえあればできるのが魅力的。

写真のようにハーフアップ風にサイドに分けるも良し、髪の内部に潜り込ませて自然なシースルーバングにするのも良しのヘアスタイルです。

 

後ろ髪はストレートでも巻いても、フェミニンで可愛らしい印象に仕上がります。

 

4. 「クロスピン×平行ピン」を掛け合わせて、アレンジしている感を

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by かれん (@_karen0125_) on

 

モードなヘアアレンジとしておすすめなのが「クロスピン×平行ピン」の両方使いです。

 

こちらは、ヘアピンの主張を強く見せてくれる効果があるため、あえてストレートやワンカールなど落ち着かせた髪がベター。

こなれた雰囲気を出すことができ、どんなヘアカラーにも映えます。

 

ただし、主張の強いアレンジだからこそ、両サイドには行わず、片方だけにとどめておくとごたつきません。

 

5. 「種類・大きさの異なるヘアピン」で主役級の存在感

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by suecica(スエシカ) (@suecica_hair) on

 

シンプルなヘアスタイルの方やヘアピンアレンジ初心者さんは、種類や大きさの異なるヘアピンをあえて乱雑に付けてみましょう。

様々な種類のピンを広範囲に散らばらせることで、ピンだけであっても存在感を出すことができます。

 

ショートの方がすれば華やかさが出て、結婚式や二次会、ちょっとしたパーティーにも通用するヘアスタイルに。

 

このとき注意したいのは、ピンの色みを統一させることです。

ゴージャス感を出したいときは「ゴールド」に、シックな印象を出したいときは「シルバー」にすると良いでしょう。

 

6. サイドに寄せてシンプルヘアアレンジ

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by 𝙴𝚁𝙸 (@eri__826) on

 

凝ったヘアピンアレンジに勇気がいる方は、ピンを片方に寄せたシンプルヘアアレンジがおすすめ。

 

巻いたりせずともピンに注目を集めることができるため、シンプルなファッションやモノクロコーデにも映えます。

写真のように大きめ装飾のピンや色の系統をバラバラにするときは、あえてヘアスタイルを落ち着かせたりしても良いでしょう。

 

全体的にゴテゴテしくならぬよう、バランスを取ってあげることが大切です。

 

7. 「重ね付け」で手間いらずのおしゃれスタイル

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by 石川由菜 (@yunaishikawa1122) on

 

シンプルながらも存在感を出すことができるのが「シンプルピンの重ね付け」です。

 

アレンジ方法は言うまでもなく、ピンを均等に並べるだけ。

これだけでハンサムヘアスタイルが出来上がり、意志の強さやクールビューティーな印象に仕上がります。

 

ただし存在感が強いだけに、ピン以外のアレンジは控えめにすることでより映えるでしょう。

 

 

【ひと手間】アップスタイルでできるヘアピンアレンジ

 

ビジネスワーカーの方や夏の時期は、日常的にアップスタイルにする女性が多いようです。

 

いつもの行うアップスタイルにヘアピンを数本加えるだけで、プロが仕上げたような凝ったアレンジに見えます。

ここからは、10分もあればできるおすすめのヘアピンアレンジを紹介していきます。

 

1. 三つ編み・くるりんぱにヘアピンを添えてアクセント

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by saya❤︎ (@honeysalon_staff_sayap) on

 

髪の上部はくるりんぱ、それより下部は三つ編みという髪型自体はシンプルなアレンジです。

そこに種類の異なるヘアピンを要所要所に差し込むだけで、凝った仕上がりになります。

 

このようなアレンジに差し込むピンは、できるだけシンプルなデザインのピンではなく装飾がついているとよりアレンジ感を出すことができますよ。

さらにワックスで濡れ感を出せば、髪にボリュームを出せるのでおすすめです。

 

※合わせて読みたい:  三つ編みで作るヘアアレンジ7選!簡単におしゃれヘアを作りたい方は必見

 

2. 「ピンで★やひし型」をかたどればおしゃれに

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Rille☽︎ (@rille_accessory) on

 

ヘアピンアレンジの定番とも言えるのが、ヘアピン同士を組み合わせて様々な記号をかたどるスタイルです。

 

髪を留めるというよりは、デザイン性を重視しているのが特徴。

そのため、誰でも簡単に時間をかけずできるのが魅力的です。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by ʀɪᴋᴀ (@lattice_rika) on

 

お団子やポニーテールといった単純なヘアスタイルも、様々な形を描くことでアクセントになります。

凝っているように見えるのに、ピンさえあればできる使い勝手の良いヘアスタイルです。

 

ダウンスタイルに取り入れるというよりは、アップスタイルに取り入れた方が浮いて見えないのでおすすめ。

 

3. 「編み込みアップ×サイドヘアピン」でガーリーに

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by 𝐌 𝐨 𝐞 . (@____00.mi) on

 

編みこみスタイルを、より洗練された印象に導くサイドヘアピン。

 

サイドにピンを差し込むのに加え、編み込み部分にもピンを指せば、より華やかに仕上がります。

反対に編み込みスタイルのバックにヘアピンを添えれば、さりげないワンポイントにもなります。

 

オンオフ関係なく取り入れられるので、ぜひ試してみてくださいね。

 

4. 「ローポニーテール」でも独特ヘアピンで視線集め

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by ローリエプレス (@laurier_press) on

 

お団子やハーフアップ、ねじり留めなどが苦手という方は、ローポニーテールでもOK。

平凡で地味になりがちローポニーテールでも、大きめパッチピンなら存在感をアップできます。

 

大人っぽく仕上げたい方は、パッチピンではなく細めのゴールドピンを2~3本並べるだけでシックな印象に。

このときローポニーテールはきつく結ぶのではなく、あえて緩めにすることで抜け感を出せます。

 

5. 「ハイポニーテール×乱雑差し」でマンネリ脱出

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by 井上裕未 (@yumi.i2) on

 

高めのポニーテールには、ヘアピンをあえて乱雑差しするのがおすすめです。

 

写真のように乱雑差しの中にも、クロスにしたり変化球を取り入れることによって、遊び心が生まれます。

しっかりと引き詰めてオールバックにするとクールな印象に、後れ毛を出せば抜け感を出せるのもこのヘアスタイルを楽しむ一つの方法です。

 

6. 「フィッシュボーン×シンプルピン」でラフなのにおしゃれ

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by kaede ito (@kae_itouuuu) on

 

フィッシュボーンとストレートピンを組み合わせれば、休日ヘアスタイルもカジュアルなのにおしゃれに仕上がります。

巻いたり、ワックスを付ける必要もなく、手軽に楽しめると人気です。

 

このときのヘアピンはおしゃれに見えることはもちろんですが、低い位置でヘアアレンジするときに、出がちな後れ毛もしっかりとホールドしてくれます。

またシンプルな髪型だからこそ、ピアスやネックレスなどのアクセサリーの色みを揃えたり、あえて飾り気をなくすと統一感が出ますよ。

 

7. 「紐アレンジ×ピン差し」で個性派アレンジ

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by 井上 由貴 (@yu_ki_befine) on

 

ちょっと変わったヘアピンアレンジがしたい方におすすめなのが、今流行の紐アレンジをベースにピンをアクセント使いする方法。

画像のように顔周りにさせば一気に個性的で華やかな印象に仕上がります。

 

顔周り以外にも、ポニーテールのテール部分の近くにシンプルなピンを複数さしてみたり、大きなバレッタを合わせるのもアリ。

トレンド感を出したい時にはぴったりのアレンジです。

 

 

【番外編】結婚式・パーティーなどフォーマルな場面で使えるヘアピンアレンジ

 

ラフなときはもちろん、フォーマルな場面でも使えるヘアピンアレンジ。

ここではお呼ばれしたときにも使えるヘアピンアレンジを紹介していきます。

 

1. 位置をずらした「くるりんぱ」2回×ヘアピン差し込みスタイル

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by AKARi AKiE(KiA) (@voakie426) on

 

こちらは、一見凝ってるように見えますが、結んだ髪にピンを差し込むだけの簡単アレンジです。

上部と下部の2箇所をくるりんぱし、余白にヘアピンを差せば出来上がり。

 

お呼ばれのときは、パールの装飾がついたピンやゴールドピンにするとラグジュアリーさを演出することができますよ。

 

2. 「複数ピン×キラキラ装飾」で特別感を

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by 前髪カット/パーマ/kawano.yuka. (@kawano__p) on

 

ショートヘアさん・肩につかないほどのセミロングさんにおすすめなのが、サイドヘアをきっちりとまとめたヘアアレンジです。

ピンはあえて太めを使い、シンプルな髪型ながらもおしゃれ感を演出。

 

さらに花やラメを散りばめることで、結婚式やパーティーにも最適なラグジュアリーさを出せます。

このとき装飾品とピンを同系色にすることで、馴染みやすくなりますよ。

 

※合わせて読みたい: 短くてもキュート!ベリーショートのおすすめヘアスタイルとヘアアレンジを紹介

 

3. 「ショート×ねじり留め」でシンプルなのに凝っている感

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Rimi (@r_m_528) on

 

ショートさんだからこそできるダウンスタイルかつキチンと感のでる髪型は、ねじり留めを活かしたスタイルです。

ねじり留めなら多くのピンを使わずとも髪をしっかりと留められるのに加え、ねじりによってできた膨らみで自然とボリューム感も出すことができます。

 

また、前髪を引き連れてねじれば、シースルーバングもでき、おしゃれ度もアップ。

アクセサリーの有無や髪色問わずできるヘアスタイルです。

 

※合わせて読みたい:  結婚式の際におすすめの髪型・ヘアスタイル9選!

 

 

ヘアピンを使ったアレンジでいつもよりちょっぴりおしゃれになろう♪

 

ヘアピン アレンジ 

 

今回は、不器用さんでもできるヘアピンを使ったアレンジ方法をご紹介しました。

 

シンプルかつモードな髪型にしたい方は「サイドにヘアピン」を、凝った髪型に見せたいときには「ねじり留め」や「髪の結び目」にピンを付けると良いでしょう。

髪の長さや色、季節関係なく活用できるヘアピンアレンジは、基本的に「差す」だけで簡単です。

 

朝の時間がないときでも、パパっと差すだけで周りの人と差をつけられるのも魅力的。

自分の新定番アレンジを見つけてみてくださいね。

 

▼合わせて読みたい

 

・  ボブやショートボブ向けのヘアアレンジまとめ♪

・  浴衣に合うヘアアレンジ術5選!可愛いアレンジで浴衣美人に

大人っぽいのにガーリーな「ワンレンボブ」♪ 顔の形別におすすめスタイルやアレンジアイデアを紹介!

黒髪の魅力を引き出すヘアアレンジ特集!レングス別に紹介

【コテを使ったヘアアレンジ】レングス別に簡単にできるアレンジ方法を詳しく解説

あなたに似合う前髪スタイルがきっと見つかる!骨格別・印象別に似合う前髪を紹介

令和はカチューシャが大流行!おしゃれなカチューシャのデザイン&ヘアアレンジカタログ♪


フォローして最新記事をチェック!



検索

カテゴリ一覧

ファッション(120)
   着回し/コーデ(45)
   髪型/ヘアスタイル/ヘアアレンジ(23)
   眼鏡/コンタクト/カラコン(6)
メイク・コスメ(217)
   ベースメイク(21)
   アイメイク(25)
   リップ/グロス(15)
   ネイル(10)
   メーカー/ブランド(117)
美容(102)
   スキンケア(62)
   髪/シャンプー/リンス/コンディショナー(24)
   石鹸/ソープ/洗顔料(6)
   ダイエット(3)
健康(46)
   健康食品/サプリメント/プロテイン(11)
   スポーツ/運動/トレーニング(5)
   冷え/温活(5)
ライフスタイル(175)
   生活雑貨/生活用品(21)
   ギフト/プレゼント(15)
   趣味(8)
   お出かけ/観光/旅行/デート(29)
   妊娠/出産/子育て(2)
   家庭菜園/ガーデニング(3)
インテリア(26)
   内装/レイアウト(3)
   DIY(3)
グルメ(60)
   ドリンク/カフェ(23)
   ケーキ/お菓子/スイーツ/パティスリー/パン(15)
アート/カルチャー(20)
   写真/カメラ(5)
   ハンドメイド/クラフト(8)

スキンケア

エイジングケア(29)
保湿(126)
美白(39)
乳液(26)
クリーム(77)
オイル(18)
化粧水(79)
美容液(61)
基礎化粧品(91)
ニキビ(18)
毛穴ケア(27)
角質ケア(34)
肌荒れ(21)
くすみ(38)
クマ(8)
たるみ(16)
ハリ不足(33)
スペシャルケア(75)
セルフケア(36)
UV対策(27)
日焼け対策(19)
日焼け止め(9)
しわ(9)
洗顔/クレンジング(34)

肌質

乾燥肌(94)
敏感肌(69)
脂性肌(27)
混合肌(20)

コスメ/メイク

ツヤ肌(79)
マット肌(42)
ミネラルコスメ(19)
デカ目(37)
小顔(2)
韓国(29)
化粧(85)
ポイントメイク(90)
メイクテク(36)
ナチュラルメイク(76)
美肌(79)
メイク道具(13)
化粧下地/ファンデーション/コンシーラー(41)
テカリ防止(4)
アイメイク(43)
リップ/グロス(44)
チーク(19)
カラーメイク(5)

ファッション

春コーデ(33)
夏コーデ(32)
秋コーデ(39)
冬コーデ(40)
スタイル(70)
テイスト(61)
シーン別(25)
大人コーデ(32)
カジュアル(30)
綺麗め(22)
フェミニン(21)

年代別

10代(2)
20代(8)
30代(10)
40代(5)
50代(3)

恋愛

片思い(21)
男性心理(34)
カップル(32)
恋愛観(36)
恋愛テクニック(41)
モテ仕草(1)

ヘアスタイル

ショートヘア(23)
ロングヘア(22)
セミロング(19)
ボブ(23)
スタイリング(32)
ヘアケア(46)
ヘアカラー(12)
ヘアアクセ(8)

ライフスタイル

キッチン用品(18)
ホームパーティー(15)
グルメ/レシピ(93)
ヘルシー(38)
運動(11)
筋トレ(5)
リラックスタイム(11)

人気記事ランキング